新VRM3★井戸端会議

VRM3こそお金が掛からない大人の一人遊びだ。そういう考えの方どうぞ!

VRM3動画

仮想東北本線越河駅レイアウト109

昨日の夜の緊急地震警報には、ビックリしました。警報がTVの画面やスマホで鳴り出して 12秒程して 揺れ始めて 又 あの3.11の時の事が 頭をよぎり まずは、PCのモニターなどが 倒れないように 思わず抑えてしまいました。 しかも 今回の地震が あの村上と鶴岡の間の 笹川流れがある日本海沿岸が 震源地と聞いて これまた驚きました。

昨日の夜のニュースなどでは、被害状況が よくわかりませんでしたが 羽越本線の笹川流れ付近と聞いて これまで3回以上も 行っているし よくドライブコースとして行く場所なので 津波の被害が無かったのが 幸いだとも思いました。 本当に 鉄道沿線景色としては、いい所で 確かにトンネルが多いので まだ 羽越本線は、運休しているみたいですが 日本海縦貫の貨物が 走っているので これからが 少し心配です。

羽越本線の この区間は、単線区間と複線区間に 上下線が 別れたりしている区間で 下り線が海岸線近くを通り上り線が 少し山側のトンネル区間とかTVのリポーターなどは、正確な羽越線のルートを 知らないようで 早く現場からの実際の被害状況が知りたいのですが そして ここが重要な鉄道貨物の物流の関西から北海道に向けての流通の一大鉄道貨物ルートだというのも リポートして貰いたいのです。 

話しは、変わって 昨日の続きから東北本線越河駅レイアウトの白石駅中線から下り線115系相模色8両編成の前面展望走行動画を作ってみました。こちらも 上り線同様に お気に入りの下り線の動画です。

越河レイアウ前面展望動画下り線白石出発1
















東北本線白石駅中線2番ホームから 115系8両編成が 下りEF65重連コンテナ編成が通過するのを 待っている画像からだ。上りのEF8181牽引北斗星24系25形寝台特急12両編成が下り1番線を通過する所からだ。

越河レイアウ前面展望動画下り線白石出発2

















白石駅中線を出発した下り115系8両編成が 上りSBBRe460牽引タキ3000編成とすれ違う所です。

越河レイアウ前面展望動画下り線白石出発3

















ローカル見張線のキハ58系急行編成を 追い抜くところです。

越河レイアウ前面展望動画下り線白石出発4

















国見峠付近の トンネル内で すれ違う EF8195牽引コンテナ編成からだ。

越河レイアウ前面展望動画下り線白石出発5

















遠くに見えるのが ローカル見張線のキハ48系編成からだ。これも 追い抜いて行きます。

越河レイアウ前面展望動画下り線白石出発6

















昭和の高度成長期に生まれたEH10マンモス機関車牽引の国鉄コンテナ編成からだ。

越河レイアウ前面展望動画下り線白石出発7

















そして平成の怪物というかハイパワー6000kwのEF200牽引コンテナ編成からだ。

越河レイアウ前面展望動画下り線白石出発8

















越河駅構内中線で 通過列車を待っている EF6651コンテナ編成からだ。

越河レイアウ前面展望動画下り線白石出発9

















2回目の登場の上りSBBRe460牽引タキ3000編成とすれ違う所です。

越河レイアウ前面展望動画下り線白石出発10

















同じく2回目のすれ違いの上り EF8195牽引コンテナ編成からだ。

越河レイアウ前面展望動画下り線白石出発11
















これまた 登場のEH10マンモス機関車牽引の国鉄コンテナ編成からだ。

越河レイアウ前面展望動画下り線白石出発12

















白石駅構内に戻って来て すれ違うEF200牽引コンテナ編成からだ。 こんな感じで 上り線を走る 貨物機関車に 遭遇しながら 前面展望が 出来るので 中々面白いです。

仮想東北本線越河駅レイアウト108

「鉄道シミュレーターの前面展望動画」を考えるという企画を考えています。その企画の中で ここのVRM3版としての前面展望走行動画として 今回 東北本線越河駅上り線前面走行動画を作ってみました。

