新VRM3★井戸端会議

VRM3こそお金が掛からない大人の一人遊びだ。そういう考えの方どうぞ!

新VRM考察

お隣さん画像14 RailSimから小牛田色

RailSimのTwitter記事から紹介だ。今回は、キハ40系だと思うのですが これの小牛田色からの紹介だ。しかし この小牛田色と呼んでいるのは、おいちゃんだけで 他は、東北色と表現している所もありますが ここでは、小牛田色で紹介だ。

RailSim牛氏画像からキハ40小牛田色1















牛さんという方が 今製作中のキハ40系小牛田色から紹介だ。

RailSim牛氏画像からキハ40小牛田色2















RailSimでは、色んな人が この40系や58系の ご当地車両を 作っているみたいで

RailSim牛氏画像からキハ40小牛田色3















そこが 非常に興味があって面白いんだね

RailSimきさのき氏画像からキハ58-6














そして こちらがキサノキさんのキハ40系?(58系かも知れない)だと思うのだが 同じ小牛田色からだ。

RailSimきさのき氏画像からキハ58-7














この感じなんですよ 石巻線や気仙沼線で 見いていた時の感じは、もちろん その時は、キハ48系だったかも知れませんが この小牛田色が JR東日本のカラーのグリーンのイメージに 合っていた感じがしてね いっその事 新幹線200系も この小牛田色で 登場させても 面白かったような気がしますね

RailSimきさのき氏画像からキハ58-4














まあ この画像を見て下さい このリアルな雰囲気の描写が 凄いです。

RailSimきさのき氏画像からキハ58-3














こういう感じの鉄道風景を 石巻線や気仙沼線そして陸羽東線でも そっくりそのままじゃないけど 似た雰囲気の場所があったような気がします。

RailSimきさのき氏画像からキハ58-5














この画像の基になっているレイアウトが やませみさんのレイアウトから拝借と 他の画像でもあったので紹介だ。

RailSim-taru-wa氏やませみレイアウトから1















taru-twさんのバスがある風景から 

RailSim-きわもの氏やませみレイアウトから1
















キワモノさんのDE10牽引客車の画像からだ。アングルを変えると風景も変わるのが面白い

RailSimやませみさん踏切制作2
















やませみさんの 画像からだ。

RailSimきさのき氏画像からキハ58-1
















キサノキさんの キハ58系盛岡色の 赤1本線からの画像だ。

RailSimきさのき氏画像からキハ58-2
















この真夏を感じる空の青と白い雲 そして 山々の樹木が 最高だ。

RailSimやませみさん踏切制作1

















これらのレイアウト画像にも 出て来る やませみさんの踏切踏板セットの画像からだ。RailSimでもVRM5でも 自分じゃ中々やれる自信は、ありませんが こうやって画像を眺めながら なんとか こちらのVRM3版の参考資料としては、大変役立つので これからも紹介だ。

お隣さん画像13 RailSimとVRM5から

本当は、今回のこのお隣さん画像を 紹介する予定でしたが 昨日のEF81-303の記事は、ちょっと感情的になってしまったと反省だ。販売元すら 気が付かない事を 書いても しょうがないか

まずは、 RailSim関係の画像から紹介だ。SCさんのTwitter画像からだ。

RailSim SCさんイーストアイ-1




















イーストアイの試験電車からだ。正確には、E491系軌道総合試験車というらしいのだ。もちろんVRM5版の14+という2016年に発売されたバージョンに入っていました。

VRM5版E491系軌道総合試験車1












3両の試験車の他にマヤ50-5001建築限界測定車という試験車も 入っていました。

RailSim作者きのさきさんキハ58系1500番台


















こちらは、毎度おなじみの キサノキさんのTwitter画像からだ。キハ58系1500番台と書いてありますが どこかで見た事ある塗装色だと思ったら 同じ東北の花輪線(盛岡好摩駅〜秋田大館駅)を走るJR東日本のキハ58系1500番台だったんですね この白いボデーに赤いラインが盛岡色の特長みたいですが この先頭車両が 赤いのが 赤鬼にと呼ばれていた車両だと 調べたら 1箇所でしか載っていないかったので おそらく そうなんでしょうかね 確か昔 塗り絵で キハ40系で この盛岡色を 描いたのですが 忘れてしまいました。

RailSim牛さん165系勢揃い1















牛さんのTwitter画像からだ。165系 揃い踏みの画像からだ。こういう画像は、VRM3版だと撮れないんだね

RailSim SCさんキヤレール運搬1























これも 最初に紹介したSCさんのキヤE195系のロングレール運搬車の画像からだ。

RailSim SCさんキヤレール運搬2























そして こちらが キヤE195系の定尺レール運搬車からの画像だ。 さすがRailSim関係の車両制作は、やることが 早いですね フリーだからこそ出来る技なのでしょうか そこら辺が フリーの自作車両が VRMCLOUDでしか 見られないというのが 引っ掛かるのだが まあ それを言っても しょうがないか 

