新VRM3★井戸端会議

VRM3こそお金が掛からない大人の一人遊びだ。そういう考えの方どうぞ!

意味のない風景-宮城

懐かしのED75貨物編成動画から

前から紹介しようと思っていた YouTube動画の懐かしのED75貨物編成を一挙に紹介だ。

まずは、昔2015年に作った奥中山レイアウト奥中山大カーブ定点カメラ その4 EF81貨物編の 元になった場所からのED75貨物編成からの動画だ。



このED75重連が 走行していた時期は、推測だが この動画を UPされた時期より だいぶ前だと思うのだが 実際 地元の宮城では、昔は、よく見掛けましたが その時は、ほとんど興味が無かったのでね 今こうやって動画を見て 懐かしく思っているのだがね なんでも 関心がないと 興味も示さない ここの鉄道模型シミュレーターと似ている所があるね まあ おいちゃんの鉄道模型シミュレーターに関しては、完全に病気ですからね




こちらの地元のED75貨物編成だと 撮った場所も 大体 見当が付くのでね 最初の動画は、桜で有名な東北本線の大河原と船岡との間の 今は、 この近くに わざわざ この桜並木と列車が 一緒に見られるような線路を跨いだ横断跨線橋が 作られた旧4号線沿いの場所みたいですね

次の動画の撮影場所は、東北本線の北白川と大河原の間の上大谷踏切からの動画で ここも 表蔵王が 天気が良ければ いい背景に使えるロケーションの場所でね 撮り鉄じゃないのだが 踏切鉄なので 地元の踏切からの風景は、ほとんど 覚えているんだね



こちらの動画は、東北本線の陸前山王駅と国府多賀城駅の間からのガソリンタンク車編成の動画からだ。これも 3.11前の貴重な1枚でね とくに 後半の仙台臨海鉄道の タンク車を運んでいるスイッチャーが あのSD55-102(DD13)なんだね これに関しては、DD13ディーゼル機関車の話題からと DE65て あったけ?で 紹介してましたが 初めて本物のSD55-102を 動画で 見たので紹介してみました。

DD13-SD55-11仙台.DD13-SD55-12仙台DD13-SD55-102仙台






3.11前にあった仙台臨海鉄道のDD13(SD55)からだ。

そして これは、珍しい 夜中の小牛田駅?を 通過する貨物編成からの動画だ。



最初 てっきり岩沼駅の常磐線の下り本線を 通過していると 勘違いしてましたが ED75の石巻貨物を見て これは、小牛田駅じゃないかと 気が付きました。

後半のカシオペアや北斗星の撮影場所は、小牛田駅じゃない 瀬峰駅?かどこか他の駅みたいですね 小牛田駅も 石巻線や陸羽東線のキハ40、キハ48の小牛田色も廃車になり そして 今 石巻線の貨物編成を牽引するDE10も もうすぐ お役御免になるので 長年 ここの小牛田駅近辺や石巻線沿線を 見て来た者として 少し寂しいような気がしますね 

この動画も おそらく 今から10年以上も前に撮った動画だと思うのですがね この時期すでに EH500金太郎が メインで貨物編成を牽引していたので 中々その中で これだけED75牽引貨物を カメラに収めるには、結構 朝まで頑張ったんじゃないのでしょうかね

他にも ED75貨物編成は、探すと 結構あるのですが 最後に ちょっと14分以上と長いので 好きな方は、こちらで ご覧下さい 懐かしの鉄道映像シリーズの中の東北本線・ED75貨物(赤釜メイン) という動画からです。 

この動画の撮影場所も ほとんど わかりますが 皆さん やっぱり 同じような場所を 探しているんですね おいちゃんの場合は、ネットなどの動画などを 見る前から 大体は、知っていましたが さっぱり 今まで関心が無くてね 最近 やっと 踏切や分岐器などに興味を覚えて そういえば こういう場所からは、こう見えていたと思い出しては、動画を見ては、楽しんでいます。

が 自分では、撮り鉄をしないんだね 鉄道模型と同じで 人の物を見て楽しむ だって 自分で撮るより はるかに いい絵が見られてね とにかく鉄道模型シミュレーターのレイアウト作りの参考資料になれば それでいいんです。

仮想東北本線越河駅レイアウト6

越河駅レイアウトの続きを 作ろうと やり始めたのですが 越河駅から延びた線路の行先を どうしたらいいのか? アイデアが浮かばず 思案中だ。 いずれは、一回りして戻って来るオーバルレイアウトの変形型を 目指しています。 が なんせ 21両貨物編成が ある程度の時間で 戻って来るようにしないと 越河駅での 待避線待ちの 入換交換が 出来ないのでね それを考えると どのくらいの大きさのオーバルレイアウトにしないと駄目なのか? そこら辺が 悩みのタネだ。

