新VRM3★井戸端会議

VRM3こそお金が掛からない大人の一人遊びだ。そういう考えの方どうぞ!

ディスカバリー・VRM3井戸端会議

貨物列車編成紹介の前に5 貨物車軍団登場

いやあ 天気が大荒れでね 今夜が 今年最後の夜間作業なんだが 昨日も 寒くて寒くて もう 大変だ。 しかも 朝 家に帰る道路は、凍っていて 滑るわ滑るわ でも 今晩出れば お休みなのでね 頑張りますか 

さて 昨日に続いて 貨物車軍団からの紹介だ。

VRM3版貨物車両総選挙1

































塗り絵車両も含めた VRM2.3版貨物車両から 紹介だ。

VRM3版貨物車両総選挙2



































上が 今現在のVRM2.3版貨物車両なのだが 種類が 少ないんだね しかも 実際使っている車両は、もっと少ないのでね まあ しょうがないね 

VRM3版貨物車両総選挙3
































上の画像が 今 現在 使っている貨物車両からだ。VRM4版以降になると コンテナとか貨物車は、格段に種類は、増えるので どうしても 貨物好きの人は、VRM4以降に 興味が移るんでしょうかね 

話は、変わるのだが  なんでも 石巻線のDE10の代わりに新型のDD200というディーゼル機関車が 配属されるかも知れないとの情報を 今頃 耳にしました。 どういう機関車なのか動画で 見ると こんな感じだ。

 

最初にDDという事で DD51とかDD13のような 凸の形状かと思ったら DE10と 似たような形状なんだね 知りませんでした。 ついでに こんなハイブリッドHD300形ディーゼル機関車も紹介だ。



やっぱり 音が 違うんだね もう1本おまけで これも知らなかった名鉄の機関車EL120牽引の 工臨で ホッパー車からのバラスト敷設だ。 警笛が あのミュージックホーンですからね さすが 私鉄は、やる事が憎いね



なんかEF510を ぶった斬ったような かわいい機関車ですね 

貨物列車編成紹介の前に4 機関車軍団登場

今晩と 明日の連チャン夜間作業で 今年の 仕事納めだ。なので 手短に紹介だ。

貨物列車編成を貨物車で 作ろうと思ったのだが まず それには、貨物牽引機を 選ばなければならないのでね

今現在 この新VRM3★機関車軍団には、下の画像の車両達が 終結しているんだね 

EF81機関車軍団E



































一応 同じ種類でも 車両番号が 違う車両も含めてなのでね 実際は、種類的には、15種類位でしょうかね そう考えると 機関車に関しては、VRM4やVRM5に比べて少ないんだね 

本音を言うと なんとか VRM4やVRM5版の機関車の手抜きの機関車でいいから このVRM3版として 追加キットとして 販売して欲しいのだがね 無理なのでね 誰か VRM3版で走れる自作車両でも作って欲しいね

まあ アホ話は、ほっといて 機関車の明細は、こんな感じだ。

VRM3機関車目録1






























種類は、少ないが 番号違いは、多いという なんとなく水増し車両的では、あるのだが しょうがないね それが中小企業の生きる道だ。

で 肝心の 貨物牽引機に使えそうな機関車は、どのくらいあるのか? 考えて拾ってみたのが こちら

貨物牽引機総選挙1



































こんな感じで 貨物編成に使えそうなのが 20種類位で その内 貨物車が 約7種類なのでね 単純に計算すれば 140種類の編成パターンが 出来そうなのだが それじゃ 馬鹿丸出しなので そこを どう チョイスして 走らせて 面白そうな貨物編成にするのは、どの組み合わせがいいのか?

