新VRM3★井戸端会議

VRM3こそお金が掛からない大人の一人遊びだ。そういう考えの方どうぞ!

寝台特急

仮想日本海縦幹線日本海を行く その38

日本海縦貫線の日本海の夕暮れを行く寝台特急の画像を紹介だ。もちろん仮想の世界だが 10年近く前のさよならブルートレインが載っていた鉄道雑誌を 眺めていたら 日本海の夕暮れを走る寝台特急を 見たくなったので紹介だ。

仮想日本海縦幹線日本海夕暮れ2カシオペア2

今回は、EF8189カシオペア編成からだ。この夕暮れの日本海で思い出すのは、秋田の海岸しかイメージがないのだが その中でも男鹿半島に行った時に 見た夕日が 最高でしたね でも 夏場で 予約もしていなかったので 宿泊する宿も決めていなかったので たまたま空き有の旅館に泊まったのだが まあ これが最低の おもてなしでね 子供もいたので モーテルとは、行かないと思い 急遽 そこに宿泊したのだが 真夏なのにクーラーなしの扇風機があるだけの部屋に通され 要は、この客は、ここでいいだろうと 思われた節があるのが見え見えで

せっかくいい気分でドライブしていたのが 台無しになった記憶があるんだね それ以降 旅館での宿泊は、蛭子さんじゃないが 苦手で 田舎に泊まるならビジネスホテルに限るのが 教訓だ。今は、そういうのは、無いと思うのだが 昔は、身なりとか この客は、どうなのかという疑心暗鬼から 間違っても 安い部屋を 言われるままに 紹介されても もう少し上のランクを頼まないと 見調べされるのでね そういう所は、今でも 客商売をしている人は、知らない内に 値踏みしているのでね

仮想日本海縦幹線日本海夕暮れ3カシオペア3

なんか今日は、関係ない話になってしまったが 意外と 知らない内に 人は、値踏みしているもんだからね コンビニだって 知らない内に 男とか女とか年齢を 記録しているし 今は、もう防犯カメラが どこでもある時代で そしてカードの時代だから 現金主義のおっさんが いくら財布に 現金を持っていても 身なりで このオヤジは、金が無いみたいだと思われると 店員も寄って来ないからね 昔は、家電量販店に行くと すぐ店員が来て 説明してくれたもんですが 今は、そういう時代でもないみたいでね

仮想日本海縦幹線日本海夕暮れ4カシオペア4

なんか 今日は、寝台特急の話しは、ナシで関係ない話でおしまいだ。まあ画像だけ見て貰えば いいのでね

仮想日本海縦幹線日本海を行く その32

日本海縦貫線の雪景色を C62蒸気機関車が走行するシーンから この前の続きからだ。

仮想日本海縦幹線雪景色C62-10

今回は、最近 手に入れたC62蒸気機関車宮原機関区所属の特急つばめからだ。

仮想日本海縦幹線雪景色C62-11

自分では、まあまあの出来だと思っては、いるのですが 蒸気機関車は、実際 鉄道模型でも 眺めてみると 難しい感じがするのでね

D51-950エンドー製真鍮HOゲージその2

こちらは、中古のジャンク品のHoゲージのD51ですが 一応真鍮製です。エンドー製と 箱には、書いてありましたが 調べたら カツミ製じゃないのかと思っています。

D51-950エンドー製真鍮HOゲージその18

もっと 真鍮製だと 鉄道模型雑誌などの写真を 眺めていると リアルな表情が 感じ取られて見えたのだが 実際 本物を 眺めてみると 真っ黒で 質感が 良くわからないのだ。

D51-950エンドー製真鍮HOゲージその23

手で持って 初めて重さで実感するのだが もっと 細かい細部が表現されていると思ったら 意外とそうでもなくて 少しがっかりした車両だ。天賞堂かどこかは、忘れたが 正面のボイラーの窯の蓋が開いたり 運転席の描写なども しっかり作られていた写真を見た事が あったのだ このD51には、運転席には、モーターが 入っていたので これは、カツミ製だと 確信したのだ。

しかし 考えて見れば ボイラー周りの配管は、メーカーによって 作りが違うみたいですが 車輪関係のロッド付近は、電気機関車などに比べると 部品が少ないようで 動かして見るには、面白そうですが ただ 飾って眺めると イマイチ 物足りない気がしています。


