新VRM3★井戸端会議

VRM3こそお金が掛からない大人の一人遊びだ。そういう考えの方どうぞ!

お隣さん画像

EF81の日だったそうです。

8月1日が EF81の日だとは、知りませんでした。ビューわかしおさんのTwitterの画像で知りました。

VRMonLineビューわかしおEF81-2
















この画像を 拡大したのが こちらです。

VRM3ビューわかしおEF81-1












#EF81の日には、沢山のEF81の画像や RailSimの画像などが 載っていました。 自分も VRM3版のEF81でも紹介しようと思ったのですが 恥ずかしいので 辞めました。

その代わり ビューわかしおさんのTwitter画像が 気になり 勝手に塗り絵で VRM3版のEF81を 作ってみました。 それが こちらです。

VRM3ビューわかしおEF81-A












VRM3版だと こんな感じになります。 これだけじゃ面白くないので 種明かしだ。 まずは、オリジナルのスクリーンショットの画像からだ。

VRM3ビューわかしおEF81-5














これが 元ネタの画像ですが これじゃ 面白くないので ビューわかしおさんのVRMonLineのアドバンスレールだけを 拝借して塗り絵をしてみました。

VRM3ビューわかしおEF81-4












アドバンスレールの角度や大きさなどを変えながら 切り張りしながら作ってみましたが なんか角度的に合わないので もう一度 EF81の車両の画像を 取り直してみました。
VRM3ビューわかしおEF81-1












いっぺんに 6種類のEF81を並べて 1枚の画像に収めるのが このVRM3版だと 上手く出来ないんだね

VRM3ビューわかしおEF81-2













それで 少しずつ角度と大きさを変えて 2種類ずつくらいに別けて 撮ってみました。

VRM3ビューわかしおEF81-3













こんな感じで 3枚の画像に別けて 画像を撮って それを 切り張りして 元のビューわかしおさんの画像に貼り付けしながら 余計な部分とかは、 塗り絵で 手描きで 誤魔化しだ。

ちゃちゃっと すぐ出来ると思ったら もう時間が掛かってしまって こんな時間になってしまいました。 これの どこが楽しいのかと思うでしょうが VRMonLineのEF81と 20年近く前のVRM3版にEF81では、どう違うのか? ここでしか やれないので ただ それだけだ。

自分では、車両を作れない代わりに 他のRailSimやMMD鉄道などと ここのVRMonLineなどの画像を見ながら ああでもないこうでもないと 一人で見比べて 楽しんでいるのは、ここだけでしょうね

同じ角度 同じ大きさ 同じ背景で 全ての鉄道シミュレーターの車両を 並べて比べて見たいね

まあ こういう お遊びが 好きなのでね ついつい暇に任せて 夜更かしだ。

次のレイアウトの参考に

仮想東北本線越河レイアウトも 一応完成して 次に作りたいレイアウトとしては、都会的な 通勤電車が行きかう街並みのレイアウトを 今思案中です。 その発想のアイデアの原点が 2019年5月にお隣さん画像4で 紹介したRailSimのかまきりくんの画像で 御茶ノ水界隈の画像だ。

Railsim1かまきりくん1


















この画像を見る前に 2018年3月に御茶ノ水立体交差レールビューという記事も載せていましたが これを 今現在の姿の御茶ノ水付近を このVRM3版で再現は、出来そうにないので そこで 例のごとくお隣さん画像から 最近の画像を勝手に紹介だ。

RailSimかまきりさん2019.7.27田端1















まずは、RailSimのかまきりくんの画像「田端」からだ。 中々goodな構図で こういう感じに作りたいのだが 問題は、3線跨ぎの3階建て交差の部分なのだ。 RailSimとかVRM5が この高さの制限が どうなっているのか 未だに知らないので わからないのだが VRM3版では、最大の高さが+115个覆里任

3線を交差させようとすると 57.5个旅發気妊譟璽襪稜枌屬魴茲瓩譴弌,覆鵑箸三階建てには、出来るのですが 如何せん 線路の高さは、5佶茲龍教咾任靴高さを維持出来ないので 結局は、0个60个115个3本のレール配置でしか高さは、決められてしまうのでね 非電化区間なら問題は、ないのだが 都会の電化区間になると ちと問題なのだ。 

