新VRM3★井戸端会議

VRM3こそお金が掛からない大人の一人遊びだ。そういう考えの方どうぞ!

鉄道勉強会

なぜ踏切動画は、人気があるのか?2

YouTube動画で 鉄道模型のOゲージで 検索していたらこんな 踏切動画で 出て来たので 紹介だ。

まずは、Oゲージ鉄道模型 屈折式踏切からの 動画紹介だ。

  

中々この屈折式踏切を 鉄道模型で 設置してあるレイアウトとか そもそも この屈折式しゃ断機自体を お目に掛からないので 紹介だ。 しかもだ なんとなんと 今から60年近く前の ブリキ製の3線式Oゲージ線路が 使われていたみたいでね これまた びっくりだ。

一番 最初に 目にして遊んだ覚えがある ブリキ式3線Oゲージで 車両を走らせないでビー玉を転がして遊んでいましたね〜 車両は、なかったような気もするのだが 懐かしいね〜

そして これまた凄い 本格的な大型踏切で 紹介だ。



地元 仙台では、ここの仙山線の新石巻街道踏切が 県内いや 東北でも 一番の大型踏切かも知れませんが



この踏切こそが なぜここに踏切なのか?と 思ってしまう場所の踏切でね 最初から こういう踏切になる予定じゃなかったのだが 都市計画道路が完成した時点で 鉄道が優先なのか道路が優先なのか そして お金は、どちらが 負担金を 多く払うのか 要は、交通渋滞とか 都市計画なんてもんは、どこかで 反対等を 押し切っても やらなければならない問題なんだが、、、 まあ色々あって 現状の状態になってしまったという訳だ。

仙山線も 平均すると 単線なのに 一番多い時間だと 仙台と北仙台間の区間だけでも 1時間に 多い時間帯で7回近くも往復するので 約7分から8分で ここの踏切が しゃ断する計算でね とくに 上りの列車が通過する時には、仙台駅の次の駅になっている東照宮駅に 到着すると同時に 踏切が 鳴動してしまうので 上り線の場合は、下りの仙台駅発車の電車よりも 踏切しゃ断が 長くなり3分以上(長いと4分近くも)近くも 通行出来なくなるんだね 下りは、半分の1分半も掛からないのだがね

これが毎日この4車線の しかも タダでさえ 交通量が多い場所だから もう何十年も 問題になっているんだが 市長が代われど 県知事が代われど 相変わらずの市民不在の交通問題の意識の無さだね 地下鉄があって地下街がない JRと地下鉄があっても 直接改札口でつながっている駅が一つもない そして 他に比べて高すぎる地下鉄、バスの運賃とか、、民間と協力して 交通政策を 抜本的に 都市計画に活かして お互いに協調して 首都圏のような交通政策を やるトップが 現れないと こりゃ駄目だね と 地元の愚痴話をしても しょうがないか 話が 脱線してしまったが 地方なんて やる気のあるトップじゃないとね 駄目なのよ

最後に これまた 珍しい ワイヤー式踏切からだ。
  


これも 今じゃ 本物も そうないみたいだが これを 鉄道模型で 作っているなんて 想像出来ないくらいでしたね 2014年8月に紹介した東武ワールドスクエアVRM3参考見聞記4の記事の中で ワイヤー式踏切の画像を紹介していました。

ワイヤー式踏切1ワイヤー式踏切2






こちらは、Oゲージよりも 大きかったと思いますが さすがですな〜 ワイヤー式踏切を あえて配置する所が 凄いです。 東武ワールドスクエアは、開園当初と 4年前の2回ほど行ってますが その後 どうなったか 又 行ってみたいですね


なぜ踏切動画は、人気があるのか?1

YouTube動画で 鉄道関係や鉄道模型の動画を漁っていると なぜか 踏切動画が 結構 再生回数が 断トツで 多いんだね なんか 不思議でね 

確かに おいちゃんも あの踏切の警報音とか 踏切しゃ断棹の 時間差での しゃ断とかが 好きで 結構 色々調べたり 地元 宮城の踏切に関しては、ほとんどの鉄道区間の踏切は、網羅しているのでね とくに 東北本線の 県内の踏切に関しては、全箇所 調査済で その時の写真なども 資料としてあるのだが まだ 公表は、していませんね

