新VRM3★井戸端会議

VRM3こそお金が掛からない大人の一人遊びだ。そういう考えの方どうぞ!

雪景色レイアウト

雪景色月明りの走行シーン5

雪景色の月明りシーンから VRM3神社が見える海岸線からの上空シーンからだ。

仮想日本海縦幹線雪景色海岸線上空下り線1

月明かりのシーンでは、好きなアングルの画像からだ。この月明りの背景が いいいんです。

仮想日本海縦幹線雪景色海岸線上空下り線2

新幹線と貨物編成のコラボも 中々いいんです。

仮想日本海縦幹線雪景色海岸線上空下り線3

もう ここまで来ると 人様の事など どうでもいい自己満足の世界だ。

仮想日本海縦幹線雪景色海岸線上空下り線4

鉄道模型雑誌などを 眺めに 本屋に行って来ましたが 相変わらず 記事の中身は、充実していますね 今回は、キハ40系とか そう言えば HOゲージのキハ40系の東北地域色が 広告みたいな感じで載っていました。なんかマイクロエースじゃなかったような気がしましたが 立ち読みなので 詳しくは、知りませんが モーター付で23000円で モーターナシが12500円とかで載っていたような

ヤフーのオークションでは、鉄道模型のHOゲージは、プラ製の方が 人気があるようで 昔の真鍮製は、値段が高いのか 中々落札しているようには、見えませんでした。

プラ製のHOゲージの2〜3万円の商品と真鍮製の25〜30万円の商品を好む客層が違うのか その前に この鉄道模型車両に対して 実際どのくらい自分で お金が出せるのか そういう基準で考えると いくら美品とか未使用品と言っても 何十万もする商品なら このくらいの高級品なら 新品を買うのが ブランド高級品を 狙っている客層じゃないのかと 勝手に思っているのだが 

ムサシノモデルのEF81-101と KATOのEF81-108を 見比べても 材質の違いは、あるとしても 最近思うのは、買う側、見る側の 拘りが一番の大きな違いじゃないのかと 拘りのない自分のような にわかユーザーは、商品の価値を お金で判断するところが 全ての判断材料という 要は、安く買ったかどうかという 楽しみ方しか知らないプアなおっさんだ。

又 関係ない話になってしまいましたが いつものVRM3版動画からだ。



趣味は、お金じゃないと あれだけ言われていても やっぱり お金で 見てしまう いけない オッサンだ。

雪景色月明りの走行シーン4

今日も雪景色の月明りシーンの上空からの動画からだ。

仮想日本海縦幹線雪景色海岸線上空上り線1

月明かりと言いながら この在来線上り線側の上空動画では、お月様が見えません残念です。試しにやってしまったグレー地面ですが やっぱり真っ白な雪景色の方が絵になるか

仮想日本海縦幹線雪景色海岸線上空上り線2

海岸線の海岸の描写が上手く見えないのだが 背景と一体となって なんか暗いイメージになってしまいました。

仮想日本海縦幹線雪景色海岸線上空上り線3

VRM5版のように影が付けられないので 立体感が出て来ないのだが まあ しょうがないか とにかく色々挑戦しています。

雪景色月明りの走行シーン3

昨日紹介した鉄道シミュレーターの変遷の動画を眺めて 時代の流れを感じましたが なんでも 今は、小学校からプログラミング教育が始まり 小学1年生からプログラミングでゲーム制作と 今日の夕方のTVニュースで やっていました。 小学生で3DCGのゲームを作っているご時世に 20年近く前の廃盤ゲームを しつこくやり続けている自分は、アホに見えます。しかし 10年も この後続けられるか残りの時間を考えると 今更 無理して勉強や学習をやってられるか 楽して遊ぶがおいらのモットーだ。

そんな訳で 今日も 雪景色の月明りシーンから踏切通過の動画を紹介だ。

仮想日本海縦幹線雪景色月明かり踏切通過4

ここの踏切通過の動画からの紹介だ。きちっと踏切が開いた状態から列車通過で踏切しゃ断機が動作して 又開く状態までを 動画にしたのだが なぜか完全に開かなくて3分以上も経過してしまいました。タイミングが合わないと こういう時もあるみたいだ。