ここからは、VRM5版からのTwitter画像からだ。

VRM5うちみさん築堤部分1
















うつみさんの この画像こそが 地面テクスチャーの教科書みたいなレイアウト作品だ。 この築堤部分の表現が 最高だ。 築堤部品が あるのに やっぱり この感じなんだよ この感じ これが欲しいのですよ そして それが わかっているから メーカーさんは、新しくアドバンスレールの ローカル線用を 作ったみたいでね

この地面テクスチャーの表現というか描写に関しては、やっぱり昔からTrainzが 自分の中では、一番良かったような気がしますね あくまでも こういう余計な雑草とか木立を配置しないで この空間を見せて 列車走行を 楽しむ雰囲気が 好きなのでね あくまでも 鉄道模型風じゃないと 面白くないんだね

VRM5ビューわかしお209系-1
















こちらは、この手の車両編成の画像では、このVRM5界隈で 一番車両編成を紹介しているビューわかしおさんのTwitter画像からだ。ビューわかしおさんの画像に関しては、少々の画像は、もう取り上げませんので おいちゃんが これは、と思ったお気に入りを紹介しています。ビューわかしおさん 御免なさいね

ホームに入って来るE233系とホームから出て行くE209系を同時にホームの先端で収める 撮り鉄なら 神業でしかない写真を アングルに収めるのが 凄いと思ってね そして背景の曇り空も 渋くていいね〜

最近 本当に RailSim関係でも ここのVRM5界隈でも これは、面白いという画像が多くて 自分としては、眺めるだけでも楽しくてね もちろん おいちゃん一人が ハマっているだけですが 鉄道シミュレーターなんて そうそうゲームで楽しむ人よりも 動画とか画像で 見て楽しむ人の方が 世間的には、多いと思っているのだが そこら辺が メーカーさんや販売店さんと このおいちゃんの一番の考え方の違う所かも知れません

VRM5ビューわかしお321系-1




















最後も ビューわかしおさんのTwitter画像からだ。 これは、いつもの緩やかな勾配区間を 駆け上がるシーンからの画像からだが 今回は、321系電車の画像からだ。

これね おいちゃんも 何回も この勾配を駆け上がるシーンを 撮ろうとしていますが まず この緩和曲線のような勾配区間を作るのが まず難しいんだね どの位の角度で 緩和勾配を 作るのか そして一番難しいのが この撮るアングルと 最後の どこまで車両編成を どの角度で 全体を 写真に入れるのか? 要は、トリミングというのか 画像の範囲というのか プロじゃないので わかりませんが そこなんだね

このレイアウトも おそらく複々線なんかで 架線柱が 車両編成に邪魔にならない様にレイアウトを作ってあると思うのだが そういう この手の画像を作る時には、下調べの段階で 邪魔になりそうな物は、配置しなかったり削除したりして 一番いいロケーションの写真を撮る為に 色々工夫をするのが常套手段なんだね

そこが この仮想鉄道模型の 本物の撮り鉄さんの写真のように やれ木が邪魔、架線柱が邪魔などという そういうのが ないから 好きなアングルで 自由自在に 撮れてそして加工できるのが 最高に この鉄道シミュレーターの画像の 一番面白い所なんだが まあ その内 わかる人も出て来るでしょう

そういう画像を見て感化されて こちらも負けね〜ぞと やる気満々になるのが 唯一の楽しみだ。

画像でしか調べられないので

今日は、この鉄道模型シミュレーターというゲームソフトを ずぶの素人さんや 途中から このVRM5版を 始めようとしているユーザーさんに対して どこまで販売する気があるのかどうか そこら辺の話しを 掘り下げてのお話だ。

まずは、事の始まりは、RailSimのTwitter記事の こちらのEF81-303の画像から VRM5版のEF81-303と比べてどうなのかという野次馬的関心から 車両を 見比べてみるから始まりました。

RailSim モッテイさんEF81-303-1

















このモッティさんが 紹介したEF81-303が カッコ良かったので 確かVRM5版でも 同じEF81-303が ブログで紹介されていたと思い調べてみました。

VRM5-EF81-303ブログ1












それが このVRM5プレミアトレインというアイマジックダイレクトショップにてご購入された鉄道模型シミュレーター追加キット(バージョン5)に封入されているプレミアムトレインチケットを 今回は、12枚集めると このEF81-303の車両が貰えると書いてあったので おそらくCDロム版で 送られると想像するのだが 

しかし 間髪入れずに すぐに鉄道模型シミュレーター5向けは、下記リンク先のダウンロード販売サイト「Magino Drive」様にてお求めいただけます。との案内だ。

VRM5-EF81-303ブログ2










いくらで 販売されているのか気になったので 調べたら

VRM5-EF81-303ブログ3












1200円(税別)で DL出来るらしいです。 でもダイレクトショップの追加キット車両には、入ってないのでね 
なぜプレミアトレインから すぐ追加車両キットそれもDL版にしたのか 気になって調べたら VRMonLineのEF81電気機関車の中でも 販売されているんですね

