新VRM3★井戸端会議

VRM3こそお金が掛からない大人の一人遊びだ。そういう考えの方どうぞ!

VRM3動画

お遊び5編成並走レイアウトから26

跨線橋のあるローカル駅の 周辺を作っていたら ビュアーで確認作業しながら進めていたのだが ついついローカル駅のホーム上から 上下線の通過列車編成を 眺めていたら このロケーションにハマって遊んでしまいました。

5編成並走スタジアム跨線橋がある駅ホームホーム1

ここで 使っているローカルホームは、IMAGIC版のローカルホームを使用しています。

5編成並走スタジアム跨線橋がある駅ホームホーム2













ここから 通過する列車の最後尾を 追いかけるのが 大好きなロケーションなんですが

5編成並走スタジアム跨線橋がある駅ホームホーム3

ここの見張本線は、貨物編成と気動車が 併用して走る区間なのでね こちらの東北だと どこでしょうかね 羽越本線でしょうかね でも このキハ40系は、走っていませんからね 今は、たぶん

5編成並走スタジアム跨線橋がある駅ホームホーム4

中々どうして VRM3版のキハ40系首都圏色も 迫力があっていいねえ〜 ついつい見てしまいます。

5編成並走スタジアム跨線橋がある駅ホームホーム5

プレミアチケットのキハ110系も 近くで眺めると いいねえ〜 遠くからだと 目立たないのだが

5編成並走スタジアム跨線橋がある駅ホームホーム6

なぜ 今回この跨線橋のある駅のホーム上からの眺めを紹介したかというと このIMAGIC版のローカルホームの高さなんだね その前に 学習だ。駅のホームの高さは、日本の場合は、基準が決まっているらしくて なんでもレール上面の高さからホーム面の高さが それぞれ決まっているらしいのだ。

最近の通勤電車などに合わせた駅ホームは、高さ1100个如|亙の電車及び他の列車の供用が高さ920个世修Δ任后 昔の客車用に合わせたホームの高さが760个如|亙や田舎に行くと 列車が停車するホームだけは、高さ920个砲さ上げされて それ以外は、760个板磴なっているホームも見掛けます。

さて このIMAGIC版のローカルホームは、おそらく920个帽腓錣擦萄遒辰討い襪澆燭い如.ハ110系の扉と ほぼ同じ高さになっています。

5編成並走スタジアム跨線橋がある駅ホームホーム7

最初 このコンテナ貨物編成のコキ100形が どうして ホーム面より高くなるのか ホームの配置で高さを間違えたと思ったら このコキ100形の台車の高さが1000个函,海硫菫のようにホームより上になるのが 今回やっと気づきました。 これ昔作ったUSO貨物編成レイアウトでは、無理して このローカルホームをコキ100型の台車の高さに合わせていましたが 大きな間違いだったと 今頃気付きました。

5編成並走スタジアム跨線橋がある駅ホームホーム8

もう最近の都市のホームなどの 滑り込むようにして入線する通勤電車や 東北本線の長町駅や太子堂駅の高架駅を通過する貨物編成のイメージが浮かんでしまい そのイメージで ずっと引っ張っていたのを 反省だ。

5編成並走スタジアム跨線橋がある駅ホームホーム9

思い込みは、行けませんね でも 他の田舎のローカル駅のホームで 何十回も 貨物編成が通過する姿を見て来たのですが まあ そこまで興味を持たなかったのでね まあ そういうもんだ。

動画も 作ったので 見て下さい

お遊び5編成並走レイアウトから23

見張本線に踏切を2箇所配置した 踏切動作確認の動画から紹介だ。 まずは、踏切Aの2組しゃ断機の踏切からだ。

5編成並走スタジアム見張本線踏切A-3












見張本線の下り線を 分線に入線するキハ40系首都圏色の編成からだ。

5編成並走スタジアム見張本線踏切A-4

見張本線の上り線を 走行するEF8189カシオペア色牽引の貨物編成からだ。これヘッドマークなしの車両を使えば良かったと反省だ。まずは、その踏切A2組しゃ断機からの踏切動作確認の動画からだ。



