新VRM3★井戸端会議

VRM3こそお金が掛からない大人の一人遊びだ。そういう考えの方どうぞ!

ループ曲線

ループ曲線レイアウトから特急大全集その5

これから 夜のお仕事なので 簡単に 動画だけ紹介 今回は、寝台特急を集めて特急大全集にしてみました。

リバーブループ曲線レイアウト制作中1

8月にリバーシブル貨物編成用レイアウトとして スルーガーター曲線リバーシブルレイアウトを 改造しようと始めたレイアウトですが 名称もリバーブループ曲線レイアウトという 勝手に造語して 制作を 再開しました。

と 書いても だからどうなんだと 思うでしょうが まずは、現段階でのレイアウト容量は、8100kbで 部品点数は、16,360点だ。

そして ここが問題なんですが 貨物専用レイアウトという事で まあ 車両を これでもかと ダミー車両も含めて なんと150種類も 配置してあるんですね これがね うっかりレイアーを 閉じたまま開いたりファイルを閉じたりしてしまうと 次の時にビュアーが開かなくてね そこで 車両編成と 音声センサーだけを 新しいレイアーに まとめたりと 色々余計な作業をしていました。 それもこれも PCの調子が イマイチ調子が悪くて簡単に ファイルが開かない状態が 続いて居るので 手間が掛かってね でも 直すのも面倒なので 我慢して使っていますが。

さっそく 画像で紹介だ。

リバーブループ曲線制作前1リバーブループ曲線制作中1







左側が スルーガーター曲線で作っていた 前のループ曲線からの画像で 右側が 今回 改造しているループ曲線区間からの画像です。 貨物本線だけだったのを 2本増やして 貨物専用線を4本にする計画だ。

リバーブループ曲線制作前2リバーブループ曲線制作中4







4本の内の1本だけ 高さを変えて わざと段違いに してみました。 

リバーブループ曲線制作前4リバーブループ曲線制作中2







反対側からの 眺めです。 こちらは、雪景色の部分なので 線路を 雪で 覆っています。

リバーブループ曲線制作前3リバーブループ曲線制作中7







線路に対して+6个如,海鵑粉兇犬如\路の頭だけが 見えるようになります。 が これを 勾配区間で作るのは、至難の技でね ハッキリ言って やりたくないのだが しょうがないんだね これを やらないと ループ曲線には、ならないのでね

リバーブループ曲線制作中5リバーブループ曲線制作中6







リバーシブルという「トンネルを抜けると そこは、雪国」というフレーズのように トンネルを 使って 季節を 替えるのが 最近の おいちゃんのレイアウト制作の基本になって来たみたいですね

リバーブループ曲線制作中7リバーブループ曲線制作中8







まあ こんな感じで 製作中なんですが 週末にしか ほとんど作れそうにないので 完成は、出来れば年内に出来れば いいと思っているのですがね 下手すると 年を越すかも知れませんね

究極の暇つぶしゲームが この新VRM3★なのでね 時間があれば やるんですが 半日以上の時間が取れないと 中々手が動きませんね〜 そして このループ曲線の勾配区間の平地を ミリ単位で 作って行くのが これまた 苦痛でね そこが このVRM3版の 特徴なんですが 又 これが癖になるから 辞められませんわ



ループ曲線レイアウトから特急大全集その4

ループ曲線レイアウトから特急大全集その4だ。

肝心のループ曲線貨物編レイアウトが 進まないので とりあえず 特急大全集は、ここまでというか  あとは、大した編成がないのでね ここで 打ち止めにして置きますかね

今回は、VRM2版のE653系フレッシュひたちがメインになっていますが なんたって一番人気の車両ですからね ここでは、 これがVRM5版だと どうなるのか? そこら辺を 知りたいのだが 誰も 興味なさそうなのでね

ループ曲線レイアウトから特急大全集その3

新VRM3★版特急大全集の動画を 作っています。 約20年近く前のVRM2版と その後のVRM3版の 同じ種類の特急なども 一緒に走らせて その出来の違いを 楽しんでいます。

ひとつ 気になっているのですが VRM4版とVRM5版の同じ車両では、どう違うんでしょうかね というか 同じ車両は、最初から作らないのかな

10月23日が VRMの日なら それに合わせて 例えば VRM2版からVRM5版の中で どの車両が一番の お勧めとか 出来がいいとか そういう人気度なんかもあっても 面白いような気もするのだが そういうのを やらないからね

9月6日の新VRM3の日の企画では、車両の人気度を調べた時に ここに紹介した 特急編成の中じゃE257系と E653系が 人気がありましたが E653系に関しては、20年近く前のVRM2版車両ですからね

