日本海縦貫線の雪景色から夜明け前の背景の動画からだ。

仮想日本海縦幹線雪景色完成夜明け前 3


この背景画像もZioさんのVRM4版を こちらのVRM3版に変更して使っています。夜明け前のVRM3神社からの眺めだ。この夜明け前とか夜明けの景色などは、昔 現場仕事で夜間作業が多かったので しょっちゅう眺めていた 又 この夜が明けると 後何時間で 家に帰れるという その目安に眺めていたので このZioさんの背景は、それにピッタリだ。

仮想日本海縦幹線雪景色完成夜明け前 1


こちらは、こういう感じのリバーシブルの夏と冬が 一つのレイアウトで眺められるレイアウト作りが ここの新VRM3★のテーマのひとつだ。その中で その夏景色と冬景色を 切り替えるのに必要不可欠なものが このトンネルだ。そのトンネルから すぐ見える景色が あの有名な小説の「トンネルを抜けるとそこは、雪国だった。」の そのイメージが そのリバーシブルレイアウトを作って走らせて楽しむ一番の醍醐味だ。

仮想日本海縦幹線雪景色完成夜明け前 2

トンネルを抜けると一面真っ白な銀世界 こういうイメージが 色んな背景を使ってパターンが変更できるのも この鉄道模型シミュレーターV3の 面白いところです。しかし あんまり 今までは、おいちゃんのように これでもかと背景を変更した動画などをUPしている人は、見掛けませんね

仮想日本海縦幹線雪景色完成夜明け前 4


中には、VRMに最初から入っているメーカーが作った背景しか使っていない動画もあったりして なぜ あれを使うのか 不思議でね でも 自分も昔は、なんか変だなと思いながらも あのアパートが どでかく映っている背景を使っていましたね

仮想日本海縦幹線雪景色完成夜明け前 5


このZioさんの背景が 使るのを知ってからは、だいぶ レイアウト作りも変化して来ました。 そうなんです。この鉄道模型シミュレーターV3は、イメージが 一番大切なのです。

そして そのイメージも この背景で どんどん変わるのです。自作の背景画も 何点か作っていますが 中々上手くは、出来ませんね 一番は、この鉄道模型シミュレーターV3に合わせた背景画を作る事なんですが 実写の写真画像を使おうとすると 拡大率とか縮小率そして 出来れば シンメトリーな画像にしてみたいなど とくに画像の両端が同じような画像にならないと駄目なので そこが 難しいのです。