今頃アンストッバブルにハマるでも 書いていたのだが アメリカンディーゼル機関車が気になって 鉄道模型関係のYouTube動画を 眺めていたら こんなKatoUSAinc という動画サイトを 発見だ。

その中で2019年6.7月の動画で 日本のホビーセンターカトーの見学した事の紹介動画が載ていました。

KATO-USA動画タイトル1
















ホビーセンターカトーには、 もちろん行った事もないし見た事ないので 初めて見るホビーセンターカトーの大きさに ビックリだ。



これだけのジオラマレイアウトが 常設展示されているのに驚いた。そして その展示車両の多さにもびっくりだ。でも これは、あくまでも サラっと 動画に撮ったもので 詳しくは、見られなかったんだね

ところが 驚いたのが こちらの外国の方がUPした ホビーセンターカトーの店内の様子なのだが まあ 隅から隅まで よく撮影したと感心だ。 これ日本人なら 絶対ここまでは、動画とか写真には、撮れませんね

そういう意味では、大変貴重な動画です。前編のパート1が約30分で 後編のパート2が約18分だ。 まずは、正面入り口から入って 1階店内を 隈なく撮影した動画からだ。最初 音は、ありません



コレ見たら 行った気分になるので 行かなくても いいような気がします。 ここのホビーセンターカトーでは、KATO以外のTomixや外国の鉄道模型関係も販売しているみたですね KATO製品は、定価販売みたいですね

そして こちらが後編のパート2の2階部分からの動画だ。



外国の女性の方の声が入っているのですが どうも この動画をUPした方は、鉄道模型だけじゃなく 本来は、日本各地の動画をUPしている方みたいで どういう経緯で ここのホビーセンターカトーの店内を 撮影したのかが よくわかりません それにしても 店員さんに よく注意されませんでしたね 

いくら 田舎もんの おいちゃんでも 商品の値段まで撮って来る度胸は、ないし これを やったら つまみだされるからね まあ おかげで 行った気分になれるので 嬉しいね

前にも 書いたが 鉄道模型シミュレーターのVRMNXを 新規に揃えるとなると VRM5版とVRMNXのアンロックバージョンの両方を買い揃えなきゃならいので 約40万近くの出費が掛かるのだが おいちゃんの頭じゃ使いこなせないようなので そう考えると 最近は、気持ちは、こっちの鉄道模型に行ってしまいます。

でも走らせようと思うと HOゲージでは、部屋が6畳一間じゃ無理なので Nゲージで1畳レイアウトまでが限度なので そう考えると 飾って眺めるだけの鉄道模型で 我慢して 走らせるのは、今のVRM3版で なんとか我慢出来るんじゃないのかと考えています。

鉄道模型シミュレーターも全部揃えないと面白くないのでね そう考えると これからのVRMNXの お値段は、まさに 天賞堂やムサシノモデルのような上級思考の高級志向ゲームじゃないのかと まあ 要は、お客さんを選ぶ そういう感じになるのかな 本来 おいちゃんのようなRailSimとかBVEが 出来そうにないユーザー層をターゲットにして 車両も部品も 全てお任せみたいなスタイルの VRM3版までが 一番良かったような気がしたのだが まあ メーカーさんが 決める事なのでね