新VRM3★井戸端会議

VRM3こそお金が掛からない大人の一人遊びだ。そういう考えの方どうぞ!

レイアウト講座

リバーブループ曲線レイアウト制作中17

リバーブループ曲線レイアウトに この前 ここで紹介したタンク車専用積み出し所から(Nゲージ)の 石油積み出し所を 作っていました。 というか 石油積み出し所もどきですがね

石油積み出し所1
















上の画像が VRM3版の石油積み出し所もどきです。 Nゲージのジオコレとは、全然違う感じになっていますが

スクショで 見ると こんな感じです。

石油積み出し所2石油積み出し所3







ちと ジオコレの石油積み出し所とは、違って少し大きめになってしまいましたが 思っていた感じと違って もっと使えそうな部品があると 思ったら これが 意外と なくてね

石油積み出し所5石油積み出し所4







そこで こんな感じで  大袈裟な感じの石油積み出し所に なってしまいました。

石油積み出し所6石油積み出し所7







で 使った部品は、一番下の土台は、ビーム90を -45个8本配置してコンクリート土台を作って その上に 朝礼台を+5个琶造戮毒枌屬靴董,修両紊棒車台+15个叛車台階段を +13个如ヾ靄椶虜邏搬罎髻〆遒辰討い泙后

石油積み出し所8石油積み出し所9







そこに 水平パイプとストレートパイプと 水平カーブパイプと垂直カーブパイプを 組み合わせて もどきの給油パイプに しています。

石油積み出し所10石油積み出し所11







一応 2箇所に配置してみました。 片方には、タキ43000が停車していて そこに給油する感じに 見せ掛けています。 それと まったく関係のない洗車機とバス停も配置して もどき石油積み出し所にしてみました。

石油積み出し所12







ここから 見えるパイプ管が 余計かも知れませんが なんか これがないとね 石油積み出し所に見えなかったのでね 配置してみました。 これが VRM5版だと 単品の1本パイプがあるので もっとコンパクトな石油積み出し所が 出来ると思うのですが ここには、ないからね〜 でも こういう 無いもので作るのが このVRM3版の 楽しみでも あるので まあ これで我慢ですかね







トンネル部品に物申す

昨日 紹介したNゲージタンク車専用積み出し所の中で umisan2372さんのVRM5パーツ一覧を 紹介して その中のトンネル部品を眺めていたら なんか 基本的に VRM3版の頃のトンネル部品と ちっとも 変わっていなかったので ちょこっと 噛みついてみる まずは、 umisan2372さんのVRM5パーツ一覧から IMAGIC版トンネル部品画像から

VRM5版トンネル1









上は、単線トンネル部品のコンクリートとレンガからだ。 重ねると まったく同じに見えるんだね そして 下が 複線トンネル部品からだ。

VRM5版トンネル2







左側が VRM3版複線トンネルと まったく同じで 右側が 新しく登場した 段違いのトンネル出口の部品からだ。 で ここで 問題にしているのは、 この左側の複線トンネル出口部品で これは、今から4年前の2013年8月に VRM3複線トンネル部品を考えるという記事を書いていて その中で この形状が 今の鉄道情景シーンとくに新幹線や在来本線などの都会じゃない山などのトンネルには、あり得ないと 訴えていたのですが

どうも このトンネル部品に関しては、昔から 古いイメージのトンネルが お好きなようで 他の鉄道シミュレーターなどには、この手の形状は、ほとんど見られなくて どうして アーチ形の複線トンネル部品を 作らないのか 謎でした。 確かに フレキシブルのトンネル部品など 便利な部品も増えたみたいですが 

どうも ここのメーカーさんは、 車両にしても このトンネル部品に関しても円とか まん丸とかのペジェ曲線で描いたような 緩やかな曲線が あまりお好きでないようなのでね 

確かに 自分で 例えば 塗り絵で 誤魔化しトンネルを描いても このアーチ形状のトンネルは、上手く描けないのでね 気持ちは、わかるのですが 時代もPCも ソフトも進化しているのでね

