新VRM3★井戸端会議

VRM3こそお金が掛からない大人の一人遊びだ。そういう考えの方どうぞ!

貨物列車編成

懐かしのED75貨物編成動画から

前から紹介しようと思っていた YouTube動画の懐かしのED75貨物編成を一挙に紹介だ。

まずは、昔2015年に作った奥中山レイアウト奥中山大カーブ定点カメラ その4 EF81貨物編の 元になった場所からのED75貨物編成からの動画だ。



このED75重連が 走行していた時期は、推測だが この動画を UPされた時期より だいぶ前だと思うのだが 実際 地元の宮城では、昔は、よく見掛けましたが その時は、ほとんど興味が無かったのでね 今こうやって動画を見て 懐かしく思っているのだがね なんでも 関心がないと 興味も示さない ここの鉄道模型シミュレーターと似ている所があるね まあ おいちゃんの鉄道模型シミュレーターに関しては、完全に病気ですからね




こちらの地元のED75貨物編成だと 撮った場所も 大体 見当が付くのでね 最初の動画は、桜で有名な東北本線の大河原と船岡との間の 今は、 この近くに わざわざ この桜並木と列車が 一緒に見られるような線路を跨いだ横断跨線橋が 作られた旧4号線沿いの場所みたいですね

次の動画の撮影場所は、東北本線の北白川と大河原の間の上大谷踏切からの動画で ここも 表蔵王が 天気が良ければ いい背景に使えるロケーションの場所でね 撮り鉄じゃないのだが 踏切鉄なので 地元の踏切からの風景は、ほとんど 覚えているんだね



こちらの動画は、東北本線の陸前山王駅と国府多賀城駅の間からのガソリンタンク車編成の動画からだ。これも 3.11前の貴重な1枚でね とくに 後半の仙台臨海鉄道の タンク車を運んでいるスイッチャーが あのSD55-102(DD13)なんだね これに関しては、DD13ディーゼル機関車の話題からと DE65て あったけ?で 紹介してましたが 初めて本物のSD55-102を 動画で 見たので紹介してみました。

DD13-SD55-11仙台.DD13-SD55-12仙台DD13-SD55-102仙台






3.11前にあった仙台臨海鉄道のDD13(SD55)からだ。

そして これは、珍しい 夜中の小牛田駅?を 通過する貨物編成からの動画だ。



最初 てっきり岩沼駅の常磐線の下り本線を 通過していると 勘違いしてましたが ED75の石巻貨物を見て これは、小牛田駅じゃないかと 気が付きました。

後半のカシオペアや北斗星の撮影場所は、小牛田駅じゃない 瀬峰駅?かどこか他の駅みたいですね 小牛田駅も 石巻線や陸羽東線のキハ40、キハ48の小牛田色も廃車になり そして 今 石巻線の貨物編成を牽引するDE10も もうすぐ お役御免になるので 長年 ここの小牛田駅近辺や石巻線沿線を 見て来た者として 少し寂しいような気がしますね 

この動画も おそらく 今から10年以上も前に撮った動画だと思うのですがね この時期すでに EH500金太郎が メインで貨物編成を牽引していたので 中々その中で これだけED75牽引貨物を カメラに収めるには、結構 朝まで頑張ったんじゃないのでしょうかね

他にも ED75貨物編成は、探すと 結構あるのですが 最後に ちょっと14分以上と長いので 好きな方は、こちらで ご覧下さい 懐かしの鉄道映像シリーズの中の東北本線・ED75貨物(赤釜メイン) という動画からです。 

この動画の撮影場所も ほとんど わかりますが 皆さん やっぱり 同じような場所を 探しているんですね おいちゃんの場合は、ネットなどの動画などを 見る前から 大体は、知っていましたが さっぱり 今まで関心が無くてね 最近 やっと 踏切や分岐器などに興味を覚えて そういえば こういう場所からは、こう見えていたと思い出しては、動画を見ては、楽しんでいます。

が 自分では、撮り鉄をしないんだね 鉄道模型と同じで 人の物を見て楽しむ だって 自分で撮るより はるかに いい絵が見られてね とにかく鉄道模型シミュレーターのレイアウト作りの参考資料になれば それでいいんです。

新幹線と貨物編成のすれ違いから

この前 4月12日に 青函トンネル供用区間からという 記事を ここで 書いてから どうも気になってね 青函トンネルの中での 新幹線と貨物編成のすれ違いが どういう状況になっているのか? 

