新VRM3★井戸端会議

VRM3こそお金が掛からない大人の一人遊びだ。そういう考えの方どうぞ!

トレインシミュレーター関係

11月16日は、RailSimの日です。

まったく関係ない 他の鉄道シミュレーターの記念日だが 同じ鉄道シミュレーターを やっているライバルとして 気になって眺めています。今日は、そのRailSimの日だそうです。

ここのに 色々記事が載っていた中から画像を紹介だ。

RaillSim-画像11





















RailSimは、自作車両を UPする人が多いみたいですね 最近は、こちらのVRM5版の自作車両も 多く見掛けるようになりましたが 中々こちらは、メーカー車両との絡みというのか 遠慮しているのか まあ 作れない おいちゃんが とやかく言えないのでね 

RaillSim-画像12


















RailSimの場合 同じ車両で 競合しても 自分の車両として 出て来るので そこが面白いんだね 鉄道模型でいうTomixかKATOかグリーンマックスかという所でしょうかね

おいちゃんは、自分じゃ作れないが人様のレイアウトとか車両を眺めるのは、大好きでね そして ここのIMAGICさんのプロが作っている車輛と見比べるのが 一番面白いんだね 

とにかく お互いライバルとして これからも 生き残りたいですね と あくまでも VRM3版から見ての感想ですが MMD鉄道もTrainzも 頑張っているので VRM-NXも 出て来ようとしている中で いかに お金を掛けないで生き残るか かといって 難しそうなゲームには、手を出せないのでね


気になるお隣さん3

今日もRailSimの古いTwitter記事からの画像からの紹介だ。

RailSimのTwitter記事の の 中から見付けた 少し古い画像だが 面白そうなので紹介だ。
LTD EXP 3780 (さんなな さんという方が紹介している画像からだ。 

RaillSim-LTD EXP3780-1


















この旧車ファンのオフ会というアイデアが 面白かったので紹介だ。

RaillSim-LTD EXP3780-2













この見入ってる人が いいんだね〜

RaillSim-LTD EXP3780-3













遠くには、115系湘南色?が 見えたりしてね 最近 あんまりVRM界隈じゃ こういう画像を見掛けないのでね

RaillSim-LTD EXP3780-4













これまた 懐かしい三菱ミニカに 旧型のマツダボンゴバンでしょうかね VRM3版には、自動車の種類が少ないのでね とくにトラックとか バスとか 種類が 多いと これまた楽しいのだがね

ドイツ製フリー経営シミュレーション ?

たまたま 鉄道シミュレーター関係のネット徘徊をしていたら こんなシミュレーターゲームを発見だ。

なんでも このSimutransは、1997年、ドイツ人のハンスイゥルク・マルトハナー (Hansjorg Malthaner 愛称: Hajo) によってC++言語を学ぶ過程で製作が開始されました。 最初のバージョンがリリースされたのは1999年3月6日とここの歴史というサイトに載っていました。

それを 2003年7月に日本化ファイルされたものを日本で作って出来たサイトが Simutrans JAPANというサイトみたいだ。「Simutransは、鉄道・自動車・船舶・飛行機等で旅客の輸送ルートや産業物資を開拓し利益を上げる、フリーウェア・オープンソースの経営シミュレーションゲームです。」だそうで こちらの鉄道模型シミュレーターやRailSimやMMD鉄道やTrainzとは、やや違う シムシティ―みたいな感じゃなんでしょうかって このシムシティ―を やった事がないので わかりませんが

まあ 意味は、わからないのだが こちらのスクリーンショットを 眺めると なんとなく ああ こういう感じだと わかるような気がします。 それが 128タイル版のスクリーンショットを紹介と 64タイル版スクリーンショットからだ。

