新VRM3★井戸端会議

VRM3こそお金が掛からない大人の一人遊びだ。そういう考えの方どうぞ!

貨物列車編成

VRM2版コンテナを考える(再登場)

レ1650貨物編成の赤紫色(エンジ)JRFレッドと呼ぶそうなんだが そのコンテナ19B形?か18B形?かを 眺めていたら そういえば 昔2010年頃に VRM2版コンテナ貨物を検証してみるパート1を 紹介していたので もう一度 再編集して 紹介だ。

 まず最初に 紹介は、コンテナ貨物の台車でもある コキ100とコキ101を紹介だ。

V2コンテナ コキ100 空台車V2コンテナ コキ101 空台車







コキ100形に 使用扱いが やり易い手すりを付けたのが コキ101形だ。コキ100形が 自重18.5tで 最大積載40.5t 車体長(長さ)19110弌ー崑良23760弌‐果鵡發1000个紡个靴董.灰101形は、自重18.7t 最大積載40.5t 車体長(長さ)19600弌ー崑良23760弌‐果鵡發1000个函〔50僂曚鼻…垢ぁ

そして 今回 調べていたら 初めて このコンテナの組み合わせというか 4輌一組が一編成になっているのです。知りませんでした。どうして このコキ101とコキ100の2種類が あるのかさえ 疑問には、感じて おかしいと思っていたのだが これで解決だ。

V2コンテナ コキ101基本編成




尚 VRM4には、高速コンテナ「スーパーライナー」用の(110/h)コキ50000が入ってるみたいだが こういうコンテナの基本編成などは、 どこにも書いていなかったような気がします。


 国鉄C20形コンテナの紹介だ。国鉄が 1971年から製造されたコンテナで  片側裏面のみの一方開きで高さは、2350弌”2436弌…垢気3656个如ー重1.1t 最大積載5t の12ftコンテナだ。外観は旧コンテナ同様「コンテナグリーン」に塗装されているが、コンテナ側面に白帯が追加されており本形式は容易に識別可能である。

V2コンテナ コキ100 C20国鉄色V2コンテナ コキ101 C20国鉄色.







国鉄C35形コンテナの紹介だ。コンテナで片側扉二方開き 高さ2436弌”2436弌…垢気3656弌〆蚤臉兀5tの 12ftコンテナだ。 内壁に内張り合板がはられておらず、鉄板のままである点が他のコンテナと大きく違うところだ。

V2コンテナ コキ100 C35JNR色.V2コンテナ コキ101 C35JNR色







国鉄C95形コンテナの紹介だ。国鉄がC20形コンテナを ベースに製造された12ft簡易保冷コンテナだ。片側妻扉の一方開きだ。高さ2350弌”2436弌…垢3656弌ー重1.8t 最大積載量5tのコンテナだ。白とブルーのツートンカラーで 内部は発泡ウレタンによる断熱材の内張りが施され、簡易保冷仕様となっている。

V2コンテナ コキ100 C95JNR白V2コンテナ コキ101 C95JNR白色







18B形コンテナは、JR貨物が中越パルプ工業に専用コンテナとして、18A形コンテナを両側面開きに変更し、12ftコンテナである。高さ2500弌”3658弌…垢3656弌ー重1.4t最大積載5tの12ftコンテナだ。


V2コンテナ コキ100 18Bエンジ色.V2コンテナ コキ101 18Bエンジ色







18D形コンテナの紹介だ。JR貨物が 国鉄形コンテナを置き換える目的で製造した12ftコンテナである。

両側扉二方開きで、外法寸法は高さ2500mm、幅2438mm、長さ3715mmと従来のコンテナよりも全長が長くなっている。最大積載量は5t。

V2コンテナ コキ100 18D水色.V2コンテナ コキ101 18D水色







とまあ 駆け足で JR貨物所属の コンテナ貨物を紹介したが 今現在のコンテナは、19A,B,C,D,E,F,G そして 20A,20B,20Cなど まだまだ12ftコンテナも 継続して作られてるのだ。

