新VRM3★井戸端会議

VRM3こそお金が掛からない大人の一人遊びだ。そういう考えの方どうぞ!

トレインシミュレーター関係

動画でしか比べられないのでね

今日も今晩は、夜間作業が あるのだが なんだかんだで三連チャンの最終日でね 今日行けば 明日、明後日とお休みなので 今日は、手短に こんな お話から

普段は、VRM3版のゲーム以外は、一切やらない おいちゃんですが その代わり 自分には、出来そうもない車両制作とかに関しては、色々他の鉄道シミュレーターゲームなどを 参考に ここのVRMと比べながら 素人評論家気分で 楽しんでいます。

下手に 自分で 作れてしまうと ああだこうだ言う前に お前が作ってみろ!と言われそうになるのでね じゃあ まったく作れなきゃ スポーツ観戦と同じで 外野から上手いとか下手とか ここがいいとか ここがイマイチとか 言えそうなんですが そこは、ほれ 余計な事を言うと 嫌われるのが 一番怖いのを 知っている年寄りなのでね

まあ とにかく紹介だけして 後は、知らんぷりという事でね

まずは、このVRM界隈だと ここのVRMポータルが 唯一のVRM情報源なんですが この中のTwitter記事が 最近 車両制作の話題が 多かったので じゃあ 他の鉄道シミュレーター関係では、どうなのか こちらも毎回 覗いているのですがね

まずは、 という Twitter記事から こちらも 自作車両の記事が多くてね やっぱり この手のゲームの基本姿勢は、自作車両が中心なんでしょうかね そして もうひとつMMD鉄道を やっているejimaさんの Twitter記事からも紹介だ。   

ここら辺の 自作車両の画像を 眺めながら こちらのVRM3版車両と比べて その進化の過程は、どうなのか?を     一人で 比べながら 楽しんでいます。

画像だけじゃ物足りないので 動画で 比べたいのですが これが意外と 中々難しいんだね なんせ同じ車両に近い感じでないと どこがどうなのかが よく わからなくてね

とりあえずYouTube動画から 漁ってみました。MMD鉄道の動画に関しては、ニコニコ動画がほとんどでね ここに埋め込み出来なかったので  YouTube動画から 拾ってみました。

まずは、RailSimからのRailSim2 C62+旧客 という動画からだ。



動輪が 空転しながらの出発シーンなんか 芸が細かくてね いいねえ〜
次は、[MMD] 蒸気機関車C61-20、新D51-498モデル配布開始   という 本来ニコニコ動画で 公開していた動画を YouTube動画で UPした作品からです。




確かに 再生回数が 多いのですが よく 蒸気機関車の特長が 掴めなかったので こんなC62蒸気機関車の動輪テストの動画から紹介だ。




これって VRM3版やVRM5版でも この動輪テストの動画って作れるんでしょうかね 編集動画ソフトがないので 自分には、作れそうにないのですがね こうやって見ると 最初のRailSim2 C62の動輪が空転する動画は、よく そこまで 気が付いて 動画を作ったのかと 関心しますね〜

でも おいちゃんが いいと思った動画って 再生回数が 少なくてね そういう動輪が空転するシーンとか 興味が ないんでしょうかね

最後は、身内ひいきと 言われそうですが どうしても この嘘八百鉄道総裁 ことUSO800さんの「VRM ONLINE D51貨物 エミッターで煙」を 紹介だ。

もう ここで 何回も 取り上げているのですが このD51三重連の動画こそ VRM5を 代表する傑作動画だと おいちゃんは、強く思い入れがあるのですが どうも この界隈の人達は、どう感じているのかね〜

レイアウトの前面展望の動画もいいけど こういう 車両編成を中心に 見せる動画こそ 野次馬的には、楽しいんですがね〜 鉄道情景も楽しみたいのだが 一番は、やっぱり車両編成じゃないのかが おいちゃんの持論だね

ここで取り上げた RailSimやMMD鉄道そしてVRM5の蒸気機関車で 今のそれぞれのゲームの車両に対する特長を 見比べ そして 他にどういう車両があるのか 興味が 湧いて来るのが 一番の楽しみなのだ。

