新VRM3★井戸端会議

VRM3こそお金が掛からない大人の一人遊びだ。そういう考えの方どうぞ!

お隣さん画像

A列車で行こう9から

A列車で行こう9富士山麓鉄道 快速『サンセット富士」というStone River Sakushinさんという方が 2014年4月に YouTube動画にUPした動画から紹介だ。

A列車で行こう9富士山麓鉄道快速1














最初 A列車で行こう9のプロモーション動画だと思ったら なんと自分でレイアウトを作ったみたいで驚いたのだ。A列車で行こうは、プロモーション動画以外を ほとんど見た事が無かったのと どちらかというと 都会のイメージの風景が多かったので こういう感じのローカルシーンは、あんまり見た事なかったのでね それにしても 上手くレイアウトを作るもんですな〜 で この動画を眺めていたら こちらの鉄道模型シミュレーターV5とTrainzのレイアウト動画を 比べて見て どう違うのか? そこが気になってね

A列車で行こう9富士山麓鉄道快速2















どうしても 線路に関しては、こちらの鉄道模型シミュレーターやTrainzに比べると 独特なのだが それ以外の情景描写に関しては、このA列車で行こう9も それらを越えるくらいのスキルがあるようでね 

A列車で行こう9富士山麓鉄道快速3














ただ 唯一 こちらの鉄道模型シミュレーターV5の方が 勝っているのは、車両の出来でしょうかね しかし 車両に関しては、Trainzも 日本の車両も 結構 よく出来ている電車もあるのでね

A列車で行こう9富士山麓鉄道快速4















この俯角で 眺めた景色が 鉄道模型シミュレーターで ここまで描写出来るのか? 画像が消えないのか そこが このA列車で行こう9の強みでしょうかね

A列車で行こう9富士山麓鉄道快速5

















この風景の画像を眺めていると TrainzやRailSimの風景の感じにも見えるのですが  なんか鉄道シミュレーターの目指す描写の姿は、ここに行き着くのでしょうかね

ただ 今の鉄道模型シミュレーターに関しては、どちらかというと 車両の描写に拘っているようにも感じるのだが でも そこも わからないんだね 自作車両で これだけ凄い車両が 次から次と出て来ると メーカーとしては、どのくらいの車両を提供して行くのか?

じゃあ 今やっている鉄道模型シミュレーターV3は、どうなのか 確かに 描写に関しては、劣るのだが レイアウトを 簡単に作れるという点で考えると これこそが 本来の自分で創作して楽しめるという他のゲームなどとは、違うゴールや勝負みたいな上りがないので 終わりがない所が一番の いい所で こんな感じで 20年近くも続けているのでね

まあ どのゲームでも 上級者が居れば いつまで経っても上級者には、なれないけど 好きで続けているユーザーもいるのでね 

ちょっと 15分程と長いのですが 見応えがあるのでね A
列車で行こう9は、見る動画としては、いいかも知れませんね


VRM5前面展望動画から

 YouTube動画のamajokeさんのVRM5前面展望動画から今日は、勉強会だ。個人的には、嫉妬の感情が強いのか ライバル視してしまうVRM5前面展望動画ですが 今回のamajokeさんのVRM5前面展望動画が意外と レイアウトという観点で 眺めると 非常に興味があったので 勝手に紹介だ。

そのレイアウトは、VRM5外周(外回り)テストという動画からだ。

VRM5外周線amajoke氏A
















とにかく このVRM5の前面展望動画を 眺めていると ほとんど全ての動画に言えるのだが 本当に こちらのVRM3版と まったく違う鉄道模型シミュレーターに見えてね とくに あのアドバンスレールが 出てからは、この線路に関しては、他の鉄道シミュレーター関係の線路の中でも 群を抜く出来栄えで 前面展望動画で見える線路を眺めているだけで こりゃ完全に負けたという やる気をなくしてしまう程のインパクトがあるんだね

VRM5外周線amajoke氏1

そんな中で なぜ こちらのVRM5外周(外回り)テストを 選んだのか それは、これから自分で作るレイアウトの参考になりそうな部分が多いような気がして紹介だ。 まだ 制作途中みたいなので 完成したレイアウトでは、ないのだが 貨物線と旅客線との 絡み方が 面白いので紹介だ。