色々ネットを漁っていたら こんな「青函トンネル内で新幹線とすれ違うJR貨物の車両の運転席 」を発見だ。
 


この前のトランスイート四季島といい 今回のEH800の運転台からの映像といい 結局は、限られた人達限定の制作動画みたいでしたね この青函トンネル内の 新幹線と貨物編成の対向通過問題は、 ここの「青函トンネル内は減速が必要なのか/Newsの検証」という記事の中で どうして 青函トンネル内では、新幹線が 時速140劼法〕泙┐蕕譴討い襪里の検証記事が 書いてありました。

なんでも 仮に新幹線が 時速260劼如〜行した場合 貨物編成(82匐〕儷茣屐砲 風圧で 車輪が浮いて傾いて 事故になるんじゃないのか?という 仮説?に基づいて 時速140劼らいだったら なんとか大丈夫みたいな感じの話しで まあ 素人には、わからない お話だ。

貨物編成も なんでも 51本近くの編成が 青函トンネルを 通過しているらしいですね

そこで 出て来たのが 車輪のフランジという文言だ。 この車輪のフランジというのは、ここの画像でも わかるように 車輪のツバとでもいうのか この出っ張りの部分なんだね

実際 本物の列車の車両の台車の車輪と レールとの接地している場面を 見ていると よく たった これだけの 出っ張りで 脱線しないものだと 不思議でね そういう不思議に関心を持っている人が おいちゃんだけじゃなく他の人も居るみたいで ヤフー知恵袋には、「日本の鉄道の車輪のフランジは大体何cmくらいですか?」 という質問が 載っていました。

フランジ高さは、25mm以上35mm以下と規定されています。とも 書いてありました。

そして このフランジ高さだけじゃなく フランジ角度(勾配、傾斜)と 呼ばれる レールと接地する車輪面の傾斜角度が いかに重要なのか そこの説明が 車輪フランジ角度の決まり方に 書いてありました。

まあ 素人考えだと レールとの接地面や 脱線などを 考えると フランジの高さがあって 接地面も 広いように 車輪の面が 水平な方が いいような気がするのだが どうも そうでもないらしんだね

脱線係数という計算式に合わせて この角度も決めているようでね まあ 素人には、わからない世界なんですが なんか面白かったので 取り上げてみました。

そして もう1本 貨物編成の動画から こちらは、「JR貨物列車に添乗、初公開=鉄路63キロをぴたり96分、技術と連携で定時運行  」 という 貨物 定時運行の 63劼髻,圓辰燭96分で 運行される動画で こちらは、 リアルな 貨物編成の運行が どのようにして行われているかが わかって面白かったので紹介だ。




貨物は、いいねえ〜 そう言えば 昔 貨物にも こちらの地元には、女性の運転士が居たと 噂で 聞いたことありましたが 今は、聞かないですね〜 在来線の電車の運転士には、最近は、女性も多いですがね

貨物は、特殊ですからね〜 運転している時間よりも 途中で待ったり 距離も長いからね〜 深夜の運転も多いからね〜 たった一人で あの山の中の峠を 超えて行かなくちゃならないから 運転技術も 必要だから 大変だが 逆に ワンマンの自由さもあるようには、外から眺めていると 感じるのだがね

懐かしのED75とDE10のコラボから

今日は、ED75のブロワー起動音の紹介からだ。

少し音量が高いので 注意して見て下さいね ここに映っているED75は、まだ現役のJR東日本の仙台運転所に所属しているED75だそうです。詳しい運用に関しては、ここの貨物チャンネルに 載っていますが EF75-757,ED75-758,ED75-759の3台が 配属されていて 常に仙台車両センターか岩切かに配置されて 甲種回送や
レール運搬などに 今でも活躍しているみたいですね 



2011年の3.11で 常磐線の浜吉田〜山下間で津波に襲われた ED75-1039が 地元で 見掛けた最後の貨物編成を 牽引していたED75だったような気がしますね

