新VRM3★井戸端会議

VRM3こそお金が掛からない大人の一人遊びだ。そういう考えの方どうぞ!

ループ曲線

ループ曲線からの眺めがいい2

この前ここで紹介した スルーガータ曲線鉄橋レイアウトの 後から追加した ループ曲線部分が 貨物長大編成を眺める時に 中々感じがいいので もう一度 紹介だ。の 続きからだ。

まずは、そのスルーガータ曲線鉄橋レイアウト図からだ。

スルーガータ曲線リバーシブルレイアウト完成版図1


















このレイアウトの右側部分が 今回紹介しているループ曲線がある貨物ターミナル基地の部分だ。元々は、左側部分のKATO曲線デッキガータ鉄橋の真似をして VRM3版で作って見たらで始まったレイアウトなので単線で 右側部分は、全然 最初は、想定していませんでした。

なので かなり左側部分は、風景関係に力を入れて作って作り込んで作っていましたが これがね 全然 単線区間を 車両編成で走らせて眺めて見ると さっぱり見えなくて 無駄骨だったので じゃあ 見張線として 貨物本線を 山肌に張り巡らして 少しでも 覗けるようにと思ったのたのですがね

残念ながら 結果として この単線区間は、思惑通りには、行きませんでしたね 単に 曲線デッキガータ鉄橋だけを 眺めるという考えだけなら良かったのですが どうしても リアル情景を 模索してしまうと どうも このVRM3版の場合は、単線区間だと なんか弱いんだね

単線区間で 車両編成を走らせるよりも どうしても貨物編成の方が 眺めて面白いのでね そこでだ 2016年11月に紹介した KATOデッキガーター曲線鉄橋を真似てみるか41みたいな ループ区間を活かして 尚且つ 全く異なる貨物本線を 新たに作ってみたら どうなるかを 考えてみた。

Nゲージレイアウト図臨海鉄道部分2







このNゲージレイアウトの 赤い部分の臨海鉄道部分を 先ほどの貨物ターミナルがある右側の部分と合体させて 雪景色と 片や 港湾のタンカーなどが 停泊している海沿いの風景を合体させてみる

Nゲージレイアウト図臨海鉄道部分1








なんてね アホみたいな企画だが もし やるとしたら こんな感じですかね

スルーガータ曲線リバーシブルレイアウト完成版図3


















まあ 大きさは、適当ですが この二つのレイアウトを合体させて 貨物編成専用レイアウトを作ったら どうなるかという お話だ。

まだ 出来もしないうちに 風呂敷広げてね でも なんか面白そうなので 紹介だ。

この界隈では、車両の話し しかも リメークの話しばかりで 結局 作る側の都合で 作るんでしょうがね 未だに C11蒸気機関車のようなタンク車ひとつ 作らない所が どうも 気になるのだが

そういえば こんなニュースが入って来ました。鉄道博物館リニューアルというニュースで なんでも「臨場感を高めるため、観客席との仕切りガラスを撤去した横23メートル、奥行き10メートルの新しい「鉄道ジオラマ」全景。開館から9年使われた先代より15%大きくなった。」という事なので

ついに このVRMのサイズ 20mx20mを 越してしまいましたね 

ループ曲線からの眺めがいい1

去年 作っていたスルーガータ曲線鉄橋レイアウトの 後から追加した ループ曲線部分が 貨物長大編成を眺める時に 中々感じがいいので もう一度 紹介だ。

元々は、仮想飯田線のイメージで作ったスルーガータ曲線鉄橋レイアウトだったので そこにむりやり貨物本線を 見張線として追加したものだったのだが 実際 レイアウトが完成して いざ単線のローカル線としての スルーガータ曲線鉄橋をメインとしたレイアウトが 物足りなく感じてね

その反動なのか 雪景色のループ曲線部分が 逆に 自分としては、良く見えてしまい なんか この部分だけを活かしたレイアウトを 作れないものか 只今 思案中なのだ。




そもそも まったく別物のレイアウトを 組み合わせて作ったようなもんでね 今更なんだが 何をしたかったのか?何を見たかったのか? たまたまKATOの曲線デッキガータ鉄橋を 試しに作ってみるかが 始まりだったからね  

この曲線デッキガータ鉄橋レイアウト部分を 削除して この部分に ループ曲線の延長部分を 作ってみたらどうなるのか? なんてね 考えては、いるのだが  いざ 半分 削除して やる段階になると 尻込みしてしまうんだね

そこまで やるなら 最初からコピーして 新たに作った方が どんなに早いのかとも 思うのだが 要は、このループ曲線の 一番の難所は、 この地形で 線路を 埋め殺して勾配区間を作って行くのが 面倒でね

それを 考えると 気持ちは、あるのだが 手が動かない まあ これが VRM3版のレイアウトを リメークするという行動に 中々手が出ない理由かも知れないね
アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
Archives
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