新VRM3★井戸端会議

VRM3こそお金が掛からない大人の一人遊びだ。そういう考えの方どうぞ!

VRM3動画

仮想東北本線越河駅レイアウト189-特急・急行18

特急・急行シリーズの第18弾から 中央東線の115系横須賀色急行12両編成からの紹介だ。

越河レイアウト特急シリーズ18-115系横須賀色1
















この115系中央東線というのは、VRM3版の追加キット11に入っている車両です。

越河レイアウト特急シリーズ18-115系横須賀色7





















この115系中央東線横須賀色だけでも 16種類の車両が入っています。

越河レイアウト特急シリーズ18-115系横須賀色2
















余程この115系横須賀色が 好きだったんでしょうかね

越河レイアウト特急シリーズ18-115系横須賀色8













その後のVRM5パッケージ版では、これだけの種類を しかも14号+と15号+の両方に入れてますからね

越河レイアウト特急シリーズ18-115系横須賀色3
















物事の全ては、好きか嫌いかで 判断されるが持論のおいちゃんからすると これは、完全に作る人が好きな部類に入る車両だと思うんだね 

越河レイアウト特急シリーズ18-115系横須賀色4
















目の肥えた上級者さんなら この鉄道模型シミュレーターの車両に関しては、良し悪しが わかるかも知れませんが おいちゃんのような下々には、良し悪しよりも 高いか安いか使えるか使えないかが 判断基準なので 

越河レイアウト特急シリーズ18-115系横須賀色5
















当時 記憶は、定かじゃないのだが 1800円くらいで この追加キットのCDロム版が購入出来たので おそらくプレミアチケットを集める為に 名前も知らない この115系を 購入していたと思うのだ。

越河レイアウト特急シリーズ18-115系横須賀色6
















そういう趣味のコレクターとしての車両集めこそが 本来の仮想鉄道模型としての鉄道模型シミュレーターだったような気がするのだが やっぱり最近の鉄道模型シミュレーターは、車両に関してもマニアック過ぎるように感じるのだが 誰も そういう発言がないので おいちゃんだけが そうなのか 未だに なぜ あのC11のような蒸気機関車(タンク車)を 作らないのか? 20年近くも書き続けてるのだが D51なめくじも 消えてしまったしね




仮想東北本線越河駅レイアウト188-特急・急行17

特急・急行シリーズの第17弾から 115系湘南色急行12両編成からの紹介だ。

越河レイアウト特急シリーズ17-115系湘南色1
















この 115系湘南色が VRM3版のどのバージョンに入っていたのか 思い出せないんだが 昔は、すぐにCHOさんのHPを 開けば VRM3版の車両や部品に関しては、一発で わかったのですが 20年近くも経過すれば そりゃ削除もされるのでね

越河レイアウト特急シリーズ17-115系湘南色2
















かと言って じゃあ自分は、全て このVRM3版も関しては、資料があるのかといえば 全てでは、ないので この前 一番最後に153系湘南色の電車が 揃って 全部揃ったと喜んでいましたが 追加キット23のE231系近郊形グリーン車という二階建て車両だけは、 まだ揃っていなかったみたいです。

越河レイアウト特急シリーズ17-115系湘南色3

















まあ車両に関しては、そうですが この鉄道模型シミュレーターを 全部フルに揃えるしかも VRM4、VRM5そしてVRMNXと バージョンが増えて行くと 余程自己管理が 行き届いていないと 自分に所には、一体どれだけの車両があって どれがないのか? そして ここが問題の どの号数のバージョンに入っているのか もしくは、追加キットに入っているのか? それすら 今の現状では、VRM4以前の車両に関しては、調べようがないのでね そういう意味でも 「VRMの日」と 騒いでいる割には、 そういう車両画像を 全部紹介している場所が少ないのでね

越河レイアウト特急シリーズ17-115系湘南色4
















今 自分の所のCDROMを 調べていたら この115系湘南色の電車は、「はじめる!鉄道模型シミュレーター3」という初心者用のセットに入っていました。 後で 紹介する115系中央東線横須賀色の電車が 追加キットで出ていますが すっかり それと 一緒になっていると勘違いしていました。