仮想日本海縦幹線雪景色C62-15

そこの気持ちを 埋めて来たのが この鉄道模型シミュレーターV3なのだが こちらも 車両に関しては、まあ 20年近く前の車両なので こんなものかとも思うのですが


仮想日本海縦幹線雪景色C62-16

じゃあVRM5版のD51と見比べた場合に そんなに描写が違うのかと思えば そうでもないような気もしてね そう考えると この蒸気機関車という車両そのものを 鉄道模型にしろ この鉄道模型シミュレーターにしろ 作った場合に 電気機関車などに比べて この黒一色の色が一番の問題じゃないのかと 推理だ。

自分で3DCG車両が作れないので 素人の意見だが この黒の色合いが ここのVRMの場合は、真っ黒じゃない色合いで作っているみたいで 逆に 家のHOゲージのD51は、真っ黒過ぎて 細かい細部が よく見えないので そこら辺の 細部を見せる為に 天賞堂などのHOゲージだと 配管などやロッドに色を付けたり化粧した機関車が多いように見えるのだ。 ここのVRM3版のC62も 本来なら 貨物列車や普通車が牽引出来るような普通のC62が 欲しかったのだが それじゃ売れないか

VRM3版C62つばめ宮原機関区1

こちらは、前に作った VRM5版の蒸気機関車と比べる為に背景を揃えた画像からだ。

VRM5版C57-7

こちらがVRM5版のC57からだ。実際は、上のC62に関しては、少し色を濃くした記憶があるのだが こちらのVRM5版のC57に関しても おそらく これ以上真っ黒にすると 細かい部品が見えなくなるんじゃないのかとね

VRM5版C57-4

いずれにしろ 自分じゃ作れないから こうやって書いているのだが そこは、鉄道模型でも同じで 自分では、本物は、買えない揃えないから それに代わるものと思うのだが まあ そう思っているのは、自分だけでは、どうしようもないか 

仮想日本海縦幹線日本海を行く その30

日本海縦貫線の雪景色に 今度は、お気に入りの285系サンライズを走らせてみました。

仮想日本海縦幹線雪景色285系サンライズ1

鉄道模型シミュレーターVRM2版の車両なので もう20年以上も前の車両からだ。

仮想日本海縦幹線雪景色285系サンライズ2

ここでは、これでもかと この285系サンライズを紹介して来ましたが 今回も 又復習だ。

仮想日本海縦幹線雪景色285系サンライズA
285系サンライズは、VRM2版で 出て来てから VRM3版をスルーしてVRM4版で出て来て 又 VRM5版でも出て来た 中々珍しい車両だ。 よっぱど 中の人が好きな車両なんでしょうか VRMonLineでは、7両セットで2,640円で 販売されてKATOのNゲージでは、19,635円で Tomixの HOゲージだと 86,600円だ。こちらの真鍮製HOゲージのカツミ製だと 7両編成だと408,000円だ。

そう考えると こちらのVRM2版の285系は、激安でしたね

仮想日本海縦幹線雪景色285系サンライズB

一応 これだけの種類が入っていました。そして昔VRM2版とVRM4版を 並べて見た画像からだ。

仮想日本海縦幹線雪景色285系サンライズC

中々 このVRM4版の285系サンライズの走る姿は、動画では、あんまり見られなかったのですが 今回VRM5版の285系サンライズの室内が 丸見えの動画があったので紹介だ。



ran ranさんという方の動画からだが 中々ここまで 285系の本当の姿を見せてくれる動画も無かったので もの凄く参考には、なりますね



こちらは、TomixのHOゲージの285系サンライズからだ。う〜ん これを 眺めてしまうと ここの鉄道模型シミュレーターは、本当に 鉄道模型のNゲージ版を 求めているのか まず そこが疑問でね

かと言って こちらのTomix版HOゲージや カツミ製の真鍮製のHOゲージを 目指しているのか どうしても このHOゲージのような 重量感というか 厚みと言うのか 最近の映画のような 3DCGの描写まで 進化出来るのか? そこが これから先 どう進化して行くのか なんか気になったので 一言だ。

肝心の VRM2版285系サンライズの動画は、後日紹介だ。 もう ここまで来ると 2極化だからね 映画のような3DCG描写のゲーム車両か 昔のVRM3版程度の描写でも 我慢出来るのか 後は、お金と 簡単に遊べるか それしか 凡人には、判断できない今のご時世だ。