今から10年近く前には、東北本線の岩沼〜小牛田間では、よく こんなED75とDE10の重連のコンテナ編成を 見ていましたね〜 そんな 懐かしい動画を 発見したので紹介だ。



便乗して このED75とDE10の重連のコンテナ編成を 昔、石巻線貨物として動画でUPしていた物も 紹介だ。



もちろん あの2011年の3.11以前の 2008年11月に YouTube動画80本記念として 作った動画らしいんだけど あれから10年が経過して 今じゃ なんと UP本数も2225本ですからね やっている事は、今でも同じ流し撮りですからね〜 進歩は、ないんだね〜 でも 人様の動画を見るのも楽しいけど 自分で VRM3の動画をUPするのは、もっと楽しいからね このVRM3版という 鉄道模型シミュレーターが 今でも 現役で 十分 遊べる事を 世間に知って貰いたいのでね 最近 何かの記念動画を作っていませんね〜

EF65とEF200のブロワー起動音から

今日は、EF65とEF200からのブロワー起動音の紹介からだ。

まずは、EF65から 特急牽引用のEF65-500は、VRM2版で 貨物牽引用の貫通扉が前面にあるEF65-1000が VRM3版には、あるのですが 最近のJR貨物仕様のEF65は、ないのでね

そのJR貨物仕様のEF65のブロワー起動音から ちなみに 大きさは、全長が16500个如”が2800个如々發気3819个如…螻塀侘呂 2550kvだそうです。

 

EH500とは、又 違う ド,ド,ド,ドという感じの 重い感じが しますね

次は、後にも先にも 国鉄,JRが開発した機関車の中で 史上最強の 定格出力6000kvの大パワーを誇るEF200からの紹介 でも 有り余るパワーが仇になり 2018年3月には、EF200すべての定期運用が終了との事だが そうすると もう このEF200は、見られないのでしょうかね

大きさは、全長が18600个如”が2900个如々發気4221个如…螻塀侘呂 6000kvだそうです。VVVFインバータ制を 最初に採用など 当時としては、最高の水準の機関車だったみたいですがね〜 時代が 代わってしまった。 これに尽きるか〜




EF66とEF81のブロワー起動音から

今回は、EF66とEF81からの紹介だ。 EF66は、写真や動画では、見た事があるのですが 本物は、まだ 見た事が 有りません まあ この歳で 見ていないという事は、まず 現物は、見ないで 終わりでしょうかね〜

だからこそ この仮想鉄道模型やムサシノモデルのOJゲージの鉄道模型の画像を眺めながら 自分なりにイメージして楽しんでいますね 

まずは、EF66からだ。まずは、大きさから 全長18200个派2800个嚢發気3872个如〜阿望匆陲靴拭〆膿靴EF510が 全長19880个派2970个嚢發気4280个世修Δ如,修譴法嵌罎戮襪函^豌鵑蠎崑亮体は、小さいみたいなんですが ここのVRM3版で 見る限り なんか デカく見えるのは、自分だけでしょうかね



次は、EF81から 先月3月7日に 東北本線の越河近くで お昼近くに ED75の単機だとばかり思っていたら なんか 感じが違って見えたので もう一度 確認したら EF81-67のように 番号が 見えたのですが これが ここの果てなき車両図鑑という所では、長岡所属で2000年に廃車と 記載されていて もしかして 見間違ったのかな〜とも 思うのだが 一応 後で ダイヤだけは、調べたら 臨時の単機で 単9142で 越河通過11:21(上り)だったみたいですね ここも 見ましたが やっぱり 見間違いかもね



そう言えば 10年近く前に 仙台の車両センター近くで EF8195かどうか知りませんが 81というロゴマークが入っていた車両を 見た記憶があるんですがね〜 まあ どっちにしても ほとんどが廃車されている車両なのでね 

EH800とEF510のブロワー起動音から

今日は、2014年から 青函トンネルがある海峡線で 運用されたEH800から紹介だ。 全長は、25000个如〜管は、2972个如〜換發蓮4280个函EH500よりは、少し低いんだね

定格出力は、新幹線との共用区間だと 25000vで 4000kw(1時間定格)なんですが 在来線区間の20000v では、76%の出力しか出せないので 3040kwにしかならないらしいのだ。 