VRM5版トンネル4












上が 昔 塗り絵で描いた複線トンネル出口ですが 本当は、もっと下の方が 絞り込んでいる感じですがね

VRM5版トンネル3












まあ 今更 ここで 噛みついても しょうがないのですが あれから4年近くも経過して ホームとか 鉄道付帯設備とか 最新の設備などが 登場しているのに 一番 気になる こういうトンネルなどに関して どこからも ああだこうだという意見を 聞かないのでね 

他の鉄道シミュレーターの動画や画像を 見ていると このトンネル部品が 一番 なんか 引っ掛かるのでね どうして もっと 丸みを帯びた形状に出来ないのか もっと カクカクした形状じゃなく 綺麗な楕円を作れないのか? まあ これも そういうものが 作れない人からの発想ですが VRM3版から なんだかんだで 17年近く経過しているのでね ディズニー3DCGアニメの画像みたいな感じのゲームになるには、さて いつ頃になるんでしょうかね 素人としては、 あそこまで行かないと 本格的な3DCGゲームとは、思わないのだが 

これって 間違った考えなんだろうかね 昔は、こういうのを書いて 怒られたけどね VRMは、他のゲームとは、違うんです。と よく 言われたけどね〜

追伸

なぜ 今頃 トンネルなのか? それは、 最近まで 何回も 往復していた山形県の米沢まで行った時に 新しく開通した8972mの日本一長い無料栗子トンネルを 通っていて 思い出したのでね それにしても 日本というか 日本人が凄いのか よく こういうトンネルを 簡単に作ってしまうんだね 東北には、 とにかく この手の長いトンネルが 沢山あるのでね 東北新幹線のトンネルにも 八甲田トンネルや一戸トンネルや地元には、蔵王トンネル(11215m)が ありますが それでも 完成したトンネルの長さじゃ全国で17位くらいですからね 

いかに 日本が トンネル王国だか よく わかりますね そして 最近 そのトンネルが 出来上がるのが 早いのでね 技術は、進歩しているからね だからこそ こちらのゲームも これから どこまで進化して行くのか?

といいながら 実際は、鉄道模型でも トンネルに関しては、使う目的が 若干 違う意味(高さを稼ぐとか)もあるみたいですが だからこそ トンネル出口だけでも かっこいい方が いいと思うのだがね

タンク車専用積み出し所から(Nゲージ)

4連チャンと思っていた夜間作業が 出て来なくていいよ と言われ ラッキーな おいちゃんだ。 で 週末は、お休みなので 又 VRM3三昧だ。

ところで こんなNゲージモジュールレイアウトを 見付けました。 それは、タンク車専用積み出しヤードというレイアウトの制作過程の動画だ。 まあ ご覧ください




これが 中々いいんだね そして まさか このタンク車専用積み出し所という ジオコレのストラクチャー部品が 販売されていたなんて 知りませんでしたね まあ 他にも 色々この情景コレクション「コンビナートセット」には、部品が 沢山あるみたいで 本当に お金さえ出せば なんでも揃うみたいですね

ジオコレ積み出し所











で  これを VRM3で 作ってみたいと 思ったのだが 色々と 探して見ると 使えそうな部品がないんだね 例えば 工場関係の部品では、パイプなどは、全部3本セットの物ばかりでね 積み出し用にするには、太すぎるのだが まあ 無ければ なんとかしても 作って見たいのが ここの井戸端会議なんだがね

ところで VRM5関係の部品に関しては、ほとんどカタログみたいなものを 見た事がなかったのですが ここのVRM パーツ一覧 umisan2372さんの所を覗いてみたら 工場用パイプが1本の単品もあるみたいで こちらを 使ったら なんとか 誤魔化して 作れそうにも思えたのだが 如何せん こちらは、VRM3版なのでね 諦めだ。

まあ 最初から このジオコレのストラクチャーを そのままVRMで 作って販売すれば な〜んて事は、ないのですがね レールが どちらかというと KATOに近い感じが IMAGIC版レールなのでね どうなんでしょうかね

