新VRM3★井戸端会議

VRM3こそお金が掛からない大人の一人遊びだ。そういう考えの方どうぞ!

新VRM考察

鉄道模型シミュレータ―VRM3版の歴史から

今日は、もう一度 この鉄道模型シミュレータ―VRM3版の歴史を 鉄道コムなどから 覗いている人に紹介します。2019年10月2日に 10月23日のVRMの日という 今は、さっぱり何もしない名前だけの日になりましたが その時の記事を そのまま再放送だ。

鉄道模型シミュレータ―の現在のVRM5やVRMNXを やっている人でも ここまでの歴史は、メーカーは、全部削除したから わからない人も居るかも 知れませんが これだけの歴史があったのを 知って貰えば 今あるVRMNXとかVRM5は、このVRM3やVRM2で蓄積されたデータやユーザーからの意見を取り入れて今の姿になって来たのでね VRM3を 忘れちゃ困る意味でも再放送だ。

10月23日のVRMの日まで あと20日近くになりました。と書いても だから 何かあるのかと言っても ここでは、何も出来ませんが ただ VRMポータルのVRM Web Linkを 暇なので 片っ端から 覗いていたのですが やっぱり時代なんでしょうね 今現在機能しているサイトは、半分も有りませんでした。

まあ 皆さん仕事や学業でお忙しいので 色々事情があって この鉄道模型シミュレーターから 卒業したり一時中断しているんでしょうかね その中で ひとつ気になったのが いつの間にか この鉄道模型シミュレーターの生き字引として 今まで散々お世話になっていたCHO氏のサイトが 消えていました。 直接CHO氏のサイトを開いても 全然違うサイトが開いたりして これが一番心残りでね わかっていたら VRMの歴史を考える上でも貴重な資料が沢山あったのと 今現在 使っているVRM3版の部品カタログは、ほとんどが このCHO氏の部品画像を流用していたので 本当に残念なのだ。 で いつ この鉄道模型シミュレーターの初期の歴史みたいなのが 消えてなくなるかも知れないので 一応ここに あのウィキペディア(Wikipedia)の記事から流用しながら 紹介だ。

鉄道模型シミュレーター(初代)VRM1は、

1995年に正式に開発を開始し1998年に発売した。Windows95+DirectX5での環境で動かすことが出来きマップサイズは7m×7m。 なお、開発研究の段階ではDirectXではなくOpenGLが使われていた。

鉄道模型シミュレーターVRM2は、

1999年に初版が発売されレイアウターに「レイヤー機能」を搭載。「立体交差」が作成可能になり「ポイント自動切り換え機能」やレールの長さを任意に設定できる「バリアブル・レール」が収録された。マップサイズは、20m×20mに拡張された。

鉄道模型シミュレーター2超高速版
鉄道模型シミュレーター2超高速版パワードバイトミックス
鉄道模型シミュレーター2専用オプションディスク最新版
鉄道模型シミュレーター2追加セット1「道路、機関車、貨車」
鉄道模型シミュレーター2追加セット2「103系第1セット」
鉄道模型シミュレーター2追加セット3「103系第2セット」
鉄道模型シミュレーター2追加セット4「キハ183系第1セット」
鉄道模型シミュレーター2追加セット5「キハ183系第2セット」
鉄道模型シミュレーター2追加セット6「1号編成」
鉄道模型シミュレーター2追加セット7「EF58」
鉄道模型シミュレーター2追加セット8「EH10+貨車」
鉄道模型シミュレーター2追加セット9「E351系振り子特急電車スーパーあずさ」
鉄道模型シミュレーター2追加セット10「12系&14系座席客車」
鉄道模型シミュレーター2追加セット11「近鉄12200系&12400系」

鉄道模型シミュレーターVRM3は、

2001年に初版が発売され鉄道模型シミュレーター2に比べ3Dモデルのポリゴン数が増加。 システムには「地形エディター」や「加速度設定」、「架線敷設ツール」などの機能が搭載された。 また、「車両変換ツール」が別ツールとして用意され、鉄道模型シミュレーター2の車両データを本バージョンに組み込むことが出来る。