でも なんか 後5年もしない内に 又 大きく この鉄道模型シミュレーターも変わるんでしょうかね 今更 鉄道模型も 一から やる気もないので お金が掛からないで 後発でも やれる鉄道模型趣味は、ないかと 考えると やっぱり この鉄道模型シミュレーターV3が 一番 自分には、相性がいいかも知れないね

仮想日本海縦幹線日本海を行く その26

今日も日本海縦貫線の裏側の雪景色から紹介だ。今回は、踏切Aと踏切Bの2箇所からの画像だ。

仮想日本海縦幹線雪景色踏切A16カシオペア

踏切Aを 通過するEF8189カシオペアからだ。カーブコーナーから ストレート区間に進入する直前の感じだ。個人的には、好きな場面なので 紹介だ。

仮想日本海縦幹線雪景色踏切A17日本海

こちらは、EF8137ローズピンクの日本海からだ。トレインマークがないと わからないか 本当は、最初EF8181北斗星 を 走行させようと思ったのですが なぜか 24系25形の北斗星仕様の編成ファイルが どこにあるのか探せなくて なんか 今から やれJR東日本編成とかJR北海道編成とか調べて編成を作るのが 面倒になったので 今回は、パスしました。

仮想日本海縦幹線雪景色踏切A18トワイライト

EF81113のトワイライトエクスプレスからだ。後ろの24系25形のトワイライトは、VRM2版なので片輪走行なので 下からのUPは、見せられないのでね

今度は、踏切Bからの 通過シーンからだ。

仮想日本海縦幹線雪景色踏切A21カシオペア

直線区間を 通過するEF8189カシオペア編成からだ。実際 夜中に このカシオペアを 何回か見たけど 先頭のEF8189は、黒くて識別出来なくて E26系の窓明かりだけが 目立っていたのを 思い出しますね あれ外から見ると中が丸見えなんですが 乗っている人は、分かっているのでしょうかね

仮想日本海縦幹線雪景色踏切A20日本海

こちらは、EF8137日本海からだ。 この車両を 見るとKATOのHOゲージを思い出してね 一時期 出始めの頃は、値段的にも 手頃だったので 考えて店まで行ったのですが 今まで付属の部品が付いての値段が 部品は、別で購入みたいで しかも それが 高くて結局TomixのHoゲージのEF81と 変わらない値段で只今検討中だ。この付属部品の熱転写のシールが 上手く出来なくてね KATOのEF65-1000の機関車の時には、このシールの車番が上手く貼れなくて結局あきらめた経緯があるのだ。

仮想日本海縦幹線雪景色踏切A22トワイライト

EF81113トワイライトからだ。しかし このHOゲージというのは、KATOにしてもTomixにしても まず 田舎じゃ中々手に入りませんね とくに Tomixなどのプレステージ版の高い方は、店頭には、あるのいだが 安いプラ製は、まず欠品ばっかりで ネットでも まず出て来ませんね

どうしても 高級なムサシノモデルや天賞堂のイメージがあるので プレステージ版でも それから比べれば安いのかも知れませんが それより安いプラ製を もっと最初の段階で作ればと思うのだがそれじゃ高い方が売れなくなるか

なんか ここの鉄道模型シミュレーターも似ているかも知れないね もう 昔のような廉価版を 作る気は、なさそうですが しょうがないか ユーザーが そういうのを求めている感じだから メーカーも それに合わせているだけなのだろう 

まあ 世の中 なんでも廉価版という概念がないからね 1979年(昭和54年)に自動車メーカーのスズキが 当時47万円で 新車のスズキアルトが買えた時代があったんだが 41年前の お話だ。

これからの経済とか生活を考えると趣味の世界は、どうなるのか 趣味は、景気に関係ないか とくに この鉄道模型に関しては、昔から経済関係とは、無縁の世界なので そこで やれプラ製の廉価版HOゲージなどと 騒いでいるのは、おいらだけか 

