新VRM3★井戸端会議

VRM3こそお金が掛からない大人の一人遊びだ。そういう考えの方どうぞ!

井戸端話

鉄道模型雑誌から

この前 本屋で 眺めていた鉄道雑誌の記事だか広告だかに C62蒸気機関車の真鍮製Hoゲージ?の完成品だかキットだか 忘れてしまったが なんか106万円?とか 書いてあったような気がして ネットで 調べていましたが どこにも 載っていないんだね あの天賞堂の真鍮製でも45万円程度だったので もしかして アルミダイキャスト製の16万円と 見間違ったのか 知れませんね

しかし その天賞堂の真鍮製Hoゲージも ほとんどが 韓国製だとも 書いてあり どうも 50年以上も前のイメージしかない おっさんからすると この鉄道模型界隈も 浦島太郎状態ですね

そんな中で これまた 面白い記事を発見だ。 それが 「機芸出版社は今、大きな分岐点に立っているのではないでしょうか?」という ヤフー知恵袋の 記事だ。

やっぱり こういう趣味の世界は、最初は、趣味から 始まり それが 仕事になると 趣味じゃなく 金儲けになる なんか この記事を眺めていると 典型的なパターンのような感じで 本当に金持ちの道楽なんでしょうかね


あの幸楽苑が

こんな地元にしか わからないニュースが 飛び込んで来ました。あの幸楽苑が崖っぷちというニュースだ。

しかし こちらの地元じゃ 幸楽苑は、自分もはじめ 月に 下手すると 4回くらいは、通うラーメン店で 安いし旨いし そして価格がお手頃で いつ行っても 混雑している程の人気店なんだね

まあ ラーメン好きというよりは、ファミリー向きというのか 癖がない無難なラーメン店なんだね 要は、間違いのない どこに行っても同じ味がして しかも 値段も 余計な高いメニューさえ選ばなきゃ それなりに安かったんだが

記事にも 書いてあったが

「2015年6月には、食材費や人件費の高騰を理由に幸楽苑の代名詞でもあった290円(税抜き)の「中華そば」の販売を終了した。中華そばはかつて全売上高の3割を超えた看板商品だったが、販売終了以降、客単価は上昇したものの客足が減り、既存店の売り上げは前年を割り込む月が多くなった。」

これもだ 昔に載っていた記事によると なんか 関西方面辺りの店舗じゃ 看板の290円ーメンが ほとんど売れなくて なんでも もう少し高級なラーメンの方が 売れたので この際 看板メニューの290円ラーメンを 廃止して単価の高い商品戦略に 会社の方針を 決めたと 噂で聞いていたが 

そこら辺が 今のご時世というか 一体 真の姿の日本経済は、どうなのか? 不思議でね 例えば あの牛丼にしても 大手の すき家と吉野家は、人件費や消費税とかなんか理由を 付けて 価格を上げたのに対して 松屋は、牛丼の値段を上げずに 今に至って居ますが あの自動販売機の缶コーヒーだって 駅などのように集客力のある場所は、消費税8%を 超えた10%を 見越した値上げ分の130円と150円で 販売れているみたいですが こちらの地元というか 仕事先では、競争激化というのか 今は、缶コーヒーは、100円の自販機もあるのでね 売れなきゃ しょうがないのです。

で 幸楽苑の話しですが なんでも 今度は、ステーキ屋を始めるとの事だ。まあ お手並み拝見なんですが そもそも 全国展開したのが 問題であり しかも 自分の店舗の立ち位置を どのように考えているのか よく わからないのだが 一つ言えるのは、 そもそも この会社の考え方は、回転率が一番の基本方針みたいな考えがあり 例えば 一番の問題は、デブお断りみたいな 極端に狭い座席とか椅子の配置なんだが それが 新店舗になっても 同じ幅でね これって 身障者に対するバリアフリーが当たり前になっているファミレス業界にあって なんで このラーメン店だけが 特別なのか 何十年も 通っていて不思議でね

まあ 個人でやっているお店なら わかるのだが これだけ全国展開している店にしては、お客さんを あからさまに デブお断りみたいな座席配置している店も そうそうないような気がしてね 

別にラーメン屋で ステーキ店のように ゆっくり過ごす人も少ないような気もするのだが その回転率を 優先する気持ちが なんか ここの社長さんの 基本の考えなのかと ふと思ったのでね 

