新VRM3★井戸端会議

VRM3こそお金が掛からない大人の一人遊びだ。そういう考えの方どうぞ!

お隣さん画像

VRM2.3気動車軍団から続き

この前のVRM2.3気動車軍団の続きで 動画をUPしてみました。 ところが なんかYouTube動画のUP方法が 変わったのかUPされていなかったみたいで もう一度 UPしてみました。

VRM3 キハ軍団25種類そのC
















今回の画像は、動画の画像からで 前回紹介した画像は、VRM3版の640x480のスクリーンショットからの画像です。 最近 この描写に関して 気が付いたのですが 鉄道模型シミュレーターのスクリーンショットの画像って どうなんでしょうか 他の画像に比べると 見劣りするのは、自分のPCの性能が悪いからでしょうか

VRM3 キハ軍団25種類そのA
















実際 ビュアーの画像も動画で撮った時の画像も そんなに悪くは、ないのですが 昔のPCに比べると 雲泥の差がつく程 今は、このVRM3版やVRM2版の車両でさえ 綺麗に描写されるのですが どうもVRM5版のスクリーンショットも それ程 良くは、撮れません

VRM3 キハ軍団25種類そのB
















けど メーカーさんの紹介画像は、昔から 鮮明に撮れた画像なんですね あれって どうやって撮っているんでしょうかね そう考えると 他のRailSimやMMD鉄道やTrainzなどの紹介画像に比べると ここの鉄道模型シミュレーターの一般ユーザーさんの紹介画像では、中々キッチリとした画像が少ないにも感じるし 又 色合いが 物足りないというか 色目が気になってね とくに蒸気機関車の色合いに関しては、気になります。

まあ ど素人なので 写真などを撮ったり加工したりするソフトの問題なのかも知りませんが 元々画像に関しては、スマホで 1920x1080で 撮った画像を 50%くらいに縮小して載せているのだが 画像をUPするのも もう2万点以上も UPしているので なるべく大きくならない画像をUPしているのだが そこらも問題なのか

ここは、鉄道模型シミュレーターV3の資料館みたいな感じで 考えているので しょうがないのだが





そういう観点から 考えれば ここのYouTube動画も 鉄道模型シミュレーターV3を それだけで2600本もUPしているので しかも最近は、VRM3.2版車両を 紹介するような感じの動画を 中心にUPしているので 個人的趣味でもあるのだが 鉄道模型シミュレーターV3の資料館として なるべく世間に認知して貰いたいのだが 完全な個人的な趣味の鉄道シミュレーターゲームに なってしまったので残念だ。 でも頑張るさ

VRM2.3気動車軍団から

RailSimのキサノキさんの このキハ40系軍団の画像を眺めていたら  同じようなものを ここのVRM2.3気動車軍団を 作ってみようと やってみました。 その前に その触発を受けた画像が こちらです。

キサノキ画像キハ40系1















こちらの鉄道模型シミュレーターV3、V2のキハ軍団を紹介だ。まずは、全軍団揃いぶみだ。25種類あります。後で 詳しく紹介だ。
VRM3 キハ軍団25種類その1














キハ28系、キハ65系、キハ58系の方から眺めた 25種類の全軍団揃いぶみだ。

VRM3 キハ軍団25種類その2













逆側のキハ40系、キハ110系からの眺めだ。 

VRM3 キハ軍団25種類その3
















VRM3版から キハ28系、キハ65系、キハ58系 実際の車両は、ここの画像より描写が精巧に出来ています。

VRM3 キハ軍団25種類その4
















VRM3版から キハ181系、キハ181系やくも、キハ181系おきから 車両の走行音は、もちろんターボチャージャーのキーンという走行音です。

VRM3 キハ軍団25種類その5
















JR北海道関係のキハ283系振り子形ディーゼル特急スーパー北斗から この車両は、VRM3版で 他のキハ281系とキハ261系は、20年近く前のVRM2版車両です。その違いが よくわかりませんが なんで新しいバージョンで出て来ないのか不思議です。

VRM3 キハ軍団25種類その6
















JR北海道関係のキハ183系新塗装おおぞら先頭車、キハ183系国鉄色おおぞら先頭車そしてキハ183系新塗装北斗貫通扉からだ。これらは、1998年登場のVRM2版車両からです。

