新VRM3★井戸端会議

VRM3こそお金が掛からない大人の一人遊びだ。そういう考えの方どうぞ!

鉄道模型

京都鉄道博物館に行ってみた。その6

京都鉄道博物館のレイアウトのHOゲージ車両の話しの続きからだ。

京都鉄道博物館114Nゲージ貨物編成最大長1













まずは、HOゲージじゃない Nゲージの車両から紹介だ。 EF210牽引コキ104形貨車26両編成からの紹介だ。コンテナ26両編成で540mが 実際の長さらしのだが 1/150のNゲージだとEF210が約123个如.灰104形が140个覆里如26両編成だと 3640个澄それに123个加わるので 約3763个澄畳2枚の長さでも はみ出る長さだ。でも肝心の最後まで この編成を 見てなかったので 誰か見に行ったら現物を確認して来てください

これが HOゲージだと EF210が233个如.灰104形が260个塙佑┐襪肇灰104形が26両で6760个澄それに233个加わるので約6993个猟垢気砲覆襪里如|も そういうものに興味がないと思ったのでNゲージで 十分中身が伝わると思ったのかも知れませんね 因みにN700系16両編成は、実物は、約400mで Nゲージだと先頭車173个斑羇崋158个料塙腓擦如〔2558个料環垢澄 

HOゲージだと カツミ製の真鍮製を見つけたのですが サイズが書いてある所が探せなかったので KATOのE5系はやぶさのHOサイズを 約390个髻.戞璽垢帽佑┐襪函16両編成で 約6240个澄 あれ 計算が 合わない 本物は、約25mで16両編成で 約400mだから HOゲージだと 長くなるのか

まあ 一番は、カツミ製のHOゲージの実際の寸法がわかれば問題解決なんだが カツミ製真鍮製N700系16両編成で 約837,000円だけは、調べたのですがね

なんか 今日は、さっぱり話が進みませんので 最後の225系電車12両で240mの話しも 追加だ。 Nゲージだと 約136个覆里如12両編成だと 約1632个澄HOゲージだと 約252个塙佑┐襪函12両編成で3024个料環垢澄 

こうやって 改めてNゲージの編成長と HOゲージの編成長を比べると 約倍近くの長さが 違うみたいですね

ここで 話は、全然方向が違うのだが 鉄道模型シミュレーターVRM3が出て来た時に 作っていた車両の線路に対しての長さを 画像に 作っていました。今から 18年近く前に作った画像からだ。

kamotutaitoru6



































VRM3版IMAGIC版ストレートレール256个法〆椶擦蕕譴觴嵶召鯢充┐靴討澆泙靴拭 この中で コキ104形を 20両編成で配置するとなると 最低256丱譟璽襪10本以上必要で 長さが約2460个如,修海妨0機関車が加わると 最低11本以上 2816个蓮必要になる計算だ。

なんか今日は、HOゲージの話しのつもりが 車両編成の長さのお話で おしまいだ。 まだまだ HOゲージの話しは、続きますのでね

京都鉄道博物館に行ってみた。その5

京都鉄道博物館のレイアウトのHOゲージ車両の話しからだ。

京都鉄道博物館30HOゲージ模型1













一番上が 明治時代の急行で イギリス製のネルソン蒸気機関車6200形からだ。これは、市販してないと調べたら なんと ここの天賞堂のサイトの三田模型国鉄6200形1/80 16.5mmゲージ 動力車という170,640円で販売していました。真鍮製みたいです。 さすが 天賞堂は、凄いですね

その下の機関車は、たぶんEF5318だと思うのだが こちらは、天賞堂のプラスチックモデルだと 45,000円前後で ネットでは、出ていました。

そして 一番下は、最初よく わからなかったのですが これも天賞堂のC53形だと思います。真鍮製かどうかは、わかりませんが 198,000円で販売しているみたいです。 と なんで 値段を調べているんでしょうかね

京都鉄道博物館31HOゲージ模型2












一番上の機関車は、EF58青大将からで 天賞堂の真鍮製だと300,000円で アルミダイキャスト製だと68,000円で KATOのプラスチック製は、19,500円でしたが これは、今は、廃盤?かも知れませんね その下が 151系特急こだま12両セットで 天賞堂のプラスチック製で230,000円で その下のEF58牽引寝台特急あさかぜ20系客車編成だ。KATOの昔の20系で 15両編成で約9万円くらいでしょうかね

京都鉄道博物館32HOゲージ模型3












キハ81系はつかり編成は、KATOのプラスチック製だと10両編成にすると約72,400円で 581系月光だとTomixの583系で12両編成で組むと 約119,400円みたいだ。 一番下の 485系特急雷鳥のパノラマカー付は、エンドウ製の真鍮製で基本6両セットで 360,000円と増結セット3両セット140,000円の9両編成で約500,000円だ。

