新VRM3★井戸端会議

VRM3こそお金が掛からない大人の一人遊びだ。そういう考えの方どうぞ!

鉄道模型とVRM

眺めるだけの鉄道模型から続きだ。

7月26日に 眺めるだけの鉄道模型という記事を書いたが その続きからだ。あれから 鉄道模型の中古品の購入は、地元の鉄道模型店での購入は、諦め今は、ヤフオクの鉄道模型関係を 毎日眺めていました。これも 最初さっぱり どういうものか わからなかったのですが 段々どういうものか わかって来ました。

HOゲージ飾り棚上車両からケース付き1

このヤオフクで 気が付いたのが 自分と同じ様に 眺めるだけの鉄道模型や 1回だけ動かして その後は、箱に入れっぱなしのコレクターとか そういう人が意外に多いみたいで とくに この鉄道模型のHOゲージは、そういう人が 多いみたいだ。しかも うす暗い日の当たらない場所に保管してあるとか 箱に入っていて付属の取付部品も そのままの状態というのも多いみたいだ。

HOゲージ飾り棚上車両からケースナシ1
毎日 自分は、目の前に飾って眺めていますが これを毎日眺めるようになってから だいぶ 自分の鉄道模型趣味も 変わって来ました。今までの仮想鉄道模型の鉄道模型シミュレーターから 段々こちらの飾るだけの鉄道模型に心替わりしているようです。

こちらの鉄道模型シミュレーターのVRMNXは、7丱押璽犬 主流になって来ているように感じるのですが 10月23日のVRMの日には、どのような企画が 登場するのか

そうなって来ると VRM5版の方が どうも おろそかになって来るのだが まあ しょうがないか 自作車両の車両は、どんどん登場しているのだが VRMCLOUDとVRMonLINEに登録しないと 使えないので まあ そう思っているのは、自分だけか ターンテーブルまで7丱押璽犬 出て来たからね

ただ ひとつ わからないのは、鉄道模型のHOゲージでも IMONさんが 提唱しいる1/80は、HOでは、ありません の意味が いまひとつ理解出来ないのだ。IMONでは、1/87の12丱押璽犬髻“稜笋靴討い襪澆燭い世 ムサシノモデルは、13丱押璽犬髻“稜笋靴討い襪里澄それでも 線路に関しては、両方とも 使えるみたいな事を どこかで 拝見しました。

でも両方のお店では、通常のHOゲージという16.5丱押璽犬眸稜笋靴討い襪里世 実際 圧倒的に売れるのは、どっちの方なのか 互換性を考えると 16.5丱押璽犬諒が 売れそうな気もするのだが 野次馬なので わかりませんが

それと 同じ様に ここのVRMNXにしても 皆さんは、最新の7丱押璽犬両匆陲髻,海召辰討靴討い泙垢 実際は、VRM5からの移行を考えると 9丱押璽犬7丱押璽犬任蓮△匹辰舛 今は、主流なのか このまま メーカーさんは、7丱押璽犬髻“稜笋涼羶瓦帽修┐読並靴┐鬚靴胴圓のか

そこら辺の お家の事情が 野次馬としては、知りたいのだが そういう情報は、聞こえないのでね 

と 関係ない話になってしまったのだが こちらの鉄道模型シミュレーターに行く お金が こちらの鉄道模型に化けてしまったのは、情報が 届かないというよりは、要は、細分化されて 何がなんだかよくわからないから ただ眺めているだけでも 癒される自分の持ち物という気分が 味わえるのが 鉄道模型と気がついたからかも知れません

RM-MODELSとVRM3の関係

今月の9月号のRM-MODELSが 25周年の300号記念の特集号でした。まずは、おめでとうございます。その中の企画で 「ニュージェレネーション 鉄道模型新時代」と題し ライバル鉄道模型雑誌や各鉄道模型メーカー、販売会社からのお祝いメッセージが 届いていました。

2000年当時から今日までの20年間を振り返り これからの鉄道模型を考えるという企画らしいのだが まあ あんまり これからに対する展望は、各社のお祝いメッセージには、入っていませんでしたが その中で どこの社かは、忘れたが 自分のような動かさないで飾るだけのディスプレイ鉄道模型も 一つの形として出来て来るんじゃないのかとも 書いていました。

さて なぜ このRM-MODELSの300号を取り上げたかと言うと なんでも 今のRM-MODELSの編集長が 2003年12月号の100号記念あたりから ここのRM-MODELSの担当になって そこから書籍の編集やCG画像などのデジタル化を担当して来たような事が書いてありました。