VRM5外周線amajoke氏2
















左側の貨物線のような高架橋脚で少しづつ勾配を作りながら 大きくカーブしながら

VRM5外周線amajoke氏3 
















直線区間で 並走しながら

VRM5外周線amajoke氏5
やがて 旅客線の上を 跨いで 交差して行く姿が これまたいいんだね

VRM5外周線amajoke氏4
こうして 交差した後 反対側の線路で 勾配を下りながら 又 旅客線に並走して行く こんな感じの交差や

VRM5外周線amajoke氏6
逆に この画像の左側の側線が 地上から地下に潜り始めるところからの画像だ。

VRM5外周線amajoke氏7
















こちらの画像は、駅構内の風景だ。 ここで 面白いと思ったのが この駅構内の上を跨いでいる連絡橋だ。この連絡橋は、どの部品を 使っているのか 気になってね VRM3版だと IMAGIC駅高架128-102Aの部本なのか それともTomixレール側壁窓4枚を 使っているのか そもそも 新しいVRM5の部品なのか そういうのを 見付けたりしているのが楽しいのだが まずは、動画を どうぞだ。



amajokeさんのVRM5の前面展望動画は、他にも 沢山あるのですが なぜか この動画が 一番レイアウト的に興味が起きたので 紹介しましたが 人様のレイアウトを なんだかんだ書くのは、実は、昔は、大好きで 勝手に楽しんでいましたが あのレイアウトコンテストが 消滅してからは、まったく やっていませんでしたね

そこで 今回は、2007年11月22日に レイコン2007の総評を書いていたので 紹介だ。

井戸端会議版VRM3レイコン2007総評1
井戸端会議版VRM3レイコン2007総評2
井戸端会議版VRM3レイコン2007総評3
井戸端会議版VRM3レイコン2007総評4
井戸端会議版VRM3レイコン2007総評5
井戸端会議版VRM3レイコン2007総評6
井戸端会議版VRM3レイコン2007総評7
井戸端会議版VRM3レイコン2007総評8
井戸端会議版VRM3レイコン2007総評9
井戸端会議版VRM3レイコン2007総評10

こんな感じで 好き勝手書いていました。VRM3版のレイアウトコンテストは、2002年から始まり2008年で消滅してしまいましたが その間の7年間は、色々今になってみたら大変勉強になりましたね 懐かしいね〜

当時の人達は、今も この鉄道模型シミュレーターを やっているのでしょうかね そう考えると やっぱり おいちゃんは、異常かも知れませんね

VRM5 或る貨物動画から

YouTube動画のamajokeさんのVRM5 或る貨物動画から今日は、勉強会だ。

閉塞信号機の流れamajoke氏1















まず この動画なのだが 自動センサーによる信号・閉塞制御(画面手前貨物線のみ)を導入定点カメラで様々な車両をお楽しみください。と 説明には、書いて有りましたが 最初そこを読まないで 眺めてしまい この手前の貨物線の閉塞信号機を 隣の特急電車が走っている 旅客本線と合流する貨物線と勘違いしてしまい あれ なんで信号機の両方ともR現示(赤の停止)が 表示されているのか おかしいな〜と思ってしまいました。

そうしたら ちゃんと閉塞制御(画面手前貨物線のみ)と 書いて有りました。要は、この貨物線だけの信号機で この先に側線があり それに対しての閉塞信号機という事に やっと気づきました。そこで まずは、この閉塞信号機の信号現示の流れを 昔ここでも紹介したのですが 再登場だ。

閉塞信号機の流れ1










まあ流れとしては、閉塞信号機がある場所に列車が通過すると信号現示が G現示(青の進行)からR現示(赤の停止)の表示になり その閉塞区間を 通過すると 又 信号現示が Y現示(黄色の注意)に連続して変わる事を言うらしいのだが 専門家じゃないので 詳しくは、知らないのでね

閉塞信号機の流れamajoke氏2-G














上の画像のように この貨物本線の この先の閉塞区間などには、列車がいないので いつでも貨物が 進入出来るというG現示が 表示されています。

閉塞信号機の流れamajoke氏2-R















そして ここの信号機がある閉塞区間に列車がある場合は、まだ 信号機の現示は、R現示で 次の閉塞区間に入ると本線側(ここの信号機の左側の高い位置にある信号機)の現示は、Y現示になります。