越河駅の中線から 通過待ちをしていたEF6651牽引コンテナ編成の前面展望走行動画からです。 

2018年7月28日に仮想東北本線越河駅レイアウト1で企画をスタートをして 資料等を集め 8月12日の仮想東北本線越河駅レイアウト5の記事でレイアウト制作を開始して2019年5月30日にVRM3版の楽しみ方とは、で完成を 報告して 約10ヵ月掛かって制作して出来た 平成最後の卒業制作レイアウトみたいなものです。

今 こうやって前面展望走行動画を 眺めて見ると 自分でいうのも なんですが お気に入りの動画の一つになっています。 その一番は、これから紹介する すれ違いで見られる車両編成が いいんです。まあ ご覧下さい 順番に紹介します。

越河レイアウ前面展望動画上り線越河出発1

















まずは、越河駅中線で通過待ちしているEF6651から見える上り線のEF8195ホキ2200編成からだ。

越河レイアウ前面展望動画上り線越河出発2

















国見峠に向かうEF6651から見える EF8189カシオペア編成からだ。

越河レイアウ前面展望動画上り線越河出発3

















国見峠付近で すれ違う EF65-1000重連コンテナ編成からだ。

越河レイアウ前面展望動画上り線越河出発4

















東北本線の下の方を走るローカル見張線のキハ48系編成から 上り方面に すれ違って行きます。

越河レイアウ前面展望動画上り線越河出発5

















同じく ローカル見張線のキハ110系編成も上り方面に すれ違って行きます。

越河レイアウ前面展望動画上り線越河出発6

















東北本線の白石駅場内で 上りのEF64重連コンテナ編成とすれ違います。

越河レイアウ前面展望動画上り線越河出発7

















白石駅を 出て越河駅に向かう登坂で 2回目のEF8189カシオペア編成とすれ違いだ。

越河レイアウ前面展望動画上り線越河出発8

















これまた 越河駅に向う途中で 2回目のEF65-1000重連コンテナ編成と すれ違いだ。

越河レイアウ前面展望動画上り線越河出発9

















実は、2回目のすれ違いのEF66111タキ43000編成からだ。1回目は、トンネルの中でした。

越河レイアウ前面展望動画上り線越河出発10

















2回目のすれ違いのEF64重連コンテナ編成からだ。

越河レイアウ前面展望動画上り線越河出発11

















最後は、越河駅のカーブホームからの画像だ。 確かに 他の鉄道シミュレーターや VRM5版の前面展望走行動画に比べれば アドバンスレールのような描写が綺麗な動画では、ありませんが 全体的なローカルシーンという雰囲気なら そこそこ行けるような気もするのですが まあ あとは、動画を見ての 皆様の反応ですが

一応これなら今度の企画の前面展望走行動画に出しても行けるんじゃないのかと自画自賛しています。

まあ ご覧下さい

仮想東北本線越河駅レイアウト107

どうも 集計的に眺めていると 一週間の中で 金曜日が 意外と 来客数が落ち込むみたいです。その後 土日で 回復して 日曜日は、多くなる回も あったりして 金曜日は、皆さん フライデーナイトで 忙しいのでしょうか

まあ確かに社会人なら お付き合いとか お誘いで 飲み会もあるのでね と どうでもいい話でした。 さて 今日も 仮想東北本線越河駅レイアウトから下り線を行く115系相模色8両編成からの走行動画です。

東北本線で 貨物編成が 中心で走行させているレイアウトで 唯一の電車編成からだ。 本当は、この115系じゃなく 東北本線のE271系を 走らせたかったのだが メーカーさんは、どうも こちらの東北関係の車両が お好きでないようなので 仕方なく この115系しかも湘南色じゃない相模色を使用だ。

越河レイアウ115系相模色8両編成1

















今回は、白石駅中線の2番ホームから 下りに向かって出発です。

越河レイアウ115系相模色8両編成2

















白石駅から 国見峠に向って 登坂を 駆け上がって行きます。右側の隣のローカル見張線には、キハ48系が見えます。 これも 出きれば キハ48系小牛田色(東北色とも言うが)が あれば 最高なんだがね

