新VRM3★井戸端会議

VRM3こそお金が掛からない大人の一人遊びだ。そういう考えの方どうぞ!

VRM3動画

モリタ倶楽部杯GIレース開催3

散々 失敗して やっとこさ このモリタ倶楽部杯G1レース103系決定戦の踏切Bゴールの第1戦のテスト版が完成しました。 たかが1分程度の動画を作るのに なんと 12時間以上も掛かって ようやくテスト版の完成だ。実際は、昨日からなので丸一日掛かりだ。本物とは、全然中身も出来も まったく違うものですが まあ ご覧下さい

 

こういう感じで コースとしては、7か所で レースは、それぞれ3回戦づつ戦える予定なので 作る気になれば 21本は、作れるのだが まあ 失敗ばっかりで 只今 検討中です。

元のタモリ倶楽部の企画が 素晴らしかったので 真似してみましたが 動画に対する付属の部品の画像を作ったり 今回 久しぶりに使ったSoftTalkを 又 DLしてみたりと 苦労続きで なんせ やり方を すっかり忘れたりして もう 覚えられない このボケ頭を つくづく感じました。

まあ 少しYouTube動画の反応を見てから考えるか 

モリタ倶楽部杯GIレース開催2

昨日紹介したモリタ倶楽部杯G1レースの動画制作に取り掛かっていました。が これが 上手くいかず失敗の連続で 嫌になって来ました。

まず基本的な間違いをしてしまい その為に全部一から手直しみたいな感じになってしまい やる気が 起きません その一番の原因が 昨日 必死こいて作った動画用の画像なんですが これの最初の編成表が 間違っていました。

そもそも その間違いに気が付いたのが 踏切Bがゴールのテスト動画を作って そこで 今回 タモリ倶楽部のようにナレーションを 付けて見たいなと思い SoftTalkという文章を自動で会話にしてくれるソフトを 使ってやってみようかと思ったら あれ おかしいなと 気が付いたのだ。

15編成スタジアム踏切Bゴール2

どうも 動画の出走の順番と 画像で作った枠順番が 違っているようで 音声を 付け加える段階でも 気が付かず テスト動画が完成してから ゴールしてからの順位と枠順が どうも おかしいと思うようになりました。

そこで 全部一から見直したら やっぱり 昨日作った部品用の画像が間違っていました。その一つが こちらの第1レース用の枠順の表からだ。

モリタ倶楽部杯記念103系踏切B第1レース出走車両1x

この第1レースの配置の順番を すっかり 他の103系編成と 似たような構成で配置していたと ずっと勘違いしていて それが一番の原因みたいでした。

モリタ倶楽部杯記念103系踏切B第1レース出走車両1〇


こちらが 正解の103系第1軍団の配置表だ。なぜ間違えたかと言うと

モリタ倶楽部杯記念103系踏切B第2レース出走車両2


こちらが 第2レース用の 配置表からで 

モリタ倶楽部杯記念103系踏切B第3レース出走車両3


こちらが 第3レース用の配置表で1番線、2番線、3番線と カナリア色、ウグイス色、オレンジ色と 揃えていたと思い込み 第1軍団も すっかり同じだと勘違いしていました。 その為に 全部もう一度 最初から やり直しだ。

最近 どうも こういう間違いが多くてね 今年の1月から5月頃まで作った画像のファイルとフォルダも 消えてしまって 削除してしまったんでしょうかね

そもそも このレイアウト配置図表を作った時に 

モリタ倶楽部杯記念103系GI路線図1x

一番最初に 間違えたみたいでね

モリタ倶楽部杯記念103系GI路線図1

このエンドレスの8の字になっていると 場所によっては、内側になったり 外側になったりするので たまに 進行方向を間違えたりしたりするので 本当に 指差し確認をしないと 駄目な歳になって来ました。 だから 新しいVRMNXなどのような最新の技術を 皆さんよく覚えられるな〜と 関心しています。

さて 又 これから もう一度 作り直して行きますかね 楽しようと 一回ごとに確認しないで 手抜きしたのが 一番の原因かも知れないね 

モリタ倶楽部杯GIレース開催1

YouTube動画で見付けた タモリ倶楽部の人気コーナーだったらしい「鉄道車両によるGI・G轡譟璽」という動画を見て 久しぶりに こんなに面白い企画もあるんだと ぜひ これを こちらの鉄道模型シミュレーターV3で 出来ないかと やる気になりました。

