新VRM3★井戸端会議

VRM3こそお金が掛からない大人の一人遊びだ。そういう考えの方どうぞ!

鉄道勉強会

デッキガータ鉄橋がいい

少し古い話題ですが 現場仕事で よく仙山線の奥新川駅の 更に奥の山奥まで 歩いて行くのですが その時 見付けた デッキガータ鉄橋(四ノ沢橋梁)の橋脚が えらく高かったので 携帯で 写真を 撮って来ました。

デッキガータ鉄橋よりも この円錐形のコンクリートの橋脚に 目が行ってしまってね 本当に 仙山線は、こういうデックガータ鉄橋の宝庫で 広瀬川第2橋梁の(熊ヶ根鉄橋)は、高さでは、日本一のトレッスル鉄橋ですからね

仙山線奥新川四ノ沢橋梁7仙山線奥新川四ノ沢橋梁1












この橋脚の この高さに まあ よく こんな山奥の渓谷の間に 1937年に全線開通したそうですから 80年も前に作られたんですよね 凄いね〜 この先には、 当時 全国の鉄道トンネルでも 指折りの長さの面白山トンネル(仙山トンネル)全長5,361mもあるからね 中々面白い路線なんですが なぜか あんまり観光路線としての人気がないんだね

仙山線奥新川四ノ沢橋梁6仙山線奥新川四ノ沢橋梁5












この鉄骨架線柱の 取付てある形状が中々面白くてね 

仙山線奥新川四ノ沢橋梁2仙山線奥新川四ノ沢橋梁4







このデッキガータ鉄橋の先に 100mあるかないかのトンネルが渓谷の上に見えるので 電車から眺めたら 最高の景色みたいですね

仙山線奥新川四ノ沢橋梁3







木が生い茂っていたので 残念ながら ここからは、トンネルの入り口は、見えませんが トンネルを出てすぐ鉄橋というのは、もう鉄道模型ジオラマの定番ですね

なぜか あのリゾート列車四季島は、宮城は、陸羽東線で鳴子までは、途中の寄り道で行くみたいですね 

まあ たまに 熊とか かもしかにぶつかるくらいですから 避けたんでしょうかね(笑)

デッキガータ鉄橋ついでに こんなサイトもあったので紹介 鉄道だいすきというブログには、鉄橋の種類が わかりやすく紹介してありました。 カーブが 作れるデッキガータ鉄橋という鉄道模型レイアウト作成 津川洋行のデッキガーター橋組立 という ブログの記事も 初めて こういう模型を作っている会社があったというのを 知りました。 

VRM3も もっと鉄橋と橋脚の種類が あると 面白いのですがね とにかく トンネルでもそうですが 鉄橋も トラフガーターみたいな小さな橋とか  そういう小さな部品があるといいんだがね

真冬の仙山線も中々いいんじゃないの

ローカル線の人気度ベスト10とか 鉄道のプロに聞く!「この景色は最高!」とか 一体誰が どういう感じで 決めるのか まあ なんでも 実際 この目で この足で 行って見ないと わからないのだが どういう基準なんだか

どうでも いいのですが ひとつ 気に入らないのは、 どの この手のランキングに 地元の仙山線が 出て来ないんだね まあ 確かに これといった 観光名所も そんなにないからね

でも 山形と宮城の県境の山中の景色が 好きなんですが 只見線の橋脚や 五能線の海岸風景もない ただの S字カーブと坂道と渓谷だけの シンプルイズベストの風景が 続く そんな路線を 人の動画で 紹介だ。

そもそも仙山線とは、仙台市と山形市を結ぶ 全長58劼涼擦は線で 1937年(昭和12年)に 全線開通で 最大標高440mで 最大勾配33%と 結構 坂が多いのが 山寺〜作並の区間なんだね

で 今回紹介する動画は、紅葉の季節でもない 今のこの時期の雪景色からだ。 まるで 白黒のモノクロ画像じゃないのに まるで 墨絵のような風景なのだが れっきとしたカラー動画なのでね

最初は、 上り線で 山形から 仙台に向かう前面展望で 山形から 羽前千歳までの 奥羽本線(山形新幹線)との並走区間からの動画だ。

仙山線01(山形→羽前千歳〜front window view) 6分近い動画です。

この次の 羽前千歳から 山寺までの動画 12分近い動画ですが ここから モノトーンになっていきます。

仙山線02(羽前千歳→山寺〜front window view)