鉄道でも その中の踏切に関しては、その作られた経緯が 面白くてね かなり地元の人じゃないと わからない話もあったりして なんで、なぜ?と 首をかしげてしまう踏切も あるんだが そこら辺の井戸端話は、その内だ。

ところで おいちゃんもYouTube動画を UPしているので わかるのだが 中々世の中の人が興味を示さないと 再生回数も 1000回を 越すのでさえ 容易では、ないんだね とくに おいちゃんが やっている 20年近く前のVRM3版動画じゃ 本当に 好きな人しか 見ないのでね そういうYouTube動画の世界で 再生回数が 1000万回を超える 踏切動画が あったので紹介だ。

「珍風景! 大津里道踏切道」という 踏切からの動画なんですが 2010年に公開された動画で「島根県出雲市にある大津里道踏切は、一畑電車とJR山陰本線が共用する2箇所の踏切の一つです。列車が通過する際の踏切警報機の動作が一畑電車とJRの列車で異なるという珍しいものとなっています。踏切警報機は、JR側と一畑側で一機ずつそれぞれの会社が管理しており、表示機器などに細かい違いが観られます。」



と 動画の説明記事には、書いてありましたが 要は、異なる会社の単線が通過する踏切で 方向指示器の代わりに 電車と汽車という表記が 現れる所が ミソだったんでしょうかね  こういう感じの踏切の中に異なる単線が 入っている踏切は、意外に探せば 結構あるのでね でも それを 動画に撮って紹介となると 中々そういう人は、少ないのですが 開かずの踏切など興味を 持っている人は、とにかく多いからね

1000万回以上の再生回数じゃないのですが 今は、もう なくなってしまった踏切からの動画も人気がありますね それが 800万回近い再生回数を 数える「京浜急行 第一京浜(国道15号線)」という動画で 2010年に 撮影されたものらしいのだ。この動画を UPしているseigen120kaihin さんという人は、踏切動画に関しては、有名人みたいですね



12分近い長い動画などで 最後まで 見ると 飽きるので この第一京浜踏切が 撤去された2012年12月4日の高架切替工事の一部始終の 早送り動画からだ。



残念ながら 踏切撤去のシーンは、入っていませんでしたが 切替作業は、こういう感じで 人海戦術なんだね こういう現場を 実際 見た事ありますが 本当に5時間くらいだからね〜 ピリピリしていましたね

で これらの踏切動画の 見る人の反応は、高く評価する人と低く評価する人が 例えば 珍風景では、高いが5135で 低いが2646で 第一京浜では、高いが4278で 低いが2060と なんか 似たような割合で 面白かったので 紹介しておきます。

更に 驚いたのが 昔 ここでも 紹介した気がするのですがDotaku さんという フランス人?かどうかは、知りませんが 日本の鉄道の大ファンで、12年前から日本へ撮影旅行に出かけて日本の電車のデザインはもちろん、サービスのすばらしさや礼儀正しさ、時間の正確さにいつも圧倒されます。という 登録者数6万7千人近くで 再生回数が 全ての動画を合わせると 9000万回の再生を 数える 日本大好きな人の踏み切り Railway Crossing in Japan とい動画からの紹介だ。



こちらの動画も なんと3000万回近い再生回数を 数えるのですが ここでも高い評価が15906で 低い評価が9088も あるんですね

そう考えると この踏切動画というものは、興味のある人は、大好きだが 興味のない人から見ると つまらない動画でもあるように 感じますね まあ そこがね 踏切の どこが面白いのか? そこら辺の興味の対象が ハマるか ハマらないか 一応は、 見て見るが 途中で飽きて 面白くないと思うのか 思わないのか

そこら辺が おいちゃんのVRM3動画にも言えるのだが おいちゃんのVRM3動画の場合は、最初から 高い評価というのを ほとんどう受けていないので その中にも 当てはまらないというのが 現実かもね

YouTube動画の世界も 変わって来て 動画再生も 1本の動画で1000万回以上の再生なんか当たり前になり登録者数も1000人以上じゃないと ユーチューバーには、なれないそうですね

動画も いいけど 2日前の ここのブログの来訪者数が 最低を 記録してしまい落ち込んでいます。 おいちゃんの所だけが 落ち込んでいるのか それとも このVRM関連のブログやTwitter記事の来訪者数が 減っているのか? 全体的に ここのVRM関連って 今現在 どうなっているんでしょうかね? 