閉塞信号機の流れamajoke氏2-Y















まあ 普通の自動閉塞信号機なら こういう流れで 順次 信号現示が変化するのですが ここが この「或る貨物レイアウト」の 面白い所で 色々考えさせられました。

まず この貨物本線の先には、側線があり その為に この
閉塞信号機が場内信号機のような役割を担っているのかと想像だ。 そして ここからが 貨物好きじゃないと 理解出来ない事じゃないかと 一人で 想像だ。

このレイアウトは、高架区間で 真ん中中央に旅客本線2線と両側に貨物
本線の上下線が 旅客本線を挟む感じで 配置してあり まるで東海道本線の どこかの区間のようにも感じます。だから 最初に旅客本線と合流か?と 勘違いしてしまいましたが そして ここで感じたのが 旅客本線の列車速度と貨物本線の貨物列車の速度に関して走行スピードが 違うように見えるんですね

そこが この動画の面白い所で 鉄道の鉄道路線も 自動車が通る一般道と
同じ様に最高速度が決まっているんですね 例えば 地元の東北本線では、宮城県内は、ほとんど100劼念貮区間が95劼如,修梁召慮の一部では、最高120劼泙如,屬暖瑤个擦襪澆燭い任后もちろん あくまでも最高速度ですから どこでもかしこでも 飛ばせる訳じゃないのでね まして駅構内とか 都市部じゃ こんな最高速度じゃ走れませんからね

そして 貨物列車の中にも 優等列車というのか 種類が色々あって 例えば高速貨物列車でもA, B,Cとランクがあり 一番速いAが110〜100劼覗行出来 最高速度95劼覗行がBで 最高速度85劼Cとランクされているみたいだ。スーパーライナーと呼ばれている貨物列車がAに当たるそうです。

そして ガソリンタンク車などの 専用貨物列車でも Aが最高速度75劼覗行出来て Bが75/65勸焚爾捻薪召箸盻颪い突りました。 あと貨物列車の列車番号は、詳しく知らないので ここでは、省略します。長々と 書いてしまいましたが ここらの情報を頭に入れて この動画を 眺めると これが 大変 勉強になり 又 面白いので ここからは、画像で紹介だ。

閉塞信号機の流れamajoke氏3














最初に通過して行くのが EF210のコンテナ編成からだ。 ここの閉塞信号機の本線側の信号現示が 最初からY現示(注意)だったので おそらく ここから 65勸焚爾縫好圈璽疋瀬Ε鵑靴胴圓と思うのだが ここらも 詳しくは、知らないのだが Y現示(注意)だと65辧40劼半匆陲靴討い襯汽ぅ箸發△辰燭里世 これは、走行している貨物編成が 高速貨物のABCのどれなのかとか この先が どういう状況になっているのか わからないので ここでは、触れないで置きます。

閉塞信号機の流れamajoke氏5














そして こちらは、EH500金太郎が牽引する福山通運の専用コンテナ編成からだ。これが スーパーライナーかどうかは、知らないのだが この貨物編成が ここの閉塞信号機を 通過する前には、G現示(進行)の青信号が表示されていたので スピードを落とさず ここの閉塞区間を通過して行く思うのだが ここが ここのレイアウト作者のamajokeさんの拘りなのか 本当に この先の貨物本線の状況が気になってね 例えば この貨物編成は、北海道までの直行便なんて想像したりして楽しいのだ。まあ急ぐ便だから 最高速度で 通過しているとは、思うのですがね

閉塞信号機の流れamajoke氏4















次に 通過する貨物編成は、専用貨物列車のしかも混載編成だから あんたも好きね〜と思わず言ってしまいたいくらいだ。EF66-128のJR貨物ハーフ塗装車と タンクコンテナ車と

閉塞信号機の流れamajoke氏4-1















後ろ半分が タキ1000のツートンのタンク車編成だ。こちらは、閉塞信号機は、最初からY現示で 一番最初に紹介したEF210と同じ様に 減速して通過して行くのでしょうか しかし ここの閉塞信号機の区間の長さが 気になってね もしかして それで Y現示とかG現示が 表示されるのでしょうか いや なんか違うような気もするのだが そこが VRM5版で 行き詰ってしまった この信号機と 自動制御の設定と配置場所そして この列車速度の関係とか おいちゃんの頭じゃまだまだ理解出来なくて 困っています。

