新VRM3★井戸端会議

VRM3こそお金が掛からない大人の一人遊びだ。そういう考えの方どうぞ!

並走バトルシリーズ

モリタ倶楽部杯GIレース開催6

モリタ倶楽部杯G1レースも最初7組分のレースコースを用意していましたが どうもYouTube動画でも評価が 良くないみたいなので 今回のカーブコースGで 最後にしました。

15編成スタジアムカーブGゴール1

なのでYouTube動画に UPしたのは、今回のカーブコーナーGを含めて6本だ。やっぱり 最初から これは、作るのに無理があるとは、思っていたのですが おいらの腕では、ちと 無理でしたね

最初 このタモリ倶楽部の動画を見た時は、これは、面白いと思ったけど あれは、実際の鉄道風景を使っているからで これを 仮想鉄道模型で 表現しても あんまり意味は、無かったみたいだ。

そして一番の面白い所が あのナレーションが 面白かったので それを なんとか表現しようと SoftTalkを もう一度インストールして やっては、見ましたが これも 上手くいかず まあ限界だ。

それでも なんとかSoftTalkの 使い方が わかっただけでも まあいいか しかし たった3分近くの動画1本作るのに なんだかんだで 丸1日近く掛かってしまった原因は、ちゃんと 確認しながら 付属の画像や音声などを 作れば いいのに 楽しようと コピペで 間に合わせようとしたのが 間違いの原因だったみたいだ。

1本ずつ動画は、作ったのだが 付属の画像や音声は、まとめて作ったから 動画を作る段階で間違いが わかって 又 作り直しを してしまい時間が 普通の倍以上も掛かってしまったのだ。

しかも 出来上がった動画は、あんまり評判は、良くないみたいですが しょうがないね



ユーチュバーじゃないので 動画をUPすることに 意味があるので あくまでも おいちゃんの好きなように この鉄道模型シミュレーターV3の動画をUPしているので よろしくだ。

モリタ倶楽部杯GIレース開催5

又 モリタ倶楽部杯GIレースの動画を作っていました。あれだけ 面倒で失敗だらけなので 辞めようと思ったのですが ついついやってしまいました。他に やることがないのでしょうかね

いやあ やりたい事は、あるのですが 結局 これしか頭を使わず お金も掛からない お遊びは、見当たらないのでね それにしても あのSoftTalkを 使って音声変換して音声を付けているのですが あれって 書いた通りには、音声変換しないみたいで なんか上手く行きませんね 

まだ これからも 使う予定ですが 最近このファイルの保存の管理が悪いのか チョンボが多くて 困ったもんです。

15編成スタジアム踏切Dゴール1

今回は、北側団地前の踏切Dをゴールにした第1.2.3レースの動画を 作って見ました。 このカーブコーナーから直線ストレートに進入する場面が 好きなのだが こういうちょとした場面が いいんだね こういう感じが わかるようになるには、おねえちゃんの ちょっとしたしぐさが 可愛く見えるのと同じでね 

そこら辺が 若い時の外見重視から 歳を取ると 顔じゃない別な面の可愛さが 気になるおっさんの感覚に近いので それは、 なんで こんな50年以上も前の103系が いいのか 自分にも よく わからないのだが 最近の新しい電車に比べると 乗車しないで ただの車両を見た感じだと シンプルイズベストというか まるで無印良品の電車みたいな感じに見えるのだ。

新幹線も どんどんロングノーズになって来てますが やっぱり 0系、100系、300系までが なんとなく新幹線のイメージで そう考えると 無理して これ以上 車両を増やさなくても いいかと思うと まあ これでいいか

なんてね そう思っているのは、自分だけか

モリタ倶楽部杯GIレース開催4

相変わらず 懲りずにモリタ倶楽部杯103系決定戦の動画を作っていました。本当に やる度に 間違いが見つかり 出来上がってから気が付くの繰り返しで だったら辞めたらと自分でも 思うのだが 性格が 異常なのか途中で断念するのが 嫌いなので まずは、1本くらいは、完成させなきゃと 頑張っていました。

まず大きな間違いと失敗の原因は、この103系対戦バトルの動画を 作るのにあたって 欲を出して どうせ作るなら このスタジアムレイアウトの5箇所の踏切と2箇所の定点カメラを 利用すれば 対戦動画が 作れると思って 一つの踏切で 3組の対戦バトルが作れると思ってね 結局21の対戦バトルが 作れる感じに 動画は、撮ったのだ。

しかし それに付随して やれ出走の枠順の画像や 確定後の順位の画像そして各踏切ゴールの画像などを 動画の中に組み込まなければ 本物のような感じには、なれないと バタバタ突貫作業で作ったのだ。これが 良くなかったんだね もう 間違いだらけで 作って完成して動画に組み込む段階になって気が付いた状態だ。普通なら ここで 諦めて 辞めりゃいいのだが 画像は、作った そして これまた大変だったのが SoftTalkという音声再生のソフトが 上手く出来なくて これまた大変でした。