越河レイアウト特急シリーズ17-115系湘南色5
















そこなんだよね この鉄道模型シミュレーターの自分が持っている車輛が どの号数なのか追加キットの車両なのか ちゃんとした 大きな画像を添付してあるガイド本やサイトがないと わからないのだ。

越河レイアウト特急シリーズ17-115系湘南色6
















そして 同じ湘南色の電車でも この115系だと 他とは、これまた違う感じの色合いでね ここからして 画像で確認しなければ まったく わからないのだ。 でもパッケージの画像は、もっと色鮮やかで 誤魔化されたと最初思ってしまう感じですがね 

越河レイアウト特急シリーズ17-115系湘南色7
















ここだけは、とにかく車両の画像を見せる事に心掛けているので まあ これは、ここが自分にとってのVRM3版ウィキペディアだと自負は、しているのだが なんせ 記事が5500本近くで 画像に関しては、2万点近くUPしているので この13年以上の中から検索するのが 中々探せなくて困っているのだ。

この前の記事の「10年目の変遷2」を 探すのも ボケ頭で 大体この年に書いたんじゃないのかと 調べてみたが なんだかんだで2時間近くも掛かってしまいました。

越河レイアウト特急シリーズ17-115系湘南色8



















なので 直接VRM3版とは、関係ないVRM5版の115系も この際ここに載せて置きました。 VRM5版の車両と比べて 初めて VRM3版の車両の良さもわかるのでね

こうやって 並べて見比べたり その同じ種類でもなぜ こうも種類の数が違うのか?そこら辺を 自分なりに追求するのが これまた 楽しいのだ。

仮想東北本線越河駅レイアウト187-特急・急行16

特急・急行シリーズの第16弾から 165系湘南色急行12両編成からの紹介だ。

越河レイアウト特急シリーズ16-165系1
















10月3日に 同じ湘南色の153系を 紹介しましたが この他に湘南色は、115系と113系もあるのですが

越河レイアウト特急シリーズ16-165系2
















あんまり この165系湘南色は、ほとんど使わない事が多かったですね

越河レイアウト特急シリーズ16-165系3
















確かVRM3版での0号に 入っていたような気がするのだが ご覧の通り 見た目がVRM2版車両のような感じで ちょっと色が 派手なので どうしても 後で紹介する115系湘南色を 使ってしまいますね

越河レイアウト特急シリーズ16-165系4
















153系は、前面オレンジ色塗装でしたが こちらの165系は、半分までがオレンジ塗装だ。

越河レイアウト特急シリーズ16-165系5
















それにしても ここの中の人は、 この湘南色が好きですね〜 まあ地元だから しょうがないか

越河レイアウト特急シリーズ16-165系6
















2018年7月に書いていた記事でNゲージ鉄道模型と この鉄道模シミュレーターの車両に関して 今現在の値段は、高いのか安いのか 165系急行湘南色の車両で 考えてみるから紹介だ。

越河レイアウト特急シリーズ16-165系7














VRM3版の0号に入っていた 165系から 考えて見ると この0号には、全部で車両の総数が42両で 当時の販売当初の値段が8500円で その内 165系編成は、5両が 入っていました。

なので 発売当初の値段で計算すると 1両当たり約200円の見当で 最終に近い頃だと半値くらいで ネット上では、売られていて そこから計算すると 1両当たりなんと約100円の計算なのだ。

今現在のVRMonLIneのパーツショップからだと

越河レイアウト特急シリーズ16-165系8













国鉄165系急行形電車基本セット3300円と 国鉄165系急行形電車中間セット3740円の二種類があるみたいですね 両方とも 7両セットとして売られています。 基本セットが 1両当たりで471円で 中間セットが 1両当たりで534円だそうだ。ちなみに KATOのNゲージだと古い資料だと 基本セット3両で7800円で増結3両セットで5000円の 6両セットで12800円だから 1両当たりだと約2133円だ。