RM-MODLS300号記念号1

そこで 思い出したのが この2003年12月号の100号記念には、特別付録として鉄道模型シミュレーターVRM3版のクモハ12形の車両が入っていたんですね 当時は、VRM3版の正規の車両には、ない特別版で このRM-MODELSの100号記念号を購入しないと 駄目だったので そこから 初めて このRM-MODELSを購入しました。

その時の付録のクモハ12形の動画が載っていたのが こちらの2017年7月のクモハ12形旧型電車を走らせるからだ。その後 どうしても欲しい企画の号数は、購入して他は、中古本で集めていました。それが これだけ集まってしまいました。

まあ その話は、いいとして 2003年当時は、ここの鉄道模型シミュレーターV3の絶頂期みたいなもんで もしかしたら 今のRM-MODELSの編集長と こちらのメーカーの担当者が 知り合いか それとも この鉄道模型シミュレーターV3を 使っていたか そこら辺は、定かじゃありませんが 只 当時は、どっちかというと Tomixの鉄道模型レイアウターFというレイアウト作りの為のソフトを 売りたいが為に プッシュしたのかとも思うのだが まあ 大人の事情で色々あったんでしょうか

でも そこに なぜ このクモハ12形のVRM3版車両が おまけで入ったのか 不思議と言えば不思議なんだが 当時は、まだ ここの鉄道模型シミュレーター関係の広告もRM-Magazineには、掲載されていたのでね 

せっかくの300号記念だから ここの鉄道模型シミュレーターも ご祝儀でタイアップ記事でも載せて貰えば いい宣伝には、なると思ったのですが まあ なんでも ただでは、済まないのでね

昔 鉄道模型雑誌からの井戸端話という アホ話を書いていましたが なんだかんだ言っても 数字が一番ものをいう世界ですから 暇なので 情報が無ければ コツコツ調べるだけですが こういうのを 15年近くも 続けて もう少しで6000回のブログ記事投稿だ。

眺めるだけの鉄道模型から

鉄道模型と鉄道模型シミュレーターV3を 楽しむには、結局 両方をやれば いいだけの話しじゃないのかと 気が付いたのが ここのVRMNXが 出て来た頃の2年前近くから 最初は、隣のおっちゃんから借りているNゲージの機関車を PCがある机の上に棚を作って飾っていたのだ。

それが KATOのEF510北斗星のHOゲージの新品が 1万円しないで買えるのを 知ってから 大きくて安いならHOゲージの方が 飾ったら見応えがあるんじゃないのかと 思ったからだ。

最初HOゲージに対しては、天賞堂やムサシノモデルに対しての30万近い値段の高級品というイメージで 憧れしか無かったのだが それが Nゲージの機関車に 少し足せば買える金額で 買えるので 試しに買って見たのだ。そこから ハマって今度は、地元の模型屋さんで 中古のHOゲージの機関車が 大量に出品されていて そこには、天賞堂などの真鍮製の蒸気機関車や機関車が それこそ激安で 売られていたのだ。

がしかし ここで この中古品というのは、早いもの勝ちというか 昔から やっている人の大人買いにあって あんなに大量に出ていた車両が あっという間に 2ヶ月近くで すっかり無くなってしまい 中古品集めも あっという間に 終わってしまいました。 それこそ その時に 無理して購入していれば これから紹介する車両だけじゃなく ちゃんとした鉄道車両博物館が 出来ていたかも知れませんね

なんでも高齢になったHOゲージ愛好者が 持っている車両を全部処分する為に 少しずつ自分で店に持参していたので いっぺんに持って来る車両の数が10両くらいで それが2か月程続いていたという訳だ。 そこで 気が付いたのが 天賞堂の真鍮製機関車とTomixのプラ製機関車でも外見だけでは、見た目じゃ素人には、わからないという事に 初めて気が付きました。

走らせないのだから 外見さえ しっかりしていればOKなのだが この中古品というのは、どこかがほとんど壊れたり部品の欠落などの問題ある車両が ほとんどで そこが 自分で車両を直せる人なら ジャンク品でも いいのだが そういう技量や道具もないので これもそこで断念だ。

まさに「判断力と決断実行力の鈍さが」欠落しているので 本気になるチャンスを 逃がしているみたいだ。というか 常に お金の事を 気にしながら 趣味を楽しんでいるから問題なんだが