とにかく 元の鉄道模型シミュレーターV3が廃盤ソフトなら それを編集しているのが 古いPCに入っているWindosムービーメーカーという これまた廃盤ソフトなので 古いPCじゃないと作れないと 新しいPCで 動画や画像を撮って それを 古いPCに移して作る まあ アホな作業をしていました。

15編成スタジアム踏切Aゴール2

まあ ここで ぼやいても しょうがないのだが 新しい動画編集ソフトも 気には、なっているのですが とにかく ここのVRMと同じで 扱い方が覚えられなくてね だから 昔のような 難しい機能なんて 要らないから 簡単に使えて 最低限の編集が出来るソフトは、どれなのか 昔は、本屋で探してそこから購入したのですが 本当に 家から出ない世の中の世界とは、真逆の生活だ。

どうでも いい話は、いいとして まずは、この画像の踏切Aが ゴールの動画から紹介だ。これは、第2作の動画です。




2本目だから 1本目を コピペして簡単に作れると思ったら やっぱり駄目でした。画像も 間違っていたし 音声を取り込むにも 又 一から作り直したりと 楽してコピペして作ろうとするのは、ここの鉄道模型シミュレーターV3でも 一番の間違いの原因ですからね

そして こちらが テスト版で紹介していた 踏切Bゴールのまとめた動画からだ。 これも 出来上がって 間違いが あったりして 自分は、しょっちゅう文字入力の間違いなどを気付かずに ブログなどを UPしていますが 実際 世の中で パソコンで作られた文章や統計など 一字一句間違いがない記録など あるのでしょうかね 昔 税務署で 消費税の話しで 1円未満の単位について 切り上げか切り下げか四捨五入は、税務署では、決めていなくて個人が決めて下さいと聞いたことがあって なんだそりゃとおもった事があったのを 思い出しました。

その間違いが多かった 踏切Bゴールのまとめた動画も 紹介だ。




出来上がってしまうと 苦労して作った割には、中身が薄くて 自分でも 面白くない動画だと 一瞬感じましたが まあ ユーチュバーじゃないのでね あくまでも 自分で作って自分で載せて楽しむ 尚且つ 人様に 見て貰えば いう事ナシだ。 この最後の人様に見て貰うというのが 一番ここの新VRM3★では、キツイ状況でね まあ それでも このVRM3版中心の動画制作という基本方針は、ブレたくないのだ。

モリタ倶楽部杯GIレース開催3

散々 失敗して やっとこさ このモリタ倶楽部杯G1レース103系決定戦の踏切Bゴールの第1戦のテスト版が完成しました。 たかが1分程度の動画を作るのに なんと 12時間以上も掛かって ようやくテスト版の完成だ。実際は、昨日からなので丸一日掛かりだ。本物とは、全然中身も出来も まったく違うものですが まあ ご覧下さい

 

こういう感じで コースとしては、7か所で レースは、それぞれ3回戦づつ戦える予定なので 作る気になれば 21本は、作れるのだが まあ 失敗ばっかりで 只今 検討中です。

元のタモリ倶楽部の企画が 素晴らしかったので 真似してみましたが 動画に対する付属の部品の画像を作ったり 今回 久しぶりに使ったSoftTalkを 又 DLしてみたりと 苦労続きで なんせ やり方を すっかり忘れたりして もう 覚えられない このボケ頭を つくづく感じました。

まあ 少しYouTube動画の反応を見てから考えるか 

モリタ倶楽部杯GIレース開催2

昨日紹介したモリタ倶楽部杯G1レースの動画制作に取り掛かっていました。が これが 上手くいかず失敗の連続で 嫌になって来ました。

まず基本的な間違いをしてしまい その為に全部一から手直しみたいな感じになってしまい やる気が 起きません その一番の原因が 昨日 必死こいて作った動画用の画像なんですが これの最初の編成表が 間違っていました。

そもそも その間違いに気が付いたのが 踏切Bがゴールのテスト動画を作って そこで 今回 タモリ倶楽部のようにナレーションを 付けて見たいなと思い SoftTalkという文章を自動で会話にしてくれるソフトを 使ってやってみようかと思ったら あれ おかしいなと 気が付いたのだ。

15編成スタジアム踏切Bゴール2

どうも 動画の出走の順番と 画像で作った枠順番が 違っているようで 音声を 付け加える段階でも 気が付かず テスト動画が完成してから ゴールしてからの順位と枠順が どうも おかしいと思うようになりました。