そして ここからが 仙山線の 真骨頂 山、山、谷、谷 S字カーブの連続でね まずは、山寺から 宮城県側の奥新川までの動画から 途中 昭和12年当時に開通した5361mの面白山トンネルを通過する場面がありますが とにかく長くてね 当時は、日本で3番目の長さを 誇っていたらしいです。



そして 次は、奥新川駅から 作並までの区間の動画 この区間には、八ツ森駅(作並駅 - 奥新川駅間) - 2014年3月15日廃止。が 入っていたので 今となっては、貴重かも知れませんね



どうして こんなに この仙山線に拘るのか それは、この宮城県側の 面白山トンネルから作並区間を 昔 現場調査で 歩いたことがあるんだね もちろん 真冬じゃないけどね 

その時に感じたのが 先人の鉄道建設に関わった人の その苦労というか 重機も何もない時代に まあ よくトンネルを作って 橋を架けて 山を削って 谷を埋めてと その中で 一番 短い距離で 作りやすい路線を 計画して作る 本当に 歩いてみると その凄さが わかるんだね 

で 感じるのが 上で 言っている 鉄道のプロとは、どういう人を指しているのか やっぱり気になるね 

せっかくなので 作並から仙台までの区間の前面展望動画も紹介だ。

仙山線_5x_02(作並→仙台〜front window view)

どういう訳か 5倍速の動画みたいでね それでも9分近くと長いので たぶん 紹介している人が 面倒になったのかも知れませんが この愛子から仙台までの 区間が いわゆる 仙台の通勤圏内路線だ。

そして 前にも書いたが この仙山線の愛子ー仙台間の単線区間での 1時間当たりの運行本数なら 日本一とは、言いませんが この1時間に8本(上り4本、下り4本)は、かなり 過密だと思ってね 例えば 仙台ー北仙台間だと 7分に1本が 行き来する勘定でね たぶん これ以上は、増便は、無理なのかね

単線区間ダイヤ仙山線 山の中を走る仙山線と 過密ダイヤの仙台通勤圏単線区間が ごっちゃの路線が仙山線なんだが その中でも 渋滞の最大の原因になるのが ここの新石巻街道踏切の4車線と歩道を含めた道路に対して なんと 遮断機が16台もある踏切なのだ。

それが この★スーパーゴージャス遮断棒16本踏切 新石巻街道 仙山線だ。 東照宮から仙台に向かう上りの時の 踏切しゃ段時間が 下りの倍の時間は、掛かるから まあ 渋滞は、当たり前なんだね



なんで こんな感じで この4車線道路に わざわざ拡幅したのに 誰も 望まない踏切になってしまったのか そこら辺が まあ なんというのか これこそ 今騒がれている 東京のあの問題と 同じなんでしょうかね 結構 そういう 訳がわからない とりあえす決着というのが まま 田舎には、あるんですね

で 最後に 陸羽東線の鳴子峡の紅葉だけが 紅葉じゃないという 仙山線の 紅葉風景からだ。



まあ こうやって眺めると どこにでも ある景色ですがね 要は、時間と季節と天候で こういう観光地の風景は、いっぺんするのでね その中で 一番いいショットを狙って 撮るのが 撮り鉄なんでしょうが おいちゃんのような 輩からすると その写真を眺めて 楽しんでいるので 写真の出来が No1鉄道路線になる可能性は、あるかもと 思うのだが 毎日 見慣れた風景は、よく見えない これ 人間観察と 同じかもね

山形にもあった3線軌条区間

3線軌道区間というと 今現在 思い出すのが 秋田新幹線の奥羽線区間の神宮寺駅 - 峰吉川駅間の 3線軌条区間と 函館新幹線の海峡線区間の新中小国信号場 - 木古内駅間の新幹線と在来貨物線との3線軌条区間が 頭に浮かぶのだが じゃあ 実際 どういうものかは、見た事ないので 興味が あったんですね