越河レイアウ115系相模色8両編成3

















最近 思うのだが こういう感じのスッキリした山肌も 鉄道模型ジオラマを眺めていたら いいんじゃないのかと思うようになって来ました。 あくまでも車両編成が どう見えるかであって その為の邪魔しない風景だ。

越河レイアウ115系相模色8両編成4

















越河駅構内を 通過する115系8両編成からだ。 邪魔しない風景と言えば この架線柱が 一番邪魔なのだが ここが 一番のネックで 基本 実際の架線柱は、約50m間隔で 設置してあるので どうしても これだけの架線柱は、最低でも配置しないと 架線を引っ張った時に 線路に対して追従出来ないのでね でも これが 鉄道模型ジオラマレイアウトになると 鉄道博物館クラスでも 色々かなり考え方に違いがあるみたいだ。 そこら辺の話しは、後でする予定だ。

越河レイアウ115系相模色8両編成5

















カーブ区間を 走行する115系8両編成だ。 この画像の築堤部分を 全部見えないように隠していますが どうしてもVRM3版の築堤部品が 上の道床の部分は、こんな感じで使えるのですが 脇の築堤部分の勾配が 好きでないので 隠しています。 でも VRM5版では、新しい築堤部品が出ているらしいのだが これもだ おいちゃんが 一人 騒いだお陰で 新しい築堤部品が 出て来たのでしょうか 全部VRM3版が 踏み台になって 今のVRM5版などが ある感じなんだが VRM3版に対してのリスペクトが感じられないのが残念だ。

越河レイアウ115系相模色8両編成6

















新幹線の高架橋脚があると 在来線が 引き立つと 勝手にイメージしています。

越河レイアウ115系相模色8両編成7

















そして この逆トラス鉄橋のような鉄橋があると 尚更 在来線が 活かされて行くような気がしてね 

越河レイアウ115系相模色8両編成8
















機関車でも電車でも気動車でも 平地向きと山岳向きとあるそうですが 登坂力の違いは、馬力や出力なのか それとも ブレーキや回転比のミッション関係なのか そこら辺は、未だに 学習していません

越河レイアウ115系相模色8両編成9
















白石駅場内に進入して来る115系8両編成からだ。 やっぱり103系じゃ合わない感じだね

越河レイアウ115系相模色8両編成10

















白石駅構内の下り本線から 中線に進入しようとしている 115系8両編成からだ。 他の電車編成も 試したくなって来ました。 この前 京都方面で 見た221系でも 走らせてみますかね

仮想東北本線越河駅レイアウト106

来客数が 減って落ち込んでいる暇は、ありません 仮想東北本線越河駅レイアウトから下り線を行くEF65-1000重連コンテナ20両編成からの動画です。

越河レイアウトEF65重連コンテナ編成1

















白石駅を 出発したEF65-1000重連コンテナ20両編成からだ。

越河レイアウトEF65重連コンテナ編成2

















白石駅から 国見峠に向かう登坂を行くEF65-1000重連コンテナ編成からだ。

越河レイアウトEF65重連コンテナ編成3

















越河駅構内に入線するEF65-1000重連コンテナ編成からだ。

越河レイアウトEF65重連コンテナ編成4

















越河駅のカーブホームに差し掛かって通過するEF65-1000重連コンテナ編成からだ。

越河レイアウトEF65重連コンテナ編成5

















越河駅から白石駅に向けての 下り勾配を 進んで行くEF65重連編成からだ。

越河レイアウトEF65重連コンテナ編成6
















新幹線高架橋却の間を 駆け抜ける EF65重連編成からだ。

越河レイアウトEF65重連コンテナ編成7

















気に入ったので 同じ場面の画像を もう1枚紹介だ。 新幹線が見えないとね

越河レイアウトEF65重連コンテナ編成8

















機関車の重連を 写真に撮るのは、至難の技です。 要は、架線柱が 邪魔なのね  でも この架線がないと 鉄道模型になってしまうので そこが 鉄道模型シミュレーターの拘りだ。

越河レイアウトEF65重連コンテナ編成9

















白石駅の場外にある変電所の近くを 通過するEF65重連編成からだ。

越河レイアウトEF65重連コンテナ編成10

















最後は、白石駅場内に戻って来たEF65重連編成からだ。毎回 似たような画像ですが 車両が違うので ご勘弁だ。 



まあ 自分が 楽しければ それでいいのです。 でも 一人でも多くの人に この廃盤ゲームのVRM3版鉄道模型シミュレーターを 20年近く経過しても 現役で 使えるというのを 伝えたいのでね