しかるに ここの界隈では、 もっと自分達の先導的立場の方の動画を もっと 褒めて取り上げてもいいと思うのだが あんまり そういうのが ないみたいでね 確かに 今の現状では、再生回数が 少ないように見えるのですが 嘘八百鉄道総裁の場合は、昔 再生回数が 300万近くまで 推移しながら ネットの不具合から 又 一から やり直した過去があったのでね もし 仮に あの不具合が なかったら それこそ このVRM界隈の 宣伝効果は、いかほどだったのかと 陰ながら 思っていました。

だから このD51三重連の動画を VRM5版で 一番の動画だと 自分は、推薦しながら 今日は、紹介だ。



そういえば 10年以上も前の過去にも VRM3版で 伝説のC62蒸気機関車の動画があったんですよ 当時としは、画期的な 1本の動画で確か50万近い再生回数を 誇っていたんですがね〜 みんな忘れてしまったかもね〜 他の鉄道シミュレーターは、動画で 仕掛けて来るのが多いように感じるのですがね〜

あのMaginoDriveさんの「鉄道模型シミュレーター5-8A+」 紹介動画も もっと なんかカッコいいので 見たかったなんてね 買わない奴は、書くな!と言われそうですが 買わないんじゃなく 今は、買えない事情があるの そこまで 自分の技術と知識と 財布の事情が 合致しないのでね 要は、優先順位の問題だ。

と言いながら 要は、めんどくさいだけかもね だって 益々進化して行く 鉄道シミュレーターゲームの世界で 常に前々と 進んでいくのは、いいのだが それに 付いて行かない輩は、どうするか? 

その答えの ひとつが おいちゃんが 考えている新VRM3★の考えでもあるのでね 今更 自作車両を作る気など更々ないし 出来そうにもないのでね 人の作ったもが 安く手に入れば いいんです。

A列車で行こう9の動画を見た。

「A列車で行こうExp」のVRモード動画を見てから 少しA列車で行こう9の動画も 見ていました。

おいちゃんが好きな 列車編成が沢山走っている これでもかのレイアウト動画があったので紹介だ。



この手のレイアウト動画を 邪道だと思ってしまう感覚は、VRM界隈には、昔から多かったけどね 下から目線の素人目線だと 風景とか車両のリアルな精巧さじゃない 列車編成の動きが 面白いのでね

そこら辺の 感覚的な物が まさに 鉄道模型の趣味の雑誌の分野と 同じに思えて 面白いんだね

そして もう1本は、 前面展望 第6弾「東北新幹線(下り)はやぶさ号」   という動画で リアルな風景じゃないのですが 駅構内の構内線路は、意外と正確に線路配置されていたりと 面白かったので紹介だ。




一番最後の 画像を ちらっと動画から拝借したが まるで VRM4版かVRM5版と 見間違ってしまいました。

A列車で行こう9 東北新幹線


















このA列車で行こう9は、「A列車で行こう9 Version4.0 マスターズ」。価格5800円(税別)。「A列車で行こう9 Version3.0 プレミアム」を持っている人向けと 「A列車で行こう9」本体のみ持っている場合は、「A列車で行こう9 Version4.0 マスターズ アディショナルパック」。価格は1万800円(税別)

そして 初心者から 始まると 全部揃う「A列車で行こう9 Version4.0 マスターズ コンプリートパック」。初めて「A列車で行こう9」で遊ぶという人向けの全部入り版で、価格は1万6800円(税別)が あるらしいのだ。ネットで安い所だと 1万2000円程で 購入出来るみたいですね 

このA列車で行こう9 Version4.0 マスターズ コンプリートパックには、公式ガイドブックというものが 付いて来るらしね 値段は、定かじゃないが 3000円近いと 載っていました。

でも こういう 公式のガイド本があると 初心者にとっては、入り易いから 売れるんでしょうね〜

鉄道シミュレーターを見てみる

夜勤明けで 今日は、非番のお休みなので  一旦 外に出掛けたのだが 結局 何もすることもなく いつもの部屋に部屋に籠って ブログ書きだ。

ejimaさんから コメントを頂き  電車でGOの最新版がゲームセンターで やっているという話を聞いて 実際にゲームセンターに行く程の マニアでもないので 動画で 体験しているものを 見付けたので 紹介だ。