そこで 思い付いたのが そうだ もう一つ交換駅を 作ったらどうなるのか? 幸い東北本線の下り方の次の駅は、白石駅で その駅の構内図も 前に 作っていたので これを 組み合わせて作ったらどうなるのか? 今 ふと思い付き ここで 書いています。

東北本線白石駅図1





かなり縮尺は、いい加減ですが まあ こんな感じの駅なので 上り貨物の時間調整などで よく 上り1番線などに 時間待ちして 走行しているみたいですが それも 数分程度ですが 昔は、もっと番線もあったみたいですね 最近というか もうだいぶ前ですが地元の東北本線の貨物待避が出来た駅も 番線を 減らしたり分岐器を無くして 棒線の停車駅にしたりと こういう感じの 待避線が残って居る駅そのものが ほとんど 無くなったのでね

東北本線白石駅図2









航空写真で 見ると こんな感じでね 駅構内に3箇所の踏切がある駅なんだね

東北本線白石駅図3
















同じく 白石駅の駅前側からの航空写真だ。 この東北本線の在来線の白石駅と 東北新幹線の白石蔵王駅は、少し離れていてね その関係で 昔は、賑やかだった駅前も なんか 今は、ちと寂しい感じの駅前広場になったように見えるのだ。

新幹線の駅と 在来線の駅が 別な場所にある市町村って こちらの地元や 東北には、意外と多いみたいでね そういう観点からも 駅前などを このVRMで 作るとなると これまた 難しい所があるのでね ある程度 都市計画も考えて 駅前を 作りたいのだが そこまでの 頭がないのが 悩みのタネだね 

なので なるべく駅前などは、スルーして考えてみますかね
 


仮想東北本線越河駅レイアウト5

いよいよ 越河駅レイアウトを 作り始めました。 が これが中々進まなくてね そんなに難しいレイアウトを作る気じゃないのだが 航空写真や 参考に撮った写真そして 現示系統図のような配線図を 見比べながら なるべく それに沿った形にしたかったのだが 一番 最初の線路配置で つまづいてしまいました。

東北本線越河駅レイアウト図1















上の画像が 今 作っている越河駅レイアウトの越河駅構内だけの線路配置図だ。 現示系統図のような配線図は、直線で 表現されているので 信号などの配置を 見るには、最高なんだが 肝心の線路の配置となると これが まあ 難しいこと 

ここにコンテナ貨物編成20両+牽引機の21両編成が 停車出来るだけの余長を 取ったホームトラックの駅構内を しかも カーブホームを 作りながら そのカーブホームに合わせた感じで 線路配置をしなきゃならないのでね まあ この場合は、逆ですか カーブ線路に合わせて カーブホームを 作って行く感じでね

と書いても こういう手間の掛かる作業は、VRM3版だけですからね どういう感じで 手間かというと まずは、下り線側の カーブホームに合わせるカーブレールは、R801-15°で作っています。カーブホームの中線側はR801-15°とR835-15°を 組み合わせてカーブを 作っています。そして 外側の上り線カーブホーム側のカーブレールは、R903-15°とR935-15°を 組み合わせて 作っています。

東北本線越河駅レイアウト図2東北本線越河駅レイアウト図3








貨物編成21両編成が 停車するようなカーブホームだと 既存のIMAGIC対向式カーブホームや島式カーブホームだと こんな田舎の山の中にあるようなローカルホームには、雰囲気が合わないのと 一番の問題は、カーブホームが あんまりにも 急カーブ過ぎて 使いづらいんだね VRM3版には、R291-R359のカーブレール用と R393-R461のカーブレール用の2種類しかないのだが 使う場所が限定されて この貨物編成の待避線向きじゃないんだね

東北本線越河駅レイアウト図4東北本線越河駅レイアウト図5









なので R801-15°とR835-15やR903-15°とR935-15°を使ったカーブレールに対しては、ローカルホームのエンドAを 重ねて配置して1°〜2°づつずらしながら 配置だ。

東北本線越河駅レイアウト図6東北本線越河駅レイアウト図7









まだ一番最初の部分なのでね これからどのように レイアウトを作り込んでいくのか こんなもんでも 色々考えながら 作っているのでね 時間は、掛かるんだね 最近のVRM5版レイアウトの作り込み画像を 眺めていると やる気が 無くなるのだが そもそも まったく違う鉄道模型シミュレーターゲームだと思わないとね 