それと もう1本 8両編成が 対向できるホームトラックを備えた 簡単なレイアウトが出来る動画の紹介からだ。 900x2400个世隼廚Δ里世 VRM3レイアウトも こういう感じでスタートすると VRMの面白さが わかって いいと思うので紹介だ。




更に もう1本 貨物駅からの動画から いいねえ〜 楽しそうで こういう お遊び鉄道模型が大好きです。 VRMも こういう感じの お遊びVRMが あっても いいと思うのだがね 本人が楽しければ それでいいのだ。

リバーブループ曲線レイアウト制作中16

今から リバーブループ曲線レイアウトを 始めようと思ったのですが 中々この下の画像の部分のイメージが 湧かなくて さっぱり進みません

リバーブループ曲線制作中62リバーブループ曲線制作中63







要は、雪景色の貨物ターミナルヤードを 180度回転させて 夏景色の この場所にコピーして貼り付けたので 向こうは、雪景色を 見せる為に 山に囲まれた景色を 作っていたのだが その山の中腹を 高架橋脚で 貨物線を 走らせていたのだが こちらの夏景色では、これが ネックになって 進まないんだね

さて この高架橋脚を どうしようか? イメージが 湧きませんね〜 同じじゃつまらいけど さりとて まったく異なる海岸線でも 作ろうかとも 思ったのですが これも 又 イメージが浮かばない という訳で 又 来週の週末まで お預けにするのも 一つの策でも あるんだが こんな感じじゃ 年内完成は、大丈夫なんでしょうかね

リバーブループ曲線レイアウト制作中15

今日は、リバーブループ曲線レイアウトの 夏景色部分の南側下部部分のループ曲線区間を作っていました。相変わらず 一番面倒な勾配区間の築堤埋め殺し作業からです。 VRM3版を やらない人から見れば こんな区間に3時間以上も掛かって 平地を1价碓未如〇慊蠅靴覆ら築堤を埋めて見えなくするなんて ナンセンスな作業にしか見えないでしょうね

リバーブループ曲線制作中57リバーブループ曲線制作中56







上空から見ると こんな感じで まあ 面白い作業では、ありませんね

リバーブループ曲線制作中58リバーブループ曲線制作中59







前に作った 夏景色部分の西側上部部分との違いを 表現しようかと思っているのですが 

リバーブループ曲線制作中60リバーブループ曲線制作中61







中々イメージが 湧かなくてね こちら側は、一応 何も手を 付けないで 自然な山肌の丘の感じで 行こうjかなと思っています。 と 書いても 伝わらないね〜 

まだまだ この部分には、時間が掛かりそうな感じです。

リバーブループ曲線レイアウト制作中14

今日もリバーブループ曲線レイアウトの 夏景色の河川敷部分の前回の残り部分を作っていました。 が 又 やってしまいました。 今度も地形テクスチャーのテクスチャーを 貼り付ける作業を やっている途中で バグってしまいました。 今回も 重複してクリックしてしまったみたいですが ちと 使っているPCの中身も調べてみました。

リバーブループ曲線制作中54















前回の部分は、クリアして もっと先の部分というのか 河川の合流部分から テクスチャーの貼り付け作業を もう一度 見直しながら 修正手直しをしていて VRM3版じゃ ほとんど使わない テクスチャの置き換えを使って ブレンド機能は、ないけども ランダム機能は、使えるので それで 色々試しながら作業をしていました。

リバーブループ曲線制作中55














上のテクスチャ−画面の赤い部分が 良く見ると つぶつぶのように見えるのが ランダム機能で 使ったテクスチャー配置なのだが これが 実際のビュアーで見た 地形にどれだけ反映されているかは、 あくまでも個人的な気休めみたいなもんですが 一応 段々こういうゲームは、知識とか技術を覚えるとね 使いたくなるんだね

