新VRM3★井戸端会議

VRM3こそお金が掛からない大人の一人遊びだ。そういう考えの方どうぞ!

仮想越河レイアウト

仮想東北本線越河駅レイアウト47

越河駅レイアウト制作途中からの紹介だ。 VRM5版の自動センサーも いいんですが やっぱり難しくてね どうしても こちらのVRM3版レイアウトが おろそかになりそうなので 忘れないように レイアウト作りだ。

3日も このVRM3の方に 手を付けないと すっかり忘れちゃってね というか 今 操作の仕方が ごちゃまぜになって困っています。 例えば VRM3のスクリーンショットは、F10を 使うんですが VRM5では、F4なんだね そこからして 今回VRM3版のレイアウト制作をしていると ついつい勘違いして F4を 押してみたりと 二足の草鞋は、 中々おいちゃんには、難しい問題だ。

でも やっぱり勝手知ったる我が家みたいなもんで 頭を悩ませず 好きなように作れるから いいんだね それに まだまだ 伸びしろは、あるのでね 「家を売るオンナ」の北川景子じゃないが GO−!GOー!だ

東北本線越河南S字カーブ区間から4

















高等学校、双龍の滝、糸こんの滝と 越河駅から青森方面に向かって制作していってますが その中で 取り残していた部分が あったので そこを 製作していました。

東北本線越河南S字カーブ区間から3















レイアウターのこの黄色い楕円の部分で ここが 何も手を付けていなかったので 段々畑にして埋め込みだ。

東北本線越河南S字カーブ区間から1















ここからの眺めがS字カーブになっていて ついついビュアーで 列車編成を 楽しんでしまうのでね

東北本線越河南S字カーブ区間から2















ここも 動画にしてみました。 まあ 自己満足の動画ですが これもだ 2001年当時の 最初に作っていたレイアウトの画像と 今現在の自分で作っている動画の画像を 見比べながら なんぼか成長したのかと 自分で思いながら でも まだ 当時の上級者のレイアウトのレベルには、達していないのでは、という 要は、自分の中での バトル的要素があるから やっていますが 自己満足じゃ技術や知識は、伸びないからね

仮想東北本線越河駅レイアウト46

越河駅レイアウトからの紹介からだ。昨日紹介した糸コンの滝の近辺で 丘の下から下り方青森方面を眺めた画像で 大きなカーブになっている感じです。

東北本線越河南糸コン滝付近下り方1
















線路の脇にも 雑木を配置しようと思ったのですが せっかくの大カーブ区間の列車編成の最後まで 見届けたいと思って ここは、何も配置しません こんな感じで なるべく 鉄道模型のように 列車編成が 見えるように したいのが おいちゃんの考えだ。

東北本線越河南糸コン滝付近下り方2
















だって あくまでも主役は、この機関車編成ですからね いかに カッコ良く貨物編成が見られるか 現実の世界では、この日本の中では、そうそう大カーブ区間しかも 最後尾まで見渡せるような広い空間は、難しいからね

かといって アメリカやカナダそしてオーストラリアなどの風景じゃ ちとイメージがね なんか時代劇のロケ地みたいな昔の風景が いいんですがね 実際は、草ぼうぼうでね こういう風景は、秋田の寒風山や下北半島など半島の突端にしかないかもね

仮想東北本線越河駅レイアウト45

1月27日の仮想東北本線越河駅レイアウト44以来の 越河駅レイアウトからの紹介だ。 2週間程 本業じゃなかった本筋のVRM3ネタじゃないVRM5版のネタを 書いてしまいましたが やっぱり こちらの方が 気が楽でね 居心地がいいので こちらは、VRM3版中心に 原点復帰だ。 確かに VRM5版ネタの方が 来客数が 少し多くなった気もしますが VRM5版のパッケージを購入しても 結局は、今は、単線区間の閉塞運転で 丸一日挑戦しても 出来なくて やっぱり 一日やそこらじゃ出来るゲームじゃないのを身に染みて感じましたね

