新VRM3★井戸端会議

VRM3こそお金が掛からない大人の一人遊びだ。そういう考えの方どうぞ!

VRM3動画

仮想東北本線越河駅レイアウト70

ローカル見張線の田舎駅の旅客用踏切警報機の動作確認試験の別方向からの紹介です。

越河レイアウトローカル見張線田舎駅AC62
















C62蒸気機関車牽引のお座敷列車81系客車編成が 田舎駅を 通過して行くところです。

越河レイアウトローカル見張線田舎駅Aキハ40
















こちらも キハ48系が 通過して行くところです。

越河レイアウトローカル見張線田舎駅Aキハ58
















キハ58系が 通過して行きます。 この田舎駅の雰囲気が いいんです。

越河レイアウトローカル見張線田舎駅Aキハ110
















キハ110系が 通過して行きます。今時の JR東日本の雰囲気ですが この姿も もう少しでしょうか

越河レイアウトローカル見張線田舎駅ADF200
















DF200牽引のタキ3000ガソリンタンク車だ。 VRM2版ですが 一番 お気に入りの貨物車両です。

越河レイアウトローカル見張線田舎駅ADD13

















DD13重連のセキ3000の石炭車が通過します。 この角度から眺めると 石炭も積載されています。VRM3版の貨物車両ですが VRM5版と 遜色ありません 車輪が 動くか動かないくらいの違いですが ほとんど車輪が廻っているのは、見えないので 機関車以外は、気になりません

動画も どうぞ




仮想東北本線越河駅レイアウト69

仮想東北本線越河駅レイアウトのローカル見張線の田舎駅を 作っていました。の続きから

踏切警報機としゃ断機を配置した動作確認試験の動画を 作ってみました。 なんだかんだで ローカル見張線を6本の列車編成が 走行しています。 しかも 単線なのに 一方通行という所は、おまけだ。

越河レイアウトローカル見張線田舎駅C62

















c62蒸気機関車牽引のお座敷列車81系客車編成からだ。お座敷客車を 間違えて12系とテロップを入れてしまいましたが 普段ほとんど使わない車両なので ご愛敬だ。

越河レイアウトローカル見張線田舎駅キハ40

















キハ48系首都圏色からだ。キハ40系でも 良かったのだが 一応4両編成にしたので

越河レイアウトローカル見張線田舎駅キハ58

















こちらは、キハ58系とキハ28系の合体4両編成からだ。

越河レイアウトローカル見張線田舎駅キハ110

















キハ110とキハ111系の合体だったかキハ111だけの編成にしたのか 忘れてしまいました。

越河レイアウトローカル見張線田舎駅DD13

















そして ローカル見張線ですが 貨物編成も 通過する さすがに コンテナ編成は、走りませんが DD13ディーゼル機関車重連が 牽引するセキ3000の石炭輸送車の編成からだ。

越河レイアウトローカル見張線田舎駅DF200

















最後は、掟破りの DF200レッドベアディーゼル機関車の登場だ。タキ3000ガソリンタンク車の編成からだ。イメージとしては、秋田の小坂鉄道のタンク車編成を イメージしながら 配置してみました。

そして駅の感じのイメージは、 山形県のフラワー長井線の無人駅を イメージしてみました。
2016年5月に3代目オデッセイで行くフラワー長井線2で 書いていた のどかな風景が 好きなので それをイメージしながら レイアウトを作っています。

でも 仮想なので 列車編成は、滅茶苦茶走らせていますが

仮想東北本線越河駅レイアウト66

越河駅レイアウトから白石構内の柳町踏切の音源センサーの配置を修正しました。

越河レイアウト本線角田街道踏切6














と 説明もないレイアウト図を 表示しても わかりませんが 前回の引っ掛かっていた音源センサーを削除しただけですが まあ これだけです。

越河レイアウト本線角田街道踏切4

















で 今回も 修正した正常に動作する角田街道柳町踏切からの動画も紹介だ。 この画像のように上りの東京方面が眺められる方向からの動画です。



こちらの動画で 注目して貰いたいのが 下り線で こちらに向かって来る貨物編成の姿です。 どこら辺に来ると 踏切動作の時間差しゃ断が始まり 残りのしゃ断が いつ頃どこまで来ると しゃ断が始まるか  そこら辺が よく わかるので 結構面白いです。 そして 下り線貨物編成が 見えている時間よりも早く踏切操作が始まれば それは、上り線側の踏切制御の動作の開始なので そこら辺も 注意して眺めると 面白いです。