後に発売された統合パッケージはインストール時にインターネット接続環境が必要

鉄道模型シミュレーター3 特急列車大全集1 第0号から第3号までの統合パッケージ
鉄道模型シミュレーター3 特急列車大全集2 第4号から第7号までの統合パッケージ
鉄道模型シミュレーター3 特急列車大全集3 追加車両と追加パーツの統合パッケージ
鉄道模型シミュレーター3 第0号 アイマジックセット
鉄道模型シミュレーター3 第1号 パワードバイトミックス
鉄道模型シミュレーター3 第2号 道路国鉄車輌特集号
鉄道模型シミュレーター3 第3号 名車輌特集号
鉄道模型シミュレーター3 第4号 パワードバイトミックス2
鉄道模型シミュレーター3 第5号 東日本特集号
鉄道模型シミュレーター3 第6号 東海特集号
鉄道模型シミュレーター3 第7号 九州特集号
鉄道模型シミュレーター3 キット1 新幹線700系7000番台
鉄道模型シミュレーター3 キット2 885系特急形電車
鉄道模型シミュレーター3 キット3 新幹線500系
鉄道模型シミュレーター3 キット4 近鉄30000系
鉄道模型シミュレーター3 キット5 江ノ電2000型
鉄道模型シミュレーター3 キット6 24系25形北斗星・北海道編成
鉄道模型シミュレーター3 キット7 24系25形北斗星・東日本編成
鉄道模型シミュレーター3 キット8 10系軽量客車郵便車
鉄道模型シミュレーター3 キット9 モハ1形103,107
鉄道模型シミュレーター3 キット10 キハ40系
鉄道模型シミュレーター3 キット11 115系中央東線
鉄道模型シミュレーター3 キット12 スハ44系特急形客車
鉄道模型シミュレーター3 キット13 EF200直流電気機関車
鉄道模型シミュレーター3 キット14 153系急行形電車
鉄道模型シミュレーター3 キット15 651系特急形電車
鉄道模型シミュレーター3 キット16 E231系500通勤形電車
鉄道模型シミュレーター3 キット17 E231系近郊形電車
鉄道模型シミュレーター3 キット18 183系1000特急形電車
鉄道模型シミュレーター3 キット19 C62-2宮原機関区時代
鉄道模型シミュレーター3 キット20 E231系通勤形電車(総武線)
鉄道模型シミュレーター3 キット21 E231系通勤形電車(常磐線)
鉄道模型シミュレーター3 キット22 700系新幹線C編成
鉄道模型シミュレーター3 キット23 E231系近郊形グリーン車
鉄道模型シミュレーター3 トミックス追加キット(F)
鉄道模型シミュレーター3 トミックス追加キット(F)2
はじめる!鉄道模型シミュレーター3セット1
はじめる!鉄道模型シミュレーター3セット2
はじめる!鉄道模型シミュレーター3セット3
はじめる!鉄道模型シミュレーター3セット4
はじめる!鉄道模型シミュレーター3セット5
Bahnsim PRO(BSP) 鉄道模型シミュレーター3 第0号の欧州版。言語表記はドイツ語。販売元はbhv。同号収録の日本型鉄道車両に加え、欧州型鉄道車両としてドイツ国鉄145形電気機関車、modus型客車、有蓋貨車、タンク貨車が追加されている。国内では入手不可能。


と ここまでが VRM3版までの概要だ。

CHO氏のHPサイトの画像を 眺めて 自分なりにVRM3版カタログを作っていました。もう15年近くも前に作ったので ボロボロになっていますが 未だに現役で お世話になっています。 これが 無かったら 今まで続かなかったでしょうね

CHO
















そして ここからが 昔たまたま印刷していたVRM3版のパッケージ版の発売記録の一部だけを抜粋だ。印刷した紙が ボロボロになって 数字とかが 見えないので パッケージ版のみ紹介だ。

2001年  7月12日 待望のバージョンVRM3版の0号(IMAGIC版)と1号(TOMIX)パッケージ同時発売
2001年  7月    鉄道模型シミュレーター3 キット1 新幹線700系7000番台発売
2001年  7月    鉄道模型シミュレーター3 キット2 885系特急形電車発売
2001年  9月03日 鉄道模型シミュレーター3 キット3 新幹線500系発売
2001年  9月28日 VRMシステムを応用した「鉄道模型レイアウター」トミックスより発売
2001年10月13日  鉄道模型シミュレーター3 キット4近鉄ビスタカー30000系発売
2001年12月05日 鉄道模型シミュレーター3 第2号 道路国鉄車輌特集号
2001年12月05日 鉄道模型シミュレーター3 第0・1号に新パッケージ(forXP)登場
2001年12月14日 新3D性能チェッカー登場
2001年12月18日 鉄道模型シミュレーター3 キット5 江ノ電2000型発売

2002年01月21日 鉄道模型シミュレーター3 キット6 24系25形北斗星・北海道編成発売
2002年01月21日 鉄道模型シミュレーター3 キット7 24系25形北斗星・東日本編成発売
2002年02月    プレミアムトレイン1、221系電車登場
2002年03月    鉄道模型シミュレーター3 キット8 10系軽量客車郵便車
2002年04月03日 鉄道模型シミュレーター3 キット9 モハ1形103,107箱根登山鉄道発売
2002年04月15日 プレミアムトレイン2、キハ110-100番台登場
2002年06月28日 鉄道模型シミュレーター3 第3号 名車輌特集号発売
2002年07月05日 入門編はじめる!鉄道模型シミュレーター3セット2発売
2002年09月01日 レイアウトコンテスト2002開催(9月1日結果発表)
2002年08月25日 鉄道模型シミュレーター3 キット10 キハ40系発売
2002年10月11日 入門編はじめる!鉄道模型シミュレーター3セット3発売
2002年10月11日 鉄道模型シミュレーター3 キット11 115系中央東線発売
2002年12月20日 鉄道模型シミュレーター3 第4号 (TomixFineTrack)トミックス発売

2003年01月06日 プレミアムトレイン3、DE15ディーゼル機関車ラッセル仕様登場
2003年01月18日 鉄道模型シミュレーター3 キット12 スハ44系特急形客車発売
2003年03月05日 鉄道模型シミュレーター3 キット13 EF200直流電気機関車・貨車セット発売
2003年05月23日 入門編はじめる!鉄道模型シミュレーター3セット4発売
2003年06月03日 鉄道模型シミュレーター3 キット14 153系急行形電車発売 
2003年07月03日 DirectX9版ビューワー登場
2003年07月31日 鉄道模型シミュレーター3 キット15 651系特急形電車発売
2003年07月31日 鉄道模型シミュレーター3 トミックス追加キット(F)発売
2003年09月12日 鉄道模型シミュレーター3 第5号 東日本特集号発売
2003年10月10日 入門編はじめる!鉄道模型シミュレーター3セット5発売
2003年10月31日 レイアウトコンテスト2003開催(10月31日結果発表)
2003年11月28日 レイアウトコンテスト第2弾開催(11月28日結果発表)
2003年11月10日 鉄道模型シミュレーター3 キット16 E231系500通勤形電車発売
2003年11月20日 RM-MODELS 101号付録にクモハ12形旧型電車登場
2003年12月01日 鉄道模型シミュレーター3 キット17 E231系近郊形電車発売
2003年12月01日 鉄道模型シミュレーター3 キット18 183系1000特急形電車発売
2003年12月20日 2004版の新しい0号.1号の新パッケージ版が登場