もし これから お店を繁盛させたいと思ったら まずは、 この座席の椅子を あと5儿げて貰うと デブは、有難いのだがね デブは、食べるのでね デブ家族よりだ。

でも 他の地域から撤退してもいいけど こちらの地元からの撤退は、困るのでね 孫も一番のお気に入りの店なので ぜひ 座席の椅子を 5儿げてゆっくりラーメンを味わって下さいという ファミリー向けに原点回帰して貰いたいですね〜 なんか東北人の 頑固さを 垣間見たような気がしてね たかが5僂函ゞぶ おっさんも頑固だけど それを 頑なに守る店も頑固というか まあ そんな椅子の幅なんか どうでも いいのでしょうが

なんか気になってね 餃子の味と みそ野菜ラーメンが 一番のお勧めですがね

トンネル部品に物申す

昨日 紹介したNゲージタンク車専用積み出し所の中で umisan2372さんのVRM5パーツ一覧を 紹介して その中のトンネル部品を眺めていたら なんか 基本的に VRM3版の頃のトンネル部品と ちっとも 変わっていなかったので ちょこっと 噛みついてみる まずは、 umisan2372さんのVRM5パーツ一覧から IMAGIC版トンネル部品画像から

VRM5版トンネル1









上は、単線トンネル部品のコンクリートとレンガからだ。 重ねると まったく同じに見えるんだね そして 下が 複線トンネル部品からだ。

VRM5版トンネル2







左側が VRM3版複線トンネルと まったく同じで 右側が 新しく登場した 段違いのトンネル出口の部品からだ。 で ここで 問題にしているのは、 この左側の複線トンネル出口部品で これは、今から4年前の2013年8月に VRM3複線トンネル部品を考えるという記事を書いていて その中で この形状が 今の鉄道情景シーンとくに新幹線や在来本線などの都会じゃない山などのトンネルには、あり得ないと 訴えていたのですが

どうも このトンネル部品に関しては、昔から 古いイメージのトンネルが お好きなようで 他の鉄道シミュレーターなどには、この手の形状は、ほとんど見られなくて どうして アーチ形の複線トンネル部品を 作らないのか 謎でした。 確かに フレキシブルのトンネル部品など 便利な部品も増えたみたいですが 

どうも ここのメーカーさんは、 車両にしても このトンネル部品に関しても円とか まん丸とかのペジェ曲線で描いたような 緩やかな曲線が あまりお好きでないようなのでね 

確かに 自分で 例えば 塗り絵で 誤魔化しトンネルを描いても このアーチ形状のトンネルは、上手く描けないのでね 気持ちは、わかるのですが 時代もPCも ソフトも進化しているのでね

VRM5版トンネル4












上が 昔 塗り絵で描いた複線トンネル出口ですが 本当は、もっと下の方が 絞り込んでいる感じですがね

VRM5版トンネル3












まあ 今更 ここで 噛みついても しょうがないのですが あれから4年近くも経過して ホームとか 鉄道付帯設備とか 最新の設備などが 登場しているのに 一番 気になる こういうトンネルなどに関して どこからも ああだこうだという意見を 聞かないのでね 

他の鉄道シミュレーターの動画や画像を 見ていると このトンネル部品が 一番 なんか 引っ掛かるのでね どうして もっと 丸みを帯びた形状に出来ないのか もっと カクカクした形状じゃなく 綺麗な楕円を作れないのか? まあ これも そういうものが 作れない人からの発想ですが VRM3版から なんだかんだで 17年近く経過しているのでね ディズニー3DCGアニメの画像みたいな感じのゲームになるには、さて いつ頃になるんでしょうかね 素人としては、 あそこまで行かないと 本格的な3DCGゲームとは、思わないのだが 

これって 間違った考えなんだろうかね 昔は、こういうのを書いて 怒られたけどね VRMは、他のゲームとは、違うんです。と よく 言われたけどね〜

追伸

なぜ 今頃 トンネルなのか? それは、 最近まで 何回も 往復していた山形県の米沢まで行った時に 新しく開通した8972mの日本一長い無料栗子トンネルを 通っていて 思い出したのでね それにしても 日本というか 日本人が凄いのか よく こういうトンネルを 簡単に作ってしまうんだね 東北には、 とにかく この手の長いトンネルが 沢山あるのでね 東北新幹線のトンネルにも 八甲田トンネルや一戸トンネルや地元には、蔵王トンネル(11215m)が ありますが それでも 完成したトンネルの長さじゃ全国で17位くらいですからね 

いかに 日本が トンネル王国だか よく わかりますね そして 最近 そのトンネルが 出来上がるのが 早いのでね 技術は、進歩しているからね だからこそ こちらのゲームも これから どこまで進化して行くのか?