と書いても 踏切好きにしか わからない楽しみ方ですが 意外と 動画の世界だと この踏切マニアが多いので おいちゃんの踏切動画も 他のVRM3列車編成の動画よりも 人気は、あるみたいです。

でも やっぱりVRM5版の前面展望走行動画には、敵いませんね とくに アドバンストラックレールの存在が大きい前面展望走行動画は、他の鉄道シミュレーターよりも 多く一般受けが良さそうです。基本の線路の描写は、一般受けには、大きい魅力ですから あれを 見せられちゃ 昔のIMAGIC版レールやTomix版レールが 貧弱に見えるのですが まあ これも 好みですが あまりにも美人過ぎて近寄りづらくて ローカルシーンには、向かないような気がしてレイアウトシーンも選ばれている感じもしますね

しかし 肝心の車両編成を中心にした動画だと RailSimの新幹線特集などの動画が圧倒的に視聴数が多かったりと VRM5版の車両だけを中心にした動画で 圧倒的な強さの動画をまだ 見ていないのだが 車両の精巧さを歌っている割りには、出て来ませんね

昔15年近く前にVRM3版では、幻のC62蒸気機関車の動画がUPされていて その当時で 確か50万近い再生回数を誇っていて 圧倒的な強さを見せていましたね〜 もし それが 削除されていなかったら 今頃は、100万は、越していたでしょうかね〜 

車輛編成だけで勝負した 3DCG車輛だけの走行動画で 出来れば 他の鉄道シミュレーターと並走したように編集した動画なんぞ見てみたいですね 

そして電車でDの複線ドリフトで VRM5とRailSimとMMD鉄道などの対抗戦を 動画で見てみたいね



よく わからないのだが こういうアニメもCGで 描いているのが多いと聞いたのだが 動画で見るなら ゲームじゃなくアニメでも 良さげなんですが やっぱり 自分で なんでも作れないと面白くないものなんでしょうかね

VRMで 複線ドリフト出来るように自作車両を改造は、出来ないものなのでしょうかね 台車が 鉄道模型のように90°近く回転すれば なんとか 出来ないものなのかね



まあ 作れないから好き勝手書いてますが こういうお遊び感覚が ないからね〜 まあ 内内では、やっているのでしょうが 表には、出て来ないだけなんでしょうかね 

仮想東北本線越河駅レイアウト65

仮想東北本線越河駅レイアウトから白石構内の角田街道柳町踏切配置の動作確認の続きから
今回は、その不安定な動作の原因究明を 考えました。

越河レイアウト本線角田街道踏切2

















東北本線の上下線に配置した音源センサーの配置と設定を 見直しましたが 動作に関しての問題は、ありませんでした。 が ひとつ気になったのが ローカル見張線と交差する部分の音源センサーの一部分がローカル見張線に 少し引っ掛かっているように見えました。

越河レイアウト本線角田街道踏切3

















この画像の上の部分にローカル見張線の高架部分があるのですが よく わかりませんね 実際この上のローカル見張線高架部分を 列車が通過すると 踏切が動作するのを 確認しました。

越河レイアウト本線角田街道踏切5














このレイアウト図の中のローカル見張線と東北本線の上り線が交差する部分に少しだけ音源センサーが引っ掛かっていました。 ついローカル見張線が 高架区間なので 大丈夫だと勝手に思ってしまったのが原因です。

と書いても わからないので 動画で 説明だ。



こうやって 原因を発見して修正して手直して行くのですが 何も そこまで 拘らなくてもいいのですが 踏切だけは、他の鉄道模型やVRM5版などに負けたくないのでね ひとつくらい特長がないと やってられないのでね


仮想東北本線越河駅レイアウト64

やっと桜前線が通過中の 春爛漫のポカポカ日和の仙台です。 しかし ブログを 休んでいた期間は、入学式も始まった頃に 雪が積もる程の悪天候で 4月とは、思えぬ冷え込みで そのおかげで 風邪をひいて寝込んでしまいました。去年までなら 多少具合が悪くても 現場仕事に 毎朝6時に起きて 家を出てましたが 今は、寒むければ 部屋から出ない生活なので このボーとして生きているから 3日も寝込んでしまうんでしょうか

ここ最近 3日近くもブログを 書かなかった事が無かったので どうなのか 心配してましたが それでも常連さんは、見て下さるようで 0じゃなかったので 良かったです。 そして 逆にYouTube動画の登録者が増えたりと そして色々寝ながら この鉄道模型シミュレーターの事を考えていました。