仮想日本海縦幹線雪景色月明かり踏切通過1

グレーだと雪の感じには、見えませんね

仮想日本海縦幹線雪景色月明かり踏切通過2

久しぶりに 塗り絵で 踏切照明と 電気機関車の前哨灯を再現して見ました。

仮想日本海縦幹線雪景色月明かり踏切通過3

夜中に見える踏切だと 背景は、これ以上に真っ暗に見えるし 実際は、絶対こういう感じには、見えないのだが それじゃ絵にならないので 写真と同じで 加工しなければ 機関車だけを ハッキリクッキリとは、撮れないのでね そこら辺が 実際 夜汽車の写真は、どうやって撮っているんでしょうかね

EF66機関車軍団4

こういう画像を 撮りたかったのだが 加工しないと無理なのでね この画像は、ビューわかしおさんの「夜明けのブルートレイン」いうVRM5版の画像を 塗り絵で加工したものだが こういうのを やりたいのだが 

実際の真夜中の真冬の踏切画像から

真夜中の雪の踏切1

こんな感じで 周囲は、真っ暗で 踏切道だけを 照明が照らしているのが 実際の踏切だ。なので たまに夜汽車の画像を 見るのだが あれは、本当に加工修正しないで 綺麗に写真が 撮れるのか不思議でね そもそも鉄道写真は、加工修正しても OKなのか 毎日 富士通の世界の車窓のカレンダーの鉄道風景の写真画像を 眺めているのだが なんで あんなに前後の風景が どんぴしゃで綺麗に見えるのか不思議で どうやったら ああいう写真が撮れるのか どこにピントを合わせるのか 

プロは、どうやっているのでしょうか 投稿写真は、加工した写真は、駄目なのか そこら辺が 素人なので よくわからないのだが そう考えると 鉄道写真を撮るのも 奥が深いのでしょうかね

今時 加工しない写真なんて ほとんどないと思うのだが 絵画でも写真でも加工とか模写みたいなものは、美術展などでは、昔は、絶対ダメと聞いてましたが 今は、どうなんでしょうかね

雪景色月明りの走行シーン2

今日も日本海縦貫線の雪景色からの情景シーンの紹介だ。今回は、VRM3神社が見える海岸線からだ。

仮想日本海縦幹線雪景色月明かり海岸線4

この月明りが好きなんですが 誰も そう思わないようで

仮想日本海縦幹線雪景色月明かり海岸線1

やっぱり真っ白からグレーに変えてみましたが 言わなければ 雪には、見えないか 

仮想日本海縦幹線雪景色月明かり海岸線2

この鉄道模型シミュレーターの新しいバージョンのVRMNXの7丱押璽犬良品が次から次と出て来てますが 鉄道模型シミュレーターの描写は、どこまで 精密描写を目指すのでしょうかね

仮想日本海縦幹線雪景色月明かり海岸線3

VRM3版も20年前のゲームですから 描写に関しては、古さを感じるのでしょうが やっている人が古いので まあ しょうがないか



このVRM3版の動画を見て こちらの動画を見れば どうして人気がないのが一目瞭然だ。
20年経過しての世界の鉄道シミュレーターの描写の流れは、こういう感じになっているみたいです。



こちらのTrainz Railroad Simulator 2019のオフィシャル動画からだが このTrainz Railroad Simulator 2019の前のTrainz Railroad Simulator 2017のDL版用のCDロムも持っているのだが 結局 英語がわからず使えなかったけど ここの鉄道模型シミュレーターVRM5も似たようなもんですが

結局は、自分で作ったレイアウトで 自分で動画を撮って見せびらかして 自分で楽しむ それが出来るのが この鉄道模型シミュレーターV3しか出来ないというところが 現状なのでね

3DCGの描写に関しては、もう 諦めるしかありませんね

いくら綺麗な3DCG描写を 見せられても 自分で作れなきゃ面白くない そこが メーカーさんには、伝わらないのだが その割には、Trainzのようなオフィシャル動画を UPして来ないで7个世箸9个世箸コアな部分を攻めて来るのだが ユーザーの意見が さっぱり聞こえて来ないのが 不思議だ。

雪景色月明りの走行シーン1

日本海縦貫線レイアウトの雪景色から月明りのトンネル出口からの走行シーンを動画にしてみました。今回は、思い切って 今までの真っ白な雪景色から真夜中の雰囲気に合わせて少し薄いグレーで雪景色を表現して見ました。それが こちらの画像だ。