で もう こんな感じで バグってしまったら 諦めて もう一度 その前の部分から やり直さないと 駄目なんですがね なんで 上書き保存しながら作業をしないのか? ここが このVRM3というゲームの ついつい それすらを 忘れて夢中になれる 面白さなんでしょう まあ そういう事で まだ 時間があるので 頑張りますかね

ところで 今現在の このレイアウトに関しての 情報を 紹介だ。

レイアウトサイズは、10000丕150000个僚陳好譽ぅ▲Ε箸任垢 実際の線路配置などで 使っているのは、10000丕10000仍擁の 正方形のレイアウトだ。レイアウト容量は、8577kbで これも まだ10000kbを 超えてないので  まだ 余裕がありますね 部品点数も 17698点なので これも まだまだ 大丈夫なんだね

要は、こちら側のPCのスペックが 一番最初の頃に比べると 雲泥の差があるからね だからこそ このVRM3が これ程 スラスラと部品が配置出来て ビュアーで眺めても 昔に比べたら かなり綺麗に見えるのだが しかし 部品点数云々と 今まで 散々騒がれて来ましたが あくまでも 自分の主観ですが どうも この地面テクスチャーの容量とか 平地の高さとかが 一番のネックじゃないのかと 素人は、思うのですが 駄目か

今 使っている主PCのスペックは、CPUがIntel Core i7-6700CPU3.4GhzでRAMが16.0Gbだ。そしてグラボは、NVIDIA GeForceGTX1060 6Gbだと 思うのだが 市販のハウスメーカーのPCの下のランクのPCですが 
Windows10で64btで 今の所 VRM3を 開くときに 管理者からの実行を クリックしないと開けませんが そのくらいは、我慢しないとね 

追伸

先ほどの 地面テクスチャーの容量とか平地の高さとかが一番のネックじゃないのか と書きましたが 今 レイアウトサイズを10000丕11000个法―名してみましたが 容量は、変わらなかったね 平地0个如々發気無かったからでしょうかね まあ 素人には、わからない お話なので この件は、おしまいね

リバーブループ曲線レイアウト制作中13

リバーブループ曲線レイアウトの 夏景色の河川敷部分の前回の残り部分と ローカル線の路線変更で 山を 崩して トンネルを撤去して 新しい路線を 作っていましたが、、 やってしまいました。 いつものバクリです。

リバーブループ曲線制作中49














こんな感じで 山を削って スロープ部品で 壁を作っていたら 地面テクスチャーの 平地作成で ついつい 焦って Wクリックじゃないのだが ダブってクリックしたみたいで ジ・エンドです。 

で 少し 息抜きのコーヒータイムという事で 途中なのだが 製作中を紹介だ。 ところで メーカーさんは、12/1発売の鉄道模型シミュレーター5-15+に本格的に 商魂を傾けているようで よござんすね

そりゃ年末の クリスマス商戦ですからね 頑張って下さい で 特典なにか あるのかな 今時 CDなどのセールでも 初回 特典で DVDが 付いて来るなんて言うのも あるからね 

レイアウト制作の話しに戻るのだが どうも あのトンネル部分が 好きじゃなくてね なんででしょうかね 要は、味気ないというのか なくても いいような気がするのだが ないと困るしね 例えば どこかの鉄道シミュレーターだと ライトの照明に照らされた感じのトンネルの姿が浮かんで来るのだが VRM3版トンネルだと どうも イマイチなんだね まあ 今更 言ってもしょうがないのだが やっぱりトンネルの内部を表現するのは、至難の技なんでしょうかね トンネルの入り口も もっと 馬蹄形のような丸みがあるものや 最近の推進工法で作ったアーチ形などだと 複線なんかは、様になりそうなんですがね 

リバーブループ曲線制作中50リバーブループ曲線制作中51







左側の画像が トンネル部分を 外して 今 制作している山の切通し部分からだ。 この山を 作っている途中で バクってしまってね グラボの処理が 追い付かないんでしょうかね