まあ それでも このくらいは、集まったので 紹介だ。

HOゲージ飾り棚上車両ケース付き機関車1

100円均一のプラスチックケースと300円均一のプラステックケースに入れていますが 箱に入れっぱなしよりは、毎日眺められるので

HOゲージ飾り棚上車両ケース付き機関車2

毎日 フィギア人形のような感じで 眺めています。


Nゲージ飾り棚上車両ケース付き機関車1

隣のおっちゃんから借りているNゲージ機関車も その上に飾ってあります。


HOゲージ飾り棚上車両ケースなし機関車1

それこそ 滅多にケースから出さない 箱入り娘じゃないが機関車の画像からだ。

HOゲージ飾り棚上車両ケースなし機関車2


まあ こうやって飾って眺めるだけの鉄道模型もあるので 走らせるだけの鉄道模型趣味とは、又 違う感じだ。今の趣味の遊びの時間の割合からだと 鉄道模型シミュレーターV3が70%で 鉄道模型のHOゲージが20%でVRM5版が10%というのが 気持ちの中の時間割だ。

買ってしまったEF81一般色

とうとう買ってしまいました。KATOのHOゲージEF81一般色だ。約6か月も 迷って買ってしまいました。もう飾る為だけのHOゲージ集めは、辞めようと思ったのですが 毎日机の前に飾ってあるHOゲージを 眺めてしまうと 赤い機関車が どうしても欲しい気持ちが強くなり 本当は、EF510レッドサンダーが 欲しいのだが これまた欠品で どこを探してもないので このEF81一般色も 欠品したら二度と手に入らないのでは、と 一瞬頭をよぎり 衝動買いをしていまいました。

それとネットを知らべてもKATOのHOゲージEF81北斗星色は、出て来るのだが このEF81一般色の記事や画像が ほとんどないので なら買ってしまえと買ったのだ。まあ画像だけを紹介だ。EF81一般色ローズピンクHoゲージ5
トレインマークに日本海を 付けています。


EF81一般色ローズピンクHoゲージ3

アッセンブリーとして 北斗星と一般色用の部品パーツが 販売されていますが 購入しませんでした。というのは、自分で穴を開けて差し込む感じなんですが ここのナンバープレートを差し込むにも苦労して 爪を折ってしまったり 上手く入らないので仕方なく両面テープで貼り付けています。


EF81一般色ローズピンクHoゲージ13


隣のおっちゃんから借りているNゲージのEF81一般色(ローズピンク)と並べてみました。


EF81一般色ローズピンクHoゲージ11


やっぱりHOゲージは、デカいです。1/80と1/150の違いなんですが 実際に眺めると デカいです。このデカさでは、そりゃ6畳一間の パソコンの机の上では、レイアウトが作れないので 走行は、出来ませんね でも 外見的には、Nゲージのカプラーを交換したら 見た目は、同じような気もします。じゃあNゲージで いいんじゃないのと思うでしょう どうしてHOゲージに拘るのか


EF81一般色ローズピンクHoゲージ9


それが この台車の足回り部分だ。これが あのムサシノモデルだと もっと細かい部分まで表現してあるのだ。でも 今は、昔の真鍮製のHOゲージの台車よりも 下手すると こちらのプラ製でも 十分対抗できるので あとは、気持ちの問題か

どういう感じで 毎日眺めているのかというと こんな感じで箱入り娘の状態なのだ。

EF81一般色ローズピンクHoゲージケース入り2


そして他の機関車と一緒に並んでいるので パソコンで 鉄道模型シミュレーターでレイアウトを作りながら このEF81ローズピンクの日本海編成を走らせながらも ちらっと横目で眺めながら 鉄道模型を 実感しながら 遊んでいます。

EF81一般色ローズピンクHoゲージケースナシ1


ケースを外すと こんな感じです。今回は、特別に外していますが いつもは、ケースの中に納まっています。それでも 隣のおっちゃんのように 大事にケースに入れっぱなしでは、ないので嫌でも毎日 目にしています。

この機関車は、下から覗き込むように眺めるのが 好きで それが今飾っている場所が これまたベストポジションのベストアングルなのだ。

まあ こうやって眺めて楽しむという感覚は、若い時には、無かった感覚で これも 仮想鉄道模型の鉄道模型シミュレーターをやってからの二刀流の感覚なんでしょうか フィギア人形と 同じ感覚で そこにあるだけの存在感と 鉄道模型シミュレーター3と 飾って眺めるだけの鉄道模型の併用で 自分だけの鉄道模型趣味を構築して新しい楽しみ方を探しています。

最後は、気持ちじゃないの

最近やたらとメーカーさんは、7丱押璽犬両匆陲卜呂鯑れているようで VRM5版パッケージ版問題で頓挫している身としては、まるで 別世界の問題に聞こえるのだが 考えてみると こういった問題は、何も 鉄道模型シミュレーターだけの世界の話しじゃなく ちょこっと浮気した鉄道模型の世界も同じような気がしたので 今日は、独り言だ。