仮想日本海縦幹線雪景色月明かりトンネル出口1

背景は、いつものZiOさんの月明りの背景を使っていますが 今回 今まで雪景色は、下のがぞうのような真っ白の地面テクスチャーを使っていましたが 

仮想日本海縦幹線雪景色カーブ9カシオペア

思い切ってグレーの地面テクスチャーを 使って見たが どうでしょうかね

仮想日本海縦幹線雪景色月明かりトンネル出口2

こんなレイアウトひとつで わざわざ雪景色の白からグレーに替えても 誰も興味を持ちませんが そこが長年やっていると どうなるのか? という興味の方が 勝ってしまって やってしまった訳だ。

仮想日本海縦幹線雪景色月明かりトンネル出口3

実際 いくら月明りの真夜中に見える雪景色でも真っ白には、見えないからね あれは、直接光が当たれば 白く見えますが そうでない場所は、この色合いとは、言いませんが 少しグレー掛かっていた記憶があります。これは、昔 現場仕事で 真冬の夜間作業をしていた頃に 眺めていたのでね

あれって夜中の2時から3時頃に 一瞬温度が高くなるような感じがあって 不思議な感じと 書いても わかんないか 作業しないでタダ突っ立ていると わかるのだが 普通は、皆は、動いているから 感じないかも 今になれば 懐かしいお話だ。

トンネルから 抜け出るシーンからだ。 



前に紹介した在来線のトンネル出口からの走行シーンと比べて見ると イメージが違うように感じるのだが まあ自己満足の世界なので この続きも しつこく紹介だ。

トンネルを抜けて貨物編成がクル〜の巻

昨日の新幹線のトンネルからの走行シーンからの続きから 在来線のトンネルからの走行シーンからだ。

仮想日本海縦幹線雪景色トンネル在来線1

在来線の上り線からの単線トンネルからの走行シーンから

仮想日本海縦幹線雪景色トンネル在来線2

485系3000番白鷹から 

仮想日本海縦幹線雪景色トンネル在来線3

EF8195ロゴ入り牽引コンテナ貨物編成から このトンネルから抜け出るシーンが 好きなんですが

仮想日本海縦幹線雪景色トンネル在来線4

EF55-1000重連コンテナ貨物編成から 雪景色も好きなんだけどね〜 

仮想日本海縦幹線雪景色トンネル在来線5下り

こちらは、下り線側の複線トンネルから やっぱり地下鉄トンネルにしか見えないか

仮想日本海縦幹線雪景色トンネル在来線6下り

EF6632クーラー付きコンテナ貨物編成からだ。このEF6632じゃなくEF6627が その後のVRM関係では、クーラー付きは、なっているみたいだ。この機関車の番号は、鉄道模型でも そうだが メーカーさんは、どういう基準で決めるんでしょうかね

仮想日本海縦幹線雪景色トンネル在来線7下り

EF5861お召列車編成からだ。昔は、このEF58が電気機関車の王様というか 機関車と言えば このEF58と ずっと思っていましたが 最近は、なんか変わって来ましたね

EH500金太郎とかEF510レッドサンダーとか スッキリしたデザインの機関車の方が 最近の自分としては、好みかも知れません EH500金太郎も 1次型、2次型、3次型とあるけど その中でも3次型が 一番好きですね 機関車の好みも コロコロ変わるのが おいちゃんだ。

在来線のトンネルから出て来るシーンからだ。

トンネルを抜けて新幹線がクル〜の巻1

いや〜暑いです。部屋に居ても 暑いので 風呂で水浴びしてました。まあ よく2年前までは、炎天下の真夏に外仕事を やっていましたね 昨夜は、近所では、夜間作業で道路工事をしていました。おいちゃんも2年前は、同じような感じの仕事を やっていたので ご苦労様です。 

あんまり暑いので 雪景色の動画をUPしてみました。仮想日本海縦貫線からの雪景色で 考えてみればトンネルをメインにした動画をUPした事が あんまり無かったので 今回それを やってみました。

仮想日本海縦幹線雪景色トンネル新幹線1
















まずは、新幹線の上り線側からの走行シーンからだ。このVRM3版のIMAGIC複線トンネルなんだが これは、何回も しつこく都会の地下鉄のトンネルじゃないんだから 天井が真っ平のトンネルなんか山奥の山を貫くトンネルなんかじゃ見たこたね〜と 散々文句を書いていたら なんと 20年近く経過して 新しい次世代VRMNX版には、新しい複線トンネルが登場しました。それを含めて紹介だ。ちょこっと下り線の最高尾の0系新幹線が見えます。下は、在来線の トンネルから 出て来たところで これは、後から紹介だ。