調べようがないし そういう情報もないのでね ついつい愚痴まみれの記事が 多くなってしまうのだが せめて 今現在 VRM5関連のユーザーは、おおよそというか 予想でもいいから ユーザー数が 知りたいね

VRM3版の頃は、ある程度は、把握していたから 尚更 知りたいですね

ロイヤルゴージ・ルート鉄道から

5月の富士通カレンダーは、 アメリカンディーゼル機関車の写真なんだが これが 又 いいんです。 それが こちらの 壁に貼ってあるカレンダーからだ。

hujituカレンダー5月



















雨が 極端に少ない コロラド州南部のロイヤル渓谷だから こんな場所に線路を敷設出来るんでしょうかね 日本じゃ 絶対 考えられませんね 毎日 眺めていますが 今日は、日本海側では、大雨で 冠水している場所も出て来ている時期ですからね〜 

そんな 行った事のないロイヤルゴージ・ルート鉄道の乗車記事が 載っていたので 紹介だ。 こちらは、客車からの 下から上を 眺めた感じでしたが  橋からの高さはなんと約300m!2001年までは世界一の吊り橋だった   ロイヤルゴージブリッジのほぼ真下からの画像が載っていました。

そして こちらの ロイヤル・ゴージ・ブリッジという記事には、   川底から約350メートル、世界一高い吊橋で、1929年の6月に着工、同年11月に完成。 全長384メートル、幅5メートル、今でも車が通ることができます。(観光目的のみの通行です)と 書いてありました。 上からの眺めも 面白かったので紹介だ。

このロイヤルゴージ・ルート鉄道を 走っているのが ドッグノーズスタイルと呼ばれていた レトロディーゼル機関車のオレンジ色の EMD F7形ディーゼル機関車だ。1949年登場の電気式ディーゼル機関車で 出力 1,500馬力 (1,100 kW) だそうです。 なんと80年近く前の機関車なんだね この機関車目当ての お客さんも 多いらしいそうですが なんでも期間限定の運行らしいですね  

このF7形は、KATOの鉄道模型で HoとNゲージで 輸出されていたみたいですね それが DB103Miniature Worldという ブログの中で 貨物/旅客用電気式ディーゼル機関車EMD F3/F7 (KATO) その1で 紹介されていました。他にも貨物/旅客用電気式ディーゼル機関車EMD F3/F7 (KATO) その2 ≫≪ Alco PA型 旅客用ディーゼル機関車 (KATO)など 詳しく 紹介されています。

まあ ここで 眺めるしか 出来ませんが 行った気分で 動画も 紹介だ。




もっと 詳しく紹介している 1時間以上の長い動画もあるみたいですが 基本的に この位の長さまでだと 興味があるのだが あんまり長いと 飽きちゃってね その程度の 鉄ちゃんだ。

こういう感じは、日本では、どこに当たるんでしょうかね 豪華列車よりも こういう景色を堪能する観光列車の方が 個人的には、好きですがね 列車は、基本的に 外から眺めるものと 思っているのでね 間違っても 豪華列車には、乗らないでしょうね でも 鉄道でも列車でも 外から眺めて ああだこうだ 想像しているだけで お腹いっぱいなのでね それも 仮想鉄道みたいなもんだ。

又 同じ本を 買ってしまった。続き1

Raill-MagazieやRM-MODELSの 家にあるちゃんとしたリストを 作らねばと 只今 制作中だ。 とりあえずRaill-Magazieから 作っていますが これがね めんどくさいんだね〜

調べているのだが 中々古い号数だと 表紙の写真を探すのも 大変でね 別に 番号だけ 控えればと思うのだが それで もう 5冊近くも 重複して 買ってしまったのでね 

とにかく 別に 集めている訳でもなく 鉄道資料として これから色々やる VRM3以外のお遊びで必要になると思って 気になる特集だけを 気が向いた時に 本が安くなった時にだけ買うのだが 

これが中々難しいんですよ 今日買わないと 次に来た時に なくなっているのか そこら辺の駆け引きを 店側の値下げと こちら側の我慢 まあ それも楽しいけどね そりゃ定価の1/10以下で 購入しようと しているのでね

Raill-MagazieH30-5-12-1




























まだ RM-MODELSのリストも 作らなければ ならないのだが 最近 あんまり こちらの鉄道模型関係の書籍よりRaill-Magazieの方が 企画の特集記事が 面白そうなので ついつい こっちの方を購入してしまいますね

新幹線と貨物編成のすれ違いから

この前 4月12日に 青函トンネル供用区間からという 記事を ここで 書いてから どうも気になってね 青函トンネルの中での 新幹線と貨物編成のすれ違いが どういう状況になっているのか? 

