新VRM3★井戸端会議

VRM3こそお金が掛からない大人の一人遊びだ。そういう考えの方どうぞ!

お隣さん画像

お隣さん画像11 VRM5から

VRM5のTwitter記事の画像が 出揃って来たので 又 紹介だ。 別に意図は、ありません 気になった画像を勝手に紹介だ。

ところで プレリリースのご案内というVRMNXの紹介記事が 載っていました。おいちゃんのようなアホなお爺ちゃんには、何がなんだか さっぱり わかりません 難しい言葉のオンパレードでね もう 完全に駄目ですね VRM5版も 未だに 手付かずでいるのに その先に進むなんて そりゃなんぼなんでも無理です。 でも この界隈の方々は、すんなりと 理解しながら 先に進んで行けるのだから 本当に 凄いというのか おいちゃんが アホなだけなのか まあ 余計な話は、いいとして 画像を眺めるのが 一番楽しいので紹介だ。

VRM5 F9編成-4



















今回のVRM5版Twitter記事の画像で 一番最初に登場が このF9編成さんのドーム屋根のエンドホームの画像だ。 これ最初見た時に VRM3版では、このドーム屋根は、国際版VRM3という中に入っていて 通常のVRM3版では、使えないのです。 それが VRM5版では、この画像を見て 一緒に使えるのを 見て 今回のVRMNXに関しても どこで どうやって線引きして 販売をしているのか? まさしく 作る側の胸三寸で決まる
のでしょうか 最近 そういうのを 長年見ていると 誰が決ているのか 外野的にみるとね

VRM5 F9編成-5





















こういう列車車両がない線路だけの画像を見るのも好きなのでね

VRM5 F9編成-6























背景にある デカいビルの建物が 風景を 引き締めている感じに見えます。

VRM5 ビューわかしお-4

















ビューわかしおさんの画像から 踏切通過の813系から 中々左から右に流れる画像が少ないので

VRM5 ビューわかしお-5


















VRMNXのビルド98でvrx変換で 云々とあるのですが おいちゃんには。遠い世界だ。

VRM5 ビューわかしお-6

















ビューわかしおさんにしては、珍しい Tomixレールを使った画像からだ。

VRM5 ビューわかしお-7
















最近 VRM5版の画像を見ていると ほとんどが アドバンスレールを使用した画像が 多かったので Tomixレールを使った画像が 新鮮に見えました。中々 Tomixレールを使うというのは、実際の鉄道模型を 作るという前提じゃないと レイアウトも 作らないような感じが 見受けられるのだが

VRM5 ビューわかしお-8
















毎日VRMの いつもの車両紹介の画像からだ。 その中で なんか このE217系が ホームに滑り込む雰囲気が良かったので これを 紹介しました。

VRM5 No18-1














No18さんの自作車両京急1500形の画像から 直線的な電車編成の構図で複線が効いている感じだ。

VRM5 No18-2




















同じ自作車両でも Tomixレールを使った画像から 雰囲気が こんなに違って見えるのが面白かったので

VRM5 SirokumaVRM-3
















shirokumaVRMさんの上空から眺めた画像からVRM5版らしくない雰囲気が面白かったのでshirokumaVRMさんの画像は、毎回眺めていますが 雰囲気が 独特で 構図とか なんかポスターのような雰囲気を感じて眺めています。 写真のようなリアルな雰囲気とも違う シンプルな雰囲気が いいなと思っています。

VRM5 USO800-1

















久しぶりのUSO800さんの画像から 夜景の風景から

VRM5 USO800-2

















VRMNXでの 試作の画像みたいなのですが いつもの雰囲気と感じが違ったので紹介だ。

VRM5 USO800-3
















色々あった自作車両の中から 汚れたコンテナ車からだ。他にも自作車両の画像もあったのだが VRM5版パッケージ版では、見られないのでスルーしました。 ごめんなさい でも 今でも おいちゃんは、なぜ VRM5版パッケージ版だけ不当な扱いを受けるのか不満でね それが 今回のVRMNXのパッケージ版では、どうなっているのか? そこら辺も 知りたいのだが まあ いいか

VRM5 いくお@ライトニングハヤブサアン3















ライトニングハヤブサさんの新幹線画像から 

VRM5 いくお@ライトニングハヤブサアン4


















毎回 面白い画像を 見せて貰っていますが この東北新幹線の併合連結シーンの影が付いたシンプルな車両の画像が ポスターの絵のような感じで面白かったので紹介だ。

VRM5 AKAGI-1























最後に AKAGIさんの画像からだ。 うつみさんのレイアウトの画像からとの事ですが このビルド98でvrx変換が 出来たと 書いてあましたが 意味が わからないので 画像だけ紹介だ。