この1両当たり VRM5版が 約500円に近い値段で KATOのNゲージが 1両当たり約2133円と 約4倍近い値段の差があるのだが まあ あんまり 比べるに足りない話なのだが 

VRM3版から もう少しで 約20年近くなり この鉄道模型シミュレーターを考えた場合 このNゲージ車両に対して 今の現状の3DCG車両の出来で この価格は、適正いや 市場の需要と供給の関係から考えれば妥当なのか? そこが 気になってVRM3版の場合は、バージョンが新しくなる少し前から 市場でも値段も下がり 最後の方は、半分近くになったのだが

鉄道模型シミュレーターのライバルは、Nゲージ鉄道模型じゃなく 今は、他の鉄道シミュレーターゲームじゃないのかが 自分の考えなんだが  昔みたいに 大量に作らず 高くても 欲しいと思った人だけを対象でいいという OJゲージの鉄道模型の考えも わかるのだが 昔のVRM3版の時のような 誰でも作れて遊べる鉄道シミュレーターゲームも あってもいいと思うのだがね〜 と 去年は、ここで書いていましたが

今は、なるようにしかならないので そういう「誰でも作れて遊べる鉄道シミュレーターゲーム」という考えは、今の時代には、そぐわないかも知れないね

今出来るのは、

RailSimのTwitter記事から凄い動画を発見だ。

kurage7000-RailSim1




















ここのKurage7000さんのような動画を まだ このVRM界隈じゃ最近見ていないので紹介だ。と言っても Twitterの記事を そのままコピーして貼り付ける方法が わからないので 



と 書いたが なんか埋込みを 使ってHTMLに貼り付けたら出来ていました。 要は、この動画が 如何に凄いか! 再生回数が 5日間で 54567回ですよ もう こういうのを見てしまうと 俺は、一体何をやっているのだろうか?と 自己嫌悪に陥って 色々過去の新VRM3★動画を 漁っていましたが 何も出て来ない

で 自分の中では、このVRM3版として そこそこ楽しめて動画を作っていたと感じてた この動画を紹介だ。



3年前の2016年5月にUPした仮想津軽海峡線S字コーナー3線踏切編という動画からだ。3年前にUPしたにも関わらず 未だに169回の再生回数という ほとんど この踏切動画が好きでない人しか見ない動画だ。

でも 考えて見れば このVRM3版で 今出来る動画に関しては、自分の技量じゃ このレベルなのでね まあ しょうがないかと 半分は、諦めては、いるのだが それでも 近付きたいですね〜

それにしても RailSimのパワーに圧倒されますね 技量と知識があれば やりたかったけど そもそも 途中から始めたおっさんの努力と勉強は、したくないというズボラな遊びの考えだ。

仮想東北本線越河駅レイアウト186-特急・急行15

特急・急行シリーズの第15弾から 281系関西空港線特急はるか7両編成からの紹介だ。

越河レイアウト特急シリーズ15-281系はるか7



















281系関西空港線特急はるかは、VRM3版でしか知らなので 画像だけ紹介だ。

越河レイアウト特急シリーズ15-281系はるか1
















本来は、6両+3両の9両編成が 基本みたいですが なぜか7両編成で 走行させています。

越河レイアウト特急シリーズ15-281系はるか2
















モダンな車両です。としか 言いようがないのだが

越河レイアウト特急シリーズ15-281系はるか3
















関西空港から 京都までの特急らしいのだが 大阪までは、南海電鉄の特急ラピートと競合して走行しているみたいだ。

越河レイアウト特急シリーズ15-281系はるか4

















屋根の上にJRのロゴが でっかく表示してあるのが 珍しいです。

越河レイアウト特急シリーズ15-281系はるか5
















この281系関西空港線特急はるかは、VRM5版には、ないみたいです。どうして作らなかったのでしょうかね

仮想東北本線越河駅レイアウト185-特急・急行14

特急・急行シリーズの第14弾から 157系日光型貴賓車のお召列車5両編成からの紹介だ。

越河レイアウト特急シリーズ14-157系貴賓車7
















本当は、こんな感じの157系のお召し列車編成なんですが 今回は、クロ157系貴賓車は、9両編成の3両目に配置されるのですが 今回は、クロ157系が 先頭車両になっている掟破りのお召列車編成からの動画だ。