元運転士 濱崎勝明さん「電車でGO!!」の上級(恵比寿〜目黒)に挑戦!という動画からだ。



CGに関しては、素人なので よく わからないのだが 実写とCGとの合成なんでしょうかね
そして 次は、 元名鉄運転士がリニア鉄道館シュミレータで復活!という動画からだ。



このシミュレーターの描写は、なんか ここのVRM5版に似たような雰囲気のCGで 更に線路の感じが BVEのような雰囲気も 醸し出しているのですが 上のタイトーの電車でGOでは、線路関係や付帯設備の部分だけが CGのように見えていましたが こちらのリニア鉄道館シュミレータは、フルCGのように見受けられて しかも 本当に VRM5のようにも見えますね でも なんか BVEに 線路の感じは、近いのかな

更に おまけのTrain Simulator Real という 音楽館から 2002年の出ていたTHE京浜急行という動画からだ。
これまた 運転士経歴1年の電車運転士が電車運転ゲームに挑戦という 無謀な動画からだ。

 

この音楽館という会社は、あのカシオペアのキーボーディストであった向谷実さんが 趣味から始まったゲームなのだが あんまり個人的には、忖度が 多すぎる感じが好きじゃなくてね そして ゲームというより その鉄道ビジネス展開が 趣味なのか 金儲けなのか そこら辺も どうかは、知らないのだが まあ ハッキリ言って 昔から 鉄道好きは、スケベが多いと 噂話で 聞いていたで なんか おいちゃんと 同じ匂いがしてね 

とにかく コロコロ パートナー会社が変わって行って 今度は、Railfanというゲームに リメークだ。



と 並べてみましたが 運転系シミュレーターの最終形が こういうハイビジョン撮影による実写版なんでしょうかね まあ こういう前面画像の運転シミュレーター好きなら いいいんでしょうがね

やっぱり おいちゃんのような VRM3版 一筋の おっちゃんには、この手の 運転シミュレーターは、苦手でね 

まして この実写版に近いというのが どうも 駄目ですね あくまでも 3DCGで 作ったという 職人気質が あると 凄いな〜と関心もするのですがね 

そして これらの運転シミュレーターに言えるのは、本物と同じようなマスコンや計器などが配置してる 操作盤がないと 最終的には、運転の醍醐味を味わえないような気がしてね

車の運転でも そうですが 氷点下の凍り付いた道路のしかも 坂道を 4WDじゃない車で 登ったり下ったりして 途中で スリップして登らなかったり 下る時に ギアを落としながら ブレーキを なるべく掛けないで 下るとか そういう 毎回違うシチュエーションを 好むと好まざるを 言わせない状況を 日常的に 感じていると そっちの方が ゲーム感覚のような気がしてね

だから 電車なんかよりも 貨物列車などの豪雪地帯の走行運転などの話しの方が より 聞いては、面白いのですがね と 話が だいぶ ズレて来たので 要は、 この手の 運転シミュレーターゲームに関しては、 おいちゃんには、不向きで あんまり 興味がないという お話でした。

が メーカーさんが こういう運転シミュレーターの部分を強調して行きたいのなら まずは、 マスコンなどが 付いているゲーム運転盤みたいな物を 別途に用意しなければね そういう 鉄道シミュレーターの最先端を 走っているのが やっぱり BVE飯田線保線区みたいな人達なんでしょうかね 

向谷実さんが いくら 鉄道業界に 顔が広くても この飯田保線区の人には、敵わないような気がするのだが おそらく この人も いづれ アマからプロに 変わって行くんでしょうかね

個人の趣味と商売としての趣味ですか 趣味が 商売になると 趣味じゃないと 昔は、よく 言われたもんですが 今の時代は、あえて あいまいにして していた方が いい時代なのかもね 

103系で比べてみました。続きから

103系で比べてみました。の続きから 昨日は、4本の動画を 並べてみましたが 結局 本来の鉄道模型シミュレーターというよりは、鉄道車両運転シミュレーターに 近いような気もしない訳でもないのだが