VRM5 F9編成-7















今度は、VRMonLineのF9編成さんお画像からだ。本線に上をオーバークロスしている画像からだ。

VRM5 F9編成-8















おそらく7〜8本以上か それ以上の本線の上をオーバークロスしている複線区間だと思うのだが 使っているのが高架プレートで カーブ区間から直線高架プレートに変わる部分なんでしょうか そうなんです このオーバークロスしている線路の部分を どうするか? まず ここが問題でね 鉄橋にするのか高架プレートにするのか そして更に 曲線高架プレートにするか曲線ガーター鉄橋にするのか 色々悩むんだね

そして もっと悩むのが この長いスパンの高架プレートや鉄橋を支える橋脚を どこに配置するかなのだ。最近の鉄道建設や高速道路の建設では、昔みたいなスパンで橋脚は、配置していないみたいですが それでも やっぱり いくら仮想鉄道でも 長すぎるスパンは、ちょっと 作っていても考えるので そこが 難しい所なのだが まあ そこまで考えなくても いいのだが 結構 鉄道現場を見て来たので 気になるのだ。

RaillSim気動車さんTwitter画像急行東海御殿場2














RailSimの気動車さんの画像からだ。

RaillSim気動車さんTwitter画像急行東海御殿場1














新幹線と在来線が並行して走行しているシーンからだ。手前の新幹線が 少し高い高架区間になっているみたいですね 上の画像の165系急行編成が いいですね VRM3版にもあるのでね

RailSim TeteE231さん山手線制作中1















RailSimのTetsuE231さんの山手線制作中の画像から 緩やかに下って来るシーンからだ。色違いのバラストに注目だ。

RailSim TeteE231さん山手線制作中2














RailSimには、線路というのかレールは、何種類くらいあるんでしょうかね この本線が 6〜8本とか多くなると 架線柱の配置を どうしているのか 気になってね 実際に部品として用意してある架線柱の単線用、複線用、3線用、4線用と VRM3版の場合は、選べるんですが これが 逆に足かせで 決められた直線以外じゃ使えないのです。 だから 途中で ポイントや曲線部分が入ってしまうと ズレれしまって 使えないのだ。

その点RailSimや他のVRMは、自由に伸びたり出来るフリーサイズ架線柱なんでしょうかね 最後にVRMonLineのぱぁーとりぃさん車両基地の画像から紹介だ。

VRM5 ぱぁーとりぃさん車両基地2019.1.06-1



















車両基地内の画像からだ。

VRM5 ぱぁーとりぃさん車両基地2019.1.06-2



















車両基地内の架線柱の配置は、更に 難しいからね 

VRM5 ぱぁーとりぃさん車両基地2019.1.06-3



















VRM3版の時に 新幹線の車両基地レイアウトなどを 作った時には、全部の線路に架線柱や架線を引くという考えを 辞めて 走行出来る線路と カメラから見える線路だけという考えで

VRM5 ぱぁーとりぃさん車両基地2019.1.06-4



















最後は、誤魔化して作った覚えがありました。 鉄道模型でも 架線柱と架線に関しては、見える範囲だけでOKが 暗黙の了解みたいですからね 実際 大宮の鉄道博物館は、架線柱だけ配置してありましたが 京都鉄道博物館では、その架線柱すら配置してなかったように見えました。

メルクリンの架線から集電する鉄道模型は、ちゃんと 架線柱も架線も配置しないと動かないみたいですがね 

実際にカメラで車両の走行画像や動画を 撮る時には、この架線柱は、邪魔なのだが でも ないとリアルが出て来ない だから 悩むのだ。

RailSim画像を作ってみたが12

RailSim画像を作ってみたのおさらいからだ。RailSimでは、この背景画は、どういう感じで作られているのか?
VRM3版だと1024x256サイズのbmpファイルで作った背景画像を まとめて紹介だ。

RaillSim気動車さんTwitter画像越河東北本線7
















そもそもの 始まりは、ここから始まりました。

RaillSim気動車さんTwitter画像越河東北本線5












これで上手く出来なくて結局は、踏切配置と用水堀を配置して動画のようなレイアウトになってしまいました。踏切動作だけは、時間差しゃ断動作で ここだけは、自信がありました。
RaillSim気動車さんTwitter画像越河東北本線6












この踏切通過の東北本線の寝台特急を イメージした時に この昼間だけじゃなく 朝方、夕方、真夜中などの時間帯を 表現するのに 背景画だけを 替えたら どうなるのか? その検証のつもりで 15種類の背景画を 替えて動画にしてみました。なんでも勉強だ。