それにしても この貨物編成21両編成が 停車するようなカーブホームって やっぱり長くなるね〜 余裕を取って レイアウトサイズは、幅20000丕高さ12000个砲靴討い泙垢ね ホームトラックの長さだけで3000舒幣紊癲〇箸辰討い襪里任諭

仮想東北本線越河駅レイアウト4

さて 東北本線越河駅と 言っても ほとんど誰も知らない駅なので 現場調査じゃないのだが ここ何年か行った時に 撮り貯めていた携帯の写真から 今日は、こんな感じのカーブホームがある駅という事を紹介だ。

まずは、宮城県と福島県との県境にある場所の航空写真からだ。(google航空写真から)

東北本線越河駅航空写真東京方向1東北本線越河駅航空写真仙台方向1







左側の写真の上側が 東北本線の上り東京方面の航空写真で 右側の写真の上側が下り青森方面の写真だ。
この写真じゃ ちと わからないのだが 上り方面の東京方は、この越河駅より 高い位置にあり 下り線は、越河駅に 下るような感じの線路配置で 反対側の下り線は、越河駅から 青森方面に 下る感じで 丁度 山の中間にある駅の場所だけが 平らな部分に配置してあるという段差と段差の中間に位置する駅だと思って下さい

最初に こういう現実の駅などを参考に レイアウトを考える場合には、まず 簡単な駅の配置図を描いているので それも 紹介だ。

東北本線越河駅構内信号図2






これが リアルに近い感じの 信号などの配置図だ。(知り合いからの情報などを参考に作ってみた。) 実際は、この配置図のように直線じゃなく 大きくカーブしているホームトラックなのだが それが このカーブに関しては、リアルカーブじゃなく あくまでも VRM3版として 一番 良さそうなカーブ曲線を 今の所思案中です。

さて 次からは、プライベートで行ったついでに撮った写真の中から 何枚か紹介だ。

東北本線越河駅東京方向1東北本線越河駅東京方向2






上り方面の東京方にある 耕野踏切からの眺めから 福島方向を眺めています。 遠くに見えるように線路は、写真の右方向の上の方からカーブして下って来ます。 ここを下って来る EH500金太郎のコンテナ貨物編成が中々いいんですよ 真ん中に見えるのが 中線ですが 今は、ほとんどというか なんか緊急な用事がなければ貨物編成は、入って来ませんね でも普段から 錆取り列車だと思うのですが 一日2本くらいは、電車が入って来ているみたいですね

東北本線越河駅東京方向3東北本線越河駅東京方向4






こちらは、耕野踏切から越河駅方面を眺めた写真だ。 結構 大きくカーブしているのでね 昔は、こういう感じで 貨物の待避線があった無人駅が 結構 県内にあったみたいでしたが ほとんど 線路を無くしたり あっても保線専用の横取り線になっている所しかないみたいですね

東北本線越河駅カーブホーム1東北本線越河駅カーブホーム2






そして ここが 今回のお気に入りのカーブホームからの写真だ。 まあ どこにでもあるようなカーブホームですが この越河駅には、特別な思いがありまして 今から55年近く前の子供時代に ここで 昔の鈍行列車で 通過列車待ちをしていた当時のカーブホームの植栽が 綺麗でね なんか今でも 脳裏に残って居るんだね 

それは、10年近く前に 現場仕事で 福島県の磐越東線の舞木駅に行った時の 駅のホームの植栽のつつじが綺麗でね 聞けば 昔の国鉄時代には、そのような駅ホームには、自主管理みたいな形で 植栽を していたと聞き 各駅で 競そってつつじや松なの植栽を 手入れしていたとの話でした。 中でも 行った事がないのですが 今は、営業運転していない 福島県の常磐線夜ノ森駅が一番植栽が綺麗だったと 昔の国鉄マンの方から聞いた事がありましたね

東北本線越河駅ホーム跨線橋1東北本線越河駅ホーム跨線橋2






もう一つの 興味が この跨線橋だ。 昔の感じの跨線橋が 段々減っている感じがしてね 地元を走っている東北本線の跨線橋は、 ほとんど写真に撮ってありますが その写真を 撮り始めたきっかけになったのが ここの越河駅の跨線橋でね なんだかんだで 撮り始めて13年近く経過していますね

東北本線越河駅仙台方向1東北本線越河駅仙台方向2






左側の写真が 下り線側の 青森方面側の写真だ。手前に見えるのが五賀踏切でね 右側の写真が 下り線側青森方向を 五賀踏切から見た写真だ。 ここから 東北本線は、写真の中では、右側にカーブしながら下って行く感じですね 列車停止標識が 踏切の先にあるのが 見えますね