京都鉄道博物館33HOゲージ模型4













一番上の583系急行きたぐには、10両編成で Tomixのプラスチック製だと 基本セット47,000円と増結セットMが28,000円と増結セットTが20,000円で サロネ581が7,800円とサロ581が7,800円の合計で 約110,600円だ。真ん中が681系サンダーバード9両編成から Tomixのプラスチック製で Aセット6両編成が81,000円とBセット3両編成が50,000円で 9両編成を組むと 約131,000円だ。

そして 一番下が 寝台特急トワイライトエクスプレスの10両編成からだ。 Tomixから 24系25形特急寝台客車トワイライトエクスプレスの寝台特急編成が 出ています。 4両基本セットが41,800円で 増結Aセット3両編成で29,800円と増結Bセット3両編成で27,800円で 組み合わせ10両セットだと 約99,400円になります。

専用牽引機が EF81-103で プラスチック製が25,800円で プレステージモデルが42,800円なので この寝台特急トワイライトエクスプレスの10両編成は、約125,200〜142,000円の金額になるのかな

京都鉄道博物館34HOゲージ模型5












この大正時代の8801という蒸気機関車の模型が どこの製品なのか わからなかったので 調べるのに時間が掛かってしまいました。ここのサイトの画像とも少し違うようなのですが 天賞堂の8630形梅小路仕様の真鍮製だと約293,000円と 欠品と書いてありました。 その他にも 珊瑚模型店の真鍮製キットの国鉄8800形が 30年以上も前にあったそうで 金額は、わかりませんが27万近くじゃないのかと どこかに書いてありました。 ここの「珊瑚模型製国鉄8800を塗装する」というブログでは、完成品を ヤフーオークションに出品していると書いて有りましたが 42,500円で 出品されていました。

京都鉄道博物館35HOゲージ模型6













一番上が70系電車で TomixのHOゲージのプラスチック製で 基本4両セット58,000円が 2組の8両編成で 約116,000円だ。 いい加減 疲れて来たので 金額表記は、ここまでだ。

その下の段から 117系電車編成、205系電車編成、80系電車編成、一番下が113系電車編成だ。

京都鉄道博物館36HOゲージ模型7












画像の映りが悪いのですが 一番上から 115系電車編成、201系カナリア色電車編成、225系電車編成、101系オレンジ色電車編成 そして一番下が 321系電車編成からだ。

最初 どこかの業者さんが これらの車両も一括で納入したものとも思ったのですが 例えば天賞堂なら 全て天賞堂製で オリジナル車両を作って展示しているのかと思ったのですが なんか そうでもないのかなと 展示だけなので 無理して真鍮製の鉄道模型を展示しなくても プラスチック製でも十分 ガラス越しに見るだけなら それでも いいのかと 値段も 一応調べてみました。

このHOゲージのサイズなら 市販の車両でも 活用できるみたいな時代なんでしょうね JR西日本関連の鉄道車両が中心なんだしょうか 583系じゃなく581系を 展示しているのが 面白かったです。

大宮の鉄道博物館のHOゲージの展示車両数よりも 少し少ないような感じにも見えました。 結構 調べるのは、疲れます。 でも こういう編成で 展示して飾れるのは、いいですね

ジオラマ京都JAPAN見聞録その7で 紹介した 天賞堂?HOゲージと 京都鉄道博物館のHOゲージを 見比べるのも これまた 楽しいのだ。 が 疲れるね 調べるのが

Gゲージは、鉄道模型の王様か

YouTube動画で 見つけた この鉄道模型の動画に 只々ビックリだ。

1-Gaugeドイツロコ1




















なんと 煙と蒸気が 半端でないくらい排出しています。 まずは、動画をご覧ください



もう この煙と蒸気の排出と そして この蒸気機関車の走行音が これでも 鉄道模型なのかとビックリしてしまいます。 縮尺1/32 もしくは1/30.5・軌間45mmのものを一般的に1番ゲージもしくは、Gゲージと呼ぶそうです。(ほとんど外国製しかないので細かいj事は、省略だ。)日本では、横浜にある原鉄道模型博物館が 有名らしいのだ。行った事が ないので このような蒸気機関車の鉄道模型が走っているかは、知りません

他の動画も 紹介だ。



これらの1番ゲージの機関車を販売しているのがKM1 Locomotivesというサイトだ。この中で この動画に出ている似たような蒸気機関車が ここで紹介されています。$4,102.36 USDだそうで 今現在日本円で$は、108円だから 約45万円くらいでしょうかね 

そう言えば こういう日本Gゲージクラブという会もあるみたいです。 こんな感じのGゲージスターターセットというのが Joshin webショップ通販サイトで 売られていました。メーカー希望小売価格 62,640円でしたが完売していました。

日本では、ほとんど馴染みがありませんが欧米では、人気があるそうです。日本だと Oゲージの1/45の軌間32个主流ですが (このOゲージを オーゲージと呼んでましたが これ零番数字のゼロ番ゲージと呼ぶのが正解らしくてアメリカでは、オースケールと呼ぶらしいです。)

