新VRM3★井戸端会議

VRM3こそお金が掛からない大人の一人遊びだ。そういう考えの方どうぞ!

仮想越河レイアウト

仮想東北本線越河駅レイアウト299-回想その5

仮想東北本線越河駅レイアウト動画の回想その5からだ。

仮想越河駅レイアウトYouTube動画リスト表9-10












 このYouTube動画No7〜No8の中では,特急シリーズと気動車シリーズからの 紹介だが その中でも 再生回数が伸びていた動画を紹介だ。

まずは、特急シリーズから 昔から ここの新VRM3★動画では、特急電車の中でも人気があるE653系フレッシュひたちからだ。 このE653系フレッシュひたちのレッド、ブルー、イエロー、グリーン、オレンジの中で どれが一番 再生回数が伸びていたか これが毎回 このYouTube動画の調査を している時に 気になってね で 今回は、No161のE653系フレッシュひたちブルー編成からの紹介だ。



更に もう一つ紹介だ。No168小田急ロマンスカー10000形HiSE-Wからだ。この他に小田急ロマンスカーには、7000形LSE-Wと7000形KSE-Gの2種類もあるのですが 両方とも人気があるみたいだ。



小田急ロマンスカーは、新VRM3★動画では、人気があるみたいですね

次は、気動車シリーズからの紹介だ。 特急気動車としては、キハ283系とかキハ183系とかキハ181系ターボなどが 人気があるのですが なぜか ここでは、No182キハ65系急行えびのが 飛び抜けても伸び率が 高くてびっくりだ。 
鹿児島本線〜肥薩線〜吉都線〜日豊本線線を走っていたディーゼル急行キハ65系えびの貫通扉7両編成からの動画です。と紹介したのが良かったのでしょうかね



この他にも キハ58系急行おが9両編成も伸び率が高かったのですが 今回は、No180キハ81系はつかりブルドック9両編成からの動画を紹介だ。 この車両は、1998年登場のVRM2版車両で 作りは、あんまり良くないのですが 結構 人気があるみたいです。



結構 こうやって調べて見ると 意外と この気動車は、ここでは、人気があるみたいだ。しかも 特急よりも急行の方が 人気があるという結果には、驚いたね

本当に 限られたコアな人しか 見てくれませんから 本当に再生回数が少ない中での 調査ですが それでも ここならでは、の結果が見られるので 面白いと言えば 面白いのだ。 

仮想東北本線越河駅レイアウト297 耕野踏切から

仮想東北線越河駅レイアウトの越河駅構内の耕野踏切近くからの眺めからだ。 このレイアウトの中でも 新幹線と在来線とローカル見張線の3路線の車両編成が 眺められる ベストポジションからの動画だ。

越河レイアウト耕野踏切1-DD13



















上の画像のように 新幹線と在来線と そしてローカル見張線が眺められる場所からの動画からなのだが ここに映っているDD13セキ3000石炭車編成は、 動画では、時間の関係で カットしていますが

越河レイアウト耕野踏切2-キハ110



















それ以外の車両編成は、眺められます。 その中から キハ110編成から

越河レイアウト耕野踏切3-DF200



















こちらは、DF200レッドベアタキ3000編成からだ。

越河レイアウト耕野踏切4-C62



















C62蒸気機関車も 走行していました。

越河レイアウト耕野踏切5-キハ58
















キハ58編成からだ。

越河レイアウト耕野踏切6-キハ40
















キハ40編成からと言うか 本当は、キハ48編成からだ。実際の越河駅構内の耕野踏切と ここの踏切では、全然違うのですが この場所を 作る時は、苦労したのでね 

まず本当は、この部分は、山になっている筈でしたが それじゃ VRM3版レイアウトの基本である すり鉢状の レイアウトの真ん中を低く抑えて 全体が見える感じにするために 強制的に この画像の右側部分を 渓谷にして 谷を作り そして 最初は、この踏切の延長として アーチ式の橋を架けて 道路を伸ばそうと考えたのですが 渓谷の谷が 大きすぎて断念して こんなT字路の道路で 逃げてしまいました。