色々ネットを漁っていたら こんな「青函トンネル内で新幹線とすれ違うJR貨物の車両の運転席 」を発見だ。
 


この前のトランスイート四季島といい 今回のEH800の運転台からの映像といい 結局は、限られた人達限定の制作動画みたいでしたね この青函トンネル内の 新幹線と貨物編成の対向通過問題は、 ここの「青函トンネル内は減速が必要なのか/Newsの検証」という記事の中で どうして 青函トンネル内では、新幹線が 時速140劼法〕泙┐蕕譴討い襪里の検証記事が 書いてありました。

なんでも 仮に新幹線が 時速260劼如〜行した場合 貨物編成(82匐〕儷茣屐砲 風圧で 車輪が浮いて傾いて 事故になるんじゃないのか?という 仮説?に基づいて 時速140劼らいだったら なんとか大丈夫みたいな感じの話しで まあ 素人には、わからない お話だ。

貨物編成も なんでも 51本近くの編成が 青函トンネルを 通過しているらしいですね

そこで 出て来たのが 車輪のフランジという文言だ。 この車輪のフランジというのは、ここの画像でも わかるように 車輪のツバとでもいうのか この出っ張りの部分なんだね

実際 本物の列車の車両の台車の車輪と レールとの接地している場面を 見ていると よく たった これだけの 出っ張りで 脱線しないものだと 不思議でね そういう不思議に関心を持っている人が おいちゃんだけじゃなく他の人も居るみたいで ヤフー知恵袋には、「日本の鉄道の車輪のフランジは大体何cmくらいですか?」 という質問が 載っていました。

フランジ高さは、25mm以上35mm以下と規定されています。とも 書いてありました。

そして このフランジ高さだけじゃなく フランジ角度(勾配、傾斜)と 呼ばれる レールと接地する車輪面の傾斜角度が いかに重要なのか そこの説明が 車輪フランジ角度の決まり方に 書いてありました。

まあ 素人考えだと レールとの接地面や 脱線などを 考えると フランジの高さがあって 接地面も 広いように 車輪の面が 水平な方が いいような気がするのだが どうも そうでもないらしんだね

脱線係数という計算式に合わせて この角度も決めているようでね まあ 素人には、わからない世界なんですが なんか面白かったので 取り上げてみました。

そして もう1本 貨物編成の動画から こちらは、「JR貨物列車に添乗、初公開=鉄路63キロをぴたり96分、技術と連携で定時運行  」 という 貨物 定時運行の 63劼髻,圓辰燭96分で 運行される動画で こちらは、 リアルな 貨物編成の運行が どのようにして行われているかが わかって面白かったので紹介だ。




貨物は、いいねえ〜 そう言えば 昔 貨物にも こちらの地元には、女性の運転士が居たと 噂で 聞いたことありましたが 今は、聞かないですね〜 在来線の電車の運転士には、最近は、女性も多いですがね

貨物は、特殊ですからね〜 運転している時間よりも 途中で待ったり 距離も長いからね〜 深夜の運転も多いからね〜 たった一人で あの山の中の峠を 超えて行かなくちゃならないから 運転技術も 必要だから 大変だが 逆に ワンマンの自由さもあるようには、外から眺めていると 感じるのだがね

山形を走る新幹線は、カッコいい

今日から GW期間中に入るので 親会社が お休みなので 丸々一週間お休みモードに入ります。 なので 毎日がVRM3三昧の日々です。

ところで 今 現場仕事で 行っている山形市内で見掛ける山形ミニ新幹線が カッコよく見えてね 今日は、それのお話からだ。 まあ こういう カッコいいE3系の動画があったので それを ご覧になって下さい