こんな感じで 運転会を 広い体育館のような場所を使って開催しているみたいです。



なんか見るからに富裕層の鉄道模型サークルみたいな感じが漂いますが そりゃ1両が何十万円の世界ですからね シコシコ パソコンのモニターで 機関車走らせて楽しんでいる鉄道模型シミュレーターとは、また 違う世界なんだが 鉄道模型のサークルって結構 「類は、友を呼ぶ」じゃないのですが 見せ合いたいという共通認識があるのでしょうかね

それにしても 海外でも こういう運転会が開催されるという事は、実際 この1ゲージ・Gゲージのジオラマレイアウトを 家庭に作って持っているのは、限られた豪邸の持ち主しかいないのか いや やっぱり自慢したい見せ合いたいという そういう共通認識があるからこその集まりなんでしょうかね

こちらの鉄道模型シミュレーターも そもそも家に HOゲージ・Nゲージのレイアウトが作るスペースがないからこそ PCモニターの中での仮想鉄道模型を走らせて楽しむが コンセプトだと思ったのですがね

そこの見せ合いたいという共通認識が あのレイアウトコンテストという企画だったような気もするのですが 今は、やっていないのでね どっちにしろ バージョンがこれだけ違って来ると やっぱり最後は、YouTube動画で 動画などを 見せ合いながら ああでもないこうでもないと 話せる場があると面白いのですがね

こういう鉄道模型サークルみたいな 鉄道模型シミュレーターのサークルみたいなものが オフ会になっていたんでしょうか でも そのオフ会も その中身が さっぱり 漏れて来ないようなので 面白くないんだね おいちゃんなんて この界隈の異端児なので どういう噂話になっていたか 知りたいような知りたくないような 

まあ どっちかと言うと 馴染まない方だからね それでも懲りずに続けているのが 自分でも このくそ根性だけは、負けないね 発言がストレート過ぎるかも知れませんが これも裏返せば愛情表現なのでね 嫌いなら とっくに ここを 去っています。が 居心地がいいので 離れられません 悪しからずだ。

京都鉄道博物館に行ってみた。その4

京都鉄道博物館のジオラマレイアウトの話しの続きからだ。

京都鉄道博物館11ジオラマ9












基本 今まで沢山見て来たHOゲージなどの鉄道模型レイアウトとは、この鉄道博物館系とかジオラマ京都JAPANのレイアウトとかは、個人で作っている鉄道模型レイアウトや 仲間同士で作っているレイアウトとも少し違う感じに見えますね かといって 巷の流行のレンタルレイアウトとも 又 どこか違う感じがします。

京都鉄道博物館12ジオラマ10












遠くから眺めるのが原則なので 余計な小細工は、必要ないようにも見えるし 要は、実際の長編成が 展示できれば それでOKという意識は、どこかにあるのかも知れませんね

京都鉄道博物館13ジオラマ11












ここの京都鉄道博物館のジオラマレイアウトは、JR西日本関係以外の新幹線や私鉄の阪急などが 走行しているのを見て 大宮鉄道博物館のJR東日本とは、少し車両に対しての考えが違うのかと 太っ腹なような気がしました。 まだJR東海の名古屋の鉄道博物館は、見ていないので そこのジオラマレイアウトでは、JR東日本関係の車両も走っているのか? 興味がありますね

京都鉄道博物館14ジオラマ12












この空きスペースを どう埋めるのか 苦労したというより 小細工しませんね

京都鉄道博物館15ジオラマ13












レイアウトの左側部分です。高架区間がメインのようです。 それと 先ほどの空きスペースの件ですが ジオラマ京都JAPANでも 係の人が話してましたが 直接レイアウトの空いているスペースに立って作業をするらしいとの事なので おそらく ここのレイアウトも 作業で人が立てるスペースの為に空きを作っているかも知れませんね

京都鉄道博物館16ジオラマ14












左奥の方に山岳鉄道のスイッチバックがあるのだが あまりにも遠くて よく見えませんでした。

この京都鉄道博物館のジオラマレイアウトを検索すると一番最初に出て来るのが ここの「絶対見たい! これが京都鉄道博物館の鉄道ジオラマショー」がある 京都鉄道博物館チャンネルというサイトだ。 その中に このジオラマレイアウトを これでもかと紹介しています。

おいちゃんは、アホなので すっかり鉄道博物館が やっているサイトだと信じていたら なんと個人のサイトなんだね 当サイトは京都鉄道博物館とは一切関係がない、非公式サイトです。と 紹介がありました。

なんか いやに画像にHPのロゴが入っているので 京都鉄道博物館て そんなに気難しい会社だと思ったら なんてことは、ない個人で管理しているサイトでした。これだけのHPを作るのだからプロの方なんでしょうかね

ところで こうやって鉄道博物館のジオラマレイアウトを 眺めていると HOゲージ好きのおいちゃんとしては、どうしても 鉄道模型を走行させたレイアウト動画が見たくなったので 伊豆修善寺の鉄道模型の宿の花月園の動画から紹介だ。 その前に この花月園の詳しい情報が ここのブログに載っています。