そこら辺を 頭の中で考える  

貨物列車編成紹介の前に3 セキ3000

今から14・5年近く前に お遊び半分で書いていたものだが そのまま再登場だ。

セキ3000ひとつで発言が2転3転か?」

某週刊誌の記事に寄りますと当井戸端会議の主催者のO氏による追加キットのセキ3000の紹介記事による 発言の2転3転が問題を起こしてるそうです。

記者=「なんで こんなに発言がコロコロ変わるのですか」

O氏=「いやあ 調べて書いてるのですが 情報が少なくってHPの中身を信じて書いてしまいました。」

記者=「それって盗作じゃありませんか」

O氏=「いや 記事をそのまま書いた訳ではなく 自分なりに解釈して違う言葉で表現したんですがね その後から又違った情報が入って来るもので 訂正出来なくて載せてしまいました」

記者=「そもそも なんでこんな誰も興味のない事を書いたんですか」

O氏=「それは,あの〜 なんですかね,5年近くVRM3やってるのですが 未だに わからない事ばかりだったので そして初めて追加キット買ったもんですから 嬉しくてね」

記者=「そんな事で書き始めたんですか。 何か深い意図なんか ないんですか? たとえばTrainzに対抗してとかですね まあオタクの力量では, 車輌の色塗りが いいとこかもしれませんがね。」

O氏=「ちょっと 貴方失礼じゃないですか。色塗りだって結構難しいんですよ。なんですか 今 大人の塗り絵 流行ってるの知らないんですか?」

記者=「あ,これは失礼しました。で今度は何を書くんですか」

O氏 =「そんな事言うんだったら この追加キット セキ3000なんか どうなんですか? 同じような車輌が5種類もあるんですよ。それもハンドルが違うというじゃありませんか? 番号以外違いがわかりませんよ まったく国交省は,どうなってるんだ!」

VRM3版貨物車両14年前のセキ3000-2




記者=「貴方も同じ宮城県人なんですね。どうりで すぐキレル」

O氏=「違いますよ,貴方の質問が 怒らせるのですよ, それに なんであんなにマニアックな車輌選ぶのか知りたかったのですよ」

記者=「それは,作ってる人が マニアックだからじゃ ありませんか? 他に何があるんですか?」

O氏=「君ねえ 何年週刊誌の記者やってるの もっと話を広げなさいよ 私なんか こんな小さな所のネタを どうやって広げようか そればっかし考えてるんだよ」

VRM3版貨物車両14年前のセキ3000-3







記者=「ずいぶん 暇なんですねえ」

O氏=「ふん,考える事で脳のアハ体験が起きて脳の活性化が出来るんだよ 君しらないのかね」

記者=「セキ3000の事は,こちらでも 少し調査してますよ」「こういう問題は,次回に持越してというのが 業界の決まり事でして なんでも商売ですよ」 

記者=「そもそも このセキ3000自体ほとんどメジャーじゃないんですよ それは,石炭が日本で全国で採掘された時に活躍した車輌でセキ1から始まりセキ3000セキ1000セキ6000セキ8000とあるそうなんです。」

O氏=「1種類じゃなんいだね」

VRM3版貨物車両14年前のセキ3000-1






記者=「元々北海道の炭鉱専用だったらしく車体の横に「道外禁止」て書いてありますよね。 あれってセキ3000の独特の物らしいですよ だからセキ6000とかだと改良された物で山口なんかで石灰石専用に 今は生まれ変わったみたいですよ」

O氏=「自分が調べた範囲では,鉄道模型のオークションに出ていたのしか知らないがね どんなのが ありました。」

記者=「はっきり言って この車輌は,Nゲージでは,KATOのセキ6000(2輌セット)税込¥1890と河合のセキ何番は,知らないが税込¥1575それと 古いがワールド工芸(2輌セット)¥5250しかなくてTOMIXでは,なかったような気がしましたよ」

O氏=「TOMIXにないのに追加キットには,セキ3000が5種類もある 謎だねえ」

記者=「でもHOやHOJ(おいちゃんこのHOJて知らないのだ)には,この追加キットのモデルらしき模型があるみたいなんですね。」

O氏=「面白い話だね。Nゲージなのに Nゲージにない車輌を作ってるなんて 本当だったらいいね」

記者=「これ 想像ですがね。エンドーでHOで2輌セットで税込¥7350であるんですよ しかも石炭積載してあるんです。」

O氏=「エ,石炭積載してあるんですか? 又 発言撤回しないと怒られちゃうなあ」

記者=「それとですね IMONて所がHOJでセキ3000の4輌編成作ってました。税込¥31290です。これも石炭積載してあります。」

O氏=「という事は,これ作った人 HOゲージの模型を参考にした可能性高いですね。しかもNゲージには,セキ6000は,あってもセキ3000はない そして このセキ3000は,北海道限定の車輌で かなりマニアックな かなり貨物車好き」