まずは、秋田新幹線の奥羽線区間を 走る3線軌条区間からの動画があったので 紹介だ。



こんな感で 新幹線の標準軌1435个函〆瀝茲龍控1067个 一緒に並んでいる姿を 見た事がないのだが この368个良の違いを 今 山形を 走る奥羽本線(山形新幹線)で この目で見て 在来線での 標準軌が 新幹線専用の標準軌線路の感じと 実際 踏切などを 通過して見た感じでは、かなり イメージが 違って見えてね こちらの東北本線などの狭軌線路と比べると まるで NゲージとHoゲージの線路を 眺めているような不思議な感じを受けたんだね

そして この前 山形の米沢から新庄まで あっちこっち 昼夜を問わず 豪雪の中を移動しまくっていたのですが その時 ちらっと聞いた話が この奥羽本線(山形新幹線)の一部区間にも 昔3線軌条区間が あったんだという話を 聞いて 興味を持ったんだね

で ここで 3線軌条が 昔あったという話だったのだが どこまでの区間が  3線軌条だったのか それが わからなくてね 確かに 在来線と新幹線を 走らせるには、在来線を 走らせながら その並走のように新規の新幹線線路を 配置すれば 簡単に思えるのだが 実際 この山形新幹線は、複線区間と単線区間が 交互に入り混じっている 複雑怪奇な路線でね 

なんで こんな面倒な路線を わざわざ作るのか?不思議なんだが 当時は、それでも おらがミニ新幹線が出来るのなら それでもいいと 思ったんでしょうね お隣の新潟県には、田中角栄というお偉いさんが居たから 向こうは、フル新幹線規格になったんでしょうかね

じゃあ 実際 この山形新幹線の3線軌条区間は、どこからどこに あったのか? これが 調べたら意外でね 奥羽本線の在来線の為に 作ったのかと思ったら どうも その関係じゃなかったみたいなんだね

昔山形駅と上り方隣駅 蔵王駅との間には、飼料工場やセメント工場そして石油基地みたいなのが周辺にあり そこに引き込まれていた専用線があったらしく この山形駅と蔵王駅区間だけが この3線軌条だったと 線路巡礼というブログの記事には、書いてありました。

この貨物が 曲者でね 1998年に この貨物輸送は、奥羽本線では、廃止されたみたいなのですが ここの蔵王駅に 運ばれてくる貨物が 当時までは、なんと 仙山線経由で 羽前千歳で 奥羽本線と ここが はっきりわからないのだが たぶん並走して 山形駅を通過して そのまま 下り線を 逆線して 蔵王駅まで 行っていたみたいなんだね 

今でも この羽前千歳で 仙山線が 山形新幹線を クロスして 並走しているらしいのですが そんな珍しい動画があったので 紹介だ。



隣が 新幹線専用の標準軌なので この在来線の単線を 仙台ー山形間を 往復しているみたいですね これ 実際 知らない他の土地の人から見ると 単純に複線に思えてね 上下線が走るのに びっくりするんですね

最後に とっても貴重な動画を発見だ。 なんと ここの仙山線など 一部でしか活躍しなかったED78重連機関車の動画から そして 最後の方に 山形〜蔵王駅区間の3線軌条を 走る姿が あったので 見逃さないように




まあ こんな感じで 現地に行ったついでに 見て来る しかも 列車は、見ない 線路だけね こういう どうでもいい話が好きなのです。

最近お気に入りの鉄道模型レイアウトから2

お気に入りの鉄道模型動画の続きからだ。

「Nゲージ583系/485系の離合シーン」という動画からなのだが 前に紹介した動画と同じものかと 思うほど 感じが似ていましたが よく 眺めると これまた 違うんですね とくに カーブ区間のガイドレールやトラフなど 線路付帯の設備が 半端じゃないんだね これは、凄いね
 


そして こちらは、マニアックな「エアセクションを作ってみた(鉄道模型レイアウト」という動画からだ。



碍子付きの架線ですか ついJunichiさんの レイアウトを思い出してしまいました。
次は、レンタルレイアウトから 千葉県は船橋市にあるレンタルレイアウトのお店「石田商店」という店の   レイアウトサイズが4.5m×4.5mのデカさだそうです。 



前に 神奈川県の湘南平塚の鉄道模型専門店、「railways湘南ライン」 さんが運営している、会員制 満20歳以上からのレンタルレイアウトの 『大人の特急倶楽部』を 紹介しましたが そちらと比べて どうでしょうかね