VRM3 キハ軍団25種類その7
















JR北海道関係のキハ183系国鉄色北海貫通扉からと キハ81系はつかり(通称ブルドック)とキハ82系の国鉄特急色からだ。これらも VRM2版車両です。キハ81系はつかりは、最初ぶさいくな特急だと思っていましたが愛敬があってかわいいです

VRM3 キハ軍団25種類その8
















VRM2版のキハ111系からと VRM3版のキハ75系そして VRM2版のキハ35系基本色から 20年近く前の車両ですが まあ 参考までに眺めて下さい

VRM3 キハ軍団25種類その9
















VRM2版のキハ35系基本色とキハ35系相模色、キハ35系首都圏色から 20年近く前の車両ですが まあ 参考までに眺めて下さい 20年前は、このくらいがメジャーだったようです。技術の進化は、凄いですね でも まだ ここでは、現役だ。

VRM3 キハ軍団25種類その10
















VRM3版のユーロ車両に入っているドイツ気動車タレント644形から ここのメーカーさんは、ヨーロッパ好きみたいです。アメ車ディーゼル機関車好きとしては、残念です。VRM3版の単コロからキハ40系首都圏色とキハ40系国鉄津山線色 レアな車両です。

VRM3 キハ軍団25種類その11
















単コロのVRM3版のキハ110からプレミア車両という非売品です。その前にキハ40系国鉄津山線色そしてキハ40系首都圏色からだ。これで全部で25種類の気動車を紹介だ。


MMD鉄道の画像を真似したが

MMD鉄道のejimaさんの D51が収まっている機関庫のが画像が カッコ良かったので 真似したくなって 色々挑戦してみました。が 角度とアングルが 調整出来なかったので 上手く出来ませんでした。

まずは、ejimaさんの D51が収まっている機関庫のが画像から

MMD鉄道でC62をつくるEjimaさん11














このアングルが カッコ良くて なんとか 同じ様に塗り絵で 出来ないものか そこで まず 中古のD51のHOゲージの画像を 取り込んで見たが スマホの写真なので こんな感じになってしまいました。

MMD鉄道でC62をつくるEjimaさん12















これでも 塗り絵で 背景を塗りつぶして 新たに 背景を描いたりと 3時間近くも掛ってしまいました。 これで 一旦は、諦めたのですが もう一度 背景を消して又背景を描いて 今度は、VRM3版のC62蒸気機関車を配置して見ました。

MMD鉄道でC62をつくるEjimaさん16












今度は、スクリーンショットの画像が 小さかったので 画像自体が 小さくなってしまいましたが なんとかアングル的には、合わせて見たつもりです。 でも 元々のVRM3版のカメラが 広角カメラのような広がりが出来ないので なんか物足りない感じでね そう考えると 1枚の画像ですが 中々こういう感じのカッコいい画像は、簡単には、作れないという事が よくわかりました。 

それにしても このMMD鉄道のejimaさんのD51の色艶といい最高ですね VRM3版のC62に比べると この黒い艶消しの感じが 独特で ここらあたりの描写が この3DCGの 面白い所かも知れません 素人が よくいうよ

もう1枚MMD鉄道のejimaさんのD51機関庫の画像も紹介だ。

MMD鉄道でC62をつくるEjimaさん10














こちらも 真似して HOゲージのD51の写真を塗り絵で配置して見ました。

MMD鉄道でC62をつくるEjimaさん13













こっちは、前の画像よりは、上手く出来たと思っていますが 改めて こういう鉄道模型などの写真を撮るのは、どうやって 撮っているのでしょうかね RM-MODELSなどの鉄道模型の写真を 眺めていると Nゲージなのに 精巧に映っているんですね〜 スマホの写真じゃ あのようには、映らないのでね

ところで 話は、変わるのだが 今 昔の鉄道模型シミュレーターレイアウトコレクションというVRM3版のガイド本を このスクリーンショットの撮り方で気になって眺めていました。 その本の後ろの方に 車両の選定という項目の中で 実写のライセンスという言葉が出て来て その説明が載っていました。