RailSim画像を 作ってみたが11

いよいよラストの書き込みだ。 今回は、ご来光の背景画像を 使ってみました。

VRM3版気越河東北本線越河踏切背景13ご来光
















この背景画像は、2013年1月の 年始の挨拶の動画の為に作った背景画像でした。

H25初日の出





実際は、このように 海から見える初日の出の画像をイメージして 加工して作ったのが この画像で やっぱり下の部分は、見えなかったので 最初 使うのに躊躇したのだが 思い切って使ってみました。実際 どうなんでしょうかね 海の海岸線などの近くなら こんな感じで 大きな太陽が見られるのですが 越河駅があるような山の中じゃ 絶対こんなに大きな太陽は、見えないような気がするのですがね

それでも 60年近く前の子供の頃には、夕焼けの デカい太陽を見ていた記憶があるのだが さすがに 朝早くの ご来光を 街中では、見た記憶がないですね なんか 水平線が ある場所だと 大きな太陽を見ていた記憶があるのだが 気のせいでしょうかね



次は、これは、完全に お遊びの背景画からだ。

VRM3版気越河東北本線越河踏切背景14アバター
















これは、アバターと名付けている架空の世界の背景画像からだ。

アバター背景A





この画像の元々は、昔のHPで 使っていたタイトル用の画像の背景に使っていた画像でした。

EF81機関車軍団C




















なんか こういうのを 見つけると懐かしくてね〜 自分の趣味の歴史を感じてしまいます。と 関係ない話になってしまいましたが アバター背景画を 使った動画からだ。



最後は、前に紹介した春霞の背景画の改良版のグレーバージョンからだ。

VRM3版気越河東北本線越河踏切背景15春霞グレー
















この背景画は、ほとんど雪景色に使っていましたが 少し冒険して 使ってみました。墨絵の感じにしてあるので 合うか合わないか どうでしょうかね

春霞 真冬グレー山1





背景画像は、こんな感じです。



これで動画を15本も紹介しました。好きだね〜 こういうのが これも VRM3版だから 簡単に作れて動画も流し撮りなので編集ナシだから 簡単に作れますが これが 他の鉄道シミュレーターゲームだと こうも簡単には、出来ないのでね なんだかんだ 慣れ親しんだゲームが おっさんには、一番 楽でいいんです。

今回の企画の最後に 2013年1月の年始の挨拶の動画を 懐かしかったので 再放送だ。 



今から6年前に 作っていたUSO800貨物レイアウトの制作途中からの新年バージョン動画からでした。 このUSO800貨物レイアウトも USO800さんの 貨物入換え作業動画を見て 自分でも作って見たいと思って始めたレイアウトでしたが 最後は、全然違う感じのレイアウトになってしまいましたね

こうやって他の人が作った画像や動画を見ながら 気に入ると まずは、自分には、作れるのか?から始まって 試しに作って確かめて 最後は、 まったく違うレイアウトになっている感じが 多かったですね

なんでも真似から始まる それが レイアウト作りの早道だと思ってやって来ました。

RailSim画像を 作ってみたが10

10本目の背景は、スッキリ朝焼けという背景画像を使っています。

VRM3版気越河東北本線越河踏切背景10スッキリ朝焼け
















この背景画像は、 元々夕焼け画像として作ったのですが 色々背景の空の色を 4パターンくらい替えていじっていました。 そうこうしていたら この感じの空の雰囲気は、朝5時前後に太陽が 出て空全体が 一瞬明るくなった感じに そっくりだったので スッキリ朝焼けと命名だ。

背景朝焼け オリジナル1AA





実際は、こんな感じで もう少し暗い空の感じなんですが ビュアーで眺めると 空が明るく見えるので 朝焼けの雰囲気として採用だ。 この空の感じの色合いが 他に3種類近くあるのですが それを使うと これまた 全然違う雰囲気になり そこが微妙で 面白いのです。



次の背景画像は、最近 一番使っているZio氏のエアプレーンという画像を改良して色々なパターンを10種類以上も作った中の 一つから紹介だ。

VRM3版気越河東北本線越河踏切背景11青空飛行機雲
















実際の青空の下の部分を 色々アレンジしながら背景画を作っているのですが ご覧の通り 全然見えないのです。 でも 一番重要なのは、このスッキリした青空部分で この青空の色合いや明暗を 変化を付けて作っていました。