まあ 巷で 騒いでいる5Gとかと同じで 次世代だろうが なんだろうが こうやって画像や動画を 見ながら 感じる以外に この鉄道模型シミュレーターは、楽しめないというのが 実情でね

難しいVRMNXを やる為に アンロックについての詳細なリストはこちらや アカウントの登録が 必要で この段階で これらが 理解出来ないと そもそも この次世代の鉄道模型シミュレーターは、遊べないからね

まあ スマホのらくらくホンがあるように この鉄道模型シミュレーターのらくらくVRMが 出来るまで待つか それとも現状のVRM3版と VRM5版パッケージ版を ちまちまやるか おいちゃんのような 二者選択を 迫られているユーザーも 居るんじゃないのかと 勝手に 想像だ。

ですが このVRM界隈の中には、そういう人は、おそらく居ないでしょうね

お隣さん画像10 VRMNXキハ58系から

IMAGIC BLOGの中で キハ58系を 開発中との記事を発見だ。 そこで このキハ58系を 色々見比べてみました。 まずは、当方の2001年登場のVRM3版キハ58系からの画像だ。

VRM3版キハ58系ブログ画像から1















そして こちらが 2019年6月登場のVRMNX版キハ58系の画像だ。

VRM-NXキハ58系ブログ画像から1















具体的に どこが どう違うかは、さっぱりわかりませんが 例のごとくポリゴンがなんとかかんとかなんでしょうか 専門的なお話は、さっぱりなのだ。

VRM-NXキハ58系ブログ画像から2



























ガラスシェーダーとかパノラミックウィンドウとかSSAOとかも わかりませんが そして このキハ58系で 思い出すのが この前お隣さん画像6 キハ58系その3で紹介したキサノキさんという方のキハ58系の画像だ。

RailSim作者きのさきさんキハ58系原型3



















ここでは、ポリゴンかどうか 知りませんが 12万という数字が出てました。

RailSim作者きのさきさんキハ58系原型5A



















こんな感じで VRMNXも室内を 表現するのでしょうか そこら辺は、気になりますね

RailSim作者きさのきさんキハ58系急行えびの1





















それと もう一つ キハ58系の急行列車の他の種類は、出て来るのか? そこら辺も どうなのか

RailSim作者きさのきさんキハ58系急行えびの2




















この急行「えびの」などは、中々カッコいいからね〜 そして 肝心な お話だ。 なんか このキハ58系の話しが出て来た時 どこかで 見た事あるのだが思い出せなかったのだが そうなんです。USO800さんが 自作車両として作っていたんですね すっかりVRM5版を ここ1ヶ月近く触っていないので 思い出せませんでした。

USO800自作車両キハ58・28系A












2014年9月に自作車両キハ28を先行DL配布開始。というページを UPしていました。 5年近く前に 自作車両で作っていたので まさか VRMNXで 出て来るとは、思っていませんでした。

USO800自作車両キハ58・28系1



























こんな感じで 細かく紹介していたみたいです。

USO800自作車両キハ58・28系2




























本当に羨ましいのだが VRMonLineとVRMCLOUDが 使えないPC環境なので 自作コンテナしか見られないので とても残念だが 全部紹介だ。

USO800自作車両キハ58・28系3




























これだけじゃないんだね キハ65系も自作車両で 紹介していました。

USO800自作車両キハ65系3

















こちらは、種類が結構あるみたいです。 2014年5月には、hirochiさんのキハ65 DL配布開始でキハ65系の車両配布を していたみたいです。

USO800自作車両キハ65系1


















こうやって眺めていると 自作車両を 眺めてみたいね〜

USO800自作車両キハ65系2



























USO800さんのレイアウトでも自作車両でも 結構お気に入りなんですが まさかVRM5版のパッケージ版とVRMonLineだけでは、使えないとは、本当に悔しいね こういうメーカーさんの都合で販売方式を限定させるのは、この手のゲームとしては、アリなんでしょうかね 今度のVRMNXも どこら辺の販売事情が さっぱりわからなくてね

USO800さんの自作車両のキハ58系などの動画から紹介だ。
 


なぜ同じVRM5版でも こんなに 販売するメーカーによって中身の仕様に差を付けるのか? 名称をそれぞれ替えて欲しいくらいだが ハッキリ パッケージ版とVRMonLineでは、自作車両が 使えませんと表示して貰いたいね 今回のVRMNXの表記は、どうなるのか 