*実車ライセンスは、Nゲージでも多くの面で影響が出ています。たとえばNゲージの国鉄形特急車両は、全国で活躍していたのが多く、JR後は、各社にヘッドマークの権利が分散したため、同一の特急電車でも鉄道会社ごとに車輛セットを構成するかたちになっています。ちなみに実車ライセンスは、海外では、一般的にライセンスそのものが「不要」です。

この海外では、ライセンスそのものが不要という事は、海外で 作って海外で販売する分なら商売になるという事なのか だから 昔から 気になっていた文言で 使用許諾契約の中で 本製品は、日本国内での使用に限り 本製品の輸出は、禁止します。と 書いて有ったんですが レイアウトコンテストでも日本国籍の国内在住の人に限ると 募集に書いて有りました。 そういう意味があったんですね 知りませんでした。

気になっていた動画から

鉄道シミュレーター関係のYouTube動画で 気になっていた動画を紹介だ。 まずは、RailSimの中で 断トツの再生回数を 誇っている動画からだ。

RailSim-PV-1




















420万越えのRailSim動画から サンダーバード並みの 車両基地からの出発が 中々見ものです。



しかし まあ よく こういうアイデアが浮かぶものですね〜  もう1本は、第12回MMD杯本選】緊急燃料輸送というYouTube動画からだ。

MMD鉄道燃料輸送動画1





















昔 紹介したかもしれませんが MMD鉄道では、一番の再生回数で人気があった動画なので紹介だ。こういったドラマ形式が MMD鉄道では、多くて こちらの鉄道模型シミュレーターVRM3版とは、まったく違うので 興味が 湧きますね



ところで最近耳にするようになった言葉が 3Dモデラ―という言葉だ。 こういう3DCGを 作ってそれを 商売にしている人を差す言葉らしいのだ。なんでも これから将来的には、有望な職種とも ネットの中では、書いてありました。 でも よく わからないので 少し漁ってみた。

3Dモデラ―で調べるに当たって 色々漁っていましたが 3Dモデラ―需要というので検索してみました。その中で 少し古い記事ですが CGデザイナーの仕事の未来と将来性をプロが真剣に考えてみたを 開いてみました。これを 書いている「ありんとう」のアリマさんとは、どういう人なのか 気になったので 最近の記事を眺めてみました。 【これ内緒】センスもスキルも無いデザイナーが生き残る方法というのが 最近の記事みたいだ。
経験者は語る!CGデザイナーが会社員でいることの最大のデメリット! は、少し この業界が 垣間見れて来ましたね CGデザイナーさんのブログまとめ。お役立ち情報満載! と ここまで来ると どこまでが 本職で どこまでが復職なのか 読めないのだが 

最後に こんな「youtubeの再生数が増えない!」という人へ送る禁断の方法という記事も紹介だ。 

まあ これを 紹介したからどうだというんじゃなくて こんな感じで 色々やりながら 食べているのかと でも結局は、クライアントが いないと商売には、ならないのかね〜 創作活動と商売 中々難しそうだね

そう考えると この界隈と言うのか 鉄道シミュレーター関係の人達の動画などは、なんか お金を取れそうなレベルのようにも思えるのだが それは、この界隈に どっぷり浸かっているから手前みそなんでしょうかね

今日は、まったく3Dモデラ―とは、無縁のおっさんからの盗み聞きからでした。

RailSimは、16周年だそうです。

今日11月16日は、RailSimの日だそうで こちらのTwitter記事では、盛り上がっています。
その中で これまた ナイスな画像を紹介だ。

RailSimみすた亭@C97落選さん1















さくらを見る会 上手いね〜 このお題目が、、昔から ここのRailSimの画像や動画を眺めていますが ジョークに関しては、最高ですね リアルもあれば ジョークもある そして こんなプラレールもある

RailSim怠惰Mk5さんプラレール1




















そして こんな 面白いRailSimの日予告動画もある

RailSimゴミリンさん予告動画1



















まあ RailSimという枠の捉え方の垣根が ないみたいで 羨ましい限りだ。まさか そこに ここの新VRM3★を 登場させる訳にも行かないのだが こちらのVRMの日だって 考えてみれば こちらの方が 歴史は、長くて20周年を迎えているのだが どうも この鉄道模型シミュレーターを 考えた場合の どこで区切ってというか ある種の こういう方向性を 優先して 取り上げるみたいな所は、どこかあるね