Zio ひこうき雲山並み2018





この下の部分の山並みも 他にも色んなパターンで 作っていました。



このZio氏のオリジナルのairplaneひこうき雲の背景画像も紹介だ。

Zio airplane ひこうき雲






この背景画像は、この鉄道模型シミュレーターの中では、バージョン関係なしに どのレイアウトでも使えるので 新VRM3★井戸端会議としては、絶対の自信をもって紹介したいですね 残念ながら ここでは、Bmpのファイルは、容量が大きくてUP出来ないので トレトレやfoxさんのサイトなどからUPして下さいね

次は、スッキリ青空のまったくの逆の どんてんの曇り空の背景からだ。

VRM3版気越河東北本線越河踏切背景12どんてん曇り空
















こちらも Zio氏の背景画像で 「今にも降りそうな曇天」 というのがファイル名なのですが ここでは、どんてんの曇り空と命名だ。 こういう暗い感じのイメージって 貨物編成などには、似合うんだね しかも峠越とかの力行している時の背景には、最高なんだね 

Zio 今にも降りそうな曇天





こちらが Zio氏の背景画像で 「今にも降りそうな曇天」のオリジナルですが 左側の太陽が少し見える感じが ビュアーで 走行させると 見える場所もあるのですが 定点カメラで 狙うと 場所を選んでしまうのでね ビュアーの時に 天候を どれを選ぶかも あるのかも知れませんが ここでは、全部 山岳の夏の 一番スッキリ見える天候を選んでいます。



その天候なんだが 昔というか 10年以上も前のパソコンの時は、グラボとPCの性能が 追い付かなかったので この山岳の夏のような天候を使わず 夏空か 小春日和しか 使わなかった記憶がありますね

VRM3版には、山岳の夏、夏日、雪、雨、小春日和、曇り、霧、秋の夕焼けと 8種類の天候モードがあるのですが とくに雨と雪に関しては、VRM5版のようなエミッターみたいなものなのか知りませんが 雨とか雪の降り方が弱くて そして何より 山岳の夏以外を選ぶと 遠くが霞んでしまうので 今は、山岳の夏しか ほとんど使いませんね

鉄道模型シミュレーターというゲームは、一番の問題は、使う側のパソコン性能によって全然違って来るという事を 20年近く続けて感じましたね 古いVRM3版でも パソコンの性能が良ければ Windows10でも 動くし ビュアーの描写も綺麗だし まして レイアウターのレイアウト作りに関しても 昔は、部品点数が5,000点を超えると動きが悪くなるとか 言ってましたが 今では、50,000点を超えても なんとか動くのでね 

まあ 正確には、すんなり動くのは、40,000点前後だとは、思うのだが 部品点数よりも 地形テクスチャーの容量が 一番問題だと思うのだが こればっかしは、自分で色々レイアウトを作って失敗しながら検証しないと なんとも言えないのだが VRMを 作っているメーカーさん以上又は、それに近いスペックを用意すれば一番面白いかも知れませんが メーカーさんのスペックが わからなければ 始まらないか 昔 どこかに メーカーさんのスペックが載っていて PCとCGソフトの名称を 聞いたような気がするのだが そういう技術的な話には、興味がなかったから スルーしていましたね

RailSim画像を 作ってみたが9

熱いね〜 もう今日は、35℃を 超えているみたいだ。なので部屋から出ませんわ 去年の今頃は、現場仕事で 汗流していましたが 人生どこで どうなるか わかりませんね

7本目の動画になる背景画は、春霞という背景画からで その中でも 一番最初に作ったオリジナルに近いものからだ。オリジナルと言うと語弊があるか まあ アイデアは、どこからかのものですが 作ったのは、自分なのでね

VRM3版気越河東北本線越河踏切背景7春霞1
















このギザギザが 気に入らないのだが しょうがないね マウスで 作っているので そして1024x256の限られた画素数の大きさなので 拡大すると ギザギザが 出来てしまうんですね

オリジナル春霞山1





元の画像で眺めると 上手く処理したと思ったのですが 拡大すると やっぱり無理でした。この、春霞という背景画は、前にも書いた通り20種類近くの色んなバージョンを作っていました。



結構 自分としては、好きな背景画です。でも 最近あんまり使っていませんね それが 気分次第というのか レイアウト次第の お気楽鉄道模型シミュレーターお遊びだ。

次は、夕焼け画像からの背景画だ。一応スッキリ夕焼けと 名付けています。

VRM3版気越河東北本線越河踏切背景8スッキリ夕焼け
















西日が 強い感じの背景画ですが 実際は、かなり トーンダウンして 色をぼかして改良しています。

Steam背景夕日オリジナル3-11







全体的に ぼかしを入れて コントラストを抑えています。 動画の画像は、この背景画の一部分しか出て来ませんのでね そこら辺が 動画で 走らせてみないと わからないとうのが このVRM3版の特長だ。



