新VRM3★井戸端会議

VRM3こそお金が掛からない大人の一人遊びだ。そういう考えの方どうぞ!

鉄道勉強会

京都鉄道博物館に行ってみた。その6

京都鉄道博物館のレイアウトのHOゲージ車両の話しの続きからだ。

京都鉄道博物館114Nゲージ貨物編成最大長1













まずは、HOゲージじゃない Nゲージの車両から紹介だ。 EF210牽引コキ104形貨車26両編成からの紹介だ。コンテナ26両編成で540mが 実際の長さらしのだが 1/150のNゲージだとEF210が約123个如.灰104形が140个覆里如26両編成だと 3640个澄それに123个加わるので 約3763个澄畳2枚の長さでも はみ出る長さだ。でも肝心の最後まで この編成を 見てなかったので 誰か見に行ったら現物を確認して来てください

これが HOゲージだと EF210が233个如.灰104形が260个塙佑┐襪肇灰104形が26両で6760个澄それに233个加わるので約6993个猟垢気砲覆襪里如|も そういうものに興味がないと思ったのでNゲージで 十分中身が伝わると思ったのかも知れませんね 因みにN700系16両編成は、実物は、約400mで Nゲージだと先頭車173个斑羇崋158个料塙腓擦如〔2558个料環垢澄 

HOゲージだと カツミ製の真鍮製を見つけたのですが サイズが書いてある所が探せなかったので KATOのE5系はやぶさのHOサイズを 約390个髻.戞璽垢帽佑┐襪函16両編成で 約6240个澄 あれ 計算が 合わない 本物は、約25mで16両編成で 約400mだから HOゲージだと 長くなるのか

まあ 一番は、カツミ製のHOゲージの実際の寸法がわかれば問題解決なんだが カツミ製真鍮製N700系16両編成で 約837,000円だけは、調べたのですがね

なんか 今日は、さっぱり話が進みませんので 最後の225系電車12両で240mの話しも 追加だ。 Nゲージだと 約136个覆里如12両編成だと 約1632个澄HOゲージだと 約252个塙佑┐襪函12両編成で3024个料環垢澄 

こうやって 改めてNゲージの編成長と HOゲージの編成長を比べると 約倍近くの長さが 違うみたいですね

ここで 話は、全然方向が違うのだが 鉄道模型シミュレーターVRM3が出て来た時に 作っていた車両の線路に対しての長さを 画像に 作っていました。今から 18年近く前に作った画像からだ。

kamotutaitoru6



































VRM3版IMAGIC版ストレートレール256个法〆椶擦蕕譴觴嵶召鯢充┐靴討澆泙靴拭 この中で コキ104形を 20両編成で配置するとなると 最低256丱譟璽襪10本以上必要で 長さが約2460个如,修海妨0機関車が加わると 最低11本以上 2816个蓮必要になる計算だ。

なんか今日は、HOゲージの話しのつもりが 車両編成の長さのお話で おしまいだ。 まだまだ HOゲージの話しは、続きますのでね

京都鉄道博物館に行ってみた。その5

京都鉄道博物館のレイアウトのHOゲージ車両の話しからだ。

京都鉄道博物館30HOゲージ模型1













一番上が 明治時代の急行で イギリス製のネルソン蒸気機関車6200形からだ。これは、市販してないと調べたら なんと ここの天賞堂のサイトの三田模型国鉄6200形1/80 16.5mmゲージ 動力車という170,640円で販売していました。真鍮製みたいです。 さすが 天賞堂は、凄いですね

その下の機関車は、たぶんEF5318だと思うのだが こちらは、天賞堂のプラスチックモデルだと 45,000円前後で ネットでは、出ていました。

そして 一番下は、最初よく わからなかったのですが これも天賞堂のC53形だと思います。真鍮製かどうかは、わかりませんが 198,000円で販売しているみたいです。 と なんで 値段を調べているんでしょうかね

京都鉄道博物館31HOゲージ模型2












一番上の機関車は、EF58青大将からで 天賞堂の真鍮製だと300,000円で アルミダイキャスト製だと68,000円で KATOのプラスチック製は、19,500円でしたが これは、今は、廃盤?かも知れませんね その下が 151系特急こだま12両セットで 天賞堂のプラスチック製で230,000円で その下のEF58牽引寝台特急あさかぜ20系客車編成だ。KATOの昔の20系で 15両編成で約9万円くらいでしょうかね