VRM5-EF81-303ブログ5















こちらは、1割お高い1320円だ。(ポイントというけど 実際は、そのポイントをお金で購入するのだから あえて金額表示にしています。) そして ここが 疑問なんだが そもそもVRM5版のバージョンシリーズは、廃盤に向っているので この追加キットも 在庫限りで 終了という事で 今回このEF81-303を プレミアトレインにしても 申し込みが少ないから だったら Magino Driveの方からDL版を 販売させたのかも知れませんね

しかし 問題は、新規のユーザーさんや 途中から この鉄道模型シミュレーターV5を 始めたいと思っている人で おいちゃんのように 機関車の単体だけを 最初集めてみたいと思った人は、 最初からVRMonLineで 始めれば 何も 問題は、ないのだが それを 知らずに このMagino DriveのDL版や IMAGICのパッケージ版から 始めた人は、車両や部品の共有という互換性がないので そこの説明を しっかり報告して欲しいのだ。

例えばEF81電気機関車関係を 集めたいと思ったらVRMonLineの ここから 購入すればいいのだが

VRM5-EF81-303ブログ4












ここだと 約6380円で EF81電気機関車が 揃えられるのだが 最初からMagino DriveのDL版や IMAGICのパッケージ版から 揃えるとしたら 

VRM5-EF81-303ブログ6












このバージョンシリーズから 揃えないと EF81電気機関車が 全部揃わないんだね しかも 金額が 約56,566円と 半端じゃない金額を 出さないと このEF81電気機関車は、揃えられないんだね

確かに そういうのを 回避する為に 最初からVRMonLineがあるという メーカーさんや販売店の理屈もわかるのですが 世の中には、おいちゃんのようなVRMonLineとの相性が悪いPCを 持っている人や VRMonLine以外から 始めた人も居るのでね このEF81-303が 特別な企画の車両かも知れませんが そう考えると そろそろ他のVRM5版シリーズの車両も 高くてもいいから Magino DriveのDL版で 販売する事は、出来ないのか そこら辺が 気になっては、いたのですが

そこで 今日のお題の「画像でしか調べられない」の 話に繋がるのだが 要は、ずぶの素人さんや 途中から このVRM5版を 始めようとしているユーザーは、 自分も含めて メーカーや販売店が 紹介している画像を信じて そのゲームソフトのバージョンや 追加キットを 購入しているので その画像を 間違って紹介したり 違う画像を 載せてしまうのは、 こちらの買う側からすると 死活問題なんだね

その間違った紹介動画が こちらの「EF81-303交流電気機関車発売記念歴代EF81比較ムービー」という動画からだ。



この動画の どこが 問題なのか? そこが こちらの画像だ。

VRM5-EF81-303ブログ7















このEF81-92の動画に表示されている鉄道模型シミュレーター5-1+は、 EF81-113のトワイライトエクスプレスの専用牽引機のバージョン号数で 間違って表記しているんだね 見ればわかると思うかも知れませんが これが ずぶの素人さんや 途中から このVRM5版を 始めようとしているユーザーは、このEF81-92カシオペア専用牽引機が どのバージョンの号数に入っているのか それが よく わからないのだ。

更に VRM5版のパッケージ版に関しては、途中から 号数が 0+、1+、2+などの新しいバージョン号数になっているのだが Magino DriveのDL版の鉄道模型シミュレーター5 5+には、 このEF81-92は、入ってないんだね じゃあどこに このEF81-92カシオペア専用牽引機は、入っているのかというと なんと 鉄道模型シミュレーター5 第5号 という別な古いバージョンに入っているんだね

しかし こちらのIMAGICさんの鉄道模型シミュレーター5 - 5+には、 このEF81-92は、入っているのです。

ここら辺が 最初から このVRM5を やっている人から見れば それがどうしたと思うかも知れませんが これから このVRM5などを 車両を選びながら どのバージョン号数を選ぶかは、本当に死活問題なのだ。

VRM5-EF81-303ブログ8














この動画の北斗星マーク付きのEF8181は、VRMonLineでも Magino DriveのDL版でも この画像が出て来ないんだね なぜ この北斗星マーク付きのEF8181の画像を 載せないのか 不思議でね

どうも VRM3版のイメージで 一つのバージョン号数に 例えばEF81交流電気機関車なら 10種類も 入っていたんだが まあ 昔話だが

VRM5-EF81-303ブログ9






















まあ 時代が 違うので それぞれ メーカーさんも販売店さんも 商売のやり方は、あると思うのだが ずぶの素人さんや 途中から このVRM5版を 始めようとしているユーザーの 気持ちになって 画像などの紹介は、よく確認して 掲載して貰いたいと 今日は、紹介だ。

そして 出来れば 昔のように 同じ機関車なら 同じバージョンシリーズに入れて貰うと 車両コレクター目線で 買い揃えたい 車両コレクターとしては、嬉しいのだが それも 無理なお話か 