途中から この鉄道模型シミュレーターは、やり始めると どこから どう攻めたらいいのか さっぱりなのです。

お隣さん画像9 RailSimから 

今回もRaillSimのTwitter記事からの画像から紹介だ。

RailSim TeteE231さん2019.5.24.1



















TetsuE231さんの画像からだ。 何とも言えないローカル風景が 凄くいいです。

RailSim TeteE231さん2019.5.24.2



















トンネルから出て来て大きなカーブを 力行するEF66-53クーラー付きだ。VRM3版ならEF66-32になる ね

RailSim TeteE231さん2019.5.24.3



















この複線トンネルの丸くなった穴の曲線カーブが なぜVRM3版では、作れなかったのか 今確認したらVRM5版も トンネル部品は、VRM3版と同じで この画像のような曲線カーブで くりぬかれていないみたいだ。 本当に不思議なんだが なぜ この界隈のユーザーさんは、トンネル部品でも他の部品でも 不満がないのか なんか おいちゃんだけが 一人不満分子みたいで 嫌なのだが 気になるのでね

RailSim-きちじしさん2019.5.26.1
















きちじしさんのキハ58系?の色イロイロからだ。 VRMCLOUDでも こんな感じで色違いの車両を作れそうに思えるのだが どうなんでしょうかね 改造は、禁止なんでしょうか 

RailSimにとする(するめ)さん2019.5.23.1



















にとする(するめ)さんの キハ58系 芸備線の急行「みよし」色からだ。 これ探すのに苦労しました。家にある鉄道模型の書籍には、載っていなくて ここの日本の旅・鉄道見聞録で 見付けました。 てっきり185系伊豆の踊り子号の 斜め線かと 思ってしまいました。

RailSimかまきりさん2019.5.25.1














かまきりくんのキハ58系の画像だ。左端の 列車見張り員が黄色い旗を斜め45°で上げているのを 見ていたらJR東日本の列車見張員さんを 思い出してしまいました。

RailSimやませみさんキハ58系5.24.2




















やませみさんのスイッチバック風景からだ。 名前が出て来ないが 九州の有名なローカル線だ。

RailSimやませみさんキハ58系5.24.3



















肥薩線(ひさつせん)という 日本三大車窓のひとつらしいです。懐かしの列車「急行えびの号」 のブログ記事を読むと なぜ今でも残っているのか わかりますね

RailSimやませみさんキハ58系5.24.1



















正面から見た JR九州初代急行色キハ58系からだ。台車部分のホース部品とか影のおかげで よく見えます。
背景の樹木の貼付けが いいんだよな〜 

隣の芝生は、よく見えると書いたら怒られそうだが それなりの技術がないと こういうゲームも 出来ないので 参考には、なるので 紹介してみました。

お隣さん画像8 VRMNXから

お隣さん画像を 紹介していたら IMAGICさんのブログで VRMNXのレイアウト画像が 出ていたので ここで紹介だ。 難しい技術的なお話は、よく 分かりませんが 画像だけ紹介だ。

VRMNX-1















最初 この画像を見た時 なんでアドバンスレールじゃないのかと思ったら まだスタータキットの中味で 製作したみたいな事が 書いてありました。

VRMNX-2















VRM4版時代の車両とホームみたいな事を書いてありましたが そのVRM4版を 見た事がないので どう違うのがよく わからないのだが かなり 照明がどうのと 書いてあったので 知っている人から見れば 違うんでしょうね

VRMNX-3















この画像の運転席からの眺めで ライトの照明が 遠くまで照らしているのが 新しい仕様なのか この183系なのか485系雷鳥なのか わかりませんが この車両は、VRMNXなんでしょうか

そう考えると 車両の室内の描写が よく見えなかったのですが 座席までは、描写していないのかどうかが少し気になりました。

ところで さっぱり このVRMNXに疎くて ついトレトレのパーツリストに このVRMNXの車両とかが 載っているのかと調べたら これが さっぱり出て来ないんだね

そこで VRMNXで 検索して 調べたら VRMONLINE-NX βテストという サイトを 見つけました。そこで 一応 ベータプログラムをダウンロードして ファイルを 開いて いざ レイアウターを 眺めようとすると

VRMNX-4












この画面が出て来て 「ログインできません。 アカウント名・パスワード・ネットワークなどが 正常か ご確認下さい。 又は、VRMCLOUDのアカウントを 入力していないか ご確認下さい」