VRM5版の 体験記事は、別な所で書くので まずは、越河駅レイアウトの完成を目指して 製作中です。が ビュアーで 製作途中を確認する為に眺めていると ついつい貨物編成の走行シーンを 眺めてしまって制作が 進まないんだね 要は、自己満足の世界なのだが それがあるからこそ この鉄道模型シミュレーターは、続けられるのだが 自分の理想としてる 例えばS字カーブとか そういう景色を 眺めているのが好きなのでね

しかも それを自分で作っているという模型作りのような楽しみがあるからこそ 面白いんだね コツコツ作っているからね〜 1年近く掛かっても 作れないけど それだけ楽しみが続くと思えば 安上がりなお遊びだね

東北本線越河南糸コン滝付近上り方1















この画像のどこが いいのか?

東北本線越河南糸コン滝付近上り方2















まあ 自分にしか わからない情景ですが ここは、この前作った糸コンの滝の近辺で 丘の上から上り方東京方面を眺めた画像で 丁度 大きなS字カーブになっている感じです。 そこを下り方に向かって来る力行する電気機関車の姿が いいいんだね〜 やっぱり 頭を 使わないゲームは、一番ストレスが掛からず 好き勝手出来るのですが VRM5も 早くそうなるように学習したいのだが おそらく やっと覚えた時には、VRMNXの次の世代か その先に なっているか  まあ そうならないように頑張らないとね

仮想東北本線越河駅レイアウト44

越河駅レイアウトから 前回の高校前踏切周辺からの動画の続きからです。
去年で 一旦仕事関係を リアタイアしましたが 今まで現場作業で 実は、鉄道関係の現場仕事にも 行っていたので 意外と 鉄道沿線の風景だけは、思い入れが 沢山あるのと 結構資料もあるので それを元にして 自分なりのイメージで レイアウトの風景を 想像しながら作っています。

東北本線越河駅斎川踏切7

















元々は、東北本線の斎川踏切をイメージしてましたが 結局こういう感じの 畑の中の踏切で 高校の前のグランドが近くにある踏切を 通過する貨物列車のイメージになってしまいました。

東北本線越河駅斎川踏切8

















この高校前踏切の 名称の元になったのが 地元の石巻線にある涌谷駅近くの 涌谷高運動場前踏切の 名前を 思い出して この畑の中に高校を 配置してみたというのが ネタなのだ。

石巻線涌谷高運動場前踏切1石巻線涌谷高運動場前踏切2






実際は、上の写真が涌谷高運動場前踏切で 全然イメージが違うのですが この踏切名称を 調べると 田舎の方には、面白い名前が 結構沢山あるんだね 例えば小学校前、中学校前、役場前、倉庫前など 実際に この石巻線にも 東北本線にもある名称でね 首都圏じゃ どこの小学校なのか中学校なのか わかりませんが もっと面白いのが 昔の個人の地主の名称とか 調べると面白いんだね

そこら辺の話は、地元の踏切に関しては、資料などを 集めたり写真も現地取材じゃないが ドライブがてら 10年近く掛かって資料取集は、しているので 現場仕事も 離れたので そろそろ趣味で やってみようかとも
そして 今製作中の 糸こん滝の周辺から 画像を紹介だ。

東北本線越河南糸コン滝7

















結局 畑の部品しかなかったので 畑にしてみましたが まだ 製作途中です。

東北本線越河南糸コン滝8

















片方の段々の土地には、水田を 棚田を 作ってみましたが 部品が正方形なので 本来の棚田が 作れないのが 少し残念なんだが それでも ここからの眺めは、中々いいんですよ

と 自己満足こそが このVRM3版の一番いい所なのでね そこが このVRM3版が 辞められない理由かも知れませんね 車両の精巧さでは、VRM5には、負けますが 人を選ばないというのが 一番この手の鉄道模型ゲームでは、大事だと おいちゃんは、考えているのでね その為にも 続けますので

さて この高校前踏切の周辺上空から上り方 東京方面の風景からの動画からです。



UPで見せれば 車両の粗(アラ)が見えてしまうのだが 俯角で 眺めると 情景の粗さが 目立ち過ぎる この兼ね合いが 難しいのです。 鉄道模型シミュレーターは、

仮想東北本線越河駅レイアウト43

越河駅レイアウトから 2018年12月1日に 仮想東北本線越河駅レイアウト33で 紹介していた 斎川踏切周辺が 完成したので 斎川踏切を 高校前踏切に改名してみました。