といいながら 実際は、鉄道模型でも トンネルに関しては、使う目的が 若干 違う意味(高さを稼ぐとか)もあるみたいですが だからこそ トンネル出口だけでも かっこいい方が いいと思うのだがね

他も眺めてみるか 

Twitterというものは、最近 全然 やりませんが

ここの#VRMな画像 と こちらの#railsimを 見比べていると 中々面白い しかし こちらのVRM3★とは、これまた 違う世界のようで 面白い 鉄道シミュレーターも 色々ありますね〜 なんでも比べて見るのは、面白い、、

鉄道アニメ

月末恒例 仕事帰りに本屋で ブレイクタイムを して来ました。

相変わらず新刊のRM-MODELSや鉄道模型趣味などの 鉄道雑誌に目を通して どんな記事が書いてあるのかな〜と 覗いて そそくさと帰って来るのが いつものパターンでね 立ち読みなんかは、しません ただ さっと眺めるだけね でも そういうのを 立ち読みと言うのかも 知れないね

だって 眺めていると 思うのは、この鉄道模型のまあ高価な事 なんでも 天賞堂以外でも Hoゲージを作っているメーカーさんだと 寝台客車4両編成で なんと100万近くもするんですね こりゃとてもじゃないが 手が出ませんわ なので 眺めて おしまいね

そこの隣に置いてあったのが 「アニメと鉄道」という雑誌だ。 おや 新海誠の鉄道背景画が載っているじゃありませんか なんでも 旅と鉄道という雑誌の増刊号だそうです。 しかも これを 出版している会社が なんと 山と渓谷社なんだね おお 懐かしいね〜 40年いやもっと前に ポケット図鑑みたいなものを買って よく眺めていましたね〜 山とか雲とかね そこが まさか 鉄道関係の書籍も 出版していたなんて 知らなかったね〜

しかも このアニメと鉄道という書籍は、かなり売れているらしくて ここのTwitterには、祝増刷という記事が 載っていました。 どうりで 先月の末には、見掛けなかったのは、その為だったんでしょうかね

中身は、結構 アニメ好きと鉄道好きの丁度 バランスを取った感じの内容で 値段も1000円と 思わず買って帰ろうかと レジに持って行こうかと思った程でした。、、、

新海誠監督の 画像が多く載っていましたが 表紙の画像が 気になってね

アニメと鉄道1アニメと鉄道2












左側が タイトルの画像なんですが これって見た事なかったのでね どっちかというと 右側の画像の方が ネットじゃ多かったみたいなんですがね

記事の中のアニ鉄best36の中には、直接的な鉄道背景じゃないかも知れませんが 有頂天家族の偽叡山電車や 化物語のオープニングタイトルに出て来る鉄道背景が 入ってないみたいでね それが 残念だったね〜

なんせ この化物語のアニメを制作した会社は、今 話題の3月のライオンを制作している会社と同じでね 変わった背景画風で 面白いんですがね〜 

それとエバンゲリオンの あのDD51が出て来るシーンとか もうひとつ 新海誠監督と 細田守監督作品の鉄道背景に関しては、自分的には、 どっちもどっちだと 考えているんですがね どうしても君の名の大ヒットで 新海誠監督の鉄道背景が上にランクされている感じですがね〜 細田守監督の鉄道背景も いいんですがね〜


まずは、道具を使いこなせないとね

新海誠監督や細田守監督のアニメの鉄道背景の絵が 大好きな おいちゃんだが これ全部 手描きで下絵を描いて それをCGに 起こして 描いていたと 思っていましたが なんか「5分で出来る 写真加工 PhotoShop」という タイトルのサイトを見付けて それを 眺めていたら カルチャーショックに 陥いってしまいました。

まさに 絵が上手い下手の段階の前に いかに このソフトPhotoShopという道具を使いこなせないと 駄目なのか まあ これは、このVRMも同じなんですが 20年以上も前のPaintshopPro8も 満足に使えないおいちゃんとしては、ショックでね ここまで 出きるのかと 思うと 尚更 もっと学習する気持ちがあったらな〜と思う今日この頃だ。