まあ 考えようとしては、外部から 車両を眺めて楽しむ派と あくまでも運転台からの眺めを優先する感じに 色分け出来そうなんですが そして それらの原点と言えるのが 昔の 電車でGOじゃないのかと ふと 思ったので 今日は、電車でGO!FINALを 今頃 紹介だ。2006年に なんと1980円で 販売されていたそうでね

おいちゃんは、この電車でGOは、20年近く前に体験版で やった事があるのですが 運転がへたくそで さっぱりクリア出来ないので この鉄道模型シミュレーターに 切り替えた経緯があるのですがね

その鉄道模型シミュレーターも 行き着く先が なんか この電車でGOのような運転シミュレーターに近い感じになって行きそうな気がしてね まあ 動画を見て頂戴

まずは、珍しく103系の車両が沢山眺められる動画から



運転席からの眺めや 運転を楽しむだけなら 最初から この1980円の電車でGO!FINALで 十分な気もするのですがね それじゃない あくまでも レイアウトを自分で作って 車両の走る姿を 眺めて見たいが おいちゃんの 願望でね そこが 段々メーカーさんとの 考え方の相違なんでしょうかね

それにしても さすがに プロ集団が作っている鉄道シミュレーターは、違うね〜 20年前の電車でGOは、こんなに精密じゃなかったからね まさか 2006年に ここまでの 鉄道シミュレーターゲームになっていたとは、知りませんでした。



この山手線の夜景の駅ホーム関係の描写が いいね〜 本当に 今 これを 新しく作り直したら凄いのが出来るのでしょうね なんでも 電車でGOは、最終的な累計売上は約102万本も 売れたそうです。

そして この電車でGOを 発売した最初のコンセプトが 当時のゲームセンターでのマニア層に特化した機種が並んでいた中で「一般客がもっと簡単に遊べ、興味をもたれるテーマとして鉄道に着目した」と 書いてありました。 

そこなんだよね〜 ここの鉄道模型シミュレーターも VRM3版の頃は、はじめる鉄道模型シミュレーターみたいな 入門編のソフトを販売していたんですがね いつのまにか マニア向けに 変身してしまたのでね

もう1本 おまけで 夕焼け空からの動画だ。



確かに 運転しては、面白いかも知れませんがね やっぱり 自分で レイアウトを作らないと 面白くないのでね おいちゃんは、 人様の作ったレイアウトは、見るだけで いいんです。 走らせて遊ぶのは、やっぱり自分のレイアウトが 一番いいなんて 調子にのっちゃって!、、、、

103系で比べてみました。

新VRM3★を 考える場合に そもそもVRMとは、なんぞや? ここら辺の 頭の整理を たまにしないと 飽きたり 嫌になったりするので そうならないように とにかく あっちこっちの 似たような鉄道シミュレーターの動画を 眺めています。 

そして一番 比べて見て 面白いのは、同じような車両で 色々比べてみるのが好きでね 今日は、一応 漁った分だけ紹介だ。 対象になる 車両は、103系の 国電からだ。

まずは、VRMCLOUDからの大阪環状線の103系から



あくまでも 103系という車両を 見たかったのでね 他にVRM5版で この103系が あったら 又 紹介だ。
次は、少し毛色が 違いますが RaillSimから 大阪環状線103系から



最近 気に掛けているMMD鉄道から 大阪環状線103系から



最後は、 おいちゃんには、無理だったTS-2017から 珍しい日本の車両から 和歌山 桜井線の103系 ウグイス色から ちょっと20分近くと 長いのですが どうぞ



こうやって 色々見比べて 結局 自分に今 一番 居心地がいいゲームは、 自作車両を 作らないと考え レイアウト作り中心だと 思うと 現状の VRM3版でも いいんじゃないのかと 思うのだがね

さて VRMも なんだかんだで 誕生から20年近くになるのですが この先 どういう感じに なって行くんでしょうかね これもだ まったく自作車両を 作れないので まあ ぶっちゃけ VRMで 他の鉄道シミュレーターの車両が 走れたら これまた 面白いんじゃないのかと とんでもない事を 考えているのだが。