東北本線越河駅ホーム仙台方向終端2東北本線越河駅ホーム仙台方向終端1






越河駅を 青森方面から見た ホーム終端の写真からだ。 直線と曲線が 一緒になっているホームで 今でも緊急の場合は、20両編成以上のコンテナ貨物編成が 待避出来るような長さを確保する為に作った駅で その昔は、単線だった東北本線が 複線になる時に この越河村では、村を二分する程の大問題になって 今の場所に落ち着いたと とかる大学の研究レポートか何かで 見た事がありました。山間部の限られた場所での土地探しは、昔から大変みたいですね なんでも利権が絡むのでね

東北本線越河駅仙台方向五賀踏切1東北本線越河駅東京方向耕野踏切1






左の写真が越河駅の青森方にあるが五賀踏切からだ。キロ程は、298k841mで 踏切長16.7m幅2.5mで 踏切警報機2組で 踏切しゃ断機が2組だ。 右側の写真が 越河駅の東京方にある耕野踏切からだ。 キロ程は、298k367mで 踏切長17.9m幅6.6mで 踏切警報機2組で 踏切しゃ断機が4組だ。

両方とも 一応 駅構内の踏切なので 半自動踏切だと 知り合いからは、聞いた覚えがあります。踏切間が 474mなので おそらく 列車停止標識が 踏切より先に設置されたのでしょうかね こんな感じで 東北本線の地元の踏切は、全部 個人で現地調査しているのでね 意外と地元の踏切に関しては、詳しいのかも知れませんね だから こう見えて 地元の東北本線の 撮り鉄をするなら どこの踏切が いいのかは、わかるのでね

でも自分じゃ撮り鉄をしない乗り鉄もしない鉄道模型も触らない一体何を考えているんでしょうかね
最後に 最初 載せる気がなかった越河駅の正面からの写真だ。

東北本線越河駅正面写真1






本当に どうってことない駅舎でね これハッキリ言って VRM3版レイアウト作りには、あんまり参考にならないのでね 地方の駅舎に関しては、VRM3版の駅舎も さっぱりというか あんまり役に立たないんだね 欲しいのは、もっと田舎の小さな小さな駅舎なんだが これだけは、自分で探すか 作るしかないからね〜

だから 自作車両と同じように 建物も 壁とか屋根とか窓など 自分で 組み立てて駅舎が作れるようになると このVRMは、もっと楽しいんですがね VRM3の場合は、無理組み合わせたなんちゃって建物などが ありましたがね (レゴブロックのような何にでも使えそうな部品がると面白いのだがね)

今日は、これから 作る仮想東北本線越河駅レイアウトのプロローグみたいな記事を書いて見ました。さあ これから レイアウト作りを始めて行きますかね 作る前に こんなに風呂敷を開いて 大丈夫なんでしょうかね

まあ なんでも イメージ先行ですからね イメージは、この鉄道模型シミュレーターでは、大事なのでね

仮想東北本線越河駅レイアウト3

前回の基本の基本の線路配置とカーブホームについての話しの続きから

VRM3基本の基本編 島式ホームの配置の仕方からだ。

まず 覚えて置かないといけないのは、島式ホーム(IMAGIC版)を 使った場合の 線間の間隔は、複線間隔34个稜椶68个世箸いΔ海箸澄

VRM3基本の基本2VRM3基本の基本8








そして この68个隆岾屬髻〆遒襪砲蓮二通りのやり方があり 一つ目は、ポイントIS465L(R)と IS128个猟樟とR495-15の曲線を 使って68个髻〆遒詈法と 二つ目は、ポイントIS742L(R)と IS166个猟樟とR742-15の曲線を 使って68个髻〆遒詈法なのだ。

ポイントIS742L(R)を 使って68亟岾屬離ロッシングポイントも出来るので 無理して その部分だけ Tomixの電動ポイントN-PX280を 使って 後で 苦労するくらいなら 使わないで このポイントIS742L(R)を 使って 作った方が 後で 楽なのだ。


VRM3基本の基本6VRM3基本の基本5







上の画像のように 島式ホームまでのアプローチの長さが 違うのだが 両方とも 島式ホームを挟む間隔は、68个汎韻犬如,泙◆々イ澆覗ぶとしか言いようがないようなもんだ。 一番上のレイアウターの画像を よく見ると 線路と島式ホームが 重なって配置してあるように見えるのだが このくらいじゃないと 隙間が 出来てしまうのでね 後は、どういう目的のホームにするかなのだ。貨物主体、客車主体、通勤通学主体なのか それによって これまた アプローチの長さも 変わるのだが  でも 一番は、レイアウトスペースの問題かもね