カーブしてからの踏切を 通過する貨物編成が 好きでね どこが最初の5編成並走スタジアムレイアウトと関係あるのか 自分でも わからなくなって来ましたが まあいいかだ。

因みに この見張本線の踏切の警報機は、上り線側の名称は、X2で 下り線側は、X1という名称にして しゃ断機は、上り線側が WB2で下り線側がWB1という名称だ。どうしてなんて 聞かないで まあダイヤと見方が同じなのかどうかは、知らないが 上りは、偶数、下りは、奇数なのかどうかは、専門家じゃないので 知りませんが 実際に踏切で警報機とかしゃ断機には、番号が 付いているのでね
 それと あの障害物検知装置にも 番号が 振り分けられているのでね


5編成並走スタジアム見張本線踏切B-3


こちらは、踏切Bの4組しゃ断機の踏切からだ。本来この踏切のしゃ断機は、この手の踏切しゃ断機が 4台ある踏切は、2組と呼ぶみたいだが ここのしゃ断機は、4台配置してあるのだが 上り線側が WB2だと仮定すると その反対側の対角線側の下り線のしゃ断機は、WB1で その道路の向こう側がWB3で 上り線側の対角線側がWB4と 名称が付けられ まあ キリがないので ここまでだ。

5編成並走スタジアム見張本線踏切B-4













ここの至近距離の踏切と踏切の間隔が 例えば200mも離れていないとすると このようなコンテナ20両編成近い貨物編成だと その全長が 400m近くに達してしまうので 二つの踏切を 跨ぐ感じになってしまうんだね 強風の影響とか トラブルで 列車が 詰まって来ると さあ大変だ。 まあ その為に閉塞信号機があるのだが それが駅構内とかに近い踏切だと 簡単じゃないのだね 

その対策が 続行列車対策とかで これまた 難しい信号機との関係とか 終動点や始動点の制御子の制御長(ここでいう踏切センサーみたいなものか違うか)に 引っ掛からないように 列車を停車させたりと だから 昔は、地元の東北本線の南仙台〜岩沼間などは、ダイヤが乱れると開かずの踏切になって大変だったと 知り合いから聞きました。まあ あんまり関係ないか 

踏切Bの4組しゃ断機の動作確認の動画からだ。



この踏切しゃ断機が 列車が通り過ぎてしゃ断棹が 上昇するタイミングなのですが これが意外と 迷うんだね 踏切道の中に しゃ断動作の開くで 踏切センサー(音源センサー)を配置しても いいのですが あんまり早過ぎるのも 鉄道模型みたいで嫌なので 踏切道じゃない線路に配置しています。 なんか 実際の踏切の 踏切動作のしゃ断機の動作終了の上昇する為の終動点と呼ばれる踏切制御子の位置は、必ず踏切道を過ぎた所にあるのかと 思ったら なんでも そうじゃない場合もあると 噂で聞きました。

その為に 時間を稼ぐ回路を作ったりリレー組み込んだりと アホな おいちゃんには、当然 わからない世界の様です。 まあ こちらは、あくまでも お遊びVRM3ですからね 本格的に 連続して鉄道模型を走らせるレイアウトで こんな感じで 至近距離に踏切を2箇所以上も配置するとなったら かなりの事情通じゃと 難しいみたいですね

とくに駅構内の踏切は、実際の踏切でも かなり面倒な配線が必要だとも 噂で聞きました。

お遊び5編成並走レイアウトから21

跨線橋のある駅の ビネットBとローカル交換駅Aのビネットを配置して 見張線の本線と分線の同時走行のテスト走行をしてみました。 結果は、上々で 意外と 上手く行きました。 まあ まぐれみたいなもんですが 分線のレイアウトの線路の長さが 丁度 良かったみたいです。動画も 作ってので 後で報告だ。