そもそも ここのローカル見張線も 後から作ったので 無理やり 谷を削って盛り土して 線路を配置してみました。 まあ そんな感じで 無理やり作ったのが この場所だ。



果たして 全部で 何本の車両編成が 眺められるのでしょうかね 途中まで 探したのですが 新幹線が27本で在来線が10本そしてローカル見張線が5本までは、数えたのですが どうも車両のすれ違いが多くて 正直よくわかりませんでした。 お暇なら 数えて見て下さい

仮想東北本線越河駅レイアウト296 踏切不具合

仮想東北線越河駅レイアウトの白石駅構内角田街道柳町踏切の動作が おかしくなったので 調べていました。これが原因を探すのに4時間近くも掛ってしまいました。

なぜ 4時間近く掛かってしまったのか? それは、この踏切が 駅構内の踏切で 上り下りの本線以外に引込線や待機線からの入線があるので そこに配置する踏切センサー(音源センサー)が 普段の踏切に配置する踏切センサーの数に比べると倍以上も 配置してあるからなのだ。

越河レイアウト踏切センサー配置1













そこで この踏切センサーを 1個1個ずつ確認作業をしていたのですが あまりにもビュアーで確認しながらの作業が 効率が悪いので 前に新幹線を配置する前のレイアウトが 残っていたので 調べてみました。 

そうすると ローカル見張線が 駅構内の在来線の上で交差していますが ローカル見張線を 車両が通過しても 問題なく正常に 踏切動作が 動作しているみたいで ここで初めて この白石駅構内じゃないと 気が付きました。 じゃあ 後で 追加した新幹線が 原因なのか?

越河レイアウト踏切センサー配置2













そうしたら この新幹線と在来線が 交差する場所の踏切センサーが 不具合の原因だったみたいです。この在来線と新幹線との高さでは、在来線が+45个膿郡汗が+110个如‘Ю撻札鵐機爾旅發気蓮0个覆里如,泙気 +110个凌郡汗を通る車両で感知するとは?

まずは、その踏切動作が不具合の動画から紹介だ。
 


要は、最初から この新幹線の交差している部分を 疑って調べれば 4時間近くも掛らなかったのだが 踏切近くから調べてしまったのが間違いの元でした。

こういう不具合を 調べる時は、最初は、簡単に調べられる方から やるのが セオリーなんでしょうかね そこまで頭が回らないのが おいちゃんだ。 で結局 この新幹線の下の在来線にある踏切センサーを1箇所だけ撤去した 正常動作に 直りました。 

まあ これが おいちゃんだ。でも こんな事で4時間も粘るド根性が 自分でも呆れるね それが あるから 20年近くも この鉄道模型シミュレーターV3を 続けているのだがね 



不具合を 修正した動画からだ。こんな感じで 自分で作ったレイアウトでさえ こんなに苦労しているのに 人様のレイアウトで センサーや自動制御などが組まれたり ましてスクリプトなどが組まれたレイアウトを ズブの素人さんが 自分で原因を探して手直しが 出来るのか そして 遊びと捉えて時間を掛けて原因を探して手直しが 出来るのかそう考えると その時の為のガイド本があるといいんだが メーカーさんは、作るだけか トレトレも本家の会議室も 機能しているのでしょうかね

自分も含めて まず質問するにしても どう質問していいかが わからないから困るのだ。

仮想東北本線越河駅レイアウト295-回想その3

仮想東北本線越河駅レイアウト動画の回想その3からだ。

仮想越河駅レイアウトYouTube動画リスト表5-6














このYouTube動画No5〜No6の中では、新幹線と夜汽車の動画を紹介していますが この新幹線の中では、12月31日以降で 再生回数が 伸びているのは、No80のE2系はやてと No81の400系つばさだ。その中から 400系つばさを 紹介だ。