と紹介しても 中々覗かないので スクショから 紹介だ。

Simutrans JAPAN -4Simutrans JAPAN -3








こんな感じで おそらく この界隈や鉄道シミュレーター関係を やっている人から見れば 趣向が異なるように見えますが 

Simutrans JAPAN -2Simutrans JAPAN -1









これらの画像は、ドイツのゲームなんですが 全て日本国内の仮想の鉄道風景でね Traizだけじゃなく みんな 日本版の鉄道シミュレーターを 狙い撃ちしている感じでね しかも それを サポートしているのは、全てボランティアの日本人ですからね こりゃ うかうかしていられませんね 

で なんで このドイツ版Simutransを ここで紹介したか それは、圧倒的な交通車両の多さなんだね まあ こちらのサイトを 開けば 鉄道車両や他の車両も 中身が見られますのでね

とにかく 部品が メチャ多くてね なんで こんなに沢山 提供されているのか 不思議でね ここの一覧で見ると 下の方に 日本語で 掲示されているのでね こういうゲームに 一生懸命に尽くす方が 居るゲームは、長続きするんでしょうかね まあ その中から 鉄道車両だけのページだけでも紹介だ。

  • アドオン/列車1
  • アドオン/列車10
  • アドオン/列車11
  • アドオン/列車12
  • アドオン/列車13
  • アドオン/列車14
  • アドオン/列車15
  • アドオン/列車16
  • アドオン/列車17
  • アドオン/列車18
  • アドオン/列車19
  • アドオン/列車2
  • アドオン/列車20
  • アドオン/列車3
  • アドオン/列車4
  • アドオン/列車5
  • アドオン/列車6
  • アドオン/列車7
  • アドオン/列車8
  • アドオン/列車9
  • 鉄道車両以外にも 自動車や船や飛行機もあります。
  • アドオン/自動車
  • アドオン/自動車2
  • アドオン/船
  • アドオン/船2
  • アドオン/飛行機
  • これが日本国内だけの車両で 他に 外国の車両もあるのでね まあ 驚きだ。これだけの車両や建物を提供するというのが 凄くてね 出来がどうのじゃなくね やっぱり このゲームが好きだという情熱でしょうかね  今日は、関心されられてしまいました。 おいちゃんの場合は、レイアウトを作って ただ車両編成を走らせて眺めて 人に見せびらかして 一人で楽しむ そこが 感覚が ズレているので 他に移行できなんだがね

  • こうやって 自分で部品も作れたら さぞ面白いでしょうね〜 でも そういう自分で作るという事が出来ない人も居る事を IMAGICさん理解して欲しいね だから お金を出しても ゲームソフトが欲しい でも 技量と知識がないと遊べない そこを なんとか 穴埋めしてくれる感じにVRM-NXが 出来上がっていると最高なんだがね

    気になるお隣さん2

    気になるお隣さんから RailSimのTwitter記事からの画像からの紹介だ。

    今回 紹介するのは、m650301 さんという方のTwitter記事の画像からだ。 このローカルシーンの風景が なんとも言えない いい雰囲気でね ぜひ 参考にしたいと思って紹介だ。

    最近 こちらのVRM界隈では、あんまり こういうレイアウト風景が 出て来ないのでね とくにローカル風景は、ほとんど出て来ないので 見れば見る程 いいんだね〜

    RaillSim-m650301さん画像2















    この雰囲気 好きだね〜 こういう感じ 実際あるからね〜 でも ここまで 綺麗な風景は、そうザラには、ないと思うのだが ホームの屋根がいいね〜 仙山線の作並駅のホームの屋根も これに似た感じなんだが 似てないか このままでも いいような気がするのですが 作者さんは、変更しているんですね

    RaillSim-m650301さん画像1















    芸が細かいですね〜 でも なんとなく わかりますね〜 おいちゃんなら 上の画像で行ってしまうかもね 柵の黄色い部分だけでも これだけ イメージが変わるんですね 勉強になるね〜