閉塞信号機の流れamajoke氏6















次は、EF66-44クーラー付きの後期形機関車が牽引するトヨタエキスプレスだ。トヨタの専用貨物編成ですが ここでは、福山通運のスーパーライナーと 同じ様に 高速貨物Aで G現示で ぶっ飛ばして来ると思ったら Y現示で ここからスピードダウンだ。渋いね〜今の貨物業界というか国内景気を反映しているのか そう昔のように トヨタ様様という感じじゃないみたいで 結構 東北本線でも 途中で 時間調整をしている場面などもあって 昔ほどの 大名行列のイメージが薄れて来ましたね

閉塞信号機の流れamajoke氏7















最後は、EH200牽引のタキ1000ツートンタンク車編成からだ。こちらも Y現示の表示から ここからスピードダウンだ。本当に じっくり眺めると 色々感じるところがって 面白いのだが 中々こういう定点カメラの動画は、好きな人は、眺めますが 一般の人は、どうしても 電車でGOのイメージが強いのか 前面展望動画が 好まれる傾向があるんだね まあ 仕方がないんですが そうなると もう少し 運転席の表現を Trainz並みにして欲しいというのが おいちゃんの希望だが それを 書くと 又 怒られそうなので 今日は、ここまでだ。 

amajokeさんは、中々面白い色んなレイアウトの動画を紹介しているので 又 その内 紹介だ。 まあ この動画1本で 今日一日潰して 楽しませて貰いました。 中々今のご時世 家で年寄りは、じっとしていろと 言われそうなので こうやって人様の動画を眺めながら ああだこうだ詮索するのも
楽しみ方の一つであり 暇つぶしには、最高なのでね

今までの事を 注意して動画を ご覧下さいね では、

 

VRM5版踏切画像から

VRM5のSirokumaさんの1月19日のブログで踏切画像が載っていました。中々リアルで 面白かったので こちらのVRM3版踏切と比べて並べてみました。

VRM5sirokumaVRMさん踏切画像1















やっぱりVRM5のSirokumaさんの踏切画像を眺めていると 描写の違いを嫌というほど感じてしまいますね   まず感じるのが 平成いや令和時代の次世代踏切とでもいうのか 線路もアドバンスレールだから 尚更そう見えるのかも知れませんが いかにも新しく出来たばかりの路線と踏切という 新車を買って運転した時のような気分を 味わえる達成感がある画像だ。

それに比べると こちらのVRM3版踏切は、まるで 昭和の感じそのままの雰囲気の画像からだ。

VRM3越河駅斎川踏切画像1

















これは、今 使っている仮想東北本線越河駅レイアウトの踏切からの画像からだ。 これでも だいぶ平成に近い感じの踏切なのだが 全然感じが違いますね 同じ鉄道模型シミュレーターと メーカーさんが一緒にしたくないのがよくわかります。

VRM5sirokumaVRMさん踏切画像2
















この道路側から眺めた踏切画像ですが 基本 日本では、車は、左側通行なので 踏切しゃ断機は、道路の左側に配置が ほとんどで 逆に 踏切警報機は、設置の場所がない場合は、逆側の 今踏切しゃ断機がある場所に配置してある踏切も結構多いみたいです。

それと このVRM5版踏切しゃ断機のしゃ断棹の長さは、VRM3版の時から 騒いでいるのですが 短いので この2車線道路に対しては、この道路だと 最低でも8m近い長さのしゃ断棹が必要なので 普通は、2組しゃ断の4台の踏切しゃ断機が必要になります。 まして電化区間だと しゃ断棹が 架線に触れないように 長いしゃ断棹は、使わず どうしてもという場合は、屈折形のしゃ断棹を使ったりしているようです。

そこら辺は、JR各社の踏切保安装置に対する会社の考えがあるので 詳しくは、わかりませんが こちらのJR東日本では、踏切の道路を全部しゃ断して 中に入らないくらいにしないと駄目だと 噂では、聞きました。

