新VRM3★井戸端会議

VRM3こそお金が掛からない大人の一人遊びだ。そういう考えの方どうぞ!

USO貨物

レイアウトの自己採点だ。

約半年も掛って作った このUSO貨物レイアウト 自分としては、最初の企画が 人様の真似から始まり いつの間にか コンセプトが 全然違って来たのだが それでも 結構 満足出来る レイアウトだと 思っています。

でも 誰も 評価しないのでというより 誰も出来ないので この際 自分で レイアウト審査だ。

このレイアウト審査は、2011年10月に ここで 発表した審査標を 元に 客観的に 自分で 審査してみた こんな いい加減な審査は、ないんだが 自分にしか この審査票での 審査は、出来ないのでね 残念だ。

レイアウト審査表1USO貨物画像\レイアウト審査表2





左側が 白紙の審査票で 右側が 今回のUSO貨物レイアウトの審査結果だ。 

合計点数は、中級者向け認定2級Bの150点で 131点なので まあ このクラスじゃ及第点だ。 でも 満点に近い点数でもないので まだまだ 認定1級Aクラスの仲間入りは、出来ませんな

このAクラスの仲間入りは、ちょこっと難しくてね 会員の推薦がないと 上がれない しかも お金が 掛るんです。 そう家元制度じゃないのですが 下手でも 多少のコネと 握らせる裏金があれば Aクラス入りなのだ。

まあ とんでもない審査基準で 誰も こんなもんは、受けたがらないんだね なんてね 一人で 遊んで どうすんのだ。

真面目な話 具体的に 今回の 総評は、 まず VRM3基本技術からだと まず 0.2舒焚爾寮路のズレを 放置しているという 重大な欠点が あげられるのだ。 これは、いけませんな これを 直さない限り 10点は、やれませんな

駅、ホームの配置なのだが ホームの高さに関しては、結構 拘ったのだが 駅の作りに関しては、手抜き感が 否めないね

VRM3鉄道理解度に関しては、まだまだ 本物とは、言えないので 7点が妥当という所だね

VRM3創造性では、今回は、工場の制作に関しては、10点を 付けてみました。それ以外の創造性という 意外性のある建物や配置というと そういうのは、見かけられなかったね

最後に 今回 海の表現を チャレンジしてみたが なんとか 表現出来たんじゃないのかと 思っているのだ。しかし あくまでも これもだ junich氏などのテクスチャを改造して 出来たようなもんで そこを 自分で 作れなきゃ 本当の意味での 上級者とは、呼べませんな

でも 日の出の背景画像などや 朝焼けの背景画像など こちらの方は、多少上達したような気がするね

こうやって 数値で 自分のレイアウトを 評価すると どこが 上手く行って どこが 駄目なのか 再発見出来るのでね 

まあ 下手なレイアウトでも 必ず 自分なりに ここは、気に行ってる場所が あるもんでね そういう場所を 本来 このようなレイアウト審査員は、 見つけてやることも これから このVRMを 始めようとする初心者にとっては、有難い
先生のアドバイスだと 信じているのだ。

こういうアドバイスを 言える そういう人が この界隈に 今現在 あんまり存在しないのが このVRMの 広がりの無さなんだろうかね

VRM3に関しては、多少は、評価出来るのだが 他のバージョンに限っては、まったくの蚊帳の外 

まあ こんな感じで 続けて行くか 

追伸

VRM3番外のBBへの挑戦って なんだっけ 忘れてしもうたわ BB思い出せない ブラックボックスいや 違うような VRM3で 出来なくて VRM4で 改造出来る なんじゃそれ

簡単 雪景色 新幹線とEF64重連から

単純に 走らせて楽しむ それだけでも 自分としては、鉄道模型の代りには、十分なっているという お話だ。

鉄道模型じゃ この1本の線路に 同時に 5本の 貨物編成なんか 走らせませんからね それが 出来るのが VRM3だ。 他のバージョンは、知りません



しかも どの角度からも 眺められるから これまた 楽しいんだね 例えば こんな感じの 車輛上空からの 眺めも 結構 面白い



ただ 残念なのは、画像が 動画だと 段々画質が 落ちて来る 実際のVRM3ビュアー画像は、比べものにならないくらい 綺麗なのだ。

だから  それが 逆に 綺麗に見え過ぎ 下手さが目立つ これも 困ったもんだ。 まあ 適当に ほどほどで いいんです。 

簡単 雪景色 キハ110バージョンだ。

USO貨物レイアウトの雪景色ローカル線を キハ110が 走行するシーンを 動画にしてみました。

このキハ110は、 たぶん ほとんどの人が 見ていないかもしれませんが 一応 キハ110は、プレミアチケットでゲットで VRM3版だ。でも 確かかどうかは、定かじゃないのだが 今回 このローカル線を走れせているのは、実は、VRM2版オプションディスクに入っているキハ111とキハ112の連結編成なのだ。