仮想日本海縦幹線日本海を行く その25

日本海縦貫線の裏側の雪景色を眺めていたら 寝台列車も 走らせて見たくなったので紹介だ。

仮想日本海縦幹線雪景色カーブ6日本海

前回の下り線のトンネルから 出て来たところで 月明りに照らされて雪が白く輝いて見える雰囲気をイメージしてみました。EF8137ローズピンクの寝台列車日本海をイメージしてますが トレインマークは、付いていませんが 雰囲気だけは、いいかもね

仮想日本海縦幹線雪景色カーブ7トワイライト

こちらは、EF81-113牽引の24系25形トワイライトエクスプレスの編成からだ。貨物編成も いいけど 真冬の真夜中を走行する寝台列車も いいねえ〜

仮想日本海縦幹線雪景色カーブ5カシオペア

日本海縦貫線では、登場しなかった EF8189牽引カシオペアE26系寝台列車だ。このHOゲージが 欲しかったのだが どこ探しても ないからね〜

仮想日本海縦幹線雪景色カーブ10日本海

こちらは、逆側の 海側に出るトンネル前の下り勾配からの景色だ。寝台列車日本海が 下り勾配を 駆け上って行きます。

仮想日本海縦幹線雪景色カーブ8トワイライト

こちらは、EF81-113牽引の24系25形トワイライトからだ。

仮想日本海縦幹線雪景色カーブ9カシオペア

そして こちらがEF8189牽引カシオペアE26系寝台列車だ。こんな感じで ビュアーを眺めてしまうと ついつい画像を 撮ってしまうのですが まあ これも 楽しみ方の一つなのでね 

客車シリーズの取り止めから続き

前回の続きから 画像だけ紹介だ。
★2018年9月24日の10系軽量客車、郵便車から

VRM3-10系客車編成9
















もう一つの画像から

VRM3-10系客車編成6


なぜ 2年前に こんなに詳しく紹介していたのに 忘れてしまったんでしょうかね

★2018年9月9日の24系25形と牽引機を紹介だ。から

VRM324系25形編成1

★2018年9月8日の24系25形北斗星全16種類を紹介だ。から北日本編成から

VRM3追加キット24系25形北斗星1北日本編成













東日本編成から

VRM3追加キット24系25形北斗星1東日本編成
最後に 寝台客車の牽引機も 紹介だ。

VRM3-24系25形牽引機1













言葉では、この鉄道模型シミュレーターを 説明出来ないので こんな感じで 2006年から 画像を これでもかと紹介して来ましたが まあ自己満足です。何かの参考にでもして下さい 




 

客車シリーズの取り止めから

2020年の1月1日に10系軽量客車からを1月2日に24系25形寝台客車を紹介して2月16日に24系25形北斗星金帯寝台客車そして 昨日の2月17日には、20系寝台客車を 紹介したばかりなのに この客車シリーズの紹介は、取り止めに致しました。それは、今から2年前の2018年9月に 客車シリーズとして 今回と 同じような感じで カタログ画像と動画を 紹介していたからです。

なんで たかが2年前の事も忘れてしまって 又同じ事を繰り返してしまったのか やっぱり歳だからなのでしょうか たんなるボケが 出て来たか まあ どうでもいい話だが 最近の自作車両が メインの この界隈の話題の中で 自作車両を 作れない身としては、手持ちの車両紹介しか 自己発散する機会がないので 思い付きで やってしまったのだが、、出来もしないのに 対抗心だけは、強いのでね

車両の数だけは、負けねえ〜ぞ!とアピールしたかったかも知れませんね なので せっかくなので 他の客車シリーズのカタログ画像だけでも紹介だ。 

★2018年9月30日のお召列車御料車1号編成からから

VRM2-EF5861お召列車御料車1号編成60














真横からの画像だ。

VRM2-EF5861お召列車御料車1号編成3












★2018年9月29日の12系・14系・81系お座敷客車からから

VRM3-12・14・81系編成1-60

















VRM2版追加キット12系14系座席客車から

VRM2-12・14・系編成1










★2018年9月26日のC62蒸気機関車スハ44系特急客車編成からの中から特急つばめ編成

VRM3-C62牽引スハ44系つばめ編成1












特急はと編成から
VRM3-C62牽引スハ44系はと編成1











★2018年9月19日の24系25形トワイライトエクスプレス編成からから

VRM3-25系トワイライト編成













★2018年9月18日のE26系カシオペア編成の紹介から

VRM3-E26系カシオペア編成













本当は、これらを もう一度 一から作って紹介する予定だったのだが なんで ここまでしっかりしたカタログ画像や動画を作っていたにも関わらず すっかり忘れていたのか? やっぱり 長くやり続けているので マンネリなんでしょうか まあ反応もないからね 反応どころか お叱りじゃないのだが この手のカタログ画像が あまり好みじゃない人も居るようですが そんな事言われても こっちは、好きで作っているので 言葉より まずは、画像でしょ!が合言葉だ。  

