新VRM3★井戸端会議

VRM3こそお金が掛からない大人の一人遊びだ。そういう考えの方どうぞ!

井戸端話

客車シリーズの取り止めから続き

前回の続きから 画像だけ紹介だ。
★2018年9月24日の10系軽量客車、郵便車から

VRM3-10系客車編成9
















もう一つの画像から

VRM3-10系客車編成6


なぜ 2年前に こんなに詳しく紹介していたのに 忘れてしまったんでしょうかね

★2018年9月9日の24系25形と牽引機を紹介だ。から

VRM324系25形編成1

★2018年9月8日の24系25形北斗星全16種類を紹介だ。から北日本編成から

VRM3追加キット24系25形北斗星1北日本編成













東日本編成から

VRM3追加キット24系25形北斗星1東日本編成
最後に 寝台客車の牽引機も 紹介だ。

VRM3-24系25形牽引機1













言葉では、この鉄道模型シミュレーターを 説明出来ないので こんな感じで 2006年から 画像を これでもかと紹介して来ましたが まあ自己満足です。何かの参考にでもして下さい 




 

客車シリーズの取り止めから

2020年の1月1日に10系軽量客車からを1月2日に24系25形寝台客車を紹介して2月16日に24系25形北斗星金帯寝台客車そして 昨日の2月17日には、20系寝台客車を 紹介したばかりなのに この客車シリーズの紹介は、取り止めに致しました。それは、今から2年前の2018年9月に 客車シリーズとして 今回と 同じような感じで カタログ画像と動画を 紹介していたからです。

なんで たかが2年前の事も忘れてしまって 又同じ事を繰り返してしまったのか やっぱり歳だからなのでしょうか たんなるボケが 出て来たか まあ どうでもいい話だが 最近の自作車両が メインの この界隈の話題の中で 自作車両を 作れない身としては、手持ちの車両紹介しか 自己発散する機会がないので 思い付きで やってしまったのだが、、出来もしないのに 対抗心だけは、強いのでね

車両の数だけは、負けねえ〜ぞ!とアピールしたかったかも知れませんね なので せっかくなので 他の客車シリーズのカタログ画像だけでも紹介だ。 

★2018年9月30日のお召列車御料車1号編成からから

VRM2-EF5861お召列車御料車1号編成60














真横からの画像だ。

VRM2-EF5861お召列車御料車1号編成3












★2018年9月29日の12系・14系・81系お座敷客車からから

VRM3-12・14・81系編成1-60

















VRM2版追加キット12系14系座席客車から

VRM2-12・14・系編成1










★2018年9月26日のC62蒸気機関車スハ44系特急客車編成からの中から特急つばめ編成

VRM3-C62牽引スハ44系つばめ編成1












特急はと編成から
VRM3-C62牽引スハ44系はと編成1











★2018年9月19日の24系25形トワイライトエクスプレス編成からから

VRM3-25系トワイライト編成













★2018年9月18日のE26系カシオペア編成の紹介から

VRM3-E26系カシオペア編成













本当は、これらを もう一度 一から作って紹介する予定だったのだが なんで ここまでしっかりしたカタログ画像や動画を作っていたにも関わらず すっかり忘れていたのか? やっぱり 長くやり続けているので マンネリなんでしょうか まあ反応もないからね 反応どころか お叱りじゃないのだが この手のカタログ画像が あまり好みじゃない人も居るようですが そんな事言われても こっちは、好きで作っているので 言葉より まずは、画像でしょ!が合言葉だ。  

なんか似ていない

この前TVの再放送で「しくじり先生 俺みたいになるな!SEGAメガドライブ編」という番組を たまたま見てしまいました。カズレーサーが解説していた今回は、企業のしくじり編という事で SEGAの技術者に直接聞いての話しだったので その中身がなんか ここの鉄道模型シミュレーターと 似ているような気がしたので 勝手に想像で紹介だ。