てっきり 最新型だから 高性能、高出力な機関車と思ったのだが どうも あのEF200以来 高出力の機関車は、作らないみたいですね  ブロワー起動音は、こんな感じだそうです。



EH500金太郎に比べて イマイチ パットしない機関車と 書いたら 怒られるか そんなEH500金太郎さえ こちらの「VRM3版には、入っていないのでね でも EH500金太郎も 1次形、2次形、3次形と あるのですが 一番 見た目カッコいいのは、3次形だと 自分は、思っていますがね VRM5版には、この3次形は、あるのでしょうかね 鉄道模型のNゲージでも この3次形は、赤い色が鮮やかでね 東北本線を走っているEH500金太郎でも この3次形を 見掛けると 金太郎を 見たという気がするんだね

次は、EF 510青釜からだ。EF510は、2003年頃から 日本海縦貫線にJR貨物の牽引機として 登場したみたいで 赤い車体の ECO-POWER レッド・サンダーという愛称で 運用されていたみたいで 2009年からJR東日本の北斗星とカシオペア牽引用として 北斗星用として青釜501 - 508・511 - 515号機と カシオペア用としてシルバー車体の509・510号機が 用意されていましたが 2015年頃から JR貨物に売却されたとの事だ。

これが かつての栄光の寝台特急を牽引していた機関車なのかと 個人的には、思うのだが それを 言ったら キリがないのでね その前のEF8189のカシオペア専用色の牽引機だって 最後は、甲種回送じゃないが 貨物運用されたみたいですからね(詳しくは、知らないが)



せっかくなのでECO-POWER レッド・サンダーからも紹介だ。



ブロワー起動音も いいけど 貨物編成の 線路の継ぎ目の音が これまた いいんだね〜

EH200とEH500のブロワー起動音から

この前 EF64上越カッター車ブロワー起動音からで 紹介した時の 電気機関車のブロワー起動音を 他の車両で 漁ってみました。

今回は、ほとんど馴染みがなかった このVRMでも見た事がなかったEH200からのブロワー起動音からだ。 




EH200って 名称があるんだね ブルーサンダーですか 知りませんでしたね。 インバーターだか なんか知りませんが EF64の時とは、違う感じのブロワー起動音ですね

で 次ぎは、 地元じゃ これしか走っていない EH500金太郎からだ。



宮城野貨物ターミナル 金太郎出発シーン起動〜警笛〜 VVVFインバータ音の音らしいね

てっきり EH200の方が 数字が 若いので 最初に作られたと思ったら EH200は、2001年からで EH500は、1997年からなので EH500の方が 最初だったんですね

しかも 見た感じ EH500の方が 大きいように見えたのですが 実際は、EH500が 高さが4280个如EH200が3799个函〔480伉 車高が高いだけで 他のサイズは、ほとんど同じなんですね

そして 車輪径も 見た感じEH500の方が大きいと思ったら 両方とも 1120个蕕靴い任垢諭,粘凌瓦痢…螻塀侘呂蓮EH200が 4520kw(1時間定格)で EH500が 4000kw(1時間定格)だから EH200ブルーサンダーの方が 性能としては、上なんだね

見た事ない車両は、難しいね〜 といっても 段々知って来ると 見た事ない車両でも 興味だけは、沸いて来るんですがね〜 ただ どうも あのEF210だけは、イマイチ VRM2版のイメージを 引きずっているのか まだ 他の機関車に比べると 興味を 持たないね〜 VRM2のイメージが 強すぎたのかね   

北海道の鉄道シーンがいいね〜

漁っていたYouTube動画から整理して紹介の続きからだ。

どうも 北海道の鉄道シーンというと 玉ねぎ列車などの貨物編成が 頭に浮かぶのだが こんな【2017年】北海道の鉄道シーン《総集編》  という25分程の長い動画ですが これが実に素晴らしい鉄道シーンばっかりでね
中々良かったので 紹介だ。



とにかく 映像が綺麗なのと カメラの設置して撮っているアングルが プロ並みで いいんだね〜  ありとあらゆる北海道を走っている車両が 全部見られる感じでね 有名なS字カーブ区間とかもあるし あの『TRAIN SUITE 四季島』の 動画も 入っていています。