京都鉄道博物館32HOゲージ模型3












キハ81系はつかり編成は、KATOのプラスチック製だと10両編成にすると約72,400円で 581系月光だとTomixの583系で12両編成で組むと 約119,400円みたいだ。 一番下の 485系特急雷鳥のパノラマカー付は、エンドウ製の真鍮製で基本6両セットで 360,000円と増結セット3両セット140,000円の9両編成で約500,000円だ。

京都鉄道博物館33HOゲージ模型4













一番上の583系急行きたぐには、10両編成で Tomixのプラスチック製だと 基本セット47,000円と増結セットMが28,000円と増結セットTが20,000円で サロネ581が7,800円とサロ581が7,800円の合計で 約110,600円だ。真ん中が681系サンダーバード9両編成から Tomixのプラスチック製で Aセット6両編成が81,000円とBセット3両編成が50,000円で 9両編成を組むと 約131,000円だ。

そして 一番下が 寝台特急トワイライトエクスプレスの10両編成からだ。 Tomixから 24系25形特急寝台客車トワイライトエクスプレスの寝台特急編成が 出ています。 4両基本セットが41,800円で 増結Aセット3両編成で29,800円と増結Bセット3両編成で27,800円で 組み合わせ10両セットだと 約99,400円になります。

専用牽引機が EF81-103で プラスチック製が25,800円で プレステージモデルが42,800円なので この寝台特急トワイライトエクスプレスの10両編成は、約125,200〜142,000円の金額になるのかな

京都鉄道博物館34HOゲージ模型5












この大正時代の8801という蒸気機関車の模型が どこの製品なのか わからなかったので 調べるのに時間が掛かってしまいました。ここのサイトの画像とも少し違うようなのですが 天賞堂の8630形梅小路仕様の真鍮製だと約293,000円と 欠品と書いてありました。 その他にも 珊瑚模型店の真鍮製キットの国鉄8800形が 30年以上も前にあったそうで 金額は、わかりませんが27万近くじゃないのかと どこかに書いてありました。 ここの「珊瑚模型製国鉄8800を塗装する」というブログでは、完成品を ヤフーオークションに出品していると書いて有りましたが 42,500円で 出品されていました。

京都鉄道博物館35HOゲージ模型6













一番上が70系電車で TomixのHOゲージのプラスチック製で 基本4両セット58,000円が 2組の8両編成で 約116,000円だ。 いい加減 疲れて来たので 金額表記は、ここまでだ。

その下の段から 117系電車編成、205系電車編成、80系電車編成、一番下が113系電車編成だ。

京都鉄道博物館36HOゲージ模型7












画像の映りが悪いのですが 一番上から 115系電車編成、201系カナリア色電車編成、225系電車編成、101系オレンジ色電車編成 そして一番下が 321系電車編成からだ。

最初 どこかの業者さんが これらの車両も一括で納入したものとも思ったのですが 例えば天賞堂なら 全て天賞堂製で オリジナル車両を作って展示しているのかと思ったのですが なんか そうでもないのかなと 展示だけなので 無理して真鍮製の鉄道模型を展示しなくても プラスチック製でも十分 ガラス越しに見るだけなら それでも いいのかと 値段も 一応調べてみました。

このHOゲージのサイズなら 市販の車両でも 活用できるみたいな時代なんでしょうね JR西日本関連の鉄道車両が中心なんだしょうか 583系じゃなく581系を 展示しているのが 面白かったです。

大宮の鉄道博物館のHOゲージの展示車両数よりも 少し少ないような感じにも見えました。 結構 調べるのは、疲れます。 でも こういう編成で 展示して飾れるのは、いいですね

ジオラマ京都JAPAN見聞録その7で 紹介した 天賞堂?HOゲージと 京都鉄道博物館のHOゲージを 見比べるのも これまた 楽しいのだ。 が 疲れるね 調べるのが

京都鉄道博物館に行ってみた。その4

京都鉄道博物館のジオラマレイアウトの話しの続きからだ。

京都鉄道博物館11ジオラマ9












基本 今まで沢山見て来たHOゲージなどの鉄道模型レイアウトとは、この鉄道博物館系とかジオラマ京都JAPANのレイアウトとかは、個人で作っている鉄道模型レイアウトや 仲間同士で作っているレイアウトとも少し違う感じに見えますね かといって 巷の流行のレンタルレイアウトとも 又 どこか違う感じがします。

京都鉄道博物館12ジオラマ10












遠くから眺めるのが原則なので 余計な小細工は、必要ないようにも見えるし 要は、実際の長編成が 展示できれば それでOKという意識は、どこかにあるのかも知れませんね