そして なんといっても この在来線と言ったら 地元の人に怒られそうですが それが 又 いいんです。 このE3系新幹線を 眺めるには、最高なんだね フル新幹線の東北新幹線じゃ こういう感じの眺めは、出来ませんと だって全て高架区間で 高架の線路の脇のコンクリート擁壁だって 2m近くの高さがあって やっとこさ景色が見える眺めで 遠くは、見えるが 線路脇の風景は、見えないからね 

まして 踏切や 人々が動いている姿も ほとんど 近くには、見えないからね〜 要は、あくまでも 一番早い確実な移動手段という考え方が そもそもの鉄道としての考えが 新幹線なんでしょうがね〜

なぜ 山形を走る新幹線がカッコいいかというと やっぱり 冬の雪景色と 季節の変化が楽しめるのが いいかも知れませんね そんな 冬景色バージョンの動画からだ。



おまけに 根強い人気があった シルバー色の400系からの 動画も紹介だ。



今となっては、懐かしい400系ですが どっちかというと 今までは、このイメージが強くて 10年近く前この山形の米沢の方に 長期で 来ていた頃は、400系しか見た事なかったのでね 今回の この新しいE3系の塗装色を 見てから なんか イメージが 違って見えてね そして なんといっても 横から眺めたE3系いや400系も そうですが ミニ新幹線の 他の在来線特急とは、違う 大きな相違点なんだが わかりますかね

一発で わかった貴方は、鋭いね おいちゃん やっと 今頃 気が付きましたね

その気付かせれた動画が こちらの「新型スーパーあずさ E353系 営業運転始まる」だ。
 


答えは、 車両の台車部分を 覆っている台車カバーの部分なんだね これが あるかないかで 見た目が 全然違って見えるんだね 在来線では、二階建て車両や カシオペアの寝台客車や 285系の寝台電車など よくよく見ると この台車カバーが あるから 大きくも見えるし 車両編成を 眺めた時に 流れを感じるのだがね

最新の このE353系も 先頭車だけは、大きく見えるのですが 横から見れば 昔の特急と同じような感じでね
 それが この山形などでは、 踏切などや駅ホームで 目の前に見えるのでね なんか 最初に見た時から なんか 違う大きさを感じてね それが やっと 今 わかったという お話なのだ。

この台車カバーが付いた車両というのは、中々どうなんでしょうかね メンテナンス的には、 まして雪国の場合は、 自動車の場合は、最近の大型バスが どっちかというと こういう感じの台車周りが見えないバスが 多いですがね 自家用車だと タイヤを 半分隠した 昔のシトロエンとか ホンダの車でもありましたが あんまり 一般受けは、しなかったような気は、しますね

そういえば 機関車だと 逆に動輪が見えるような機関車の方が カッコいいように思えるのですがね VRM3版の ユーロ版の SBBRe460という機関車だけは、台車部分が スカートに覆われて 見えないようになっていまがね この機関車は、スイス国鉄ですからね そう考えると 逆に雪国の方は、こういう感じのスカートが 付いた車両の方が いいのかね

新幹線も 東海道新幹線の0系の時は、こんなに スカートで 覆われていなかったけど 東北新幹線の200系辺りからは、フルカバーのようになったように見えるのでね

それでも 在来線の特急の場合は、今でも 台車部分が ほとんど見えるようになっているのは、メンテナンスの経済的な部分なんでしょうかね まあ どうでも いい話ですが 気が付いたのでね 

とにかく このGW期間に 行くところがない人は、ぜひ こちらの 東北が お勧めかもね 山形を走る新幹線もいいし ドライブで行くなら 青森県が 個人的には、お勧めだね 櫻は、今年は、早かったので 残念なんだが 海もいいし山もいいし ローカル線も いいからね 仙山線の 山寺〜奥新川の渓流を眺めながらの車窓もいいからね ちょっとシートは、新幹線と違って硬かったけどね 地元では、蔵王が 最高ですね〜 今の季節はね