こうやって レイアウトを作っては、ビュアーで確認していると ついつい自分好みの走行シーンが 見られると さっぱり制作が進まなくて 走行シーンを ただ眺めてボーとしてしまうので なら動画にして置くかと 製作途中なんですが 動画を 作ってみました。

でも 最初何もない踏切風景から周辺を 埋め尽くしてローカルシーンを作って完成して来ると 楽しくてね
まだ 全体の40%も完成していないのですが 下り方の仮想東北本線の青森方面を 眺めてみた動画です。
 




仮想東北本線越河駅レイアウト42

ここ最近 VRMonLINEやVRM5版の事で てんやわんやで 本来の新VRM3★版の レイアウト作りを すっかり手を 付けられなくて ストレスが 溜まっていました。

このVRMonLINEとVRM5版に 関しては、 別サイトで 色々好き勝手書いてますが まあ 素人が 手を出すものじゃないというのを しみじみと感じましたね 要は、完全な浦島太郎状態で このVRMの進化に 付いて行けないという現実を まざまざと 感じました。

しかしVRMonLINEとVRM5版を 1本購入してしまった以上は、なんとか 頑張って走らせるまでは、頑張るつもりなのでね そこら辺も ここでは、書きません そして 本当は、一番やりたかった他の方が作った自作車両を 走らせたかったのですが これが VRMCLOUDでしか走行させられないと聞いて 騙された感じなのだが 考えてみたら そりゃ自作車両が VRMonLINEやVRM5版で 走行出来たら 向こうさんの商売が 成り立たないと 買って見て 初めて気がつきました。

こういう 素人が やると こうなるというレビューみたいなものが ほとんどなかったので 購入して 初めて わかる部分が 多くてね このモヤモヤが お金じゃない自分の この鉄道模型シミュレーターというゲームを 20年近くも 続けていながら 何にも知らないといのが 情けなくてね まあ なんでも 上から目線の出来て当たり前の現代社会の縮図のようなもんだから まあ ここで 頑張りますかね 

さて 愚痴話は、ここまでだ。 (でも VRM5版も 走らせられるまでは、やりますが)

この前 1月12日の仮想東北本線越河駅レイアウト40以来の レイアウト制作からだ。 やっぱり おいちゃんは、レイアウト作りが 一番楽しいみたいで ストレスが 溜まっていたので このレイアウト作りが 一番やっぱり楽しいですね 一番は、誰にも相談しなくても 自分で好きなように作れるという これこそが 一番 ゲームとして一番楽しいのだが そこの部分が 作り手側さんには、 わからない部分かも知れませんが 途中で 投げ出すゲームほど 無駄なゲームは、ないと思うのでね 

東北本線越河南糸コン滝A
















今回は、この前 作った 高校グランドの隣の この部分を 只今 製作中です。 又 今回も 結局 滝を 作ってみました。 前回の 双龍の竜は、滝の幅が 大きい滝でしたが 今回の滝は、細くて 急な滝をイメージして作りました。 最初 白糸の滝と命名しようと思いましたが こんにゃくで 作られた糸こん(しらたき)の滝と 命名しました。 

東北本線越河南糸コン滝1東北本線越河南糸コン滝2








とにかく ローカルシーンに似合う部品がないのでね 結局 こういう滝を 作ってインパクトを 与えながら しかも 前の滝との 違いを 作らないと マンネリになるので そこら辺を 注意しながら 作ってみました。

東北本線越河南糸コン滝3東北本線越河南糸コン滝4








まだ 手前の 部分は、制作途中で ここを どうするか 悩んでいます。

東北本線越河南糸コン滝5東北本線越河南糸コン滝6








この糸コンの滝から 流れた川が 蛇行しながら 川幅を広げて 行くところです。 ここで 使っているのが 河川部品の 中流部と下流部を途中で 合体させて 川幅を 少しづつ広げています。 この河川部品が 他の道路などのように 勾配が付けられように 高さが調整出来れば 最高なんですがね〜 