そんな中で 例えば 20C形コンテナのようにJR貨物が自動車部品輸送用に製造した12ftコンテナの一種で 従来のコンテナよりも高さ2600个塙發、車両限界の関係からコキ50000系貨車積載禁止となっているコンテナなど こんな感じで 本当に コンテナだけでも 相当種類があるのです。

当時 作ったVRM2版コンテナ貨物紹介動画から




まあ 20年近く前のVRM2版車両なので 片輪ですが ご愛敬だ。

タキ43000について

USO800さんのブログに タキ43000の自作車両の記事が載っていました。 前からTwitter記事で このタキ43000の画像は、見ていましたが まさか 自作車両だったなんて 思いも掛けませんでした。

というのは、タキ43000は、最初からVRM4版かVRM5版に 入っているもんだと ずっと思っていたので なんで 今頃 タキ43000の画像を 載せているのか 最初 わからなくてね それで 調べてみたら VRM4版には、あのツートンカラーのタキ1000が入っていて VRM5版には、 タキ1000、タキ3000、タキ5450が 入っているみたいでね このタキ43000は、入っていなかったという訳なんですね

なるほど やっと理解が出来ましたね しかし このタキ43000は、VRM2版とVRM3版の両方には、入っているので メーカーさんは、作る気になれば ちょちょいのちょいで 簡単に作れたような気もするのですがね

そこで 勘ぐるのが 野次馬のおいちゃんなんだが これだけ完成度の高い自作車両を 作られたら もうメーカーサイドで このタキ43000は、出て来ませんね というか 商品価値は、よっぱど 何か特別のアイテムマークをつけるとかしないと 売れませんね〜

まあ その前に VRM2版とVRM3版のタキ43000を もう一度 再登場して検証だ。

タキ43000−VRM2版1タキ43000−VRM2版2










上の画像が 1998年に登場した VRM2版のタキ43000で 今回 初めて知ったのだが 共同石油のメークが付いていたんですね 片輪走行なので ほとんどというか 全然 使っていませんでした。

タキ43000−VRM3版1タキ43000−VRM3版2










そして こちらが VRM3版のタキ43000からの画像だ。 当時は、この球体というのか 丸っこい部品が 上手く作れなかったのか よく見ると 多角形でね これは、車輪も同じなんだが これでも だいぶ苦労して当時の絵師さんが いかに このタンク車の丸みを見せるかしたんでしょうが そこがね 2D画像の貼付けとでもいうのか 影が付けられないので この同じ色でのグラディーションの限界を 今 こうやって見てみると感じるんだね

だから 逆にVRM2版くらいの光を刺した感じのグラディーションで VRM3版を 作れば 結構 面白かったような気もするのだがね このVRM3版に関しては、ちょっと 全体的に暗くて せっかくのタンク車の 丸みが 強調されていないように 個人的には、感じてね

だから どっちかというと タンク車に関しては、VRM2版のタキ3000のシルバー車体のタンク車編成の方を 多く使っかっているのが おいちゃんの所の 台所事情だね

去年の年末に タンク車でも語るか2で 書いたように まだまだ 作る気になれば 色々タンク車は、作れそうなんですがね〜 

なんでも USO800さんが タキ43000に着手したのが、2016年2月のタキ43000を作るに当たりタキ1000を舐めまわす。の記事から 始めたらしいのですが

本家より 凄いというのか 丁寧な作りの原点は、諦めず このタンク車の丸みを帯びた形状を 多角形じゃなく球体に近い感じにしている所と 艶消しの色目が なんともいい所だね

と あんまり褒め過ぎると 本家のメーカーさんから 時間があれば 作れるんだぜ〜 と お叱りの言葉を言われそうですがね でもね 素人とプロの一番の違いは、 納期があるかないかじゃないのですかね