仮想日本海縦幹線雪景色トンネル新幹線2

E2系はやての東北新幹線が トンネルから 出て来たところからだ。

仮想日本海縦幹線雪景色トンネル新幹線3

次は、200系やまびこの東北新幹線からだ。30年以上前だから平成になる前か 当時は、仙台から大宮までしか開通してなくて そこから リレー号(185系)で上野まで東北本線の在来線で行ってたんだね〜 今調べたら 1982年(昭和57年)11月15日国鉄ダイヤ改正では、上野〜仙台間の特急ひばりがが4時間10分程度であったのが2時間40分程度に短縮され、更に大宮駅 - 仙台駅間に限れば、それまでの3時間45分程度が2時間弱になっていると 書いてありました。 という事は、単純に このリレー号は、大宮〜上野まで約45分近く掛かっていたんだ。どうりで乗っている時間が長かったね〜

仮想日本海縦幹線雪景色トンネル新幹線2

E2系はやてからだ。ここで少し東北新幹線について どうも時系列が ちんぷんかんぷんになってしまったので おさらいだ。

★1982年(昭和57年)6月23日に大宮駅 - 盛岡駅間が暫定開業した。上野駅 - 大宮駅間には、リレー号が運行された。
★1985年(昭和60年)3月14日に上野駅 - 大宮駅間が開業し、最高速度240 km/h運転を開始した。上野駅 - 盛岡駅間の所要時間は最短で2時間45分に短縮された。
★1991年(平成3年)6月20日に東京駅 - 上野駅間が開業した。
★1992年(平成4年)7月1日に山形新幹線400系つばさが東北新幹線との直通運転を開始した。
★1994年(平成6年)E1系Max二階建て新幹線が登場
★1997年(平成9年)3月22日に秋田新幹線「こまち」として東北新幹線との直通運転を開始した。
★2002年(平成14年)12月1日に盛岡駅 - 八戸駅間が開業し「はやて」の運行を開始した。所要時間は東京駅 - 八戸駅間では、2時間56分
★2010年(平成22年)12月4日に八戸駅 - 新青森駅が開業し、39年の歳月を経て全線開通となった。これにより、東京駅 - 新青森駅間の所要時間は、3時間23分となった。
★2016年(平成28年)3月に新青森駅 - 新函館北斗駅間が開業した。東京 - 新函館北斗駅間の所要時間は最短で4時間2分となった。東京〜新函館北斗駅間が 全長862k500mだ。

最近 新幹線にも 乗っていないので この流れが 分かりませんでした。

仮想日本海縦幹線雪景色トンネル新幹線4

1994年(平成6年)登場のE1系Max二階建てからだ。

仮想日本海縦幹線雪景色トンネル新幹線5下り

こちらが 新幹線の下り線側からのトンネルから抜け出るシーンからだ。こちら側からだと よく この複線トンネルの形状が 天井が真っ平だというのが よくわかります。

仮想日本海縦幹線雪景色トンネル新幹線6下り

東海道新幹線の0系からだ。こちらは、1964年10月1日(昭和39年)に登場だ。

仮想日本海縦幹線雪景色トンネル新幹線7下り

100系から こちらは、1985年10月1日(昭和60年)に登場だ。という事は、0系から21年近くも新しい車両が 出て来なかったのか

仮想日本海縦幹線雪景色トンネル新幹線8下り

最後は、個人的には、一番好きな300系からだ。こちらは、1992年3月14日(平成4年)だから 100系から7年近くで 新しい車両が 出て来た計算だ。これ以外の500系や700系なども ここの鉄道模型シミュレーターV3には、あるのですが 今回は、懐かしの昭和の新幹線で 攻めてみました。 というか こればっかり走らせていますからね あの500系は、どこに行ったのでしょうか 最後は、好のみで 使ってしまう 鉄道模型と一緒です。



たかが新幹線のトンネル動画を1本紹介するに なんで東北新幹線の沿革まで調べて書いているのでしょうか まあ これも ほとんど新幹線に乗らなくなってしまったからでしょうか 急がないと 東京までなら高速バスか 車で行ってしまうからね 何十年前には、年に2回は、必ず乗って名古屋方面に行ってましたが その時の あの乗り換え時間がと 乗車券のキャンセル待ちとか 今みたいに指定券というのが 簡単に手に入らない時代だったので その時間を最初に決められるというのが 嫌でしたね