今日は、ずぶの素人さんや途中から このVRM5版を 始めようとしているユーザーの 気持ちになって 書いてみましたが メーカーさんとか販売会社さんは、そこまで 画像や動画に関しては、そこまで確認してないのか 単品の欲しい機関車が 買い方や販売会社を どこを選ぶかで 10倍以上も違うのでね

そういう ズブの素人目線で 画像なども注意して欲しいね









なぜプラレールアドバンスは、廃止になったのか

今から5年前の2014年8月にVRMとプラレールアドバンスという 記事を書いていました。 それが 見事に 2017年4月に 突然の販売中止になりました。

という事は、完全に おいちゃんの先見の目がない読みの間違いという事でした。 当時 「この眺めているだけで 楽しい これこそが 鉄道模型おもちゃの醍醐味でしょうね 」とか 「誰でも簡単に遊べる装置を開発する その姿勢 おいちゃんが 言いたいのは、そこなんだが  子供(幼児)から 年寄りまで遊べるVRMなんて 考えた事ないでしょうね」とか VRMと 比べながら 結局は、その言葉自体が 今の現状とは、大きくかけ離れて行った事を考えると 認識の甘さを 今更ながらに感じています。

そもそも この「子供(幼児)から 年寄りまで遊べるVRM」と考える事自体が 間違いで そこら辺を含めて もう一度 考え直さない時期なんでしょうかね それにしても このメーカーさんが プラレールアドバンスの廃止を決めた理由を ネットで 漁っていたのですが 大体は、同じような感じの理由なのですが 本当にそれだけなのか

一番の大きな理由は、売れなかったのが 原因らしいのだが どうも そこら辺が 内部で色々あったとの事らしいのだが そういう噂話が 突然出て来て ハイ終了というのも 今の時代なんでしょうね

そういうのが今更ながら気になってね この鉄道模型とか鉄道おもちゃに関しても 今現在どういう感じで 6歳児を 基準に考えている業界姿勢を 見ていると このプラレールにしても プラレールアドバンスにしても 子供よりも 大人買いの世界が あったからこそ そこそこ売れていたような気もするのだが

そう考えると ここの鉄道模型シミュレーターは、今現在は、どういう客層が多いのか 気になって とくにVRM5やVRMonLineそしてVRMCLUDの販社が三つに分かれている現状だと どの客層が一番多いのか そういう話が さっぱり聞こえて来ないので 気になるのだ。

もう一度 5年前のプラレールアドバンスの制作者の開発秘話の動画からだ。



そして このプラレールアドバンスの動画を作ってユーチュバーとして成功した ジェット☆ダイスケという方の動画からだ。

 

この方も このプラレール関係の動画をUPすると再生回数が 増えるのを 知っている感じでね おいちゃんが UPしている新VRM3★動画とは、全然 違う感じですね

子供にも大人にも 評価されませんが それでも 自分用にVRM3★動画は、作り続けています。VRM3版一筋というのが 一番のウリなんですが そんなもの誰も 関係ないからね〜 自己満足だ。

それでも この5年前に紹介した記事の  20年近く前のガイド本の開発者岩淵亮氏の「仮想空間の可能性」という話は、 まさに その通りに 鉄道模型シミュレーターから 鉄道シミュレーターに進化していますね

そう考えると 恐るべし 洞察力とその実行力だ。 そして それについて行けるユーザーが凄いし 羨ましいかぎりだ。 読みを間違えてしまった おっさんの一言だ。


新幹線車両のお値段は、?

DMM GAMES様で鉄道模型シミュレーターNXのアンロック製品のお取り扱いを開始しました。と メーカーさんのブログに載っていたので さっそく開いて覗いてみました。

DMMGAMES-VRMNX-1














その時の画像がこちらだ。 確かによく眺めると 「すでにお持ちの鉄道模型シミュレーター5の部品を鉄道模型シミュレーターNXで利用可能にします。」と 書いてあるのと ダウンロード 版である事は、この界隈の人なら 当たり前の事だと わかるのでしょうが 自分も 最初これは、CDロム版で 新しいVRMNX版だと 一瞬勘違いをしてしまいましたが よくよく眺めると ちゃんと 小さな文字で 「すでにお持ちの鉄道模型シミュレーター5の部品」という文言で これは、VRM5版を 買ってから このアンロック版を 購入しなさいとの意味だと 理解しました。

それでも まだよく わからないのが VRMonLineとVRM5パッケージ版の部品の共有が出来ないので 今度のVRMNXは、VRMonLineの為のアンロック版なのかVRM5パッケージ版なのか そして 新しいVRMNXパッケージ版が これから出て来るのか そして 又同じようにVRMonLineとかVRMCLOUDとは、共有出来ないのか そこら辺が おいちゃんにも わからない事を ずぶの素人さんが わかるのか と個人的には、思っているのだ。まあ ほとんどの人が VRMonLine版をお使いのようなので そこら辺が さっぱりVRM5パッケージ版だけ持っていても 結局 全パッケージを揃えないと アドバンスレールをはじめ他の号数も揃えないと 結構 難しいのかと 今頃 気が付いてしまった。 という お話だ。 なんでも 最初に調べない あんたが悪い