記者=「中々鋭いですなあ 素人にしては,読みがいいですな そう 確たる証拠は,ありませんが 車輪のスポークが 臭そうですね。なんせ この車輪 限られたHOゲージしかないみたいですよ。 Nゲージなんか無理ですからね。」

O氏=「そうなんだ, どうりで この追加キットの貨車セットは,なんか違うと思ってました。 どう考えても仕事で作ってるようには,みえなかったんですよ。 これで¥1800は,安いような気がしてましたからね。」

記者=「なんか いつの間にか取材のつもりが こちらの話しばかりになってしまいましたね。」

O氏=「いやあ なんか 作ってる人の顔が浮かんで 面白かったですね。 そういえば これオフレコなんですが 車輌によって 感じが違うのが わかったような気がしますね。」

O氏=「それと今回初めてわかったんですけど 笑われますが 貨物車て電気機関車繋がないと動かないんですね。 なんか 凄くこだわってるのが わかりましたよ。 なにも本物じゃないのだから 貨車だけでもいいような気がしたんですがね。」

記者=「そこが プロのこだわりだと思いますよ 意外と素人目から見ると なんでこんな事にと思われますが 譲れない部分て あるんじゃないですか。 プロは意外と 同じ人間(同業)と競争してるもんですよ ア、これ私の事ですがね。」

O氏=「そうですか,知らないもんですからね。 でも私一ユーザーですので 多少は 言い続けますよ」

記者=「いいんじゃないですか。買ってもらってナンボの商売ですからね。 買わないで文句言っちゃいけませんがね」

O氏= それにしても 見れば見るほど へんなこだわりが あるんだねえ 5種類いるのかねえ 今でも わからんが 損してないから いいや これが 一般人の考えちゅうもんだなんてね 以外と本当だったりしてね

と 消費税も 5%の頃のアホ話しでした。 最近 こいうアホ話を 書かなくなったね〜  又 書きたくなったね

貨物列車編成紹介の前に2 ホキ800

今から14・5年近く前に お遊び半分で書いていたものだが そのまま再登場だ。

追加キットのホキ800を見て頂戴!」

どうですか?このホキ800は、追加キットだから出来る貨物独特の雰囲気では,ありませんか何石炭とか砂利が入ってないって何を馬鹿な事おしゃいますね お客さん 新車のダンプに砂利付けて売るトラック販売会社ありますか 当社は,一切そういった物は付けて販売いたしません。

VRM3版貨物車両14年前のホキ8001






どうしてもというのなら オーストラリアのメーカー「Trainz」を お勧めしますよ。向うさんは,石炭も付いて来るし なんなら石炭運んで捨てる事も出来るそうですよ。 でも お客さん VRM3で このくらいの精密さ なら VRM4でなくても 満足出来ますよ。

ところで 貨物車のホキ(ホッパー車)は,他にも色々あったので紹介しておくか ホキ700 30t積載砕石専用車 ホキ800 30t積載砕石専用車 ホキ1000 35t 石灰セメント専用車 小野田セメント所有ホキ3000 35tアルミナ専用車 ホキ5700 40t 石灰セメント専用車 太平洋セメント所有 ホキ9500 40t 石灰専用車 ホキ10000 35t 積載石炭専用車 などがある。

 このホキ800には,2種類の車輌が追加キットに入ってる片方は,1354番の車輌ともう一方が1220番の車輌だ。素人目には,番号だけが違うように思えるのだが それとも どこか違うのだろうかそれとホキ2200でも同じように2201(名)と12580(南)の番号違いが2種類ある。最初まるっきり違うのかなとも思ったが 番号だけちがうのでは,ないだろうか わからんなあ