レイアウト図と上空からの画像があるので これまた 何かの参考になるかも知れませんね 因みに広さは、3部屋をぶち抜いた45畳の部屋の広さと書いてありましたが どうも頭に大きさが思い浮かべませんね たぶん14mx5.4mくらいの大きさでしょうか よくわかりません

HOゲージ花月園の冬2016



















それとNゲージのレイアウトもあるそうなので それを紹介しているのが こちらのブログです。



今回 初めてNゲージレイアウトの動画を見つけました。



昔 ここで 鉄道模型サークルの人が 集まって合宿みたいな事をやっていた2009年に ここのブログで紹介した動画を再登場だ。

 

最近 思うのだが 昔は、鉄道模型シミュレーターのオフ会というと 鉄道模型関係の話しが半分くらいだったような気もしたのだが そういえば 最近 鉄道模型関係の話題が この界隈で ほとんど聞きませんね

鉄道模型シミュレーターじゃなく 鉄道シミュレーターというパソコンゲームに特化して来ているように 個人的には、感じるのだが やっぱり 仮想鉄道模型なんだから 鉄道模型を やらない おいちゃんでさえ これだけ 沢山 鉄道模型の話題を振っているので そこら辺の 広い意味での 話題があってもいいと思うのだが 最近 難しい話ばかりでね こういう場所で オフ会でも やったら面白いかもね

まあ オフ会は、出来なくても そういう 話が出来る場があると面白いのだが トレトレの会議室も 怖くて あれ ほったらかしなんだよね

追伸

今 2009年の花月園合宿の動画を眺めていたら 29畳の部屋で 一周30mとのナレーションが入っていました。 おそらく 10畳の部屋を3部屋ぶち抜いた感じだと思うんですね だから 実際は、幅4.5mx横幅が10.8mの部屋の大きさだと 想像するのですが 10年前の動画なので 今は、どうなのかは、わかりません

京都鉄道博物館に行ってみた。その3

京都鉄道博物館のジオラマレイアウトの話しからだ。

京都鉄道博物館3ジオラマ1












ジオラマの幅30mx奥行き10mの正面のスタンドから向かって一番右奥のコーナーからの画像からだ。

京都鉄道博物館4ジオラマ2












御用ユーザーじゃないので ここでは、ハッキリ自分の感じたままに感想を書いて行きますのでね

京都鉄道博物館5ジオラマ3













あくまでも 大宮鉄道博物館とジオラマ京都JAPANの ジオラマレイアウトと比較しながら これから色々書いて行きます。まあ 全体的に眺めて大宮鉄道博物館のジオラマよりは、作りは、手を抜いている感じがしました。

京都鉄道博物館6ジオラマ4












そして 細かい作りが雑で とくに高架橋の高架プレートの壁が壊れていたり段差があったりと どうして修理しないのか不思議なのと 線路の配置も バラストを配置してあるように見せるでもなく そのまま線路を配置したようにも見えて 少し残念な気持ちでした。

京都鉄道博物館7ジオラマ5












幅が7mも長いので 確かに大きくは、見えるのですが その分 物足りないような配置と やっぱり このガラスで囲わちるれていると 写真を撮る時に反射して そこが残念でした。

京都鉄道博物館8ジオラマ6












高架橋脚の配置の仕方や間隔など 大宮鉄道博物館のジオラマと比べると本当に 見劣りしますね 平成28年4月にオープンですから まだ4年も経過していませんが 新しさが あんまり感じられませんでした。

京都鉄道博物館9ジオラマ7












それでも在来線ホームなどは、16両フル編成が 停車出来るくらいなので 30mの幅の7m長いという特長をフルに活かしていますね

京都鉄道博物館10ジオラマ8












こうやって眺めていると もしかして 走りの走行シーンを考えての無駄のないシーナリー配置にしているのでしょうか この後の画像は、次回に続きます。

その前に 鉄道ジオラマの内覧会の動画を紹介だ。約15分近くの動画で これを 見れば行った気分になるかもしれません 



今 眺めていたら 大宮鉄道博物館の高架プレートの壁の高さより若干低いようにも感じたのと 架線柱が 1本も配置してないんだね だから なんか物足りないような気がしていたのですが ジオラマレイアウトひとつでも それぞれ会社が どう考えているのか なんとなく わかりますね

デカさで売るのか 作りで売るのか 子供相手なのか それぞれ3社三様だ。

おまけに 昔の交通博物館のジオラマレイアウトからだ。 2014年6月に閉館しました。が 40年近く前に 一度行った事があるのだが その頃 まったく興味がなかったからね 隣のおっちゃんのお伴で行きましたね

京都鉄道博物館に行ってみた。その2

京都鉄道博物館に行った話の続きから 今日は、メインの鉄道ジオラマのお話からだ。その前に 鉄道ジオラマの復習だ。 去年2018年11月に大宮鉄道博物館に行って来ました。その19に 大宮鉄道博物館のジオラマレイアウトを紹介して 先月の6月には、ジオラマ京都JAPAN見聞録その2で ジオラマレイアウトを 紹介しました。