    RaillSim-m650301さん画像3















    VRM3版の 今作っているレイアウトと どうしても比べてしまってね 

    RaillSim-m650301さん画像4













    この遠くまで 見渡せる風景が こちらのVRM3版とは、違ってね VRM5版だと どうなのかは、わかりませんが

    RaillSim-m650301さん画像5














    のどかで いいねえ〜 背景の里山の雰囲気が 最高ですね〜 VRM3版だと 背景は、空の背景か 遠くの山並みを ぼかしたりグラディーションにして 地面と背景の境目を 誤魔化すしかないからね

    RaillSim-m650301さん画像6
















    まあ 他のゲームですが いいものは、いいからね〜 あれ この里山は、背景じゃなく 地形テクスチャーで 作ってあるんでしょうかね イメージを 形にする ここからが 技量なんだが これだけは、どうしようもないね 














    11月16日がRailSimの日だそうです。

    11月16日がRailSimの日だそうです。最近のRailSimのTwitter記事を眺めていると 昔 眺めていたRailSimの感じとは、違ったように思えて 昔は、こんなにリアルな車両やレイアウト画像があったのか?と 思う今日この頃だ。

    まあ こちらの鉄道模型シミュレーターも 約20年近く経過しているので 今から10年以上も前なら ここと同じで 画像に関しては、今よりは、劣っていたかも知れませんね

    ここのRailSim新Wikiへようこそ!というサイトが こちらで言うfox-hobby-gardenに相当するのかどうかは、わかりませんが 風景重視SSの撮り方など 色々テクニック紹介も載っていて foxさんのサイトと同じような感じに見えますね

    2009年7月ですから 約10年近く前に 「3D鉄道シミュレーション -RailSimIIでマイ列車を走らせよう」というガイド本が 出版されていてね  当時 どこの本屋さんにも置いてあったのだが いざ 今になって興味を持って 探しに行くと もう どこにもないんだね しかも ネットでは、廃盤書籍なので 新刊は、なし じゃあ 中古本は、どうかと調べたら まあ とんでもない値段でね アマゾン中古本で探すと 1800円の定価の本が なんと最高29873円だ。 なんじゃこの値段は、そういえば 最近ブックオフに行っても 昔のような中古本は、定価の半額からの価格表示だと思ったら  全然今は、違うんだね 驚きました。 

    こんな値段になるなら 当時 購入しておけば良かったね 散々迷ったけど 結局は、このVRM3版一筋で やり通そうと思ったのでね まあ なんでも こんなもんだね

    RaillSim-の書籍1
























    ここに   RailSim15thOFF というサイトがあるんですが ここでは、2017年のオフ会の様子などが 載っていました。 こういう雰囲気で オフ会は、開催されているんですか まあ 勉強会みたいな感じですね

    RailSimもVRMも  こういう感じなんでしょうかね やっぱり おいちゃんには、敷居が高そうですね なんか難しそうなのは、苦手なのでね でも 面白そうですね〜 年齢構成とかは、どうなんでしょうかね 

    踏切動画は、なぜ人気があるのか

    YouTube動画で 鉄道模型シミュレーターや他の鉄道シミュレーターの動画を眺めていると なぜか踏切動画が どこでも人気があるんだね そんな動画を 集めてみました。

    まずは、鉄道模型シミュレーターVRM5版と言えば まず思い浮かぶのが USO800さんの この動画だ。



    この動画を見た時には、完全にやられたと思ったからね〜 VRM3版じゃ逆立ちしても 作れないあらゆるシーンが詰め込まれていて 完全にノックアウトされてしまいましたね
    次は、鉄道模型シミュレーター5(VRM5)の「踏切」警報機部品の音源を作って、警報音を変えてみました。というTomo Kさんの動画からだ。



    この踏切警報音は、音量の高さは、国の基準で決まっていたり 警報音は、電子警報音装置みたいな物で 色々音色が 作れるという話を聞いたのだが そこら辺は、後で詳しく紹介だ。
    次は、RailSimから ステップすばるさんの 名鉄加納踏切からの屈折式しゃ断機の動画からだ。