京都鉄道博物館13ジオラマ11












ここの京都鉄道博物館のジオラマレイアウトは、JR西日本関係以外の新幹線や私鉄の阪急などが 走行しているのを見て 大宮鉄道博物館のJR東日本とは、少し車両に対しての考えが違うのかと 太っ腹なような気がしました。 まだJR東海の名古屋の鉄道博物館は、見ていないので そこのジオラマレイアウトでは、JR東日本関係の車両も走っているのか? 興味がありますね

京都鉄道博物館14ジオラマ12












この空きスペースを どう埋めるのか 苦労したというより 小細工しませんね

京都鉄道博物館15ジオラマ13












レイアウトの左側部分です。高架区間がメインのようです。 それと 先ほどの空きスペースの件ですが ジオラマ京都JAPANでも 係の人が話してましたが 直接レイアウトの空いているスペースに立って作業をするらしいとの事なので おそらく ここのレイアウトも 作業で人が立てるスペースの為に空きを作っているかも知れませんね

京都鉄道博物館16ジオラマ14












左奥の方に山岳鉄道のスイッチバックがあるのだが あまりにも遠くて よく見えませんでした。

この京都鉄道博物館のジオラマレイアウトを検索すると一番最初に出て来るのが ここの「絶対見たい! これが京都鉄道博物館の鉄道ジオラマショー」がある 京都鉄道博物館チャンネルというサイトだ。 その中に このジオラマレイアウトを これでもかと紹介しています。

おいちゃんは、アホなので すっかり鉄道博物館が やっているサイトだと信じていたら なんと個人のサイトなんだね 当サイトは京都鉄道博物館とは一切関係がない、非公式サイトです。と 紹介がありました。

なんか いやに画像にHPのロゴが入っているので 京都鉄道博物館て そんなに気難しい会社だと思ったら なんてことは、ない個人で管理しているサイトでした。これだけのHPを作るのだからプロの方なんでしょうかね

ところで こうやって鉄道博物館のジオラマレイアウトを 眺めていると HOゲージ好きのおいちゃんとしては、どうしても 鉄道模型を走行させたレイアウト動画が見たくなったので 伊豆修善寺の鉄道模型の宿の花月園の動画から紹介だ。 その前に この花月園の詳しい情報が ここのブログに載っています。

レイアウト図と上空からの画像があるので これまた 何かの参考になるかも知れませんね 因みに広さは、3部屋をぶち抜いた45畳の部屋の広さと書いてありましたが どうも頭に大きさが思い浮かべませんね たぶん14mx5.4mくらいの大きさでしょうか よくわかりません

HOゲージ花月園の冬2016



















それとNゲージのレイアウトもあるそうなので それを紹介しているのが こちらのブログです。



今回 初めてNゲージレイアウトの動画を見つけました。



昔 ここで 鉄道模型サークルの人が 集まって合宿みたいな事をやっていた2009年に ここのブログで紹介した動画を再登場だ。

 

最近 思うのだが 昔は、鉄道模型シミュレーターのオフ会というと 鉄道模型関係の話しが半分くらいだったような気もしたのだが そういえば 最近 鉄道模型関係の話題が この界隈で ほとんど聞きませんね

鉄道模型シミュレーターじゃなく 鉄道シミュレーターというパソコンゲームに特化して来ているように 個人的には、感じるのだが やっぱり 仮想鉄道模型なんだから 鉄道模型を やらない おいちゃんでさえ これだけ 沢山 鉄道模型の話題を振っているので そこら辺の 広い意味での 話題があってもいいと思うのだが 最近 難しい話ばかりでね こういう場所で オフ会でも やったら面白いかもね

まあ オフ会は、出来なくても そういう 話が出来る場があると面白いのだが トレトレの会議室も 怖くて あれ ほったらかしなんだよね

追伸

今 2009年の花月園合宿の動画を眺めていたら 29畳の部屋で 一周30mとのナレーションが入っていました。 おそらく 10畳の部屋を3部屋ぶち抜いた感じだと思うんですね だから 実際は、幅4.5mx横幅が10.8mの部屋の大きさだと 想像するのですが 10年前の動画なので 今は、どうなのかは、わかりません

京都鉄道博物館に行ってみた。その3

京都鉄道博物館のジオラマレイアウトの話しからだ。

京都鉄道博物館3ジオラマ1












ジオラマの幅30mx奥行き10mの正面のスタンドから向かって一番右奥のコーナーからの画像からだ。

京都鉄道博物館4ジオラマ2












御用ユーザーじゃないので ここでは、ハッキリ自分の感じたままに感想を書いて行きますのでね

京都鉄道博物館5ジオラマ3













あくまでも 大宮鉄道博物館とジオラマ京都JAPANの ジオラマレイアウトと比較しながら これから色々書いて行きます。まあ 全体的に眺めて大宮鉄道博物館のジオラマよりは、作りは、手を抜いている感じがしました。