と 紹介している おいちゃんは、さて どこかに行くのかというと まだ未定でね 毎年 急に前日の夜に決めて  翌朝早く車まで出掛けて行き 車中泊で 次の日に帰って来るパターンが ほとんどでね ただただ ドライブで 距離を 稼ぐそういう遊び方ですね 丸二日で 最低でも1000勸幣紊蓮∩るのでね そして なるべく高速は、使わないように心がけるケチケチぶりでね 何しに遊びに行って来るのかね ガソリンの無駄遣いだと 言われるけどね それで もう何十年も 続けているのでね 季節を 楽しみ地方の家並み(ご立派な家と そうでない家や寂れた商店街などや残って居る商店などの違いやコンビニの多さや門構えの立派な農家や庭の手入れや田んぼ畑の手入れの具合、山の中の杉林や山の手入れなど おまえは、国税のマルサか)などを見るのが楽しみながらのドライブなので 観光地などは、ほとんどスルーしてますがね まあ それで 楽しければ それでいいのです。

さて 今日は、もうひとつ お楽しみが ありまして それは、このブログの右上にある 累計カウンターでね 12年以上近くコツコツやっているけどね〜 毎日の50〜100の訪問者でも ここまで 来ると 感無量です。

感謝、感謝の 訪問者さんは、神様です。 これが あるから 辞められないのも 本音だね もっと 中身が面白いといいのだが まあ これが おいちゃんなのでね  

カートレイン積み込み

ED75のブロワー起動音を 漁っていたら こんな「ED78&カートレイン北海道」という動画を 見付けました。

そもそも このカートレインというもの自体知らなくてね この自動車を 積み込みする有蓋車ワキ10000形に 積み込める自動車は、貨車1両に対して乗用車が3台くらいしか積めないので しかもワンボックスや3ナンバーの大型自動車は、不可で 積載前に、燃料タンク内のガソリンを必要最小限まで減らしておかないと乗せてもらえないという制限は、あるわ 時間は、掛かるわ 運賃も割高 と来れば 日本じゃ続かないのも わかりますね

そんなカートレインの車両じゃなく 自動車の積み込みシーンが 見たくて 色々探して 見付けたのが この1985年5月に撮った30年以上も前の小倉駅からの映像から 画像は、ホームビデオで 撮ったようなので 画質は、良くありせんが こんな手間の掛かる 積み込みを していたみたいですね



こちらは、ヨーロッパのスイス?かどうかは、わかりませんが 同じカートレインでも まるっきり違うんですよね 積み込みの仕方も そして まさかまさかの 自動車に乗ったまま 列車で移動ですからね 



もう1本は、国鉄時代のク5000形と同じような二段式自動車運搬貨車の オーストリアでの積み込み風景だ。



今でも 海外では、カートレインは、需要があるのか 続いているみたいですね 最後に もう1本 バイク専用列車のMOTOトレインの 積み込み風景から



改造されたマニ50形荷物車にオートバイを搬入し 寝台列車に連結されて運行されていたそうです。これも 1986年から運行されたそうだ。

 1985年の運転開始時点での汐留から東久留米、までだと「カートレイン」は所要時間約14時間で運賃料金(大人1人)34,400円、フェリーだと(大人1人+乗用車1台、2等)は所要時間36時間40分で料金31,500円、ジェット&レンタカー(大人1人、九州でレンタカー3日間借り上げ)は49,060円であったと記事には、書いてありました。

今から30年以上も前の 景気がいい時代だったからこその特別編成列車だったんでしょうかね それにしても 当時も このバブル景気とは、無縁の世界に生きていたのでね こういうカートレインなんて 全然知らなかったという お話でした。 

  

散る桜 お堀に浮かび 色褪せる

仕事で 山形市内に来て たまたま 土曜日に 桜で有名な霞城公園の近くを 寄り道して来ました。 櫻は、満開を 過ぎて 桜吹雪が 舞うような散り際でした。

そして 今日も たまたま 同じ場所を 通ったので スマホで 撮って来たのですが まあ たった2日で こんなにも 櫻の花びらの色が 違うようになるのか? びっくりしたので 紹介だ。

山形市霞城公園1山形市霞城公園7








左が 二日前に撮った お堀に浮かぶ桜の花びらの画像で 右が今日 行った時に撮ったお堀の桜の花びら画像だ。 これじゃ よく わかりませんかね スマホなもんで 綺麗には、撮れてませんが こちらだと 一目瞭然だね