これらの 「初心者でもできる!写真をイラスト風に加工するチュートリアル」という 記事は、結構 その筋関係者なら ご存知かも知れませんが 小樽総合デザイン事務局というサイトで これが 結構 中身が 凄いんだね その面白い記事は、最後に紹介だ。

まずは、 「画像をイラスト化するためのチュートリアル集」という 記事からだ。 まあ 中身は、記事を 見て貰えば わかるのだが 参考までに 画像を紹介だ。 左の写真を イラスト風にすると 右の画像になるんだね

5分で出来る写真加工PhotoShop15分で出来る写真加工PhotoShop1-1






これが 初心者でも5分で出来るとのうたい文句なのだが そりゃなんぼなんでも無理でね PhotoShopという道具の使い方を 覚えての 話だとは、思うのだがね でも こういう感じに出来るんだね

次は、 「写真を鉛筆画風・スケッチ風に加工する初心者向けチュートリアル」という記事からだ。これも 中身は、見てね 画像だけ 紹介だ。

5分で出来る写真加工PhotoShop25分で出来る写真加工PhotoShop2-1






凄いね こういう感じに 出来るんだね なんか 昔のような写真を見ながらスケッチして描いたり 全体の外観だけの枠だけを ラフ描きで 枠取りして 鉛筆で 描いて行く という おいちゃんが 昔 やっていた事が なんとまあ アホらしく感じてしまいますね〜 

そして もっと びっくりしたのが こちらの 「写真を漫画背景風に加工するチュートリアル」からだ。 まさか ここまで 出来ちゃうなんて びっくりだね 

5分で出来る写真加工PhotoShop35分で出来る写真加工PhotoShop3-1






もう ここまで来ると 絵が上手いとかじゃなく いかに道具を 使いこなせるかじゃないのかね 羨ましいね〜 こういうのが 簡単に出来ちゃうんだからね

他にも Photoshopで写真を水彩画風に加工とか 写真をアニメ背景風に加工するチュートリアル。とか まあ居たせり尽せりなんだね 見ていると 簡単そうに見えますがね しかし 問題は、例えばフィルターなどを 使う時の数値設定とか これこそが 経験なんだね そこが ここのVRMと似ていると思って 今日は、書いて見ました。 それにしても このPhotoShopって 凄いね でも 使いこなせないと タダのソフトだからね

それと ここのトップページからは、北海道無人駅秘境駅という シリーズ企画の 特集が載っているんですが ここに出て来る秘境駅の無人駅の写真が 中々いいんだね〜 

こうやって見ていると 結局は、素材の写真でしょうかね〜 いかに 鉄道風景のオリジナル写真を 収集しておくかですかね 携帯からの写真は、結構あるんですが 本格的なカメラで撮った写真は、ないからね〜 

漫画の世界だと思っていたら

いやあ〜漫画の世界だと思っていたら 本当にあった 巨大ロボット対決だ。

たまたま日米巨大ロボット対決「水道橋重工」vs「MegaBots」という記事を見つけ 見てみました。 最初の1回戦は、水道橋重工のクラタスが アメリカのMk.IIを 一発KOで倒して あっさり勝利だ。

そして 次なる戦いの相手は、新型の強敵「Eagle Prime」だ。クラタスが87Psに対して Eagle Primeは、438Psで 重量も 倍以上の怪物だ。 そして最後は、、、、 動画で ご覧ください




凄いですね〜 これから どんどん参加者を募集して 巨大ロボットトーナメントを開催するみたいな話だ。

こういうロボット関係の話題が ここのロボスタというサイトで 紹介されていました。 お好きな方は、どうぞ

本気モードですか

今日も これから 夜間作業なので 手短に 

本日の お題は、いつになく本気モードの メーカーさんのサイトから なんとしても 買って貰いたいという 気持ちだけは、受け取ったので え〜い まとめて 全部のVRM5版を 大人買いしたら どのくらいになるかを 調べてみました。

まずは、基本システムバージョンから紹介だ。

VRM5車両カタログパッケージ1-19一覧

















2017年11月現在で 今回の 15+までで 19本 通販価格の総合計が 約220,657円也だ。
これだけじゃ本格的なVRM5版は、楽しめないのでね なので 追加パッケージも 紹介だ。