そこで まず動画を 作る前に途中で 逃げないように材料だけを先に作って ぜひ これを やってみたいとの意気込気だけで まずは、予告編からだ。

モリタ倶楽部杯記念103系GIタイトルA


こんな感じで 完全なパクリみたいですが 名称も モリタ倶楽部杯と命名して ここでは、前回作っていた103系15編成並走スタジアムレイアウトを利用して103系でやってみようかと思っています。

モリタ倶楽部杯記念103系踏切B第1レース出走車両1

やる以上は、出来るだけ本物に近づけたい一心で こんなものを作って見ました。本物は、タモリが演じる伝説の競馬の騎手岡山田豊を演じ もう一人の解説実況アナウンサーが塩原恒夫という本物のアナウンサーだと思うのですが その掛け合いが面白いのですが そこまでは、動画では、作れないのでね

ただ列車編成を 走らせて ある地点での順位を 見るだけなので 本物とは、全然違いますが まあ本人としては、とにかく やってみるというのが いつものお遊びだ。

モリタ倶楽部杯記念103系GI路線図1

動画を撮る準備としては、ここの7か所で 鉄ちゃんダービーを行う予定だ。それにしても あのタモリ鉄道倶楽部は、他の回を観ても 面白いのが 沢山あったりして 視点が面白いですね

しかし よくこういう企画を考えるね〜 この前 紹介した「女性運転士達の戦い」や「 電車でD」など そのアイデアが 面白いんだが MMD鉄道も ドラマ仕立てとかもあったりして そういう意味では、この鉄道シミュレーターというのは、腕と技術とアイデアがあれば これから伸びる要素は、あるように思えるのだが

如何せん おいちゃんには、その三拍子がないから 昔の紙芝居のような作りで 頑張るしかないか 上の画像も 全部 他の画像から 切り張りして貼り付けて作っているのでね

縦文字も 切り張りで 貼り付けて作っていますが 最初から エクセルとかで作ればいいんでしょうが ここ2年以上も エクセルも 触っていないので やり方を 忘れてしまって まあ 面倒かも知れませんが 使い慣れたやり方が 一番 早いのでね


仮想日本海縦幹線日本海を行く その22

昨日の続きの踏切 Aからの動画を紹介だ。今回は、斜め正面上からの動画からだ。

仮想日本海縦幹線雪景色踏切A6

斜め正面上空からの踏切画像からだ。

仮想日本海縦幹線雪景色踏切A7

上りの485系3000番白鷹が 通過するところからだ。YouTubeの動画で 日本海縦貫線の動画を眺めていたら こんな「ありがとう日本海縦貫線24系ブルートレイン」という動画を見付けました。2014年10月に大阪〜青森までの臨時団体列車が企画で運行されたらしいのだ。 その中に鉄道漫画「カレチ」とかいう国鉄時代の長距離列車の乗務員を差す国鉄内部の呼び方らしいのだが その漫画の企画が 含まれていた団体列車みたいでした。この「カレチ」という漫画自体も知らなかったのですが こんな感じの漫画らしいです。

仮想日本海縦幹線雪景色踏切A8

日本海縦貫線には、寝台特急のトワイライトエクスプラスや 日本海などが 運行されていましたが まだ それらが 運行されていた時には、ほとんど興味が無かったので どうしても こちらの北斗星とかカシオペアくらいしか 名前を知りませんでした。本当に 最近ですね この「日本海」とか「あけぼの」とかの寝台列車を 知ったのは、 どうしても寝台特急専用の牽引機のイメージが先行して ヘッドマークやトレインマークだけが 付いているEF81の機関車などが あった事すら知りませんでした。貨物列車のイメージしか無くてね 

仮想日本海縦幹線雪景色踏切A9

そう言えば 最近 本屋で 鉄道関係の書籍を眺めて来ましたが ひと頃は、ブルートレイン関係の寝台特急関連の書籍が多かったのですが なんか貨物関係の企画の書籍が多くてね 鉄道模型雑誌でも 貨物関連のヤードとか 駅構内ターミナルとか 今月号は、多かったみたいです。