山形市霞城公園3山形市霞城公園6






まあ 天気も 今日は、曇りがちだったので 多少は、あるのでしょうが こんな感じで 茶色に 変色していました。 たった二日で こんなに 色が変わるとはね 櫻の命は、短しとか いいますがね

そう言えば 散る桜 残る桜も 散る桜 (良寛和尚)の 俳句が有名ですが 江戸時代の曹洞宗の僧侶で、良寛和尚の辞世の句と言われている歌で 意味は、「今どんなに美しく綺麗に咲いている桜でもいつかは必ず散る。そのことを心得ておくこと。」という 人間は、限られた「いのち」だという意味らしいです。

が この たった二日で これだけ変化してしまう姿を眺めていると どんなに綺麗な物でも 終わってしまえば土に帰るみたいに おいちゃんは、思ったのですがね こういう姿を 誰も 見たがらないし 見ないからね〜

48時間で 人も 同じようになってしまうんでしょうかね 美しさの裏側を 感じましたね 

でも この霞城公園という所は、良い所ですね 何回も山形市にも来てますが 今回初めて来て知りました。しかも山形駅の すぐ近くに こんな大きなお城の跡の公園があるなんてね なんか青森の弘前城公園を 思い出しました。 そんな 櫻が 満開の時に来たら最高だったと思われる写真を紹介だ。

山形市霞城公園2山形市霞城公園4






お城は、ないけど 隅櫓みたいなものは、あるんだね そして こんなイベントも やっていました。

山形市霞城公園8山形市霞城公園5






奥羽本線の山形新幹線と 仙山線と左沢線が 走っている在来線の 標準軌と狭軌の 要は、2本の単線区間に この山形から北山形そして羽前千歳間は、新幹線と在来線が 並走したり対向したり 面白い線区ですね

これも まったく知らなくてね なんでも ここの場所は、撮り鉄さんの場所らしく カメラを ぶら下げて 新幹線を 狙っていたみたいですが まったく そっち方面には、あんまり興味がないので 列車は、スルーだね

この お堀の水面で 赤い毛氈を 敷いた船で 生の演奏を奏でる音楽が これまた 良かったね〜 そして 右側の写真のように お堀の水面に届きそうな桜の枝が 印象的でしたね

まあ 仕事を兼ねての 移動だったので ゆっくり眺める感じじゃなかったのが 残念でしたね そういえば 毎年5月のGWに合わせて開催される弘前の桜祭りも 桜が 満開になってしまったと噂で聞きましたが 今年は、早いみたいでね 中々 満開に合わせて行くのは、遠いと至難の業ですからね

ところで こっちらの山形に 毎週通ってますが 山形新幹線も 結構 ほとんど見ていますがね VRMonLlineでも E3系2000の山形新幹線を 7両編成で3300円で販売しているとは、最近知りました。

山形新幹線E3系旧色2山形新幹線E3系新色1






左側が 400系の後に出て来たE3系2000形の旧塗装色で これは、もう廃車になったので 走っていませんが右側の E3系2000形の新塗装色は、 バンバン走っていますね で この新塗装の車両なんですが 真横から見ると ボデーの色が ホワイトじゃなく アイボリーに近いクリーム色なんだね

この右側の 画像だと そこら辺が 確認出来ませんが このVRMonLline車両だと どうなっているんでしょうかね なんか 最初の話しと 全然関係ない話になってしまいましたが やっぱり 現物見ていると このアイボリーぽいクリーム色が 気になってね

青函トンネル供用区間から

今日も現場仕事で 朝早くから山形に行ってましたが 早く終わったので溜まっていたYouTube動画から紹介だ。

北海道新幹線というのか函館新幹線というのか 正式名称は、知らないのだが 青函トンネル区間の併用区間を 新幹線と 在来の特急が 並走する動画があったので紹介だ。

あくまでも 貨物編成じゃなく特急編成というのがミソでね あれ これって 新幹線開業に合わせて廃止されたと 聞いていたので なんでかな〜? と まずは、 「スーパー白鳥から見た北海道新幹線との共用区間(三線軌条)」という 動画を ご覧下さい
  