そして 仲間内で 楽しんでいる タモリ電車クラブから こんな 「おめでとう日本一!鉄道模型店ポポンデッタ」という 動画があったので 紹介と 「日本全国踏切大賞!」という動画を 紹介

この番組は、見た事ないのだが 仲間内で なんでも選んで決めているみたいですが こういう感じを 勝手に自分で決めてしまう そういうブログを目指したいですね〜

KATOデッキガーター曲線鉄橋92

RD-MODLS2017年2月号の飯田線特集を 見てからの続きから

この記事の中にあった 渡らずの鉄橋 水窪第6橋梁の カーブ区間の 急ケーブが気になって ちょっと 色々ネットの動画を 漁ってみました。

まずは、前面展望動画から



やっぱり 急カーブなんですね 外から眺めた水窪第6橋梁のカーブ区間を 走る 373系特急伊那路から



そして こちらは、珍しい EF58-157が牽引する工臨が走行する動画から



これらを 見ていると まだまだ このKATOデッキガーター曲線鉄橋レイアウトでも 走行させることが出来る車両が あるんじゃないのかと 思ってしまいますね

それにしても このKATOデッキガーター曲線鉄橋を いずれ ここのVRM5または、それ以降に作られる可能性は、あるのかないのか? 

ある訳ないか そりゃそうだ。 しかし なんだね ここの飯田線は、結構有名みたいですが 日本全国の鉄道情景の有名な処って どうやって 拡散して行ったんでしょうかね

おいちゃんから見れば 飯田線のデッキガーター曲線鉄橋より 仙山線の作並から 奥新川に掛けての渓谷を 駆け抜ける高いデッキガーター曲線鉄橋の方が 見応えがあるように思いうのだが

まあ こういう秘境みたいな場所は、行って見たことがないと 誰も知らないからね そういう 一般受けしない鉄道風景って あっちこっちにあるんでしょうね

そういう 理想のあり得ない情景を この鉄道模型シミュレーターVRM3版で 作って見たい その第1回目になったのが この仮想熊ヶ根鉄橋レイアウトでしたが ここまで ぶっ飛んでしまうところが おいちゃんワールドだ。 が こういう感じのレイアウトは、 リアル重視のレイアウトからは、敬遠されがちだから 自分的には、 普通に作ったんじゃ 面白くない まあ ただ それだけなんだが 伝わらないね〜



沢山 動画を UPしていますが ほとんど 見て貰えないからね〜 わかっては、いるんですが まあ これこそが レイアウト動画をUPするのが趣味なのでね


高架荷重試験を機関車軍団が行く

今日は、1995年1月17日早朝に発生した阪神淡路大震災から 22年経過したそうです。 その大震災で 被害を受け倒壊したJR六甲道駅の 高架加重走行試験という動画を たまたま見つけたので紹介だ。 



最初 なんだろうと 思って見ていたら これが こういう震災で倒壊した高架加重試験だったとは、思いませんでした。

そういえば この加重試験で 思い出したのが 5年前に書いた瀬戸大橋1000t荷重走行試験その1だ。

この時に 作ったのが 仮想瀬戸大橋レイアウトで  今回は、この瀬戸大橋に VRM3機関車軍団の 第1師団、第2師団、そして第3師団の4編成機関車が 約60両以上を 連なって走行させてみました。



阪神淡路大震災から22年 3.11東日本大震災から6年 さかのぼれば 宮城県沖地震から40年 もっとさかのぼれば 新潟地震から54年 その他にも 沢山 地震を 経験して来ましたね〜

いつどこで 起こってもおかしくない日本列島なんだから 外国に あんなにいっぱい援助するくらい お金があるなら 地震や これから起こるであろう原発事故などに 備えて欲しいもんだね


クルーズトレイン四季島を見た。

たまたま 仙台駅周辺の現場仕事で 踏切で 待っていたら 見た事のない列車が 通過しました。

なんだこりゃと すぐ調べたら JR九州のクルーズトレインななつ星と同じような車両を JR東日本も 作っていたんですね  なんか 風の噂は、聞いていましたが まさか 本物を目にするとは、思ってもいませんでしたね