VRM3越河駅斎川踏切画像2
















なので こちらのVRM3版踏切では、2車線道路に対しては、2組しゃ断の踏切しゃ断機を4台配置しています。しかも 絶対あり得ない 警報機も4台配置と うるさいくらい踏切保安に力を入れています。 というか 面倒なので 同じしゃ断機付き警報灯を配置しているだけですがね 

この踏切装置に関しては、メーカーさんも 古い感覚のお持ちなのか それとも あっちこっちの踏切で現場調査でもしてくれば 今現在どういうものが主流なのか わかったと思うのですが おそらくJR東海の東海道線とか その近辺の現場調査なので 踏切や器具箱などのJR東海の設備が多いんじゃないのかと想像だ。

この踏切でも信号でも なんでもそうだが 国鉄時代は、全国的には、統一されていましたが JR各社になってからは、それぞれ保守に関しては、それぞれの会社で やり方が違うようになったみたいで とくに JR東海とJR東日本じゃ 色々犬猿の関係があったりして保守関係も それぞれ系列も含めて異なる村社会が確立したと噂では、聞いていたので 踏切に関しては、その土地に行って実際眺めて来ないと それぞれ違うのでね

VRM5sirokumaVRMさん踏切画像3














と 専門家でもないのに 何を素人がと思うでしょうが 一応 東北本線の宮城県内の踏切は、全部 個人的な趣味で 現場調査したので そのうち他の仮想鉄道塗り絵道場で 紹介するつもりだ。今こちらでは、気仙沼線の踏切を紹介していますが 中々手が動かないのでね

VRM3越河駅斎川踏切画像4
















Sirokumaさんは、警報機と遮断機にはPC橋脚で台座を用意しました。と書いていましたが こちらのVRM3版踏切では、仮想橋脚のビーム140个髻‥畋罎忙藩僂靴討い泙后

この障害物検知装置も ここは、本来 大型障害物検知装置というものを 配置したかったのですが そもそも そういう部品がなくて 障害物検知装置を組合わせて配置していました。 これの配置が 面倒でね  上下線の線間の障害物検知装置は、こんなコンクリート土台は、本来デカくないのですが どうしても 3台を組合わせると 障害物検知装置の下の部分が見えてしまい カッコ悪いので 仕方なくビーム140个髻‥畋罎忙藩僂靴討靴泙い泙靴拭 そこら辺が 実際に自分で この障害物検知装置を レイアウトで配置して見ないと その配置の仕方や どういう検知で障害物を検知するのか そこが この踏切を作る事によって学習する面白い所でね そこら辺は、2019年4月に仮想東北本線越河駅レイアウト72で少し紹介していました。

VRM5sirokumaVRMさん踏切画像4














障害物検知装置は、光学式とレーザー方式とか色々あるみたいで どちらも送る側と受ける側があるので 踏切内では、レーザー光の受光が上手く出来るように 常に調整しないと駄目みたいで 結構調整が大変だと 聞いたことがあります。 今の最新の踏切は、この前 川崎の踏切事故でも写っていた3D立体レーザーとかいう方式の障害物を立体で検知する装置が主流になって来ているようです。 結構 お高い装置でらしいです。

VRM3越河駅斎川踏切画像3
















このVRM3版踏切だと 上下線間の障害物検知装置は、もう少し後ろに下げなきゃおかしいのだが まあ そこら辺は、いい加減でね そこが 駄目なんでしょうが 又 それがVRM3版なのでね 部品がないという口実で 全部逃げられるのが これまたいいいんです。

VRM5sirokumaVRMさん踏切画像5















そして最後は、踏切器具箱からの画像からだ。 この器具箱が ずっと欲しかったのだが これが出て来たのは、VRM4版からで その前は、 こちらのオレンジ色のJR東海さんの器具箱みたいなのしか部品として無くて
本当に がっかりした覚えがあるのだ。

VRM3越河駅斎川踏切画像6
















この上の画像は、 今までの踏切とは、違う白石駅構内の本郷踏切からなのだが こんな感じで 学校の朝礼台を土台にして器具箱を配置して 信号機用の器具箱として配置していたものを ここでは、使っていました。が 配置するスペースがない場合は、スルーしていました。 やっぱり このオレンジ色は、違和感を覚えるのだが メーカーさんも それに気づいたのか それとも指摘されたのかは、知りませんが VRM4版からは、銀色の器具箱が 出て来ました。