その前に 見張線下りの分線で 5編成並走線路の下を通り抜けするトンネルですが 最初 走行させるまで気が付かなかったのですが どうも あの築堤部品とコンクリートスロープ部品が トンネルを 塞いでいました。

5編成並走スタジアムVRM3ビネット内側8

そして この見張本線の築堤部品も この分線に被さって来ていたので コンクリートスロープで 防護壁を 作って見ました。 この平地+70伉の築堤の高さの部分を くり抜いて トンネルで 貫通させるのは、至難の技ですね だから 本当は、地形じゃなく 最初から コンクリートのトンネルの地肌が見える感じにして その上に 線路を 配置した方が 良かったような気がします。

5編成並走スタジアムVRM3ビネット内側9

そして 一番の問題だったのが この部分だ。上を 5編成並走用の線路が5本も配置してあるので その道床として築堤を5本も配置して その両端を コンクリートスロープで挟んだ格好で 架線柱を配置していたのだが それが裏目に出てしまいました。

最初 それに気が付くまで 時間が掛かってしまいました。結構うまくまとまって出来ていた配置だったので 手直しとか 削除など 全然考えていなかったので それで頭が 廻りませんでした。

結局 このトンネル部品と重なる部分の築堤とコンクリートスロープは、削除して 平地作成で+63个硫爾鯔笋畊んで そこに バラストの地形テクスチャを貼り付けました。

こんな単純な事に1時間も掛ってしまいました。 とにかく 昔やっていた事を忘れてしまってね 地形とか 地形テクスチャの貼付けとか 一番苦手で あのギザギザが 大嫌いでね 地形も なでらかに作りたいのだが 中々難しくて 出来ませんね  まあ この程度で 勘弁だ。

さて 今回の目的でもある 見張本線と見張分線の車両編成を 同時に走行させるテストからだ。

5編成並走スタジアムVRM3ビネット内側10

こんな感じで まだ制作途中だが 見張本線の上り線から分線して また 見張本線の上りに合流するように レイアウトを作っています。

5編成並走スタジアムVRM3ビネット内側11

そこで 問題になって来るのが この分線のレイアウトの長さなんだね この上りの分線の長さは、見張本線の全体の長さに比べると 1/3程度の長さで 見張本線の貨物編成が 一周して来る間に2回程 周回しているみたいで これは、意外とうまく行きましたね 

5編成並走スタジアムVRM3ビネット内側12

上は、下り線の分線に入る所からだ。

5編成並走スタジアムVRM3ビネット内側13

こちらは、見張本線の下りの分線との合流部分からだ。

逆に こちらの見張本線の下りから分線している方の長さは、見張本線の全長と それほど大きく離れていないようで こちらも 30分以上テストしてみましたが 衝突は、しませんでした。

まあ たまたま上手く行ったかも知れませんが 要は、アナログの自動運転みたいなもんですからね 色々挑戦するのも 鉄道模型シミュレーターの お遊びの一環だ。

見張本線の上りと分線上りの合流付近からの動画からだ。 これ説明しても だからどうなんだで 終わりですが
本人としては、結構 面白いと思ってやってみましたが まあ自己満足だ。

お遊び5編成並走レイアウトから13

お遊び5編成並走レイアウトに 新しく踏切Bを 配置した踏切動作確認動画から紹介だ。

5編成並走スタジアムレイアウト踏切b-5

















踏切警報開始からしゃ断動作の終了まで 約15秒、しゃ断動作の終了から列車の到達まで約20秒で 踏切警報開始から列車の到達まで 約30秒だが ここでは、全て省略 時短で 踏切しゃ断を行っています。 でも時間差しゃ断動作だけは、きっちり行っています。

 