そして次は、このスッキリ夕焼けの別なバージョンの改良版でスッキリ夕焼け太陽という背景画の動画からだ。

VRM3版気越河東北本線越河踏切背景9スッキリ夕焼け太陽
















こちらは、ぼかしをしないで 太陽を 強調した背景画を 使っています。 この背景画の色合いのコントラストが 微妙に難しくて あんまりハッキリした写真のような背景画より すこし ぼかしが効いたトーンの背景画の方が レイアウト全体を眺めた時に 奥行き感が 出ている感じがしますね

Steam背景夕日オリジナル3AA






この画像も ご覧の通り 下の部分は、ほとんど見えないので必要がないのだが だからと言って 最初から 丸っきり下の部分の風景がなくて 白い部分にしてしまうと これまた とんでもない部分で白い部分が見えたりするので 結構面倒なのです。 これらもオリジナル画像を 分解して寄せ集めて作っているので よく見ると 太陽が二重に見えるのですが 要は、実際には、この上の部分しか見えないので この画像自体の絵には、それほどの意味はないのでね 本当にビュアーで 眺めた時に どう見えるか? ここが一番の勝負所だ。

だから あんまりというか ほとんど こういう背景画像だけは、あんまり見せないのが普通でね Zio氏のような方は、特別なのです。実際 作って見ると わかるのですが 自分がイメージした背景画は、中々素人レベルじゃちと難しいので あっちこっちからの画像を参考にモノマネで作っています。




前のスッキリ夕焼けの背景画と 今回のスッキリ夕焼け太陽の背景画の違いなんて そう変わらないんじゃないのと思うかも知れませんが 動画を 作ったおいちゃんから見ると 時間帯とか季節感が 違うように見えてね

そういう地面テクスチャーなどでは、表現出来ない時間帯とか季節感を どう表現させるか これも 鉄道模型シミュレーターの背景画の使い方の楽しみ方のひとつだ。

RailSim画像を 作ってみたが8

背景画を替えた動画の続きからだ。なぜ今回このRailSimのTwitter記事の東北本線の越河〜白石区間の画像れVRM3版レイアウトで作って見ようと思ったきっかけは、地元では、北斗星にしろカシオペアにしろ夜の23時頃か朝方の5時前の頃の時間帯にしか見掛けなかったので どうしても夜行列車のイメージが強かったのです。

そこで どうしても欲しかったのが 真夜中のイメージの背景画の画像でした。VRM3版には、夜間モードがないので 背景画で 夜をイメージさせないと駄目なので そこら辺が 難しいのだ。

VRM3版気越河東北本線越河踏切背景4おぼろ月夜
















そこで 一番イメージに近かったのが Zio氏の月の明かりという背景画像で 色々その前に自分で 夜景用の背景画を 沢山作っていましたが この月の明りという考えが なかったので ショックを受けました。 確かに この月の明かりに照らされた背景ならレイアウト自体の地面テクスチャーとも相性がいいかもと思いました。

Zio 月の明かり





そして Zio氏の月の明かりを 改造して2箇所に月を配置して おぼろ月夜と名付けて わざと 明るい夜空を表現させています。 これも 最初は、この背景に ゴジラが登場するシーンを作った時に 思い付いたのですが 真夜中を 表現するには、最高の背景画アイテムになっています。



次も 夕暮れのシーンからの背景画動画だ。今回の夕暮れは、曇り空というのがミソだ。

VRM3版気越河東北本線越河踏切背景5夕暮れくもり空
















この背景画だけでも 今現在 約100近い背景画を 持っていますが その内 今現在頻繁に使っているのが 約10種類くらいでしょうかね 2015年9月に奥中山大カーブ その9 さよならブルートレイン総集編の記事の画像で書いた背景画の春霞背景をアレンジして少しずつ変化させて20種類くらい作ったりしていました。 そんな中で VRM4版のZio氏の背景画を 見た時は、ショックでしたね これを如何に VRM3版で利用するか

Zio 沈む夕日逆1





それこそが 季節と時間を どうやってイメージするかの時に どの背景画を選択するかによって これまた だいぶイメージが 変わって来るのでね この夕暮れ曇り空の背景画も 本当は、Zio氏の沈む夕日逆1が正式な名称なんですが VRM3版用のイメージに名前だけ変更しています。