仮想東北本線越河駅レイアウト105

仮想東北本線越河駅レイアウトから下り線を行くEF66-111牽引タキ43000ガソリンタンク車20両編成からの動画です。

越河レイアウトEF66-111タキ43000編成2

















白石駅構内の下り線を 通過して行くEF66-111牽引タキ43000です。

越河レイアウトEF66-111タキ43000編成3

















白石駅から国見峠に向かうSカーブ登坂を 力行するEF66-111牽引タキ43000だ。

越河レイアウトEF66-111タキ43000編成4

















国見峠付近のEF66-111から このEF66の中では、一番スタイル的には、新しいスマートな感じなんですが どっちかというと EF66-32のような昔の貨物専用牽引機の方が 迫力は、あるかもね

越河レイアウトEF66-111タキ43000編成5

















越河駅カーブホームに差し掛かるEF66-111牽引タキ43000からだ。

越河レイアウトEF66-111タキ43000編成6

















越河駅から白石駅間のカーブコーナーの登り勾配からだ。

越河レイアウトEF66-111タキ43000編成7

















右に左に車体が大きく振られながら 力行して行きます。

越河レイアウトEF66-111タキ43000編成8

















新幹線との 交差などの絡みがあるから 在来線の貨物編成も生きて来る

越河レイアウトEF66-111タキ43000編成9

















勾配を下って来るEF66-111牽引タキ43000からだ。

越河レイアウトEF66-111タキ43000編成10

















いよいよ 新幹線の逆トラス鉄橋を くぐり抜けて 白石駅を目指します。

越河レイアウトEF66-111タキ43000編成1

















又 一周して白石駅構内の場内に進入です。鉄道模型じゃないのでね そう言えば 借りている鉄道模型も 雲行き怪しくなって来て いつ返さなきゃと ハラハラしています。 このまま なんとか1年近くは、引っ張りたいのだが どこまでスルー出来るか どうせ動かないからいいようなもんだが

 そこがコレクターとして集めている人から見ると そういう問題じゃないかも知れませんね ケースをわざわざ用意して飾って眺めていたのだが 今更 お金を出してまでは、揃えたくないのだが 本物の鉄道模型を見てしまうと 小難しい鉄道模型シミュレーターと比べると なんか 落ち着くのでね 困ったもんだ。

仮想東北本線越河駅レイアウト104

仮想東北本線越河駅レイアウトから下り線を行くEF64重連コンテナ20両編成からの動画です。

越河レイアウトEF64重連コンテナ編成2

















白石駅を通過するEF64重連コンテナ20両編成からだ。

越河レイアウトEF64重連コンテナ編成3

















白石駅から下り線で国見峠を目指して力行しているEF64重連と ローカル見張線を 力行しているDF200レッドベア編成からだ。

越河レイアウトEF64重連コンテナ編成4
















登坂を 駆け上っている姿が 好きなんですが 画像じゃ伝わらないのは、撮り方が下手なだけなのか

越河レイアウトEF64重連コンテナ編成5

















国峠の頂上部分に差し掛かったEF64重連コンテナ20両編成からだ。

越河レイアウトEF64重連コンテナ編成6

















越河駅のカーブホーム下り線側を 通過する場面です。 このカーブホーム区間を 通過する姿も好きなんですがね カーブホームも ホームエンド端の部品を 並べて角度を変えて配置してますが 内側カーブだと そんなに隙間とかの粗が見えないので カーブホームの写真を撮る時には、内側カーブを撮るのがお勧めかも

越河レイアウトEF64重連コンテナ編成7

















カーブホームから直線ホームになった所を通過するEF64重連コンテナ20両編成だ。 このEF64重連は、1998年登場のVRM2版車両です。コンテナも同じです。なので片輪走行です。