VRM3基本の基本10VRM3基本の基本9








上の画像のように  キチッと レイアウター通りに作れば ぴったしかんかんなのです。 この車輛とホームとのスレスレ感が VRM3などで ビュアーなどで見ていて 一番面白い 車輛の出入りだ。 この感覚が わかるようになれば あなたも立派なVRM3ソムリエだ。

島式ホーム配置の時の間隔は、68mmなのだ。 

いよいよ今回最後の 対向式カーブホームの線路配置の お話だ。


VRM3基本の基本3







この対向式カーブホームにも 2種類あるんだね 対向式カーブホームR359屋根なし(内側)と対向式カーブホームR383屋根なし(外側)で 屋根付きもあるのだ。 これは、複線間隔34个R359とR383のカーブ曲線が 合うようになっているのだ。が じゃあ実際 鉄道模型のような等間隔34个隆岾屬諒線カーブホームなんてあるのかいなと 思ってしまうんだね もうすこし カーブ区間だと 余裕の建築限界などを考えると 幅があるんじゃないかと 想像だ。 

VRM3基本の基本カーブ8VRM3基本の基本カーブ7








まあ こちらの対向式カーブホームも 少しは、隙間が 出てしまうんだが これくらいは、許すかね

VRM3基本の基本カーブ6VRM3基本の基本カーブ5








って あんたいつから そんなに偉くなったのーと 言われそうだが ことVRM3に関しては、 おいら以外ほとんど やっていないのだから いいんです。

VRM3基本の基本カーブ4VRM3基本の基本カーブ3








こうやって 対向式カーブホームだけを 見ていると よさげに見えるんですがね これが 実際レイアウトの中に配置すると 一番の問題は、電化柱の配置だね 複線電化柱を 使うのか 単線電化柱を使うのか 判断が難しいところもあるのだ。

VRM3基本の基本カーブ1VRM3基本の基本カーブ2







また 屋根付きにすると これまた 車輛自体が 隠れてね せっかくの出発、到着のシーンが 見られない どこから このVRM3ビュアーで 眺めるか? これが この隙間問題もそうなんだが 結構 重要な要素じゃないのかと思っているのだが それでも このホームに滑り込んで来る車両編成の姿を 楽しむのも VRM3での楽しみなんでね

だから  そう考えると このR359とR383のカーブホームは、この越河駅レイアウトでは、使わないのです。

なんだそれ? って思うでしょうが 貨物長大編成が 通過するようなカーブホームでは、もっと緩やかなカーブホームじゃないと駄目なのでね そこから 始めないと この越河駅レイアウトは、作れないのでね

そこら辺の 既存の部品じゃ補えない所が これまた 面白いんだね まあ そこらは、これからだ。

仮想東北本線越河駅レイアウト2

今日も暑いですね〜 今晩も 夜間作業があるのだが この仕事が 終われば 連チャンで休みなので 頑張りますかね

ところで この越河駅レイアウトなんですが 最大の特長は、貨物編成が 停車出来る長い長いホームトラックのカーブホームなんだね そこで このVRM3版に おける このカーブホームに付いて 昔の記事を 参考に 焼き直しだ。 昔の記事が 2013年5月に 書いていました。 まずは、基本の線路配置から入りカーブホームの配置した場合は、どういう問題が生じるのか? そこら辺を 書いていました。

VRM3版の基本の基本その1 曲線
VRM3版の基本の基本その2 複線1
VRM3版の基本の基本その3 島式ホーム
VRM3版の基本の基本その4 島式カーブホーム1
VRM3版の基本の基本その5 対向式カーブホーム1

結構 初心者さんにも わかり易いように 説明したつもりでしたが もう一度 ここで 要約して再登場だ。

基本の基本でもある 曲線線路の特性からVRM3版には、VRM4以降のような線路を自由に描けるフレキシブルレールが ないので まずは、曲線カーブの特性を 覚えないと 作った途中で 苦労するのです。

VRM3基本の基本C









ここに紹介したカーブ曲線は、IMAGIC版曲線なんだが 全部で18種類あるのだ。R257~R980の新幹線用の大半径カーブまであるのだ。

その中で 複線が 出来るカーブは、R257、R291、R325、R359、R393、R427、R461、R495、R529、R563、R597、R631までが 複線間隔34个如(線用にチョイスして 組み合わせが 出来るカーブ線路だ。