この背景画というのは、レイアウトの背景に この背景画が 円筒のように丸く繋がっているので 今回の定点カメラからの動画だと ある一部分の背景しか見る事が出来ないので そこを 上手く利用しながら 動画を選択しています。

次は、本当に実験的に作ってみた アルプス雪山という背景画を使った動画からだ。

VRM3版気越河東北本線越河踏切背景6アルプス雪山
















これも 実際使うと色々問題が出て来る背景画で このVRM3版で 実際のビュアーで眺めた場合には、変形して表現されるという事を 頭に入れて背景画を作らないと駄目だと 実感した背景画だ。

新 H29





これは、だいぶ修正して 下の部分を山並みで隠していますが そもそも これだけ アルプスと勝手に命名してますが 雪山を低く抑えても 実際は、 画像のように尖って見えるので 結構難しい背景画だ。 だから よく富士山などの山を背景にした画像などを 見ていると よほど 背景画をシンメトリーの左右対称の背景画を作らないと 上手く行かないような気がするんだね それと 写真を使うと 画素数の問題なのか ボケてしまう危険性があるので 写真の素材選びが これまた 難しいので なるべく 写真じゃないものを 選ぶのが 一番かも知れません



これまで 6本の動画を紹介しました。まだ これでも 半分も紹介していませんのでね まあ本当に好きですね〜 こういうのを 紹介するのが この記事で 今まで紹介した記事の投稿件数が5308件だそうです。

誰も 見もしない読みもしないかも知れませんが 10年以上前の記事や 色々鉄道模型シミュレーター関連を調べる時には、色々これでも役に立っているからね 画像も 2万以上もあるので 眺めるだけでも 暇つぶしには、いいんです。

RailSim画像を 作ってみたが7

先月7月は、おそらく13年近く続けている この新VRM3★井戸端会議ですが 初めての欠勤がなかった皆勤賞でした。 これも リタイアしたヒマジンだから出来る事でね そして これしか楽しみがないという 他の人から見ればつまらね〜人生だと思うかも知れませんが 本人からすると これほど自由なイマジンは、ないと思っています。

要は、何をするかじゃなく いかに自分の好きな時間を過ごすか ここが 金がないおっさんが行き着いた人生哲学で まあ 誰も理解出来ないでしょうが 若い人には、お勧めしませんが おいちゃんは、おいちゃん流を 貫くのみ 小難しい技術的な事は、他にお任せだ。 

ところで 7月25日にRailSim画像を 作ってみたが6で 紹介してたレイアウトの動画が出来たので 今日は、全て紹介だ。中々こういう背景を替えるだけの企画は、あんまり見た事がないので VRM3マガジン的に紹介だ。

まずは、背景の基本中の基本スッキリ青空という動画からだ。

VRM3版気越河東北本線越河踏切背景1スッキリ青空
















この背景に使っているのが 

H18青空1-1






このH18青空1-1という グラデーションの青空で 一番最初に こればっかりを使っていたVRM3版の基本の基本の背景を 長年使っていました。 その前には、この下側部分の白い部分は、作っていなかったのですが VRM3版の背景の場合どうしても 下の1/3部分くらいが 見えたり見えなかったりするので そこら辺の境目部分が微妙なんだね まずは、それで作った基本の東北本線越河〜白石間踏切通過をする特急寝台からの動画です。




この動画のように下側の白い部分が 背景の樹木の陰になって見えませんが これを 地形テクスチャーの山を作って隠そうとすると 透けて山が見えるので 本当なら こういう遠景の山並みみたいな部品があると 最高なんだが そこら辺が RailSimなどは、地形も部品として作ってあるようなので 考えているな〜と 関心しています。 鉄道模型シミュレーターでは、自分の技術に惚れ込むのは、いいんですが そこに なんか温度差を 段々感じて来てね 基本のレイアウト作りとは、仮想鉄道模型とは、と 書いていたら その鉄道模型自体が パソコンを使った自動制御の時代だから そう考える おいちゃんが 時代遅れかも知れませんね

次は、夜景のシーンを どうやって表現するか悩んだ時に使っている背景からの紹介だ。

VRM3版気越河東北本線越河踏切背景2スッキリ夜空
















この背景に使っているのが これからも 沢山出て来るZio氏のVRM4版の背景を VRM3版に改造した背景で Zio氏Wingsoft tomorow?の背景画からだ。