作る側の視点と 買う側の視点が おいちゃんなんかは、まったく噛み合わないで 今まで来たからね〜 でも ちゃんと 自分なりに VRM3版に関しては、数字だけは、把握しているのでね それを 元に 人気度も わかるのでね 本来の鉄道車両と 鉄道模型の車両そして この鉄道模型シミュレーターの中での 車両の人気度も 各々違うのでね そういう点でも なんでも 自己分析こそが 一番の 車両選定とか 市販ゲームの 何を作ったら 売れるのか? そこら辺の 話題というか情報が 少ないような気がしてね 

例えば D51のナメクジの話題は、どこに行ったのかね〜 蒸気機関車に関しては、昔の天賞堂Ho模型シミュレーターの中に出て来るC11と 見比べて どっちの出来がいいのか 素人は、そういう観点で見ているのだがね とりあえずは、 特急大全種NO3からの動画からだ。
 



そして どうして おいちゃんが この天賞堂Ho模型シミュレーターを やらないで このVRM3版を続ける気になったかの意味がわかる動画からだ。 ここのC11が あるから VRMでは、出て来ないのか?と 本気に 思っていましたね VRM3版よりも少し前なのかな この天賞堂Ho模型シミュレーターは、 当時は、こちらの方が 作りに関しては、上だったような気がするのだが じゃあ面白さは、どうかというと 断然VRM3版の レイアウトが作れるという点じゃ 上だったね じゃあ なぜ その後の VRM4以降に バージョンアップしなかったのか?

そこら辺が おいちゃんのようなVRM3版止まりのユーザーが 思う率直な意見が メーカーさんには、届かなかったというか それが このVRMというゲームの歴史と資質なのか限定された人達の鉄道シミュレーターゲームだと 思っているのだがね 益々 そんな感じで進化して行くような気がするね



この天賞堂HOシミュレーターは、1998年の発売だから あのVRM2版と ほぼ一緒なんだね 約20年近く前に この3DCG車両を 作っていたなんて 信じられますか?

でも いくら精巧に作っても 遊ぶ方が 面白くなかったら 売れないのが一般ゲームじゃないのかね そこなんだよ VRM3版の良さは、とにかく 面白いからね おいちゃんに取ってはね だから 飽きない

ループ曲線レイアウトから特急大全集その2

ループ曲線の貨物本線のレイアウト制作の手を休めて 特急大全集の動画を 作っています。

「古きを 訪ねて 新しきを知る」の温故知新では、なくて 古きを 知らせて 新しきと 比べさせるという なんとも 嫌味な企画でね メーカーさんでは、「鉄道模型シミュレーター5 – 15+」も 発売されるそうですが

215系もあるみたいなので まあ 比べて見て下さい そりゃ最初から このVRM5しか 知らない人から見たら おもちゃみたいなもんですが 走れば 慣れれば 諦めもつくってもんだ。



ところで 10月23日の VRMの日って 何か イベント企画でも あるのかね さっぱり情報がないのだが こちらの新VRM3の日は、 終わってしまったけどね  特別記念 大サービスとかね

ループ曲線レイアウトから特急大全集その1

この前 8月に リバーシブル貨物編成用レイアウトその1で VRM3版レイアウトに手を付けてから 久しぶりに レイアウト作りを してみました。

肝心のループ曲線の貨物本線のレイアウト制作を 続けようと思ったのですが まったく関係ない 単線ローカル線の所を 作り込みしてしまい ついでに こんな特急大全集みたいな動画を 作ってみました。

まずは、特急大全集その1として 特急編成を 10本まとめて 紹介だ。




1か月以上も レイアウト制作に 手を付けないとね そうは、簡単にエンジンが掛からないのでね まあ 気長に スタートだ。 それにしても 特急大全集という タイトル いいねえ〜

パクリですがね いい品を 安価に提供という 松下幸之助の商売訓は、 今のご時世じゃ 流行らないみたいですが 10年近く前までは、 こういう趣味のお遊びゲームでも いい品を安価に提供という 気持ちは、あったように見えたのですがね〜 ご時世なんでしょうかね〜  

リバーシブル貨物編成用レイアウトその1

先月の7月20日にループ曲線からの眺めがいい1を 紹介して その後すぐループ曲線からの眺めがいい2で 具体的に レイアウトの予想展開図まで 紹介していましたが あれから丁度 一ヶ月が 経過して あの当時の企画とは、掛け離れたレイアウト図になってしまいましたが 一応 こんな感じで 進めて行く準備が出来たので 紹介だ。 