しくじり先生SEGA1














まず 前から ここの鉄道模型シミュレーターに関しては、「人気じゃ負けるけど 技術じゃ絶対に負けない!」このフレーズに関しては、昔の会議室で 他のゲームとの比較で 話題にしたら いきなり他のシミュレーターゲームのようにストーリー展開がプログラムされているゲームとは、違いユーザーによってゲームの内容が 変わるようにプログラムされているので そこを一緒に考えるのは、間違いだと 指摘されて怒られた記憶があるんだね

そんな事 言われても こちらは、本当のズブの初心者だったので 描写に関しては、そういう中身など 知らないから ただ 他のシミュレーターゲームのような描写と比べてと 言ったつもりだったのだが そこら辺が 番組の中で 出て来る 次の言葉で

「他の会社が作っているのは、おもちゃで 俺たちの作っているのは、マシン」というSEGAの技術者の言葉だ。これって なんか 似ていないですかね ここと

そして 他のゲーム機の任天堂が出て来て 技術者が思った事が

「やっぱりソフトがないと ゲーム機は、売れないんだなぁ〜」という言葉だ。 これ今の鉄道模型シミュレーターで 考えると 何に当たるのでしょうかね おいちゃんの考えとしては、レイアウトじゃないのかと思ってね 昔は、レイアウトコンテストというのが あったのですが

それ以前に問題なのが 要は、 ここの鉄道模型シミュレーターというゲーム自体が 全ての部品を揃えないと 人様のレイアウトは、中々開けないんだね 昔 それで苦労して 持っていないVRM3版の号数の部品を 違う線路なんかに置き換えてレイアウトを 開いたものです。

それが 勘違いされて文句を言ってると思われましたが その後 VRM3版のバージョンと追加のキットも全部揃えて初めて この鉄道模型シミュレーターV3の 本当の意味での楽しさ面白さが わかりました。それに気が付くまで 10年以上も掛けて VRM3版のバージョンを揃えていたのでね 

そこなんだよな〜 普通の人なら すんなり 全部のバージョンを揃えるかも知れませんが 中々それが出来ない人は、ゆっくり攻めて行くので時間が掛かるのだがメーカーさんは、待ってくれないからね

こちらのSEGAの会社の中でも ソニックの発売でSEGAメガドライブとソニックがアメリカで爆発的大ヒットして 社員に中では、「見たか 俺たちの技術は、世界一だ!」と でも当時は、日本での販売台数では、ライバルの任天堂に負けていたので 

「強化パーツでメガドライブをパワーアップさせよう」そんな話の会議がSEGAの中で行われたそうで
「新しいゲーム機を出したほうが?」
「パワーアップて どうやって?」
「音楽は、カセットからCDになった これからは、CDの時代だ!」
「CDの時代?」という中から メガCDというカートリッジが主流の時代に いち早くCDの将来性に注目したゲーム機を発売した。

そして この付属品としてのメガCDとメガドライブを合体させて ゲーム容量が100倍以上で 映像やサウンドのクォリティーが格段に向上させたらしいのだ。これが しくじりの元になったらしいのだ。

なんでも 当時1990年頃のメガCDとメガドライブと それに付属品を合体せると 高さが30儖幣紊砲覆蝓,修旅膩弑盂曚 15万円以上にもなったとも言っていました。

これも 全ては、「見たか 俺たちの技術は、世界一だ!」という技術者の発想が そうさせたらしいのだ。

なんか これって ここの鉄道模型シミュレーターと似ているような気がしてね VRM3版で 鉄道シミュレーターゲームの中では、電車でGOやA列車で行こうなどのメジャーゲームが 断トツで 強い中で 鉄道模型のレイアウトを作って車両編成を走らせて遊ぶという ある種 限られたユーザー層向けに作られた鉄道模型シミュレーターゲームの中で 任天堂HOゲーム鉄道シミュレーターを 差し置いて そこそこ10万本以上も売れたと噂されて その次のバージョンとして スクリプトなどを 含めた自動制御関係のPCゲームとして特化して行く姿と 重なって見えてね

まして 今のVRM5版のアンチロック版とVRMNXとの関係や VRMonLimeとVRMCLOUDや VRM5パッケージ版の 部品の供用が出来ない販売経路など 根本には、「人気じゃ負けるけど 技術じゃ絶対に負けない!」が 有り 広く浅く この鉄道模型シミュレーターを これから もっと世の中に広めようなんてという考えがないように思えるのだが