まずは、踏切道を 正面から 眺めた動画からだ。



斜め前からの踏切しゃ断動作確認から



反対側からの 踏切しゃ断動作からの動画からだ。

踏切警報灯も点滅しないで 何が踏切動作確認だと自分でも思うのだが まあ いいじゃないか そもそも 鉄道模型にしろ この歳で 遅れて始めたのでハンディーがあるのです。本屋に行って鉄道模型雑誌を眺めても なんか しっくり来なくてね どう考えたって あの自作車両とか 自作レイアウトを眺めていると こりゃ絶対自分には、無理というか あの天賞堂とかIMONなどの 一桁違う値段のウン十万もする機関車などを 眺めていると 世の中 住んでる世界と言うのか 趣味の世界とは、こんなものかと 思ってしまうとだ なんとしても 自分の世界の鉄道模型趣味を 確立してみたいという気持ちが強いのだ。

ここの鉄道模型シミュレーターのVRMNXに なってからの自作車両にしても なんか 鉄道模型雑誌の自作車両と似た感じになって来たように思えて これって メーカーさんと 対等それ以上の自作車両も 出て来ているようですが それが 全部 会議室のDLコーナーにUPされるのかどうか 

そして ひとつ危惧しているのは、ここの鉄道模型シミュレーターの歴史を振り返ると 新しいバージョンに移行して来ると 前のバージョンで活躍していた上級者さんが いつの間にか 表に出て来なくなる傾向が 意外と多かったのでね 昔と 違って 誰かが先頭を 引っ張るという時代でも ないのかも知れないのだが 車両制作に関しては、メーカーさんが どういうスピードで 新しい車両を作ってい行くのか 自作車両と メーカー車両の この関りが 外野だが 気になりますね

お遊び5編成並走レイアウトから10

お遊び5編成並走レイアウトの話の続きからだ。今回は、試しに 5線路の間から眺めるようにカメラを配置して 眺めて見た動画からだ。こんな感じで 動画を撮るのは、何年ぶりでしょうかね 一番最初に動画をUPした頃の「誰でも遊べる複々線レイアウト」2002年頃以来でしょうかね

103系15編成並走踏切通過C-1
















1番線が103系初期形低運転台エメラルド色で 2番線が103系初期形低運転台スカイブルー色そして3番線が 103系初期形低運転台オレンジ色その隣が4番線103系初期形低運転台ウグイス色そして5番線が103系JR低運転台カナリア色からだ。

103系15編成並走踏切通過C-2















1番線を103系JRスーパー大窓カナリア色そして2番線を103系JRスーパー大窓ウグイス色その隣を3番線を103系JRスーパー大窓オレンジ色その隣の4番線を103系JRスーパー大窓スカイブルー色そしてその隣の5番線を103系JRスーパー大窓播但線色からだ。

103系15編成並走踏切通過C-3
















1番線には、103系低運転台仙石線色の仙石ライナー色を2番線には、103系JR高運転台スカイブルー色で 2番線には、103系JR高運転台オレンジ色から その隣の4番線は、103系JR高運転台ウグイス色で 5番線は、103系JR高運転台カナリア色からだ。

5線路の間から眺める動画からだ。



中々迫力があるように感じるのだが なんせ1998年のVRM2版車両なのでね 20年近く前の車両なので勘弁だ。 でも これでも ま我慢は、出来るのでね

103系15編成並走踏切通過D-1













こちらは、一番最初に動画にした踏切動作確認Aバージョンからの画像だ。 丁度この場面で 5編成が揃うので 結構 ゆっくり眺めると 色々面白いのだが お遊びレイアウトからですからね



まあ こうやって動画をUPしていますが いつの間にか2700本を 超えていました。全部この鉄道模型シミュレーターV3の動画だけですからね 好きですね〜 この廃盤ゲームが