そもそも鉄道模型にしろ鉄道模型シミュレーターにしろメジャーになるキッカケは、KATOやTomixなどの今でいう大手が参入して幅広い購買層が増えて裾野を 広げて来たように思うのだが どうも この鉄道模型というか 鉄道趣味は、高尚なのか より上の質の高い物を求める風潮が昔からあるようで HOゲージにしても やれ16番だ16.5个世痢,い1/80じゃなく1/87だとか13个世12个世亮分たちの主張が正当だと 自分達の基準で 仲間を集ってやがて それが商売になって来たように思えるのだ。

その中で 真鍮製の鉄道模型とプラ製の鉄道模型のHOゲージでは、10倍以上の値段の差が出て来て それが一つのブランドにもなって 又 憧れでもあったのだ。 かくいう自分も この真鍮製に憧れ HOゲージイコール真鍮製だと ずっと信じていた輩だ。

でも 実際こうやって HOゲージのプラ製の機関車と Nゲージの機関車そして 一応真鍮製の中古の蒸気機関車を手に入れて 毎日 机の前に飾って眺めて思うのは、

「最後は、気持ちの問題じゃないのか」

と思ってね 確かに今でも あのムサシノモデルの手作りの真鍮製車両には、憧れますが あの数量限定の あの値段を考えると 後発組としては、ちと こりゃ逆立ちしても無理かと諦めたのだが そもそも 向こうと こちらでは、世界観が まったく違うので 何十万円の機関車が 当たり前だと思っている世界とプラ製の何万円の機関車でも 高いと思っている自分では、同じ土俵に上がる事すら 許されない感じもするのだ。かといって 一回 こういう お高い上質な物を見てしまうと 気持ちだけが 行ってしまって やっぱり機関車は、HOゲージの大きさが いいと 誤解をしてしまったのだ。

もちろん走らせないで 飾るだけなので 大きさ的には、HOゲージの方がいいのだが どうも最近 それすら疑問に感じるというのか あれ、Nゲージの9个任癲,修鵑覆法‖戎Г覆い鵑犬磴覆い里と思えて来てね とくに 機関車の種類を色々眺めていたら もっと種類を 眺めて見たいと思った時に どこを 中心に眺めるか ここが この機関車を眺める一番の要素で それが 今までは、台車廻りの車輪とかバネ軸とか 砂撒きの部品とか そこらを重点に 眺めて来たのです。

でも 自分の気持ちが バラついている時期と 落ち着いて冷静になっている時期では、この鉄道模型の機関車を見る目が 違うように感じたのだ。

DE-10 HOゲージ 、Nゲージその10

これらの HOゲージのDE10と NゲージのDE10を 毎日 机の前に飾ってあるので 嫌でも眺めているのですが

DE-10 HOゲージ 、Nゲージその13


なんか 見れば見る程 大きさだけが 違うような気にもなってね もちろん 細かいワイパーなどの部品が あるかないかなども ありますが

HO-NゲージEF66-100ツートン16

最初は、HOゲージの手すりとか 細かい部分を気にしていたのだが 要は、最初 知らなかったのだがNゲージも カタログなどの あのカプラーがリアル感が無いので おもちゃぽいと思っていたら 自動で解放連結を させなければ カプラーを交換して HOゲージのような感じの連結器になるのを 知りました。

HO-NゲージEF66国鉄(ヒサシ付き)1斜め左

これらのNゲージは、借り物ですが こうやって 比べて眺めていると ワイパーもあるし 手すりが 付いてないけど 台車廻りも 要は、両方ともプラ製なので 同じように見えるのでね


D51-950エンドー製真鍮HOゲージその18

最後は、HOゲージの真鍮製のD51からだが これが さっぱり 手で持ってみないと 真鍮製というのが わからない感じで 今まで 自分が思い描いた感じの機関車でもなくて ジャンク品なので 動かないのだが これも 眺めているだけなら NゲージのC11と そんなに変わらないように個人的には、思っているのだ。

そうやって考えると どうしても欲しいという熱量なんでしょうかね もちろん 余裕や それが出来る環境なら気持ちも 上がるのでしょうが 6畳一間にベットがある場所じゃ レイアウトは、作れないから この鉄道模型シミュレーターを やっているのですが こちらも どんどん進化して鉄道模型のHOゲージのような流れになって来ている感じに 受け止めていますが

まあ やっぱり最後は、こちら側の気持ちの問題なんでしょうかね 欲しいと思う熱量が 高ければ やるんでしょうが それが 冷めたり熱くなったり 今やっている鉄道模型シミュレーターV3のように生活に密着していれば やるのですが どうも そこら辺が 後発組という気持ちが 邪魔をしているような気もするのだ。 と 勝手に独り言だ。

本来なら この鉄道模型に掛けたお金が 鉄道模型シミュレーターV5に行く筈だったのですが まあ どちらも 熱量が上がらず こうやって グダグダしながら毎日を過ごしています。

