昨日の海岸線の続きから 海の部分が広くなり過ぎたので 昔 作ったタンカーと鉱石運搬船を配置して見ました。

仮想日本海縦幹線雪景色海岸線完成7船

VRM3版には、船舶関係の部品は、ないので あるものの部品で 寄せ集めで 作っていました。

仮想日本海縦幹線雪景色海岸線完成8船

一応 鉱石とか砂利運搬船のつもりで 昔に作っていた物をコピーして配置だ。本当は、船の波がしらを描写しなければ 駄目なのだが すっかり忘れてしまいました。

仮想日本海縦幹線雪景色海岸線完成9船

コンテナ貨物運搬船も作っていました。10年以上も前に こういう物を作っていましたが その後 ここの鉄道模型シミュレーターVRM5版では、これでもかと 船舶の部品が登場だ。


VRM5板船舶カタログ1




上がVRM5版の船舶部品からだ。このタンカーや貨物船は、デカすぎて おそらく ここのレイアウトの海の広さでは、入り切らないかも知れませんね とにかく 後から いいものが出て来るのが ここの鉄道模型シミュレーターの特長なので 本当に購入するタイミングが 難しいのです。

仮想日本海縦幹線雪景色海岸線完成10船

夏景色の海にも このコンテナ貨物船を配置して見ました。

仮想日本海縦幹線雪景色海岸線完成11船

昔は、こんなものでも 我慢して自己満足していましたが さすがに 本物の船舶部品を 見てしまうと ちょっと引いてしまうのだが まあ ないよりは、あった方が いいかで 賑やかしだ。

VRM3版の場合は、こういう感じで無理やり部品をかき集めて船などを作ったり ビルを作ったりと なんとか誤魔化して色々やっていました。