素人さんが ここまで 作ってしまうからこそ これらを 外野から眺めて楽しむという おいちゃんのようなVRMファンも居るのでね 

3DCGのD51を拾ってみた。

IMAGICさんのブログに D51なめくじの 3D画像の 途中までが載っていました。 なんでも 数年に渡って莫大な開発リソースを投入して開発をすすめてきた蒸気機関車です。いくつかの形式について、投入準備をすすめています。ご期待ください。と 書いてありました。 その画像が こちらです。

3DCG-D51-13DCG-D51-2





左側が 今年リリース予定のD51なめくじからの途中経過画像で 右側が VRM5版のD51498号やまぐち号からの画像です。 この画像を 眺めていたら 3DCGのD51って 他にもあるのかな〜と 拾ってみました。

まずは、この画像には、びっくりしましたね〜 この光のてかり具合が 最高ですね〜

3DCG-D51-43DCG-D51-3






これらの画像は、とれいんけいつうTrainK2というサイトの中の3DCG-D5123号機に載っている画像からですが
D51なめくじの 大きめの画像は、こちらから

3DCG-D51-12










まあ ど素人なので 3D描写って 立面図と平面図がないと 始まらないみたいな事を 聞いたのですが ここの三次元模型設計概論 更新記録 Blog 【原書房】日本国有鉄の記事の中には、鉄道模型の蒸気機関車を作る為の図面などを 紹介していましたね ムサシノモデルも こういう車両図面を韓国のメーカーさんに送って作っているみたいだし KATOの鉄道模型の動画で PCで 3DCG車両を 作っていましたね

そう考えると 3DCGの車両は、鉄道模型などの サンプル画像になるくらいなので 考えようでは、図面と資料さえあれば 意外と それなりの技術があればと 素人は、考えるのですが そこから 要は、プロとアマの差ってなんなんだと思ったりしてね 

そこで 出て来たのが ここのDデータ・素材・パーツのダウンロードサイト Model-Waveというサイトだ。 

3DCG-D51-8











G D5(通称:大なめくじ

ここには、他の車両も沢山載っていますが 例えば このD51は、ポリゴン数が26万で 価格が3000円で DL出来るらしいのだが これが 動くなるようになれば そのままVRMでも使えそうな気もするのだがね 外注で 車両を 作って販売というのも 面白いような気がするんですがね

3DCG-D51-53DCG-D51-6







上の画像は、たぶん TrainsからのD51の画像だと思います。

3DCG-D51-93DCG-D51-10







上の画像は、まっとれずさんのC57からの画像だ。

3DCG-D51-73DCG-D51-11





左側は、KOKAのCGさんの蒸気機関車1からの画像です。そして右側が アリイ(有井製作所)のD51からのパッケージのイラストからだ。

同じD51でも これだけ3DCGで描かれていると 感じが 違うもんですね〜

MMD鉄道動画から

VRMでも 他の鉄道シミュレーターでも ゲームをインストールしていなければ まるっきりの他人から見れば なんのこっちゃと思ってしまうのだが 動画にしてあれば どんな鉄道シミュレーターも 実際にやらなくても ああ こういうもんだと 感じるのでね 

それが この手の鉄道シミュレーターを知る一番の近道でね その中でも ニコニコ動画じゃなくYouTube動画だと 簡単に見られるから いいんだね そんなYouTube動画から MMD鉄道動画を紹介だ。

まずは、雪景色のEF65からだ。



車両の屋根の雪には、おったまげたね〜 次は、この103系の作りが好きでね〜この車両の感じがいいんだね



この方のMDD鉄道の車両は、他の鉄道シミュレーターの車両と比べ スッキリまとまっていながら ドアとか ヒンジや室内の吊り革など とにかく 精巧でね VRM5と比べてどうなのか? 持ってないので わかりませんが
窓枠などの角の処理が 綺麗でね こっちの方が 良く見えてしまうのだが まあ 個人の好みですがね



こちらは、実写の風景との融合したMMD鉄道動画からだ。 なんか この手のシミュレーターは、最後は、実写に近い感じのシミュレーターになるんでしょうかね カーレースなどのシミュレーターは、だいぶ前から そういう感じですが おいちゃん的には、あくまでも 3DCGの画像が いいですね