そこら辺の話しは、後日に後回しだ。今日は、仮想東北本線越河駅レイアウトから 白石駅構内の角田街道柳町踏切の配置の画像からだ。 東北本線の白石駅構内の上り線側の東京方にある踏切で上下の東北本線と引込線が4本通る踏切なんですが ここでは、省略して3本線が通る踏切に変更だ。

越河レイアウト本線角田街道踏切1

















この画像の手前が引込線で 後ろ側が東北本線の上下線で 真ん中が上り線になっています。 実際の白石駅構内図は、手描きですが こんな感じで 全然イメージが違います。

越河レイアウト本線角田街道踏切7





地元宮城の東北本線の仙台を通勤拠点と考えた場合の上りの南の通勤電車の終点で 下りの北が小牛田みたいな感じで 上り線側に 通勤電車の待避線や その先に入換線の引込線などが配置してあるのですが 今回は、この通勤線のターミナル駅じゃなく あくまでも貨物編成の拠点と考え 待避線も 下り線側に貨物待避線を 集めてレイアウトを 作っています。 そんな全体像が こちらだ。

越河レイアウト本線角田街道踏切8











白石駅構内の線路が 密着し過ぎて見にくいのだが 下り線側に貨物待避線ヤードを作って 逆に上り線の上側にローカル見張線の駅ホームが配置してあるようになっています。

このローカル見張線と東北本線が交差する場所が 今回の角田街道柳町踏切の動作確認試験を行ってわかった踏切誤動作の原因だったのを 動画を調べて確認してわかりました。




ここのVRM3版では、この音源センサーでしか 踏切しゃ断の動作を制御出来ないので センサーの配置が少しでも ズレると 思い通りには、動作しないので ここが 中々難しいのだ。

しかも 上り線は、上り本線を通過する貨物編成と寝台客車と その隣の上り2番線などを 通過する貨物編成などもあるので 音源センサーの配置しかも 時間差しゃ断動作を させるには、普通の踏切センサー配置よりも 手間が掛かるのです。 

これは、本物の踏切も 駅構内だと 停車や通過などがあるので しかも 踏切が近い場所に連続してあると尚更大変だと 知り合いの人から聞いたことがあります。

とにかく なんでも 自分で配線図(電気的な結線図)が描けないと 物事は、知った事には、ならないので 素人には、ちと わからない世界みたいです。 しかも人の命が掛かっているのでフェールセーフの働きが全てに掛かるようになっているので 必ず 何かあれば 踏切しゃ断でしゃ断棹が 下がるようになっているので そういう踏切構造を知っていれば 駅構内の踏切は、急がない場合は、通行を避けるのが ベターなんですがね


仮想東北本線越河駅レイアウト63

仮想東北本線越河駅レイアウトから ローカル見張線白石駅構内の本郷踏切配置の画像からだ。

越河レイアウトローカル見張線踏切1

















上から眺めた画像で 上がローカル見張線の白石駅構内だ。

越河レイアウトローカル見張線踏切2

















こちらは、逆側の 上り方東京方向だ。 と書いても わからないか

越河レイアウトローカル見張線踏切3

















道路側を上から眺めた画像です。単純に 東北本線の本郷踏切をコピーして複線から単線用の踏切に直しただけの踏切道です。

越河レイアウトローカル見張線踏切4

















上の方に見えるのが 東北本線の本郷踏切だ。

越河レイアウトローカル見張線踏切7

















まあ わざわざ紹介する程の画像でも ないのだが こんな感じだと 思って下さい

越河レイアウトローカル見張線踏切8

















架線や架線柱がないので スッキリした感じが またいいんです。

と 自画自賛 アホです。 動画も どうぞ

仮想東北本線越河駅レイアウト62

仮想東北本線越河駅レイアウトから 白石駅構内の角田街道本郷踏切の配置の画像からだ。 その前に 昨日紹介したお隣さんの画像について 少し自分なりに補足

まあ個人的な感想なんですが 最近あんまり レイアウトの画像を 見掛けないのですが どうなんでしょう そして 逆に 自作車両や 車両編成の画像が多くて 今は、そういうのが流れなんでしょうか