限られた時間の中で 限られた車両を作る そして それに対して 対価を どう評価して決めて行くのか まあ ここがね ムサシノモデルや天賞堂の16番ゲージを 目指すのか KATOやTomixのNゲージを 目指すのか

そろそろ 色んな面で 次のバージョンを考えた場合 品質と値段のバランスを どう捉えて行くのか 一番は、どういうユーザーを メインに考えて行くのか メーカーさんも 思案橋ブルースに 入ってしまった感じがしていますね

鉄道模型も この鉄道シミュレーター関係も 二極化しているような気がしていると 自分では、思っているのでね これだけ 程度のいい自作車両を 作られては、さて メーカーさんは、どう 展開して行くのかね〜

まあ その二極化の 片方が このおいちゃんが やっている新VRM3★ですがね ある程度 我慢すれば なんでも慣れみたいなもんでね かわいいもんです。 

でも 本音は、 環境が整えば 上を目指したいのですがね こればっかしは、まるっきり鉄道模型趣味と同じでね 上を 眺めながら ああだこうだ 言いながら 現実路線で 楽しんで行く これですよ これ 最後は、自分で 出来なければ なんでも 面白くない やれる範囲で 楽しみましょうかね

VRM3★車両編成表が完成だ。その2

前回の続きから ここからが 貨物編成の編成リスト表からだ。

新VRM3★編成表2018年1月作成No4








































コンテナ貨物の続きから ガソリンタンク車タキ43000と タキ3000からだ。

新VRM3★編成表2018年1月作成No5







































タキ50000からとホキ2200そして セキ3000とホキ800のホッパー車からだ。

新VRM3★編成表2018年1月作成No6




















最後は、ワキ5000の有蓋車と 二軸貨物車のレ12000+ワム8000+ヨ800編成からだ。

今の所は、316両編成を 作ってみましたが おそらく VRM5版だと 500編成位は、作れるんでないでしょうかね 羨ましいね〜

この画像の下に 2008年に販売されたVRM3特急大全集と Nゲージの鉄道模型で 仮に これらの車両を集めた場合に 一体 いくら位 お金が掛かるかを 計算してみました。

こういう発想をする事自体 趣味じゃないんだね なんなんでしょうかね ケチの塊ですね まあ 触らない UPで見ないなら これで十分が おいちゃん的VRM3の遊び方なのでね 

上を見たら キリがないので VRM3より上のモノと 対比しながら 鉄道シミュレーターを楽しむのが 唯一の 道楽でね これもだ 暇人だから出来る お家芸みたいなもんだね

統計とったり集計したり 動画や画像を 漁って見たり お金を掛けないで いかに時間を潰すか これですよ シニア世代は、金持ちが多いみたいなTVなどのニュースを見ていると その逆の おいちゃんのような者は、とにかく 仮想で 例えば OJゲージやムサシノモデルのような鉄道模型を イメージして 遊ぶ

だって 終活も近いのでね 墓場まで 鉄道模型は、持って行けないでね おそまつでした。

VRM3★車両編成表が完成だ。その1

特急大全集という 仮定のタイトルで 編成車両を 動画で 紹介して来ましたが やっとこさ 終了したので 今度は、去年の暮れに 少しだけ 作って見た 貨物編成表を 大幅に修正して 全ての車両編成のリスト表を 作ったので 紹介だ。 

貨物編成のリストを 作った時は、まずは、実際に配置する前に 作ったりしていたので 今回は、実際に配置しながら作ったので だいぶ 列車編成の 編成数が 変わっています。