京都鉄道博物館6ジオラマ4












そして 細かい作りが雑で とくに高架橋の高架プレートの壁が壊れていたり段差があったりと どうして修理しないのか不思議なのと 線路の配置も バラストを配置してあるように見せるでもなく そのまま線路を配置したようにも見えて 少し残念な気持ちでした。

京都鉄道博物館7ジオラマ5












幅が7mも長いので 確かに大きくは、見えるのですが その分 物足りないような配置と やっぱり このガラスで囲わちるれていると 写真を撮る時に反射して そこが残念でした。

京都鉄道博物館8ジオラマ6












高架橋脚の配置の仕方や間隔など 大宮鉄道博物館のジオラマと比べると本当に 見劣りしますね 平成28年4月にオープンですから まだ4年も経過していませんが 新しさが あんまり感じられませんでした。

京都鉄道博物館9ジオラマ7












それでも在来線ホームなどは、16両フル編成が 停車出来るくらいなので 30mの幅の7m長いという特長をフルに活かしていますね

京都鉄道博物館10ジオラマ8












こうやって眺めていると もしかして 走りの走行シーンを考えての無駄のないシーナリー配置にしているのでしょうか この後の画像は、次回に続きます。

その前に 鉄道ジオラマの内覧会の動画を紹介だ。約15分近くの動画で これを 見れば行った気分になるかもしれません 



今 眺めていたら 大宮鉄道博物館の高架プレートの壁の高さより若干低いようにも感じたのと 架線柱が 1本も配置してないんだね だから なんか物足りないような気がしていたのですが ジオラマレイアウトひとつでも それぞれ会社が どう考えているのか なんとなく わかりますね

デカさで売るのか 作りで売るのか 子供相手なのか それぞれ3社三様だ。

おまけに 昔の交通博物館のジオラマレイアウトからだ。 2014年6月に閉館しました。が 40年近く前に 一度行った事があるのだが その頃 まったく興味がなかったからね 隣のおっちゃんのお伴で行きましたね

京都鉄道博物館に行ってみた。その2

京都鉄道博物館に行った話の続きから 今日は、メインの鉄道ジオラマのお話からだ。その前に 鉄道ジオラマの復習だ。 去年2018年11月に大宮鉄道博物館に行って来ました。その19に 大宮鉄道博物館のジオラマレイアウトを紹介して 先月の6月には、ジオラマ京都JAPAN見聞録その2で ジオラマレイアウトを 紹介しました。

大宮鉄道博物館のジオラマレイアウトの大きさは、幅23mx奥行き10mの大きさで こちらの京都鉄道博物館のジオラマレイアウトの大きさは、幅30mx奥行き10mと幅が 7mも長いみたいです。 ちなみに 日本最大級の鉄道ジオラマの触れ込みのジオラマ京都JAPANは、縦12.3m✕横17.3mだ。

鉄道博物館ジオラマレイアウト図オリジナル3













上のレイアウト図は、大宮鉄道博物館にレイアウト図で 下が 京都鉄道博物館のレイアウト図だ。

京都鉄道博物館20ジオラマ配線図3















ちょっと見づらいのだが 建物の壁に描いてあるレイアウト図からなので 勘弁だ。ジオラマレイアウトの画像は、後日 紹介しますが 今日は、大宮鉄道博物館のレイアウトで使われた自動運転の装置と同じ様な装置とディスプレイーモニターを紹介だ。

京都鉄道博物館19ジオラマ配線図1










装置の上の方にあるモニターを拡大したものだ。

京都鉄道博物館17ジオラマ15












そのモニターの周りには、連動盤のような列車運行管理表示盤が 配置してあります。

京都鉄道博物館18ジオラマ16












新幹線、在来線、貨物線、私鉄線、山岳線、シャトル線と 大きく分けると 5路線があるみたいです。

京都鉄道博物館20ジオラマ配線図2
















レイアウト配線図だけを 塗り絵で作ってみました。大宮鉄道博物館の連動装置は、PC画面での操作みたいでしたが こちらの京都鉄道博物館は、そういう感じで操作しているのか 大宮鉄道博物館のレイアウトは、バックヤードに車両を 収めるような感じですが こちらは、そんな感じには、見えませんでした。