今 一番ここの新VRM3★動画では、新VRM3★E2+E3+400系みちのく新幹線三兄弟が 一番人気があるみたいでビックリです。今までは、新VRM3★東北新幹線全線開通祝い車輛動画.が 再生回数が一番で人気も一番だと思ったのですが 人気は、時代が進むと 変わるんですね

もうひとつ 夜汽車の動画では、No108の285系瀬戸・出雲が 再生回数が 伸びているみたいだ。



なんか MicrosoftEdeにしてから どうも調子が 悪くブログの文字が 滅茶苦茶で 見にくいのですが IMEの言語モードが 前のInternet Explorer11の方が 良かったみたいです。

仮想東北本線越河駅レイアウト294-回想その2

仮想東北本線越河駅レイアウト動画の回想その2からだ。

仮想越河駅レイアウトYouTube動画リスト表1-2












動画の内訳から 眺めると レイアウト自体の制作状況の動画や定点カメラからの動画(踏切、滝、駅など)や 貨物編成、寝台特急、特急電車、通勤電車、近郊電車、気動車そして 新幹線とローカル見張線からの動画など これが 調べて見ると だいぶ 再生回数が 違うようで どういうのが好まれるのかも よくわかります。

この中でも12月31日以降で 再生回数が 少し伸びている感じの代表的な動画を 紹介だ。 まあ 今現在 新VRM3★のYouTube動画は、全部で2688本もUPしてあるのだが ほとんど全部が この鉄道模型シミュレーターV3なので そこだけが 誰にも負けない唯一の長所なのだが 如何せん 技量がないので 1本1本の評価がよくないので UPした時は、伸びるのだが 2回以上は、眺めて貰えないという まさに 一発屋芸人みたいなもんだ。

まずは、それほど伸びていない再生回数ですが 気になったのが No52のEF8195牽引カシオペア下り線という動画からだ。 後で 夜汽車シリーズでも カシオペア編成は、出て来ますが 昼間の編成は、どうだったのか 興味があったので紹介だ。



越河駅から 下り線を白石駅方面に下り 又戻って来る動画からだ。このEF8189カシオペア塗装色は、プラ製のHOゲージは、ないのだが Nゲージでは、あるのだが どうも EF81だとローズピンク色の方が 人気があるように見えますね 個人的には、このEF8189カシオペア塗装色が ここのVRM3版では、凄く よく見えて好きなのだが そう思っているのは、自分だけみたいだ。

更に もう1本 新幹線からの動画から No77の0系東北新幹線からだ。 これも どうして この動画が 前回よりも伸びたのは、 この0系東北新幹線という間違ったタイトルが 目を惹いて 開いてみたのでは、と想像だ。

ここで 大事なのは、そうタイトルの付け方なんだね ハッキリ言って 頭に新VRM3★を 付けるのは、あんまり再生回数を増やそうと思ったら 良いやり方じゃないんでね しかも その後に仮想東北本線越河駅レイアウトを付ける この段階で まあ 一般の人は、見ませんね

本来 動画のタイトルには、一番検索されやすい ここでは、新幹線やSinkansenを付けて その後に0系とか500系と 名前を付ければ おそらく 今の倍は、再生回数を 増やせたと思うのだが そうすると こんな感じで 自分の動画の分析する時に 探すのが面倒なので この形式を変えないで 今に至る感じなのだ。 そこら辺も ある程度 自分でも理解しているのだが そこが おいちゃんの 変人たる しつこさだ。 あくまでも このスタイルを変えたくない でも再生回数は、増やしたい

あくまでも鉄道模型シミュレーターという動画の中で一番を獲るのが おいちゃんのクソ意地なのだ。



動画でも ブログの記事でも ヒットする文言を選んで タイトルにすると 検索でのヒットも多いような気もするのだが ユーチュバーじゃないのでね あくまでも 自分の好き勝手を 書いて行くつもりだ。