まあ ここまで進化した時代だから この鉄道模型シミュレーターも 進化した限られたユーザー向けと言うのも 理解出来るのだが 本音を 言わせて貰いと 最初から全部が 揃った鉄道模型シミュレーターゲームが 出来ても いいような気がするのだが その為にVRMonLimeがあるのでしょうが サポートは、今は、しっかりしているのでしょうか

VRM5パッケージ版レール部品から

別なブログで 自分が持っている VRM5パッケージ版の0+、2+、7+、8A+の4本だけの部品を集めて部品カタログを 作っていました。 その中から レール関係の部品リストが出来たので ほんの障りだけ紹介だ。 まずは、Tomix版のレール関係をまとめてみた。

VRM5パッケージ版部品リストTomixレールベスト50B
















そして こちらが IMAGIC版のレール関係からだ。
VRM5パッケージ版部品リストIMAGICレールベスト50B

















レール関係の部品リストを 紹介しながら まだ 全然これらのレールを使ったレイアウトを 作っていないので フレキシブルレールなどの使い方など さっぱり わかりません

まあ なんでも 最初は、今現在ある 部品の中味を 確認して置かないと 始まらないのでね それから ゆっくりレイアウトなどを 作るつもりだ。要は、人様のレイアウトを 開こうとしても 結局 部品が不足してビュアーが 開けないのだ。

この全部のパッケージが揃わないと 思うようなレイアウトが出来ないじゃなく 今あるパッケージだけで どこまで出来るのか 逆転の発想で考えると やっぱり 最初に部品を 把握していないと 途中で やる気が なくなるのでね まあ こういうのも 他で やっているよというアピールみたいなもんだ。 画像は、縮小しているので 大きい画像は、別ブログを眺めて下さい

10年前の記事から

VRMポータルで ブログ紹介が 無くなったみたいで そうなると 益々ここを 覗いてくれる人は、少なくなるのか まあ しょうがないか 今日は、10年近く前に お遊びで 書いた記事を 思い出したので紹介だ。

2010年11月にあくまでパロディさ!という お遊び記事を書いていました。

VRMマガジン2




























只見線の会津坂下(あいづばんげ)の方に 仕事で 行ってました。もう 寒いのなんの 風が冷たかったです。そして 帰って来てすぐ 夜間作業で これまた石巻の方に行って今朝帰って来て それから寝てました。

起きて USO800さんの所で ありゃま いつの間にか 「エキスパートガイドを作る」件が「VRM Magazine」(VRMマガジン)」という名に変わってVRMユーザー10人のグループで 編集中との情報が 載っていました。

しかも タイトルの上のキャッチコピーが「VRM5+VRMONLINE」と なってるじゃありませんか こりゃ聞き捨てなりませんなあ〜

当方の熱烈常連さんの為に VRM3版マガジンを作ってみたら どうなるか?パロデイで 作ってみた。

キャッチコピーは、彷徨える弾丸! そして ここが味噌だ。「VRM3★熱烈ユーザーの為のアンダーカバー」意味なんて知りませんが まあR・ストーンズの世界だ。

そしてタイトルは、「VRM3★」magazineなのだが 向こうさんは、雑誌のイメージですが こちらのmagazineは、意味が 違う「弾倉」あのリボルバー拳銃の5連発の弾倉まあ とにかく 危ないタイトルなのだ。

どうせ 絶対 発行されないなら 思いきって こんな内容だったら面白いのではと 載せてみた。

まずは、向こうさんに対抗して 「なぜレイコンで入賞しないで落選するのか?」そういう逆転の発想から 考えたら面白いでは、と ふと「上から目線」じゃなく「下から目線」で レイコンの入賞を 決めてる方は、どこを見て決めているのか? そして ご自分のレイアウトも ぜひ 見て見たいなんてね かなりキツイ冗談だ。

そして 特集の目玉は、「俺にも書かせろ」の このコーナーだが こりゃ没だわな

次の新幹線特集は、大した内容じゃないが 最近のVRM3版焼き回しのVRM5版車輛について 真面目に討論する企画だ。その討論の延長戦が 最近 気になってるのが素人さん(ここら辺が よくわからんのだがその筋の専門学生さんなのか)のCG車輛と
いわゆるプロ(IMAGICさんなどの職人さん)の 本当の意味での どこが どう違うからプロなのか?