こういう盤面を眺めていると それぞれ独立した路線のレイアウトに見えるのですが その組合わせで同時運転をさせているように見えます。 レイアウト画像関係は、次回で 紹介だ。

京都鉄道博物館に行ってみた。その1

ちょっと遅くなったのですが 京都鉄道博物館に行った時の話を書いて行きます。

京都鉄道博物館1入口から












まずは、入口から紹介だ。6月初めの平日に行って来ました。岡山方面に行く途中に寄り道して 朝早く嵐山のジオラマ京都JAPANを 眺めて来てから 午前中に来てみました。 

京都鉄道博物館2出口












そして こちらは、入口の隣の旧二条駅舎が 帰りの出口になっています。しかし 今回は、時間が無かったので片っ端から 写真だけをスマホでパチリだけして来ました。 その中から紹介だ。

まずは、鉄道ジオラマから紹介しようと思ったのですが 同じフロアに こんなATSなどの制御装置を紹介するレイアウトがあったので そこから紹介だ。

京都鉄道博物館21ATSレイアウト1












新幹線が走っていました。

京都鉄道博物館22ATSレイアウト2












最初これが どういうシステムのレイアウトなのか よくわかりませんでした。

京都鉄道博物館23ATSレイアウト3












結構 大きいんだよね 

京都鉄道博物館24ATSレイアウト4












車両が あんまり走っていないので 車両走行の動きが 見えませんでした。そうしたら このレイアウトは、お客さんが運転させる為のレイアウトだったんですね その運転している動画が こちらです。



新幹線は、ATCの自動列車制御装置を 使っているらしいのだが 仕組みは、わかりませんので メーカーさんの説明だと 列車が在線している軌道回路から速度情報(ATC信号)を受信し、その時点でのその区間を走行できる最大速度を上回って走行していた場合に、許容される速度まで自動的に減速させる装置だそうです。
よくわかりませんので 後で調べてね

京都鉄道博物館25在来線連動盤1












こちらは、今は、珍しい列車運行管理装置の 昔の表示盤からだ。

京都鉄道博物館26在来線連動盤2












京都近郊の在来線の列車運行管理表示盤からだ。今は、モニター画面で見るのが普通でしょうかね そのモニターも 医療用のモニター並みの高額なものを使っていると 噂では、聞きました。

京都鉄道博物館27新幹線連動盤3












こちらは、新幹線の列車運行管理表示盤だ。PRCとかいうのでしょうかね

京都鉄道博物館28新幹線連動盤4












よく こんな大きい表示盤を 持って来たものですね 

京都鉄道博物館29新幹線連動盤5













今から 10年近く前くらいまで使っていたんじゃないのかと噂では、聞いた事があります。最初 連動表示盤だと思ったら これだけ全体を表示しているのは、呼び方が違うみたいですね

ここの信号機メーカーの京三製作所に色々紹介されているので 参考にして下さい 今は、ほとんどPCモニターでのPRCが 多いので こういうドでかいリレーが点滅する方式の表示盤は、今となっては、貴重な鉄道遺産かも知れませんね 

今でも 車両基地とか貨物基地の信号扱所には、この昔の連動盤の大きいのが残っていると噂で聞いた事もあります。中々新しいシステムに替えるには、24時間稼働しているので 新しい建物でも作らないと引越しが出来ないとも 聞いた事もあります。 これを 鉄道模型好きの人は、自作で作ってしまうからね PCでも 自作で運行管理表示盤のゲームも作っている人もいるのでね 

鉄道模型の信号機システムから

今日は、羨ましい鉄道模型レイアウトから紹介だ。 でも 羨ましいかどうかは、よく わかりませんが 「鉄道模型・連動駅の信号機その6 」という とてつもなく デカいレイアウト動画からです。

鉄道模型信号機連動装置1



















それにしても デカいです。個人のレイアウトみたいです。



こんな感じの信号システムを構築してVRM5版で やりたいのですが せっかく702さんからアドバイスを 沢山頂きながら 只今 中断しています。欲張らないで 最初から複線区間の閉塞信号機の配置のレイアウトから始めれば良かったのですが どうしても 単線区間の相互通行のレイアウトを作って見たいと思ったのが間違いでした。 力量に合ったものから始めないとね 2015年の動画からでした。

次は、同じ方の2019年4月にUPされた動画からだ。なんでも引越しをして 全て新しくレイアウトを作り直したみたいです。 それにしても 裏側のモニターや装置が 凄いですね