仮想東北本線越河駅レイアウト293-回想その1

仮想東北本線越河駅レイアウトの動画を 紹介して来ましたが 全部で なんだかんだで254本近く動画を紹介しましたが もう一度 再確認の意味で リストを作って見ました。

仮想越河駅レイアウトYouTube動画リスト表1-2












一番最初に仮想東北本線越河駅レイアウトの動画を作ったのが 2018年8月30日の制作開始No1から 今日紹介したNo246のクモヤ192検測試験車両で一応今回の越河駅レイアウトの打ち止めにしました。

まあ 自己満足の趣味の動画ですが 自分で自己分析するのが これまた ここの新VRM3★井戸端会議の いつもの遊び方なのでね 

レイアウトも動画も作るが色々自分なりに この鉄道模型シミュレーターを検証するのも好きで とくに 上級者目線じゃなく素人目線で鉄道模型じゃないが 原価は、どの位なのかとか20年前と 流通経路も だいぶ変化したので そこら辺も気になってね

ぶっちゃけ 販売に関しては、VRMパッケージ版とVRMonLineとVRMCLOUDの中で どこが一番売り上げが 多いのかとかね まあ素朴な疑問なんだが そういうの ここじゃ嫌われるけど そもそも どのくらいのユーザーが居るのか そこが まず知りたいのだが まあ一部の人は、おそらく噂話では、聞いてるかも知れませんが 今は、どこからも情報が入らないからね

と まったく関係ない話に脱線してしまいました。これもだ VRMNXの話題と自作車両の話題が 多くて 益々時代遅れの感じに 陥りそうなので それ以外の話題で 逃げようかと

まあ 今日は、一回目なので このYuTube動画リストの1〜2の中から 12月31日以降も 再生回数が伸びていた 踏切動画から紹介だ。



今回は、車両編成の紹介の動画を 作って来たつもりでしたが やっぱり ここの新VRM3★の動画は、踏切が 一番人気なので ついつい 再生回数欲しさに作ってしまいました。

一応 どういうタイトルで どういう動画なら 再生回数が増えるという法則みたいなものは、少しは、わかるのですが 肝心のレイアウトと動画の編集技術が 伴わないのが 伸びない原因なんでしょうかね  

仮想東北本線越河駅レイアウト292-クモヤ192試験車

仮想東北本線レイアウトを使っての車両紹介動画も 今回でラストの車両だ。と書いて 又 紹介したりしてね 今日は、クモヤ192・193検測試験車からの紹介だ。

越河レイアウト電車シリーズ113-クモヤ192検測試験車1
















このクモヤ192・193検測試験車は、VRM2版のオプションディスクに入っていた車両だと思うのだが 

越河レイアウト電車シリーズ113-クモヤ192検測試験車2
















詳しくは、知らないのだが 当時から こういう試験車両を作るのが好きみたいでしたね

越河レイアウト電車シリーズ113-クモヤ192検測試験車3
















山手線、京浜東北線などへのATC導入に伴い、それに対応する検測車として1980年に登場したのが、クモヤ193系直流電気検測車です。と TomixのNゲージには、書いてありました。

越河レイアウト電車シリーズ113-クモヤ192検測試験車4

















クモヤ192形はATCやATSなどの信号関係を検測し、クモヤ193形は架線検測など電力関係の検測を行いクモヤ193形の屋根上には運転台直後に検測用パンタグラフと、連結面側に観測用ドームが備わっています。とも 書いてあるので このクモヤ192を先頭車両にした編成は、間違いのようです。

越河レイアウト電車シリーズ113-クモヤ192検測試験車5
















だから 最初の先頭車両には、クモヤ193が 来て後ろに このクモヤ193が 来るのが正解なのか

越河レイアウト電車シリーズ113-クモヤ192検測試験車6
















VRM5には、この試験車があるのかと HPを開いたら なぜかVRM5の製品紹介だけが 開けず VRMonLineで 確かめたら クモハ591高速試験車というのが 載っていました。