本来 こういう感じで 同じRailSimという枠にみたいな感じで こちらの鉄道模型シミュレーターも バージョン関係なしに取り上げてくれる場所があると 面白いのだが 常に新しいバージョンが優先されるので 鉄道模型シミュレーター本来のレイアウト製作や 車両選定の話題が ほとんど このネット界隈じゃ聞こえて来ない でも おそらくオフ会のような場では、そういう話もあるのかも知れませんが それらの話題は、中々ネットでは、聞こえないのでね もっと言うと この手の全ての鉄道シミュレーターが 集まった場があると面白いのだがね

ライバル心があるから くまなく眺めてしまうのだが 上手い下手より面白いのが大好きなのですが そこが 今一番おいちゃんには、欠けている部分でもあるのだ。 でも この面白いというものが一番 画像にしろ動画にしろセンスが大切で それが 歳と伴に 薄れて行く 老害を生む原因なんでしょうかね

こちらのRailSim16周年記念に UPされた「新幹線ブギ」という動画が面白かったので紹介だ。



この「新幹線ブギ」という動画は、おそらく化けると思いますね 長年 ここのRailSim動画の新幹線関係を眺めていると 滅茶苦茶再生回数が 多くて この鉄道シミュレーター界隈の新幹線動画では、不動の第1位なんでね とてもじゃないが こちらの鉄道模型シミュレーターの新幹線動画でも 太刀打ち出来ませんね

車両の描写に関しては、こちらのVRM5版の新幹線の方が凄いような気がするのですが 動画に関しての新幹線の取り上げ方や カメラアングルなどの編集など RailSim動画は、それこそ15年近く前から 一歩も二歩も先を行っていたような気がします。 要は、子供にも受ける動画でもあると おいちゃんは、分析しているのだ。

そこなんだよな〜 今の鉄道模型シミュレーターの 老人と子供を 対象にしていない まるで 鉄道模型のムサシノモデルのような特化した階層狙いが これから先のメーカーの思惑なのか まあ生き残る趣味を考えると 金持ちに特化した趣味しか生き残らないというのが 今までの高尚な趣味の流れなのか

というか これを趣味と考えるから おかしくなるので あくまでも遊びと考えれば 無問題か


お隣さん画像15 RailSimから小牛田色

RailSimのTwitter記事から紹介だ。今回もキハ40系だと思うのですが これの小牛田色からの紹介だ。

RailSimARグループの会長さんキハ58系14
















RailSimでは、東北色となっていますが ここでは、あくまでも小牛田色で 紹介だ。

RailSim作者きのさきさんキハ58系東北色2

















こちらの界隈では、このキハ40系小牛田色は、ないのでね

RailSim作者きのさきさんキハ58系東北色3
















やっぱり この小牛田色が好きじゃないと 画像をUPしませんからね

RailSim作者きのさきさんキハ58系東北色4
















これを 眺めていると 石巻線と気仙沼線のキハ40系やキハ48系を思い出してね

RailSim作者きのさきさんキハ58系東北色5














最後の画像は、動画からの画像です。

K&LTrainz から紹介3

K&LTrainz のオフィシャル動画の紹介の続きからだ。

K&LTrainz動画5














ここのサイトに K&LTrainz のオフィシャル動画の全てが 載っています。ここから まずは、No1動画から紹介だ。

K&LTrainz動画4


















物語の中味は、どういうものか わかりませんが 蒸気機関車だけを 眺めて下さい



外国の蒸気機関車も 今までは、スルーして来ましたが 見方が 変わって来ましたね

K&LTrainz動画6

















もう1本 カナダの国鉄かなんかの蒸気機関車の動画からだ。



全てオフシャルのプロモーション動画なので 色んな蒸気機関車が 見られるので 購買する時の参考にもなるみたいだ。 これからも ちょくちょく紹介して行きます。

しかし なんで ここの鉄道模型シミュレーターでは、こういう感じのオフシャルのプロモーション動画が 出て来ないのか そこが 素人目線というのか 自分では、車両やレイアウトが作れない人の為の目線になって 仮想鉄道模型を 楽しんで貰いたいという その気使いが 欲しいのだが 一人でも多くのユーザーを確保したいという 気持ちが あるのかないのかの問題なんでしょうかね