という文言が 出て 万事休す というか このログインが出来ないので  一度VRMonLineも 諦めたのだが 最後の最後の部分で ログイン出来なくてね まあ こちらになにがしらの 原因があるみたいです。という事なのだが セキュリティーに関する事だとは、思うのですが 

まあ このVRMonLineや 他のソフトでも 3回くらい ログインを 失敗すると こちらからは、どうにも ならないかね だから 本当は、アカウントもパスワードも 覚えて書き留めて置かなきゃならないのだが 色々アカウントやパスワードが増えて どれがどれやら 忘れてしまって だから このネット登録というのが どうも苦手なのだが 益々そういう時代になって来ているので なんとかしないと 駄目なんでしょうね

まあ 新しいバージョンでなくても 今の所は、それで 我慢できるので セキュリティー部分の問題は、素人には、わからないのでね

お隣さん画像7 VRM5から

RailSimの画像を紹介しましたが VRMポータルの画像も紹介しようと 思っていたら 先に shirokumaVRMさんに 指摘されちゃって  紹介しづらいのですが  勝手に紹介だ。

まずは、shirokumaVRMさんの画像から紹介だ。

VRM5 SirokumaVRM-2















この桜並木の画像を 見た時に 自分のレイアウト画像でも そうなんですが 直線的なイメージが このVRM関係の画像には、多いような気がして 整然と並んでいるレイアウト画像なら VRMは、得意なのかと 勝手に思っています。

VRM5 SirokumaVRM-1





















この立体交差の画像も スッキリした直線的なイメージですが そもそも このVRMの部品には、直線的な部品が多くて 又 それに おいちゃん自体も慣れてしまって 例えば Tomix部品で わらぶき農家というのが あるのですが なぜか あの部品が どうも レイアウトの中に配置してしまうと そこだけが 浮いてしまってね まあ全体的に 直線的な部品は、多いけど 曲線的な部品は、少ないような気がするのだが

自分も そうなんだが この直線的なイメージじゃないレイアウト画像を どうやって作るか? ここが 昔からの自分にとっての課題なのだ。

VRM5 F9編成-1





















F9編成さんからの画像だ。カーブホームからの画像だ。

VRM5 F9編成-3





















このカーブホームが VRM3版だと こんな感じには、中々作れないんだね カーブレールとカーブホームの種類が少なく カーブサイズも 小さいので こういう感じの緩やかなカーブホームが作れないのだ。 このカーブホームと車両との隙間を 如何に少なくするか? ここが 一番面白い所で 滑り込むように 到着する姿が カッコいいんだね〜 

VRM5 F9編成-2





















それらの 自動で発車とか到着の速度などがコントロール出来るのが このVRM5版で 今 それを 702さんから 教えられて 自動センサーなどの設定とか制御を 学習中ですが まあ これが すぐ忘れてしまって 2週間も やらないと 又 一から もう一度 やり直しで おさらいしないと 出来ないので 只今 ズルをしています。

VRM5 いくお@ライトニングハヤブサアン1
















こちらは、いくお@ライトニングハヤブサアンさんの画像から なんか前から独特の雰囲気が 興味をそそるのだが とくに 新幹線のスピード感あふれる画像が 面白かったので紹介だ。 動画からの画像なのかな

VRM5 いくお@ライトニングハヤブサアン2
















この山と山との谷間を すり抜ける感じが 山形新幹線を 思い出してしまいました。

最後は、VRMポータルで 常連の ビューわかしおさんの画像からだ。 

VRM5 ビューわかしお-1
















EF510牽引カシオペアE26系寝台編成からの画像だ。かれこれ毎日VRMの画像が 516日目に突入しているので あと どのくらい手持ちの車両があるのか そこら辺も 興味があるのだが 作れもしないのに 指摘するのは、ビューわかしおさんに 怒られそうですが 一応 隠れファンなので あえて言うと なんで E26系の寝台客車の室内の明かりを見せなかったのか? それが なんかもったいなくてね 夕暮れか 明けの朝焼けのシーンかも知れませんが 26系寝台客車から こぼれる窓の光も 見たかったね〜。 なんて 生意気言ってます。

VRM5 ビューわかしお-3

















というのも 昔の画像では、こんな感じで 室内の明かりが見えた画像が 何点かあったので でも 周囲が明かるいので あえて 照明を付けなかったのか そこは、わかりませんが このVRM5版でもVRM3版でも 客車などの窓ガラスを 真っ黒で描写する車両が よく あるのですが あれって 少し抵抗があってね 鉄道模型のNゲージでさえ 真っ黒ガラスは、あんまり見掛ないし せめて座席の頭くらいは、見えないと 雰囲気が出ないと思うのだが まあ 個人的な意見だが そういう車輛に関しての ユーザーの意見が聞こえないのだが みんな満足しているんでしょうかね 一応 有料で車両を 購入しているものなのでね