あんまり こういう金蘭豪華な列車は、興味もなかったし 第一 間違っても お金を出して乗ることは、ないと思っていたので びっくりしてしまいました。

まあ せっかくなので ネットで このクルーズトレイン四季島を 漁ってみました。 なんか紹介のサイトも似てますね ここにも少し載っていました。

でも やっぱり動いている姿を見ないと どういうもんか わからないので 動画を 拾ってみました。



常磐線の試運転の動画らしいです。 こちらは、デザイナーさんからの紹介動画から



そして こちらは、運行ルートについての紹介動画から



この中で どうやって 上野から中央線に入線させるのか 不思議がっていましたが そこまで 鉄ちゃんは、拘るんですね 目の付け所が 違いますね

なんか 去年の今頃には、鉄ちゃんなら 知っていた情報みたいですが まったく そういうのに 疎くてね 今頃 現物みて 一人で はしゃいでいる アホみたいですね

まあ どっちにしても おいらにゃ関係ない世界ですが こうやって動画で見ておしまい それで満足じゃ!

今年も届いた富士通カレンダー

今年は、 もう来ないのかな〜と 待っていた富士通カレンダーが やっと手に入りました。知り合いから いつも貰っているんですが これが 中々限定発売の商品と知り 毎年 今年は、もう来ないのかな〜と 首を長くして待っているんだね 

だったら 最初から自分で買えよと 思うでしょうが わざわざ どこからか 苦労して手に入れて来てくれるのに 今年は、購入したから いいですよとは、大人の事情で 行かないのでね まあ 来なければ それまで 来れば宝くじに当たった以上に嬉しいんです。

2017年1月最初の画像が こちらの スイス レーテッシュ鉄道からベルニア・エクスプレスの展望車の写真だ。

富士通カレンダー2017 富士通カレンダー2015













ついでに 2015年1月のスイスのユングフラウヨッホ駅(3454m)を 目指しているユングフラウ鉄道の登山電車の画像も 再登場だ。

なんか 構図が似てますね やっぱり お気に入りの構図なんですね 意外と 鉄道写真は、素人の写真でも そうですが 同じ場所に群がって撮っている いわゆる撮り鉄専用の場所があるみたいですね

この写真が 前に紹介した 車両などからの 追尾しての流し撮りなのか それとも 道路に三脚を立てての狙い撃ちなのか そこら辺は、定かじゃありませんが とにかく やっぱり雪景色がいいですね〜

しかも 赤い電車と来れば 青い空と赤い階段の絵で有名なベン・シャーンの絵を思い出しますね こういうストレートな原色に近い色の配色とか 要は、昔の国鉄カラーのようなシンプルだが 配色が素晴らしい列車が 最近少ないような気がしてね とくに 何ですか あの金蘭豪華な 豪華列車というのですか 確かに 昔は、有名なデザイナーだったかも知れませんが あそこまで 行くと 引いてしまいますね

と思うのは、おいちゃんだけか こういう青い空、白い雪そして赤い列車とかの国旗のような単純な構図でも絵になる車両が 好きですね〜 だからじゃないが 東海道新幹線のあのアイボリーカラーとか 253系の昔の成田エクスプラスみたいなシンプルだが 何か心に響く感じがいいんだね

ステンレス車体にシール貼っておしまいの車両もあんまり好きじゃないのだが まあ 自分の鉄道会社じゃないのでね 好きにして下さい

今年も1年 目の前の この富士通カレンダーを 毎日眺めながら 今日は、ブログに何書こうかなとか 何をVRM3で作ろうかとか 目の保養をさせて頂いています。

富士通さん 毎年 素敵なカレンダーを 作ってくれて有難うね〜 これで 1年間は、心うきうきですね

相変わらずのトラフガーター橋の信者です。

昨日 書いた記事の続きで 山形の寒河江近郊に 行った時に撮って来たトラフガーター橋のお話からだ。

このデッキガーター橋とも 少し違う トラフガーター橋を 作れと 10年近く前から訴え続けていますが 今のバージョンには、入っているんでしょうかね

今回も 左沢線で たまたま 現場仕事の近くにあったトラフガーター橋を パチリして来ました。

左沢線10左沢線11





まあ どこにでもあるトラフガーター橋です。 そのローカル線ならどこにでもあるトラフガーター橋を 鉄道模型でも ここのVRM界隈でも 部品としての鉄橋として 見たことがないんだね 不思議なんだよね