色々考えた結果 とりあえず リバーシブル貨物編成用レイアウトとして 雪景色の反対の夏バージョンの貨物ターミナル基地を そのままコピーして180度反転させて 繋いだ感じのレイアウトを 想定して 車両走行だけが まず出来るように 線路だけ繋いでみました。もちろん だいぶガタガタでね お見せできるような品物じゃないのですが それでも 見せてしまう所が おいちゃんだ。

リバーシブル貨物本線編成用レイアウト改造1



















要は、こんな感じで 手抜き工事なのだ。が これがね 180度反対にして 接続するのですが これが 中々面倒でね それで 今まで 今日まで お披露目しなかったんだね  最初から一から作った方がいいとも考えたのだが なんといっても このループ曲線部分だけは、このまま活かして使いたかったので 貨物ターミナルの方は、一応 このまま繋いで 後で 変更すればいいかが 基本の考えだ。

最初ね この180度反対にして 反転させるというのが わからなくてね そのままコピーして ループの部分だけを 反対側にすれば簡単に出来ると思ったのですが 甘かったですね 

とにかくだね これだけの大物レイアウトを一発コピーして 新しく配置するのは、至難の技なんですよ まずはスムーズに重くて移動できない そして細かい動きが出来ないので 線路と線路の接続が上手く出来ないのと 例えば 高架区間の透明橋脚などが ずれてしまって もう大変でした。

教訓としては、一発で コピー貼り付けじゃなく 部分的に分割してコピー貼り付けした方が いいかも知れませんね

リバーシブル貨物本線編成用レイアウト改造2



















で もうひとつ 作って置いたのが 基本レイアウト情報という車両配置と 操作キーのレイアウト表だ。 まだ 全然レイアウト自体が 出来ていないのに なぜ こんなものを作るのか? それは、これから半年以上も たぶん掛かって作る予定になるので 途中で飽きるのでね

その為に 最低限の車両編成を 走行出来るようにして レイアウトを 眺めながら ああでもないこうでもないと 作り直したり 線路のズレなどを 修正する時に 何度も ビュアーを眺めるので 飽きない為に最初に用意しておくと 暇な時に この操作キーを 替えながら 暇つぶしをする算段だ。

この中で なんで関係ないスルーガータ曲線鉄橋ローカル線に特急を 5編成も配置しているのか?不思議に思うでしょうね これもだ ちと 他の企画で この路線を使ってやる動画の企画があったりするのと 貨物本線から 眺めた場合に いつでも 特急が見れれるのでね そういう考えだ。

このローカル線の特急編成だが 今の所 5編成だが 実際は、もっと増やせるくらいの列車間隔は、取れそうなのだが 一応 時間を測って 列車間隔を 15秒前後に調整しながら 5編成配置にしてみました。

なぜ そうしたかは、別な企画の時にわかるのでね その時までの ひ、み、つ、だね

しかし いい歳こいて こんな ガキのお遊びを 楽しんでいるのは、おいらだけか でも そういう人は、意外と 多いんです。 そこら辺も 後日 紹介なので お楽しみに

なんだ ずいぶん 勿体ぶって まるで週刊文春みたいなネタでもあるのかと思ってしまうね そういうネタは、今の所は、ないけどね そういえば 昔の2chには、面白い記事があったね〜 今は、それすら ない状態ですからね 時代は、変わって来ていますね

変わらないのは、その2chでも 書かれた事がある おいちゃんのVRM3しか残らないんじゃないのという言葉が 唯一の励みで 今日まで 生き延びている感じだね 最後の一兵になっても 頑張るのみです。

企画は、一杯考えているのだが 時間がないというか ここから一歩でも 実世界に戻るとね 大変な事ばかりでね その意味でも ここが唯一のワンダーランドなのでね まあ いいじゃないですか 現実逃避じゃないのだが こういう場所があるだけでも おいちゃんは、幸せもんだね

さて いつもの 一番最初の これからリバーシブル貨物編成用レイアウトを 作るよという 宣言みたいな動画を紹介だ。 こういった作って行く過程を普通は、見せないもんだが なんでも見せちゃうからね 途中で 出来なくても そりゃ仕方ないもんね 巷で 評判の ナスDを見習って ありのままを見せてしまうのだ。

でも あれも ひとつの演出だから 計算と打算は、あるか まあ そこら辺が 書ける事と 書けない事の 判断が 鈍いので 結局 あのTwitterが 使いこなせないというか あれは、どうしても 現実の話を書いてしまうようで 怖いので ここが 一番 居心地がいいかもね
 