VRM5 ビューわかしお-2
















これぞVRM5版という スッキリした車両紹介画像だ。 空の青さと白い雲と緑の山並み そしてクリームと紺色の車両と点字ブロックの黄色とストレートホームとアドバンスレールの組み合わせ 画像の 真ん中に車両を配置した所が 全体の構図が よく見えるようで おいちゃんなら たぶん もっと車両を 前に せり出して 車両を強調してしまうと思うのだが そこを 踏みとどまる意識が 全体の構図を よくしているんでしょうかね

ビューわかしおさんの画像は、毎日UPしているから どうしても 流して眺めてしまうのですが 中々いい雰囲気の画像が 結構あるんだね だから たまに 勝手に塗り絵で 画像を 使っていますが VRM5版の車両を これでもかと 引き出しているので こちらのVRM3版車両紹介でも ぜひ 真似したいですね

こういう車両紹介画像って 中々難しくて ただ車両を見せればいいってもんじゃないし かとって 周辺の背景が うるさいのも せっかくの車両の良さが 伝わって来ないんだね

そういうのが メーカーさんやVRMonLineの車両紹介画像などが それで あれは、TomixやKATOの鉄道模型のカタログ写真と同じだと おいちゃんは、思っているのだが それにしても 車両の画像が 少な過ぎるから 購入の判断が 決めづらいのだ。 

今は、鉄道模型でも ネットで調べた方が 車両の画像が これでも出て来る時代なので 車両に関しては、こちらからも VRM3版などは、紹介して行くつもりだ。

追伸

去年の2018年10月に紹介した ビューわかしおさんの画像を 塗り絵した時の記事も ついでに紹介だ。

やっぱり凄いねVRM5の画像は、5

やっぱり凄いねVRM5の画像は、6

やっぱり凄いねVRM5の画像は、7




お隣さん画像6 キハ58系その3

RailSimのキハ58系画像の続きから 今回は、このキハ58系を 自作した制作者のTwitter記事の画像から紹介だ。その人は、キサノキさんという方で RailSimの他にも MMD鉄道でも自作車両を 作っていたみたいです。

その前に ここのブログで去年2018年6月に紹介した 凄い3DCGの103系を発見で紹介だ。その1の中の103系の3DCGを 思い出したので 紹介だ。 本当に プロの人なのか それとも趣味で制作しているのか わかりませんが 今の3DCGの世界って ここまで来ているのかと 思ったので 紹介だ。

さて話を戻して キハ58系の作者さんの画像からだ。

RailSim作者きのさきさんキハ58系東北色1

















自分は、小牛田色と呼んでいる東北色からだ。

RailSim作者きのさきさんキハ58系新潟色3

















そして 新潟色まで 作っているとは、凄いね〜

RailSim作者きのさきさんキハ58系新潟色1

















ドアも 開閉するみたいです。

RailSim作者きのさきさんキハ58系原型2




















ここで 18年近く前の VRM3版のキハ58系を 動画で 紹介だ。



ドアの開閉も室内の描写は、出来ませんが 当時としては、最高の仕上がりでした。

RailSim作者きのさきさんキハ58系原型3




















現段階で 12万頂点とか 運転台を作ると5万点増える計算とか これは、ポリゴンの数なのだろうか

RailSim作者きのさきさんキハ58系原型4





















ドア周りの画像からだ。

RailSim作者きのさきさんキハ58系原型5




















冗談で 料金設定したらと書いて有りましたが こちらのVRMonLineの気動車のキハ82系だと 3種類の車両が入って 2640ptで キハ183系の特急気動車だと 5種類の車両が入って3520ptなので それを参考にしたら
面白いかもね

RailSim作者きのさきさんキハ58系原型6



















この室内のモケット地のシートが リアルですね〜

RailSim作者きのさきさんキハ58系原型7
















最初の段階のキハ58系の車両の室内から

RailSim作者きのさきさんキハ58系原型8

















室内の蛍光灯の照明の明かりの感じが リアルで いいんです。

RailSim作者きのさきさんキハ58系原型9





















外観だけじゃなく 室内も ここまで作ってしまうんだから 凄いね〜 

RailSim作者きのさきさんキハ58系内装1
















やっぱり 鉄道模型じゃなく鉄道シミュレーターとして リアルな表現の車両を 目指しているんでしょうか

RailSim作者きのさきさんキハ58系内装2

















このエンジンみたいな部品まで 単体で作っているんですね 

RailSim作者きのさきさんキハ58系内装3













自分は、まったく この3DCGの制作に関しては、作れないので わかりませんが これだけの描写の車両が レイアウトで スムーズに動くには、どの位の ポリゴン数に抑えて車両は、作られているんでしょうかね