越河レイアウトEF64重連コンテナ編成8

















越河駅から白石駅に掛けての 下り坂区間を 下って行くEF64重連コンテナ20両編成だ。

越河レイアウトEF64重連コンテナ編成9
















UP画像のEF64重連コンテナ20両編成だ。後ろのクネクネしながら牽引されているコンテナ編成が好きです。

越河レイアウトEF64重連コンテナ編成10

















高校前踏切を通過中のEF64重連コンテナ20両編成だ。 中々重連という機関車が2台一緒の姿を前面カメラから撮るのが難しくて 中々重連の全体の姿が撮れませんでした。 流し撮りで 撮っているのでね

越河レイアウトEF64重連コンテナ編成1

















出発の白石駅構内に戻って来たEF64重連コンテナ20両編成だ。 まあ このVRM3版線路と hbousouさんのVRM5版アドバンスレールを使っている前面展望動画と比べてしまうと  本当に 別物の鉄道模型シミュレーターゲームと 割り切らないと やってられませんがね

それでも自分で作ったレイアウトなのでね 人様が どう判断しようが 自分のレイアウトが一番面白いと 自分に言い聞かせて 悔しいけど いつかは、負けね〜ぞ と 頑張ってやるのみだ。




仮想東北本線越河駅レイアウト103

仮想東北本線越河駅レイアウトの下り線を走るEF8195ホキ2200-20両編成からの動画だ。

越河レイアウトEF8195ホキ2200編成1

















前のEF8189の記事でも書いたのだが この下り線からの眺めが好きなので 今日も これでもかと紹介だ。まずは、越河駅の下り線に入線して来たEF8195からだ。車体の横に白文字のロゴがデカく書いてある機関車からだ。 目立つから好きなだけなんですが 目立つというのは、ローカル風景だと際立つのです。

越河レイアウトEF8195ホキ2200編成2

















越河駅を 通過する所です。

越河レイアウトEF8195ホキ2200編成3

















越河駅から白石駅に向うところの登坂を登って行くEF8195からだ。カーブしながら駆け上がるのがいい

越河レイアウトEF8195ホキ2200編成4

















似たような画像だが 新幹線をバックに カーブコーナーを走行する姿が好きです。

越河レイアウトEF8195ホキ2200編成5

















こちらも坂を駆け上がって行くEF8195ホキ2200編成からだ。 ホキ2200編成のクネクネがいいいんです。

越河レイアウトEF8195ホキ2200編成6

















もう最近 開き直って 自分で自分を褒めています。なんだかんだ 上手かろうが下手かろうが自分で作ったレイアウトが一番面白い! だから こうやって紹介しているのですが 日本最大のジオラマでも博物館のジオラマでも プロが作ったレイアウトは、確かに素晴らしいのは、わかるのだが 馴れてしまうと へんに自分が 作ったレイアウトの方が面白いと思ってしまう困ったちゃんだ。

越河レイアウトEF8195ホキ2200編成7

















白石駅構内に進入して行くEF8195ホキ2200編成だ。

越河レイアウトEF8195ホキ2200編成8

















本来 駅構内でも線路沿線には、数多くの標識が設置してあり このVRM3版にも 多少は、用意してあるのだが あまりにも小さ過ぎて 目立たないので 最近は、スルーしています。 昔は、片っ端から配置してましたが 後で 全然意味を知らないで配置して 恥ずかしい思いもしたのでね 最近は、面倒なのも含くめて辞めました。

そう言えば VRM3版が出て来た2001年当時のレイアウトでは、新幹線に 腕木式信号機を配置していたら 知り合いの鉄道関係の人に 新幹線には、信号機は、ないよ 腕木式信号機も 今時 在来線には、ないよと 指摘された事がありましたね そこから多少は、鉄道関連の信号機などは、学習しましたが 今でも よくわかりませんね 高校生レベルでATSとかATS-Psとか 詳しく知っているのを見て こりゃ駄目だと思いました。

越河レイアウトEF8195ホキ2200編成9

















白石駅から 国見峠を目指して 徐々に登坂を駆け上がって行くところです。

越河レイアウトEF8195ホキ2200編成10
















+115个最大のVRM3版の高さで いかに勾配区間を表現して行くか そこには、周りの地形で深さを稼いだりして 高さを表現して行くのだが そういう細かいテクニックは、昔は、色々紹介されていたけど 最近は、ほとんど見掛けないね