MMD鉄道EF58から

ループ曲線レイアウトから特急大全集その51の 記事の中で紹介した MMD鉄道さんのEF58関係の画像や動画を 見ていたら なんか こちらも 対向して EF58関係の画像を紹介だ。

その前に MDD鉄道のEF58解説動画紹介という動画を 眺めていたのですが ニコニコ動画で 中々混雑中なのか開かなくてね やっとこさ 覗いてみました。 ニコニコ動画は、プレミア会員じゃない無料会員なので YouTubeのようには、簡単に覗けなくてね 結構 この手の鉄道シミュレーター関係の動画は、多いのですが 見るのが 大変で そこが ちょこっと 苦手なんだね

それにしても 相変わらず ここのMMD鉄道さんの車両は、凄いね〜 しかも 細かい所までの作り込みが 凄過ぎてね〜 マジで 仮に VRM5版で このEF58関係が 出て来た時には、どうなるのか? そこまで 考えてしまうくらいですね 車両の制作に関しては、どうしても そのゲームの中の兼ね合いというか 車両同士の 基本のスタイルがあるので なんとも言えないのだが ここまで 丁寧に作られてしまうと なんか 野次馬的には、 鉄道模型の16番みたいな感じでね 後は、おいくらですか?と思わず 聞きたくなるのだが 土俵が違うのでね

そこでだ MMD鉄道さんの画像を ちょこっと お借りして こちらの VRM2版(1998年)と 比べてみる お遊びをやってみました。

まずは、EF58軍団の 新VRM3★からだ。

EF58揃い踏み1EF58揃い踏み2







EF5823、EF5845、EF58157、EF5889、EF58137、EF5861の 6種類が VRM2版(1998年)で登場だ。

EF58揃い踏み3EF58揃い踏み4







一応 6種類もあるからね〜 ただ 足回りは、かなり 弱いので 大目に見て欲しいのだがね で MMD鉄道さんからのEF58関係の画像から

EF58揃い踏みMMD鉄道3













こんな感じで 15種類もあるそうです。

EF58揃い踏みMMD鉄道4













MMD鉄道さんのEF58解説紹介動画からの画像から この画像などから 考えると 結構 VRMと 関りがあったりしてね だから こんな お遊びを やってみました。

EF58揃い踏みMMD鉄道1













上の画像と こちらの 新VRM3★のEF58関係の画像を 入れ替えてみました。

EF58揃い踏みMMD鉄道2













やっぱり こうやって比べると かなり違いますね〜 でも なんか 上のMMD鉄道さんのEF58を 眺めていると
 もし仮に VRM5に登場したら こういう感じの雰囲気の車両になるんじゃないのかと 想像だ。

中々 YouTube動画では、EF58関係のMMD鉄道さんの動画は、見られませんが ここに 何回か 来て貰ったEjimaさんのEF58動画を 紹介だ。



足回りが しっかりしてますね〜 車両に特化して行くと 3DCGだと VRMも MMD鉄道も 似た感じになるのか そう感じてしまうのは、おいちゃんだけかね 逆に そう思ってしまうから この 2D画像を 貼り付けた感じの古いタイプのCG画像でも レイアウト制作を 中心に考えれば まあ いいか と 思ってしまう所が 小学校低学年レベルから 進化しない 楽な操作を 選んでしまう 爺ちゃんの考えかもしれないね

そういえば そろそろ おっさんから 爺ちゃんと 呼ばれる年齢の仲間入りに近いので おっさんを卒業して クソジジイと 呼ばれそうな爺ちゃんに なって来ましたね

今年も こんな感じで 他の鉄道シミュレーターも 紹介して行くのでね あくまでも 野次馬視点で 好き勝手 書いて行きますのでね クソジジイの海賊放送局を これからも続けて行くのでね 

RaillSim動画から

VRM以外でも 気に入ったら紹介してしまうのが おいちゃんだ。 今日は、YouTube動画に登録して頂いた   

他にも 沢山 動画をUPしているみたいですが その中から もう1本



貨物が 交換するローカル駅の雰囲気が 最高ですね〜 更に もう1本




どうですか この雪景色の地形の感じがいいんだね〜 線路の脇を 小川が流れたり 河川敷が広がったりと リアルとかじゃなく あくまでも イメージが いいんです。

わからないだろうね〜 おいちゃんなんかは、実際こういう風景を これでもかと 眺めて来たから 尚更そう思うのですがね ブログを 眺めていたら 去年の今頃は、山形県の左沢線近辺に行っていたし 今年も 先週までは、米坂線の羽前小松や今泉近辺そして 奥羽本線山形線では、あの板谷峠の近くの山の中にも行っていたのでね 物凄くイメージが 湧くんだね いいもの見せて頂きました。