VRM3版貨物車両14年前のホキ8002


貨物列車編成紹介の前に1 タキ43000

特急大全集の貨物編からの コンテナ貨物以外の編成紹介をする前に このVRM3版には、どういう貨物車が入っていて その貨物車の特長などを 昔のVRM★大国に 書いてあった記事を 再登場だ。 当時 まだ VRM2版の 貨物車両は、まで 手に入れていませんでした。

今から14・5年近く前に お遊び半分で書いていたものだが そのまま再登場だ。

「かっこいいんでないかい! タキ43170」から

追加キットのタキ43170は,貨物の中では,色が色々あって面白いとは,前から思ってたが なんせ名前も中身も知らないのだから 困ったちゃんなのだ。そこで 伝家の宝刀「RailSearch鉄道,交通の検索エンジン」をさっそく使って調べました。そして この中の「貨物列車と機関車の写真館」なるHPを覗くと そこは,貨物列車の総合デパートです。

VRM3版貨物車両14年前のタキ43000-1






まあ 詳しく載ってる事 びっくらこきました。追加キットのタキ43170の青いタンク車は,43tのガソリン専用車で日本オイルターミナル(株)の所有らしいのだ。 そんなもん どこの所有なんて知るかい 全部JR貨物だと思ってる おいちゃんだ。

VRM3版貨物車両14年前のタキ43000-2






そして同じタキ43170でも黒い色が日本石油輸送(株)らしいのだ。ほう そうなんですか? 面白いので ついでに調べたらタキ143645 これが同じ43tのガソリン車なのだが 昭和62年からの製造のステンレス車体で 日本石油輸送(株)そして本当は,これが欲しかったタキ243688の あの緑色と灰色のツートンは日本石油輸送(株)の平成に入ってからの登場らしいのだ。

VRM3版貨物車両14年前のタキ43000-4







この緑色と灰色のツートンと黒色のタキ43000は、塗り絵で 描いた初期のもので この後に VRM4版では、出て来るんだね 

 これ「隣のおっちゃん」が持ってるのだが TOMIXのカタログだとタキ25000の25tLPガス専用車(灰色)とタキ5450の25t液化塩素専用(黄色)とタム6000の(黒,シルバー)しか載ってなかったのだが あれは,KATO製だったのか?まあ 鉄道模型は,どうでもいいのだ あ、こりゃ失礼しました。

しかし この貨車が詳しく載ってる所見てるとタム6000てないのよ そしてタム500 15tガソリン車は,あるのね。TOMIXが間違える筈もないしね。わかりませーん。他にも 面白いタンク車が載ってたので紹介だ。タム5000は,15t塩酸,アミノ酸専用 タキ3700は,30t酢酸専用(黒)タキ6600は,30tエチレングリコール専用(黒)タキ7750は,35t苛性ソーダ専用(黒)タキ18600は,25t液化アンモニア専用(白)などなどこういうの見てると なんか小説書けそうな 題材だね。

よく こういうの外国映画なんかには,よく登場するよなあ 暴走機関車だっけ なんか こういうタンク車の映画あったような気がするが 忘れてしまったな。

追加キット ホキ2200も どうぞ

こちらは,穀物運搬専用車のホキ2200だ。30tの積載らしいが これって もしかして今走ってないんじゃないのかな?調べたら 中々載ってなくってね北海道に展示保存されてるのしかわからなかったのだ。

VRM3版貨物車両14年前のホキ2200-1







追加キットから ワキ5000

このワキ5000は,30tの総側開きの大型有ガイ車だ。色は,とび色2号塗装で なぜか最高速度85kmになっている。なんで機関車でもないのに 最高速度が決められてる所が面白いのだ。 ちなみに 後で紹介する 2軸のヨ8000は,75kmになっているのだ。

この貨物車輌も2000年現在で3輌の確認は,あるみたいだが今は,たぶん現存してないと思われる。1600輌ほど作られていたみたいだが ほとんどないのだ。それにしても こうも現存してない車輌ばかりなんでしょうか。まるで 天然記念物の車輌ばかり 集めてあるみたいだね。