その上が R801、R835、R869、R903で これらで 大カーブ曲線が 複線で組める曲線だ。そして 複線が組めないのが R742とR980の 2種類は、複線が作れないんだね

ここは、結構 作っていると 忘れてしまうので 大事な点だ。 なんで大事かというと ポイントR742を 使ってしまうと どうしても このR742を 使ってしまい その延長で 曲線を 描いてしまうと それに合わせて複線なんかを 作ろうと すると どこかで 無理が 生じてくるのだ。 なので ここで言いたいのは、

R742とR980を使う時は、注意しろ!そして 基本で使う曲線は、R495を 使うべし これは、ポイントR495と 絡むことが多いからだ。


VRM3版 直線を使って 複線を作るお話だ。IMAGIC版ストレートには、ストレートS128弌▲好肇譟璽S256弌▲好肇譟璽S192弌▲好肇譟璽S34弌▲好肇譟璽S64弌▲好肇譟璽S66弌∧線専用のIS128W そして これがなくちゃ始まらないバリアブルレールだ。 その中でも 一番使うのが ストレートS128弌▲好肇譟璽S256个澄バリアブルレールは、最低の長さが66个覆里如,修谿焚爾任蓮∋箸┐覆い といって 128mm以上の長さにすると 枕木が間延びして見えるので注意だ。

どうしても 接続が 上手くいかない場合は、最後は、数値移動のウィンドーの回転(角度)調整で 0.1度ずつ調整しながら密着させるのが 上級者への道なのだが これがね 中々出来ないんだね しかも 何回もレイアウターを開いたりビュアーを 開いていると 知らず知らずにレールがズレて来ることが 自分の場合は、あるので 最後は、0.1度くらいのズレは、スルーするのも ストレス解消になるので まあ そこら辺は、適当だ。

★バリアブルレールは、66个ら128个隆屬猟垢気如〇箸Δ戮
★バリアブルレールは、直線と直線の間で 使うべし
★ 最後のズレ調整は、数値移動の回転(角度)で 調整だ。

とまあ ここら辺が 自分なりの線路の接続基準なのだが わかっていても 出来ないのが これまたVRM3の特徴でね とくに 巨大レイアウトなんぞ 作っていると ほとんど 守られていないのが 現状だ。

VRM3基本の基本1






この上の画像は、IMAGIC版の基本の複線間隔を 作る方法だ。線路と線路の中心から34个 複線間隔の基本だ。 これは、あくまでも 鉄道模型的に見た場合の複線間隔で 実際の鉄道で こんなに きっちり等間隔の複線区間は、そうは、ないからね  これに とらわれてしまうと 面白味がなくなるので これまた注意だ。

でも これは、 絶対覚えないと 始まらない IMAGIC版線路の基本なので 覚えておきましょう

★複線間隔は、IMAGIC版では、34个覆里澄 


VRM3基本の基本14VRM3基本の基本13







複線間隔34个鮑遒覺蔽韻癖法は、ポイントIP495Lなどを 二つ組み合わせて 34亟岾屬鮑遒襪里 一番手っとり早い方法だ。 その組み合わせで 構内ヤード線などの 3線、4線と 増やすことも出来る 

VRM3基本の基本11VRM3基本の基本12







なぜ この複線間隔34个髻”要以上に 騒ぐのか それは、上の画像のように 後から複線、3線、4線の電化柱などを 配置した場合
 この34亟岾屬犬磴覆い函‐綣蠅配置出来ないんだね これが せっかく ヤードなどを 作った時に 最後に 電化柱などを 配置すると 結構 収まらない事が 多いのだ。 というのも この34佇線間隔というのは、 あくまでも 直線で カーブなどが 入らないという条件付きだからなのだ。

だから この複線間隔34个法,海世錣襪函.筺璽匹覆匹痢〆遒蠅 単調で つまらないものになってしまうのだ。

★複線間隔34个蓮鉄道模型の感覚で リアル表現の場合は、とらわれず逆に等間隔じゃない方が 面白い

まずは、線路に ついて まとめてみました。 続く  

仮想東北本線越河駅レイアウト1

今晩も夜間作業が あり しかも 雨降り状態だと どうなるかも わからない連絡待ちで 部屋で 一日ボーとしながら 寝たり起きたり PCに座ったりの 生活です。 落ち着かいので 結局 部屋から出ない なんてね もう そういう生活が 12年も続き そろそろ 卒業する時期になりましたね〜

それと 同じように ここのブログも 12年近く続いていますが ここは、おいちゃんの牙城なのでね 辞めるのも続けるのも おいらの勝手なのでね だから 自分が一番の年寄りだろうが そんなの関係ねえ〜  という気構えで 今日も 頑張るで〜