最後は、VRMユーザーとBVEユーザーの 鉄道シミュレーションゲームに対する考え方の違いみたいなものを 昔から気になっていたので いつか こういう本音で討論する場が あったら面白いと思っていたのだ。

こういうアホみたいな思い付きで 向こうさんの真似して「VRM3★」magazineみたいなものを 作ったら面白いとも思ったが 本音を言うとだ「VRM5+VRMONLINE」だとか
「VRM3版」とか 言わないで 全ての「VRM」を 取り扱ってる雑誌が あれば 一番いいんです。 が 肝心のIMAGICさんが あの通りだから  VRM5とVRMONLINEを 一緒の物と考えて雑誌を作るのも これから大変だろうなあ〜

まあ なんだかんだ言っても 最後は、VRMですからIMAGICさんも ちゃんと協力してやらなくちゃいけませんね でないと 浮気されるぞ!

と まあ こんな感じでアホを書いていました。 あれから10年ですか 早いね〜 しかし 10年も続けていたら もう少し色々技術も知識も成長するもんでしょうが まったく していません

要は、覚える気がない 楽して遊びたい それだけですかね そこが 趣味でも 進化しない趣味だから 鉄道模型趣味の雑誌の 自作車両などを 眺めていると まったく次元が違う人達と思ってしまってね

それは、ここの鉄道模型シミュレーターにも言えるのか なんでも中途半端な趣味は、趣味とは、言えないのでしょうが それでも こうやって 20年近く続けているのだから 何かは、あるんでしょうね

まあ仕事もリタイアしたからね 老後の楽しみみたいなもんだと自分に言い聞かせて これからも続けますかね



V5機関車軍団から

VRM★V5版機関車軍団のカタログ画像から紹介だ。このVRM5パッケージ版のV5-2+号とV5-7+号の貨物特集のパッケージだけで機関車が全部で合わせて39輌入っています。それに追加してD51蒸気機関車が どうしても欲しかったのでV5-8Aを購入してV5版機関車軍団は、全部で40両です。VRM3版と比べて どうでしょうかね

VRM5★機関車軍団40輌全種類オール50
































この中のED75とEH500金太郎が 欲しくて その為に VRM5パッケージ版の貨物特集を 購入しましたが 結局 車両を眺めてるだけで レイアウトを作れず 今に至るなんだね まあ こうやって 眺めるだけでも いいかと 半分諦めなのだが これが VRM3版のようなレイアトを 作ろうとすると VRM5パッケージ版17本と追加キットを揃えないと難しいのと もう時代がVRMNXの時代なので

まあ このままV5機関車軍団を眺めて 我慢しますか

今主流の全面展望動画から

昨日のamajokeさんのローカルの日和から 今日は、VRM5の今が主流の全面展望動画からhbousouさんの車両基地からの入出庫からの動画を紹介だ。

VRM5 hbousou車両基地の入出庫1















このVRM5前面展望動画を眺めていると こちらの【4K前面展望】上野東京ライン(常磐線)を 思い出して この手の動画が人気があるのかと思っています。

VRM5 hbousou車両基地の入出庫2















VRM5も このアドバンスレールが 出来たから すっかりこれが 鉄道模型シミュレーターの顔になった感じで こういう描写が YouTube動画では、圧倒的に評価が高くて VRM5 鉄道模型シミュレータ 自動運転などでも かなりの評価を得ています。

VRM5 hbousou車両基地の入出庫3















スッキリした感じで この手の描写が いいんでしょうね Trainzも 最近の動画や画像を眺めていると こういう感じの動画が多かったので 世界的な流れなんでしょうかね