20系寝台客車

鉄道模型シミュレーターV2版の20系寝台客車からの紹介だ。 また動画とカタログ紹介 からだが これしか楽しみがないのでね

VRM2版20系寝台客車A1




















ところが まさか前に同じ20系寝台客車のカタログを作っていたとは、ビックリだ。2018年9月に20系寝台客車からという記事を書いていたのですが その時に 今回のように まったく同じようなカタログ画像と動画を作っていました。 その時のカタログ画像が こちらだ。

VRM2版20系寝台客車B1


















今回 作ったカタログ画像と 逆の角度の画像を 作っていたので まったくの重複じゃなかったのが 幸いでしたが まあ無駄な時間を 使ってしまいました。 

まあ これが おいちゃんの暇つぶしだ。でも好きですね〜 こういうのが 言葉じゃ伝えられないから ここでは、今まで これでもかと画像を紹介して来ましたが 廃盤ゲームの車両の画像じゃ あんまり参考には、なりませんかね 

しかし そういう意味では、最新のVRM5やVRMNX関係のカタログ画像は、出て来ませんね ちゃんと 探せば 昔作っていたのを 見付けていたのですがね まだまだ この車両カタログは、作って行くのでね どう思われようが おいらの趣味なのでね

24系25形北斗星金帯寝台客車

今年の1月2日に24系25形寝台客車で 第2弾として紹介してから 久しぶりの寝台客車の紹介だ。今回は、北斗星金帯の24系25形からだ。

VRM3版24系25形北斗星寝台客車1






















この24系25形北斗星金帯の車両には、追加キットのJR東日本バージョンとJR北海道バージョンの2編成がるのですが 北海道バージョンは、つい最近に揃ったので 今までは、JR東日本バージョンしかなくて なんか写真などで見掛ける あのスハネ26-501の車両を 探せなくて がっかりした覚えがあるのだ。2018年3月に リバーシブループ曲線レイアウト完成その50で 紹介しています。

VRM3版24系25形北斗星寝台客車JR東日本1














JR東日本バージョンの24系25形北斗星金帯から

VRM3版24系25形北斗星寝台客車JR北日本1















JR北海道バージョンの24系25形北斗星金帯からだ。
 

24系25形寝台客車

第2弾は、24系25形寝台客車のカタログから紹介だ。 2日は、地元仙台では、初売りが有名で 豪華な景品と福袋を ゲットしようと朝早くから店に並ぶみたいですが こちらは、どこにも行かず 部屋で ブログ書きだ。

歳なのか覚えられないのだ。去年の今頃は、VRM5版で 頭が一杯で なんとか これをやりたいと最初は、VRMonlineに登録して いざ車両部品をDLしようとしたら これが 上手く出来ず 結局 こちら側のPCのセキュリティーの問題と言われ しかたなくVRM5パッケージ版を 4本程ゲットしたのだが 購入してからVRMonlineやVRMCLOUDとの部品共有や自作車両は、VRMCLOUDに入会しないと使えないとの事で 諦めてVRM5版を 少し真面目に取り組んだのだが 結局 頓挫して そのままだ。

VRM3版24系25形寝台客車A

















もう一回 一から新しく覚えるというのが 中々出来ない年寄りの悩みだ。




昔々英語の件でも 年寄りでも 勉強してやっている人が居るので 貴方も頑張りなさいと ここで 言われましたが やっぱり 出来ない事は、出来ないので 楽して遊びたいのでね まあ 今年も 好き勝手書きまくりだ。
















アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
Archives
livedoor プロフィール

おいちゃん

鉄道模型シミュレーターVRM3専用の分室です。難しい話は,一切ナシ ただレイアウト等を作って自分のお金で楽しむだけの人 大歓迎 !

鉄道模型が 大好きな癖して ひとつも持っていない ただ 人の物を眺めるのが趣味な変なおっさんです。 

QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