KLTrainz から紹介2

さっそく K&LTrainz のオフィシャル動画の紹介だ。

K&LTrainz動画1

















イーグルリバー鉄道という動画からです。



次は、コットンベルト蒸気機関車からの動画です。

K&LTrainz動画2


















ランダムの 動画を 紹介しています。



なんか ストーリーがあるみたいですが 英語の翻訳では、よく わかりませんでした。

K&LTrainz動画3


















ゲインズビルミッドランド2-10-0デカポット#208が行く




タイドウォーターポイントで #209の混合貨物編成を やり過ごすみたいな感じなんでしょうか どうも蒸気機関車の事を 彼女と 表現しているみたいで なんか それって船も そんな感じで 呼ばれていたような気がしましたが 外国では、そういう感じで 見ているのでしょうかね

どの動画も 評価が高くて コメントも多くて おいちゃんのYouTube動画と比べると 雲泥の差だ。まあ 仕方がないのだが 物語性がある動画は、MMD鉄道のejimaさんの「ラストデゴイチ」でも有りましたが これからの一つの流れの主流になるような気配を感じますね

K&LTrainz から紹介1

今日からTrainz2019から 少し離れてK&LTrainz というTrainzの自作車両を 作って販売しているサイトを紹介だ。自作車両と言っても ほとんどが 蒸気機関車が メインの数名で管理しているサイトからだ。

このK&LTrainzは、鉄道の愛好家であるSteve、Bill、Markの3人のメンバーによるコラボレーションであり、Trainz Simulator用の非常に詳細な蒸気機関車アドオンを一緒に作成します。  2012年3月に設立されて以来、K&L Trainzは毎年成長しており、アメリカとカナダのほぼ30の鉄道をカバーする機関車と車両のライブラリが増え続けています。 と 紹介されています。

K&LTrainz1






























こちらが K&L Trainzのトップページからだ。そして この3人のメンバーが こちらの人達だ。

K&LTrainz3





























スティーブ・レロ

PA、フィラデルフィアの郊外で生まれ 彼はコンピュータグラフィックスの大学の学位を持ち、デジタルメディアデザインの約20年の経験を持ち、Trainzでの経験は2000年までさかのぼり、最初のモデルは2003年にリリースされたEBTオルビゾニア駅、2005年にリリースされたCN 2-8-2です。スティーブは、K&Lのモデリング、アニメーション、テクスチャリング、サウンド、プロモーション、ウェブサイト、セールス、技術サポートのすべてを、NJのケープメイの彼の住居から担当しています。

ビル・クレイン

ビルはインディアナ州南東部出身です。ベトナム戦争のベテランです。ベトナムとフィリピンでのツアーの後、ビルはイリノイ州の大学教授に就任し、30年以上にわたり行いました。ビルは引退した今、全国の家族を訪問し、Trainzのモデリングに取り組み、機関車の建設に焦点を当てたオンラインSkypeセッションを教えることを楽しんでいます。ビルのトレインズでの経験は1999年にさかのぼります。彼の最初のモデルは、2002年にリリースされたNYCスイッチタワーと2006年にリリースされたPRR E6でした。

マーク・コール

マークはデラウェア州北部で育ちました。デラウェア工科大学コンピュータネットワーキング工学カレッジに通い、ソフトウェアテスターとして10年以上の経験を持つ。マークは2013年末にK&Lに入社し、指定されたベータテスター、e仕様クリエイター、参考資料の主な研究者として機能します。

この3人のメンバーが 製作している蒸気機関車のカタログが こちらだ。

K&LTrainz2019SLカタログ1



















Class 1sという 部類からセールで 4$〜8$の表示が多いのですが 今現在の為替ルート108.85円なので 517円〜870円というのが 日本円だと購入できる価格なのでしょうかね もちろんTrainzの本体は、別に用意しないと駄目みたいですがね