VRM3版貨物車両14年前のワキ50000-1


懐かしのVRM3版パンフレットから2

昨日の資料整理で出て来た VRM3版しおりがあったので紹介だ。今更 見せても しょうがないのだが もし 箪笥の肥やしにでもなっているVRM3版が 残っていたら それの参考の手引書になるので 改めて 紹介だ。

VRM3スタートアップガイド本表紙











昔は、こんな感じの小さなカラー印刷の手引書が 最初の頃のVRM3版CDロムの中には、入っていたのですが いつの間にか 経費節減で 1年後には、入ってなかったような気がしています。


VRM3スタートアップガイド本2-3











手帳位の大きさですが 手元にあるのと ないのでは、 素人さんには、大違い

VRM3スタートアップガイド本4-5












確かに これが PCで レイアウターを開くと ヘルプじゃないがマニュアルとして インターネットエクスプローラーがインストールしてあれば見られるのだが


VRM3スタートアップガイド本6-7












これがね 意外と なんか知らないのだが たまに開かなくてね 
とくに 部品リストなんかだと 開かない時があるので そういう場合 手元にあると 便利なんだね

VRM3スタートアップガイド本8-9












なんでもかんでも ネットに繋がらないと 何も出来ない これが 好きじゃないんだね こっちのミスなら わかるのだが 向こう側の都合で 繋がらない場合 何も情報が来ないと 手の施しようがないのだね


VRM3スタートアップガイド本10-11












まあ こんな感じの ミニガイド手引書なんですがね これを眺めても わからなかったのが このおいちゃんだ。


VRM3スタートアップガイド本12-13












だからこそ もっと わかり易い 画像やイラストや作図が入った 専門のガイド本があると 良かったのですが VRM2版のガイド本が なんか一番 VRM3版のレイアウト作りには、一番 役に立ったような気がしますね


VRM3スタートアップガイド本14-15












PCも鉄道も それほど知らない人でも やってみたいと思わせる鉄道シミュレーターゲームが このVRM3版までだったと思うのですがね それが いつの間にか 最初から それなりに出来る人しか 遊べない専門ゲームになってしまったのが 今 資料を整理しながら 感じた この鉄道模型シミュレーターゲームの分岐点だったんでしょうかね かれこれ あれから もう 12年近くも経過しているんですね〜 


VRM3スタートアップガイド本16-17












これからのVRMも たぶん 同じ道を辿るような気がしてね どんどん 希望の党じゃないが 排除の精神で より高度な高尚な高価なゲームに特化して行くんでしょうかね だから昔から大学院ゲームだと おいちゃんは、命名していますがね 

VRM3スタートアップガイド本18-19













懐かしのVRM3版パンフレットから1

VRM3関係の資料というか 今まで貯めていた書類とかを 整理していたら 昔のVRM3版パンフレットが出て来たので紹介だ。

去年 ここで VRM3、VRM2版の価格の変遷からという 記事を書いて 初期の2001年頃のパンフレットと2003年頃のパンフレットを紹介していましたが 今回は、その後の2004年からのパンフレットだ。

そして 当時は、こんな感じの封筒で 送られて来ていたんだね

VRM3パンフレット封筒1









今は、どういう感じなんでしょうかね 郵送という手段は、もうないのかな なんでもメールで片付いちゃう時代ですからね 手間を 惜しまなかった時代なんでしょうかね

VRM3版も 0号から7号まで 全部揃った 最後のパンフレットだったかも知れませんね

VRM3パンフレット2004












まだ 始めるシリーズも色々あったんだね

VRM3パンフレット2004-1












VRM3版だけで 追加キットも含めて 約36種類ですか 今の VRM5版だと どのくらいの種類になるんでしょうかね

そして 禁じ手の あの特別パッケージが 特急列車大全集だ。2006年頃なので なんだかんだで 11年も前になるんですか あっという間でしたね

VRM3パンフレット2006












これを 今更 再販しろと 言っても そりゃ無理でしょうけどね 進化を続けるゲームも 良いのですが そうじゃない ゆっくり遊べるゲームもいいんだけどね

VRM3パンフレット2006-1












片方で 「部品数充実の人気シリーズ!」と キャッチコピーを うたいながら その隣で 「精密模型で楽しむ至高の時間」と言ってVRM4を紹介する この在庫は、ひとつ残らず 処分する姿勢が なんか ここのメーカーさんらしいね 

それにしても これだけVRM3版があって その後に VRM4版が 同じくらいの種類があって そしてVRM5版があって、、、 さて 何が来るのか この次は、、、、

毎年11月には、何を書いていた?