越河レイアウト電車シリーズ113-クモヤ192検測試験車7
















 試験車じゃなく 事業車として VRM5では、沢山作られているようですね

越河レイアウト電車シリーズ113-クモヤ192検測試験車A












この試験車を走らせるのも おそらく今回限りでしょうね 

仮想東北本線越河駅レイアウト291-箱根登山鉄道

仮想東北本線レイアウトを使っての車両紹介動画も 電車シリーズの112弾として最後の紹介だ。モハ1形箱根登山鉄道電車を ここのレイアウトで走らせるには、少し躊躇したのだが仮想なので勘弁だ。

越河レイアウト103シリーズ112-箱根登山鉄道1
















VRM3版の追加キットに1300円で登場した車両で 103・107という2両の電車が入っていました。

越河レイアウト103シリーズ112-箱根登山鉄道2
















この箱根登山鉄道のモハ1形の電車には、実際に乗った事があるんだね それは、もう45年以上も前の昭和の思い出なのだが 今日は、昔を 思い出しながらの記事だ。

越河レイアウト103シリーズ112-箱根登山鉄道3
















時は、1975年(昭和50年)頃で 記憶は、定かじゃないのだが 新宿から小田急線を使って 箱根フリーパスというのを使って 温泉に泊まった記憶があるのだ。

越河レイアウト103シリーズ112-箱根登山鉄道4
















真冬の時期だったと思うのだが まあ あんまり野暮な事は、いいとして この時に このモハ1形の電車で 箱根湯本から強羅まで乗った記憶があるのだ。

越河レイアウト103シリーズ112-箱根登山鉄道5
















この箱根の登山鉄道を使い強羅からケーブルカーで早雲山まで行き そこからロープウェイーで 大涌谷・桃源台に行き そこから 芦ノ湖を観光船で渡り 元箱根まで行き そこからバスで 箱根湯本に戻るコースだったような気がしている

越河レイアウト103シリーズ112-箱根登山鉄道6
















真冬だったので 人が少なくて 景色を楽しむよりは、温泉と箱根彫刻の森美術館を 楽しんだ記憶の方が 今思えば 強い感じだね

越河レイアウト103シリーズ112-箱根登山鉄道7
















考えて見れば 後にも先にも この鉄道を利用したのが これ一度限りで その後やその前も 全部自動車でのドライブが ほとんどなので そう考えると これこそが 観光鉄道なんでしょうかね

越河レイアウト103シリーズ112-箱根登山鉄道8
















わざわざ 当時は、車で 仙台から東京まで行って車を 東京に止めて そこから新宿まで行って そこから鉄道で箱根まで行ったからね 今じゃ絶対考えられない移動でしたね

越河レイアウト103シリーズ112-箱根登山鉄道9
















鉄道は、好きですが 移動手段としては、早いという新幹線のイメージが強いのか 観光としての鉄道を使うという考えが 全くないのが 今は、ないので なんか矛盾しているのだが

越河レイアウト103シリーズ112-箱根登山鉄道10
















4月頃に ようやく仙台まで復旧する常磐線が なんでも 上野じゃなく東京や品川やその先まで行くみたいな噂を耳にしたので一度は、乗ってみたいとも思っているのだがね

越河レイアウト103シリーズ112-箱根登山鉄道A














どうも 鉄道が嫌いというよりも あの上野駅のイメージが嫌いなのかも知れませんね 井沢八郎の「ああ上野駅」のあの曲が 大嫌いで 上野駅で キャンセル待ちの仙台行きの特急券を 求めてギリギリまで 窓口に並んだ事を 思い出して 暗くて汚い寂れたイメージしか湧かないのでね