ついでに 昔 作った24系寝台の日本海の編成を紹介だ。

EF81-37日本海12輌編成

と 今気が付いたが これは、昔の編成みたいで 最後の方は、10両編成みたいで 牽引機の名称も画像では、EF81-37ローズピンクになっているのだが 名称は、EF66-49というブルートレインの牽引機を そのまま流用したみたいだ。 こういう間違いが多いので 勘弁だ。

そこまで鉄道大好きという程じゃないので こういう間違いは、今でも多いのだが そもそも この寝台列車に対しても 夜中に走るから風景が見えないんじゃないのかと 思っていたくらいなのだ。

でも鉄道模型だと この寝台客車は、人気があるのかNゲージでもHOゲージでも 両方にありますが その一方で 一番中古で多く出品され手放す人も多いのが寝台客車で不思議だね そもそも この鉄道模型で 寝台列車でも編成を組んだ場合 自分の所のレイアウトで 走行させた場合 どうでしょうか最大で12両編成くらいが 限界じゃないでしょうかね それ以上だと レンタルレイアウトとかで走行させないと難しいような気がするのですが もちろん自分のような6畳の部屋を基準に考えた場合ですがね

それは、こちらの鉄道模型シミュレーターV3でも ある程度言えるのですが 確かにコンテナ貨物編成は、一応20両編成までは、走行出来るようには、このVRM3版では、なっていますが 実際この踏切動画を 眺めていると 20両編成に近いと なんか 見ていて飽きる感じがしてね もちろん コンテナの種類が少ないのもあるのですが

でも これは、Trainzでアメリカンディーゼル機関車の貨物長編成の動画を たまに見掛けますが 途中で 飽きてしまってマイルトレインなんか 実際の動画見ても 飽きちゃうからね

要は、先頭車両から 最後尾の車両までが ギリギリ見渡せる感じが個人的には、いいのかも知れません まあ踏切動画をご覧下さい




自分で作って置きながら コンテナ貨物編成が 長いような気がするだの 好き勝手書いてますが なんか こうやって眺めていると もう少し短くして こちらの棒線駅を 待機中線がある駅にした方が良かったのでは、と思ったりして でもコンテナ貨物編成も15両編成以下にしてしまうと 長距離貨物のイメージが 消えてしまうので それまた困るのです。たかが お遊びで そこまで考える事でもないのだが これでも自分なりには、考えながらレイアウトを作っているつもりなのでね

最後に 一番最初に紹介した「ありがとう日本海縦貫線24系ブルートレイン」という動画を紹介だ。



しかし この寝台列車というのは、人気があるんですね〜 これらの撮った写真は、ブログにでも載せるせるのでしょうか この場合は、EF81ローズピンクの牽引機がメインなのか それとも24系寝台客車がメインなのか どっちが主なのでしょうか おいちゃんの場合は、あくまでも機関車がメインなので これヘッドマークなしだったら やっぱり商売にならないか

仮想日本海縦幹線日本海を行く その21

日本海縦幹線の裏側の 踏切Aの動作確認の動画を作って遊んでいました。中々段々畑から先の制作が 進まないので 遊んでしまいました。どうも このコンテナ貨物編成の長さがネックになっていますね

クネクネな路線なら 面白いのですが まったくの直線区間だと まったりして面白味が無くて かと言って あんまり線路沿線には、建物などを 配置したくないのだ。そこら辺が 撮り鉄さんの気持ちと似ているのか出来れば架線柱も 無ければ もっと車両編成の全体が撮れるような気になっています。まあその話は、先に延ばして踏切Aの正面から眺めた画像からだ。

仮想日本海縦幹線雪景色踏切A1

まずは、上り線の485系3000番白鷹が 通過する場面からだ。この正面に見える新幹線が ここのレイアウトの売りで 昔から こういう場面が好きでしたね

仮想日本海縦幹線雪景色踏切A2

こちらは、下り線を通過するEF5861牽引のお召列車からだ。丁度 天皇陛下がご乗車する1号御料車からだ。せっかくなので 御料車1号編成も紹介だ。

EF5861お召列車編成カタログ1

そうなですよ これがVRM3版の凄い所で 中々このお召し列車の御料車1号編成なんて見られませんからね 踏切の前を 色んな列車編成が 通過する 只それだけでも 楽しいからね