    こちらは、かなり昔に紹介した事もあるRailSimの創成期の頃のSukapinさんの 面白踏切動画からだ。



    鉄道シミュレーターの場合は、踏切で 結構シチュエーションを色々楽しめて遊べるので 人気があるのかもね



    その究極が MMD鉄道のejimaさんのグラサン大仏からだ。 発想が面白すぎてね ここのMMD鉄道で とんでもない4,368,684 の再生回数を 誇っているのが RailStudio100 さんという方の秋の交通安全という踏切動画だ。 こういう使われ方もあるんだね 感心しましたね



    今度は、前に紹介したTrainzからの 踏切動画からだ。 最初 小田急ロマンスカーVSEが通過した時は、思わずVRM4版の車両が 登場したと思った程 車両が そっくりだったので ビックリしました。



    最後に おいちゃんのVRM3版の踏切動画を 紹介しようと思いましたが 辞めました。やっぱり警報灯の点滅や方向指示器などの表示など 基本の部分がないと つまらないのでね

    それでも なんだかんだで VRM3版としての踏切動画だけでも 50本近くは、あるみたいなので お好きな方は、新VRM3★踏切で YouTube動画で 検索してくださいね

    Japan Trainzの動画が凄い

    まさか いつの間にか Trainzが こんなに日本の車両やレイアウトで上陸していたなんて 全然知りませんでしたね まあ動画を ご覧下さい



    なんですかこれ 103系からE6系の新幹線まで あらゆる日本車両が 所狭しと登場だ。 しかも 全体を眺めてみると なんか鉄道模型風のジオラマ仕立てじゃないですか なんか 昔 動画で見ていたTrainzと 感じが全然違うので 目を疑いますね もう1本 同じ方の動画から



    これまた 恐れ入りました。上には、、上が居るもんだね〜 これが 長年この鉄道シミュレーター界隈を覗いていると感じる 隠れた才能の持ち主は、突然現れ 既存の上級者の位置は、脅かされる そういう下剋上を 眺めていると この鉄道シミュレーターの頂点は、どこにあるのか? 野次馬的視点で 眺めていると 面白いのだ。 しかし こういう方が それぞれの鉄道シミュレーターには、牽引してくれる人が 必ず一人は、居るんですね〜 この動画をUPしているのが くろたつ青さんという神戸の方らしいのだ。



    なんか ここまで 沢山の車両が 出て来ると 鉄道模型シミュレーターで いつも言われている許諾権って どういうものなんでしょうかね しかも 1本のソフトに これだけ入っているのか それとも車両は、別なのか



    まあ こういう情報も 知らないのは、おいちゃんだけなんでしょうが 鉄道シミュレーターの動画を 並べて比べると 色々面白いね〜 車両の作りと レイアウト作りがね さて これから この鉄道シミュレーター界隈の世界は、どのように 変化して行くのか まあ 素人目線で 考えてしまうのは、動画の人気度でしか その鉄道シミュレーターの人気を 知らないのでね

     そもそも この手の鉄道シミュレーター関連だけの情報サイトや鉄道雑誌みたいなものがないから 自分で 探して こうやって動画を紹介して 初めて 鉄道模型シミュレーター以外でも これだけの ライバルゲームが あるのでね いわゆるバトル(競争)して その頂上を 目指すのも 外野から見ていると 面白いのだが 相変わらずのVRM3版を 続けている限りは、頂上は、見られないけどね

    いよいよ 鉄道シミュレーターの世界も 日本が舞台の鉄道新時代に突入なんでしょうかね こりゃ IMAGICさんも うかうかしていられませんね

    気になるお隣さん1

    おはようございます。いよいよVRMの日まで あと1日ですが ご機嫌いかがですか こちらは、今日は、お休みで 朝からブログ書きです。

    さて 昨日は、鉄道模型シミュレーターの外国版「『Rolling Line』を 紹介しましたが いかがだったでしょうかね こちらの鉄道模型シミュレーターとは、仮想鉄道模型に対する考え方が違うようで 自分としては、面白かったです。