昔の事を書くと 笑われそうですが ちと 改めて昔のレイアウト画像を眺めていたら つい懐かしく感じたので 書いてみました。 VRMONLINE-NX 編成でスプライトとか メーカーさんは、紹介していますが 益々なんのこっちゃ?の世界ですが わかる人は、わかる世界なので わからない自分は、それなりにだ。それでも ここでは、相変わらずVRM3版のレイアウト画像を これでもかと 紹介しますが よろしくだ。

越河レイアウト本線本郷踏切1上空

















まずは、上空からの眺めから 左側が 白石駅方向の青森方向だ。

越河レイアウト本線本郷踏切2上空

















逆側から眺めた本郷踏切から 今度は。左側が 上り方 東京方面だす。と書いても 仮想鉄道模型なので意味は、ないのだが 一応そういうイメージで 作っています。

越河レイアウト本線本郷踏切3上空

















上の方が 下り方白石駅方面からだ。と 書いても わかりませんね

越河レイアウト本線本郷踏切4上空

















逆の上り方東京方面からの眺めだ。 これ種明かしを すると 一番最初に作った越河駅構内の耕野踏切からのコピーなんですが 田舎の踏切には、こんな感じの踏切道が 狭くて 歩道の部分だけが 渡り板みたいな感じが多いので そんな感じにしてみました。

越河レイアウト本線本郷踏切5

















道路側からの眺めから 警報機が4組あるのは、予算があるからと 見栄えがいいから おまけで配置だ。余程じゃないと 警報機は、対の2組が ほとんどだ。

越河レイアウト本線本郷踏切6
















VRM5版に対抗して このVRM3版で なんとか対等に楽しめるのが この踏切の動作くらいですかね 確かに警報灯の点滅や方向指示器の表示などが 出来ませんが それでも 踏切動作だけは、この新VRM3★では、昔から 時間差しゃ断の片側しゃ断から始まるのが この4組しゃ断機の基本なのだ。

越河レイアウト本線本郷踏切7

















道路の反対側からの眺めから まあ これで満足しているのは、おいちゃんくらいでしょうが VRM5版や他の鉄道シミュレーターだと車も 停車して動いたりするみたいですが そこまでの設定は、ちと出来ないのでね

越河レイアウト本線本郷踏切8
















こういう眺めが いいんです。EF66-111も こうやって見ると カッコいいのです。

越河レイアウト本線本郷踏切9

















こちらは、EH10マンモスが 迫って来る画像からだ。

越河レイアウト本線本郷踏切10
















少し離れた場所からの本郷踏切を 通過するSBBRe460機関車からだ。

越河レイアウト本線本郷踏切11
















線路も VRM5版と比べても そんなに遜色は、ないようにも思うのだが
 
越河レイアウト本線本郷踏切12
















障害物検知装置が 古いタイプで 大型障害物検知装置だと 上下にレーザー照射のレンズが付いていたりとリアルに 配置しようとすると もっと新しいタイプの障害物検知装置が 欲しいです。

越河レイアウト本線本郷踏切13

















近くで 見ると 障害物検知装置の上に障害物検知装置を 載せて大型障害物検知装置の真似してみたのですが そうは、見えませんね

本郷踏切の動作確認の動画を ご覧下さい 少し長いです。


仮想東北本線越河駅レイアウト61

仮想東北本線越河駅レイアウトから いよいよ仮想白石駅構内の制作に 取り掛かりました。
白石駅と言っても本物の東北本線の白石駅とは、全然違うので そこは、最初に断りだ。 最初の段階の考えとだいぶ違って来てます。

要は、本来は、貨物の待避線がある駅のイメージでしたが それじゃ面白くないと 今回は、貨物ターミナルくらいの隣接線を 増やして まるで貨物ヤードのような感じです。

越河レイアウト白石駅構内制作開始1
















上から見た 画面下の方が下り方になるので 一応青森方面というのか その踏切が 正式名称は、角田街道本郷踏切なのだが ここでは、変則的なオーバハングの警報機も部品もないので 素直に4組しゃ断の踏切にしています。 名称も 便宜上 本郷踏切に統一だ。

越河レイアウト白石駅構内制作開始2
















そして 今回は、ローカル見張線を作っていますが 白石駅構内にも このローカル見張線のホームを 作っています。 なので ローカル見張線用の本郷踏切も別に作っています。

越河レイアウト白石駅構内制作開始3
















東北本線を跨いでいるローカル見張線からだ。 まだ これから 製作予定です。

越河レイアウト白石駅構内制作開始4

















この空き地のスペースをどう埋めるか? 今回は、なるべく建物を配置しないで 見通しを良くしたいのだが そうすると畑と田んぼの部品しかないので そこが 頭を悩ませています。