その中で キハ183系基本番台スラントノーズの車両が 沢山 載っていましたね なんでも 今年の3月にラストランの予定とか ここに書いてありましたが 今 思えば なんと武骨な特急気動車だと ずっと思っていましたが

いざ おいちゃんの所のVRM2版キハ183系を 使い始めたら これが意外と ハマってね 最初どうでも いい感じの車両と思っていましたが 特急気動車としての あのキハ261系やキハ283系とは、違う雰囲気が なんとなく 気になって 最近は、良く使うようになりましたね〜

 

EF64上越カッター車ブロワー起動音から

昨日の続きのEF64の動画から 今日は、これ知らなかったのだが なんでも 架線の霜とか氷を取る列車の事を カッター車というのだそうで もう一つが EF64電気機関車の発車の時の ブロワー起動音というのだそうだが これが 意外と 聞いてて 面白かったので 色々集めてみました。

まずは、[美しい起動音]EF64-1003 ブロワー起動~発車   という 結構 迫力のあるブロワー起動音からだ。



このブロワー起動音に ハマって 次は、「EF64-1000カッター車 越後中里駅発車」という2015年1月に撮影した動画だそうです。ここの越後中里駅という場所は、豪雪地帯なんでしょうかね 



同じ 場所で 「EF64 1030号機単8761レ上越カッター越後中里MBM起動〜発車」という こちらは、少し古くて 2012年3月の撮影みたいです。 どっちか片方だけ紹介しようと思ったんですが なんか 両方と捨てがったので紹介だ。それにしても このEF64-1030号機の 群青色というのか この青の色が 堪りませんね〜 



これまた 珍しい茶釜のEF64-1001号機から 「豪雪とEF64電気機関車上越線カッター defrosting train & Heavy snowfall」という 上越線の水上駅からの撮影動画からだ。

  

最後に これを 一番に お勧めしたかったのだが 10分近くの動画で 長いのですが 音を 楽しんでね
 「2018 豪雪と上越線カッターEF64 Heavy snowfall and locomotive」からだ。 

  

こうやって 眺めていると 車両そのものの 音源も 大事だって わかりますね〜 でも このブロワー起動音なんですが おいちゃんみたいな素人だと どうも DD13のようなディーゼル機関車の音にも 似た感じに聞こえてしまうようでは、 まだまだですね でも EH500金太郎とも 又 違う感じには、聞こえますがね

その内 他の電気機関車も 紹介だ。

EF64の4重連編成動画から

YouTube動画を漁っていて これは、と 見付けていた鉄道動画を 紹介だ。 その中で 今日は、EF64からの特集だ。 まずは、まさか 本当に走行しているとは、全然 知らなかった EF64の4重連編成からの動画だ。

「姨捨・小雪・急勾配 25‰を駆け上るEF64 4重連!2013年 復路」という動画から
  



なんでも 甲種回送の 牽引しているのかと 思ったら なんでも パンダを8個も あげて 力行しているとの事らしいね  そして こちらが 「2012年 EF64 4重連通過! ド迫力の64サウンド!!(復路) 」という動画からだ。 毎年お正月の恒例の4重連走行みたいですね
   

そして 2016年の「《アークが凄い》ど迫力のEF64大宮更新オール1エンド揃い4重連!!【EF64-1020+1034+1023+1015】『8467レ 篠ノ井線貨物機送込』坂北駅&桑ノ原信号場  」という 4重連動画からだ。



ちと 6分以上と 長いのですが EF64の更新色が同じ車両が 4重連なので 凄いですね〜 最近 このEF64が気になってね〜 結構 古い機関車なんですが なんか知らないが 新車みたいに 新塗装されて まるで 鉄道模型を見ているようなので 面白いのです。
アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
Archives
livedoor プロフィール

おいちゃん

鉄道模型シミュレーターVRM3専用の分室です。難しい話は,一切ナシ ただレイアウト等を作って自分のお金で楽しむだけの人 大歓迎 !

鉄道模型が 大好きな癖して ひとつも持っていない ただ 人の物を眺めるのが趣味な変なおっさんです。 

QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