でも それじゃ あんまりネームバリューが弱いので あえてキハ110と名乗った訳だ。 こうやって走らせて見ると VRM2版に 見えないでしょ

VRM5版じゃ キハ20系などの 古い気動車を 追加キットで 入れていますが まあ 作っている人の好みが 優先しているのかどうか知りませんが キハ20の後が キハ71系ゆふいんの森ですか この流れが よーく わからん

最新型の新幹線と 60過ぎの爺しか乗った事ないような車輛じゃ 子供と爺さんだけが喜ぶ なんてね 俺も 爺さんだったね でも おいらは、そんなに 古い車輛は、知らないし 興味も そんなにないんだが 人気が あるんだね

簡単 雪景色

USO貨物レイアウトの 雪景色に関して 少し紹介だ。 これ作るのに たったの15分で 雪景色に 変身できるのだ。 15分と言うと 少しTV的に 書いたが 実際は、 テクスチャとかも 入れてしまえば 1時間くらいまでかな いや そこまでは、掛らないか

テクスチャも ただ 海とかのテクスチャ以外を 真っ白にするだけだから 簡単と言えば 簡単なんだね

USO貨物地面2海.USO貨物地面2海冬景色








(尚 この海のテクスチャ部分は、Junichiさんの地面テクスチャから拝借して改造したものです。) 

左が 今までの地面テクスチャで 右側が 今回の地面テクスチャだ。 左半分を 全部真っ白い近い白で 埋め尽くして ビュアーで覗くと 一面 真っ白になるという寸法だ。

このやり方は、あの仮想熊ヶ根鉄橋で 覚えてね それ以来 色んなレイアウトで 試しているのだ。 ただ ここで注意しなければ ならないのは、田んぼや畑の地面部品だけは、一旦 削除しておかないと このようには、成りませんのでね 注意だ。 でも あぜ道だけは、残しておいた方が いいかもね

このやり方で 秋景色なども 作ってみたことが あるのだが そちらは、イマイチだったので このやり方は、雪景色限定みたいだね

そして背景の空も 最近は、このグレーの空の背景を よく使っています。こういう簡単な やり方は、VRM3レイアウト作りしている方には、参考になるかもと思って紹介だ。

今度は、400系vsE3系 冬景色

USO貨物レイアウトを冬景色バージョンに追加して ミニ新幹線を 走行させてみた。

旧400系つばさと旧E3系こまちの対決だ。 俺も好きだねー 今 TVじゃ トランスフォマーというCG映画を やっている

これだけのCGが さも 当たり前になって来ている時代だからこそ 本来 遊びのゲームも とっくに このレベルになってもいいような気がするのだが 現実は、そうなっていない なら 古いVRM3でも いいんじゃないのかとね まだ しっこく言っているのだが 素人だから そう思うのでしょうかね

まあ おいらには、もう関係ないレベルなので これで 我慢だ。

 

なんぼ CG映画で 凄いのが 出て来ても 自分じゃ 作れない なら それに近いゲームしかも 素人でも遊べる鉄道シミュレーションゲームなんてね

なんか 違うんだよなー メーカーさんと  それにしても よく こんなCG映画 作るもんだね

EF66-111vsEF66-32の対決だ。

もう 止まりません 面白くなってね こういう感じは、メーカーさんには、わかるまい USO貨物レイアウトを使って EF66直流電気機関車の対決だ。

キーで車輛を 選びながら デットヒートさせながら 動画を撮る まあ 忙しいのなんの skift+F10の長押しに比べりゃ 時間的には、だいぶ 楽ですが イマイチ 使い方というか撮り方が 上手く行かなくてね 

相変わらずの流し撮りですが それでも やっぱり自分のレイアウトで走らせているということが 面白いんだね 人が なんと言おうと おいらのが一番面白いと 思わなきゃ やってられませんわ



もう ここまで 一人遊びで 来てしまうと ナニも言う事がありませんわ

VRM3は、 最高だね 

京急2100VS阪急8000 180劼梁亰茲澄

京急2100VS阪急8000が 走らせて面白いので つい調子に乗って あのUSO貨物レイアウトで 対決させてみました。

貨物専用線での バトル もちろん あの複線ドリフトは、ないけれど 抜きつ抜かれつの デッドヒート もう 癖になりそうだ。

このデッドヒートが 堪りませんなー 他の車輛でも やりたくなって来ましたね
それもこれも 対決できるレイアウトが 出揃って来たからなんでしょうかね

レイアウトは、作るだけでなく 走らせても 面白い これが VRM3の いいところだ。

面倒な 設定で 首絞めて アドリブが効かない運転なんぞより キーボタン押すだけで 状況を 変えて 運転する これこそが プラレール感覚の VRM3のいいところだ。 物事 なんでも 逆からの発想 もとい 下からの発想が 長続きするコツとね メーカーさんには、わかるまい