これまた 難しいそうな連動装置というのか軌道回路装置というのか わかりませんが 「鉄道模型用電子連動装置の解説動画」という動画からだ。



皆さん鉄道模型だけじゃなく 鉄道知識もパソコン知識も経験豊富みたいですね このぐらい出来ちゃうと 仮想鉄道模型は、やらないでしょうね やる意味ないか

こちらは、今までとは、少し感じが異なるレイアウトから紹介だ。 「鉄道模型で自動信号を楽しむ。」という動画からだ。



この動画のdaimyooRR さんのHPサイトに 説明があったので それも紹介だ。この中で 普通は、有線のセンサーなどを配置して そこからケーブルを装置に引っ張って来るのですが ここでは、TVのリモコンのような赤外線通信で 制御をするという もう訳がわからない世界のお話でした。


ジオラマ京都JAPAN見聞録その7

最後のジオラマ京都JAPANの見聞録の報告だ。 まあ これだけ 写真画像をUPしているブログも他には、ないでしょうね なんせ ケチなので 500円の入場料分は、元を取らないと 思い写真を撮りまくりだ。

まあ 色々車両編成が さっぱり走っていないとか 真っ暗で よく見えないとか 言いましたが これも田舎者の僻みみたいなもんでね おそらく休日のお客さんが 沢山来ていれば これまた 違った対応をしていたと思うので そこは、日本人的商売人としての本音の部分だと思えば 無問題だ。

さて このジオラマ京都JAPANだが、ジオラマレイアウト以外にも展示物があったので それも紹介だ。 もう ここのブログを覗けば 行った気分になるんじゃないのかと 思うくらいだ。

ジオラマ京都HOゲージEF6545カットモデル1













なんと言っても このEF66の先頭部分のカットモデルが 目を惹きます。 が 運転台に入るには、お金が掛かるので 中には、入らずだ。

ジオラマ京都嵯峨野トロッコ列車模型1












この1/20くらいの大きさの鉄道車両の模型が 前の大宮の鉄道博物館以来 興味があって 片っ端から写真を撮っています。 これは、嵯峨野トロッコ列車の模型からだ。

ジオラマ京都嵯峨野トロッコ列車模型2












なぜかハリーポッターの蒸気機関車が 手間に展示してありました。何か関係性でもあるのでしょうか

ジオラマ京都嵯峨野トロッコ列車模型3DE10













嵯峨野トロッコ列車専用牽引機のDE10ディーゼル機関車だ。独特の色使いです。 そして ここからが HOゲージの鉄道模型からの紹介だ。 バックヤードの車両を紹介かと思ったら なんと天賞堂のHOゲージの紹介展示でした。

ジオラマ京都HOゲージ天賞堂機関車1












これが よく わからかったのだが 真鍮製なのかプラ製なのか 見た目じゃわかりませんでした。

ジオラマ京都HOゲージ天賞堂機関車2













最近の鉄道模型は、本当に 手で触れてみないと 真鍮製なのかプラ製なのか わかりませんが まず どこの店に行っても 手で触る事なんて出来ませんね 箱から出して展示している店など 地元じゃないからね

ジオラマ京都HOゲージ天賞堂機関車3













真鍮製なら ざっと1両当たり 25〜38万円くらいでしょうかね 10両揃えれば300万円近い金額が必要ですか

ジオラマ京都HOゲージ天賞堂機関車5DE10













このエンドウ製のHOゲージ 嵯峨野観光鉄道色DE10形1000番台のケース付きのお値段は、159,840円だ。おいちゃんが 今持っている KATOのDE10JR貨物更新色なら 1万円近くで買えるのだが しかもケースは、ダイソーの100円で買ったケースだ。

ジオラマ京都HOゲージ天賞堂機関車4













蒸気機関車なら 真鍮製なら 更に高い45〜50万円くらいですからね 手が出ません だから この鉄道模型シミュレーターに 逃げ込んでいるのですが お金と スペースがあったら ディディエフにでも 頼んで特注のジオラマを作って貰いたいもんだと アホな夢を見ています。

ジオラマ京都JAPANC62模型1












さて このジオラマ館の手前には、SL館みたいな場所があって SLなどが展示してありました。 その中から 少し大きめのC62の模型から紹介だ。反射して 映りは、良くありませんが

ジオラマ京都JAPANC62模型2













このくらいの大きさの模型だと 一体どのくらいするのでしょうか? 昔 なんかの記事で これより大きな蒸気機関車で 引き取り手がなくて 800万円?(400万か)位で 引き取ったという話を聞いたことがあります。(金額は、定かじゃないが) どこかの会社経営のお爺さんが 趣味で 色んなものを集めていたと 北陸地方のどこかだと思うのですが 昔の話しなので 忘れてしまいました。