まずは、 一番最初に紹介した 特急、電車などの編成表からだ。

新VRM3★編成表2018年1月作成No1








































特急、寝台、C62蒸気機関車と続きます。

新VRM3★編成表2018年1月作成No2








































通勤電車から気動車に 続きます。

新VRM3★編成表2018年1月作成No3









































気動車から 新幹線に続き 貨物編成に入りますが 画像が 大きいので この続きは、その2で

タンク車でも語るか3

今度は、小さめのタンク車から紹介だ。 タム5000とか8000と呼ばれるタンク車やタキ11000などのタンク車を紹介だ。

VRM仮想タンク車小A
















まずは、小さめのタンク車のタムからだ。

VRM仮想タンク車15小VRM仮想タンク車16小






東北東ソー(株)のタム5000と味の素タム5000を通称味タムというらしい

VRM仮想タンク車22小VRM仮想タンク車23小






右側の日本バーオキサイト(株)の車輛は、 例のシルバー車体で作ってみました。

VRM仮想タンク車17小VRM仮想タンク車18小






日本陸運産業のタキ5450から 2種類

VRM仮想タンク車19小VRM仮想タンク車20小






関西化成と旭化成の 2種類からだ。

VRM仮想タンク車21小






そしてソーダニッカとか言う 会社のタキ5450だ。 

昔 こんな事を書いていましたね

「このタキ5450なのだが 鉄道模型じゃ人気が あるみたいだね TOMIX製は、廃番になってるみたいですが 他のメーカーの商品は、色々あるみたいです。 なんで 今頃 IMAGICさんも 作る気になったんでしょうかね あのVRM3版輸出バージョンには、この黄色いタンク車が あったのですがね あれ欲しくて欲しくてね 堪らなかったのよ だから 尚更 今頃 作りやがってコノヤローと 思ったので 急遽 突貫で作ってみました。」

と 書いていたら VRM5版では、出て来たのでね

VRM仮想タンク車24小VRM仮想タンク車25小






最後は、タキ11000というタンク車からだ。 このタキ1100は、宇部興産セメントサービスの 薄い若草色の車輛しか 見つけられなかったのだが それじゃ 新VRM3★じゃ つまらないのでね こんなホキ22000のようなクリーム色の車体も作ってみました。

なんでも 石灰の微粒体状のものが 炭酸カルシウムとか 言って それを 専門に運ぶのが このタキ1100らしいのです。 そして それを 火力発電所に運んで 発電所の石炭と混ぜて 使うらしいのです。 そして その時 使用した後に出る 石炭の微粒体状のものが フラッシュアイとか 言う物らしいのだ。 で 空車の車輛に このフラッシュアイを入れて また どこかに運ぶらしいのです。

昔は、白かシルバー車体だったとの記事を 見つけたので これまた シルバーの車体も 作ってみました。

VRM仮想タンク車26小






とまあ こんな感じで 塗り絵で遊んでいましたが メーカーさんも 作る気になれば いくらでも 作れそうなんですがね  そういえば USO800さんが こういう感じの貨物車を 作っていましたね



どうですか こんな貨物車が 作れるんだから 羨ましいね 踏切もオーバーハングになっているしね 来年は、ぜひ このVRM5動画を 見せて貰いたいと お願いして よいお年を さて これから 紅白でも見るか

タンク車でも語るか2

これらのタンク車から 細かく紹介というより 昔 作った塗り絵画像から紹介だ。

VRM仮想タンク車7VRM仮想タンク車3





左側が VRM3版のオリジナルのタキ43000で  それを 黒に修正したタキ43000だ。

VRM仮想タンク車4VRM仮想タンク車10





そして 左が日本石油マーク付きで 右側が 一番欲しかった日本石油グリーンツートンボディーだ。

VRM仮想タンク車9VRM仮想タンク車13





そして それに日本石油マークが付いたものと オレンジ色ツートンだ。

VRM仮想タンク車11VRM仮想タンク車6





そして こんな あり得ないシルバー色も作っていましたね。 右側が タキ1000から オイルターミナルからのタンク車からだ。

VRM仮想タンク車5VRM仮想タンク車8





右側が オリジナルのVRM3版タキ3000から

VRM仮想タンク車14VRM仮想タンク車1





左側がタミヤマークを付けた車両で 右側が 黒の艶消しのタキ3000からだ。

VRM仮想タンク車2





黒の艶消しタキ3000にタミヤマークを 付けてみました。 尚 この黒の艶消しタキ3000は、VRM5版の第7号に入っていたらしいのだが VRM2版のシルバー色のタキ3000じゃない所が 中の人が考えそうな発想ですね