仮想日本海縦幹線雪景色踏切A3

もちろん メインは、貨物編成ですが このEF8195の派手な機関車ですが 実際 羽越本線で見掛けたEF81の機関車は、もう古くて 色も褪せた感じで そういう点では、この鉄道模型シミュレーターに関しては、鉄道模型のような古くなると 色が褪めたり焼けたりというのが ないからね

仮想日本海縦幹線雪景色踏切A4

こちらは、EF6632のクーラー付き機関車からだ。これも 中古のHOゲージのEF66の国鉄時代の前期形とJR貨物更新色を持っているのですが よく眺めると どこかしら壊れていたり傷があったりと 飾ってみると よくわかりますが 一回でも走らせると どこかしら傷が付くみたいですね

仮想日本海縦幹線雪景色踏切A5

このVRM3版の踏切の楽しみは、この踏切動作なので これしか得意とする場面がないのでね ここだけは、自信があるので 頑張って色々作っています。

まあ 楽しみながら 動画も作っています。

仮想日本海縦幹線日本海を行く その19

日本海縦幹線の裏側を 少し作っていました。 中々真っ白な雪景色なので 何も配置は、出来ないので一応段々畑のような感じの冬の田んぼをイメージしています。

仮想日本海縦幹線雪景色制作10

まずは、新幹線の高架下の部分を 緑フェンスで囲ってみました。本来なら この高架下には、雪が積もらないのですが さて どうしましょうかね 直線部分は、地形テクスチャで 誤魔化せるのですが曲線部分は、ちと難しいので 思案中です。 

仮想日本海縦幹線雪景色制作11

でも 一応 豪雪地帯なので 真っ白でも いいか そこら辺が 悩むところだが 楽して行きましょうかね

仮想日本海縦幹線雪景色制作12


毎回 お馴染みの踏切からだ。今回は、警報機柱は、A形の基本形で 2本だけ配置にしています。もちろん大型障害物検知装置(レーザー式)も配置だ。

別のブログでは、説明も書いているのだが この障害物検知装置には、大きく分けて ‖膩疹祿科検知装置(レーザー)と大型障害物検知装置(ループコイル式)と 最近多い障害物検知装置(三次元レーザーレーダー式)の3種類があるので 踏切道を 渡る時に注意して見ていると 面白いです。

仮想日本海縦幹線雪景色制作13


今回配置に迷ったIMAGI版木造駅舎からだ。棒線になってしまったから こんなに立派な駅は、要らないのだが 本当は、無人駅が 欲しかったのだが 無いからね 木造の跨線橋もあるからね 地元の東北本線でも 無人駅でも この跨線橋が残っている駅は、結構多いのでね 中々駅中の旅客用踏切は、あんまり見ないですね しいて言えば 東白石駅くらいなもんでしょうかね

貨物編成や昔は、寝台列車の夜行も走っていたからね 北斗星やカシオペアも無くなり 東北本線の深夜は、暴走機関車軍団が まとめて走行して来るのでね それが通過すると 長大間合いという 保線関係や 線路などの点検が 始まるみたいですが 昔に比べたら どうなんですかね 少しは、時間が取れるようになったのかな 

仮想日本海縦幹線雪景色制作9


在来線の下り線側のトンネル付近からだ。 上り線より 20个らい高い場所にあるのがミソだ。このトンネルの表の顔の部分が 難しいのですよ このコンクリート部分を どこまで見せるか 長年この問題で 頭を悩ましてね 

ちょこっと手に入れた 田舎のトンネルの画像から紹介だ。

五能線写真76

高い山にあるトンネルじゃなく 低い丘のトンネルみたいですが コンクリートの厚みが 見た感じ違うような気がして まあ場所によって色々違うみたいですが そういえば あんまり他の鉄道シミュレーター関係でも見掛けないからね 昔 TS-2017の動画で トンネルマシーンで 作った感じの複線トンネルの走行動画が あったのですが 忘れてしまった。

仮想日本海縦幹線雪景色制作14


そして ここが 今回の一番 どうしようかと 考えていた段々畑にした部分からだ。田んぼの冬部品を配置して その間に 勾配のあるあぜ道を 配置だ。これじゃ 自分では、真冬の段々畑とは、わかるのですが 他の人から見たら なんだか わかりませんね