そこで 全部一から見直したら やっぱり 昨日作った部品用の画像が間違っていました。その一つが こちらの第1レース用の枠順の表からだ。

モリタ倶楽部杯記念103系踏切B第1レース出走車両1x

この第1レースの配置の順番を すっかり 他の103系編成と 似たような構成で配置していたと ずっと勘違いしていて それが一番の原因みたいでした。

モリタ倶楽部杯記念103系踏切B第1レース出走車両1〇


こちらが 正解の103系第1軍団の配置表だ。なぜ間違えたかと言うと

モリタ倶楽部杯記念103系踏切B第2レース出走車両2


こちらが 第2レース用の 配置表からで 

モリタ倶楽部杯記念103系踏切B第3レース出走車両3


こちらが 第3レース用の配置表で1番線、2番線、3番線と カナリア色、ウグイス色、オレンジ色と 揃えていたと思い込み 第1軍団も すっかり同じだと勘違いしていました。 その為に 全部もう一度 最初から やり直しだ。

最近 どうも こういう間違いが多くてね 今年の1月から5月頃まで作った画像のファイルとフォルダも 消えてしまって 削除してしまったんでしょうかね

そもそも このレイアウト配置図表を作った時に 

モリタ倶楽部杯記念103系GI路線図1x

一番最初に 間違えたみたいでね

モリタ倶楽部杯記念103系GI路線図1

このエンドレスの8の字になっていると 場所によっては、内側になったり 外側になったりするので たまに 進行方向を間違えたりしたりするので 本当に 指差し確認をしないと 駄目な歳になって来ました。 だから 新しいVRMNXなどのような最新の技術を 皆さんよく覚えられるな〜と 関心しています。

さて 又 これから もう一度 作り直して行きますかね 楽しようと 一回ごとに確認しないで 手抜きしたのが 一番の原因かも知れないね 

モリタ倶楽部杯GIレース開催1

YouTube動画で見付けた タモリ倶楽部の人気コーナーだったらしい「鉄道車両によるGI・G轡譟璽」という動画を見て 久しぶりに こんなに面白い企画もあるんだと ぜひ これを こちらの鉄道模型シミュレーターV3で 出来ないかと やる気になりました。

そこで まず動画を 作る前に途中で 逃げないように材料だけを先に作って ぜひ これを やってみたいとの意気込気だけで まずは、予告編からだ。

モリタ倶楽部杯記念103系GIタイトルA


こんな感じで 完全なパクリみたいですが 名称も モリタ倶楽部杯と命名して ここでは、前回作っていた103系15編成並走スタジアムレイアウトを利用して103系でやってみようかと思っています。

モリタ倶楽部杯記念103系踏切B第1レース出走車両1

やる以上は、出来るだけ本物に近づけたい一心で こんなものを作って見ました。本物は、タモリが演じる伝説の競馬の騎手岡山田豊を演じ もう一人の解説実況アナウンサーが塩原恒夫という本物のアナウンサーだと思うのですが その掛け合いが面白いのですが そこまでは、動画では、作れないのでね

ただ列車編成を 走らせて ある地点での順位を 見るだけなので 本物とは、全然違いますが まあ本人としては、とにかく やってみるというのが いつものお遊びだ。

モリタ倶楽部杯記念103系GI路線図1

動画を撮る準備としては、ここの7か所で 鉄ちゃんダービーを行う予定だ。それにしても あのタモリ鉄道倶楽部は、他の回を観ても 面白いのが 沢山あったりして 視点が面白いですね

しかし よくこういう企画を考えるね〜 この前 紹介した「女性運転士達の戦い」や「 電車でD」など そのアイデアが 面白いんだが MMD鉄道も ドラマ仕立てとかもあったりして そういう意味では、この鉄道シミュレーターというのは、腕と技術とアイデアがあれば これから伸びる要素は、あるように思えるのだが

如何せん おいちゃんには、その三拍子がないから 昔の紙芝居のような作りで 頑張るしかないか 上の画像も 全部 他の画像から 切り張りして貼り付けて作っているのでね

縦文字も 切り張りで 貼り付けて作っていますが 最初から エクセルとかで作ればいいんでしょうが ここ2年以上も エクセルも 触っていないので やり方を 忘れてしまって まあ 面倒かも知れませんが 使い慣れたやり方が 一番 早いのでね


京急とJRの併走動画から

電気機関車のブロワー起動音からの動画を 紹介するつも予定でしたが たまたま見つけた「長時間併走バトル京急とJRの併走はやっぱ最強だったwww 」 という並走バトル動画の コメント欄のコメントが 面白かったので紹介だ。

詳しくは、知らないのだが 京急本線は、標準軌の1435mmで JR東日本の東海道本線区間は、狭軌の1067个世修Δ如”弊遏漸I祐屬世函ゝ急の特別快速だけが 最高120km/h区間だそうで 東海道本線の品川〜横浜間も 同じ最高120km/h区間だそうだ。 ここに 面白い記事があったので紹介だ。