リバーブループ曲線制作中52リバーブループ曲線制作中53







こちらは、山を 崩して 河川を 通している所だ。 この河川が 前に作っていた河川と 繋ぐのだが 高さが違うので それで 今苦労しています。 河川の高さが 変わると 線路の鉄橋の橋脚の高さも変わるので このレンガ橋脚も +65个ら +115个砲靴董-50个杷枌屬慶召垢箸いΑ‖臺冖姪櫃丙邏箸髻,靴討い泙后

だから レイアウト制作って 好きじゃないと 続かないんだね それを 人様が作ったレイアウトで 商売をしようなんて 上手い事を 考えたもんだね でも レイアウト作る方が 断然 面白いからね〜 まあ それが 言いたいだけなのだがね〜 

リバーブループ曲線レイアウト制作中12

リバーブループ曲線レイアウトの 夏景色の河川敷部分を 作っていました。やっぱり 河川敷の全部は、出来ませんでしたが 今週は、ここまでという事で 出来た所まで紹介だ。

まずは、前回紹介した 上流と中流の河川が合流した部分から紹介だ。

リバーブループ曲線制作中32リバーブループ曲線制作中35







この形の違う2種類の河川部品を 合体させて合流させるには、どうするか? ない頭で考えた結論が 段差のある河川だ。 そう 滝じゃないのだが まあ 小さな堰だと 思えば わかるかも知れないね それが これ

リバーブループ曲線制作中39リバーブループ曲線制作中40







この合流部分だけは、 地面テクスチャーを使って段差を使って 下流河川部品の河川に 流れるような感じにしてみました。 上の画像は、下流部分から眺めた画像です。 そして こちらは、上流部からの画像だ。

リバーブループ曲線制作中41リバーブループ曲線制作中42







最初は、同じ高さで 河川部品を配置して その合流部分を 地面テクスチャーか 水面部品を使って埋め込むかと 考えていましたが こういう感じの河川も そういえば あったと思ってね 思い切ってやってみました。

リバーブループ曲線制作中48リバーブループ曲線制作中47







前に作ったデッキガーター曲線鉄橋レイアウトの河川敷のように 河原の砂利とか砂を表現したかったので 本来は、河川と河原の砂利や砂の高さが同じくらいが 丁度いいんですが VRM3版の 河川部品は、単体で使えるようになっているので 決まった形にしか使えないのでね

どうしても 川の部分は、いいのだが 平地と交わる部分が ちと うるさくてね あれが 素直にストレートの平らな感じなら 平地に埋め込んでも でっぱりとかが邪魔にならないので 砂利の感じが 出て来るのですが そこがネックでね

だから 前回は、わざと 河川部品を 外して 地形テクスチャーと水面部品を使って 砂利と砂の河川敷を 表現していましたが 今回は、この下流部品を 使って なんとか表現して見たかったのですが どうでしょうかね

リバーブループ曲線制作中43リバーブループ曲線制作中46







今回は、河川敷の上を横切る道路も 作ってみました。 前回作ったデッキガーター曲線鉄橋レイアウトの河川敷よりも -20舒幣紊癲…磴抑えたので 結局 ローカル線のデッキガーター曲線鉄橋のレンガ橋脚も今までの+68个世函ゞ教咾梁元が浮いて見えるので 全部 手直しで +118个旅發気砲靴董/値移動で 高さ-50个砲靴董ゞ教啻管瑤髻―だ気澄 これ全部 修正するだけで 1時間以上も掛かったからね 

リバーブループ曲線制作中44リバーブループ曲線制作中45







意外と 時間が 掛かるんですよ だから まだ 河川敷の全体の1/3くらいしか 出来ませんでした。 また 来週まで お預けだ。 

まあ レイアウトは、一日で 成らずだね 

リバーブループ曲線レイアウト制作中11

週末は、毎度のリバーブループ曲線レイアウトの制作に 没頭だ。

で今日は、前もって 今回制作場所の範囲と 施工前の画像を紹介だ。出来上がったら施工後も紹介の予定だ。 普通 こんな制作途中の しかも ライブに近い感じで紹介しないのだが せっかく ここを 見て下さっている 数少ない常連さんの為に とにかく 情報発信して行くつもりでね