越河レイアウトEF8195ホキ2200編成11

















国見峠の最高地点に到達したEF8195ホキ2200編成からだ。右側に見えるのが人口湖で 左側が 深い谷になっていて そこに段々畑をつくっていました。

まあVRM4以降 レイアウトコンテストも無くなってしまった原因の一つが スクリプトとか自動運転などの自動制御関係の設定など ただレイアウトを開けば 誰でも レイアウトを開いてビュアーで走らせて楽しめたのが その前段階で スクリプトや自動設定の関係を 理解してクリアしないと レイアウトが開けないという問題も大きかったんじゃないのかと 個人的には、思っているのだ。

そして VRM5版では、スクリプトの代わりになる自動センサーで色々設定が出来るようになったのだが それでも ただビュアーで 列車を走らせて楽しみたいと言う方の為に VRMCLOUDが 出て来たのかと 思うのだが
 そこら辺の 自動運転や設定の問題は、ここの鉄道模型シミュレーターだけの問題なのか 他の鉄道シミュレーターだと どうなっているのか 気になってね レイアウト作って走らせるだけじゃ どこの鉄道シミュレーターでも 満足しないんでしょうかね まあ なんでも ゲーム関係は、頂上の限られた方々が 引っ張っているので その方々次第で 方向性も決まるんでしょうが おいちゃんは、単純明快な鉄道模型シミュレーターを 続けて行くというか それしか出来ないのでね

仮想東北本線越河駅レイアウト102

まだまだ続く仮想東北本線越河駅レイアウトからの動画だ。今回から 東北本線の下り線側からの走行動画を紹介だ。 まず その第1弾目は、EF8189牽引カシオペアE26系寝台12両編成からだ。VRM3版の機関車では、ベスト3に入るいや待てよNo1に匹敵するほど大好きな機関車のEF8189レインボーカラー塗装の専用牽引機からだ。

越河レイアウトEF8189カシオペア編成1

















下り線からの眺めの方が 上り線より なんか しっくり来て そしてお気に入りのEF8189なので いつもより多めに画像を紹介だ。まずは、越河駅を 通過中のEF8189牽引カシオペアE26系寝台12両編成からだ。

越河レイアウトEF8189カシオペア編成2

















今回も こんな感じで 坂を駆け上る感じのシーンが 沢山見られます。

越河レイアウトEF8189カシオペア編成3

















YouTube動画にしてしまうと 画像が悪くなってしまうのですが ビュアーで眺めると VRM3版でも 結構クッキリ見えるのです。昔は、こんな感じには、見えませんでしたが PCの性能が上がったのとWindows10になったからなんでしょうかね 廃盤ゲームでも それを見たり使ったりする機器がいいと ゲーム自体がよく見えます。

越河レイアウトEF8189カシオペア編成4

















それにしても カッコいいです。EF8189は、 昔 現物を 明るい内にダイヤが遅れて郡山駅構内で見た事があります。 でも こんなに綺麗じゃなかったね〜 鉄道模型のNゲージも古くなると 色が褪めたりと その点このVRM3版は、PCの性能さえ上がれば いつも新車の状態で見られるからいいんです。

越河レイアウトEF8189カシオペア編成6
















この画像は、動画で見ると 中々いいシーンなんですがね 新幹線と交差して S字カーブを 下って来る感じがいいんですが 一々自分で作ったレイアウトで自己満足しながら自画自賛しているんだから これほど 楽しい趣味は、ありません だからこそ 作っておしまいじゃなく 人に見せびらかしたいという気持ちで YouTube動画を公開して 一人でも多くの人に 見て貰い こういう仮想鉄道模型というジャンルの趣味もあるよと 認知されたいのだが 如何せん 人望がない変人おじさんなので 一人で頑張るのみだ。

越河レイアウトEF8189カシオペア編成7

















いよいよ白石駅構内の下り線に進入して来たEF8189牽引カシオペアE26系寝台12両編成だ。

越河レイアウトEF8189カシオペア編成8

















隣に見えるのが下り貨物ヤードの待機中の貨物編成だ。中線側には、115系相模色が待機中だ。

越河レイアウトEF8189カシオペア編成9

















下り線の越河駅に向かう国見峠の勾配を力行するEF8189からだ。

越河レイアウトEF8189カシオペア編成10

















国見峠頂上部分のS字カーブ付近から 今回のレイアウトの特長は、いかにS字カーブの勾配区間を多く取り入れるかが 課題だったので その点は、クリアしたと思っています。 