この鉄道模型シミュレーターの一番の問題点は、この部品のバージョンが異なると使えないというのが 残念でね じゃあ まるっきり新規に部品を作っているのかというと そうでもない感じで 全部 新規で 一から作り直して次世代とか 新しいバージョンで新規にスタートするなら理解出来るのだが どうも中途半端で VRM5版アンロックとか 車両以外は、そのままと同じでも いいような気がするのだが まあ 余計な事か

VRM3越河駅斎川踏切画像5

















最後に この新幹線が見える踏切画像が このVRM3版踏切の 鉄道模型風の表れで 要は、欲張りなのだ。Sirokumaさんの踏切画像のようなスッキリした踏切こそが理想なんだが どうしても ゴテゴテと 色々付け加えてしまうのだ。 シンプルな描写が 苦手なのが このVRM3版なんでしょうか いや これは、レイアウトを作るおいちゃんの なんでも 欲張りな性格かも知れませんね

今主流の全面展望動画から

昨日のamajokeさんのローカルの日和から 今日は、VRM5の今が主流の全面展望動画からhbousouさんの車両基地からの入出庫からの動画を紹介だ。

VRM5 hbousou車両基地の入出庫1















このVRM5前面展望動画を眺めていると こちらの【4K前面展望】上野東京ライン(常磐線)を 思い出して この手の動画が人気があるのかと思っています。

VRM5 hbousou車両基地の入出庫2















VRM5も このアドバンスレールが 出来たから すっかりこれが 鉄道模型シミュレーターの顔になった感じで こういう描写が YouTube動画では、圧倒的に評価が高くて VRM5 鉄道模型シミュレータ 自動運転などでも かなりの評価を得ています。

VRM5 hbousou車両基地の入出庫3















スッキリした感じで この手の描写が いいんでしょうね Trainzも 最近の動画や画像を眺めていると こういう感じの動画が多かったので 世界的な流れなんでしょうかね

このアドバンスレールのレイアウトを見てしまうと どうしてもVRM3版を やる気をなくしてしまうのだが まあ これも これだけ上手くレイアウトが作れる人の動画だから そう見えるのだが じゃあ そうでない初心者のレイアウト動画も 見てみたいのだが あんまり そういう人の動画は、出て来ないのでね



この動画の再生回数は、正直なので 鉄道模型シミュレーターV5の王道レイアウトは、こういう感じの作り方という見本のような動画からだ。 

VRM-NX ローカルな日和がGoodの続きから

amajokeさんのVRM-NX ローカルな日和が新しくYOGISHAというバージョンで登場だ。益々情緒的な雰囲気で Goodに 磨きが掛って来た感じに見えますね こんな感じのVRM5のレイアウト動画が少ないので 尚更 良い感じがします。MMD鉄道によくある物語風の動画に近い夜汽車の雰囲気が最高でね

VRM5 amajokeさん夜汽車1















とくに この滝の雰囲気が最高ですね 中々滝を作ってくれる人が少なくてね VRMNXだと こんな感じになるんですかね やっぱり動く滝は、いいねえ〜

VRM5 amajokeさん夜汽車2















そして前にも紹介したコンビニの明かりが最高です。 このレンガ橋をガードとして配置して 高さ制限の制限バーを配置と しかもだ 高さ制限3.6mと 大型の制限禁止と なっているのが おっと思ってね

中々このガードを作った背景が 面白くて気になって調てみました。普通 公道での高さ制限は、3.8mが 大型などの高さ制限が多いのですが 特殊な場合は、警察の許可を貰えば 4.3mまでと(指定道路4.1m)で なので 踏切などでは、4.5mの高さ制限の制限バーが設置してあるのですが ところが ここの高さ制限は、3.6mなんだね そうすると 大型トラックは、通れない車が多いのと 大型観光バスの二階建てバスとハイデッカーバスは、3.8m以下の高さに合わせて作られているそうですが この3.6mだと OUTみたいなんだね でも この画像の路線バスだと中型だとすると高さが3.5mなので ギリギリ路線バスだけが 通行できるように このガードを配置した所が 素晴らしいのだ。