Zio Wigs of tomorow 紫朝焼け





名前は、定かじゃないのだが 紫朝焼けと 勝手に読んで使っています。 左側の太陽部分が 中々いい場面に出て来ないのが この手のアクセントのある背景は、レイアウトを選びますのでね



どうですか この背景の なんとも言えない 午前5時前の雰囲気が 最高なんだね そこら辺は、長年 現場での夜間作業を続けて来て鉄道関係の現場仕事も やった事があるのでね

次は、夕暮れの空という背景を 使った動画からだ。

VRM3版気越河東北本線越河踏切背景3夕暮れ空

















この背景を考えるきっかけになったのが 今から13年近く前になる山形の米沢付近に1年近く現場仕事の関係で 作業所みたいな所に住んでいた頃に見ていた 夕焼け空が 綺麗で その時の記憶を元に 当時 背景を 作っていました。

貨物夕暮れC





本来は、もっと別な色合いで この手の画像の種類が 5種類程あるのですが 背景が 暗くなり過ぎるので この明るい感じの夕暮れ空を 使っています。



10年以上前の初期の貨物編成用の動画では、 この夕暮れ空の他のバージョンを 多く使っていました。

こんな感じで 今回は、背景画によって どこまで レイアウトの雰囲気が 変わるのか? それの検証を兼ねて
 これから 残りも紹介します。 まあ これも ヒマジンなおいちゃんだからやれる真夏のVRM3企画の お話だと 思って付き合って下さい  そもそもメーカーさんが ちゃんとした背景画を最初から用意して貰えば 良かったのですが あの茅ケ崎の風景かどうかは、知りませんが どこでも使える風景の背景画にして貰いたかったというが 本音だね 未だに なぜあの風景にしたのか でも誰も文句を言わないからね〜 


RailSim画像を 作ってみたが6

RailSimTwitter画像がVRM3版で作れないか?の続きからだ。今回は、踏切の近くにデッキガータ橋を配置した画像から紹介だ。 

VRM3版気動車さん越河東北本線練習水路1
















本当は、この用水堀じゃなく 小川を配置してみたかったのですが なんせ河川の部品がないのでね あるのだけど デカくて使えないのだ。 

VRM3版気動車さん越河東北本線練習水路2
















もう 何十回も しつこく書いているのだが このローカルシーンを 作る時に 田舎の水田地帯だと この小川と用水堀を 渡るトラフガーター橋が どうしても必要で 鉄道模型のNゲージにも 最近は、部品としても 販売されているのだが ここの鉄道模型シミュレーターでは、ここで 騒いでも 全然取り上げられなくてね

VRM3版気動車さん越河東北本線練習水路3
















まあ これは、ローカルシーンを 実際に調べて レイアウトを作った人じゃないと わからないので 都会育ちのシティーボーイさんには、わからないか いや違うか 湘南ボーイには、わからないか

VRM3版気動車さん越河東北本線練習水路5
















デッキガーターも128丱好肇譟璽箸 一番短くて 違う色だとTomix版のデッキガーターもあるのだが こちらは、もっと長くなるので 使えないのと 要は、デッキガーターでは、橋の真ん中に橋脚を配置したくないのが 鉄則なので この128个任癲…垢感じるんだね

VRM3版気動車さん越河東北本線練習水路4
















だから用水堀の幅が広くなって これじゃ米どころの大規模水田地帯でしか使わない用水堀で 今ここで欲しいのは、もっと小さな用水堀なんだが まあ これもVRM3版だからのお話だ。

VRM3版気動車さん越河東北本線練習水路6
















この位置からのデッキガーターを渡る列車編成を 眺めるのが 大好きで 用水路は、コンクリートスロープの反対側の斜めの部分を 用水路側にして傾斜を少し付けています。 

VRM3版気動車さん越河東北本線練習水路7
















これが もっと用水路の幅が狭ければ傾斜を 付けないで垂直な壁にしていたのですが これだけの幅があれば しょうがないかだ。 一応 本来は、必要ないのだが 万が一の為に 梯子を配置しています。

VRM3版気動車さん越河東北本線練習水路8
















そして 用水堀の上のフェンスなんだが 本来なら もう少し高くしたかったのだが 車両編成に 重なって見えてしまうと 邪魔なので あえて低く抑えて 配置してみました。

用水堀の水面は、本当は、最初もっと 低く配置していたのですが スロープを反対方向に配置しているので スロープ下側が 透けて見えてしまうので しょうがなく 水面を高く配置してみました。