VRM5車両カタログ追加パッケージ一覧













これが 意外と 本数が多くてね 2017年11月現在で 34本 通販価格の総合計が 約86,850円也だ。

で 両方を 全部揃えると なんと約307,507円也だ。 これが 高いのか安いのかは、わかりませんが この界隈の人じゃない まったくの初心者が 購入するとなると こうなるんだね

しか〜し もっと 本格的に このVRM5を やろうとすると 今度は、VRM4版のパッケージの車両も 欲しくなるんだね 上手く出来ていますね〜

まあ ここを 覗いている方は、おそらく なんらかのVRM版で 登録していると 思うので UPグレードサービスを使えば 40〜50%OFFで 手に入りますが そうじゃない まるっきり新規で このVRMを やろうとしている人から見たら ちと 面白くは、ないですね〜

で この際 大キャンペーンとして 全品一括購入の 大人買いの人に限り 60%OFFなんてね 書いたら ぶっ飛ばれそうか でも たまには、そういう一見さん(いちげんさん)お断りみたいな既存のユーザーだけじゃない方への 年に一度の 大バーゲンも 企画としては、面白いと思ったので書いてみた。

それに そろそろ VRM3版特急大全集のようなベスト盤が 出て来ても いい頃合いじゃないのかと 思ってね じゃあ お前が 買うのか と言われると 買いたいのは、山々なのだが 技術がない、知識がない、お金がない だから使えないの 三拍子でね 第三者的に 外野から眺めて 次のバージョンを 狙う なんて 益々高度なゲームに進化して行くので そりゃ無理か

いつミサイルが飛んで来るかも知れない時代だからね 今の所は、このVRM3で我慢だ まだ使えるからね

今日は、碓氷峠関係から

いつかは、行って見たいと思っている碓氷峠鉄道文化むらの紹介動画があったので 紹介だ。



中々面白かったですね これ見てしまったので もう行かなくても いいか 次は、昭和38年頃の国鉄信越線 横川・軽井沢間のアプト式路線で活躍するED42の8ミリ映像だそうです。



話では、聞いていましたが 動く動画は、初めてでね ED42や 前のEF63にしろ 碓氷峠に合わせた特別仕様の機関車だったんですね 初めて知りました。

もう一つは、BVEの動画で EF63+あさまで、横川から軽井沢の碓氷峠の急勾配区間を力強く後ろ向きで」登って行く動画からです。 相変わらず BVEは、独特の雰囲気がありますね



VRM5版の線路に似ている感じもしない訳でもないのですが こちらのBVEの方が 線路に関しては、作りの感じは、アドバンスルール並みの作りは、VRM3版が 登場した時から こんな感じでね

憧れでしたね〜 でも 運転は、出来なかったね〜 どうも 電車でGOも 上手く運転出来なかった。 だからじゃないが その反動なのか レイアウト作りの方に 固執していますね

どうですか とくに あのトンネルのアーチ形が いいんだね やっぱり トンネルは、アーチ形ですよね〜 動画で見るのは、VRMだろうが BVEだろうがRaillSim、Trainz,MMD鉄道 なんでも いいいんです。

もちろん 鉄道模型もね


鉄道模型の楽しみ方も 色々だ。

鉄道模型の楽しみ方も色々あるのだが こういう楽しみ方は、初めて見たので紹介だ。

なんでも あの鉄道四天王とか呼ばれているホリプロのマネジャーの南田祐介という方が 企画しているのかどうかは、知りませんが 今回の企画は、そのホリプロのマネジャーが 企画した 完全 再現 鉄道模型での北斗星完全再現なる動画みたいだ。 

なんか ついつい最後まで見てしまったのだが こういう楽しみ方も あるという事でね 鉄道模型を まったくやらない おいちゃんですが これを VRMで やってみたら こりゃまた 面白いとも 思ったのだが 材料の北斗星は、あるのですが 東北線を走る709系や711系がないのでね



しかし 自分の趣味が いつの間にか 仕事になって この趣味と仕事の線引きって どうなっているんでしょうかね ここまでの 鉄道に対しての情熱は、おいちゃんには、ないからね〜 あくまでも第三者的に 見るのが 好きなのでね 商売というのか こういうのも仕事になるというのが 時代なんでしょうかね
アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
Archives
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