このアドバンスレールのレイアウトを見てしまうと どうしてもVRM3版を やる気をなくしてしまうのだが まあ これも これだけ上手くレイアウトが作れる人の動画だから そう見えるのだが じゃあ そうでない初心者のレイアウト動画も 見てみたいのだが あんまり そういう人の動画は、出て来ないのでね



この動画の再生回数は、正直なので 鉄道模型シミュレーターV5の王道レイアウトは、こういう感じの作り方という見本のような動画からだ。 

VRM-NX ローカルな日和がGoodの続きから

amajokeさんのVRM-NX ローカルな日和が新しくYOGISHAというバージョンで登場だ。益々情緒的な雰囲気で Goodに 磨きが掛って来た感じに見えますね こんな感じのVRM5のレイアウト動画が少ないので 尚更 良い感じがします。MMD鉄道によくある物語風の動画に近い夜汽車の雰囲気が最高でね

VRM5 amajokeさん夜汽車1















とくに この滝の雰囲気が最高ですね 中々滝を作ってくれる人が少なくてね VRMNXだと こんな感じになるんですかね やっぱり動く滝は、いいねえ〜

VRM5 amajokeさん夜汽車2















そして前にも紹介したコンビニの明かりが最高です。 このレンガ橋をガードとして配置して 高さ制限の制限バーを配置と しかもだ 高さ制限3.6mと 大型の制限禁止と なっているのが おっと思ってね

中々このガードを作った背景が 面白くて気になって調てみました。普通 公道での高さ制限は、3.8mが 大型などの高さ制限が多いのですが 特殊な場合は、警察の許可を貰えば 4.3mまでと(指定道路4.1m)で なので 踏切などでは、4.5mの高さ制限の制限バーが設置してあるのですが ところが ここの高さ制限は、3.6mなんだね そうすると 大型トラックは、通れない車が多いのと 大型観光バスの二階建てバスとハイデッカーバスは、3.8m以下の高さに合わせて作られているそうですが この3.6mだと OUTみたいなんだね でも この画像の路線バスだと中型だとすると高さが3.5mなので ギリギリ路線バスだけが 通行できるように このガードを配置した所が 素晴らしいのだ。

VRM5 amajokeさん夜汽車3














そして このレイアウトの動画の夜汽車が 通過するシーンの周辺の光の当たり方が 今まで見て来た夜景のVRM4やVRM5の雰囲気とは、違う感じがして ぼやっとスポットが広く照明が差しているような感じで いいんだね〜そんなに大きなレイアウトでもないけど こういう感じの作り込みしてあるレイアウトも参考になりますね
 


なんか 今まで見て来たVRM5版の雰囲気のレイアウトと違うので 個人的には、好きなんですがね


VRM3版E231系4種類揃い踏み

E231系電車4種類が揃ったのでもう一度紹介だ。 去年の2018年11月にリバーシブループ曲線レイアウト完成その149で 画像だけは、紹介したのだが 

越河レイアウト電車シリーズ75-E231系近郊電車B














今日は、更に古い 2012年2月にYouTube動画で 紹介した「E231系バトルロイヤル2本勝負!」の動画から紹介だ。最近こういう おふざけ動画を あんまりUPしなくなりましたが 本来こういう動画の方が好きなんですがね ここで使用しているレイアウトは、17年近く前の「誰でも遊べる複々線レイアウト」からを 使って動画にしていました。

自分でも懐かしいので紹介だ。



楽しくなければ鉄道模型シミュレーターじゃない これがVRM3版の合言葉だ。当時 まだ 無料のBandiCamのような動画編集を知らなくて AviMakerで スクリーンショットを 15000枚位撮って作っていましたね やる気満々でした。

年代別パーツセットから

IMAGICさんの ブログで VRMONLINE お得な年代別パーツセットという記事が 載っていました。年代別アンロックまたは全部品アンロックでVRMONLINE-NXでも使用可能です。ということで VRMONLINE 2008パーツセットA、VRMONLINE 2008パーツセットB 、VRMONLINE 2009パーツセットA 、VRMONLINE 2009パーツセットB 、VRMONLINE 2009パーツセットC 、VRMONLINE 2009パーツセットD の5種類が 新しくVRMONLINEのシステムセットとして 40%OFFで 販売されるそうだ。