左沢線12左沢線13





本当に 小さな川とか用水堀とか とにかく 田舎に行って現場を見れば すぐ気が付くようなもんだが 見掛けないですね〜 まあ 正確には、橋じゃないのかも知れませんが 色んな種類と 色や形があって これを見つけると パチリして来ましたが 2007年8月にVRM3ガーター鉄橋から何を見るか?2という 記事の中では、デッキガーターに無理やり 車体点検台を 重ねて金網渡り板にしてしまったりしていましたね その後  槽状桁(そうじょうげた)トラフガーダー見ーつけ?というような これが橋?かと 思うようなものまで とにかく 色々あるんですね 田園地帯だとかだと どうしても 用水堀も多いので 久しぶりのトラフガーター橋でも 書いていた通り 用水堀と 一体みたいな感じで部品があると いいのですが なんかVRM5版では、この用水堀が 出来たみたいな記事を 目にしましたが 覚えていませんなあ〜

もうひとつ このトラフガーター橋と 伴に 拘っているのが踏切だ。これも 色々自分なりに調べては、いますが

左沢線15左沢線16





中々珍しい こんな踏切板というのか どうなのか 忘れてしまいましたが グリーンのものを 発見したので 紹介だ。 最近の 真新しい踏切などでは、たまに見かけますが これとは、また違った感じでね 地域や 線区が違うと これまた 違うのでね 面白いんだね なんで VRMじゃ 屈折式の踏切しゃだん機と オーバーハングの警報機を 作らないのか? 不思議でね 

そういう レイアウトを作る上で 必要な細かい部品は、作らず どデカい目立つ建物とか 自分の技術を 見せたいのは、わかるのだが 限られたレイアウトサイズで 展開するレイアウトなら まずは、 こういう 普通に見掛ける部品を作ってこその VRMだと 個人的には、思っているのだが

まあ 誰も こういう指摘をしない ご時世じゃ 言うだけ アホみたいですが 実際レイアウトを 作っていると それに気が付くので 大晦日の今日に 今年限りで忘れる一言として 書いておきますかね

めんこい駅舎

この前 山形の寒河江近郊に 行った時に こんなめんこい駅舎があったので パチリしていました。 なんで 今頃と思うでしょうね 実は、スマホに撮った写真が 上手くPCに取り込めなくて 悪戦苦闘していました。どうしても やり方が わからず 結局 販売店のお姉さまに 懇切丁寧に 教えて頂きました。

それでも わからない 困ったおっさんです。 で え〜い 面倒だ〜 これで どうだと いたずらしていたら やっとこすっとこ 写真が入っているフォルダが PCで 見られるようになりました。 

とにかく 携帯の延長のつもりで やっていたんですが あのメールなどで文字を打つとき アルファベットの小文字でしか 出て来なくて これで いつも苦労していたのですが なんと お姉さまに このボタンをクリックすると 小文字が大文字に変わるんですよ と 買って半年して 気が付きました。

娘に なんで 最初に教えてくれないんだよ と聞いたら 聞かなきゃ答えられないし 誰でも そんな事知っている常識だよと 抜かしてけつかるじゃありませんか 昔だったら パソコンでもなんでも まずは、文字の表記の仕方をガイド本なんかに 一番最初に書いてあったもんだが 今のスマホは、そのガイド本もなにもないからね

全てネットで自分で調べなさいだもんね 初老のおっさんには、きついのです。 と 脱線してしまったが

左沢線1左沢線3





どうですが この小さなめんこい駅舎は、思わず 車を止めて 写真をパチリして来ました。 山形の左沢線の西寒河江駅という場所です。 山形には、あのフラワー長井線にも こんな感じのめんこい駅舎がありましたね これ駅舎じゃなく 停車場の待合所というのが正解なんでしょうかね

左沢線4左沢線7





踏切のすぐ脇の停車場なんですが メチャぎりぎりに配置してあるんですね なんか もっとスペース的に余裕があるようにも 見えたのですが この狭い場所にしか 作れなかったんでしょうかね

あまりにも めんこかったので ここで紹介してみました。
アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
Archives
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