それにしても 図面と資料を探して集めるのが 大変そうですね

お隣さん画像6 キハ58系その2

RailSimからのキハ58系を中心にした画像紹介の続きからです。

RailSimにゃほたろうさんキハ58系1




















にゃほたろうさんのTwitter記事の画像からだ。海岸線を行くキハ58系からだ。

RailSimにゃほたろうさんキハ58系2



















無駄のない部品と地面テクスチャーと背景テクスチャーを どう組み合わせているのか 知りたいね

RailSimにとする(するめ)さんキハ58系1


















にとする(するめ)さんのTwitter記事の画像からだ。前回紹介したTetsuE231さんや吉川美南さんのデッキガーター橋を渡るキハ58系とデッキガーター橋の橋脚が違うと これまた 雰囲気も違って見えます。

RailSimARグループの会長さんキハ58系13
















そして ここからは、一番多くの画像をUPしていたARグループの会長さんのTwitter記事の画像からだ。まずは、俯角での落石ガードを過ぎて 渓流に差し掛かった画像からだ。ロケーションがいいねえ〜

RailSimARグループの会長さんキハ58系2



















RailSimのキハ58系のTwitter記事の画像は、キハ58系の自作車両の作者に対してのリスペクトの気持ちが表れていて いいんだね〜 そこが 無料のボランティアで このような車両を作って公開してくれる人が居るからこそ 成り立つRailSimの無料ソフトの見えない強い絆を感じますね

RailSimARグループの会長さんキハ58系1



















こういうローカルシーンが 大好きです。

RailSimARグループの会長さんキハ58系7
















牽引のディーゼル機関車が面白いです。


RailSimARグループの会長さんキハ58系8




















なんか 雰囲気が 只見線の只見駅みたいな感じがします。

RailSimARグループの会長さんキハ58系9




















一応 VRM3版にも このキハ58系は、ありますが ここまで 精巧では、ありませんが それでも おいちゃんとしては、満足しています。

RailSimARグループの会長さんキハ58系10
















このデッキガーターを下から眺める所が これまた いいんだね RailSimを やらなくても こういう感じの3DCGの鉄道情景の画像を眺めるのは、大好きなのでね あらゆる鉄道シミュレーターの画像の中から 色々紹介したいですね こういう マガジン的な書籍やネットサイトが無ければ 自分で勝手に やるのみだ。

RailSimARグループの会長さんキハ58系11

















この手前のキハ58系?は、いわゆる豆腐車両という 改造OKの車両なんでしょうか

RailSimARグループの会長さんキハ58系12
















まあ VRM5版に関しては、まだ 本格的に 眺めていないので どこまで 自分でレイアウトが作れるのかは、わかりませんが VRM3版に比べたら 描写に関してなら RailSimと比べるまででもないのだが だからと言って このRailSimを おいちゃんが やれるのか?と言えば NOだ。 要は、このVRM5版と同じで そこまでの技量が おいちゃんには、元々ないので こうやって画像を眺めては、 VRM3版の参考になればと 画像を見ながら 研究している所だ。

RailSimARグループの会長さんキハ58系5




















このキハ58系は、ドアも 開くみたいです。 

RailSimARグループの会長さんキハ58系3




















そして なんと この室内の内装も ご覧の通りで びっくりだ。

RailSimARグループの会長さんキハ58系4




















まあ こういうのを 見せられると この鉄道模型シミュレーターの鉄道車両の行き着く先の完成形とは、どういうものを目指しているのかね 


お隣さん画像5 キハ58系その1

今日の お隣さん画像は、RailSimからの キハ58系を 中心にした画像を これでもかと紹介だ。RailSimは、まったくやった事がないのですが いつもTwitterなどの記事からの画像が 気に入って眺めています。

今回は、キハ58系の車両を中心にした画像が 多かったので 何かイベントでも やっているのかと思いましたが どうも キハ58系のプラグインがあったみたいで そのキハ58系をDLして レイアウトで 走らせてみた画像からの紹介だ。 そのキハ58系を作ったと思われる作者の画像などは、後で 紹介だ。