でもね こういう お遊びゲームは、思い付きで やってみたいと思ったら買ってしまうという消費者心理も メーカーさんも わかって欲しいのでね

と ここまでが 前置きだ。 本題は、ここからだ。

VRMonLine新幹線値段表150から11















VRMonLineが 今更 使えないPC環境なので くやしいので 新幹線車両だけを 調べてみました。昔から こういう鉄道模型シミュレーターの1両当たりの車両の値段を調べるのが好きで VRM3版の時は、よく やっていました。 こういうのを 誰も やらないからね 自分が購入しようとしている車輛が 実際高いのか安いのか お買い得なのか なぜ この値段なのか? そういうお話は、タブーみたいでね

鉄道模型だと 中古車両を色々探して値段なども調べて色々比べたり出来るのですが この鉄道模型シミュレーターに関しては、本当に中々情報が出て来ないので こっちで勝手に調べるしかないのだね だから間違っていても おいちゃんの責任じゃないのでね 間違っていたら 訂正して下さい

VRMonLine新幹線値段表160から11











まず 今でも よく わからないのが この新幹線の1/150と1/160の2種類があるのは、VRM3版の頃からあったので その意味もわかるのだが 今回の このVRMonLineの新幹線車両を眺めていたら これが 1/150と1/160の2種類あるのと そうでない車両があるというのが わかりました。 なぜ VRM5で 統一した車両を 出して来たのか おそらく 在来線の1/150に統一して Nゲージの縮小サイズに合わせたのか 大体 そもそも実際新幹線の1/150と1/160の2種類のどっちを 選択して レイアウトで 配置して走行させているのか

自分の場合は、自然にずっとあまり考えないで使っていたので在来線と同じ新幹線の1/150を 使っていたような気がしますね

さて 新幹線の1両当たりの値段からだ。1両当たりの値段が最低なのが E1系新幹線1/150・1/160で 12両が入って2200円なので 1両当たりの値段は、183円だ。 そして 値段が最高なのが E3系新幹線こまちR10両編成1/150・1/160で 6両が入って3740円なので 1両当たりの値段は、623円だ。

平均すると 1両当たりの値段が 約400円近いのかと 勝手に想像だ。 それにしても この1両当たりの値段を調べていると 例えば 一番高いE3系新幹線こまちR10両編成の623円は、 そもそも6両が入って3740円は、何かの間違いじゃないのかと 勝手に思ってしまうのだが どうなんでしょうかね

そもそも この鉄道模型シミュレーター車両の値段の決め方の一番の基本は、どこなのか? 3DCGを まったく作れない者からすると 作る手間なのか難しさなのか そこが よくわからないのだ。

どうしても 鉄道模型の車両と この鉄道模型シミュレーター車両を 比べてしまうのだが 鉄道模型ならモーター付車両は、高いし 機関車関係も もちろん高いのですが この仮想鉄道模型シミュレーターの車両は、そういうモーターなどが入っていないので 1両1両での販売は、機関車以外は、全部 車両編成の構成で まとめて合計金額で 表示されているので そうなると 車両編成数が多いか少ないかで 高額なのか手頃なのかを 比べるのも 大事な車両購入を考える時の参考には、なるような気がします。

これから 益々車両に関しては、ドアの開閉 室内の細かい描写が 求まられる時代になって来ると 他の自作鉄道シミュレーターの車両と こちらの 有料の鉄道車両との違いを どうするのか どこまでもNゲージ鉄道模型をイメージしているのか そこら辺は、疑問でね

鉄道模型というよりは、鉄道シミュレーターに近い感じに見受けられるのだが そうなると 益々この車両の出来と 車両の値段が気になるのだが VRM3版を やっている おいちゃんが 言う事でもないか

まあ 他のところが 誰も 書かないので こういう お金の話が大好きなので こういう車両の値段を調べてみました。

VRMと前面展望動画についてその7

今日は、前面展望動画でも 本格的な鉄道運転シミュレーターからの紹介からだ。 鉄道博物館で 今一番人気が この運転シミュレーターだと噂では、聞きました。 おいちゃんは、一切そういうのをやれないので 興味が無かったのだが このVRM5版や他の前面展望動画を 眺めていて この運転シミュレーターと因果関係があるんじゃないのかと そこら辺を 動画で紹介だ。

京都鉄道博物館運転シミュレーター1



















まずは、京都鉄道博物館の運転シミュレーターから紹介だ。



こちらは、3DCGの最新鉄道シミュレーターからだ。 次は、大宮の鉄道博物館の2007年当時の運転シミュレーターからの紹介だ。

大宮鉄道博物館運転シミュレーター京浜東北線2007年



















画像を見た感じは、やっぱり 描写が古く感じますね



今から 12年以上も前の3DCGなので こちらの鉄道模型シミュレーターだとVRM4版からVRM5版に移行している時期でしょうかね

大宮鉄道博物館運転士体験シミュレーター1



















最近2018年の大宮鉄道博物館の運転士シミュレーターの動画からだ。



3DCGから リアルな実写版のような描写になっていますね まあ これが時代の流れなのか この流れを作ったのが ここのPlayStationのTrain Simulatorシリーズで 出て来た 