VRM5 amajokeさん夜汽車3














そして このレイアウトの動画の夜汽車が 通過するシーンの周辺の光の当たり方が 今まで見て来た夜景のVRM4やVRM5の雰囲気とは、違う感じがして ぼやっとスポットが広く照明が差しているような感じで いいんだね〜そんなに大きなレイアウトでもないけど こういう感じの作り込みしてあるレイアウトも参考になりますね
 


なんか 今まで見て来たVRM5版の雰囲気のレイアウトと違うので 個人的には、好きなんですがね


VRMonLine動画から

今まで気が付かなかったのだが VRMonLineというのは、VRM5版のオンライン版だとばかり思っていましたが どうも違うような気がして来ました。普通ならVRM5onLineと VRM5版の5を 入れる方が わかり易いのかと思ったのだが VRM5版もVRMNXも 両方とも取り扱うようになる事を前提に VRMonLineという名称にしたのかと ふと 思い付きました。 まあ どうでも いい話でした。

ところで VRMonLine動画から通勤電車だけの動画を紹介だ。緑川鈴さんの動画なんだが 最近あんまり見掛けないようなのだが 2012年にUPしていた動画からだ。

VRMonLine東海道線緑川鈴1
















まずは、東海道線という東海道本線を走るE231系、185系、251系と京浜東北線を走るE233系からの走行動画です。4現示信号機のY現示注意から警戒信号のYY現示25lkm以下で進行など芸が細かいですね



次は、山手線、京浜東北線からの動画からだ。

VRMonLine山手線緑川鈴2
















E231系山手線と E233系京浜東北線の並走シーンからだ。 駅のホームに減速して停車するシーンなどは、本当に真似したいのだが 中々これが 実際やってみると難しくてね でも 参考には、なるのでね



これをVRM5版で やりたいのだが この緑川鈴さんの動画は、そういう意味では、レイアウト作りの参考には、一番参考になりそうなんだが どうしても この界隈というのか 鉄道シミュレーターが好きな人は、前面展望の動画の方が 好まれるようで もっと 再生回数が増えても いいような気がするのだが 何が足りないのでしょうかね ホームに入線する時の案内とかの音声でしょうか それとも ホームに待っている乗客なんでしょうかと 勝手に 想像だ。

VRMonLine中央線緑川鈴3
















最後は、中央快速線201系と 総武線E231系からの動画だ。 このカントしているカーブを走行するシーンは、VRM3版では、出来ないのでね でも VRM5版でも カントレールは、別部品なので 購入しないと このレイアウトは、作れませんからね 



こういう感じのじっくり走行シーンが眺められる動画は、自分がレイアウトを作る時の参考になるので 好きなんですが 中々一般の人は、もっと派手な 盛り沢山の動画が好きなような気がしますね 

やっぱり動画も 自分がレイアウトを作る前提で 参考にする為に 眺めるのが多いのですが 一般の人は、電車でGOやA列車で行こうの延長みたいな感じで この鉄道模型シミュレーターの動画を 眺めているんでしょうかね このVRM3版動画以外だと VRM5版,VRMonLine,Trainz,RailSimも 雰囲気が似ているように感じてね

上級者の動画作品になればなるほど なんか描写の感じが同じ様に見えてしょうがないのだ。

インドネシアのTrainzから

YouTube動画を眺めていたら インドネシアのTrainzSimulatorが あったので紹介だ。

インドネシアTrainz1

















インドネシアのジャカルタにあるサラナ・ラタンガというMRTというルート?らしいのだが よくわかりませんが これからは、東南アジアの鉄道シミュレーターも目が離せないので紹介だ。



最新の車両みたいですが こちらの動画も インドネシアのTrainzSimulatorからだ。

インドネシアTrainz2
















どこの都市かは、わかりませんが テベ駅に到着・発車する列車のシーンからの動画みたいです。JR205という言葉が出ていたので それらしき車両が出て来るかも知れません 詳しくないので ごめん



色んな車両が 見られて面白いです。 他のインドネシアのTrainzSimulator動画もあったのですが 運転台からの全面展望の動画が多くて 向こうの列車の運転席のガラス窓には、網が付いているので 前面展望が 見づらくて 紹介するのを 辞めました。 が 結構そういう動画が 多かったです。