2004年01月10日 プレミアムトレイン4、保線モーターカーセットが登場
2004年01月26日 鉄道模型シミュレーター3 キット19 C62-2宮原機関区時代発売
2004年02月20日 2004版の新しい2号の新パッケージ版が登場
2004年03月15日 鉄道模型シミュレーター3 キット20 E231系通勤形電車(総武線)発売
2004年04月23日 2004版の新しい3号の新パッケージ版が登場
2004年06月07日 鉄道模型シミュレーター3 キット21 E231系通勤形電車(常磐線)発売
2004年07月16日 鉄道模型シミュレーター3 第6号 東海特集号発売
2004年10月30日 レイアウトコンテスト2004開催(10月30日結果発表)
2004年09月03日 2004版の新しい4号の新パッケージ版が登場
2004年09月18日 鉄道模型シミュレーター3 トミックス追加キット(F2)発売
2004年11月05日 2004版の新しい5号の新パッケージ版が登場
2004年12月10日 鉄道模型シミュレーター3 第7号 九州特集号発売
2004年12月12日 DirectX9版ビューワーVerUP登場
2004年12月24日 鉄道模型シミュレーターV4発売開始

2005年 01月13日 DirectX9版ビューワーVerUP
2005年02月14日 鉄道模型シミュレーター3 キット22 700系新幹線C編成発売
2005年11月14日 レイアウトコンテスト2005開催(11月14日結果発表)

2006年01月20日 鉄道模型シミュレーター3 キット23 E231系近郊形グリーン車発売
2006年02月24日 鉄道模型シミュレーター3 特急列車大全集1 第0号から第3号までの統合パッケージ発売
2006年03月19日 113系ありがとうヘッドマークモデル(フリー配布)
2006年        VRM3版欧州バージョン発売
2006年07月28日 DirectX9版ビューワーVerUP
2006年09月08日 鉄道模型シミュレーター3 特急列車大全集2 第4号から第7号までの統合パッケージ発売
2006年11月15日 レイアウトコンテスト2006開催(11月15日結果発表)

2007年11月16日 レイアウトコンテスト2007開催(11月16日結果発表)
2007年12月01日 鉄道模型シミュレーター3 特急列車大全集3 追加車両と追加パーツの統合パッケージ発売

以上が CHO氏が 作っていたVRM3関係の年代概要で アップデータは、外して載せてみました。これこそが 鉄道模型シミュレーターの歴史を 眺めた時に 一目でわかる 鉄道模型シミュレーターの歴史だ。

しかし 残念ながら ここでは、このVRM3版の記事しか載っていなかったので VRM2版やVRM4・5版の情報は、見当たりませんでした。今こういう資料が 無くなってしまっては、困ると思って勝手に掲載してみました。

あくまでも VRM3版の歴史として捉えているので 上級者や古参のメンバーさんは、みんな卒業して行くんですね〜 相変わらず 続けているのは、このおいちゃんだけか

ただ VRMの日というだけじゃなく ある程度 歴史も理解して欲しいのだが メーカーさんが そういうのが好きじゃないみたいなので 当時の社長さんは、元気なんでしょうかね

と 詳しく 調べて書いていましたね メーカーさんのブログは、1ヶ月経過しても更新なしとかVRMonLineの調子が どうのとか 色々あるみたいですが 今この時代だからこそ なんでもメーカーさんに頼らないと 遊べないというのが 引っ掛かってね ログイン出来ない問題は、お互いのPCのセキュリテイの問題かどうかは、知りませんが 自分の場合は、ログインを失敗して そこから 出来なくなったのですが しばらくして ログインし直したら出来たのですが その時は、時すでに遅しで VRM5パッケージ版を購入してしまったので 今は、VRMonLineには、登録して何点か部品は、購入出来たのですが まったく部品の共有が出来ないので 使えない状態になっています。

この完璧なセキュリテイ状態とは、どういう状態なのか これは、メーカーさん側でも同じで これは、危なそうなユーザーに対しては、ガードを固めるようになっているのか そこら辺が 専門じゃないので よくわからないのだが なんか選択されているようで まあ それが今の時代なんでしょうかね 

E231系を値段で比べる

KATOレイアウトプラン6-9レイアウトの完成して 編成車両の走行動画を紹介する予定でしたが その前に そこで走るE231系についてVRM3版とVRM5版を 値段で比べて見ました。今更 VRM3版もVRM5版のパッケージ版は、廃番になっているので これを紹介しても意味は、ないのですが ハッキリ言ってVRM5版に関しては、全然 E231系の車両内容は、さっぱり わからなかったので この際 一応調べてみました。まずは、VRM3版の追加キットのE231系からだ。

KATOレイアウトプラン6-9E231系カタログVRM3版1

VRM3版の追加キットには、E231系総武線、常磐線、近郊形、E231系500番山手線の4種類があり その他に E231系近郊グリーン車という二階建て車両が入っている追加キットがあるのですが これが 唯一持っていない車両で 未だに 探しているのですが ほとんど入手不可能みたいだ。

KATOレイアウトプラン6-9E231系カタログVRM3版2

これが 追加キットのE231系の4種類の中身だ。全部で 61両あります。内訳は、E231系常磐線とE231系近郊形が1800円で 両方で36種類で E231系総武線とE231系500番山手線が1700円で 両方で25種類だ。 VRM3版の追加キットの合計が 7000円で 61両なので 1両当たり115円の計算だ。

まあ 今から20年近くの追加キットのCDロムの値段としては、一番ポヒュラーな価格帯みたいでした。この値段は、2007年9月のリーフレットの値段ですが この時には、すでにVRM4版のパッケージ版は、0号から7号まで 販売していた頃で当時のVRM4版の8種類の合計が 71400円みたいだ。