なぜ仮想鉄道模型の鉄道模型シミュレーターが レイアウト作りには、最適なのか? そういうのを あんまりマジで議論するなんて 今までなかったからね 他の鉄道シミュレーターでも そうなんだが 実際の鉄道模型レイアウトでは、大きければ日本一と豪語しているレイアウトもありますが じゃあ 実際その一番見たい例えばS字カーブなどの見せ場が どこから 見られるのか? 結局は、車載搭載カメラか 又は、動画の映像でしか見られない極端な言い方をすれば この仮想鉄道模型とたいして変わりは、ないのではないのかと思ったのだ。

 要は、 一つのレイアウトで 沢山の見せ場を 実際の鉄道模型レイアウトじゃ 個人で作る限られた大きさ以外は、完全に 見せる為のジオラマという 車両走行じゃなく全体としてのレイアウトを眺める事しか出来ないんだね だから 色んな巨大レイアウトを眺めていると 車両編成を見せたいのか それとも建物などのジオラマを見せたいのか そこが 中途半端で 結局 最近のレンタルレイアウトのような車両編成を見る為のレイアウトの方に シフトしているように思えて来るのだ。

そういう中で この鉄道模型シミュレーターなら その両方が 一緒に出来ると思うから こんなに飽きずに続けているのだが 

仮想東北本線越河駅レイアウト101

東北本線の越河駅の中線に待機しているEF6151牽引コンテナ20両編成の走行動画から紹介だ。

越河レイアウトEF6651コンテナ編成1

















まずは、越河駅の中線で 昔なら エル特急の通過に伴う通過待ちだったかも知れませんが そこにEF66牽引の貨物編成が ある筈ないのだが ここの仮想東北本線では、なんでもござれで 交流区間なのに直流電車が走ってしまう所が 面白いところだ。エル特急で 思い出したのだが 仙台〜上野間で 特急に乗車していた45年近く前の事を思い出しました。当時で4時間近く掛かって しかも超満員で 通路に立って帰って来たことを 思い出しました。全然 当時は、鉄道に興味がなかったので どういう特急電車だったかも覚えていません 電車の中で4時間立ちっぱなしでいるのは、キツくて その反動で 列車に乗るのが嫌いなのかも知れません 4時間あれば 今の時代 高速なら 休まず走れば東京までなら十分おつりが来る時代ですからね

越河レイアウトEF6651コンテナ編成2

















このEF6651なんですが 最初ずっと頭にクーラーが付いている貨物専用機EF6632だと勘違いしていました。EF6651は、本来 ブルートレインのさくらの牽引機でトレインマークが付いているのですが どういう訳か逆向きに配置してしまったので こういう間違いが起きてしまいました。機関車の両端には、トレインマークは、付いていないのを 初めて知りました。

越河レイアウトEF6651コンテナ編成3

















白石駅構内の上り線から 待避線がる上りヤードに進入して来ます。

越河レイアウトEF6651コンテナ編成4

















そして一番左側の上り4番線を 通過して行くところです。 まず 普通は、ここを このスピードで通過する事は、あり得ません レールも通常の60kgじゃなく 37kgのちゃちな引込線なので このスピードで入線したら脱線だ。

越河レイアウトEF6651コンテナ編成5

















白石駅を 通過して 新幹線を バックに これから 越河に向かって山登りが始まります。

越河レイアウトEF6651コンテナ編成6

















このEF66の足回り台車なんだが 最近は、グレーに塗装された台車の機関車の方が好みでね ここのVRM3版でも鉄道模型でも そうなんだが 黒っぽいと 砂吐き器やバネとか細かい部品がよく見えないので グレーに塗装された最新の機関車が お気に入りだ。