今日も 夜間作業なので 簡単に なんせ 出来れば皆勤賞を 狙っているのですが そこは、10年近くやっていても 無理なのでね 家に戻って来た わずかな時間にブログに書込みだ。

で 今日は、この10年で 約3866もの記事を 投稿しているのだが 実際は、色々アホな事を書いては、削除しているので もっと多いみたいだね

そんな過去の11月に 何を アホな事を書いていたのか 今日は、少し 逆戻りしてみました。

2015年11月には、 山奥停車場レイアウトの記事を 中心に書いていたみたいだね 

2014年11月には、 VRMの昔話という アホ話を 書いていましたね

2013年11月には、 702さんが 前に作った初心者用レイアウトAプランをVRM5版で 作った記事がありました。

2012年11月には、 USO貨物レイアウトの新幹線の拡張工事をしている途中という記事がありました。 

2010年11月には、 鉄道運転会のレーポートと 昔から 持っていないのに鉄道模型を紹介だ。

2009年11月には、 どうしてもVRM3版ED75が欲しいのだが と 昔から このED75が欲しくてね  

2008年11月には、 タイトルを 新VRM3★井戸端会議に替えてみました。 この時から 替えたんですね

2007年11月には、 シュミレーターは,間違いでシミュレーターが本当なのだが というアホな記事だ。

2006年11月には、 VRM3のレジェンド「現代ローカル風景」 徹底検証を 書いていましたね〜

まあ こんな感じで 11月だけを チョイスしただけでも 好き勝手 いい加減な記事ばっかり書いていましたね これは、 ある意味 おいちゃんの VRM3ダイアリーであって 他の人から見れば それがどうしたかも知れませんが やっぱり 10年近く続けて書いていると 結構 このVRM界隈が 見え隠れしてね

結構 自分としては、たまに 覗くと 面白いんだね そのうち 又 VRM昔話でも 書きますかね 

おっと 時間なので 又ね

13200点の画像をUPしていました。

2006年9月から 今まで なんと 13200点の画像を UPしていました。
記事の投稿件数は、3367回
コメント数も 約2000件

なんだかんだで 今年で10年 まあ よく続けたもんだね 肝心の来客数は、 さて どのくらいでしょうかね これは、内緒だね 何回も アクセすカウントを 載せようかと思ったけど これだけは、おいちゃんだけの お楽しみだ。 ちなみに 一番初期の頃は、 10人も居なかったからね 

まあ それだけ 好き嫌いが ハッキリしているブログですが 切りのいい数字になったら 発表しますかね

今日は、画像の 数だけ これだけ載せていたという事だけを 報告です。

もちろん おいちゃんのVRM3版レイアウト画像に限り 気に入ったら使っても 構いませんのでね その時は、できれば 新VRM3★より とかを 紹介して貰えば どうぞ 使って下さいね

Windows10を導入したが VRM3は、サクサクだ。

昨日の夜から あのWindows10を本体PCへのインストールをしていました。その間 約4時間近くPCの前で 待機しながらDLそして その後のファイル とかのインストールを ずっと 辛抱強く待っていました。

このWindows10は、もう一つのノートPCには、一ヶ月程前にインストールして VRM3も問題なく出来たので 昨日急に 思い立ってやってみた訳なのだ。 が とにかく色々時間が掛かり最後に シャットダウン出来なくてね 結局は、待ち続けて奥の手で電源を 落として なんとか 今は、戻ったみたいです。(たぶんね)