本当に アホな事ばかり 考えていますが 要は、このゲームが 凄いのかどうかよりも この値段なら 妥当かどうか そればっかり考えていたのでね まあ そんなもんだ。鉄道模型と比べて どうなのか そこからの発想なのでね

KATOレイアウトプラン6-9E231系カタログVRM5版2

こちらは、VRM5版のE231系を集めて見ました。第9B号には、E231系近郊形とE231系500番山手線が 2種類が入っていて 第9A号には、E231系常磐線とE231系総武線が 入っていました。 ここら辺が ここのメーカーさんの いやらしさで昔は、こういう いやらしさは、無かったのですが このVRM5パッケージ版を購入して VRM3版とは、まったく違う販売方式になったのを知りました。

しかも この第9A号と第9B号のパッケージ版は、廃番なので パッケージ版は、買えないのだ。じゃあ 残りは、ダウンロード版しかないのだが 今は、VRMNXの次世代ですから そう考えるとVRMonLineしか 単品で購入するには、方法がないのだ。


KATOレイアウトプラン6-9E231系カタログVRM5版1

しかし VRM5パッケージ版との共有が出来ないので ここでは、パーツショップからの紹介だ。パーツショップのE231系の合計が 23540円で 全部で86種類あるので 1両当たり274円の計算だ。

VVRM3版に比べVRM5版だと 約2.4倍の計算になるのですが 今度のVRMNXになると 新しい車両で 室内も座席とかドアも開くようになるのでしょうかね 

自作車両や RailSimなどの車両を眺めていると ここのメーカーさんが作る車両よりも 先を行っているように見えるのだが ただJR東日本商品化承諾済という印籠が 無ければ 外国のような車両DL販売は、出来ないシステムなので もし仮に これが 無かったら 又 違った感じに進化していたかも知れませんね でも 逆に オンラインサロンのような趣味の会員制にしてしまえば その中で会費さえ払えば外部に持ち出さないシステムを作れば 新しい趣味の世界も出来そうな気がするのだが 頭のいい人は、考えて 鉄道模型サークルみたいなものを やっているかも知れませんね


類は友を呼ぶ

最近 よしもとから 離れたお笑いコンビ・キングコングの西野亮廣(あきひろ)氏の話題で ネットやTVなどで騒がれていますが オンラインサロンを開き会員が7万人も参加しているとの話題でも注目されているようだ。昨日もTV番組で なぜ 自分のようになれるのかと タレントには「認知タレント」と「人気タレント」の2種類が存在し違いは無料のイベントで客を集められるが単独ライブでは客が入らないのが「認知タレント」、その逆が「人気タレント」とか 縦軸に「信用度」、横軸に「認知度」と描かれた表を使って説明していました。

さすが オンラインサロンで会員を集めるだけあって話は、面白かったです。でも このオンラインサロンにしても 今回このVRM界隈で 始まった 新しい鉄道模型シミュレータ―コミニティにしても 「類は友を呼ぶ」の「似た者同士は自然に集まる」という心理は、心理学の世界で「引き寄せの法則」「波動の法則」と呼ばれているらしいのだ。ここの「類は友を呼ぶ」の記事に載っていました。

鉄道模型シミュレータ―コミニテイから

ようやく このVRM界隈も そういったオンラインサロンじゃないけど コアな仲間が集まってやれる鉄道模型サークルみたいな場が出来たのかと 新しい趣味の時代の到来だとも思っています。

しかし その一方で西野亮廣氏のオンラインサロンやVRMNXとは、無縁な世界に居る自分としては、あくまでも 外野の自分が 参加しては、無理でも そこを 覗くことも出来ない時代に成って来たように思えてね

なんか そういうネットの世界も便利なようで 便利でない なんでも 登録しないと 覗けない時代になって来たようで 結局 最後は、お金を払わないと なんでも見られない情報も得られないという感じになるのでしょうか 

グローバルな社会とか世界と言いながら 要は、昔の村社会に戻って来ているような気がしてね それこそ 今村昌平監督が日本各地に残る姥捨山伝説を描いた深沢七郎の傑作小説を1983年に映画化した『楢山節考』のようで そもそも 日本自体が 大きな村社会のピラミッド集合体みたいなもんで それぞれが 独立している村社会で その中で今問題になっているオリンピック組織委員会だって結局は、誰が村の決め事を決めて そして実行しているのか 昔は、食料それが今は、お金に代わっただけじゃなかろうかと 野次馬としては、傍観しています。

要は、素直に オンラインサロンにしてもVRMNXにしても 入ってしまい それから考えればいい話なのだが 益々人との関りが薄くなって この1年のコロナ禍で まともに 身内以外で 話した人は、考えてみれば 一人も居なかったようで これが 仕事をリタイアして その村社会から離れたおっさんの現実かも知れませんが それでも 逆に人間関係での上下関係がないので 自分としては、気が楽ですがね 上から目線で 言われるのが一番嫌いでね 村社会では、我慢していたけど 今は、気を使わないだけでも 気持ちだけは、自由なのだ。

201系で車両を比べてみた。

せっかく201系の日に VRM3版の201系を紹介したので 今度は、今まで持っているのに 一度も開いて見た事が無かった鉄道模型シミュレータ―VRM5パッケージ版8+に入っている201系中央特快の車両カタログも作って見たので それは、こちらのブログで紹介していますが ここでは、VRM3版vsVRM5版の201系車両で見比べる画像を紹介だ。

201系対決VRM3vsVRM5その1

まず こういう実際の画像を使ってVRM3版とVRM5版の車両を 同じ様に並べて比べて見るというのを この界隈では、どこも やっていないみたいなので ここで検証だ。あれ 自分の所のVRM5版の車両と見え方が違うという方もいるでしょうが あくまでも こちらのPCで眺めると こういう感じの描写になるので 勘弁だ。