仮想日本海縦幹線日本海を行く その52

仮想日本海縦貫線の雪景色から新幹線走行動画の続きからだ。上空からの雪景色と海岸線を眺めて見ました。 一応今回で この仮想日本海縦貫線のレイアウト紹介は、終了の予定です。

仮想日本海縦幹線雪景色夜明け前 新幹線上空1

夜明け前の雪景色から 新幹線が走行して その下を在来線が 通過して行くというイメージだけの仮想世界だが これこそが 鉄道模型シミュレーターで 楽しめる自分だけの世界だ。

仮想日本海縦幹線雪景色夜明け前 新幹線上空2

確かに これは、人に紹介するような趣味では、ないが かといって この前ここで書いた「趣味と道楽ってなんだ」のような オタクは、自分で満足すればいい趣味と ほざいた評論家に対して オタクだろうが 人に見えびらかしたいという願望を そのまま表現し続けているのが このおいちゃんだ。


仮想日本海縦幹線雪景色夜明け前 新幹線上空3

こんな感じの廃盤ゲームのレイアウト画像など どこが面白いのと思うかも知れませんが 本人が気に入れば それでいいのです。小学生の孫が TVゲームが好きで買って2日も経たない内に攻略して 飽きて すぐ別なゲームに 乗り換えるのを見ていると クリアすれば ハイおしまいという そういう感覚の今の時代の感覚と 遊んでいる時間が楽しいのであって それで 暇つぶしが出来れば これこそ金も掛らず 長く遊べていいような気がするのだ。

仮想日本海縦幹線雪景色夜明け前 新幹線上空4

ところが そう考えているのは、世の中では、自分一人みたいでね 孫にも 馬鹿みたいと言われ 挙句に その親が 買ったゲームを 1ヶ月も経過しない内に 高く売れるからと 売りに出して 又新しいゲームを 買い与えているのを眺めていると こりゃ時代が違うのか それとも下級国民の 馬鹿親子なのか 上級国民なら こういう考えは、しないのじゃないのかと思うのだ。

仮想日本海縦幹線雪景色夜明け前 新幹線上空5

そもそも なんか最初から 自分もそうだが 夢を追って いい学校に行っていい会社に就職して いい人生を送ろうなんて これっぽちも考えて来なかった者が ああだこうだも言えないので 人生色々考えも色々 趣味も色々 オタクにも色々ありまして その中の 変わり者なのかも知れません

仮想日本海縦幹線雪景色夜明け前 新幹線上空6

夢は、叶えられなくても まあ こうやって 好き勝手な事が出来ているので これは、これで良しと思うのだが まあ 趣味で 物を集めるというのも これまた 自分では、作れないとか やれない事に対しての 別な意味での願望なのでね そこが 鉄道模型に対しての中古市場に出回らない鉄道模型シミュレーターというゲームの 車両を収集するという楽しみが出来ないのが 残念な一面だ。

仮想日本海縦幹線雪景色夜明け前 新幹線上空7

なんか 今日は、雪景色の夜明け前を紹介するつもりが 20年近くも廃盤ゲームを続けている自分に対して 小学生の孫にも馬鹿みたいと言われ 本当に馬鹿なのかと 思ったので つい愚痴ってしまったが かといって あの石田くんみたいに 元気とお金に余裕がないので ゴルフやお姉ちゃん遊びや飲み会も出来ないので やっぱり このオタク道を まっしぐらだ。孫に そのゲームのお金は、おいちゃんの貴重な小遣いからの お年玉じゃないのか 金返せと 言いたいわ




ここを 見に来てくれる来訪者も 最近 元に戻って来た感じで こういう感じが ここのブログの本来の形で好き勝手書いてますのでね それにしても高齢者で 片方で鉄道模型趣味を辞めて 処分している人が居る一方で これから それを始めようかと思っている高齢者も居る 鉄道模型シミュレーターも そういう点では、少しユーザーの購買層の年齢とか客層を どう考えているのでしょうかね

上級者とか自作車両が作れる人だけが この鉄道模型シミュレーターを楽しんでいる訳じゃないのだ。と ここの新VRM3★井戸端会議では、長年 訴えているのだが メーカーさんには、届かないね