越河レイアウト白石駅構内制作開始5

















ローカル見張線の交換駅からだ。 これこそが VRM5版のように自動停止での設定が出来ないので 本来は、必要ないのだが やっぱり作りたかったので 配置してみました。

今地方のローカル線では、こういう交換駅を なるべく減らして棒線の停車場みたいな感じの駅に作り直しています。 この前 気仙沼線の前谷地から柳津までを 現地調査して来ましたが この間に 唯一の交換駅の陸前豊里駅があるのですが なんか そこで保線の工事をしていたので ここも 棒線の停車場に格下げするかも知れませんね そう言えば 柳津駅も すっかり棒線の停車場になって その隣には、BRTの立派なバスの停車場というかターミナルみたいな立派な設備が出来ていました。

前谷地駅にもBRTの立派なバスの停車場というかターミナルみたいな立派な設備が出来ていました。でも まだ気仙沼線の 前谷から柳津までは、気動車のキハ110が ワンマンで走っています。

三陸自動車道も 来年には、気仙沼まで全線開通して高速道時代の幕開けです。この東北にも 本格的な観光鉄道でも 走らせるとなると 確かに難しい問題と 路線の長さが ちと気になります。

部外者なので 例えば ドでかいC57とかD51などの蒸気機関車を走らせないで 昔の豆タンクの蒸気機関車でもゆっくり 走らせた方が 面白いと思うのですが 如何せん 肝心の この鉄道模型シミュレーターでさえ 一人で 20年近く騒いでも C11などの小さい蒸気機関車を 作らない所を見ていると 本格的な大井川鉄道のような観光鉄道路線は、こちらの東北では、無理なのか

仮想鉄道模型では、タンク車は、ありませんが 一応ローカル見張線の全線の線路配置だけは、完成したので 動画で 眺めて下さい 7分45秒と 長いのですが ご覧下さい



まだ 完成まで もう少しの辛抱です。 GWまでに 完成させたいけど 気が向かないと制作しないので どうなることやら

仮想東北本線越河駅レイアウト59

昨日 せっかくブログ記事を書いてUPしたつもりが 操作を間違えて UP出来ませんでした。暇な時間が多いと ボケるのが早いのでしょうか 今日は、4月1日で 新元号が決まる日です。

昭和,平成そして新元号と 三つの元号を経験するに至って それだけ歳を取ったのか そういう流れだと 確かにVRMNXは、次世代と言えるかも知れませんね

さて仮想東北本線越河駅レイアウトの砂防ダム周辺の谷間のトンネルからトンネルの間に 逆トラス鉄橋を配置したいと思い色々やっていました。

越河レイアウト逆トラスト鉄橋シーン4

















最初に 崖部品だけを配置して逆トラス鉄橋を 配置だ。 この逆トラス鉄橋は、正式には、ボルチモアトラス鉄橋と呼ぶらしく これが なぜ逆トラス鉄橋と ここの鉄道模型シミュレーターと呼ぶようになったのかは、これまた謎なんだが おそらく このボルチモアトラス鉄橋という呼び名が 面倒なのと トラス鉄橋を逆さまに配置したのが この形だからだと 勝手に想像したのでは、、、 でも 形状が全然違うのですがね

越河レイアウト逆トラスト鉄橋シーン5

















上から見ると こんな感じで 両端のスルーガータ鉄橋で 真ん中に逆トラス鉄橋を配置してあるのですが 実際は、スルーガータ鉄橋は、128个如ゝ侫肇薀硬感兇256个函,海龍垢ざ間だと 逆トラス鉄橋が長すぎるです。
そこで 掟破りの スルーガータ鉄橋の上に重ねて配置するという神業を使用だ。