お遊び5編成並走レイアウトから6

踏切配置の動作確認の動画の続きからだ。

5編成並走スタジアムレイアウト踏切12

















踏切道を 真上から眺めると こんな感じで

5編成並走スタジアムレイアウト踏切13

















5編成が 通過すると こんな感じです。 昨日紹介したA列車で行こう9とは、まるで違う いや鉄道模型シミュレーターV5とも違う この感じが レトロですね〜

まあ いいじゃないの レトロな鉄道模型シミュレーターでも レイアウトが作れて車両編成が これだけ多く走らせられて そして踏切も 本物に近い感じで動作するだけでも いいんです。

そんな踏切動作の動画Bからだ。

 

もう1本 少し上から眺めた踏切動作の動画Cからだ。



あくまでも お遊びなのでね 自分が満足すれば それでいいか でも やっぱり気になる隣の鉄道シミュレーターだが それぞれ気に入ってやれば それでいいか 自分で レイアウトが作れて車両をスムーズに走らせられるのは、今の所この鉄道模型シミュレーターV3しか 自分には、出来ないのでね

他は、動画を見て楽しみ 車両は、鉄道模型HOを 眺めて その気になるか 走らない鉄道模型も 眺めるだけなら いいもんだ。

お遊び5編成並走レイアウトから5

とうとう仙台でも 新型コロナウィルスの感染者が出ました。宮城県には、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客が 8人が居るそうで 横浜から 在来線と新幹線を使って仙台まで帰って来たそうです。もっと詳しい情報が欲しいのだが さっぱりなので 持病持ちだから出歩かないのが一番か

さて昨日の踏切配置の続きからだ。

5編成並走スタジアムレイアウト踏切7
 
この障害物検知装置には、レーザー光線式と赤外線(LED)式があるみたいだが レーザー光線を 送る投光器と それを受ける受光器が 組になっているので 踏切道を 挟む形で配置され それぞれ投光器には、S-1〜始まり順番に番号が付いて 受光器にもR-1〜順番に番号が 割り振りされているみたいだ。

5編成並走スタジアムレイアウト踏切8
















上の画像は、踏切道の反対側からの眺めだ。このレーザー光線なんだが 踏切道の中を くまなくカバーするように ジグザグにレーザー光線が飛び交っているのだが そこで不思議なのが この障害物検知装置は、列車編成が 通過する時に レーザー光線が飛び交っていたら 列車で検知してしまうんじゃないのかと 素人ながら思ったのだが そこが ちゃんと 色々回路設計の中で やりくりしていると 昔 信号関係の工事の人から聞いた事があります。

5編成並走スタジアムレイアウト踏切9
















それでも 豪雪地帯だと このレーザー光線が遮られたり 雑草などが 伸びても 誤作動を起こしたりと 大変だとも 聞きました。

5編成並走スタジアムレイアウト踏切10
















踏切しゃ断機の動作と踏切警報機の動作の標準は、
「踏切しゃ断機の動作」では、
★警報の開始から しゃ断動作の終了まで15秒が標準(最低10秒以上)
★しゃ断動作の終了から列車の到達まで20秒が標準(最低15秒以上)
「踏切警報機の動作」では、
★警報開始から列車の到達までが30秒が標準(最低20秒以上)

これが基本で 踏切道の幅員に応じて しゃ断機が1組と2組を配置したり 踏切道を横切るこ線数(線路の本数)が 1〜3、4〜5の場合の1組しゃ断機と1〜5、6〜9、10〜11の場合の2組しゃ断機とでは、しゃ断棹の降下時間が違って来るみたいだが ここでは、省略だ。

もっと 面白いのが 踏切制御子の始動点と終動点という一番大事な踏切が 動作する重要なカギの部分なんだが これが 又 色々あって難しいのですよ そこが ここのVRM3版だと踏切センサー(音源センサー)に当たる部品なんですがね 複線は、単純なんだが これが 単線でしかも駅構内の踏切になると 面倒なのです。 まあ ここの鉄道模型シミュレーターも踏切センサーの配置は、結構 面倒ですがね でも 覚えると 面白いんだが まあ ある程度 本物も理解していると 面白いのだが
そこが ほれ頭が ついて行けないので さわりだけしか知らないのだ。