RailSim TeteE231さんキハ58系3




















まずは、TetsuE231さんのTwitter記事の画像からだ。こういうローカルシーンの画像が ここのVRM界隈では、ほとんど見られないので 尚更 興味が沸いてしまったのだ。

RailSim TeteE231さんキハ58系2



















俯角でのレイアウト画像からだ。 

RailSim TeteE231さんキハ58系1




















桜が アクセントになっていいですね〜

RailSim TeteE231さんキハ58系4




















 デッキガーター橋を渡る キハ58系からだ。 SS撮影は、気動車氏よりと 表記されていますが 細かい事は、わかりませんが カッコいいですね

RailSim-hiroさんキハ58系1




















こちらは、hiroさんのTwitter記事の画像からだ。最初 RailSimなので 車両を作った人の画像だとばかり思っていました。 どうも それは、違うようで あくまでも このキハ58系の車両に関しては、かなりRailSim界隈では、有名人の制作者みたいで その車両を使ったレイアウト画像みたいです。

RailSim-hiroさんキハ58系2




















こんな東北色もあるみたいです。が 自分は、小牛田色と呼んでいますが

RailSim-hiroさんキハ58系3




















この車両は、どこのキハ58系なんでしょうかね 

RailSim-hiroさんキハ58系4




















どこまでが スクリーンショットの そのままの画像なのかどうかは、知りませんが カッコ良ければ なんでもいいんです。

RailSimTKUさんキハ58系1




















TKUさんのTwitter記事の画像からだ。これも そのままの画像なのか編集した画像なのか不思議な画像だ。

RailSimやませみさんキハ58系1




















こちらは、ちょくちょくRailSimのTwitter記事画像を 拝借している やませみさんの画像からだ。

RailSimやませみさんキハ58系2




















このキハ58系は、室内も この通り描写がされていて とにかく完成度が 半端じゃないんだね 

RailSim吉川美南さんキハ58系1


















こちらは、吉川美南さんのTwitter記事の画像からだ。 こんな感じで 新しい車両がプラグインでDL出来ると それを レイアウトで 走行させて こうやって 沢山の方々が 画像をUPするのが なんか新鮮でね

RailSimの車両は、自作車両だが こうやって レイアウトで走らせてかどうかは、わかりませんが このキハ58系を みんなで共有して 画像をUPして 楽しめる そこが 羨ましくてね

VRM5版の自作車両は、VRMCLOUD以外のVRM5版では、見られないからね

お隣さん画像4

前に紹介したRaillSimなどの画像と重複するのだが よく見ると少し違うので改めて紹介だ。
今回もRaillSimのTwitter記事から かまきりくんという方の画像から紹介だ。 もちろん面識がないのですが 勝手に画像と記事を紹介だ。

Railsim1かまきりくん1


















前に紹介した中央線の御茶ノ水駅付近の画像の 丸の内線からの眺めの反対方向見たいです。実は、これ今作っている越河駅レイアウトの 後に 通勤線レイアウトを作りたいなと思っていた元になっていた題材なんだね
それを 先に作られていた方が居たとは、知らず この画像を眺めてしまって ちょっと考えてしまった次第だ。

Railsim3かまきりくん3














そして もう一つが この画像も 前に紹介してますが この高架区間の 少し段差になって新幹線と複々線が並走する感じが 中々いいんだね こういうレイアウトの作りに関しての話題が この界隈じゃ全然話題にもならないので しょうがないので 他の鉄道シミュレーターなどを参考にレイアウト作りの参考になればと学習だ。

Railsim2かまきりくん2


















トレトレの画像投稿コーナーが無くなり VRM広場が あんまり機能してないみたいなのに VRMonLineだけは、販売だけは、続けている姿を見ていると なんで VRM関係の画像投稿コーナーだけは、残さなかったのか?不思議でね そういう点じゃ他の鉄道シミュレーターの画像は、結構 参考になるのでね

Railsim4かまきりくん4



















このレイアウト画像のビルの中から出て来る列車の風景も ぜひ作って見たいレイアウトですね


Railsim5かまきりくん5















それにしても このRaillSimなどのレイアウト画像を眺めていると 色んなシチュエーションが見られて 面白いですね〜 こういうレイアウト画像だけが見られる公開の場があると面白いのだが 昔トレトレがあった時には、レイアウト画像とかを 載せていましたが 考えてみれば VRMonLineを やっているのに そういうユーザー間の共有する場が ないというのも不思議だね VRM広場は、あるには、あるのだが あれを VRMレイアウト画像の掲示板みたいな感じに手直ししたら これまた もう少し賑やかになるような気がするのだが