そもそも この逆トラス鉄橋の配置の仕方を 知ったのは、2005年当時に flankerさんの このレイアウトの画像を 見て初めて この逆トラス鉄橋の配置を知ったのです。その前は、本当に恥ずかしい配置をしていて このレイアウトを知ってから 鉄橋などの配置に関しては、気を付けるようになりました。

flankere8
















このリバースレイアウトは、限られたスペースで リバース区間を作ってあるレイアウトで 当時としては、傑作だと思うレイアウトでした。 そのレイアウトのファイルを頂いて それをベースの元にFプランレイアウト制作途中4というものも作っていました。

flankers4















13年近く前のレイアウトですが 今でも このレイアウトは、VRM3版のレジェントレイアウトですね

越河レイアウト逆トラスト鉄橋シーン6 
















そして今回 崖部品の上部の地面テクスチャーを変えてみました。

越河レイアウト逆トラスト鉄橋シーン7

















市松模様で 地面テクスチャーを並べて作ってみました。

越河レイアウト逆トラスト鉄橋シーン8
















どうしても この逆トラス鉄橋が使いたくて 無理やり配置しています。

越河レイアウト逆トラスト鉄橋シーン9

















とにかく こういう場面が作りたいというイメージから 無理やりトンネルや逆トラス鉄橋などを 配置してみる そこが 上手い下手という前に 自分にとって面白いかどうかが この鉄道模型シミュレーターとしてのレイアウト作りの面白味であり 本来の仮想鉄道模型シミュレーターと言えると思うのだが、、、

越河レイアウト逆トラスト鉄橋シーン10
















こんな感じで トンネルを抜けると そこに谷間が覗く景観が 地元のローカルシーンでは、多いので 尚更だ。

越河レイアウト逆トラスト鉄橋シーン11
















地元だと 仙山線や陸羽東線が 思い出しますが 山形の米坂線でも こんな感じの場所がありますね

越河レイアウト逆トラスト鉄橋シーン12
















昔は、仙山線でも 蒸気機関車が 走っていましたが 子供の頃 蒸気機関車に 乗った時に トンネルに入ると窓を閉めていた記憶がありますね 常磐線で 夜行列車で 東京まで行った時は、真夏で 車内は、満員で デッキに新聞紙を広げて座って行った記憶がありますね もう 何十年前でしょうかね 

こうやって色々思い出しながら仮想鉄道模型を 楽しんでいます。 その逆トラス鉄橋からの動画から



逆トラス鉄橋を 下から眺めた動画からです。



こちらは、上から逆トラス鉄橋を 眺めた動画です。 このブログ記事を UPした時には、新元号が発表になってるでしょうが 5月1日からが 新元号のスタートですから それまでに この仮想東北本線越河レイアウトを完成させたいですね

仮想東北本線越河駅レイアウト56

昨日の仮想東北本線越河駅レイアウトの砂防ダム制作の続きからです。

越河レイアウト砂防ダム7

















どうも 自分のPCの画像処理が おかしいのかと複線トンネルの出口付近が 斜めに傾いているように見えるのだが 昔は、こんな感じには、見えなかったような気うするのだが なんせ もう このビュアーを開いた回数なら十万回以上になるんでしょうか 画像だけでも 2万枚以上も投稿している計算ですからね

そう考えると この鉄道模型シミュレーターVRM3版は、耐久性抜群で 長持ちしかも安全で お買い得ですから 絶対のお勧めなんですが 今時 日本中探しても ここでしか見られないかも知れません

越河レイアウト砂防ダム8

















高架橋脚を配置した画像です。 デッキガーター橋にしたかったんですが 最初に線路を配置してしまったので ここは、やむなく高架曲線プレートにしてみました。

越河レイアウト砂防ダム9

















UPで見ると こんな感じです。 粗が見えてしまいます。

越河レイアウト砂防ダム10

















大体 崖の部品を垂直に近い感じで配置なんて アホのすることです。

越河レイアウト砂防ダム11

















それでも 地形テクスチャーを なるべく使わないで やるには、こうする方法が一番手っ取り早くていいんです。最近RaillSimの 画像を眺めていたら こういうローカルシーンなどの地形というか部品で埋めるというのを 見付けて これだと思いました。

又 動画で 気分転換だ。



国見峠付近を 駆け上がる貨物編成の動画から 画像は、良くないが こういう雰囲気が大好きなので 鉄道模型じゃ味わえない 鉄道模型シミュレーターVRM3でしか出来ない 自分でレイアウトを作って そして列車編成を走らせて 動画にして人に見せびらかして その反応を楽しむ これが 自己完結・自己満足ゲームのおいちゃん流の楽しみ方だ。 
アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
Archives
livedoor プロフィール

おいちゃん

鉄道模型シミュレーターVRM3専用の分室です。難しい話は,一切ナシ ただレイアウト等を作って自分のお金で楽しむだけの人 大歓迎 !

鉄道模型が 大好きな癖して ひとつも持っていない ただ 人の物を眺めるのが趣味な変なおっさんです。 

QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