仮想日本海縦幹線日本海を行く その51

日本海縦貫線の雪景色紹介も 前回の50回で 辞めようと思ったのだが 新幹線からの眺めも 残っていたので ここで紹介だ。ここの鉄道模型シミュレーターV3も 20年近く経過していますが これから紹介する新幹線の車両も 考えて見れば 全部 廃車になった車両ばっかりになってしまっているんですね ここのVRM3版も廃盤ゲームですが 中に登場している新幹線も 廃車ばかりとは、時の流れを感じますね

新型車両を狙うのか それとも レトロな車両を狙うのか でも そういう感覚じゃないので 要は、気持ちが コロコロ変わるので 車両に関しても 機関車なら 昔は、ED75とかEF58などが 好みでしたが 最近は、EH500金太郎とかEF510レッドサンダーとか どこで どう変わったのか自分でも わからないのだ。まあ これは、車のスタイリングと同じで 丸みのあるボデーが好きか 四角い角ばったボデーが好きなのか 自分の中の流行としか 言いようがありません

と 余談は、いいとして 画像を紹介だ。

仮想日本海縦幹線雪景色夜明け前E1MAX系1

最初に登場は、これまた古いVRM2版の東北新幹線E1系Max旧塗装色からだ。これこそ20年以上も前の鉄道模型シミュレーターの新幹線車両の中でもVRM2版には、100系と300系が 他にあるのですが このE1系Max旧塗装色だけは、ここでは、今でも現役で ずっと使っています。 確かに 見た通り 作りは、VRM3版新幹線に比べると雑ですが 最初 嫌いだったが 使っている内に 一番のお気に入りになった新幹線車両なのだ。 ひとついい所を見つけると 他は、どうでもいいかとなる恋心みたいなもんだ。

仮想日本海縦幹線雪景色夜明け前200系1

次に登場するのが この東北新幹線200系からだ。 これも どうしても あの東海道新幹線のアイボリーとブルーのイメージと比べてしまって 出始めは、あんまり使いませんでしたが 東北新幹線の みちのく三兄弟あたりから 頻繁に使うようになりました。

仮想日本海縦幹線雪景色夜明け前200系2

また 結構この新幹線は、意外と 作りが丁寧で 細かいリベットまで表現していたから そういう細かい所に気が付くと これまた 惚れちまうのです。


仮想日本海縦幹線雪景色夜明け前E2系1

次は、やっぱり東北新幹線のE2系はやてからだ。 E2系には、「はやて」と「あさま」の2種類があるのですが どうしても こちらのはやてを 使ってしまいます。なんでも シンボルマークは、リンゴをあしらったものだそうですが どっちが「あさま」か「はやて」か いつも間違ってしまいます。

仮想日本海縦幹線雪景色夜明け前100系1

東海道新幹線の100系からだ。先頭の丸みから 少し尖った感じのシャークノーズと呼ばれる形状になったと ここの新幹線書籍をゲットだぜ!の新幹線車両大全には、載っていました。


仮想日本海縦幹線雪景色夜明け前100系2

この100系も VRM2版では、だいぶ苦労したのか このVRM3版の出来栄えは、中々いいです。このシャークノーズの形状が 他の鉄道シミュレーターや鉄道模型の車両を見ても 先頭のとんがり部分が 微妙で 実車とは、違ってもカッコいい形状を どうやって形にするのか そこが見ものだ。

仮想日本海縦幹線雪景色夜明け前300系1

そして 先頭しか見えない300系からだ。20年近く この鉄道模型シミュレーターを やっていて 新幹線で 一番走らせているのが この300系だ。 最初は、500系が 多かったが なんか途中から好みが変わったのか 500系は、最近 ほとんど使わなくなったね

仮想日本海縦幹線雪景色夜明け前0系1
  
最後は、0系からだ。トンネルの中しか 画像がなかったので この0系には、大窓の初期の0番台と窓を小さくした1000番台の2種類があるらしのだが 前に紹介したE2系はやてでも0番台と1000番台では、窓の大きさが違うみたいだ。

この窓の大きさというのが ミソで 高速運転をする車両は、窓が小さいに越したことはないという当たり前が わかっていながら 移動手段としてよりも 昔の鉄道の車窓を楽しむが 優先するという考えだったんでしょうかね  ガラスは、小さな傷が付くと いつかは、割れる なんだそれ