電車でGOを見てみる

昨日に 引き続き 今日も 夜間作業で しかも 出て行くのが早いので 手短に紹介だ。

電車でGO Fainalというゲームの215系山手線という動画を 見てみました。 あれ? 215系って 山手線を走っていたっけと 一瞬 考えたのだが 良く見ると 車両入換となっていたので 納得! 短い動画です。




この動画の画像を見て 驚いた 電車でGOは、今から20年近く前に PCで ここのVRM2版と一緒の頃だった時に 体験版を やった記憶が あるのだが 結局 上手く運転が出来なくて それ以来 この手の運転シミュレーター系は、ほとんど やっていないんだね

で 当時の あの描写画像のイメージしかなく 運転席からの画像しか記憶しかないのだ。 だが この電車でGO Fainalの215系の 画像を 見て びっくり こりゃRaillSimかTSなのかTrainzなのか もしくは、VRM4版なのかと 思ってしまう程 描写の進化に驚きだ。

そこで この電車でGOの 進化の軌跡という動画もあったので紹介だ。




ここを ご覧になっている人は、今更と思うかも知れませんが こういう進化をしていたなんて 全然知らなかったのだ。 9分近い動画ですが 結構 参考になったので 紹介だ。

そしてバージョンによって だいぶ 描写の感じが 違って見えて これも時代背景なんでしょうかね その中で ひとつ気になったのが Train Simulator + 電車でGO! という 動画だ。

あの日本の向谷実氏が 社長の  音楽館から タイトーの「電車でGO!」と コラボしたゲームらしいのだが どうもね この社長さん こういう鉄道業界に顔が利くのか よく いろんなところに 顔を出しますね〜 



おいちゃんは、この実写版に近い 鉄道シミュレーターというのが あんまり好きじゃないのでね あくまでも 3DCGのシミュレーターの方が好きなんですが かといって 運転中心の鉄道シミュレーターも 自分が運転出来ないので 好きじゃないのもあるのだが やっぱり 走っている鉄道車両編成を 眺めて見たい この鉄道模型感覚が 好きなんだね 

因みに この電車でGOは、今は、廃盤で そして今は、アーケードゲームシミュレーターとして タイトーの店舗で 遊べるみたいですね

発売 当時の価格を知りたくて 調べていたんですが 中々出て来なくてね オークションの価格した調べられませんでした。

電車でGO+トレインシミュレーター










こちらのTrain Simulator + 電車でGOだと この価格で 電車でGO Fainalだと なんとなんと、、、

電車でGOファイナル











未開封だと 39,800円で 中古品だと 11,310円だ。 正規の定価が 当時 どうだったかは、知りませんが この画像に表示されている定価が1980円ですからね 他も 探してみたら 中古品でも 20,000円近くもあったり 5000円近くもあり 訳がわかりませんね

なんでも この電車でGOは、中古市場でも かなり高額で取引されているらしくてね 人気があるんですね〜

そう考えると アホみたいに 欲しい欲しいと騒いでいる VRM2版追加キットの103系第1セットなんかは、VRM2版103系第1セット探しています。で 当時2900円でしたが それを 5000円出しても欲しいと 考えていましたが 改めて 訂正して この際 10,000円 出して 探す気で行かないと こりゃ見つからないかもね

だからなのか ここのVRM3版などの 使っていないCDロムソフトが オークションなどに出て来ないのは、みんな 大事に使わないでお宝として 持っているからなんでしょかね 人気があるから出て来ないのかな



アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
Archives
livedoor プロフィール

おいちゃん

鉄道模型シミュレーターVRM3専用の分室です。
難しい話は,一切ナシ ただレイアウト等を作って
自分のお金で楽しむだけの人 大歓迎 !

QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