越河レイアウト特急シリーズ14-157系貴賓車1
















とにかく このクロ157系日光型貴賓車を 見せたかったので 実際には、あり得ない先頭車両からの動画だ。

越河レイアウト特急シリーズ14-157系貴賓車2
















でも 考えてみると お召列車の貴賓車なら なぜ このような運転台が ある車両に わざわざする必要があるのか? そこら辺が よくわかりません 今までのお召列車のように 単に貴賓車という客車を牽引する157系編成の一部の車両でも 良かったような気がするのだが なんでも 簡素化した車両にして 小旅行やプライベートの移動に使う目的とも書いてありました。

越河レイアウト特急シリーズ14-157系貴賓車3
















わざわざ 貫通扉を作ってまで お召列車仕様にしたらしいのだが そんなに使う事もなく 後年には、団体列車の一部編成にも 組み込まれたともあるとも 書いてありました。

越河レイアウト特急シリーズ14-157系貴賓車4
















今は、E655系「なごみ和」が お召列車編成になっているみたいですが 普段は、貴賓車だけを外した団体専用列車として一般の人が乗れるみたいですが やっぱり昭和天皇の時代までのお召列車が 本当の意味でのお召列車じゃないのかと 昭和の人間は、思うのだが まあ時代も 平成から令和の時代に変わってますからね

仮想東北本線越河駅レイアウト184-特急・急行13

特急・急行シリーズの第13弾から 157系白根9両編成からの紹介だ。

越河レイアウト特急シリーズ13-157系白根1
















最初 どの路線を走っているのか わからなくて東海道本線かと思ったのですが 

越河レイアウト特急シリーズ13-157系白根2
















吾妻線という 群馬県の上越線の渋川から草津温泉などがある観光路線だったみたいです。

越河レイアウト特急シリーズ13-157系白根3
















が 今現在が どうなっているかは、よくわかりませんでした。

越河レイアウト特急シリーズ13-157系白根4
















なんせ 1959年に運用された国鉄電車の日光形というデラックス電車だったらしいのだが その後 1975年に運用が 無くなったらしいので まさに国鉄時代の特急電車だったみたいだ。

越河レイアウト特急シリーズ13-157系白根5
















でも こうやってUPの画像を 眺めていると まんざらでもない面構えで ハマりそうな先頭部からだ。

越河レイアウト特急シリーズ13-157系白根6
















この頃の国鉄電車も 当時の自動車もこの前照灯(ヘッドライト)が とにかくデカかったね まあ そういう時代だったんでしょうかね

仮想東北本線越河駅レイアウト183-特急・急行12

特急・急行シリーズの第12弾から 157系あかぎ9両編成からの紹介だ。

越河レイアウト特急シリーズ12-157系あまぎ1
















この157系は、VRM3版の はじめるシリーズに入っていた車両です。

越河レイアウト特急シリーズ12-157系あまぎ2
















そして これを購入したのが なんと2001年のVRM3版が発売されたから9年後の VRM5版が 出始めた頃に廃盤スレスレで 購入したと 2009年12月の自分にご褒美だぜ!には、書いていました。

越河レイアウト特急シリーズ12-157系あまぎ3
















そう言えば 自分にご褒美も 去年の10月までで 今は、働いていないので この暇な時間がご褒美かも知れませんね 金は、ないけど VRM3版と向き合う時間だけは、増えたのですが 中々次のレイアウト製作に手が出ませんね

越河レイアウト特急シリーズ12-157系あまぎ4
















それだけ この仮想東北本線越河駅レイアウトが 使い勝手が良くて 自分の中では、東北本線の越河付近のイメージが 焼き付いているので 動画で車両を走らせていると ついつい現場作業などで 行っていた時を思い出してね 

越河レイアウト特急シリーズ12-157系あまぎ5
















確かに レイアウトの作りに関しては、まだまだ下手ですが 鉄道の現場は、結構見て来たので 自分なりに少しは、他の人とは、違う視点で レイアウトを 作っている自負は、あるんだね