まあ その前に 鉄道模型シミュレーターという バージョン関係なしの掲示板みたいなものがあれば 最高なんですが そういうの嫌いみたいですからね 巷じゃ中古TVゲームなども それなりに広がっては、いるんですがね

お隣さん画像3

お隣さん画像からの続きだ。ここの新VRM3★から見れば VRM3版以外は、全部お隣さんの画像になるので その中で 最近ほとんど見掛けなくなったVRM関係のローカルシーンの画像を 紹介だ。

皆さんご存知のレイコンなどでお馴染みの漆黒さんのブログの画像から紹介だ。 VRM++というブログをやっていましたが 最近は、更新していないのか2015年が最後見たいです。その時は、TS12を やっていたみたですが 2010年頃のローカルシーンの画像を中心に 勝手に紹介だ。

当時だと VRM4なのかVRM5なのかは、わかりませんが これらのローカルシーンの画像を見ていると ぜひ こういう感じの情景を 作って見たいと思って あくまでも参考画像として紹介だ。

VRM漆黒氏レイアウト画像ローカルシーン1














こういう雰囲気のローカル駅を ここのVRM3版でも作りたいのだが 中々それは、難しいのだが かと言って 今持っているVRM5版だけでは、部品が不足して ちと こういう感じには、作れそうには、ないのでね

VRM漆黒氏レイアウト画像ローカルシーン2














この夏空に向かって 一直線に向かう単線の線路の情景がいいねえ〜

VRM漆黒氏レイアウト画像ローカルシーン3














鉄道柵と雑草と駅構内 電車線のある電化区間というのが 面白いですね

VRM漆黒氏レイアウト画像ローカルシーン4














土手の上の線路と下の道路との高さの関係が いいですね そこにコンクリートの土台の上に建つ家が とても好きなロケーションです。

VRM漆黒氏レイアウト画像ローカルシーン5














これも お気に入りの1枚だ。 こういう感じの住宅が密集した間をすり抜けるような単線の線路は、確かにあります。地方のローカル線の 少し大きな町に行くと こういう感じの雰囲気の場所がありますね

VRM漆黒氏レイアウト画像ローカルシーン6














この画像は、なんかスイッチバックのように感じたので 紹介だが 間違っていたら ごめんなさいだ。

VRM漆黒氏レイアウト画像森林鉄道1














上の画像は、森林鉄道レイアウトからの画像だ。この地面テクスチャーの配置とテクスチャー画像の作り方が 凄いね この地面テクスチャーの配置とテクスチャー画像が 上手く作れないから途中で どうしても挫折してしまうのだが そこを 部品でカバーとか なんか もっと他に上手い方法は、ないのでしょうかね 地形は、コピーして使えないから 困るのだが メーカーさんは、そこまで考えないからね

VRM漆黒氏レイアウト画像森林鉄道2














どうですか この川の水面の表現が 凄いね〜 この透明感が 最高だ。

VRM漆黒氏レイアウト画像森林鉄道3














この谷底の描写と 材木で作ったとレッスル橋が これまた最高だ。こういう画像が VRM界隈じゃ 今は、ほとんど出て来ないのが ちと寂しいのだが そもそもローカルシーンの画像すら見掛けないからね

VRM漆黒氏レイアウト画像雪景色4秋














夏景色だけじゃなく こういう秋景色の画像もありました。花木は、エミッターとかで作った物なのでしょうか

VRM漆黒氏レイアウト画像雪景色1














この雪景色も最高で 雪に埋もれた隣接線の感じが いいねえ〜

VRM漆黒氏レイアウト画像雪景色2














雪景色の中でも この1枚が 最高にいいね コート着た助役さんみたいな人と 入換作業員みたいな人の組合せが なんともいいね〜 そして この積もった雪景色が 圧巻だ。

VRM漆黒氏レイアウト画像雪景色3














夕暮れに近い感じで 日が沈む前の駅構内に停車しているDD51の姿がいいねえ〜 信号がY現示なので 注意進行で 徐行して入線しているかも知れません 

こういう画像を 眺めて 一人で喜んでいますが あの新海誠の作品に負けない鉄道情景シーンを 探すのが 唯一の楽しみなのでね 

アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
Archives
livedoor プロフィール

おいちゃん

鉄道模型シミュレーターVRM3専用の分室です。難しい話は,一切ナシ ただレイアウト等を作って自分のお金で楽しむだけの人 大歓迎 !

鉄道模型が 大好きな癖して ひとつも持っていない ただ 人の物を眺めるのが趣味な変なおっさんです。 

QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