新幹線からの前面展望走行動画からだ。朝焼けの海岸線を 突っ走ています。

 

仮想日本海縦幹線日本海を行く その50

仮想日本海縦貫線レイアウトの記事も なんだかんだで50本目だ。 今年の5月31日に「仮想日本海縦幹線日本海を行くその1」で 紹介してから2か月以上も この日本海縦貫線を やっている訳です。

こんな感じで何百本も レイアウトを作って来たのか そして ここで紹介して来たのか 本当にヒマジンで 物好きオヤジだ。しかも 20年近くも 昔の廃盤ゲームの鉄道模型シミュレーターV3を 続けているのだから尋常じゃありません 一番メーカーさんから嫌われるタイプですが しょうがないね 

さて 今回は、背景に春霞という自分が用意した背景を 使って見ました。

仮想日本海縦幹線雪景色春霞1


上の画像じゃ背景の春霞とい感じが 見えませんが 手描きというかギザギザな所が 素人なので


仮想日本海縦幹線雪景色春霞2


要は、グラデーションで 雪山をイメージしているのだが 直接の256x1024細長いサイズの画像だと もう少し こういうギザギザは、目立たないのだが 


仮想日本海縦幹線雪景色春霞3


こういうVRM3版のビュアーで眺めると この細長い画像を 丁度 丸い円筒にした感じで 繋いだ感じに見えるので そして 拡大して このように見えるから それを考慮しながら この背景は、作らないと 駄目なのだ。

仮想日本海縦幹線雪景色春霞4


そこが これまで紹介したZioさんの背景画とか 諸先輩の背景画などは、ここらの処理が どのようにしてあるのか なんでも 実際の256x1024サイズより 少し背景画を大きく作った方が いいとも噂では、聞きましたが 一度 試したような気もするのだが やっぱり いつものやり方に戻った気がしています。

仮想日本海縦幹線雪景色春霞5


これが 雪景色でない夏場の海岸線だと ちょっとイメージが 合わないか だから こういうリバーシブルの夏と冬の二通りのレイアウトが混在していると 地面テクスチャーも そうですが背景も リバーシブルに出きれば最高なんだが ここのVRM3版では、無理なお話だ。

こういうのを 出来もしないのに気が付いて やれ Trainz では、マウス一つで 季節や時間や天候が変えられるなどと 散々昔は、ここで 書いたので その反動で より そういう難しい操作が ここの鉄道模型シミュレーターでも出来るように なったらしいのだ。(本当かどうかは、知らないが)

しかし それに対して 年々頭が劣化して行くおいちゃんは、まったくの逆で 丸っきり付いていけないのが今の現状だ。操作が覚えられないというのは、こういうゲームで遊ぶ中では、致命的だね

そう考えると 眺めるだけでも コレクションという持っているだけで 満足という気持ちにさせてくれる鉄道模型は、なんか資産価値とでもいうのか いつかは、売れると思うと なんか安心だ。

と 脱線してしまったが 春霞の動画からだ。



ここのブログの楽しみ方は、レイアウト製作の途中を 紹介し続けているのが特長で 最初の頃のレイアウトと 完成したレイアウトを 見比べると どう変化したかが よく分かります。

そんな制作途中の動画から6月6日の「仮想日本海縦幹線日本海を行く その7」から 



最初 651系スーパーひたちが 登場していたんですね どこで あの485系3000番に入れ替わったんでしょうか この頃は、まだ 海岸線は、出来ていませんでした。

こんな感じで レイアウトの最初から完成までを ほとんどのレイアウトで紹介していたので 暇な時に自分で 見直していますが もう すっかり何を作ったかも忘れてしまってね

でも 考えて見れば これは、貴重なVRM3版のレイアウト制作記なので 自分用の資料としても 書籍にしてまとめて置きたいくらいですが いつ ここのブログも閉鎖されるか わからない時代なので なんでも今の時代は、「ある日突然」が 起こるかもしれないので

或る日突然と言っても トワエモアを 知らない人には、わからないか
アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
Archives
livedoor プロフィール

おいちゃん

鉄道模型シミュレーターVRM3専用の分室です。難しい話は,一切ナシ ただレイアウト等を作って自分のお金で楽しむだけの人 大歓迎 !

鉄道模型が 大好きな癖して ひとつも持っていない ただ 人の物を眺めるのが趣味な変なおっさんです。 

QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