滝の部分には、河川の上流部分を 使いその脇部分には、崖の部品を ほぼ垂直に近い感じで 配置しています。 なぜ 崖の部品は、高さが調整出来るのですが 部品の種類が 少なくて ほとんどストレートの崖部品しか使いませんが そこら辺も 実際に その部品を 数多く使って配置してみないと その使い勝手は、わからないような気がするのだが そういう検証なんて 実際やってみないと わからないのだが 

今現在そういう情報は、集まっているのでしょうかね その点 自慢じゃないが VRM3版のレイアウト制作に関しての情報は、どこにも負けない自負だけは、あるのだがこれも昔の携帯と同じで なんの役にも立たない

それが 今の時代じゃ しょうがないか でも進化しても いつ3.11が 又来るかも知れないのでね

スムーズにストレスを感じないで飽きずに続けられて遊べるのが 自分にとっての最高のゲームなんですがね 

仮想東北本線越河駅レイアウト40

2018年の年末に紹介した 越河駅レイアウトの双龍の滝以来の レイアウト制作から紹介だ。

今回 製作したのは、ここの場所です。

越河駅レイアウト高校2019.1.10













意外と スパースが 広くてね ここを 埋めるには、どうしたらいいのか?

越河駅レイアウト高校サッカーグランドB越河駅レイアウト高校サッカーグランドA








本当は、場所柄 山奥に近い場所なので 段々畑などを 作りたかったのですが そういう部品が VRM3版には、ないので 越河駅の近くに小学校を 作っていたのを 思い出し 中学校にしようか高校にしようか 迷ったのだが 今回は、高校にしてみました。

越河駅レイアウト高校サッカーグランド19越河駅レイアウト高校サッカーグランド20








遠景で眺めてみた 高校からだ。 田んぼに囲まれた 本当に何にもない場所の高校で これから色々配置して行く予定です。

越河駅レイアウト高校サッカーグランド16越河駅レイアウト高校サッカーグランド15








この学校関係に関しては、部品レイアウトとして 小学校、中学校、高校と 3種類の学校部品として 小学校2クラス480人タイプ、中学校5クラス600人タイプ、そして高校10クラス1200人タイプと用意してあるので 今回は、この高校タイプを コピーして使用だ。 但し 高さは、平地0个覆里如々發気蓮∧僂┐蕕譴覆い里任

越河駅レイアウト高校サッカーグランド7越河駅レイアウト高校サッカーグランド6








体育館と 校舎は、積み重ねて 4階建てに 改造だ。

越河駅レイアウト高校サッカーグランド5越河駅レイアウト高校サッカーグランド4








田舎の高校なので 職員は、自動車で通勤する人が多いので 駐車場を 広く確保して配置してみました。

越河駅レイアウト高校サッカーグランド3越河駅レイアウト高校サッカーグランド1








こんな感じで 配置してみました。 さあ ここからが 今回の重要なテーマでね 天然芝のサッカーコートがあるグランドを 配置というのが ミソでね その話は、 次回に続くだ。


仮想東北本線越河駅レイアウト39

新年 第2弾は、仮想越河駅レイアウトからの紹介だ。 今年は、 なんとかして この仮想越河駅レイアウトが 完成出来るように ご来光に お願いだ。

東北本線越河南トンネル大滝21
















今年も VRM3版レイアウトを バンバン作って行きますのでね 双龍の滝から 第3弾の動画から紹介だ。




今年は、ありとあらゆる鉄道シミュレーター関連の記事を探して 個人的感想で 紹介しまくりますのでね よろしくね。

仮想東北本線越河駅レイアウト38

この前の三段式の双龍の滝からの動画からだ。 結構 お気に入りの滝に仕上がったので 動画も 沢山作ってみました。 その第1弾として双龍の滝の正面から眺めた動画です。



上下線を 10本の貨物編成が 通過して行きます。こういう感じで 眺めては、走らせて 楽しんでいながら 作っているので制作も 進みませんね 上手い下手より 自分で作ったレイアウトを走らせるというのが 一番面白いのですがね 伝わらないからね〜