ここも 在来線からは、見えない部分で 新幹線からは、少し見える部分なので さて これからどうするか 雪景色用の部品って VRM3版には、ほとんど無いからね

この前 作った在来線の下り線走行の動画からだ。
 

仮想日本海縦幹線日本海を行く その18

日本海縦幹線の裏側制作紹介の続きから 今回は、在来線の上り線側からだ。

仮想日本海縦幹線雪景色制作5
















この裏側の情景では、貨物待避線がある中線があるローカル駅を作る予定でしたが なんせこの貨物編成が 23両や20両と長編成なので この直線区間だと この貨物待避線を入れるホームトラックが 確保出来なくて断念しました。 別に 貨物編成を14両編成にすれば 配置も出来て問題は、無かったのですが あくまでもメインは、表の日本海縦幹線の景色で こちらは、あくまでも影の部分なのでね

仮想日本海縦幹線雪景色制作6

まあ その代わり いつもの踏切を 2箇所も配置してみました。 雪景色の中の踏切も 中々いいもんですよ これ実際 山形や福島そして地元宮城で 散々見て来ましたのでね 雪景色は、好きだし なんと言っても レールしか見えないので VRM5版のアドバンスレールなんか見えないので全然関係ないのがいいんだね あとは、どう作り込みをして行くのか そこが 腕の見せ所なんですが その腕がないのがおいちゃんだ。

仮想日本海縦幹線雪景色制作8


トンネルに入る部分からだ。この前 6月7日に新規格トンネルについてでも書いたが この複線トンネルの形状が 気に入らなくて文句を散々昔から書いていましたが 今度のVRMNXのトンネル部品だと こうなるみたいでね

VRMNXトンネル部品から1

ここのVRMNXパーツカタログには、NX-トンネル基本セットとして この画像が載っていました。

VRMNXトンネル部品から2















単線トンネルポータルPS128Aだと思うのですが そうすると 上の画像は、複線トンネルポータルPS128Aなのか 名称が 付いていないので わかりませんが そこで 気になるのが 複線にした場合のアーチの大きさの高さが かなり高くなるのだが そう考えると この複線トンネルも従来のトンネルに比べたら かなり大きくなるような気がするのですがね

そこに 今度の7个龍控阿入って来ると このトンネルも 狭軌に合わせたトンネルを作るのか 元々このトンネルの高さも 電化される前のトンネルと 電化されてから出来たトンネルの高さは、違うんだと 聞いたことがあります。地元の気仙沼線を作る時に 将来の電化を予定して 最初から トンネルや橋梁そして駅の跨線橋なども架線の分だけ高く作ってあるんだと聞きました。

そう考えると この新しい複線トンネルの高さが気になってね 今は、ほとんどのトンネルは、TBM工法というトンネルマシーンを使ったやりかたでね そう考えると 何を参考に このトンネルは、作られたのか気になってね まあ この壁を作るやり方じゃないと VRMでは、レイアウト製作には、適さないのも事実ですがね

仮想日本海縦幹線雪景色制作7


最後に そのトンネルから出た直後の風景からだ。 上りと下りでは、段差があって少し離れているのが ミソだ。

まあ トンネル一つの部品でも 好みが分かれるのでね 作る方も大変ですが まあ 向こうは、商売なのでね 上り線からの動画からだ。

仮想日本海縦幹線日本海を行く その17

6月14日以来の日本海縦幹線からの紹介だ。 一応 表の日本海縦幹線は、完成していたのですが その裏側の部分を 今作っている途中です。 懲りないですね 裏側なんて作らなくても いいようなもんですが どうしても雪景色が 見たくなったので 作っています。