越河レイアウトEF6651コンテナ編成7

















コンテナ編成も 同じ種類の5ヶ配置のコンテナ編成ですが 20年近く前のVRM2版なので ご勘弁だ。

越河レイアウトEF6651コンテナ編成8

















越河駅の中線に向かうEF6651からだ。 五賀踏切に設置してある大型障害物検知装置からだ。実際は、この装置は、ないのでね でも ここでは、フェールセーフじゃないが 予算は、たっぷりあるので 配置しまくりだ。

東北本線貨物白石-越河間上下線ダイヤ











最後に 昔の貨物時刻表や他のダイヤなどを 参考に貨物ダイヤを 作った時の越河駅を 中心にした部分だけを 抜粋して 架空の貨物ダイヤを作ってみました。もちろん 昔のダイヤからなので いい加減です。

当時 実際に 何本くらいの貨物編成が 走行ししていたのか 知りたくて そして どこから来ている貨物列車なのかを 調べる為に このVRM3の貨物レイアウトを作る時に 作っていました。まあ 色々下調べなどは、していましたね 列車に乗るのは、あんまり好きじゃないのだが こういう 関係ない事などを 調べるのは、意外と好きなのでね 

仮想東北本線越河駅レイアウト100

とうとう この仮想東北本線越河駅レイアウトの記事だけでも100回目の記事になってしまいました。 それだけ 我ながらお気に入りのレイアウトに完成しています。この手のレイアウトの面白さなんて 自分にしか わからないかも知れませんが まあ それが一人遊びの限界で その意味でも YouTube動画で どのレイアウト動画が人気があるのか? そこで動画に映っている車両編成と レイアウトそのものの出来上がりに対する評価を 数字で見ています。 それしか 物事 的確な評価は、わからないのでね だから VRM5版の前面運転台動画の評価が凄いのも 車両じゃなくレイアウトの作りでは、と 思っているのだ。

がしかし そうは、思っても 自分が考えるには、運転シミュレーターとして眺めてみた評価の方が高いような気がするので あれだけの再生回数を 誇るのでしょう なんてね 山ちゃん流に言えば嫉妬なんでしょうかね

今回は、東北本線上りの白石駅構内上り3番線に 通過待ちしていたEF81-502コンテナ20両編成からの動画だ。最初 この上り3番線で待機して 通過列車の特急寝台が 通過したのを見払って 上り3番線から出発だ。

越河レイアウトEF81502コンテナ編成1

















このポイントを 渡る感じのクネクネが最高にいいのですが このクネクネが出来るようになったのは、ついこの前ですからね その前は、ポイントエディターの使い方を よく知らず上手くトレスして走行出来ませんでした。

越河レイアウトEF81502コンテナ編成2

















新幹線高架の下を駆け抜けるEF81-502からの画像だ。

越河レイアウトEF81502コンテナ編成3

















このツートンJR貨物色は、一般の赤いEF81とは、全然違う種類に見えてしまいます。

越河レイアウトEF81502コンテナ編成5

















運転席の前の前面ガラスウィンドーの上に つらら切りのひさしが取り付けられていて なんか感じが 他のEF81とは、 また違った雰囲気です。

越河レイアウトEF81502コンテナ編成4

















毎日 同じようなVRM3版の画像を紹介してますが 本人が それほど飽きていないのと VRM5版の車両も そんなに ビックリする程の車両描写には、感じられなかったので まずは、こちらを優先だ。

越河レイアウトEF81502コンテナ編成6

















VRM5版に関しては、自作車両が VRMCLOUDに忖度しているようで VRM5版パッケージを使っている立場として 気分的に 面白くないので 当分は、このVRM3版で 我慢だ。

越河レイアウトEF81502コンテナ編成7

















なぜ 同じゲームなのに 差を付けるのか お金を少し払ってもパッケージ版でも自作車両が見られればいいのだが 自作コンテナは、OKで 自作車両は、NO そういう所が よくわからないのだ。

アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
Archives
livedoor プロフィール

おいちゃん

鉄道模型シミュレーターVRM3専用の分室です。難しい話は,一切ナシ ただレイアウト等を作って自分のお金で楽しむだけの人 大歓迎 !

鉄道模型が 大好きな癖して ひとつも持っていない ただ 人の物を眺めるのが趣味な変なおっさんです。 

QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