VRM5版の201系には、車両の室内も紹介だ。これが なんで ここまで 描写したら 座席くらいは、配置しても良かった気もするのだが ユーザーが それを求めないのだから しょうがないか

そういう所が 都合が悪い所は、鉄道模型のNゲージと一緒の考えで室内までは、覗かないだろうという考えらしいのだが 今度のVRMNXになると なんでも扉が開くようになるみたいですから その時は、座席もつくるのでしょうね


201系対決VRM3vsVRM5その2

でも それにしても おかしいのは、自作車両では、この座席とか室内の描写も キッチリ作り上げているのに なんで メーカーさんは、先送りにするのでしょうかね

そこら辺の どういう車両を これから作って行くのか 自作車両とは、違うプロの車両を どう攻めて行くのか こちら側は、自作車両が作れないので 買うしか能がないのだが その分 ちゃんと見定めないとね 鉄道模型のように 車両も 外部からも調達出来たら この界隈も 賑やかになるのですが 車両が作れないから買ってでも欲しい

それが鉄道模型趣味のバーチャルホビーの世界だと思うのだが もっと商売毛を出して 攻めて欲しいのだが 鉄道模型のような豪華なカタログでも作ってそれこそ販売したら 面白いと思うのだが そいう素人相手に商売をしたくないといのが見え見えだから どうして こういう感じになってしまったんでしょうね

要は、おいちゃんのような面倒なユーザーが居るから そういうユーザーが 扱えないゲームにしてしまった。 そうですか なら しょうがないか でも買う気だけは、あったのですが 浮気してHOゲージに使ってしまったからね。

今更VRM5版から考えるか

今日は、別ブログの 今頃VRM5版を始めるの中からの昔話から お金に関わる話を中心に紹介だ。
2019年4月に 手持ちは、この4パーケージだけと 2019年7月に言葉じゃわからんのでの中で このVRM5パッケージ版と 今のVRMNX版用のアンロック版の意味合いが わからなくて 騒いでいたのですが もう VRMNX版に関しては、半分というか ほとんど諦めているのですが 

まだ このVRM5版に関しては、今でも 部品カタログを作って なんとか今持っているVRM5パッケージ版の4本だけでレイアウトが どこら辺まで作れるのか まずは、部品だけでも 知りたいと思って 忘れた頃に 部品カタログを 作っています。

さて本題だ。この鉄道模型シミュレータ―というゲームは、VRM3版を 20年以上も続けて感じたのが やればやる程 全バージョンの号数と 追加キットの車両の全部を 揃えると100%以上の楽しみ方が出来るというのを 今頃知りました。VRM3版で 言えば 追加キット23のE231近郊形グリーン車(二階建て車両)とVRM2版の追加キット5のキハ183系第2セットの この2点が 揃うと 一応全部揃う計算なのだが も20年以上も経過しているので 探しようがないので 諦めていますが もし あれば 欲しいのですがね

まあ それと同じで このVRM5版も4本の号数だけの車両とストラクチャーやシステム部品の例えばエミッター(VRMonLineだと110pt)で買えるらしいのだが 試しに購入したが こちらのVRM5パッケージ版では、使えず 諦めました。そして 今現在 このパッケージ版も ほとんどが廃盤商品で

VRM5パッケージ版ダイレクトショップ販売2021.1.31

このVRM5パッケージ版を 集めるのは、無理みたいだ。ついでに 追加キットも紹介だ。

VRM5パッケージ版ダイレクトショップ販売2021.1.31-2
まあ そもそも このVRM5版を やり始めたのが 2年前の2019年には、VRMNXが 登場して来た時期で 本当は、最初から こちらのVRMNXから 始めれば良かったのですが それが なんかVRM5版を持っていないと このVRMNXには、移行出来ないみたいな雰囲気で そして あの今でも訳が わからない VRMNX用のVRM5アンチロック版を購入しないと VRMNXでは、遊べないという ここで 商売毛を出して来た メーカーさんの気持ちも わかるのだが こちらのVRM5版の基本号数19本と追加キット34本を合わせると購入するだけでも約30万近くも掛るんだね

2019年3月に この鉄道模型シミュレータ―を お金の面で考えた企画のVRMを価格で考えるかでは、VRM2版 31,280円、VRM3版137,100円、VRM4版104,400円、VRM5版307,507円と もし仮にパッケージ版で 揃えたとしたら 総額は、580,287円になるのが おいちゃんの試算だ。と 書いていました。

で 何が言いたいかと 言うとだ。確かに次世代の新しいゲームも いいでしょうが その前のバージョンのVRM5版でも 全部を揃えていないユーザーも中には、居るので そういう古いバージョンCDロム版が 揃えられるような場所があると いいなあ〜と思ってね 要は、鉄道模型ならヤフーオークションで いくらでも 中古などは、購入することは、出来るのですが この鉄道模型シミュレータ―のCDロム版に関しては、取扱っている業者もないので そういう鉄道模型シミュレータ―関連の中古ソフト専門サイトなどがあったらいいなあ〜 と思った次第なのだ。

こういう高額なゲームが 箪笥の肥やしや 使わずに眠らせているならリサイクルさせて この鉄道模型シミュレータ―の裾野を広げて 徐々に上のバージョンに移行させるという考えも あるんじゃないのかと思った次第だ。自分のように 半分コレクター趣味みたいに車両を揃えて走らせてみたいと思っている人も居るのでね 確かに 鉄道模型の中古品も いいんですが やっぱり 気持ち的には、20年以上も 続けている鉄道模型シミュレータ−なので それぞれのバージョンの部品が全部揃うと 面白いという事を メーカーさんにも わかって貰いたいのですが