どうも VRMポータルが 新しくなってから そこからの来訪者が 減ったのか かなり来訪者が減ってね 常連さんだけに近い感じになって来たので じゃあ 常連さんと これからは、好き勝手 書いて行こうかとも 思っているのだが でも あんまり 過激な内容だと この人のように 降板じゃないが 干されそうなので 気を付けないとね

リバーブループ曲線制作中34リバーブループ曲線制作中33






上の画像のレイアウター部分の範囲の地形を中心にした場所を制作して行く予定です。

リバーブループ曲線制作中35リバーブループ曲線制作中36







二つの河川の合流部分から 合流して出来た河川敷を どのように 制作して行くか? そこが 前に作ったデッキガーター曲線鉄橋レイアウトの河川敷のようなイメージで展開して行くのか それとも まったく違うイメージで作って行くのか まあ ぶっつけ本番 頭の閃きで さて どうなることやらだ。

リバーブループ曲線制作中37リバーブループ曲線制作中38







最近 こういう感じの どう地形が変わって行くのかという レイアウト作りの楽しさ面白さに 目覚めたのか 昔に比べ なんかイメージを 想像すると ある程度は、形には、なって来たので 自分としては、少し成長したのかと 自画自賛だ。

が それでも まだまだ上級者と言われる方々との技術的な差は、一目瞭然なんだが アイデアだけは負けないつもりで頑張るのみだね 

このレイアウト作りも ファイギアスケートや体操のように 技術点と芸術点で 点数付けられると 面白いんだがね 自分じゃ そういうものも作っていましたが 実際 それを どうやって審査するかとなると それなりに 上級者レベルの目で審査しないと 実際のスポーツと同じで 公正な審査は、出来ないような気もするのだが

こういう事を 書いている自体が そもそも 考えがおかしいのかも どうも レイコンが 突然 消えてしまって その影響か 人様のVRMレイアウトに対して 作りとか技術が気になってね 要は、飢えている

鉄道模型なら高校生鉄道模型コンテストみたいなコンベションがあって 外野から見てても面白いんだがね

まあ このリバーブループ曲線レイアウトの この部分が出来たら報告します。

リバーブループ曲線レイアウト制作中10

昨日の続きから リバーブループ曲線レイアウトの夏景色部分の西側上部部分のループ曲線区間から

ループ曲線勾配部分への 遠景樹木の貼り付けからだ。

リバーブループ曲線制作中27リバーブループ曲線制作中28







左側のレイアウト図が 今作っている夏景色西側上部分からだ。 この曲線カーブ勾配部分に樹木を貼付けているのだが  これがね 難しいのよ

リバーブループ曲線制作中29リバーブループ曲線制作中30







こんな感じで 5价碓未旅發気鯤儿垢靴同鷏兵木などを貼り付けたりしているのだが まるで 鉄道模型の素人が 初めて作った山肌に樹木を貼り付けた感じと同じでね あまりにも整然と 並んでいるようにも見えるのだ。

でも 考えようによっては、列車編成を 邪魔しないで 眺められるという観点から考えれば これもアリかもね

リバーブループ曲線制作中32リバーブループ曲線制作中31







こちらは、 河川が合流する場所からで これから 作って行きます。 右側が 滝なのか渓流なのか? なんだか わからないのだが 作っている途中のものだ。

要は、設計図なんか 元々ないのでね 思い付きで 作っているのだが なんか こういう自分にしか わからないものを 作ってしまうのだが まあ それが新VRM3★なのだ。

確かに 人様から お褒めを頂くようなレイアウトも 作ってみたいのだが 結局は、自分で 列車編成を 走らせた場合に どう見えるか? 自分で気に入れば どうでもいいや で 作ってしまう

まあ そんなものが 本来の VRM3のレイアウト制作だと 楽しみますかね
アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
Archives
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