TrainSimulaterRealThe山手線1




















このTrain SimulatorRealThe山手線のような 電車でGOと リアルな実写を融合させた鉄道シミュレーターゲームじゃないのかと 勝手に想像だ。



このリアルな実写の描写こそ この前面展望動画の 一般の人には、真似できない鉄道会社とのパイプがないと 上手く行かないんだね そこに 上手く入り込んだ 株式会社音楽館という会社は、どうやって入り込めたのか不思議でね まあ この手の鉄道シミュレーター関係のゲームなどを作っている会社は、何らかの鉄道会社とは、パイプがあるとは、思うのだが それが 鉄道博物館や実際の業務で使う運転シミュレーターまで 手掛けて ほとんどの鉄道会社に納入してしまう ここの鉄道模型シミュレーターを作っているメーカーさんも どこかで それを狙っているのかどうかは、知りませんが 営業が上手いんでしょうね

中に入れば それこそ 色んな鉄道関係のリアルな情報も入るので 益々リアルな描写が作れるからWinWinの関係になるんでしょうかね チマチマ3DCG描写や車両を作るという時代では、無くなるんでしょうかね

BVEで全力で電車ゴッコ119系運転台1



















その鉄道会社に べったりで寄り添い個人ゲーム会社から移行して行く会社がある一方で こんな個人で 鉄道運転シミュレーターを BVEで作っている人もいるのでね



こうやって 運転シミュレーターを眺めていると 描写に関しては、実写版が主流になって行くのでしょうかね そして 3DCGが主流の鉄道シミュレーターは、益々RailSimのような無料の自作ゲームのような 自分でなんでも作ってしまう鉄道ゲームが残るのか?

大体 この20年近く前の鉄道模型シミュレーターVRM3版が 廃盤になった時点で 一般素人を相手にするような鉄道ゲームじゃなく もっとハイレベルのスクリプトなどを 組み込んだ上級ゲームと進化して来た鉄道模型シミュレーターですが ここに来てVRMNXのように それに輪を掛けたハイレベルゲームになって来ると どういう人達が 高額な値段の このゲームを やって行くのか まったく おいちゃんレベルだと わかりません

VRMNXが やれるレベルの人は、RailSimやTrainzそしてBVEなども 出来てしまいそうに思えるのですがね
いづれにしても もうVRM3版のような素人でも簡単にレイアウトが作れて車両を走らせて楽しめるような安価な鉄道模型シミュレーターゲームは、この時代の潮流から考えると そりゃ無理ですね

なので これからは、時代に逆らって廃盤、中古ゲームで どこまで やれるか これも ひとつの楽しみ方かも知れません  表に出て来ない車両などは、どのくらいあるのかな〜なんてね 

蒸気機関車で比べてみる3

いよいよ 鉄道模型シミュレーターからの登場だ。まずは、VRM5版の蒸気機関車の動画からだ。

VRM5動画蒸気機関車No00702さん1


















No00702さんのVRM5版(パッケージ版だと勝手に思うのだが)蒸気機関車の動画からだ。




VRM5とあるので VRM5版だと 思うのですが 動輪の動きが VRM3版とは、違いますね 
次は、VRMonLineのUSO800さんのD51蒸気機関車からだ。

VRMonlineUSO800さんD51動画1



















エミッターの煙と蒸気に注目だ。



どうしても 引っ掛かるんだよね〜 このVRM5とVRMonLineを 区別してタイトルを付けるのが 知っている人は、知っているのだが 知らない人から見れば 同じゲームの動画画像だと思わないか

VRM5動画蒸気機関車D51-VRM3★1





















こちらは、この前 UPした新VRM3★の VRM5版D51走行動画からだ。



レイアウト情景がない VRM5版D51だけの走行動画からだ。 逆説的に考えれば 情景がないので D51蒸気機関車だけを 他の鉄道シミュレーターの車両と比べるには、いいかも知れませんが なんせ480x640の描写なので イマイチ 描写がよくありませんね まあ これもVRM5版なのでね

こちらは、伝説のVRM3版動画で 一度 削除され もう一度登場したC62三重連の動画からだ。 

VRM3版3重連udonkatameHD1



















VRM3版では、20両編成までしか組めない編成が 60両近くの編成に動画では、表現されていて 昔この動画の為に どうやってレイアウト上で 編成を走らせて繋ながっているように見せるかなど 教えて貰ったのですが
動画の編集は、どうも苦手で 未だに 出来ませんね



どうですか 15年近く前のVRM3版C62の動画は、今見ても どうやって撮ったのかね

さて最後は、鉄道模型シミュレーターの本来の姿の天賞堂HOゲージのC11からだ。

VRM3版天賞堂HOゲージ3DC11




















鉄道模型シミュレーターも ここまで本来の姿を忠実に再現しても 人気は、イマイチ出て来ませんでしたね



この動画を 何回も見ていると 本当に 鉄道模型シミュレーターとは、本来どういうものを差しているのか そして今現在の VRMNXに進化している こちらの鉄道模型シミュレーターは、本当に 仮想鉄道模型という名前に合致しているのか そして どこに向かっているのか Trainzのようになるか なんてね 想像しながら 横目で眺めて楽しんで行きますか