そこが このPCゲームのいやらしさで 作っている側は、全部 PCの箱の中に保存されているから こちら側が 廃盤になった商品を いくら欲しいと思っても それが どうしたという感覚なんでしょうが 本来は、 そういう場合は、少し高い値段でも いいから 販売するみたいなきめ細かい対応が これからの 通販とくに こういう限られたユーザー相手の商売は、考えても いいんじゃないかと思ったので 書いてみた。この際 メーカーで試作で作っている車両を 全部さらけ出して欲しいもんですが もう いっそ隠してばかりで 一番やっては、いけない商売の鉄則で 非売品を店頭に並べるな!という画廊の例えと 同じで 一度 サイトで 紹介してしまった車両に関しては、その後の報告をしないとね 今知っている範囲でも 2種類は、把握してますが 高くても買うか買わないかは、こちら側が決めるのでね なんか 自分達だけが 楽しんでいるように見えるのでね 

今一番 TVでも なんでも そこが 一番引っ掛かる お金を出しても買えない商品なら 最初から紹介しないか 駄目になりましたの報告をしなきゃ皆さんメーカーさんのブログは、穴が開く程見ているのでね

何言ってるかわかりません

最近のメーカーさんのブログの記事なのだが サンドイッチンの富沢くんのフレーズ「何言ってるかわかりません」を そっくりそのままお返ししたい気持ちなのだが そう 思っているのが おいちゃん一人じゃ話にならないか 益々上級者向けというか 知ってて当たり前のように 話を持って行くのだが これは、今の政治家やコメンテーターと同じで やたらと英語を 使ってエビデンスとか言うのだが このエビデンスも 最近やっと日本語だと 証拠・根拠、証言、形跡などを意味するとのことらしいのだ。

最初アデランスのかつらか エビと大宮デン助が 合体になった言葉とも思ったのだが さすがに それは、ないか

IMAGICブログより1月16日


そして これが 1月16日のメーカーさんのブログ記事なのだが この中で 「近日予定のvrmcloud.netサーバーの物理的な機器交換により、VRMCLOUDの通信が常時httpsになります。」

この常時httpsとは、どういう意味なのか そして この記事を見て思ったのは、結局 今のVRMのメインで 動いているのは、この岐阜のVRMCLOUDが 一番の主力の販売先なのかとも思ったのだ。

VRM5版の時は、VRM5パッケージ版とVRMonLINE版という共有出来ない部品問題があり 今のVRMNXだと それが どういう感じになっているかは、わかりませんが まずは、この常時httpsになると どうなうのか 気になって あっちこっちを開いて見ました。

なんか このhttpとhttpsの違いで 怪しいサイトかどうかを 確認するみたいな話をTVで聞いたことがあるのですが どうも それは、Google Chromeのラウザの判断で常時SSL化が可能になる「HTTPS Everywhere」の事を 言っているのでしょうか 

どっちにしても 素人には、わからない文言ですが ここのサイト記事を見ても httpから勝手にhttpsになる場合とか とにかく 素人には、「何言ってるかわかりません」なのだ。

益々 このネット環境も高度になって来ると 中途半端な事を知っている人が 一番駄目な時代なのでしょうかね 何も考えず 便利だから使っているというスマホ世代と こうやって なんでそうなるのと 考えても アンタの頭じゃわからないだろうと 分かっては、いるのだが 一応考えてしまう 小学生の孫でさえ スマホを自在に使いこなして ゲームなどもしている時代 取り残される運命だが おいらは、おいらの道を行くしかないか

キハ110から

Discord VRMコミュニティ開設の記事が 紹介されて いよいよ動き出したみたいな 新しいコミニュティサイトだ。その他にも VRMCLOUD自作車両というサイトも出来たみたいで 新しい時代の幕開けみたいだ。そこで VRMCLOUDには、無縁な こちらとしては、自作車両に関しては、限られた画像でしか 見られないのですが 今日は、その中で ばんえつラインさんのキハ110の自作車両の画像を 眺めながら こちらのVRM3版のキハ110系と 見比べてみる お話だ。

自作車両真似VRM3版キハ111から3

こんな感じで VRM5版の自作車両と VRM3版のキハ110系を 並べて見ました。

自作車両キハ110ばんえつラインさん1

こちらが ばんえつラインさんのキハ110系の自作車両の画像からで


自作車両真似VRM3版キハ110から1
こちらが2001年登場のVRM3版のキハ110系の画像からだ。完全に比べる対象でもないのですが 片や プロが昔々に作った車両で 片方が今現在の自作車両の画像と 考えると もう このキハ110に関しては、メーカーは、作らないかも知れませんね

もう こういう時代なんですね その中で メーカーさんは、これから どういう車両を提供して行くのか 

自作車両真似VRM3版キハ111から2
こちらは、VRM3版のプレミアチケット版のキハ110系が 出る前に 鉄道模型シミュレータ―VRM2版に入っていた キハ111系とキハ112系からだ。こちらは、車両の走行音源が入っていなかったみたいで これだけでの走行は、あんまりしなかったのですが 昔 磐越東線の舞木や船引周辺で現場仕事をしていた頃に 初めて このキハ110系を 見ました。15年近く前ですか その時に このキハ111系やキハ112系などの5両編成だか6両編成の下りの郡山方面に行く 編成を 朝方見掛けて ビックリした 記憶があります。それまで キハ110系は、2両か3両編成しか見た事が なかったのでね 

自作車両真似VRM3版キハ111から4

それにしても 車両の好みって 第一印象と 段々眺めていると 変わって来るのですね 最初 この色合いが 目立たない色合いで なんか寂しい感じの気動車に感じてましたが 20年近く経過して まったくイメージが変わって来ました。HOゲージでも KATOでは、キハ110-200番台が あるみたいで鉄道模型の運転会で 現物を 見た事あるのですが 中々良かったです。

