新VRM3★井戸端会議

VRM3こそお金が掛からない大人の一人遊びだ。そういう考えの方どうぞ!

ループ曲線

ループ曲線レイアウトから特急大全集その27

今日も 昨日の続きからEF66直流電気機関車の紹介だ。 

第27弾は、EF66-901とEF90の試作機を 紹介だ。このEF66に関しては、これでもかと ここで紹介して来ましたが 改めてその中から代表的な記事を紹介だ。

 まずは、2008年6月に紹介した。VRM3★紙芝居貨物ヤード編の紹介6からだ。 ここでは、簡単にEF66の種類を紹介だ。

2015年8月に紹介したEF66-27て 人気あるんだねからだ。今のVRM5版には、このEF66-27は、あるんでしょうかね 

そして究極の高額鉄道模型でもあった 2015年9月に紹介した天賞堂の上を行くムサシノモデルってなんだからだ。 このムサシノモデルのサイトを たまに 覗いているのですが これが 結構 面白くてね とくに 最新の記事は、西武鉄道E851電気機関車の記事なんだね  こいらの制作裏話が これまた面白くてね

ここのメーカーさんとは、真逆の発想というのか 正直というのか本音を書いているようで ちゃんと計算して書いている所が 中小企業のたぬきオヤジの腹の中みたいで 面白いんだね 数字を 書いてしまうと ある程度 儲けとか売り上げも 予想がついてしまうのでね 今の時代だと ネット主体の会社は、表に出さないからね

そういえば OJゲージのクマタ貿易という会社も高級鉄道模型を 販売していますが 1両 57万円とかの車両が 完売してしまうんだから 上には、上があるもんですね〜 住む世界というか まったく次元が違う世界なのでね だからこそ このVRM3が 一番 居心地がいいんです。



今回というか 毎回 背景の画像を 真夜中から 夜明けに向けて画像を変えているのでね そこら辺も 見てね

リバーブループ曲線レイアウト制作中17

リバーブループ曲線レイアウトに この前 ここで紹介したタンク車専用積み出し所から(Nゲージ)の 石油積み出し所を 作っていました。 というか 石油積み出し所もどきですがね

石油積み出し所1
















上の画像が VRM3版の石油積み出し所もどきです。 Nゲージのジオコレとは、全然違う感じになっていますが

スクショで 見ると こんな感じです。

石油積み出し所2石油積み出し所3







ちと ジオコレの石油積み出し所とは、違って少し大きめになってしまいましたが 思っていた感じと違って もっと使えそうな部品があると 思ったら これが 意外と なくてね

石油積み出し所5石油積み出し所4







そこで こんな感じで  大袈裟な感じの石油積み出し所に なってしまいました。

石油積み出し所6石油積み出し所7







で 使った部品は、一番下の土台は、ビーム90を -45个8本配置してコンクリート土台を作って その上に 朝礼台を+5个琶造戮毒枌屬靴董,修両紊棒車台+15个叛車台階段を +13个如ヾ靄椶虜邏搬罎髻〆遒辰討い泙后

石油積み出し所8石油積み出し所9







そこに 水平パイプとストレートパイプと 水平カーブパイプと垂直カーブパイプを 組み合わせて もどきの給油パイプに しています。

石油積み出し所10石油積み出し所11







一応 2箇所に配置してみました。 片方には、タキ43000が停車していて そこに給油する感じに 見せ掛けています。 それと まったく関係のない洗車機とバス停も配置して もどき石油積み出し所にしてみました。

石油積み出し所12







ここから 見えるパイプ管が 余計かも知れませんが なんか これがないとね 石油積み出し所に見えなかったのでね 配置してみました。 これが VRM5版だと 単品の1本パイプがあるので もっとコンパクトな石油積み出し所が 出来ると思うのですが ここには、ないからね〜 でも こういう 無いもので作るのが このVRM3版の 楽しみでも あるので まあ これで我慢ですかね







ループ曲線レイアウトから特急大全集その26

今日も EF66直流電気機関車からの紹介だ。 

元々このEF66は、ブルートレイン牽引機として ここのVRM3版には、登場して来たみたいなもんで 本来は、全部で 11種類の EF66があったんだね

EF66機関車軍団1




















それを 寝台特急のヘッドマークを 隠した感じにして 同じEF66-46が 富士とみずほに 共用されていたので 1種類にして 全部で10種類が 貨物牽引のEF66として 登場させています。