中国本土のTrainzのような動画を見てみたいですね 15年近く前にTrainz2004とかを 初めて知った時には、中国の人のTrainzのスクリーンショットなどを拝見しましたが香港なのか台湾なのか それとも本土の人なのか 結構中国ぽい感じの凄い画像が載っていてモネの絵のような印象が残っています。

あっちこっちの世界の鉄道シミュレーターを見てみたいです。


221系アーバンライナー新旧登場だ。

Nal8さんのDilexerさんの221系をDLして走らせてみました。221系は確かVRM3だと公式が制作していましたが、ようやく現行VRMへの帰還を果たしたようで何よりです。という記事を見て 塗り絵をやってみました。

VRM5-Nal18さん221系マリン白浜221から1



















Nal8さんの221系の画像から 風景を拝借して VRM3版221系を 入替えしてみた。

VRM5-Nal18さん221系マリン白浜221から2












更に マリン白浜221系のヘッドマークを 入替えてみました。

VRM5-Nal18さん221系マリン白浜221から3












最後は、掟破りの新旧バージョンを並べて見ました。 勝手に拝借して スマンです。

VRM5-Nal18さん221系マリン白浜221から4








こういう感じで 現実の鉄道模型シミュレーターの中で新旧や他の自作鉄道車両が走れたら 最高に面白い鉄道模型シミュレーターなんだが そうは、イカのキンタマで行きませんね まあ お遊びです。


VRM2.3気動車軍団から続き

この前のVRM2.3気動車軍団の続きで 動画をUPしてみました。 ところが なんかYouTube動画のUP方法が 変わったのかUPされていなかったみたいで もう一度 UPしてみました。

VRM3 キハ軍団25種類そのC
















今回の画像は、動画の画像からで 前回紹介した画像は、VRM3版の640x480のスクリーンショットからの画像です。 最近 この描写に関して 気が付いたのですが 鉄道模型シミュレーターのスクリーンショットの画像って どうなんでしょうか 他の画像に比べると 見劣りするのは、自分のPCの性能が悪いからでしょうか

VRM3 キハ軍団25種類そのA
















実際 ビュアーの画像も動画で撮った時の画像も そんなに悪くは、ないのですが 昔のPCに比べると 雲泥の差がつく程 今は、このVRM3版やVRM2版の車両でさえ 綺麗に描写されるのですが どうもVRM5版のスクリーンショットも それ程 良くは、撮れません

VRM3 キハ軍団25種類そのB
















けど メーカーさんの紹介画像は、昔から 鮮明に撮れた画像なんですね あれって どうやって撮っているんでしょうかね そう考えると 他のRailSimやMMD鉄道やTrainzなどの紹介画像に比べると ここの鉄道模型シミュレーターの一般ユーザーさんの紹介画像では、中々キッチリとした画像が少ないにも感じるし 又 色合いが 物足りないというか 色目が気になってね とくに蒸気機関車の色合いに関しては、気になります。

まあ ど素人なので 写真などを撮ったり加工したりするソフトの問題なのかも知りませんが 元々画像に関しては、スマホで 1920x1080で 撮った画像を 50%くらいに縮小して載せているのだが 画像をUPするのも もう2万点以上も UPしているので なるべく大きくならない画像をUPしているのだが そこらも問題なのか

ここは、鉄道模型シミュレーターV3の資料館みたいな感じで 考えているので しょうがないのだが





そういう観点から 考えれば ここのYouTube動画も 鉄道模型シミュレーターV3を それだけで2600本もUPしているので しかも最近は、VRM3.2版車両を 紹介するような感じの動画を 中心にUPしているので 個人的趣味でもあるのだが 鉄道模型シミュレーターV3の資料館として なるべく世間に認知して貰いたいのだが 完全な個人的な趣味の鉄道シミュレーターゲームに なってしまったので残念だ。 でも頑張るさ
アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
Archives
livedoor プロフィール

おいちゃん

鉄道模型シミュレーターVRM3専用の分室です。難しい話は,一切ナシ ただレイアウト等を作って自分のお金で楽しむだけの人 大歓迎 !

鉄道模型が 大好きな癖して ひとつも持っていない ただ 人の物を眺めるのが趣味な変なおっさんです。 

QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