まずは、この踏切動作の確認Aからの動画からだ。

お遊び5編成並走レイアウトから3

8の字にして サイズを7000丕3000个離汽ぅ困乏搬腓靴董々眥禳垢S字カーブを取り入れて トラス鉄橋を変更して築堤部品を配置して道床を 作っていました。

5編成並走スタジアムレイアウト原図3

この築堤部品を 道床の代わりにするのが ここの新VRM3★のやり方なのでね ここだと 線路の高さが 60个覆里如|枋乕品は、高さ63个棒瀋蠅靴董3伉線路に被せるような感じにしています。

5編成並走スタジアムレイアウト原図4















まあ これが ここの基本的なレイアウト制作に関するVRM3版線路の作り方だ。

5編成並走スタジアムレイアウト原図5

でも これが 勾配区間になると 大変面倒な作業になるので あんまり勾配区間は、作りたくないのだが これまた この勾配区間がないと 面白くないのでね

5編成並走スタジアムレイアウト原図6
















この前は、ここのトラス鉄橋には、IMAGI版トラス鉄橋だと緑色しかないので 今回は、Tomix部品のトラス鉄橋を クリーム色、赤色、青色の3色を使ってみました。

5編成並走スタジアムレイアウト原図7

あくまでも お遊びレイアウトですが 気晴らしには、いいかもね しかし 本当にうまく並んで5編成が 並走するようになって 一周して戻って来ます。 これは、完全に偶然なのですが まるで 計算したように 揃って戻って来るので このままの形で 次に進むだ。




今回は、レイアウト制作に関しては、お遊びで 作っているのでね でも なんでも 最初は、こんな感じで レイアウトを 作りながら 覚えて行くのが 本来の鉄道模型シミュレーターというゲームの楽しみ方だと 自分は、考えているのですがね まあ そう思っているのは、自分だけというのが 少し残念なんだが こうやって部屋で PCに向ってレイアウトを作るのが 今の時代 お金を掛けずに 暇つぶしには、最高なんだが わかって貰えないのが 残念でね〜  

お遊び5編成並走レイアウトから2

前回の5000丕3000丱汽ぅ困離ーバルレイアウトから 変更して8の字型レイアウトに変更して 大きさも7000丕3000个縫汽ぅUPしてみました。

5編成並走スタジアムレイアウト原図2








こんな感じで 8の字に線路を配置して見ました。 そのおかげで 5編成の103系JRスーパー大窓の編成が 揃って並走するような感じに見えるようになって 線路の長さ的には、丁度いい感じになっています。 そして これから 築堤とかの部品を配置しながら 沿線風景も 作って行きます。

まずは、この8の字レイアウトの並走運転動画からだ。

お遊び5編成並走レイアウトから1

仮想東北本線越河駅レイアウトの記事も一応 終了しましたので 次なるレイアウト制作と 思っていたのですが なぜか お遊びで 103系JRスーパー大窓の5編成が走行する並走レイアウトを 遊びで 作ってしまったので それを紹介だ。

5編成並走スタジアムレイアウト原図1










本当に どうって事ないオーバルレイアウトですが ここから少し 改造しながら 遊んでみるつもりだ。 まず このレイアウトのサイズは、適当に作っているので 現段階では、5000丕3000个離汽ぅ困如,△までも 5編成の並走が 眺められるようにしたスタジアムレイアウトなのだ。

そこから どう発展させるのか 作ってる本人でさえ わからないのでね まずは、その動画からだ。



あくまでも お遊びレイアウトなのでね そういうのも たまには、いいんです。



アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
Archives
livedoor プロフィール

おいちゃん

鉄道模型シミュレーターVRM3専用の分室です。難しい話は,一切ナシ ただレイアウト等を作って自分のお金で楽しむだけの人 大歓迎 !

鉄道模型が 大好きな癖して ひとつも持っていない ただ 人の物を眺めるのが趣味な変なおっさんです。 

QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