ジオラマ京都JAPANC5698現物1












静態保存でも やっぱり 室内に展示してあるのは、綺麗です。 やっぱり こうじゃないと かわいそうです。

ジオラマ京都JAPANC5848つばめ現物1












どうですか この美しいフォルムが最高です。 

ジオラマ京都JAPANCドイツタンク車若鷹号現物1













こちらは、ドイツから 初期の鉄道の時に輸入された若鷹号というタンク車からだ。 このJR嵯峨嵐山駅の前にも蒸気機関車は、展示してあるのだが 色が風化して 錆びついた感じで 写真は、撮って来ませんでした。

地元にも 静態保存の蒸気機関車は、あっちこっちに沢山ありますが ハッキリ言って 鉄の塊のゴミみたいな展示をしている所が多くてね わざわざ 引き取った以上は、最後まで面倒みなさいと 言いたい気分だね

以上が 今回 京都観光をしないで 真っすぐ嵐山のジオラマ京都JAPANを見た見聞録です。

なぜか こういう企画が 好まれないのかブログの来客数が 最低に近い数字で 少しがっくりなのですが まだ 京都鉄道博物館も 残っているので 益々本音トークで 書いてみる予定だ。


ジオラマ京都JAPAN見聞録その6

まだまだ 続く ジオラマ京都JAPANのレイアウトからだ。 今回は、いよいよ これが やりたくて プラレタリウムを作ったんじゃないのかと 勝手に想像してしまった夜景のジオラマ画像からだ。

最初 この夜景のショーが行われるとは、知らなかったのだが 一旦 ジオラマ館から出て来て帰ろうとしたら 係の人から これから夜景のショーが始まりますよ と 教えて貰いました。でも 一旦出てしまったのですが 構わないですよと 親切に声を掛けられたので 又 一人で 中に入って夜景を楽しんで来ました。

ジオラマ京都HOゲージ夜景その1












まだ 始まったばかりなので 全体が少し明るい感じですが 建物に照明が点灯して来てました。

ジオラマ京都HOゲージ夜景その2













正面の在来線と新幹線のホームの部分からホームの照明が入ると やっぱり いいですね〜

ジオラマ京都HOゲージ夜景その3













なぜ この部分がアクリル板で 覆われていたのか この夜景の照明が 生きるように配置したのか

ジオラマ京都HOゲージ夜景その4













左側から眺めた夜景の風景だ。

ジオラマ京都HOゲージ夜景その5













なんか2011年最初の頃の建物と 後から建物の配置が変わったと前に書いたのだが この建物に照明を付けるのに 変わったんでしょうかね 

ジオラマ京都HOゲージ夜景その6












上から眺めた夜景の風景だ。 こういうのを見てしまうと やっぱり 夜景が皆さん好きなんでしょうね

ジオラマ京都HOゲージ夜景その7













夜景を見せる為のジオラマレイアウトとでも いうのでしょうか

ジオラマ京都HOゲージ夜景その8













山の上の道路の照明も 効いていますね

ジオラマ京都HOゲージ夜景その9













右奥からの全景だ。

ジオラマ京都HOゲージ夜景その10













最後は、照明に照らされた清水寺の舞台からだ。 以上が ジオラマ京都JAPANの夜景のシーンからでした。

さて ここのジオラマ京都JAPANを 見て感じたのが おそらく ドイツのハンブルクにあるミニチュアワンダーランドを参考にしているのじゃないのかと 勝手に想像だ。

まあ ここは、世界の憧れのミニチュアワールドですからね これと 比べるのは、失礼なんですが どうしても これと比べてしまうのです。 まあ 動画を どうぞ



この中の火事場のシーンとか 色々参考にして 作っているようにも感じるのだが しかし ここまで 例えば架線柱を配置している博物館のジオラマは、少ないのでね 逆に 個人の家にある鉄道模型ジオラマの方が このミニチュアワンダーランドに近いジオラマを YouTube動画では、見掛けますね

ところで こういう感じのジオラマレイアウトというのは、ほとんどが どこかの制作事業者が 請け負って制作していると思うのだが鉄道博物館クラスだと あの天賞堂が 請け負うのが多いと噂では、聞いていますが そこまでの規模じゃないと ここの株式会社ディディエフが 製作を請け負うジオラマも結構あるみたいですね