EF66機関車軍団3




















ヘッドマーク付きで 貨物は、牽引したら そりゃブルートレインファンに怒られそうなので 後ろ向きに配置してヘッドマークをかくして運用しているのが 今回のEF6646、EF6649、EF6651の3種類なんだね

今 前に紹介した#VRMな画像#railsimの画像を 見比べているのですが どっちかというと RaillSimの方が古いのから新しいのやら車両の作りに関しては、上手い下手は、わかりませんが とにかく幅があって面白いんだね 昔のVRMの掲示板みたいな所には、レイアウトのスクリーンショットが 載っていましたが 上手い下手関係なしに 色んな画像が投稿されていたのを 思い出していました。

上手い下手じゃなく 個性なんだね だから ここのVRM3版のEF66と VRM5版のEF66を 比べて見れば どちらがどうのじゃなく おいちゃん的に見れば 絵としての個性なんだね なんか PC性能が向上して CGソフトも向上して来ると 出来上がって来る車両の出来が 全部仕上がりの方向性が同じように思えてね 

それは、アニメの世界でも 新海誠監督の作品が宮崎駿の作品と比べられていますが おいちゃん的に見れば そこに細田守監督が入っての そういう背景描写を含めた アニメの世界の流れがあるのかな〜と勝手に想像だ。 そういえば 小学生低学年の孫が「君の名」を 見て「サマーウォーズ」見たいだった。と 話していました。

なんか 最後は、描写の技術も進化して来ると 最後は、中身のストーリーになるんでしょうかね おいちゃんは、どっちかというと 細田守監督の「サマーウォーズ」の方が 中身的には、好きですがね

まあ ここのVRM5もRaillSimも 進化して行けば 似たような感じになるんでしょうかね でも ここのVRM3は、骨董品じゃないのだが クラシカルVRMなのでね この画像で 楽しむしか ないのかもね 
 


ループ曲線レイアウトから特急大全集その25

去年の今頃にも 紹介していたEF66直流電気機関車からの貨物編成の紹介だ。その前に 少し おさらいだ。

去年も 書いていたのだが このEF66も EF81に負けないくらい 作りが 丁寧でね なんと全部で 11種類もあるんですね といっても 車体ナンバーが 違うだけだとも思うのですが コレクター的に見れば まったくの別物なので 一応 貨物牽引機として 使えそうな種類は、全部 紹介して行くつもりです。

まずは、 去年も 紹介したVRM5とVRM3を 比べていた画像からだ。

VRM5-2












今年は、デカく紹介だ。

VRM5-1













こういう感じでね  最後は、好みなんでしょうかね ただ 走行させると その違いは、なんとなく 感じますがね
 とにかく 下回りは、覗かないのが このVRM3版の鉄則でね 要は、スカートの中は、覗くな!なのだね

どうしても ぺらぺらなまるで 紙で作った感じの下回りなのでね 重量感が ないのが残念なんだが まあ それも慣れですよ慣れ  毎日見ていりゃ愛着も沸くからね そんなEF66の第25集のEF66-12、EF66-32、EF66-39を 紹介だ。 背景は、Zioさんの月明りの夜景を改造して お月様を二つにしてみた禁じ手を 使って 夜中なのに 明るい雰囲気を 表現していました。 じゃないと VRM3版は、車両が 目立たないのでね




まだまだ このEF66は、続きますが 今日は、これまでね 

ループ曲線レイアウトから特急大全集その24続き

今日も 夜間作業がある おいちゃんだ。 で 昨日 書けなかったEF81関係の記事を紹介だ。

とにかく このEF81交直流機関車の作りは、VRM3版の中じゃ EF66と 同じくらい作りが いいのでね ハッキリ言って 今現在のVRM5版と ハンディを 付けて 同じレイアウト上を 走らせたら 面白いような気がしますね

そういう 改造とか 古い車両が 走らせられないという 鉄道模型じゃ出来て当たり前が出来ないのなら 看板を外して貰いたいなんてね 過激な事を 言っては、いけませんね でも 心の中では、VRM3までが 鉄道模型シミュレーターじゃ!と 思っていますがね 気持ちは、やっぱり これだね