ループ曲線からの眺めがいい2

この前ここで紹介した スルーガータ曲線鉄橋レイアウトの 後から追加した ループ曲線部分が 貨物長大編成を眺める時に 中々感じがいいので もう一度 紹介だ。の 続きからだ。

まずは、そのスルーガータ曲線鉄橋レイアウト図からだ。

スルーガータ曲線リバーシブルレイアウト完成版図1


















このレイアウトの右側部分が 今回紹介しているループ曲線がある貨物ターミナル基地の部分だ。元々は、左側部分のKATO曲線デッキガータ鉄橋の真似をして VRM3版で作って見たらで始まったレイアウトなので単線で 右側部分は、全然 最初は、想定していませんでした。

なので かなり左側部分は、風景関係に力を入れて作って作り込んで作っていましたが これがね 全然 単線区間を 車両編成で走らせて眺めて見ると さっぱり見えなくて 無駄骨だったので じゃあ 見張線として 貨物本線を 山肌に張り巡らして 少しでも 覗けるようにと思ったのたのですがね

残念ながら 結果として この単線区間は、思惑通りには、行きませんでしたね 単に 曲線デッキガータ鉄橋だけを 眺めるという考えだけなら良かったのですが どうしても リアル情景を 模索してしまうと どうも このVRM3版の場合は、単線区間だと なんか弱いんだね

単線区間で 車両編成を走らせるよりも どうしても貨物編成の方が 眺めて面白いのでね そこでだ 2016年11月に紹介した KATOデッキガーター曲線鉄橋を真似てみるか41みたいな ループ区間を活かして 尚且つ 全く異なる貨物本線を 新たに作ってみたら どうなるかを 考えてみた。

Nゲージレイアウト図臨海鉄道部分2







このNゲージレイアウトの 赤い部分の臨海鉄道部分を 先ほどの貨物ターミナルがある右側の部分と合体させて 雪景色と 片や 港湾のタンカーなどが 停泊している海沿いの風景を合体させてみる

Nゲージレイアウト図臨海鉄道部分1








なんてね アホみたいな企画だが もし やるとしたら こんな感じですかね

スルーガータ曲線リバーシブルレイアウト完成版図3


















まあ 大きさは、適当ですが この二つのレイアウトを合体させて 貨物編成専用レイアウトを作ったら どうなるかという お話だ。

まだ 出来もしないうちに 風呂敷広げてね でも なんか面白そうなので 紹介だ。

この界隈では、車両の話し しかも リメークの話しばかりで 結局 作る側の都合で 作るんでしょうがね 未だに C11蒸気機関車のようなタンク車ひとつ 作らない所が どうも 気になるのだが

そういえば こんなニュースが入って来ました。鉄道博物館リニューアルというニュースで なんでも「臨場感を高めるため、観客席との仕切りガラスを撤去した横23メートル、奥行き10メートルの新しい「鉄道ジオラマ」全景。開館から9年使われた先代より15%大きくなった。」という事なので

ついに このVRMのサイズ 20mx20mを 越してしまいましたね 

ループ曲線からの眺めがいい1

去年 作っていたスルーガータ曲線鉄橋レイアウトの 後から追加した ループ曲線部分が 貨物長大編成を眺める時に 中々感じがいいので もう一度 紹介だ。

元々は、仮想飯田線のイメージで作ったスルーガータ曲線鉄橋レイアウトだったので そこにむりやり貨物本線を 見張線として追加したものだったのだが 実際 レイアウトが完成して いざ単線のローカル線としての スルーガータ曲線鉄橋をメインとしたレイアウトが 物足りなく感じてね

その反動なのか 雪景色のループ曲線部分が 逆に 自分としては、良く見えてしまい なんか この部分だけを活かしたレイアウトを 作れないものか 只今 思案中なのだ。




そもそも まったく別物のレイアウトを 組み合わせて作ったようなもんでね 今更なんだが 何をしたかったのか?何を見たかったのか? たまたまKATOの曲線デッキガータ鉄橋を 試しに作ってみるかが 始まりだったからね  

この曲線デッキガータ鉄橋レイアウト部分を 削除して この部分に ループ曲線の延長部分を 作ってみたらどうなるのか? なんてね 考えては、いるのだが  いざ 半分 削除して やる段階になると 尻込みしてしまうんだね

そこまで やるなら 最初からコピーして 新たに作った方が どんなに早いのかとも 思うのだが 要は、このループ曲線の 一番の難所は、 この地形で 線路を 埋め殺して勾配区間を作って行くのが 面倒でね

それを 考えると 気持ちは、あるのだが 手が動かない まあ これが VRM3版のレイアウトを リメークするという行動に 中々手が出ない理由かも知れないね
アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
Archives
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