ところで 前から 触れていた東北本線の越河駅周辺のレイアウトを そろそろ作ろうかと 考えていました。 結構今回は、現場視察も 何回いや 仕事関係を 含まると 何十回も 行っているので それらを 含くめて レイアウトを 作る予定だ。

作る前から宣言して大丈夫なのかと 思うのだが 途中で失敗しようが その途中経過を 報告するのが おいちゃんのやり方なのでね さて なぜ 東北本線の越河駅(こすごうえき)周辺を レイアウトのテーマに決めたのか それは、2011年9月の東北本線の越河駅に寄って見た。で 書いていた通り 「今から50年以上も昔に小学校の修学旅行で会津若松方面に行った時に この越河駅で 通過列車待ちで 列車の中から この駅を 見ていた記憶が 残っている、、、」 この景色が 最近やたらと 鉄道関係の写真の景色を眺めていたら 思い出してね

もちろん 今更 この55年近い前の昔の風景を再現するつもりは、ないのだが 今回のテーマは、貨物待避線があった当時の 山の中の無人駅で しかも カーブホームがある駅という事で イメージして 作って見ようかと考えています。

これに似たようなレイアウトは、2015年に 山奥停車場待避線シリーズとして レイアウトを作り始めた VRM3で どこまで 出来るか?挑戦だ。1で 当時 櫻隼さんの レイアウト画像を 真似して作れないかと 今回の貨物待避線レイアウトを 作っていたのですが ちと 最初の思惑と だいぶ 趣旨が ずれてしまってね

で 今回は、前回のような 大がかりな貨物待避線の駅構内じゃなく あくまでも 越河駅を モチーフにした シンプルな駅構内を 考えているんだね

この東北本線の藤田〜貝田〜越河という付近は、越河峠こえと 呼ばれたらしくて 1980年当時の 写真が 「はなぶさ」に集まる仲間たちというブログに 載っていました。おいちゃんが イメージしているのは、更に これより15年以上も古い越河駅のイメージなんですが駅のホームの植え込みが 綺麗だった頃なんだがね

まずは、今現在の 越河駅を 通過する貨物列車の動画からだ。
 


画面上では、説明がありませんでしたが 最初のEH500編成は、東北本線の青森方面から東京方面への上り線です。内側に見える線が 中線(上り1番線?)です。 次に見えるEH500編成は、東京方面〜青森方面への下り線です。 踏切が 見えるのが 五賀踏切です。と 書いても誰も わかんないね

この企画を考えたのは、今年の初めなんだが 動画も 藤田〜越河〜白石の 越河峠こえの前面展望動画を 紹介するつもりでいましたが やっぱり そりゃ貨物だろうと 今回色々漁ってみました。

こちらは、2015年6月の 早朝の越河駅からだ。 今は、ないEF510牽引北斗星が 走っています。



最後に 今回の仮想東北本線越河駅レイアウトで 貨物編成を 走らせたいと 思った 懐かしのED75貨物編成の この走行音が 聞きたかったので 紹介だ。



この越河峠を 登り切った感じの走行音が 又 いいんだね〜 まあ こんな山間部の中間に位置する越河駅のイメージで どこまで 自分好みのレイアウトが 出来るか? やってみないと わからないけど やってみる これが 新VRM3★井戸端会議流なのだ。

阿武隈急行線も 面白そうだ。

 東北本線の越河駅付近の レイアウトを 作ろうかと 色々漁っていたら 阿武隈急行の記事が載っていたブログを 見付けてしまい ついつい最後まで 読んでしまったので 結構 面白かったので ここで 紹介だ。

阿武隈急行線といっても 全国的には、どうなんでしょうかね 地元でも 県南のしかも 限られた地域の人達しか 乗らないような気がしてね まあ ローカル線は、ほとんど そんなもんですかね

そんな阿武隈急行の記事で 気になったのが ここの魅力発見!阿武隈急行備忘録というブログでね  その中の  の〜んびり 阿武隈急行沿線さんぽ〜 ぁ塑能回と  もう一つの記事の 現地取材!阿武隈急行車両基地の裏側という記事が 結構 面白かったので こちらを 紹介だ。