EF81機関車軍団F
 












そして 思うのが 車体は、改造無理でも せめて 色とかロゴが描けるような感じのゲームに なったら さぞ 面白かったのにと 思っているんですがね

EF81機関車軍団G



















これだけでも 全然 楽しめるんですが それじゃ 儲からないからね〜 というか 文句がある人は、最初から他の無料鉄道ゲームを やれば いいだけの話というのが まあ この界隈の流れですからね〜 おいちゃんくらいだろうね しつこく このVRM3を 続けているのは、まあ それだけ 楽しいという裏付けみたいなもんだ。

で 今日は、昨日の続きで EF81交直流機関車を 紹介していた動画を また紹介だ。 今回は、前と違う角度というか こんな感じの紹介動画からだ。



並走からの流し撮り風の紹介動画からでした。 お次は、塗り絵バージョンからの画像紹介だ。



この塗り絵の車両が 実際に動けば 最高なんですがね そうは、問屋は、卸さないってか 最後に 個人的に お気に入りの 昔の東北本線の 岩手県内の奥中山大カーブ区間を 走行するEF81牽引コンテナ貨物編成からの動画だ。 

やっぱり 貨物は、真夜中を 突っ走る姿が最高ですね〜 しかも雪景色の月夜の晩に氷点下の 風が一瞬止まった静かな夜更けを 汽笛を鳴らしながら ぶっ飛ばす姿が 最高ですね〜 まあ 実際 こういうのを 見た事ある人なら わかると思うのですがね 東北本線の 夜中の時間帯には、続行、続行で 貨物編成が 突っ走るので 見応えは、あるんですな〜 しかも100匐瓩と ぶっ飛ばすからね〜

だから いっそ こういう雪景色のレイアウトばっかり作ってしまいますね



しかもだ このVRM3版じゃ 簡単に 上り下りの貨物編成が 交差して行くシーンが 作れますが 中々実際の貨物走行シーンじゃ 決まった場所でしかダイア通りなら見られますが 真夜中の貨物編成は、遅れて当たり前なのでね ドンピシャで ダイア通りに 通過する方が 珍しいとも 聞いているのでね 

まあ なんでも こういうイメージとか 実際の貨物走行シーンを 思い出しながら こういう場所を 走行していたら面白いんじゃないのかと レイアウトを作っていますがね そこら辺の スケール感が 鉄道模型では、中々出来ないし 味わえない このVRM3版鉄道模型シミュレーターの レイアウト作りの面白さなんですがね〜

一人で ああだこうだ感じながら レイアウトを作っていますがね やっぱり VRMは、スケール感だとも 思うのですが でも これから考えているレイアウトは、KATOプラン集にあるような 3600x900丱汽ぅ困里茲Δ福Nゲージの6畳の部屋にでも 寝床があって その横に レイアウトがあるみたいな感じのレイアウトも いいかなと
 それも 一応 これからの課題レイアウトとして 今は、考えていますがね

ループ曲線レイアウトから特急大全集その24

今晩も 夜間作業のがある おいちゃんだ。 なので その前に 起きてすぐのブログ書きだ。

今日は、特急大全集の貨物編成じゃないのだが EF81交直流機関車のEF81機関車軍団を 走らせてみました。その前に 懐かしいというか 消えてしまったVRM3★王国のタイトル画像と 

EF81機関車軍団C















懐かしのVRM3版東北本線を 走っていた寝台特急の牽引機からの画像を 紹介だ。

EF81機関車軍団D



















なんとか もう一度 VRM3★王国を 復活させたいのだが HPを 作る気力と 無料で載せられる いいサイトが わからなくてね 思案中というか そこまでの気力がないのが 正直な感想ですかね

で 本題 EF81交直流機関車のEF81機関車軍団を 新バージョンというか ループ曲線からだ。



実は、 このEF81機関車軍団の紹介動画を 昔も作っていたのですが 2012年12月に 紹介した動画は、 今見たら なんと95回しか再生されていないんだね ショックです。



どうも この手の背景をモノクロームのカタログ感覚で 作った動画は、あんまり 評判が 良くなかったみたいですね そして その前の 2009年6月に作っていた動画は、再生回数が4552回で動画を作っている本人からすると これは、やっぱり 見え方なんでしょうかね この手の動画を 作るのは、難しいね



どうですかVRM3版でも 中々かっこいいでしょ? と思っているのは、おいちゃんだけか まだまだ このEF81機関車軍団の紹介動画は、あるので 又 紹介します。

今 珍しく ここのライブドアブログがメンテナンスの時間に入っていて ブログが UP出来ないそうなので 夕方までお預けだ。 夕方まで我慢してUPの予定だ。 それまで 又 一眠りだ。