今度は、白石方面から 越河方面に向かう上り線方向を 眺める動画からです。



貨物コンテナ20両編成が 通り過ぎる姿が 好きでね〜 鉄道模型風に眺めれば 運転している人の外から眺めている感じで あくまでも 鉄道模型風で 眺めるのがいいんです。 まだ 続きもあるのでね  

誰も褒めてくれそうにないので 自分で 今回の双龍の滝の出来を褒めるか アホだね

仮想東北本線越河駅レイアウト37

そして ここからが 問題の 大カーブ区間の この部分を どうするか? さて ここを どうしたら 面白い情景が作れるか?クイズだ。 の続きからだ。

まずは、答えから それは、いつもの滝を作ってみました。しかも三段式の双龍の滝と命名だ。

東北本線越河南トンネル大滝1東北本線越河南トンネル大滝2









こんな感じの二つに割れた滝を作ってみました。今回の滝は、意外と上手く出来た感じで 画像を沢山紹介だ。 

東北本線越河南トンネル大滝3東北本線越河南トンネル大滝4








こんな感じの三段式の滝にしてみました。

東北本線越河南トンネル大滝5東北本線越河南トンネル大滝6








これもね 最初から 河川部品の高さが 変えられて 斜めに配置出来れば 簡単に作れるんだが そこが 例えば ここで使っている崖部品は、勾配が 作れるんですが河川部品は、勾配が付けられない 道路は、勾配が 付けらるんですが  そこら辺の レイアウトの中で使う部品に関しての考えが イマイチなぜ 部品によって違うのか まあ 今更なんだが そういう使って始めて これにも使えるとか そういうイマジネーションするのが 本当は、面白いんだが そこら辺の部品に対する発想が 保守的というのか ユーザーは、どう部品の使い方をしているのかリサーチを 取っているんでしょうかね〜

東北本線越河南トンネル大滝7東北本線越河南トンネル大滝8








滝に使っているテクスチャは、もう誰の地面からチョイスしたのかは、忘れてしまいましたが 結構昔のものだと思いますね

東北本線越河南トンネル大滝9東北本線越河南トンネル大滝10








それにしても しつこいくらい紹介していますね なぜ この滝が 二つに割れた双龍の滝なのか それが 滝の真ん中にある この岩肌なんだね なぜ この岩が 必要なのか そこなんだね まず 上を走っている貨物本線がカーブしているので 鉄橋は、配置出来ないので コンクリートの曲線高架プレートを配置してみました。

東北本線越河南トンネル大滝13東北本線越河南トンネル大滝12








その曲線高架プレートを 支える橋脚を どうしても滝の真ん中に設置したかったので それじゃ滝の水の中じゃリアル感が出ないので 岩の上に配置するような形なら なんとか 安定して支えている感じに見えるような気がして 岩を配置して橋脚を設置してみました。

東北本線越河南トンネル大滝14東北本線越河南トンネル大滝15








少し遠目からの画像です。

東北本線越河南トンネル大滝16東北本線越河南トンネル大滝17








畑と田んぼの部品しかないので 物足りなんだが そこがVRM3版なのでね

東北本線越河南トンネル大滝18東北本線越河南トンネル大滝19








更に上空からの画像です。こうやって眺めてみると このヘアピンカーブこそが 鉄道模型レイアウトの醍醐味かも知れませんね リアルな鉄道風景じゃ こんな感じで いっぺんには、見られませんからね でも 今は、ドローンがあるから リアルな鉄道風景も こんな感じで 見られるかも知らませんね 

Trainzとかの動画などを 見ていると 確かに凄いと思うのですが やっぱり 自分で作るレイアウトの方が 自分としては、面白いのでね レイアウト作るのは、やっぱり楽しいね
アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
Archives
livedoor プロフィール

おいちゃん

鉄道模型シミュレーターVRM3専用の分室です。難しい話は,一切ナシ ただレイアウト等を作って自分のお金で楽しむだけの人 大歓迎 !

鉄道模型が 大好きな癖して ひとつも持っていない ただ 人の物を眺めるのが趣味な変なおっさんです。 

QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