毎日繰り広げられている、東海道線VS京急線快特の横浜〜川崎間の熾烈なレース。同時発の電車で勝負するとJRか京急か、どっちの勝率が高いんだろう? という記事だ。

2年前の記事で ダイヤも古いのだが 平日ダイヤだと、午前8時ちょうど、午後7時27分、午後9時18分の3本のみと 限られた時間しかなくて 日中だと JR東が 1分早く横浜駅をスタートしても 京急特快が川崎駅に1分20秒早く到着と 書いてありました。 このサイトの最後のページに 勝率が書いてあるので 気になる人は、どうぞ

で 今回の並走バトル動画は、9分35秒と 並走バトル動画としては、異例の流し撮り動画なので 臨場感が あって面白かったね〜 それにしても 速いね〜 今 山形で 現場仕事している関係で よく 山形新幹線を見掛けるのですが 一応ここの奥羽本線山形線の最高130/h区間なんですが 山形〜新庄に向かう区間だと 単線区間が多いので 100卍兇┐徳行している感じに見えなくてね 軌道は、標準軌の1435mmですが レールは、50Nレールですからね 60kgレールじゃないのでね 



まあ こういう動画は、並走バトル好きじゃないと つまらないかもね

並走バトルシリーズで活路だ。その4

しつこいのでね もう1本も紹介だ。 一番人気の923系ドクターイエローを 紹介するのを 忘れたので お気に入り新幹線との並走バトルだ。

ところで この新幹線車両を 眺めていると JR東海の新幹線車両と JR東日本の新幹線車両の なんか車両に対するデザインというのか カラーというのか その違いを感じてね あくまでも 新幹線カラーは、伝統のアイボリーとブルーのツートンカラーに近いJR東海カラーと 新しい車両が 出て来ると まったく新しいカラーの車両を登場させるJR東日本の車両 どっちが いいとかは、わかりませんが 片やブランドイメージとしてのカラーと 片や 走る路線に合わせてのカラーとでも 言うんでしょうかね

まあ 鉄道模型としてみれば 増えるにこしたことは、ないのだが ここのVRM3版じゃ ここに出ているだけの車両しかないのでね それが なんか 悔しいのだが しょうがないね これだけは、

並走バトルシリーズで活路だ。その3

やる時は、徹底的に攻めるのが おいちゃん流だ。新幹線 並走バトルの第2弾も 紹介だ。 800系つばめ、700系ロードスター、400系つばさ+E2系、E3系こまち+E2系、E1系Maxそして カメラ搭載車両で E2系はやてからの走行動画だ。車両は、メーカーさんのものだが レイアウトだけは、自前なのでね このレイアウトがなければ この並走バトル動画は、作れないのでね考えてみて 自宅にレンタルレイアウト場が ある しかも20mx20mサイズまでのレイアウトが 作れるんですよ しかも全部 一人で 全車両を走らせ そして色んな角度から 眺められ 全ての車両からも 眺められる そういう楽しみ方こそが このVRM3版の特長なのでね だから 仮想鉄道模型だと 信じて疑わないのだがね

並走バトルシリーズで活路だ。その2

明日から 三連ちゃんのお休みだ。 そこでだ なんとか この期間に 少し ここのVRM3版を 盛り上げようという企画だ。 どうしたら 一般の方に このVRM3版という仮想鉄道模型シミュレーターというものが 伝わるのか

ガキの遊びと 思われようが 一人でも 多く こういう鉄道模型シミュレーターというゲームがあるというのを 知って貰いたいのでね おいちゃん的には、鉄道模型シミュレーターというゲームの本質は、このVRM3版までだと 信じているのでね 本格的に この鉄道シミュレーターを やりたい人は、最後は、全て自作に走ってしまうというのが おいちゃんの考えでね そこに 行きそうにない おいちゃんのような素人に 鉄道模型のように コツコツ部品を販売して 商売にするのが 本来の鉄道模型シミュレーターだと 考えているんだがね〜

こちらは、こちらで レイアウト作成中心に 頑張るのでね

さて 又 並走バトルシリーズで 今度は、旧型新幹線を走らせてみました。 その第1弾が JR東海から 0系ひかり、100系グランドひかり、300系のぞみ、500系ひかり、700系のぞみ そして JR東日本の200系やまびこが 並走する動画です。 鉄道模型じゃ中々出来ない事を やってしまうのも VRM3の醍醐味だ。

アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
Archives
livedoor プロフィール

おいちゃん

鉄道模型シミュレーターVRM3専用の分室です。難しい話は,一切ナシ ただレイアウト等を作って自分のお金で楽しむだけの人 大歓迎 !

鉄道模型が 大好きな癖して ひとつも持っていない ただ 人の物を眺めるのが趣味な変なおっさんです。 

QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