ループ曲線レイアウトから特急大全集その23

又 今週も4連チャンの夜間作業が 今日から始まる 寒い寒い毎日で ござんす。 VRM3を続ける為なら 稼がないとね 一番VRMに遠い感じの おっさんが 一番 続けているみたいな感じですがね それが VRM3なのだ。

ところで 今日は、貨物コンテナ編成のEF81牽引の EF8189レインボーと EF8195ロゴ付きとEF8189+EF8113重連の 3本を紹介だ。 その前に 昔紹介した画像を お披露目だ。

EF81機関車軍団A














相変わらずの VRM5版との対比画像だ。 そして このEF81の中で一番作りが丁寧だと思っているEF8137(ローズ)の これでもかという画像から紹介だ。

EF81機関車軍団B




















どうだ もうすぐ 18年以上も前のVRM3版車両だが 中々いいだろう! なんてね 一人で 喜んでいますがね
まあ 走れば なんでも愛着が 湧くってもんでね 姿や形じゃない別の良い所だけを 見る まるで 家の古女房を 見る感じでね だから こっちも 40年近くも 続いているんでしょうかね

ループ曲線レイアウトから特急大全集その22

EF81交直流電気機関車から EF81-502、EF81-81、EF81-84の3種類を紹介だ。

その前に VRM3版のEF81交直流電気機関車の 画像から紹介だ。

EF81機関車軍団3


















一応 全部で 10種類は、あるのですが 実際は、7種類を 使っていますが

EF81機関車軍団4


















貨物編成の場合は、ヘッドマークが 邪魔なので 後ろ向きにして マークを隠して 貨物牽引機関車として 登場して貰っています。 

そういえば こういう感じで 比べていましたね

EF81機関車軍団1














そして 今回 登場のEF81-84と 前回紹介のEF81-13との違いは、

EF8113+8184編成C













こんな感じで 少しだけ違うのだが そこら辺への拘りが あんまり 無いのが おいちゃん流だ。

リバーブループ曲線レイアウト制作中16

今から リバーブループ曲線レイアウトを 始めようと思ったのですが 中々この下の画像の部分のイメージが 湧かなくて さっぱり進みません

リバーブループ曲線制作中62リバーブループ曲線制作中63







要は、雪景色の貨物ターミナルヤードを 180度回転させて 夏景色の この場所にコピーして貼り付けたので 向こうは、雪景色を 見せる為に 山に囲まれた景色を 作っていたのだが その山の中腹を 高架橋脚で 貨物線を 走らせていたのだが こちらの夏景色では、これが ネックになって 進まないんだね

さて この高架橋脚を どうしようか? イメージが 湧きませんね〜 同じじゃつまらいけど さりとて まったく異なる海岸線でも 作ろうかとも 思ったのですが これも 又 イメージが浮かばない という訳で 又 来週の週末まで お預けにするのも 一つの策でも あるんだが こんな感じじゃ 年内完成は、大丈夫なんでしょうかね

ループ曲線レイアウトから特急大全集その21

久しぶりの特急大全集の動画紹介だ。

前回の続きから コンテナ貨物編成から EF81交流機関車が牽引するコンテナ貨物編成を 紹介だ。 最初に このEF81には、VRM3版には、7種類が 入っているのですが その全部を 紹介だ。

その第1弾が 174番のEF81-113は、トワイライトエクスプレス専用の牽引機なんですが この手の専用牽引機は、牽引する車両編成が 消滅すると なんか知りませんが JR貨物に 払い戻されるのか 貨物を運んでいる画像を たまに見るのですが このEF81-113は、どうだったんでしょうかね ここじゃ なんでも牽引させますけどね 

次の175番は、EF81-13の普通の赤い車体の機関車からだ。更に 次の176番は、EF81-37は、ローズピンクというEF81の中で貨物編成にVRM3では、 一番多く使っている機関車だ。 羽越本線で この手のピンクのくすだ感じの古い貨物編成を 見た事があります。 なんか 現物見ると 古臭いんだよね〜 それに正面から見ると 物足りない顔でね よっぽど ここのVRM3版のEF81の方が 見栄えは、いいからね〜 

まあ そこが このVRM3の仮想鉄道模型のいい所なんですがね いつまで経っても 新車ですからね 



まだ 続きも ありますが その内 公開します。
アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
Archives
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