VRM5版自作コンテナ祭りの再放送だ。

メーカーさんの会議室が廃止になり なんでも自作コンテナのファイルもDL出来ないとの事らしいのだ。そこで 今日は、2019年1月と2月に書いた VRM5版のコンテナ祭りの記事を 再放送で紹介だ。 当時は、やる気満々で このVRM5版に 挑戦していましたが その結果は、ご覧の通りですが これだけVRM5版自作コンテナを紹介していたのも ここだけじゃないかとの自負から紹介だ。

VRM5自作コンテナが 続々登場だ。2019年1月30日
コンテナ祭りは、ここから始まっていた。1 2019年1月31日
コンテナ祭りは、ここから始まっていた。2 2019年1月31日
コンテナ祭りは、ここから始まっていた。3 2019年2月1日
コンテナ祭りは、ここから始まっていた。4 2019年2月3日
コンテナ祭りは、ここから始まっていた。5 2019年2月4日
コンテナ祭りは、ここから始まっていた。6 2019年2月5日
コンテナ祭りは、ここから始まっていた。7 2019年2月7日
コンテナ祭りは、ここから始まっていた。8 2019年2月7日 
コンテナ祭りは、ここから始まっていた。9 2019年2月9日
コンテナ祭りは、ここから始まっていた。10 2019年2月9日

こんな感じで紹介していました。まあ よく調べて書いていましたね やる気は、あったのです。当時は、これらの自作コンテナも もう見られないのでしょうか VRM5版を やらなくても 勿体ないですね


20フィート・30フィートコンテナ積載方法から1

こんな感じのコンテナ積載方法も 紹介していました。(画像は、VRM5版の自作コンテナから引用)

12フィートコンテナJRF赤基本積載方法1

ここで紹介した以前にも自作コンテナの記事は、VRM5版を持っていない時から紹介していました。

VRM5コンテナ自作車両を ここで紹介だ。その1 2015年7月22日
VRM5コンテナ自作車両を ここで紹介だ。その2 2015年7月22日
40フィートコンテナも欲しいね         2015年7月23日

そして これだけのVRM5版自作コンテナが会議室には、あったのです。


VRM5自作車両集大成1

これが これから どうなるのかは、知りませんが 今日は、このVRM5版自作コンテナを動画で紹介だ。VRM5版自作コンテナ部品コレクションその1という動画からだ。




当時は、ここの新VRM3★の井戸端会議で 動画を作っていたのですが タイトルには、新VRM3★を入れませんでした。VRM5版だと どのくらい再生回数が多くなるのか 試したかったのでね



VRM5版自作コンテナ部品コレクションその2という動画からだ。



VRM5版自作コンテナ部品コレクションその3という動画からだ。




VRM5版自作コンテナ部品コレクションその4という動画からだ。



VRM5版自作コンテナ部品コレクションその5という動画からだ。

まだ 続きが あるのですが 紙面の関係上 ここからは、タイトルだけの紹介ですが 良かったら ご覧下さい こちらからの方が 面白いコンテナからも知れません

VRM5版自作コンテナ部品コレクションその6から

VRM5版自作コンテナ部品コレクションその7から

VRM5版自作コンテナ部品コレクションその8から

VRM5版自作コンテナ部品コレクションその9ラストから

こんな感じで アホみたいに紹介していました。 しかし これらの自作コンテナをVRM5版では、まだ一度も走行させていないのですから アホです。

でも これだけの種類のコンテナは、中々見られないので 今日は、ここを 永久保存版として書いてみました。こういう自作コンテナを作ってくれる人が居たからVRMも 面白いのですが この自作コンテナと同じ様に 自作車両も このVRM5パッケージ版で 使えれば 最高でしたが

新しいVRMの時代の幕開けか

あけまして おめでとうございます。いつもは、新年の挨拶としてメーカーさんのブログ等で 何かしらの紹介が あるのですが まだ元旦なので そういう紹介は、今のところないみたいです。

去年の年末に VRMポータルの Caldiaさんのブログ記事で VRMNX オンライン忘年会という記事を目にして まさに 新しいVRMの時代に入ったのかと 素人ながら そう感じました。

この中で VRMNXのオンライン運転会とかクローズドなVRMのDiscordコミュニティ内とかの 言葉やVRM-NXファイル連携システムとかVRM-NXネットワークコントローラーというのが どういうものかも わかりませんが なんとなく 今までの この鉄道模型シミュレータ―のゲームから 一歩踏み出した新しい時代が 来ているように感じました。

昔から PCに詳しい仲間が 3人くらい集まれば 何か面白い事が出来るんじゃないかとは、思っていましたが このVRMを 共有して楽しめるシステムが 出来れば それこそ 昔 VRM3版でも やったビネットレイアウトみたいな考え方から もっと先に進んだ 楽しみ方が 出来るのでしょうか

年代の違いもあるのか 自作車両が 作れないユーザーとしては、メーカーさんに頼らなきゃ 車両も部品も 手に入りませんが なんか その垣根を越えた 新しい時代に なって来たようにも 感じますね

今の 自作車両が ここまで 作れる時代になれば そりゃ 水面下では、色々起きているのは、その筋の詳しい方々には、当然かも知れませんね

Caldiaさんの自作車両ページから1

しかし その反面 そうじゃない おいちゃんのような3周回遅れのVRMユーザーとしては、益々この鉄道模型シミュレータ―の次世代に対しての壁は、より高くなって行くばかりですが まあ 今の第7世代と言われている芸人が 今の次世代VRMユーザーだとしたら おいちゃんのようなレトロVRMユーザーは、地方のご隠居ユーザーとも呼ぶのでしょうか(その割には、文句と愚痴が多いが)