仮想日本海縦幹線雪景色制作1
















裏側は、小細工なしの ストレート区間だけで 作っています。

仮想日本海縦幹線雪景色制作2

トンネルを抜けると そこは、雪国の 新VRM3★の一番得意とするリバーシブルレイアウトだ。

仮想日本海縦幹線雪景色制作3

新幹線の直線部分だが 少しだけ 勾配区間にして変化を付けています。 まだ これから作り込みをして行きますが 今回は、そんなに作り込みは、しない予定だ。

仮想日本海縦幹線雪景色制作4

やっぱり 鉄道模型シミュレーターは、レイアウト作りが メインですからね と そう思っているのは、自分だけでしょうが まあいいか 

新幹線の走行動画も紹介だ。

仮想日本海縦幹線日本海を行く その16

日本海縦幹線の動画その8から  迫って来る列車編成からの逆シーンからの動画からだ。

仮想日本海縦幹線信越、羽越本線から50

 EF5861お召列車編成から

仮想日本海縦幹線信越、羽越本線から53

485系3000番白鷹が 通り過ぎて行くシーンから

仮想日本海縦幹線信越、羽越本線から51

EF6632クーラー付きから 直流1500vで 3900kwで 最高速度が110劼澄

仮想日本海縦幹線信越、羽越本線から52

EF64-1000から直流1500vで 2550kwで 最高速度が100kmだ。こういう情報も画像付きで JR貨物時刻表には、載っていたので 貨物時刻表というよりは、貨物関係の参考書みたいな書籍だ。貨物ターミナル駅の構内図も載っているので 貨物好きには、必需品かもね しかし お値段が 少し高いのと 田舎の方だと ネットからの購入なので ちと面倒ですね だからその後 全然買っていないのだが

もう 直接 現場などで貨物編成は、見掛けないので まあ必要は、ないのだが 今回改めて調べようとした時に 今現在の情報を得るには、やっぱり10年近く前の情報では、当時は、まだ 常磐線貨物が東京から仙台まで来ていた頃の3.11の前の段階の貨物ダイヤなのでね 当時は、常磐線の水戸から 東仙台(信)、盛岡(タ)、小牛田などに まだED75で 93、95、97、92、94、96と 6編成近くが 常磐線経由で 運行されていたみたいでしたが これも もう幻の貨物ダイヤかも知れませんね

さて 昨日の日本海縦幹線の続きから 昨日は、湖西線と北陸線の話しをしましたが 今日は、名古屋から中央線経由で塩尻から篠ノ井線を経由して信越本線の篠ノ井駅〜直江津駅までを 紹介だ。

まず この中央線や信越本線、篠ノ井線を 貨物編成が走行しているとは、詳しくは、知らなかったのだ。しかも この篠ノ井線には、あの有名な姥捨駅があったなんて知りませんでした。スイッチバックで 折り返す貨物の姿をYouTube動画で 見た事があったのですが ずっと長野県の中央線のどこかだと思っていました。

大体 長野県自体が どういう形になっていたかも 良く知らないので 今回なんで 北陸新幹線が わざわざ 一回新潟県に入ってから 富山に向かうのか その意味が わかりました。 そう長野県から直接は、富山県に行く道路も鉄道もルートがないんですね というか 北アルプスと言われている飛騨山脈が まさか 日本海の親不知から富山、新潟、長野、岐阜の県境に 君臨して そこを迂回しないと 通れないのを この歳になって 初めて知りました。

長野県や岐阜も 何回か行った事は、あるのですが 中央道高速が通る諏訪とか恵那方面で まったくもって長野や松本は、全然 その位置自体が 掴めなくてね まさか 長野が こんなに新潟よりだとは、思ってもいませんでした。

この篠ノ井線を通る貨物編成は、コンテナ編成よりも ガソリンタンク車編成とか 長野と首都圏との往復が 多いみたいですね

もう1本 高崎から 信越線の南長岡にぶつかる上越本線の貨物編成が 首都圏から新潟や金沢、富山そして 秋田に向っている貨物編成もあるみたいだ。これも 今まで知らなかった事でね 

なんか 今回 あまりにも鉄道路線に関して知らな過ぎる事が多くて ネットじゃ調べられないので なんか一度 専門の日本の鉄道路線図の書籍の中古本でも 探さないと こりゃ駄目ですね

とにかく 乗り鉄、撮り鉄、模型鉄を やらない人が こうやって いざ調べようとすると 現場の体験がないので その鉄道路線の状況が把握出来なくてね でも 地元宮城の鉄道路線や 山形や福島なら少しは、自信があるのだが それ以外は、全然駄目なのでね これも架空鉄道模型ファンとしては、限界なんでしょうかね 今日も 対向シーンからの動画からだ。

仮想日本海縦幹線日本海を行く その15

日本海縦幹線の動画その7から  今回は、風景というよりは、迫って来る列車編成からの動画からだ。

仮想日本海縦幹線信越、羽越本線から47


















485系3000番白鷹のUP画像からだ。

仮想日本海縦幹線信越、羽越本線から48

EF8195のUP画像からだ。

仮想日本海縦幹線信越、羽越本線から49

EF65-1000のUP画像からだ。 この画像と 日本海縦幹線と どう関係あるのかと 思うのだが その日本海縦幹線について よく知らないんでね そこで 今日は、少し 書いてみる