年配者の中には、鉄道模型を辞める人が 居る一方で 自分のような その売りに出していた機関車を 漁っていたのですが(ネットじゃ探せなくて欠品と高値で)それも 熱量は、冷めて この鉄道模型シミュレーターV3を 趣味として呼べるかどうかは、わかりませんが まあ 暇つぶしで続けている状態だ。 

この鉄道模型というのは、鉄道模型趣味の雑誌の感覚なんだろうか あの世界観とは、やっぱり次元が違い過ぎるというか 仮想鉄道模型の世界観とは、又 違った感覚だから あれだけ長続きして 顧客も 長続きしているのでしょうかね ここの鉄道模型シミュレーターも 同じような感じで 上昇志向じゃないと 雑誌も売れないのと 同じで 中身も より上を目指そうとしているのは、わかるのだが こちらの鉄道模型シミュレーターは、独占企業なので この7个寮こΥ僂犬磴覆ぅ罅璽供質悗蓮△匹Δ垢襪里 本来は、7个箸9个箸 すっかり別れて販売とか カタログを 作った方が わかり易いような気もするのだが 外野は、黙っていた方がいいか 

KATO営業部の画像に対抗だ。おまけ

突然 訪問者数が増えたので 驚いている おいちゃんだ。そこで この際なので YouTube動画の方も番宣だ。もちろん今回のKATO営業部の車両基地からの動画の紹介だが 画像が イマイチ悪いので 勘弁だ。編集ナシの流し撮りが基本なので まあ 参考までに



上空からの俯角で眺めた 少しUPした動画からだ。この動画は、この動画の中では、見えない場所に見張線というカメラ列車用の線路を配置して そこの車両の搭載カメラから この景色を撮っています。なんで 手振れというのか かなりブレています。




こちらは、この車両基地全体を 紹介している動画です。まあ これを丸一日で 作ったというのが 今回の自慢でね 20年も やっていたら要領というのか 早く作るコツだけは、多少学習したのでね
レイアウト自体の出来は、まあ 人それぞれなのでね ただ 線路に関しては、ここの新VRM3★としての考えで 一々築堤を 道床にしているので そこが 他とは、違うかも知れませんね



最後は、機関車軍団だけを 見せたかったので 短い動画にしてみました。VRM3★Twitterに載せる為に短くして作って見ました。

YouTube動画にしても ブログにしても タイトルが一番興味を惹くのは、わかっていましたが 今回この「KATO営業部の画像」のワードが こんなに関心が凄いのか 改めて鉄道模型のNゲージ関連の凄さに ビックリだ。自分は、ただ ここの廃盤ゲームの鉄道模型シミュレーターV3を 一人でも興味を持って貰えばと YouTube動画も なんだかんだで 約2700本以上も UPしている変人だ。

しかも 自分の為に記録として 残している節もあるので 1本当りの視聴者数が極端に少ないのですが 最後の1本は、わざと タイトルにKATO鉄道模型を付けずに UPしてみました。

こういう感じで 動画をUPしながら 列車編成の中では、どれが一番人気があるのかとか 自分だけのランキングなどを 作って楽しんでいます。

如何に お金を掛けないで暇を潰すか お金を儲けるというよりも そちらの方に重点を置いて生活しているので こういう仮想鉄道模型は、お勧めなんですが しかも一人だけで楽しめるのが最高だ。

KATO営業部の画像に対抗だ。続き

KATO営業部の車両基地からの画像を鉄道模型シミュレーターV3で作った話の続きからだ。その前に初めて ここを覗きに来られた皆様に この鉄道模型シミュレーターV3 通称VRM3版は、2001年に登場した1998年に登場したVRM2版の次に出て来たバージョンで 誕生してから20年近く経過して 今は、廃盤ゲームです。今は、VRM4、VRM5そしてVRMNXという このVRM3版とは、まるっきり違う進化した鉄道模型シミュレーターゲームになっています。 

なので 今現在の鉄道模型シミュレーターと ここの鉄道模型シミュレーターV3は、全然別物だと思って下さい ここでは、メーカーさんに逆らいながら 一人で コストパフォーマンスに優れたいた一番人気があったバージョンを 一人で 続けています。 と 一応 番宣でした。