大宮鉄道博物館のジオラマレイアウトの大きさは、幅23mx奥行き10mの大きさで こちらの京都鉄道博物館のジオラマレイアウトの大きさは、幅30mx奥行き10mと幅が 7mも長いみたいです。 ちなみに 日本最大級の鉄道ジオラマの触れ込みのジオラマ京都JAPANは、縦12.3m✕横17.3mだ。

鉄道博物館ジオラマレイアウト図オリジナル3













上のレイアウト図は、大宮鉄道博物館にレイアウト図で 下が 京都鉄道博物館のレイアウト図だ。

京都鉄道博物館20ジオラマ配線図3















ちょっと見づらいのだが 建物の壁に描いてあるレイアウト図からなので 勘弁だ。ジオラマレイアウトの画像は、後日 紹介しますが 今日は、大宮鉄道博物館のレイアウトで使われた自動運転の装置と同じ様な装置とディスプレイーモニターを紹介だ。

京都鉄道博物館19ジオラマ配線図1










装置の上の方にあるモニターを拡大したものだ。

京都鉄道博物館17ジオラマ15












そのモニターの周りには、連動盤のような列車運行管理表示盤が 配置してあります。

京都鉄道博物館18ジオラマ16












新幹線、在来線、貨物線、私鉄線、山岳線、シャトル線と 大きく分けると 5路線があるみたいです。

京都鉄道博物館20ジオラマ配線図2
















レイアウト配線図だけを 塗り絵で作ってみました。大宮鉄道博物館の連動装置は、PC画面での操作みたいでしたが こちらの京都鉄道博物館は、そういう感じで操作しているのか 大宮鉄道博物館のレイアウトは、バックヤードに車両を 収めるような感じですが こちらは、そんな感じには、見えませんでした。

こういう盤面を眺めていると それぞれ独立した路線のレイアウトに見えるのですが その組合わせで同時運転をさせているように見えます。 レイアウト画像関係は、次回で 紹介だ。

鉄道模型の信号機システムから

今日は、羨ましい鉄道模型レイアウトから紹介だ。 でも 羨ましいかどうかは、よく わかりませんが 「鉄道模型・連動駅の信号機その6 」という とてつもなく デカいレイアウト動画からです。

鉄道模型信号機連動装置1



















それにしても デカいです。個人のレイアウトみたいです。



こんな感じの信号システムを構築してVRM5版で やりたいのですが せっかく702さんからアドバイスを 沢山頂きながら 只今 中断しています。欲張らないで 最初から複線区間の閉塞信号機の配置のレイアウトから始めれば良かったのですが どうしても 単線区間の相互通行のレイアウトを作って見たいと思ったのが間違いでした。 力量に合ったものから始めないとね 2015年の動画からでした。

次は、同じ方の2019年4月にUPされた動画からだ。なんでも引越しをして 全て新しくレイアウトを作り直したみたいです。 それにしても 裏側のモニターや装置が 凄いですね



これまた 難しいそうな連動装置というのか軌道回路装置というのか わかりませんが 「鉄道模型用電子連動装置の解説動画」という動画からだ。



皆さん鉄道模型だけじゃなく 鉄道知識もパソコン知識も経験豊富みたいですね このぐらい出来ちゃうと 仮想鉄道模型は、やらないでしょうね やる意味ないか

こちらは、今までとは、少し感じが異なるレイアウトから紹介だ。 「鉄道模型で自動信号を楽しむ。」という動画からだ。



この動画のdaimyooRR さんのHPサイトに 説明があったので それも紹介だ。この中で 普通は、有線のセンサーなどを配置して そこからケーブルを装置に引っ張って来るのですが ここでは、TVのリモコンのような赤外線通信で 制御をするという もう訳がわからない世界のお話でした。


鉄道模型ジオラマ制作物語から

こんな鉄道模型Nゲージの人生初の鉄道模型ジオラマ制作物語 という動画を発見しました。2018年3月にUPされた動画で サイズは、180傳90僂離灰鵐僖優汽ぅ困澆燭い澄

レイアウトプランは、TomixかKATOか迷ったみたいですが KATOのプランを採用したみたいです。最初の企画の段階から レイアウトの制作そして完成までのプロセスが見られるので レイアウト作りの参考になります。

鉄道模型NゲージTomixプランA-1





















人生初の触れ込みみたいですが 動画を見ている感じでは、そうは、見えませんね



でも こうやってNゲージのレイアウト製作を見ていると 本物の鉄道模型は、魅力的ですね こちらのVRM界隈でも このような感じの180傳90僂離灰鵐僖優汽ぅ困離譽ぅ▲Ε箸鮑遒辰討い泙靴燭諭

VRM5TomixプランA-1TomoKさん



















TomoKさんの おそらくTomixプランだと思うのだが



2014年12月にUPされた動画で VRM5版で制作されているみたいです。よく180傳90僂離灰鵐僖優汽ぅ困房まっていると感心しています。

その2年前の2012年4月のGW期間中に この180傳90僂離灰鵐僖優汽ぅ困鮑遒蹐Δ函VRM3基本レイアウト初級編 Bプラン その1 始まるよから 始まったのですが この180傳90僂任蓮⊆まらず110傳220僂箸呂濬个靴討靴泙い泙靴拭