現地取材!阿武隈急行車両基地の裏側

現地取材!阿武隈急行車両基地の裏側

現地取材!阿武隈急行車両基地の裏側

現地取材!阿武隈急行車両基地の裏側

現地取材!阿武隈急行車両基地の裏側

現地取材!阿武隈急行車両基地の裏側

現地取材!阿武隈急行車両基地の裏側

阿武隈急行の記事というよりも とある ローカル鉄道の 車両基地の裏側みたいな感じで よく ここまで 紹介しているなと 関心したので紹介しました。

なんか 文章だけじゃ どういう車両が走っているかも わからないので 画像を紹介だ。

阿武隈急行1










こちらの「私鉄に乗ろう 」ブログには、阿武隈急行の搭乗記からだ。路線の各駅などが紹介されています。

★【私鉄に乗ろう 38】阿武隈急行 その1

★【私鉄に乗ろう 38】阿武隈急行 その2

★【私鉄に乗ろう 38】阿武隈急行 その3

★【私鉄に乗ろう 38】阿武隈急行 その4

これだけ 見てしまうと なんか 乗った気分ななってしまいますね 昔の 国鉄時代の 丸森線しかイメージなかったので 阿武隈急行になってから 30年以上も経過していたんですね

Nゲージ深夜の踏切から

この前 ここで紹介した東北本線 東白石駅近郊の場所に 現場仕事のついでに 深夜に 寄り道して来ました。

月明りが 明るい真夜中で 誰もいない無人駅ですが たまに 鉄道関係の仕事の手伝いもするので 現車確認みたいな感じで 駅で 待っていてくれと 一人で 待ちぼうけしていました。 たまに こういうのが あるんです。

東北本線東白石近郊風景9東北本線東白石近郊風景10







夜間作業を よくするのですが その時 深夜の踏切で 見掛ける貨物列車編成を 踏切のぼんやりした照明の中で 見掛けると なんか ジーンと来てね これは、どこまで行く貨物なのかとか 空のコキの台車編成を 見ていると 儲かっているのかな〜とか 色々想像してね 結構 自分としては、見掛けると 楽しいんですが 他の人は、誰も 思いませんがね

そんな深夜の踏切を通過する貨物編成が 通過するNゲージの動画が Goodでね まさに こんな感じなんだね



更に もう1本も どうぞ



踏切警報灯は、点滅は、しませんし 踏切しゃ断棹も動作しませんが この踏切照明灯が いいんだね〜 もや〜とした感じで 一部分しか見えない感じが いいんだね とくに 真冬の深夜に走る貨物編成は、迫力あるからね〜

こちらは、同じNゲージでも 踏切警報灯が点滅して 踏切しゃ断棹が動作する動画からだ。



まあ 電車の車内が 明かりで見えて これまたいいんだが どっちかと言うと 踏切警報灯も点滅しない踏切しゃ断棹も動作しないが 雰囲気は、いい上の動画が いいねえ〜

VRM3版は、夜景は、出来ないのだが ぜひ こういう感じのVRM5版の 深夜の踏切動画が 見たいもんだね

東北本線 東白石駅近郊

東北本線の 宮城県内の駅は、ほとんど全て見てパチリしていたのだが ここの東白石駅周辺は、もう何回も 現場仕事や 遊びでも 通っているのだが あんまりパチリまでは、していなかったので 今日は、あまりにも 天気が 良かったので 撮って来ました。

まずは、表蔵王が くっきり綺麗に見えたので スマホで 撮った写真を 3枚合成して パノラマ写真風にしてみました。 中々こんなに くっきり蔵王が見える時に 来ていなかったのでね

東北本線東白石近郊風景2







冬に来ると 蔵王降ろしの冷たい風が吹く 寒い場所で 夜間作業だと 尚更でしたね

東北本線東白石近郊風景8東北本線東白石近郊風景6







白石川の すぐ脇に 無人駅の東白石駅があります。 ほとんど地元の人しかも 近くには、家もなくて 崖と山が 迫っているので 駅というのか停車場と言う方が正解かも知れませんね 

東北本線東白石近郊風景3東北本線東白石近郊風景5






冬場は、白鳥が 飛来する場所で 眺めは、いい場所ですがね〜 誰も そう思わないかも知れませんね

東北本線東白石近郊風景7東北本線東白石近郊風景4






このカーブホームが いいんですよ。 なに 列車が 映ってないってか おいちゃんの写真には、列車は、1枚も映っていませんのでね あくまでも レイアウトの参考用に 撮っているだけなのでね






アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
Archives
livedoor プロフィール

おいちゃん

鉄道模型シミュレーターVRM3専用の分室です。難しい話は,一切ナシ ただレイアウト等を作って自分のお金で楽しむだけの人 大歓迎 !

鉄道模型が 大好きな癖して ひとつも持っていない ただ 人の物を眺めるのが趣味な変なおっさんです。 

QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