後日 動画も紹介予定だ。 最後に このレイアウトは、なんだかんだで 8時間近く掛かってしまいましたが あくまでも 直線部分を中心に配置出来たからすんなり作れましたが これが曲線区間とか曲線部分だったらおそらく作らなかったでしょうね

VRM3版の場合は、地形テクスチャーをなるべく使わないで 部品配置だけで 地形を埋め殺すのが 一番理想なんですが そうなると なるべく直線区間を 利用しないと難しいのです。

そして もっと こういう感じのローカルシーンの部品が増えれば 昔2008年8月にVRM3コン・ビネットを試すで一度 盛り上がったコンビネットレイアウトのモジュラージオラマを 各々が作って それを 組み合わせて 楽しむというのも 出来るのでね

昔 このコンビレイアウトは、DLして 試しにやってみましたが その時に 平地0个如”品だけで 埋め殺したレイアウトを 作って 線路の位置だけは、ある程度 基準を作っておけば これから又 楽しめるんじゃないのかと スクリプトと自動制御がないからこそ 単純に コンビレイアウトだけを組合わせただけで 合同運転会が 一人で楽しめる そういうお遊びも いいかもと 改めて 今頃 気が付きました。

2010年9月29日に「VRM3共同コンビネットから」という UPした動画から紹介だ。

「各々の制作者3人の9個のミニレイアウトを 組み合せたVRM3共同コンビネットからの流し撮り動」と 紹介文が 書いていました。 当時 このコンビネットという 言葉自体も よく知らず 只組み合わせて動画を 作っていましたが 今 年月が経過して この方式こそ VRM3版の 最大の共同作業、共同運転の一番の 楽しみ方かもと 今頃 気が付いた次第だ。


RailSim画像を 作ってみたが5

RailSimTwitter記事のVRM3版で作れないか?の続きからだ。今度は、踏切周辺からの紹介だ。

VRM3版気動車さん越河東北本線練習踏切1
















結局このVRM3版で なんとかVRM5版などと競争出来そうなのは、この踏切配置くらいしかないかも知れません警報機の警報灯と 方向指示は、点滅しませんが しゃ断機だけは、動くのでね

VRM3版気動車さん越河東北本線練習踏切2
















やっぱり踏切は、段違い時間差しゃ断じゃないと 面白くないので 道路も2車線ですが 少し広い幅にして 県道をイメージだ。

VRM3版気動車さん越河東北本線練習踏切3

















今回は、線路脇の雑草や樹木に いつもは、遠景樹木を 半分埋め殺して配置していましたが 学校の花壇を 埋め込んで 配置してみました。

VRM3版気動車さん越河東北本線練習踏切4
















もちろん 踏切しゃ断のしゃ断棹のしゃ断時間も なるべく本物に近い感じで設定だ。

VRM3版気動車さん越河東北本線練習踏切5
















まあ これしか 取り柄がないのでね 踏切警報機柱が 4本というのは、予算が余る程あるので配置しています。踏切の設置って 色々地域の諸事情があって たまに とんでもない踏切もあるのだが そういうお話は、ここでは、辞めとくか 吉本興行じゃないがお金に関する裏事情は、タブーなのでね

VRM3版気動車さん越河東北本線練習踏切6
















県道が 里山にぶつかった先には、トンネルを作ってしまいました。 この踏切の部品も もっと種類が多いと助かるのですがね まあ そこまで 踏切に関しては、IMAGICさんも 調べないからね 逆に こっちは、その分 踏切に関しては、学習しているので 踏切内部の配線とか制御に関しては、ちと おいちゃんの頭じゃ理解出来ないのだが それ以外なら 多少は、学習しているので これだけは、勝負出来るかも知れませんね

とにかく 踏切に関する部品が少ないのでね それと 前にも ここで書いているのだが あのZBインピーダンスボンドなんだが 在来線のZBは、あんなに大きくないような気がするのと ZBのケーブルも バラストで見えないように下に埋めるのでトラフと同じで これ見よがしに 設置は、あんまりしてなかったように思うのだが それと 電気分岐器も これは、逆に小さく見えるのだが も少し大きいような気もするのだが まあ 聞いた話だ。 
アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
Archives
livedoor プロフィール

おいちゃん

鉄道模型シミュレーターVRM3専用の分室です。難しい話は,一切ナシ ただレイアウト等を作って自分のお金で楽しむだけの人 大歓迎 !

鉄道模型が 大好きな癖して ひとつも持っていない ただ 人の物を眺めるのが趣味な変なおっさんです。 

QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