同じ東京でも こうも違うのかと まあイメージですがね 



最後に この箱根登山鉄道と言えば Junichiさんの VRM4版の この動画が一番なので紹介だ。



やっぱり これですよね このモハ1形の 箱根登山鉄道の動画と言えば まあ おいちゃんの動画は、あくまでもモハ1形の車両紹介だと 思って下さい

新幹線も上野じゃなく東京まで行くようになって もう何十年が経過したのでしょうか もう上野駅にも 用事がないので 立寄っていませんね というか 東京自体にも 考えて見れば 最近は、行ってないね 車での移動が ほとんどなので 中々鉄道だと 乗り換えなど 先に行動が限定されるので とくに 夜中の移動が出来ないのが どうしても車中泊が 常識のおいちゃんとしては、車の移動になってしまうのだが でも 撮り鉄の人が車中泊しながら 鉄道写真を撮っている姿を 耳にしていると 同じようなもんなのかと思ったりして 鉄道を 眺めるのが好きな人も多いかも知れませんね

仮想東北本線越河駅レイアウト290-江ノ電300

仮想東北本線越河駅レイアウト電車シリーズから第111弾として 江ノ電300形の4両編成からの紹介だ。

越河レイアウト103シリーズ111-江ノ電300-1




















この江ノ電300形は、VRM2版車両の VRM2オプションディスクに入っていた車両だ。

越河レイアウト103シリーズ111-江ノ電300-2
















最初の頃は、中々これが昔のVRM2版超高速版と超高速トミックス版ソフトの2点を持っていたのだがいくら探しても出て来なかったのだが

越河レイアウト103シリーズ111-江ノ電300-3
















このVRM2オプションディスクを VRM3版を 揃え始めて この中に入っているのを知って購入した車両だ。

越河レイアウト103シリーズ111-江ノ電300-4
















考えてみると このVRM2オプションディスクの中の車両は、 

越河レイアウト103シリーズ111-江ノ電300-5




















VRM3版車両と 変わらない車両の作りが 多いみたいで このVRM2オプションディスクは、儲けものですね

越河レイアウト103シリーズ111-江ノ電300-6
















前回紹介した「鉄道模型シミュレーターレイアウト・コレクション保存版」を 又 眺めていましたが その中の「VRMうんちく道」という記事で このVRMの基本的なソフト設計の話が書いてありました。

越河レイアウト103シリーズ111-江ノ電300-7
















相変わらず ジオメトリック演算とか さっぱりわかりませんが その中で 鉄道模型シミュレーターの車両制作では、ポリゴン+テクスチャー+プログラムから特殊な方法を用いて構成されているので 他の鉄道系アプリケーションとは、制作に関しては、違うみたいなニュアンスで 紹介されていました。

越河レイアウト103シリーズ111-江ノ電300-8
















この中の 最後のフレーズのプログラムから特殊な方法というのが いわゆるブラックボックスになっている部分なんでしょうかね だから 同じVRMでも VRM5版だとパッケージ版とVRMonLine版の部品の共有が出来ない まして他の 例えばRailSimの自作車両などを 走行させる事は、もってのほかなのだが まあ そこが有料ゲームなのでね

越河レイアウト103シリーズ111-江ノ電300-A














でも いつかは、他の鉄道シミュレーターゲームの自作車両も 走行出来るようになるような気がするのだが どうでしょうかね 自作車両と 自社の有料車両を どうマッチングさせて商売に繋げて行くのか まあ その前に この今の販売方法を もっと わかり易くして欲しいのだが 理解出来ないのは、おいちゃんだけでは、どうしようもないか

仮想東北本線越河駅レイアウト289-江ノ電2000

仮想東北本線越河駅レイアウト電車シリーズから第110弾として 江ノ電2000形の4両編成からの紹介だ。

越河レイアウト103シリーズ110-江ノ電2000-1




















この江ノ電2000形は、VRM3版の追加キットとして2001年頃に1300円で 販売されていた商品だ。

越河レイアウト103シリーズ110-江ノ電2000-2
















その頃に 鉄道模型シミュレーターレイアウト・コレクション保存版という工学社のOブックという鉄道模型シミュレーターのガイド本にあったPelimanniさんという方の「昭和の鉄道〜路面電車・客車列車・貨物列車編」というレイアウトを 開いて走らせていたら この江ノ電を初めて知ったのだ。