タンク車でも語るか1

タンク車の話を少し紹介だ。 

昔 ここでも 取り上げたのですが もう一度 再編集だ。 まずは、簡単に このVRM3版に登場しているタンク車から 簡単に説明だ。

タキ43000の紹介だ。 43t・44t積のガソリン専用タンク車である。1967年(昭和42年) - 1993年(平成5年)に820両が製作された。当初は日本オイルターミナル1社のみの所有で、外部塗色は青15号のみであったが、1974年(昭和49年)からは日本石油輸送も同形式の投入を開始した。同社所有車は一般的な黒色塗装であったが、最終製作グループは濃淡グリーンとグレーの塗り分けに変更され、新日本石油の油槽所向けに運用される一部については、タンク体右側に新日本石油の「ENEOS」のブランドマークが貼られている。

タキ3000の紹介だ。1947年(昭和22年)から製作された、国鉄に車籍を有した30t積のガソリン専用車である。1947年から1964年(昭和39年)にかけて国鉄所有車・私有車合わせて1,594両が 在籍していた。 このタキ3000に関して こんな衝突事故の記事が 載っていたので紹介だ。昭和42年8月8日の深夜に新宿駅構内で、米軍のガソリンを積んだタキ3000のタンク車と石灰を積んだ貨物列車が衝突して 大炎上したとの話だ。優等貨物列車それも あの米軍様の燃料を 当時 あの組合活動が強かった国鉄が 内緒で運んでいたのかどうか知りませんが お金が絡むと 話が 変わって来るのが この国なんだなあ〜と 今頃 思ってる次第だ。

タキ50000の紹介だ。増大する貨物輸送量に対応するため、貨車1両あたりの荷重を増大する設計指向で出来たのが50 t 積のガソリン専用タンク車である。1960年 - 1965年(昭和40年)に90両 が製作された。台車は三軸ボギー台車で、2軸台車の片方に台車側梁を長く伸ばした1軸台車を連結し、双方を心皿付の中梁で連結した構造である

と 訳も わからず 書いてましたが 最初は、これしかないので こんなもんなのかと 思っていましたが 実際には、 もっと種類が 多くて そして もっと カッコいいタンク車が あったんだね

VRM仮想タンク車B































こんな感じで とくに このグリーンツートンの日本石油貨車は、大好きでね 当時は、なんとか VRM3版で 出して欲しいと 懇願していましたが 結局は、VRM4版で登場して VRM3版の 話は、おじゃんだ。

その反動で ありもしないタンク車を これでもかと 塗り絵で 発散した 話は、この後だ。


貨物列車編成紹介の前に6 貨物編成表から

ループ曲線レイアウトからの特急大全集の貨物編成動画を 作る前に まずは、VRM3版で 貨物編成は、どのくらい作れるか 調べてみました。 その中で コンテナ貨物編成は、動画でも紹介したように 一応 ここの貨物編成表には、載せてますが このコンテナ貨物を 除いた他の貨物編成を 紹介だ。

新VRM3★貨物編成表1































まずは、ガソリンタンク車関係の タキ43000、タキ3000、タキ50000からだ。全種類の機関車から なんとなく このガソリンタンク車に合いそうな感じの機関車を 一応揃えてみました。

新VRM3★貨物編成表2
































穀物車のホキ2200とホッパー車のホキ800そして 石炭車のセキ3000と ワム車のワキ5000からだ。 こちらになると 更に 牽引する機関車を 選択しているので 少し種類を 少なくしています。

新VRM3★貨物編成表3


























そして 二軸貨物の一般貨車は、ワム8000とレ12000とヨ6000もしくは、E8000の組合わせの貨物編成は、時代的に 昭和なので 古い機関車を牽引に考えてみました。