    こんな感じで これからも ネットで探して見付けた 気になるお隣さん記事を 載せて行きますのでね まあ 個人的な鉄道模型シミュレーターマガジンみたいな感じにしたいとも思っています。なんてね 冗談です。

    前に紹介したMMD鉄道とかRailSimのTwitter記事から 面白い画像があったので 勝手に紹介だ。まあ なんでも 楽しんで行きましょうが ここの井戸端会議のスタンスでね なんでもいいんです。

    MMD鉄道-画像グラサン大仏1
















    MMD鉄道の ejimaさんのTwitter記事からの 画像からだ。前にも紹介した 凄い人が他にも居るんだよの中に出て来た 本物の画像を MMD鉄道で再現した 洒落た画像なので紹介だ。こういうお遊び画像が大好きなのでね

    RaillSim-画像時刻表1























    そろそろ 例の日ですが? と 問われて VRMの日と反応してしまった おいちゃんです。 よく見たらRailSim時刻表とのタイトル これは、やられたね しかも この画像一瞬 実際にある風景の写真だと思ったら これがRailSimで作られていたから 尚更 驚きだ。 こちらのRailSimも 楽しんでいるね〜

    こういう お遊びとして 鉄道シミュレーターを楽しんで居る姿に 関心してね あくまでも 遊びの延長じゃ駄目なのかね 難しい横文字並べられたって そんなの関係ねえ〜が おいちゃんでね 楽しければいいんです。

    RaillSim-画像にゃほたろう1















    自作車両も なんでもアリでいいんじゃないのかと思うのだが でも そうは、イカの金玉で 同じバージョンのゲームには、それなりの車両が どうしても欲しくなる 気持ちは、わかるのだがね 自作車両だってメーカーさんの車両だって そりゃ温度差は、あるからね だから作る側も 遊ぶ側も 温度差があるからこそ なんでも 走行出来るようなゲームが あったら さぞ 面白いと 勝手に思っているんだがね それじゃ 商売にならないからね〜

     そう考えると 有料ゲームの果たして適正なお値段は、今のご時世 どうなんでしょうかね 来年は、消費税も10%になるみたいですが おいちゃんから言わせると ほとんどの商品が8%の消費税の時に10%を 見越して 値上げをしている筈だと思うのだがね この消費税は、メーカーよりも 我々消費者が払う物なのでね
     高いと思ったら買わない それだけなんだがね  又 余計な事を書いてしまいましたね

    RaillSim-画像にゃほたろう2














    VRMでも 作れそうなRailSimレイアウト画像からだ。 こういう田舎の風景が VRM5版の画像には、少ないような気がするのだが 都会の風景より田舎の風景の方が 技術が居ると 勝手に思っている 自分としては、建物部品に 頼らず こういう感じのローカルシーンの鉄道風景が これから 沢山 出て来ると 面白いと思う 今日この頃だね

    追伸

    そろそろ 例の日ですが?と 問われて VRMの日を 思い出してしまいましたが 本当は、この意味だったんですね RailSimは、11月6日の事だったんですね 記念日は、一つだけじゃないんだね 

    凄い人が他にも居るんだよ

    この前まで RailSimのC57から色々紹介していましたが こちらのMMD鉄道のejima さんも 蒸気機関車を制作していたみたいで ずっと 完成を 待っていたら 今日のTwitter記事に完成した画像が 載っていたので紹介だ。

    ejima-D51-1














    前から 製作途中のD51の各部分の画像は、紹介されて眺めていたのですが どうやって作っているのか興味があってね とくに やっぱり黒一色の色目を どう表現するのか 光の当て方とか 素人なのに そういうのだけは、興味があって 3DCGの画像は、どうやって作って行くのか? 見ていると やっぱり大変そうですね

    ejima-D51-2
















    まだ ここのVRM5版では、蒸気機関車の自作車両は、見掛けていませんが C11蒸気機関車なんぞを 作ってくれたら これまた面白そうなんですが 持っていないVRM3オヤジが 言う事でもないか