KATO車両基地VRM3版12

前回は、動画の画像からでしたが こちらは、スクリーンショットから より近付いた画像からだ。こういう細かい渡り板とかを 紹介したくてね

KATO車両基地VRM3版13

EF65-500特急牽引機が並んでいます。 VRM5版だと もっと精密に描写されています。

KATO車両基地VRM3版14

手前の安全ピンとタイガーロープの配置が Nゲージ鉄道模型のメーカーさんサイドのジオラマでは、車両走行に関して邪魔になるので まず配置しないのでね 

KATO車両基地VRM3版15

こちらは、EF81の特急牽引機からの紹介だ。

KATO車両基地VRM3版16

EF66からの紹介だ。 なんと このEF66だけでも11種類もあるのです。

KATO車両基地VRM3版17

最後は、電気機関車の王道というか 昭和の名機EF58からだ。この車両は、1998年登場の鉄道模型シミュレーターV2の20年以上も前の3DCG車両だ。 まだ ここでは、現役で活躍だ。

EF81機関車軍団E
 
なんだかんだで ここの新VRM3★機関車軍団には、54種類の機関車が 入っています。

新VRM3車両目録NO5機関車軍団1


20年以上前の廃盤ゲームですが 中身は、最高でね 新幹線、気動車、特急、寝台客車など 全部で約1000両以上も このVRM3版には、入っていました。(VRM2、VRM3版追加キットを含めてCDロム版やDL版で約50本)

VRMの日資料カタログ1


なので そう簡単には、次世代には、移行出来ないのでね それに 新しいバージョンは、自分の技量と知識じゃ遊べない感じなので ここで いつまでも周回遅れで 頑張っています。

鉄道模型は、好きだけど 部屋には、作れないので この仮想鉄道模型にハマったのだが 向上心があれば 自分で車両制作なども 上級者は、出来るみたいですが まったく そういう意識と言うか技量がないから ここで しつこく頑張っているのが現状です。

まあ これ以上 お金が掛らないで暇つぶしが出来る 最高の仮想鉄道模型が この廃盤になった鉄道模型シミュレーターV3です。ブログも 今年で15年目です。なんとか あと5年は、続けたいので 宜しくお願い致します。

KATO営業部の画像に対抗だ。

昨日 Twitterの記事で見つけたKATO営業部の懐かしの1枚というNゲージ鉄道模型の車両基地の画像を見たら 急に対抗意識が芽生えて 鉄道模型シミュレーターV3で 車両基地を作ってみました。まずは、KATO営業部の懐かしの1枚の画像からだ。

KATO車両基地A

EF65-500特急牽引機が ずらりと並んだ画像だが これ見よがしに 「自分だけの車両基地」を作って見ては、と言われりゃ作らない訳にも行かないので 負けずに挑戦だ。

KATO車両基地VRM3版1

少し画像は、悪いが なるべく似せて作って見ました。EF65-500特急牽引機のマーク付きは、「あさかぜ」「富士」「あかつき」の3種類しかないので

KATO車両基地VRM3版2

EF66特急牽引機から「あさかぜ」「みずほ」「富士」「さくら」「はやぶさ」を代わりに並べて似せて見ました。動画からの画像なので画質は、悪いのだが 実際のレイアウトの画像は、悪くないのでね

KATO車両基地VRM3版3

写真を撮る為だけのレイアウトなので サイズは、4000丕3000个梁腓さで ファイル容量は、2163kbだ。機関車と客車と特急の編成が 全部で約70種類で 部品点数は、違うPCで調べたら2945点でしたが こちらだと DLした部品が欠品しているので まあ約3000点というところだ。

KATO車両基地VRM3版A

これが 今日1日で 作った車両基地のレイアウト図からだ。まさか本気になって ここまで夢中になって作る気は、最初なかったのだが なんかムキになってね 機関車の数なら負けねえ〜ぞ!と 頑張って作って見ました。

KATO車両基地VRM3版4

しかし 画像が 悪くて困ったもんだ。面倒なので いつも640x480kbで動画を撮って作っているのですが わざわざ描写の画像を大きくすると その後で調整するのが面倒でね

KATO車両基地VRM3版5

欲張って 空いてるスペースに特急編成も配置して見ました。

KATO車両基地VRM3版6

これをVRM5版で 作ったら もう少しは、画像が 良く見えて なんとかKATO営業部の車両基地の写真と対抗出来るかも知れないか?

KATO車両基地VRM3版7

VRM3版では、4000丕3000个離汽ぅ困必要でしたが 実際のNゲージだと どのくらいのサイズを使うのでしょうかね

KATO車両基地VRM3版8


機関庫からの機関車を眺めた画像からだ。結構 圧巻なんだが 伝わらないんだよね

KATO車両基地VRM3版11


Nゲージの車両基地の画像から 最初調べて 新幹線を除いて 在来線の線路が 見える範囲で11線で 横の客車ヤードが見える範囲だけで3線だ。一番右側の番線には、E231系なのか2階建て車両が見えるのだが その隣には、これまた わからないEF15かどうか なんせEF5821しか思いつかないのでね