越河レイアウト特急シリーズ12-157系あまぎ6
















とくに踏切に関しては、自信があるのだが VRM3版では、踏切警報機が点滅しないのと方向指示器がないので そこが  とても残念なんだが その分 踏切動作に関しては、リアルに作っているのでね

そういう自分なりの特長を 限られたVRM3版というゲームの中で 如何に 表現するのか 線路と築堤部品を道床として一体となって表現するという技術を パクっては、それも自分の物にしてしまう そういう所が 面白かったのですが そのパクる参考になるレイアウトが VRM3版には、もう出て来ないのでね まあ そこら辺の話しは、まとめて その内 書いてみるか 

仮想東北本線越河駅レイアウト182-特急・急行11

特急・急行シリーズの第11弾から 251系サロンエクスプレス踊り子号8両編成からの紹介だ。2017年8月に251系スーパービュー踊り子号を走らせるで この251系サロンエクスプレスの話しを書いてましたが やっぱり251系スーパービュー踊り子号の方が 馴染みがあるように感じますね

越河レイアウト特急シリーズ11-251系サロンエクスプレス踊り子3
















251系のリニューアルする前の初期バージョンの車両で これをVRM3版で表現するには、この曲面ガラスなど 一番苦手な表現方法を使わないと描写出来なかったので あんまり接近した画像は、イマイチだ。

越河レイアウト特急シリーズ11-251系サロンエクスプレス踊り子4
















というか 未だに このVRM3版登場の初期の車両に関しては、VRM2版車両の焼き回しという疑念があるので よくわからないのだ。 まあ 台車廻りを眺めれば 機関車関係は、すぐ わかるのだが この特急電車になると
横の窓の描写で ギザギザ窓が 気になってね

越河レイアウト特急シリーズ11-251系サロンエクスプレス踊り子5
















自分も 塗り絵などをしていると この曲線部分というのが ペジェ曲線を使えば綺麗に表現出来るのだが 面倒なので ほとんど使わないのだが まあ 要は、描く時に大きく描いて縮小すれば 少しは、よく見えるのだが そこまでの技量と根気がないので いつも いい加減に塗り絵をしていますがね

越河レイアウト特急シリーズ11-251系サロンエクスプレス踊り子6
















作れもしないのに 文句言うな!と お叱りを受けそうですが だからこそ お金を払って車両を購入しているのでね そういう意識は、作り手の方が お分かりなのか 一旦 こういった素人目で見ても イマイチな車両は、 そのままでは、リメーク版としては、作らないというのが ここの鉄道模型シミュレーターの方針みたいですね

越河レイアウト特急シリーズ11-251系サロンエクスプレス踊り子2













こんな感じで VRM5版では、リメーク版が登場して すっかり 前のVRM3版は、削除されたみたいですが そうは、行きませんよ VRMの歴史ですからね それが10月23日のVRMの日と決めた以上は、 こういう過去の車両があったからこその 今のVRMですからね お隣の国と同じで しつこい性格かも知れませんね

越河レイアウト特急シリーズ11-251系サロンエクスプレス踊り子7
















それでも VRM3版とVRM5版では、車両自体の外観は、全然違うのですが 窓を 全部スモークガラスで 逃げていますが これって 中の座席などは、明かりが点くと見えるのでしょうかね

越河レイアウト特急シリーズ11-251系サロンエクスプレス踊り子8
















そこら辺の 細かい描写が これから益々この鉄道模型シミュレーターには、求められるので いつまでも
Nゲージの仮想鉄道模型という逃げは、許されません そう天賞堂やムサシノモデルのような高価な鉄道模型の 仮想鉄道模型として位置づけして来ているのでね

越河レイアウト特急シリーズ11-251系サロンエクスプレス踊り子1
















で なければ 何十万という お金を投資して この鉄道模型シミュレーターを 愛好しているユーザーに対して自作車両以上のプロの車両を 作って貰わないと お金は、取れませんのでね そこが 前から気になっていて 
自分で ハードルを上げて どうするのか? 益々新しい車両が 出て来なくなるんじゃないのかと