蒸気機関車で比べてみる2

前回は、Trainzの外国の蒸気機関車の警笛の動画を紹介しましたが 今回は、RailSimからの 日本の蒸気機関車の警笛動画を まずは、紹介だ。

RailSimSLサウンドタスト集ナニカ工機さん1



















ナニカ工機さんという方のSLサウンドテスト集という動画です。



この前 行って来た京都鉄道博物館の梅小路機関区みたいな扇形機関庫に出入りする機関車のブラス音です。 動輪の動きにも注目だ。 そういえば まだ京都鉄道博物館の記事を 書く予定でしたが まだ書いてませんでしたね バッチリ写真は、撮ってあるので お楽しみにしてね

RailSim雪を駆けるSL津軽のふるさと1



















次は、Iwamikannzann Oo さんという方のRailSim2のSL動画からだ。



この方は、iwamikannzannというブログを作っていたのですが 更新がされていないみたいで 推測すると おいちゃんより 上の ご年配のようにも思えたのですが 

RailSim雪を駆けるSLを追うIwamikannzann Ooさん1


















こちらの「雪を駆けるSLを追う」という動画も 面白かったので紹介だ。



この動画を眺めていて気が付いたのですが 昔のRailSimだからなのでしょうが 貨物編成の車両の大きさが だいぶマチマチで 最後のヨ8000など かなり大きかったように見えました。 これって前に VRM3版のEF58が 他の電気機関車に比べ小さく感じると書いたのですが RailSimのようなプラグインの自作車両の基本の大きさって決まってないのでしょうかね

それと同じで こちらのVRMCLOUDの自作車両の大きさも 実際の所 どうなんでしょうかね 今 手元に借りている鉄道模型のNゲージとHOゲージの機関車を 見ながら この記事を書いていますが この大きさの違いを 今まであんまり考えた事がありませんでした。 でも 例えば KATOのNゲージの昔のC11タンク車と 最近作られたC11タンク車のリメーク版では、全然大きさが違うようで 実際 鉄道模型店で見て来ましたが 感じが 全然違っていました。 まあ それを 書いてしまうと それこそHOゲージの1/80で16.5个13个痢,匹舛蕕を 選択するまで 話が さかのぼってしまうのだが 実際 こういう鉄道シミュレーターでも 一緒に走っているのを見ると このサイズの統一というのは、大事だな〜と 思いました。

次は。ここでも 紹介して来たMMD鉄道の Ejimaさんの蒸気機関車の動画から紹介だ。 

MMD鉄道でD51をつくるEjimaさん1



















まずは、最近作っていたD51の動画からだ。



このMMD鉄道の動画の ほとんどが ニコニコ動画の方にUPされていて ここに埋め込みが出来ないので YouTube動画からの作品を紹介しています。

MMD鉄道でC62をつくるEjimaさん1

















こちらは、C62ゆうづる編成の動画からだ。



ニコニコ動画の方には、MMD鉄道やRailSimやBVEなどの 日本の自作制作鉄道シミュレーターが 沢山UPされていますが 残念ながら 無料登録だけしかしていないので 中々深くは、見られませんでした。

最後に 中々見られないBVEの蒸気機関車の動画を紹介だ。

BVEでSLを走らせる釜石線Akabe583sさん1



















Akabe583sさんの釜石線を走るSLの動画からだ。BVEの動画だと ほとんどが 全面展望走行動画で 運転席を中心にした画像が多いのですが こちらの動画は、外から蒸気機関車を眺めているシーンが多くて BVEの車両の出来具合を 見るのに良かったので紹介だ。



これらの 運転席での計器や操作を見ていると 今から20年近く前にあったSLベンチという大井川鉄道のC11蒸気機関車の運転シミュレーターゲームを 思い出しました。2008年に ここの新VRM3動画にも「VRM3★番外編SLベンチシミュレーター蒸気機関士 」というタイトルで 登場させましたが 当時 動画を撮る技術もなく画像が 悪かったので 今回は、SuperSukeyan さんが2013年6月に公開した動画を紹介だ。



このSLベンチというソフトは、2000年当時 カノープス、GeForce2 MX搭載の「SPECTRA F11」というグラフィックボードを ソーテックという会社のPCのグラボと交換した時に購入したもので おまけに体験版としてついて来ました。 まあ その頃から 鉄道シミュレーターというか 鉄道に興味を持ったのですが 20年近く経過しても 自作PCひとつも作れず 今に至っている所が おいちゃんだ。