KATO車両基地VRM3版9

その隣からEF65-500特急牽引機が ずらりと8両が勢ぞろいして その隣にEF65-1000の特急牽引機だ。手前の客車ヤードには、20系客車というのが 中々見せ場を 作りますね

KATO車両基地VRM3版11

客車ヤードの後ろからの景色からだ。まあ思い付きで ムキになって丸一日で作ってしまったが 似せて作って見たが まあ50%の出来栄えだということで我慢するか 

でも 元になる物があると 作るのが早いね 又 細かい所も 後で紹介する予定だ。一応KATO営業部の画像から ラフなレイアウト図を 起こしてから作ってみました。 

ブランド力とは、

鉄道模型と鉄道模型シミュレーターのブランド力とは、どういうものを 意味しているのか 暇なので 色々考えていたが 結局 その鉄道模型とか鉄道模型シミュレーターが どこまで好きか?と問われると そこまで好きでもないような気がしてね 要は、気が付けば 思い付きそのものじゃないかと思うように なって来ました。

EF66価格表から1-50

こんな感じで鉄道模型の各種と 鉄道模型シミュレーターの電気機関車の中からEF66だけを チョイスして 値段を調べて見ました。  そもそも そうやって趣味を 値段で括って比べるなんて アホのやる事なのだが 実際 自分も 中古の鉄道模型の機関車を集めて初めて なんで このHOゲージに 拘って集めてみたいと思った キッカケが あのムサシノモデルのOJゲージのEF66でありアオシマ模型のキットプラモデルのEF66からなのだ。

これらを ネットで眺めていたら 動かさないで飾るだけでも いいんじゃないかと思って たまたま地元の鉄道模型店で HOゲージを辞める人が 大量に機関車などの車両を手放して店頭に並んでいたのを見付けて 思わず この値段なら 購入してもいいかと思ったからだ。

しかし 実際 天賞堂じゃないが カツミ製の昔の真鍮製のD51や TomixのEF66などを 手元に置いて眺めていると あれ程 憧れていた真鍮製の鉄道模型や Nゲージとは、違う大きさの魅力に取りつかれていたのだが 隣のおっちゃんから借りているNゲージと一緒に 眺めていると 不思議な気分になって来て あれほど 台車廻りの作りの違いを 気にしていたのだが それが 気にならないようになってしまったのだ。

D51-950エンドー製真鍮HOゲージその4

最初 エンドー製と 店員さんに言われて 帰ってから調べたら どうもカツミ製のようだった動かないD51からだ。真鍮製だが ネットで見ていた ムサシノモデルや天賞堂の真鍮製とは、運転台の中味が無かったり 持ってみないと これが 真鍮製かどうかも わからないくらいだ。

要は、鉄道模型のHOゲージが 欲しいというよりも この天賞堂とかのブランド力に惹かれていたかも知れないと 最近思うようになったんだね そして欲を言うと やっぱり 精巧さを求めると ムサシノモデルのOJゲージの あの作りが 思い浮かんで なんか見劣りしてしまうのだ。

ぶっちゃけ 本当に ジャンク品なので びっくりするような値段で手に入れたので 最初は、そういう方で なんか得した気分でしたがね 

HO-NゲージEF66国鉄(ヒサシ付き)1斜め左

そして 同じ様に TomixのHoゲージのEF66電気機関車も手に入れたのですが こちらは、プラ製ですが 台車廻りは、しっかり作ってありますが やっぱり これも OJゲージのEF66の画像を見ていたので 段々目が 馴れて来ると 今度は、隣のTomixのNゲージのEF66電気機関車と 比べるになり そうなると この連結器以外は、さほど違わないように感じて来て なんか不思議な気分になって来ました。

最初は、憧れで期待して 電気機関車を眺めていましたが 段々それが Nゲージと知らず知らずに見比べてしまって 確かにHOゲージの方が 細かい手すりとかケーブルなどが付いているので 精巧だが どっちでも いいかまでの気持ちになってしまいました。

もし これが 最初から ここの鉄道模型シミュレーターV3を やっていなければ これまた どうだったかは、わかりませんが どうしても そういう視点で見てしまうと お金の事を気にしてしまうと この鉄道模型の趣味は、続かないというか そういう考えを抱いているようでは、本物の鉄道模型趣味には、遠く及ばないような気がしています。

ここの鉄道模型シミュレーターにしても 同じ様にVRMNXに移行して ブランド力で 他の鉄道系ゲームから 一歩前に出ている状態かも知れませんが 冷静に考えて VRMonLineでの EF66電気機関車の値段が1100円と 他の鉄道模型の値段と比較してどうなのか 又 昔のVRM3版のEF66電気機関車と比べて 値段的には、どうなのか まあ そう考える事自体が 意味がないのは、わかっては、いるのですが 益々自作車両で 素晴らしい作品が登場して来ているみたいですが もし仮に それらも販売の対象になったとしたら どのくらいの値段になるのか そもそもVRMCLOUDでしか 見られないのだから 最初に お金を払って見ている状態なんでしょが 