貨物ダイヤ時刻表1

今回 この日本海縦幹線を調べるのに使っているのが 上のJトレイン2014年7月号と JR貨物時刻表2011年の2冊を 参考に使って 調べています。 他に 貨物関係の雑誌とか書籍もあるのですが

貨物列車本2

日本海縦幹線に関して調べるには、一番は、JR貨物時刻表が 中身的には、わかり易そうなので 今眺めています。 しかし 2011年版なので 10年近く前なので 今現在とは、かなりダイヤとかは、違うかも知れませんが 走っている路線は、同じじゃないのかと思って参考にしています。

この日本海縦幹線というのが イマイチよくわからなかったので 説明だ。 まず この日本海縦幹線というのは、正式な路線じゃなく JR貨物が案内名称として大阪〜青森駅までの1039.9劼鯢修靴討い襪澆い燭い澄

今回 コンテナ貨物輸送を 重点に調べると まず 大阪の吹田信号所から下り貨物が出発して 東海道線で 京都貨物ターミナルを経由して そこからが よく わからないのだ。

東海道線の山科駅から近江塩津駅までの湖西線経由と 東海道線の米原から同じ近江塩津駅経由の北陸本線経由の2通りの路線で 福井の敦賀駅(つるがえき)これ 読み方を間違えて覚えていて するがえきと ずっと読み違えていました。が この北陸本線というのも 滋賀県の米原駅から 石川県の金沢駅までが 北陸本線だとは、知りませんでした。

なんか 昔は、北陸トンネルとか親不知を経由して石川、富山を経由して新潟県の直江津までが 北陸本線だと ずっと思っていました。 まず その考えを 改めないと駄目ですね

しかし この湖西線経由のコンテナ貨物が どの程度の本数が 走っているのか? 2011年当時の貨物時刻表では、大阪方面から 富山、新潟、秋田、青森、札幌方面への下り貨物だと 日本海縦幹線としては、13本程があるのですが この中で 湖西線経由は、どの程度なのか? これがね わかんないのですよ

ウインペディアでは、湖西線経由の貨物は、北陸方面に8本とかと書いてあるのですが もっと詳しい情報は、ないものかと ヤフー知恵袋を 眺めていたら 自分で調べろ、貨物時刻表を買って調べろと 大体この手の質問は、こういうアンサーが 多いのですがね 

2011年版のJR貨物時刻表の日本海縦幹線下りを 眺めているのですが 京都貨物の発着の後が 米原通過の時間が載っているのが 4本程あるのですが  もしかして この米原通過時間がないやつが 湖西線通過の貨物編成なんでしょうかね

地元だと 色々貨物ダイヤに関しては、昔は、色々情報が入って来たので 細かい通過時間も知っていたのですが 遠く離れた場所それも まったく知らない土地だと イメージが 全然湧かなくてね

そもそも 北陸トンネルは、北陸本線の敦賀駅〜南今庄駅間にある 全長13,870mの新幹線のトンネルが出来る前の在来線トンネルでは、日本最長で あのトンネル火災事故のイメージが強くて しかも このトンネルが 富山と新潟の県境の親不知付近にあるものだと 今日まで 勘違いしていました。

考えて見ると 去年 北陸自動車道を 通って 親不知や金沢を 経由して琵琶湖に入り 名神高速の米原に入り京都を経由して岡山まで行ったのだが 深夜に この区間を通過していたので 全然 景色を見ていないので トンネルばかりを 通過していた記憶しかないんだね

だから 琵琶湖も見ていないので まさか 琵琶湖を挟んで 湖西線と北陸本線の2パターンが あったとは、1年も経過して 今それを知る まあ その程度の鉄道好きなのでね

日本海縦幹線なんて タイトルにしてますが ネーミングが良かったからね〜 後から調べる これが井戸端会議だ。まあ今日は、ここまで 動画を どうぞ

アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
Archives
livedoor プロフィール

おいちゃん

鉄道模型シミュレーターVRM3専用の分室です。難しい話は,一切ナシ ただレイアウト等を作って自分のお金で楽しむだけの人 大歓迎 !

鉄道模型が 大好きな癖して ひとつも持っていない ただ 人の物を眺めるのが趣味な変なおっさんです。 

QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