今回のVRM5版の鉄道模型シミュレーターNXアンロックバージョンが その答えなのか よくわかりませんが この映画の3DCG関係の世界やゲームの世界を眺めていると より実車に近いリアルを求めるのか それともアニメションに近い3DCGの車両として進化して行くのか 過渡期なんでしょうかね

越河レイアウト特急シリーズ11-251系サロンエクスプレス踊り子1
















まあ そういう流れの中で なんでも新車じゃなきゃ駄目という人と 使えれば中古車でも十分という自動車の様に このゲームの世界にも なんでも新製品じゃなくても 我慢して古い製品でも使えれば それでいいやという階層が 現れて来ないかな〜と 少しは、期待しているのですがね

おいちゃんの なまず君も来年で16年に入るみたいでね まだまだ十分 調子が良くて 税金は、高いけど 車検を来年受けて そのまま延長して使う予定だ。なぜ この鉄道模型シミュレーターゲームだけは、そう行かないのか それが 鉄道模型の上級思考と似ている部分かも知れないと分析しています。

因みに なまず君を 購入した金額は、鉄道模型シミュレーターNXアンロックバージョンとVRM5版を 全部揃えた金額と ほぼ同じくらいでしたが 初めての3ナンバーだったのでね それまでは、軽自動車だったからね 一旦 上の物に手を出してしまうと 下は、見られないからね わかるね その気持ち でも 間違っても 新車じゃ
500万以上近くもしてしまう最上級車が 格安で手に入れば 少し気持ちが動いてしまうんだね 

死ぬまでに 一回は、自分で 3ナンバーを運転してみたいという まあ これで 岡山や青森など あっちこっち行っているのでね クルーズコントロールで 高速を楽ちん運転だ。この鉄道模型シミュレーターでも 夢を見て見たいもんだね

仮想東北本線越河駅レイアウト181-特急・急行10

特急・急行シリーズの第10弾から 185系伊豆踊り子号15両編成からの紹介だ。
国鉄時代の優等列車で 後で紹介する157系の後継機として登場したとも書いて有り 又 153系と併合運転したりと結構 忙しく活躍した車両みたいですね

越河レイアウト特急・急行シリーズ10-185系伊豆踊り子号1
















1982年6月23日の東北新幹線開業と同時に185系200番台を使用した新幹線リレー号としても登場していました。 これに昔 乗っていた頃がありました。大変不便でした。乗り換えが

越河レイアウト特急・急行シリーズ10-185系伊豆踊り子号2
















やっぱり東海道線を走って伊豆半島まで足を延ばすドル箱列車だったので 15両編成だったんでしょうかね

越河レイアウト特急・急行シリーズ10-185系伊豆踊り子号3
















この緑の斜めストライプは、185系0番だそうです。

越河レイアウト特急・急行シリーズ10-185系伊豆踊り子号4
















最初は、興味がなかった185系ですが 意外と 長編成を 組んで走らせると これが 又 カッコいいのです。

越河レイアウト特急・急行シリーズ10-185系伊豆踊り子号5
















そういう車輛が このVRM3版には、意外と多くてね 要は、長年眺めていると愛着を感じてしまう車輛が多いのです。 なんででしょうかね

越河レイアウト特急・急行シリーズ10-185系伊豆踊り子号6
















VRM5版の車両とは、少し違う味わいがあるのだが これだけは、説明のしようがないのだが

越河レイアウト特急・急行シリーズ10-185系伊豆踊り子号7













まあ最後は、気持ちの問題か 素人なので この3DCGの上手い下手は、わからないから このVRM3版で 我慢出来ているのかも知れませんが どこかで 妥協するのも ひとつの方法かもね

アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
Archives
livedoor プロフィール

おいちゃん

鉄道模型シミュレーターVRM3専用の分室です。難しい話は,一切ナシ ただレイアウト等を作って自分のお金で楽しむだけの人 大歓迎 !

鉄道模型が 大好きな癖して ひとつも持っていない ただ 人の物を眺めるのが趣味な変なおっさんです。 

QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