最初 毎回の車両詰合せセットなのかと 思ったら VRMONLINE 2008パーツセットAやVRMONLINE 2009パーツセットC などは、車両以外の線路などの部品も入っていて どういう趣旨なのか よく わからなかったのだが 安く買えれば いいのかとも思った。がしかし これ一体 誰をターゲットに販売するのか 不思議でね まったくの初心者に購入して貰う為に 企画したのか それとも 今までのVRMONLINEのユーザーを対象に 企画されたのか
そこら辺の真意が 伝わらないのだ。

一応 まだ VRMONLINEのユーザーで ポイントも若干というか 商品を買えるくらいは、持っていないのだが なんせVRM5版パッケージ版に切り替えてしまったので VRMONLINEは、使えないのでね 本来なら 高くてもいいから VRMONLINEの車両が 欲しいのだがね まあ 今更 言ってもしょうがないのだが

まずは、この中から VRMONLINE 2008パーツセットBという車輛だけだったので583系を調べて見ました。

VRMonLineパーツリスト特売セール1


















パーツショップでVRMONLINEのシステムセットを開くと 右上の画面が出て来て 更に パーツ一覧の全てを開くと このように 車両の番号だけが 並んでいるだけなんだね これ まず素人さんが見たら なんのこっちゃで 見る気もしませんな〜 これ本当に 誰に対しての説明なんでしょうかね

昔は、VRM3版の頃は、もっと 親切に細かく車両の画像も一緒に説明を付けて出してくれたものですが なんか こういう ちょっとした事がきになってね 例えば この車両番号だって ただ並べるじゃなく 種類ごとに並べて なぜ 今 お買い得なのか! そこを強調するようなフレーズを付けるとか 一応試しに お遊びで 作って見ました。

VRMonLineパーツリスト特売セール2



















おいちゃんが チラシ的に作るなら こんな感じで どのくらいお買い得なのか そこを 数字を使って具体的に説明するのだがね どうですか こっちの方が 中身が わかるでしょ

それに40%OFFの7790Ptも 本来合計が 12980Ptなら7788ptになるので 勝手に四捨五入して 7790ptにするのは、普通のお店では、考えられないね この場合は、7780ptにすべきなのが 昭和までの商売の考え方だったが 意外と そういう点では、今の時代は、考えが違うのか

そうなんでも そうだが 一応 消費税に付いて言うなら あれは、1円以下単位の端数の計算なんだが 切り捨てでも切り上げでも どっちでも いいらしいのだ。昔 税務署で聞いたのだが それで ここで 困るのが 消費税に関して 四捨五入して切り上げて来る業者などが たまにいたのだが ほとんどは、切り捨てにして来る所が多かったのだが あれは、本来そのまま税金として持って行かれるものと勘違いされていますが あれは、一旦会社とか商店にプールされて まとめて 後で税金として別枠として支払うのだが 消費税で儲ける気がない会社は、切り捨てだけど その切り上げした分を 後で税金で支払う時は、切り捨てで計算するという せこい会社があったのを 思い出しました。 まあ くだらない話かもしれませんが コンビニで 1円足りなくても 負けてくれない世の中ですからね ちゃんと表示で40%OFFと書いて以上は、端数が出た場合は、切り捨てにするのが 本来は、店では、当たり前ったという 昭和のお話でした。

それにしても せこいね ポンと 気前よく200億円も館山市に寄付する人もいる ご時世に だから 他の人とは、どうも 話が噛み合いませんな〜 まあ お金には、うるさいのかも知れませんね
アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
Archives
livedoor プロフィール

おいちゃん

鉄道模型シミュレーターVRM3専用の分室です。難しい話は,一切ナシ ただレイアウト等を作って自分のお金で楽しむだけの人 大歓迎 !

鉄道模型が 大好きな癖して ひとつも持っていない ただ 人の物を眺めるのが趣味な変なおっさんです。 

QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