蒸気機関車で比べてみる1

この前Trainz動画を 紹介しましたが今日は、Trainz動画の中から蒸気機関車関係の動画を紹介だ。

trainz USAvsJapanD51-1



















まずは、Trainzの蒸気機関車でD51とWesternPacific4-6-0の並走動画から紹介だ。
 


ここに出て来るD51の蒸気機関車の作りが とくにシリンダーやピストン周りの動作の表現が素晴らしかったので紹介だ。 こういう蒸気機関車の並走は、結構 面白いので

trainz-prp6110-NYC-1




















こんな蒸気機関車の並走動画も紹介だ。



蒸気機関車の並走動画は、新VRM3★動画でも 色々作ってUPしていたので そちらは、後日紹介だ。

trainz 銀河鉄道999-C62-1



















そして こんな銀河鉄道999のC62も あったんですね



日本の蒸気機関車も 結構どころか こんなに沢山あるとは、知りませんでした。

trainz 日本蒸気機関車汽笛1



















権利関係とか 色々言われていますが 外国だったら関係ないのかな

 

他の外国の蒸気機関車の警笛の動画も紹介だ。

trainz 蒸気機関車汽笛1



















汽笛なのか警笛なのか知りませんが ホイッスルバトルと なっていました。



音だけ聞いても 日本の蒸気機関車とは、少し違う感じがして面白いです。 まだまだ この蒸気機関車関係の話しは、続きます。

VRMと前面展望動画についてその6

後で まとめて紹介すると書いた青黒タツさんのTrainz動画を まとめて紹介だ。 

trainz青黒タツさん通勤者2



















今回の動画は、全て2分以内と短い動画なので 全部紹介します。



今回は、Trainz動画の中でも 首都圏の通勤電車中心の動画を紹介しています。

trainz青黒タツさん通勤者1



















これまた 好きなラッシュアワー時の 次から次と 通過する通勤電車の動画からだ。



E231系?の電車の扉は、開くし 室内の内装も表現されていて 鉄道シミュレーターのゲームは、ほとんど こういう感じで 室内まで表現していますが こちらの鉄道模型シミュレーターは、鉄道模型なので そこまでは、表現しなくても いいから 安く上がりますね

trainz青黒タツさん東京駅1



















この通勤電車動画で見て貰いたいのは、この画像の左側の花木が少しだけ動く所が面白いかったので



昔奈良線の103系のTrainz動画を ここでも紹介しましたが あれからTrainzの日本版の車両とかレイアウトも進化して 次世代になっているんでしょうかね

trainz青黒タツさんNewEra1



















細かいトラフの表現までしてあり 背景を よく見ていると雲が流れています。



trainz青黒タツさんNewEra2




















最後に 通勤電車だけだと思ったら EF64JR貨物色も あるみたいですね



今のTrainzでは、これらの車両が どういう方法で手にいれるのかとか詳しい事は、わかりませんが 要は、RailSimでもTrainzでも 入手する場所というかサイトは、 有料であれ無料であれ 一箇所で 出来るのか

そこなんだよね おいちゃんが しつこいくらい言いたいのは、なぜ この鉄道模型シミュレーターのVRM5版とVRMonLineとVRMCLOUDは、別々の登録をしないと 自作車両などが 手に入らない

そして これも よく 知らなかったのだが YouTube動画でも VRM5版とVRMonLineは、同じと思っていたのだが 最初からVRM5とVRMonLineのタイトルが違って表記しているのを 今回 初めて知りました。

この緑川錫さんの通勤電車動画を山手線・京浜東北本線を 見つけたらVRMonLineとなっていました。

VRMonline緑川鈴さん山手線 



















それからYouTube動画の検索で VRM5とVRMonLineのタイトルで検索したら それぞれ別々に動画が出て来るんだね まさかVRM5版で 全部一緒のものと 思っていたら 全然 別物みたいな感じでね



これじゃ 長年 鉄道模型シミュレーターを やっている おいちゃんでさえ間違って みんな一緒のものと思っていたのが そもそも勘違いの元なんだね 

VRM5版とVRMonLineとVRMCLOUDは、全て別物と 考えなきゃ駄目なんだね そうすると今度のVRMNXは、VRMonLineとVRMCLOUDとの関係は、どうなるのか

そこら辺が 未だに さっぱりわかりませんが やっと 今頃 理解出来て来ました。 まあ この界隈の人は、当たり前かも 知れませんが そんなに興味がない者からすると どうでもいいかと思ってしまうのだが

VRM5パッケージ版を 何点か買ってしまってから 知ってしまったので もっと そういう情報が最初から わかっていればと ついつい 愚痴が書きたくなるのだが それも 今日で 終わりにしますかね

まあVRM5パッケージ版だけだと 思って 遊べば いいだけの話しで VRMonLineやVRMCLOUDは、考えないVRMNXなど もってのほかと 我が道を行くだ。
アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
Archives
livedoor プロフィール

おいちゃん

鉄道模型シミュレーターVRM3専用の分室です。難しい話は,一切ナシ ただレイアウト等を作って自分のお金で楽しむだけの人 大歓迎 !

鉄道模型が 大好きな癖して ひとつも持っていない ただ 人の物を眺めるのが趣味な変なおっさんです。 

QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