まあ 要は、開業前の2015.12.17 撮影というのが ミソでね 2016年3月26日の開業の為に試験運転していたE5系とH5系が もしかして 見られるのかと 思ったのですが それは、無理みたいでしたね でも こうやって 標準軌の新幹線に狭軌の在来線が 重なって併用区間に どうやって入って行くのか 興味があったので なるほど と思いました。 2年前には、青森側の奥津軽いまべつ駅に行ったので 尚更 個人的には、面白かったですね

ところで この新幹線とか在来線の併用区間とか 並走区間の専用ダイヤだと 在来線ダイヤを N線と呼び 新幹線をS線と 呼ぶみたいな事を 噂で聞きました。なんでもN線とは、ナローゲージ狭軌の略でN そしてS線とは、スタンダードゲージ標準軌の略だとか 呼ぶみたいでね なんか 鉄道模型みたいですね

昔の噂話では、この青函トンネルに関しては、ディーゼル機関車は、NGとか そういう噂も聞いていましたが なんか時代が 代わったのか こういう豪華列車は、別枠みたいですね

そんな 羨ましいような 「トランスイート四季島北海道新幹線はやぶさ19号とすれ違う  」という動画も 一緒にどうぞ




しかし このトランスイート四季島という電車は、優れものですね EDC方式」を採用することで電化区間と非電化区間の両方で走行可能となるほか、電気方式は直流1,500 V、交流20 kV 50/60 Hz、交流25 kV 50 Hzの4電源方式の交直流電車で ディーゼル機関は、総排気量は57200cc、連続定格出力は1800kWであり、また、ディーゼルエンジン用の燃料タンクは床下に搭載されているらしい

なので 青函トンネル区間は、25000v交流区間なので 交流25 kV 50 Hzの電源方式で 走行しているみたいですね 線路も サイズが違うのですが 交流でも在来20000vと 幹線25000vでは、車両も 走れる列車と そうでない列車があるからね〜 面倒だね〜 

そういえば この前 地元の東北本線で 停電事故があり だいぶダイヤが乱れたみたいでしたが その中を 仙石東北ラインの HB-E210系気動車だけは、 他の電車が 止まっている時も 何食わぬ顔で通過したと 噂で 聞きました。 そう考えると トランスイート四季島みたいな いざという時に蓄電池で 走れるハイブリット電車が その内 主流になるのかも知れないね と また 悪い癖で 話が 脱線だ。

しかし このYouTube動画を UPしている オバ鉄さんという方が気になってね ただの 鉄道大好きおばさんとのプロフィールですが これだけ 豪華列車の旅や 前面展望動画など なんか 気になってね

まあ おかげで こういう動画が見られるから 羨ましいとは、思わないけど どうでもいいか しかし お金と時間がある人は、 どんどん こういう動画を 見せて下さいね こっちは、 見て 乗った気分を味わえば それでOKなのでね 

EF65とEF200のブロワー起動音から

今日は、EF65とEF200からのブロワー起動音の紹介からだ。

まずは、EF65から 特急牽引用のEF65-500は、VRM2版で 貨物牽引用の貫通扉が前面にあるEF65-1000が VRM3版には、あるのですが 最近のJR貨物仕様のEF65は、ないのでね

そのJR貨物仕様のEF65のブロワー起動音から ちなみに 大きさは、全長が16500个如”が2800个如々發気3819个如…螻塀侘呂 2550kvだそうです。

 

EH500とは、又 違う ド,ド,ド,ドという感じの 重い感じが しますね

次は、後にも先にも 国鉄,JRが開発した機関車の中で 史上最強の 定格出力6000kvの大パワーを誇るEF200からの紹介 でも 有り余るパワーが仇になり 2018年3月には、EF200すべての定期運用が終了との事だが そうすると もう このEF200は、見られないのでしょうかね

大きさは、全長が18600个如”が2900个如々發気4221个如…螻塀侘呂 6000kvだそうです。VVVFインバータ制を 最初に採用など 当時としては、最高の水準の機関車だったみたいですがね〜 時代が 代わってしまった。 これに尽きるか〜




アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
Archives
livedoor プロフィール

おいちゃん

鉄道模型シミュレーターVRM3専用の分室です。難しい話は,一切ナシ ただレイアウト等を作って自分のお金で楽しむだけの人 大歓迎 !

鉄道模型が 大好きな癖して ひとつも持っていない ただ 人の物を眺めるのが趣味な変なおっさんです。 

QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