ここのディディエフ東京と ディディエフ大阪のFacebookを 眺めてみると 世の中には、こういうジオラマを個人で所有している方々が 結構多いというのも 実感しました。

個人で これらの鉄道ジオラマを 一人で味わってみたいというのが 鉄道模型ジオラマなんでしょうが 逆に 自分で作った仮想鉄道ジオラマを 一人でも多くの人に見て貰いたいというのが 見せたがり屋の新VRM3★のVRM3版鉄道シミュレーターなんでしょうかね 

ジオラマ京都JAPAN見聞録その5

今回は、ジオラマ京都JAPANのレイアウトを褒める お話からだ。 まず このレイアウトを作った時のコンセプトでは、おそらく この上空からレイアウトを眺めさせるというのを 目指して このようなレイアウトを跨ぐ感じで 作られた連絡橋を 作ったのかと 推測だ。

最初に書いたように 2011年の開館時の時は、温室のような建物の中に作った感じに見えて おそらく かなり明るく日が差していたのかと思うのだが しかし この日差しが差すというのは、この手のジオラマじゃ劣化を招く原因の一つでもあるから 天井を塞ぐ 方法として プラレタリウムという 裏技で ジオラマの劣化を防止したのでは、と 勝手に解釈しています。 もし これから紹介するジオラマ部分が 昼間の明るさで見えたら どうだったんでしょうかね そこら辺は、開店1年目以内に ご覧になった人にしか 見られない光景なんでしょうね

ジオラマ京都HOゲージ上空から前方1












上空から眺めた 前方部分の画像からだ。 写真は、修整して明るくしてますが 実際は、真っ暗です。

ジオラマ京都HOゲージ上空から前方2













住宅の配置は、綺麗に配置してありますが 少し面白味があっても 良かったのかと思います。

ジオラマ京都HOゲージ上空から前方3













こうやって上からなんて まず 他のジオラマじゃ見られません しかも これだけの大きさだと尚更だ。

ジオラマ京都HOゲージ上空から後方1













レイアウトの後方部分からだ。 さて このレイアウトは、どこの業者さんが 作ったのか気になるのだが 一切そういうレイアウト図とか予算とかコンセプトが 載っていないので 勝手に想像だ。

ジオラマ京都HOゲージ上空から後方2













しかし 上空から眺めると いい意味でも 悪い意味でも 全部 さらけ出してしまうから 怖い面もありますね

ジオラマ京都HOゲージ上空から後方3












朝早かったので 動きのある場面というのか 火事の場面とかは、見られませんでした。

ジオラマ京都HOゲージ上空から後方5













でも これだけの本数を確保しているので やっぱりレンタルレイアウトの機能も兼ね備えているのでしょうが 逆に それが命取りで せっかく お金を払って見に来た観光客の立場で言わせて貰うと ジオラマもいいけど 走行している列車編成が 見たかった。 じゃないのでしょうか

ジオラマ京都HOゲージ上空から後方6












EF6645とEF6649のカットモデルも 配置してありました。 まあ 2011年当時は、 まだ 京都鉄道博物館も開館していなかったので 日本最大級の鉄道ジオラマと 紹介したのでしょう

先ほど 火事の場面が見られなかったというのが こちらだ。
 



2017年6月に公開された動画で 今回と同じような感じで 少し暗い感じになっていました。 2012年8月に公開されていた動画からです。景色が 明るいので 見比べてね




やっぱり こういう 見世物というのは、お客さんが 大勢集まる休日がメインでやっているんでしょうかね 朝一番で 見に行ったのが 間違いだったのか まあ そのおかげで これだけ沢山 写真は、撮れたので まあいいかだ。

今 気が付いたのですが 最初の頃のジオラマの建物の配置と 後からのジオラマの建物の配置や種類が変わっていました。 色んな鉄道模型のジオラマレイアウトを 見て来ましたが 中々10年以上も そのままの状態のレイアウトって あんまり 見掛けませんね とくに 鉄道模型の店に展示してるレイアウトなどは、同じレイアウトで走行出来る状態で 10年以上も そのままの姿で 維持している店は、こちらじゃ ほとんど見ないね

メンテナンスと どうしても 見る側も見せる側も飽きる なんて 外野が言うなだ。
アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
Archives
livedoor プロフィール

おいちゃん

鉄道模型シミュレーターVRM3専用の分室です。難しい話は,一切ナシ ただレイアウト等を作って自分のお金で楽しむだけの人 大歓迎 !

鉄道模型が 大好きな癖して ひとつも持っていない ただ 人の物を眺めるのが趣味な変なおっさんです。 

QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