越河レイアウト103シリーズ110-江ノ電2000-3
















当時 この江ノ電がある鎌倉地域の話題が 賑やかだったような感じで 市電なのか電車なのか よくわからない編成で 街中を走ったり郊外を走ったり ここらでは、見ない光景だったので 興味を覚えた記憶があるのだ。

越河レイアウト103シリーズ110-江ノ電2000-4
















今 このガイド本を 眺めていますが 当時は、凄いな〜と思った事も 実際なんとか20年近く このVRM3版を続けていると このガイド本の中味以上に こちらの方が詳しくなって しかも 自分の中では、この本で紹介されているレイアウトとも 肩を並べるくらいのレベルに達して来たとは、自負しているのだが 手前味噌だ。

越河レイアウト103シリーズ110-江ノ電2000-5

















今VRM5版の部品カタログを作っていますが ここのガイド本にもVRM3版の部品カタログの一部が 載っていますが やっぱり中途半端でね そう考えると CHOさんが作ってくれていたVRM3版の部品カタログは、最高でしたね もうHPも削除されてなくなり 今は、印刷しておいた自分の 部品リストしか使えませんがね

越河レイアウト103シリーズ110-江ノ電2000-6
















本当は、VRM5版の部品カタログより 先に もう一度 この新しいVRM3版の部品カタログを 作るべきだったのでは、と 少し後悔しています。

越河レイアウト103シリーズ110-江ノ電2000-7
















しかし この鉄道模型シミュレーターも ゲームとして考えると このガイド本に載っているレイアウト以上のものが 自分に簡単に作れるようになると おそらく上級者の人には、物足りないように思えて ここを去って行ったり より鉄道シミュレーターに特化した 今の鉄道模型シミュレーターに移行して来たのかも知れませんね

越河レイアウト103シリーズ110-江ノ電2000-8
















それに合わせて 作るメーカーさん側も よりスクリプトや自動制御などのシステム関係に重点を置いた 新しい鉄道模型シミュレーターに進化して今の形に なって来たのかも知れません

越河レイアウト103シリーズ110-江ノ電2000-A














しかし未だに このVRM3版の時のような レイアウト作りが一番の目的だと 思っている古い考えのおいちゃんからすると この進化して行く鉄道模型シミュレーターを 眺めていると 結局どこに行き着くのか まあ作る側としては、よりリアルな車両という事になるのでしょうが そうなると 鉄道模型という意味が ないような気がしてね

こうやって 2001年当時のVRM3版のガイド本を眺めていると 今現在のVRMANXのガイド本が もし仮に出来たら どういう方が 記事やレイアウトを紹介するのか 興味が有りますね いくら言葉で 自分は、評論家とか専門家と言っても 結局は、その時代、その当時の評論家とか専門家であって 今現在まで 継続しての評論家や専門家は、中々こうやって眺めていると 居ない
ですね

それよりも 今現在この鉄道模型シミュレーターを 作っている人が 20年前と同じなのか もっと言えば 社長さんとか中の顔ぶれも同じなのか 歳なので そちらが気になるのだが そういう事を 書く事自体が 今は、タブーなんでしょうかね ヒマジンなので 気になるのだが

アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
Archives
livedoor プロフィール

おいちゃん

鉄道模型シミュレーターVRM3専用の分室です。難しい話は,一切ナシ ただレイアウト等を作って自分のお金で楽しむだけの人 大歓迎 !

鉄道模型が 大好きな癖して ひとつも持っていない ただ 人の物を眺めるのが趣味な変なおっさんです。 

QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