 

EF5823走行会

昨日に 続き 昭和時代の電気機関車EF5823の走行会だ。 このEF5823は、VRM2版の車輛で たぶん これからのVRMじゃ出てこないんじゃないのかと 思っているのだ。

大体 どうして この電気機関車が VRM2版追加キットの中に 入っているのか? なぜ これを 選定したのか 未だに わからないんだね なんで EF57で駄目だったのか と 昔ここで書いてましたね

あれを書いてから もう5年も経っているんだね 未だに それを 突いている自分は、かなり しつこいね

でも なでかなーと ふと 思ってしまう 車輛選定の不思議をね

まあ どうでもいいか たぶん この車輛は、このVRMでは、再登場は、ないでしょう なんで そう思うかは、 ひみつのアッコちゃんだ。

EH10マンモス走行会だ。

USO貨物レイアウトから 少し離れて違う話題でもと思ったのだが 急に思い出して EH10マンモスの走行会を 開催だ。

というのも 今日の日中 仕事先の昼休みに石巻線は、前谷地近くの 田んぼの道端に車を止めて 休憩していたら ほとんど 車など 止まらない場所に 車が 止まり そこから人が 歩いて石巻線の方に 向かって行ったのだ。

そうなんです ここは、あの石巻線の絶好の撮影のポイントの鳥谷坂トンネルの近くなんですね でも そこで 感心したのは、この撮り鉄さん 線路から かなり離れた位置に車を 止めて そこから歩いて このポイントまで 行って 昼時に 前谷地で クロスする 石巻線の貨物DE10コンテナ編成を 撮影する為に わざと 車を 遠くに停めて カメラの視界に 車が 入らないようにしたのかなーと 思ったのだ。 前に SLが 走った時は、この場所に 沢山の人が 三脚を立てて しかも その近くに車が 止まっていたのを それも たまたま目にしたことがあるのだが 同じ撮り鉄でも 違うもんだなーと 感心してしまいました。

とまあ 直接このEH10マンモスとは、関係ない話なのだが なんで 撮り鉄の人は、ほとんど同じスポットで 写真を 撮るのかね 他に いくらでも よさげな
場所もあるような気がするんだが やっぱり そこじゃなきゃ駄目なんでしょうかね  まあ トンネルから出た瞬間が いいのは、わかるのだが

EH10マンモスに関しては、結構 今まで 色々取上げていましたね

EH10電気機関車紹介カタログ1
EH10貨物編成by仮想熊ヶ根鉄橋
EH10タキ連太郎だぜ!
EH10直流電気機関車+タキ3000 20輌編成
EH10タキ50000タンク車20輌編成
VRM3に金太郎が欲しい

そもそも このEH10マンモス自体が あんまり他の電気機関車に比べ 華がないみたいでね それでも 当時としては、最大定格出力 2,530kWは、力持ちだったと 書いてありました。 そんなEH10の写真が沢山載っているサイトを 紹介だ。「黒装束のマンモス機」というサイトだが 今回 初めて 覗いてみました。 でも やっぱり 形が古いせいか 珍しいという感じだけの感想かもしれません

これこそが仮想鉄道模型じゃないのかな

USO800さんの 貨物動画を見て 触発されて 作ったUSO貨物レイアウト 約6カ月掛って ほとんど完成しました。

この間 一番 最初から 報告して来ましたが こういう手順を 見せるというのは、途中で 辞められないのでね 逆に最後まで 意外と 続くかもしれません

このUSO貨物レイアウトの最後に 番外に配置した 見張線(自分的には、カッコよくディレクターカットならね ディレクターカメラと 呼んでいる)からの 動画を 紹介して この企画の最後にするつもりだ。

この動画を 見ていると この俯角の位置で 見ていると これこそが 仮想鉄道模型じゃないのかと 一人で 納得だ。

しかも 同時に 20本編成が 走行して しかも それぞれの編成を キーボタンひとつ押せば 切り換えられる 又 好きなアングルでも 見られる

これこそが 一番最初に この鉄道模型シミュレーターを 商品として 開発した動機じゃないのかと 勝手に思っているのだ。

おいらは、それだけで 十分 楽しいのでね では、

アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
Archives
livedoor プロフィール

おいちゃん

鉄道模型シミュレーターVRM3専用の分室です。難しい話は,一切ナシ ただレイアウト等を作って自分のお金で楽しむだけの人 大歓迎 !

鉄道模型が 大好きな癖して ひとつも持っていない ただ 人の物を眺めるのが趣味な変なおっさんです。 

QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