    ところで こちらが本題ね まあ このejima さんの お笑いセンスは、最高だね〜 そんな画像が これだ。

    ejima-大仏1
















    赤塚不二夫ばりの ギャグセンスでね 

    ejima-大仏2



















    よく この警報機を 見付けたもんだと感心だ。 これは、2015年1月に紹介したVRM3版踏切を考えるに 載っている C形警報機柱と OH形を 組み合わせたような踏切警報灯なんですが まあ これほど 上手くマッチングしている画像も 珍しいと 思って紹介してみました。

    最初 鎌倉の大仏かと思ったら なんでも 岩倉の布袋の大仏とか 書いていましたね 面白い物を 見させて頂きました。

    凄い人がRailSimには、居るんだね

    この前 ここで紹介した SATOさんのRailSimのC57の画像の続きで紹介だ。 とにかく こんな凄い方が RailSimでは、活躍しているみたいですね

    C57RaillSim-9







    まずは、このTwitter記事からの画像を紹介だ。

    C57RaillSim-10












    この迫力の まるで 写真のような重量感のある3DCGが これまた いいんだね〜

    C57RaillSim-11












    しかも 1種類じゃない所が 凄いね

    C57RaillSim-12













    ここからの 眺めも いいねえ〜 動画で 見てみたいね 

    C57RaillSim-11A












    怒られそうですが バックを 消して 実は、背景を 別な奴に替えてやってみたのですが やり過ぎも よくないので 辞めました。

    なんと おいちゃん大好きC11蒸気機関車も 作っていたみたいでね

    C11RaillSim-3













    いいね〜 このタンク車の後ろ姿が マリリンモンローのヒップに見えて来ますね

    C11RaillSim-4













    そして 極めつけが この3兄弟の C11タンク車だ。

    C11RaillSim-5













    このC11に関しては、 8月26日にも RaillSimの画像も いいねえ〜で 紹介していましたね 本当に 動画で見たいのだが 探したけど 見付からなかったので 見付けたら 又 紹介だ。

    これらの蒸気機関車を動画で 見てみたいのだが 探せなかったのが 残念だ。

    さて ここからが 井戸端会議のお話だ。 これらのRailSimの蒸気機関車の画像と VRM5版のメーカーさんが画像で紹介している蒸気機関車では、こんなに雰囲気が 違うんだね でも これが 動画で VRM5版蒸気機関車を 眺めて見ると ちと 違って見えるので 紹介だ。

    最初は、No00702 さんが UPしている蒸気機関車の動画からだ。



    この動画の蒸気機関車は、メーカーさんが 紹介している画像に近い感じに見えますが こちらの嘘八百鉄道総裁 さんの 蒸気機関車の動画だと 少し蒸気機関車の色目が 違うように見えるのだが



    この蒸気機関車のような 元々が 黒一色の車両だと 細かい配管やロッドや車輪を 見せようと 思うと 果たして 写真に近いリアルな描写が 見られるのか そう考えると 光の当たり方なんでしょうかね

    VRM5版もRailSimも 実際やった事がないので 画像や動画でしか判断出来ないのだが この蒸気機関車の色目は、ちょっと気になったのでね もう1本 USO800さんの蒸気機関車の動画から



    この煙と蒸気こそが 鉄道模型じゃ表現出来ない 蒸気機関車の鉄道シミュレーターの特長だと 思うのですがね 色んな鉄道シミュレーターの蒸気機関車を これからも 見てみたいですね
    アクセスカウンター
    • 累計:

    記事検索
    Archives
    livedoor プロフィール

    おいちゃん

    鉄道模型シミュレーターVRM3専用の分室です。難しい話は,一切ナシ ただレイアウト等を作って自分のお金で楽しむだけの人 大歓迎 !

    鉄道模型が 大好きな癖して ひとつも持っていない ただ 人の物を眺めるのが趣味な変なおっさんです。 

    QRコード
    QRコード
    Recent Comments
    • ライブドアブログ