VRM3版初心者用Bプラン全体眺望1




















どうしても 欲張ったレイアウトにしたかったので 全体を俯角で見た動画からだ。



これでもかと 線路を配置して 何本もの編成が同時走行が出来るようにしていました。

VRM3版初心者用Bプラン定点カメラ1





















こちらは、地上からの眺めの定点カメラからの動画だ。



それにしても人気がないね〜 7年近く前の動画で この再生回数だ。 もう完全に 諦めては、いるのですが 個人的には、 こういう感じの グルグル列車が廻る動画は、嫌いじゃないのですが これでも VRM4、VRM5が出る前は、それなりに再生回数は、あったのですが 新しいバージョンが出て来ると 前のバージョンは、見向きもされないからね 今度のVRMNXも浸透して来ると 益々VRM3版は、忘れられた廃盤ゲームになってしまうか でも 頑張るで〜

VRM3版の楽しみ方とは、続き

少し4日程 ここのブログをお休みしていました。 所用と旅行を兼ねて中国、四国地方に 車でドライブして来ました。 そのついでに 機会があったら行って見たかった京都にある 京都鉄道博物館ジオラマ京都JAPANを 見学して来ましたので 後日 詳しく報告だ。 又 前回の大宮の鉄道博物館のようにスマホで 写真を撮りまくって来ました。鉄道博物館を 見比べた感想なども 書き込む予定です。 

その前に 留守をしている間に IMAGICブログでは、NXシステム:プレリリースのご案内 と VRM-NX SSAO実装という おいちゃんの頭じゃ理解不能な 言葉のオンパレードで 益々遠くに見える存在になって来ました。新開発のVRMNXのSSAOは、深度は使わず、周辺ポリゴンの傾斜度から陰影を類推する仕組みになっています。と書いてあったのですが 元々そこまでの精巧さを 仮想鉄道模型には、求めていないので それが どういう役割なのか? それ自体も わかりません そういうのが反動で 最近は、動かさないで 飾って見るだけの鉄道模型に興味が移ってしまったような感じでね

Nゲージ鉄道模型借り物1












PC上での 仮想空間の鉄道シミュレーションも 鉄道博物館で 大人気の列車運転シミュレーターの領域なのか それとも おいちゃんが しつこく書いている 仮想鉄道模型のジオラマレイアウトを作るのが 目的なのか なんか今のVRMは、他の鉄道シミュレーターゲームとは、違う路線に向かっているように感じて 単純に レイアウト画像が カッコ良かれば それでいいという雰囲気じゃないような気がするのだ。 それは、あくまでも メーカーさんの技術者が求める 鉄道模型シミュレーターという 姿なんでしょうかね 欲張るからね レイアウト作りだけじゃなく運転もする事も そうなると 遅かれ早かれ Trainzなどのような海外鉄道シミュレーターゲームと 同じ道を 進むのか?

他の鉄道シミュレーターゲームが この鉄道模型の分野に興味津々な時に その仮想鉄道模型という姿から新しい鉄道シミュレーターゲームに脱皮したいのか そこら辺は、わかりませんが おいちゃんは、頭が古いので あくまでも基本は、仮想鉄道模型の世界なので その中で如何に 楽しむか? そう考えると この20年前のVRM3版でも 満足じゃないけど 基本のレイアウト作りに関しては、なんとかクリア出来そうなのでね

メーカーさんが そちらの方向に進めば進む程 逆に 鉄道模型を 教科書にした 新しい鉄道模型シミュレーターというゲームを 模索してみたい気がして来ます。 なぜTomixのジオコレのような建物やバスなどの車両が
登場しなかったりグリーンマックスのような私鉄車両が 出て来ないのか 自分で3DCG制作が出来ない人は、お金を出してもいいから これらの車両や部品が欲しいからこその鉄道模型シミュレーターというゲームが いつの間にか そうじゃない 誰の為の鉄道模型シミュレーターなのか RaillSimやMMD鉄道やTrainzが 出来そうにないから こちらの鉄道模型シミュレーターに手を染めたのだが 時代は、変わってしまったね〜

と 4日程VRM3とも離れていたら ついつい愚痴を言いたくなったので 書いてみた。 要は、今のVRM界隈でも そうなのだが メーカーも ユーザーさんも 皆さんどのくらいの技量と力量があるのか?この新しいVRMNXを どこまで 理解して やれるのか? それが 大多数が 理解出来て おいちゃんだけが 出来ないとしたら やっぱり そこは、自分が 今の時代では、間違っているのか でも このVRMNXが なくても困らないという現実もあるので そこが まさに 今の時代の二重構造社会ともいうべき趣味の中の世界も同じかも知れないね