さて この中から 何点を 貨物編成用のファイルとして登録するか? 実際に 良く使えそうな種類だけを チョイスしたいのだが これが 中々意外と 考えてしまうんだね

まあ これが 新VRM3★の 編成を作る楽しみでもあるのだが いくらでも 車両さえあれば いくらでも貨物編成も作れるから 面白いのがVRMなんでね そこら辺が 鉄道模型と違う 列車編成を 作る楽しみもあるのでね チョイスして 後は、動画で紹介する予定だ。






貨物列車編成紹介の前に5 貨物車軍団登場

いやあ 天気が大荒れでね 今夜が 今年最後の夜間作業なんだが 昨日も 寒くて寒くて もう 大変だ。 しかも 朝 家に帰る道路は、凍っていて 滑るわ滑るわ でも 今晩出れば お休みなのでね 頑張りますか 

さて 昨日に続いて 貨物車軍団からの紹介だ。

VRM3版貨物車両総選挙1

































塗り絵車両も含めた VRM2.3版貨物車両から 紹介だ。

VRM3版貨物車両総選挙2



































上が 今現在のVRM2.3版貨物車両なのだが 種類が 少ないんだね しかも 実際使っている車両は、もっと少ないのでね まあ しょうがないね 

VRM3版貨物車両総選挙3
































上の画像が 今 現在 使っている貨物車両からだ。VRM4版以降になると コンテナとか貨物車は、格段に種類は、増えるので どうしても 貨物好きの人は、VRM4以降に 興味が移るんでしょうかね 

話は、変わるのだが  なんでも 石巻線のDE10の代わりに新型のDD200というディーゼル機関車が 配属されるかも知れないとの情報を 今頃 耳にしました。 どういう機関車なのか動画で 見ると こんな感じだ。

 

最初にDDという事で DD51とかDD13のような 凸の形状かと思ったら DE10と 似たような形状なんだね 知りませんでした。 ついでに こんなハイブリッドHD300形ディーゼル機関車も紹介だ。



やっぱり 音が 違うんだね もう1本おまけで これも知らなかった名鉄の機関車EL120牽引の 工臨で ホッパー車からのバラスト敷設だ。 警笛が あのミュージックホーンですからね さすが 私鉄は、やる事が憎いね



なんかEF510を ぶった斬ったような かわいい機関車ですね 

貨物列車編成紹介の前に4 機関車軍団登場

今晩と 明日の連チャン夜間作業で 今年の 仕事納めだ。なので 手短に紹介だ。

貨物列車編成を貨物車で 作ろうと思ったのだが まず それには、貨物牽引機を 選ばなければならないのでね

今現在 この新VRM3★機関車軍団には、下の画像の車両達が 終結しているんだね 

EF81機関車軍団E



































一応 同じ種類でも 車両番号が 違う車両も含めてなのでね 実際は、種類的には、15種類位でしょうかね そう考えると 機関車に関しては、VRM4やVRM5に比べて少ないんだね 

本音を言うと なんとか VRM4やVRM5版の機関車の手抜きの機関車でいいから このVRM3版として 追加キットとして 販売して欲しいのだがね 無理なのでね 誰か VRM3版で走れる自作車両でも作って欲しいね

まあ アホ話は、ほっといて 機関車の明細は、こんな感じだ。

VRM3機関車目録1






























種類は、少ないが 番号違いは、多いという なんとなく水増し車両的では、あるのだが しょうがないね それが中小企業の生きる道だ。

で 肝心の 貨物牽引機に使えそうな機関車は、どのくらいあるのか? 考えて拾ってみたのが こちら

貨物牽引機総選挙1



































こんな感じで 貨物編成に使えそうなのが 20種類位で その内 貨物車が 約7種類なのでね 単純に計算すれば 140種類の編成パターンが 出来そうなのだが それじゃ 馬鹿丸出しなので そこを どう チョイスして 走らせて 面白そうな貨物編成にするのは、どの組み合わせがいいのか?

そこら辺を 頭の中で考える  
アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
Archives
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