その間 暇なので 昔の鉄道模型シミュレーター関連のガイド本を VRM2版の頃のテクニカルガイド本や VRM3関連のレイアウトコレクションそして レイアウト設計と制作の本を ずっと眺めていました。

こういったガイド本を執筆していた方々は、今現在 このVRMを 続けているのだろうか?と 素朴な疑問が頭に浮かんで来てね もしかして もう このVRMに飽きてしまったとか それは、ないか

じゃあ なんで あんたは、懲りずに 15年以上も前のVRM3に固執して 続けているのか そこがね なんというか 落ちこぼれの意地というか なんとしても VRM3で上級者レベルになって ああいうガイド本などが 書けるくらいの プロのVRMレイアウターというじゃないのだが せめて その足元に追いつく位のレベルになりたいという気持ちが強くて そして こういう一人遊びのVRMに 誰が頂点で 自分が どの位置なのかという
相撲のような番付で 評価されて 常に 今月の西の横綱は、東の横綱は、誰々みたいな そういうランクを競うあう一面が もしあったら これまた面白いバトルゲームのような感じがするのかなと ずっと 思っていたんだね

それが 唯一可能なゲームが このVRM3版だったと 自分では、思っていてね これなら なんとかコツコツやっていれば いつかは、上級者レベルに 辿り着くと思ったんだけど その前に 新しいバージョンにVRMは、次々と移行して行くから なぜかここを 去って行く人が多いんだね

一応レイアウトコンテストも 2002年から2011年まで 続けられて どんどん新しい人と入れ替わる度に どんどん古い人が 去って行く どうも アニメのバクマンの影響なのか 互いに競い合って頂点を目指すというのも スポーツじゃない分野でも バトルとして 有りじゃないかと 最近考えてしまってね まあ ご褒美があればだけどね 

で そこで 昔から思っていたのが 読者アンケートじゃないが 単にレイアウトファイルを 開いてビュアーで眺めるんじゃなく 動画や画像など 何でもありで このVRMレイアウトを ランク付けするなんて面白いと思うんだがね まあ 今は、自作車両も入るのかな

と アホみたいな話を 書いてしまったが 昔から こんな感じで 誰もが 審査する点数制度で ランク付けする感じで もし評価してみたらと こんなもんを 書いていました。

新VRM3★審査基準

レイアウトの自己採点だ。

VRM3版「緑の森線」の 審査発表

VRMこそパソ鉄の元祖の筈が先にやられてしまったよ

と 今更 こんな面倒な事は、しませんな 自分でも よく こんな面倒臭いことを 書いていたと思うね まあ それだけ昔は、情熱というか燃えていたんだね 今は、こうやって こんな事を 書いていますが 本音は、なんで 
VRMは、飽きるのか? そこがね こうやって離れた場所で 眺めていると 不思議に感じることも 多々多いのでね おいちゃんは、 益々VRM3が 好きでね だって頂点に 辿り着いてないからね 

中途半端じゃない本物の頂点 このゲームで言えば 本当は、全て自作で作れるレベルが頂点で メーカーさんを越して BVEのように 無料配布する位になれば いいんだが 欲張らないで このVRM3に関してのレイアウト作りに関しては、この中で 頂点に立って もう一回 復活させたいね このVRM3版を

その為にも このようにWindows10でも サクサク動きますと アピールして行かないとね なんたって 潜在的VRM3版ユーザーは、3万人近く居た筈だから その1%の300人いや0.1%の30人でも もう一回挑戦して貰えば 今まで作ったレイアウトも 日の目を、見られるもんだからね 

それにしても 北の湖理事長が死去、62歳というニュースは、ショックでしたね 歳も近いし なんせ 今年になってから 自分とr近い歳の知り合いが 続けて亡くなり 葬儀にも行ったので 他人事じゃないんだね

60過ぎると 後何年 生きられるのかなんてね よく考えてしまう事があるんだが だから 若いあんちゃんには、わからない おいらだけの楽しみとして このVRM3を 続けるつもりでね ここまで来れば 途中でギブアップなんて してたまるかだね 頂点目指して頑張るで〜 メーカーより長く続ける これが おいらのキーワードだ。 
アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
Archives
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