まあ 次世代は、次世代で 活躍して貰って レトロは、レトロで 今年も 頑張るか なんだかんだ言っても 一人で レイアウトを作って車両を走らせるのが 鉄道模型シミュレータ―の基本だと思っているのでね 電車でGOや A列車で行こうとは、違う あくまでも 仮想鉄道模型のレイアウト制作が 一番の売りと思って 今年も 頑張って行きましょう



VRM5版が使いこなせないので3

VRM5版が使いこなせないと言いながら そこそこ 結構やっていたんですがね どこで どう間違ったのか やっぱり レイアウト作りを考えると こちらのVRM3版が 使い慣れているので どうしても こちらを 使ってしまいましたね まあ ゲームなんていうのは、劣等感を感じるよりも優越感を感じないと 面白くないからね まして 対戦ゲームとか 上がりを目指すゲームでもない 自分でレイアウトを作って そこに車両編成を配置して走らせて遊ぶのが 基本の今でいうマインクラフトみたいなゲームのはしりみたいなもんでした。 それが いつの間にか 上級者向けに 進化していったので ちと無理でした。それでも 機関車だけは、走らせて眺めてみたいと 動画だけは、一応作っていたので こちらも再放送だ。

まずは、自分が今持っているVRM5パッケージ版の4本のソフトの中から機関車軍団として機関車39両を 動画で紹介して 見比べてみるという まったくもってメーカーさんにとっては、とても感じの悪い企画だ。 まあ これもだ基準になる車両は、有料ゲームじゃないと困るので そこから出来具合が どうなのか もうそういう時代に入ってしまったのでね 只 VRM3版、VRM2版の場合は、20年近く前というハンディキャップがあるのでね そこから 今のVRM5版の車両や自作車両は、どうなのか 

まずは、VRM5版機関車軍団の紹介動画1からだ。右斜めから眺めた動画からだ。



今度は、斜め上からの眺めの動画2からだ。


こんな感じで VRM5版機関車軍団を紹介しています。 こんな感じでVRM5版の機関車が見られるのは、おそらく ここだけなのでね 小難しい説明や 自動制御関連など まあ 上級者は、そちらの方にシフトしていますが 素人は、あくまでも VRM5版の車両とは、どういうものなのか そして 有料ゲームで 購入する際に どれを参考にするかなんだね ここのように一般的なPCで眺める画像が これなのでね これを参考にして貰うと 嬉しいのだが 次は、真正面からの動画3からだ。



どうですか ここでしか見られない お正月限定の特別企画だ。暇人おいちゃんだから紹介してますが こんな手間の掛かる事など この界隈じゃやりませんからね しかもだ 本来 自分のメインステージは、VRM3版なので 向こうじゃ紹介出来ないので こちらで 紹介しているのだが まあ ここと もう一箇所のブログは、誰も見ないので 好き勝手書きまくりだ。

もう一本 反対から紹介している動画4も 紹介だ。




どうですか いっぺんに4本の動画を紹介だ。 よ〜く観察すると それぞれ機関車でも 作り方が若干違うみたいでね 専門家じゃないが そう思えてしまう所が 面白い所だ。鉄道模型のまるでNゲージがVRM3版だとすると こちらのVRM5版は、機関車の運転席の内部まで若干見えるのでHOゲージとでも言えるのでしょうかね でも じゃあHOゲージのムサシノモデルの真鍮製並みの出来かと言うと疑問でね TomixやKATOのHOゲージ並みかと言うと まだ そこまでの出来じゃないような気がしますね

素人のおいちゃんから見れば 鉄道模型という逃げ道で この車両作りが行われているような気がしてね 正直この車両の作りに関しては、20年近く前のアンバランスの天賞堂HOゲージ鉄道シミュレーターのEF58やC11などと どっこいどっこいの出来栄えじゃないのかと 個人的には、思っています。というのも相変わらず 3DCGの描写の線で表現している部分が弱くて メリハリが少ないような気がしてね

そこら辺が この3DCG車両の作る時のソフトの違いなんでしょうかね まあ 今日は、久しぶりの記事の書き込みなのでね まあ 誰も見ないから言いたい放題だ。又 忘れた頃に書き込みするかも知れませんのでね なんか ここの記事の書き込み書式が ライブドアと同じ様な感じで書き込み易くなりましたね

と 好き勝手書いていましたね 自作車両も作れないのに 素人の分際で ほざいていました。確かに自作車両は、作れませんが それは、プロ野球やJリーグのサッカー試合を 見るようなもんで こちらは、お金を出して 車両やゲームを買って楽しむのが 本来の姿で スポーツ選手のように 自分で なんでも出来て自作車両も 作れるくらいなら 最初から この鉄道模型シミュレータ―というゲームは、やっていないのです。 そこが 一番 メーカーさんに言いたい 素人ユーザーでも 遊べるゲームも 作って欲しいと思うのだが ここのメーカーさんに これを望むのは、間違いなのでね

そう考えると やっぱり レトロゲームにも 逃げ道は、あるんじゃないかと 思うのだが それを 一人で 言い張っても 今の時代では、やれる年数を考えると あと数年でしょうかね Windows10の後のOSで 果たして動くのかどうか PCゲームは、常に新しいバージョンじゃないと 駄目みたいなので その点は、リアル鉄道模型は、古くても関係ないので いいのだが こちらは、後発組になるので 話が噛み合わないので やっぱり この鉄道模型シミュレータ―VRM3版が 一番だね
アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
Archives
livedoor プロフィール

おいちゃん

鉄道模型シミュレーターVRM3専用の分室です。難しい話は,一切ナシ ただレイアウト等を作って自分のお金で楽しむだけの人 大歓迎 !

鉄道模型が 大好きな癖して ひとつも持っていない ただ 人の物を眺めるのが趣味な変なおっさんです。 

QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