K&LTrainz2019SLカタログ2





















CanadianPasificと CanadianNationalの蒸気機関車からだ。こちらも4$〜8$の表示が多い

K&LTrainz2019SLカタログ3

















Colofulという分類の蒸気機関車から 最初 英語が読めなくてね 

K&LTrainz2019SLカタログ4





















素人から見ると 同じような蒸気機関車に見えるのだが 10$〜12$と 値段も高くて セールにも出していない蒸気機関車もあり トップページに載っていた BestSellers商品が 多くて 元々は、12$〜15$近くの商品もあり 1632円〜1306円近くが 本来の登場価格だと考えると こちらのVRMonLineのC57の1650円〜D51の2750円を 見比べてみるのも 面白い感じだ。

中々こういう有料ゲームでの単品の車両の値段って ここの鉄道模型シミュレーターと 今回紹介しているK&L Trainzしか 思い付かないので 比較対象の研究としては、最高の教材だ。

K&LTrainz2
































最後に これらの蒸気機関車が 見られるプロモーション動画が ここのサイトで これでもかと見られます。これから 後で 順次紹介して行きますが 中々素晴らしい動画ばかりです。

この鉄道シミュレーターの3DCGに関しては、レイアウトを作る楽しみ、自作車両を作る楽しみ、車両を運転する楽しみ、 そして それらのレイアウト上を走る車両を眺める楽しみがあると思うのだが このレイアウトや自作車両が作られない一般の人に知らせる為にも 一番鉄道模型シミュレーターで 欠けているのが このプロモーション動画だと思うのだがね 

この自作車両に関しても 本来 ここのK&L Trainzのように 車両自体を作って販売出来るようになれば 面白いのだが 本来VRM5版でも 自作車両を 見る事が出来る筈なのに VRMCLODに入会しないと見られないのは、なんか引っ掛かるというか VRM5版、VRMonLine、VRMCLODと 三つに分けて部品を共有させないやり方など そもそも やり方が 素人から見ると なんでかな〜と思えるのだが まあ そう感じているのは、おいらだけか 文句ばかり書いているからね その癖 ここを 辞めないのでね

Trainz 2019から紹介2

今日は、Trainz 2019でも こちらの鉄道模型シミュレーターと同じ 鉄道模型風に作ってあるModel Layoutからの紹介だ。

trainz2019-model layout-1















こんな感じの箱庭的なレイアウトを こちらの鉄道模型シミュレーターでも作れない事もないのだが 如何せん ビュアーでは、VRM3版では、描写出来ないのでね 残念だ。前にも紹介したかも知れませんが ご勘弁だ。



昔のTrainz とは、線路の描写が 全然違うのと 線路沿線の草木の生えかたなど リアルで こちらのVRM5版の動画などで見る線路沿線の動画とは、何か違いますね これが 全てマニュアルも日本語版だったら そして車両も日本の機関車なら すぐ 手が出そうなんですがね そうは、問屋は、卸さない

trainz2019-model layout-2


















次も 同じようなModel Layoutの動画からだ。こちらは、ひたすら 上空カメラ追い続ける山岳地帯の動画からだ。この山岳地帯の岩肌なのだが よく見ると同じシーンが何度も出て来るのですが こういう感じの岩肌とか河川敷とか畑とか公園やグランドなどを 最初から部品として 作ってあると 大変レイアウト製作には、助かるのですが そういう考えは、毛頭ないからね 



一番面倒で難しい 背景や地形テクスチャーを 素人に作らせるから ここの鉄道模型シミュレーターは、裾野が広がらないのだ。 最初から メーカーオプションで 入っていれば 例えば こういうサンプルレイアウトにしても このくらいのレイアウトを入れなければ 面白くは、ないのだが 誰も 騒がないから おいちゃんが 代わりに代弁だ。

trainz2019-model layout-3


















こちらは、Trainz 2019の蒸気機関車の動画からだ。この蒸気機関車は、 Light Mikado 2-8-2 という機関車でK&Lという 個人会社というのか 3人でやっているサークルみたいな所が有料で販売している蒸気機関車みたいだ。 要は、自作車両を作って 仲間を集って 世界中に販売しているみたいだ。 そこら辺は、後日紹介だ。



アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
Archives
livedoor プロフィール

おいちゃん

鉄道模型シミュレーターVRM3専用の分室です。難しい話は,一切ナシ ただレイアウト等を作って自分のお金で楽しむだけの人 大歓迎 !

鉄道模型が 大好きな癖して ひとつも持っていない ただ 人の物を眺めるのが趣味な変なおっさんです。 

QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