なんだか何を書いているのかさっぱり自分でも わからなくなって来たので ここまでだ。ただ 趣味に高いとか安いは、ないとは、聞いてますが この鉄道模型や鉄道模シミュレーターの趣味の世界は、なんか違う世界のような気がしたもんで あえて書いてみた。

Gゲージは、鉄道模型の王様か

YouTube動画で 見つけた この鉄道模型の動画に 只々ビックリだ。

1-Gaugeドイツロコ1




















なんと 煙と蒸気が 半端でないくらい排出しています。 まずは、動画をご覧ください



もう この煙と蒸気の排出と そして この蒸気機関車の走行音が これでも 鉄道模型なのかとビックリしてしまいます。 縮尺1/32 もしくは1/30.5・軌間45mmのものを一般的に1番ゲージもしくは、Gゲージと呼ぶそうです。(ほとんど外国製しかないので細かいj事は、省略だ。)日本では、横浜にある原鉄道模型博物館が 有名らしいのだ。行った事が ないので このような蒸気機関車の鉄道模型が走っているかは、知りません

他の動画も 紹介だ。



これらの1番ゲージの機関車を販売しているのがKM1 Locomotivesというサイトだ。この中で この動画に出ている似たような蒸気機関車が ここで紹介されています。$4,102.36 USDだそうで 今現在日本円で$は、108円だから 約45万円くらいでしょうかね 

そう言えば こういう日本Gゲージクラブという会もあるみたいです。 こんな感じのGゲージスターターセットというのが Joshin webショップ通販サイトで 売られていました。メーカー希望小売価格 62,640円でしたが完売していました。

日本では、ほとんど馴染みがありませんが欧米では、人気があるそうです。日本だと Oゲージの1/45の軌間32个主流ですが (このOゲージを オーゲージと呼んでましたが これ零番数字のゼロ番ゲージと呼ぶのが正解らしくてアメリカでは、オースケールと呼ぶらしいです。)

こんな感じで 運転会を 広い体育館のような場所を使って開催しているみたいです。



なんか見るからに富裕層の鉄道模型サークルみたいな感じが漂いますが そりゃ1両が何十万円の世界ですからね シコシコ パソコンのモニターで 機関車走らせて楽しんでいる鉄道模型シミュレーターとは、また 違う世界なんだが 鉄道模型のサークルって結構 「類は、友を呼ぶ」じゃないのですが 見せ合いたいという共通認識があるのでしょうかね

それにしても 海外でも こういう運転会が開催されるという事は、実際 この1ゲージ・Gゲージのジオラマレイアウトを 家庭に作って持っているのは、限られた豪邸の持ち主しかいないのか いや やっぱり自慢したい見せ合いたいという そういう共通認識があるからこその集まりなんでしょうかね

こちらの鉄道模型シミュレーターも そもそも家に HOゲージ・Nゲージのレイアウトが作るスペースがないからこそ PCモニターの中での仮想鉄道模型を走らせて楽しむが コンセプトだと思ったのですがね

そこの見せ合いたいという共通認識が あのレイアウトコンテストという企画だったような気もするのですが 今は、やっていないのでね どっちにしろ バージョンがこれだけ違って来ると やっぱり最後は、YouTube動画で 動画などを 見せ合いながら ああでもないこうでもないと 話せる場があると面白いのですがね

こういう鉄道模型サークルみたいな 鉄道模型シミュレーターのサークルみたいなものが オフ会になっていたんでしょうか でも そのオフ会も その中身が さっぱり 漏れて来ないようなので 面白くないんだね おいちゃんなんて この界隈の異端児なので どういう噂話になっていたか 知りたいような知りたくないような 

まあ どっちかと言うと 馴染まない方だからね それでも懲りずに続けているのが 自分でも このくそ根性だけは、負けないね 発言がストレート過ぎるかも知れませんが これも裏返せば愛情表現なのでね 嫌いなら とっくに ここを 去っています。が 居心地がいいので 離れられません 悪しからずだ。
アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
Archives
livedoor プロフィール

おいちゃん

鉄道模型シミュレーターVRM3専用の分室です。難しい話は,一切ナシ ただレイアウト等を作って自分のお金で楽しむだけの人 大歓迎 !

鉄道模型が 大好きな癖して ひとつも持っていない ただ 人の物を眺めるのが趣味な変なおっさんです。 

QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