今までは、 この鉄道模型シミュレーターVRM3しか興味が無かったのだが 今は、機関車の鉄道模型に ハマっています。 3CCGの車両制作も 他のシミュレーター画像のように あそこまで精巧に作れるのか? そして それを 作ったとしても どうやって遊ぶのか? 鉄道模型の趣味の楽しみ方としては、コレクターするという集めるという事が 楽しみなのだが このVRMに関しては、あの自作車両が VRMCLOUDでしか 見られないという時点で お金を出しても欲しいという コレクターの気持ちが 全然伝わらなくてね

VRM5版にしても 現時点では、この電気機関車等を 走らせてみたいという気持ちで パッケージ版を購入してしまったが そこら辺の VRMonLineとパッケージ版そしてVRMCLOUDの共有が出来ないのと VRM自体の堅固なセキュリティーの為に 一度ログインを失敗してしまうと 中々再挑戦が出来なかったり その間に ブラックリストに登録されるような感じなのか と書いても 個々のユーザー自体のPC環境の問題と 言われてしまったら それ以上は、素人としては、なんとも 言いようがないのだが オンラインという環境が苦手な おっさんには、本来パッケージ版が 一番いいんだが それ自体も これからは、なくなる運命なので そう考えると 結局は、車の中古車と同じで 使え無くなるまで 使いこなす これしかないかも知れません

こちらの田舎じゃ 新車より中古車の方が 多く走っている感じがするのですが 人を選ぶゲームになってしまったからね〜 こんな面倒なおっさんでも 遊べたVRM3版だったのが いつの間にか 方向転換してしまったから あくまでも 仮想鉄道模型が 合言葉だ。 鉄道シミュレーターは、求めていないのだが 運転シミュレーターが これだけ人気があるなら それは、それで 別に作ればいいような気もするのだが 鉄道模型という言葉を 使わないで別物として やって欲しいね

鉄道博物館の運転シミュレーターは、どこの会社の機械とソフトなんでしょうかね 画像を見ていると ここのVRMの画像に近い感じに見えるのですが 最近 この手の鉄道シミュレーターの線路が 全部 アドバンスレールに見えて仕方ありません  VRMの前面展望動画が 人気があるように 鉄道運転シミュレーターの方向に転換した方が 電車でGOが休んでいる今が 一番 鉄道運転シミュレーターゲームを 販売した所が 儲かりそうと 素人は、考えるのだが 

鉄道模型とVRM

最近のVRM界隈の 昔の鉄道模型シミュレーターと 進化し続けるVRM5やVRMNXの記事を眺めていて 商品そのものというより 販売形態について 少し疑問に思っていたのが VRM5版パッケージ版とVRMonLineとの部品、車両の共有が出来ない事と 自作車両に関しては、VRMCLOUDに入らないと VRMonLineに入っていても使えないという さっぱり 外野からVRM5版を 最近始めた者には、何がなんだか さっぱりわからない状態で 

要は、知っている人やメーカーさん側からすれば 当たり前なんだが 知らない者からすると なんで同じVRM5でも こうも違うのか? 戸惑ってしまい 結局 最後にVRM5版パッケージ版を購入した物からすると 最初からVRMonLineとVRMCLOUDは、セットで 完成みたいな事を 言って貰えれば 無駄なパッケージ版を4本も購入しなくても良かったような気がしてね そこでだ 話は、変わるのだが 鉄道模型の業界というのか そちらの販売関係は、今現在どういう状況なのか調べてみました。

調べたというより ネットで漁ったという方が正解だ。 なんで今頃 鉄道模型の話しに繋がるかと言うとだ 実は、今 走らせない飾って見るだけの鉄道模型しかも機関車に興味があって この前 KATOのDE10-JR貨物更新色というHOゲージを 眺めるだけの為に購入したのだ。 その時にネットでも色々調べてみたり 中古の商品も探したのだが これが オークションなので まあ値段がいい加減で そして 何より どの程度の新品に近いのかが わからなくて しかも返品不可なのです。 

たまたま地元の鉄道模型店で ケースの中に鍵が掛けられて箱に入った状態のDE10を見せて貰って Nゲージと比べて その丁度いい大きさと 値段も 何十万もする値段じゃなくNゲージより少し高い値段だったので 思い切って初めて自分で鉄道模型を この歳で購入だ。 しかも まったく動かさないで ケースに入れて飾って毎日眺めています。

KATOーDE10(HO)JR貨物更新色2












55年以上も 鉄道模型は、見るだけで 買った事がない おいちゃんが なぜ今頃 買ってしまったのか しかも 動かさないで ただ 飾って置くだけなのだから 普通じゃないね

KATOーDE10(HO)JR貨物更新色17













まあ 詳しい話は、別な所に書いてあるのだが それは、いいとして 鉄道模型業界の販売のシステムがわかれば なぜ ここのVRMの販売方法のシステムが ややこしいのか 何かのヒントになるんじゃないのかと 調べてみました。

まずは、少し前の2016年の2016年9月に矢野経済研究所が実施した消費者アンケートの中の鉄道模型市場の実態と展望という記事から 少し紹介

この中では、鉄道模型オタクと呼ばれる消費者が約67万人が存在するらしくて その当時で 前年に比べ19万人も減少しているらしいのだ。 民間の調査で ここまでハッキリした数字が載っていると 信じてしまうのだが そこは、あくまでも 企業関係にデータを売る為の数字であって これが実態なのかどうかは、わからないが ある程度は、当たっているかもしれないので そのまま紹介だ。

この鉄道オタク歴の経験年数というのか 全体的に見た中では、1年未満と30年以上が多くて 初心者とベテランに2極分化される結果となり平均は11.8年であった。と書いてありました。 これを 鉄道模型シミュレーターに置き換えると どういう感じの結果になるのか メーカーが一番ユーザー登録などの情報を持っているので一番正確な統計が わかるのですが 一切公表しないからね

そして 鉄道模型に掛ける金額は、平均で 25,891円とも書いてありました。 年間の購入金額が多いのは、「0円」が45.5%で半数近くで 次に「1万〜5万円未満」が 22.4%との事らしいです。

そう考えると 鉄道模型シミュレーターも これに近い感じで 購入する人とまったく購入しないユーザーと別れるんでしょうかね VRMの場合は、買えないじゃなく 使いこなせない使い方が難しそうで わからないという方が多いような気がしてね その代表が おいちゃんだ。

次に 鉄道模型のゲージ間の分類で分けた全体に占める割合の話しで Nゲージが全体の75%で HOゲージが15%を占め その他のOゲージ、Zゲージそして他のゲージが残りの10%なんだそうです。

鉄道模型の市場規模は、KATOとTomixの2大メーカーで全体の約7割以上を占めて 全体の鉄道模型関連の売上の規模は、約95億円との事らしい そして その中でも車両のみ割合が約76%で それ以外の建物などのシーナリーとか部品が約20%を占めているとも書いて有りました。

そう考えると 鉄道模型シミュレーターは、IMAGICさんの独占ですが 販売に関しては、VRM5版パッケージ版とVRMonLineとVRMCLOUDとマグノリアなどの他のサイトでの販売が ほとんどですが 少し気になるのが 昔は、この鉄道模型シミュレーターを ヨドバシなどの店頭売りで購入していましたが 今 そのヨドバシなどの店頭自体に 置いていないんだね(置いているのが在庫のみで数本しかないのが地元の状況だ。)

そこで 昭和から平成そして令和に移行している中で 今までは、メーカーから一次問屋や二次問屋を通して小売店への流通から その流通経路を通さないでの直販が 主流になって来た現状では、 これから先 どういう販売を 選んでいくのか そういう鉄道模型の仕入れなどの流通も参考にしながら VRM関係も考えてみなければ 難かしいPC関連の操作よりも こちらの流通経路が気になってね

日本の「鉄道模型ビジネス」を学術的に考察」という大学の准教授さんが書いた東洋経済という経済誌の記事があるのですが この中にも 細かいデータが載っていますが 国内には、約60の鉄道模型に関わっている事業者が存在しているみたいで なんか面白い記事が載っていました。

そして 一番面白かったのが この記事に対しての27近くのコメントで これが面白かったです。鉄道模型に関しての展望に関しては、昔ここのブログでも紹介した ポポンデッタの社長の話が一番的確なような気がしましたね

鉄道模型界隈の現状に関して 関心を寄せているブログ記事やコメントなども 覗いて見ました。 そして一番の鉄道模型関係の値段の仕組みや裏事情なども色々眺めていましたが ここでは、紹介しないで置きます。

まあ 大体は、この位の仕入れ値とか こういう食料品以外の物販関係は、昔は、大体決まっていたので わかっていましたが 今は、そういう物流の流れもネットなどを中心にした流れと 小売店から大型店での販売が中心になっているので そういった販売に関する値段も変わって来ているし その大型店でも 店頭在庫を なるべく持たずに サンプルショーウィンドーになるのを避けているように見えて 中々田舎の方じゃ現物の鉄道模型しかもNゲージ以外のHOゲージなど 展示している店など ありません

そういう流れが 益々鉄道模型が 詳しく知っている人にしかわからない世界に外野から見ていると そう見えて まるで ここの鉄道模型シミュレーターと同じように感じました。

例えば TomixのHOゲージの機関車には、スタンダートとプレステージモデルという何がどう違うとか 店員さんも 中身を開いてみた事がないので 説明 出来ない商品があり しかも 箱の中を開いても その中の商品には、触れないので 材質がよくわからない なので 今は、KATOのHOゲージの機関車に ハマっています。

鉄道模型も こういう販売に関しての情報が ほとんどないのでね 購入する前の情報が欲しいのだが

アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
Archives
livedoor プロフィール

おいちゃん

鉄道模型シミュレーターVRM3専用の分室です。難しい話は,一切ナシ ただレイアウト等を作って自分のお金で楽しむだけの人 大歓迎 !

鉄道模型が 大好きな癖して ひとつも持っていない ただ 人の物を眺めるのが趣味な変なおっさんです。 

QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