昨日の続きの踏切 Aからの動画を紹介だ。今回は、斜め正面上からの動画からだ。

仮想日本海縦幹線雪景色踏切A6

斜め正面上空からの踏切画像からだ。

仮想日本海縦幹線雪景色踏切A7

上りの485系3000番白鷹が 通過するところからだ。YouTubeの動画で 日本海縦貫線の動画を眺めていたら こんな「ありがとう日本海縦貫線24系ブルートレイン」という動画を見付けました。2014年10月に大阪〜青森までの臨時団体列車が企画で運行されたらしいのだ。 その中に鉄道漫画「カレチ」とかいう国鉄時代の長距離列車の乗務員を差す国鉄内部の呼び方らしいのだが その漫画の企画が 含まれていた団体列車みたいでした。この「カレチ」という漫画自体も知らなかったのですが こんな感じの漫画らしいです。

仮想日本海縦幹線雪景色踏切A8

日本海縦貫線には、寝台特急のトワイライトエクスプラスや 日本海などが 運行されていましたが まだ それらが 運行されていた時には、ほとんど興味が無かったので どうしても こちらの北斗星とかカシオペアくらいしか 名前を知りませんでした。本当に 最近ですね この「日本海」とか「あけぼの」とかの寝台列車を 知ったのは、 どうしても寝台特急専用の牽引機のイメージが先行して ヘッドマークやトレインマークだけが 付いているEF81の機関車などが あった事すら知りませんでした。貨物列車のイメージしか無くてね 

仮想日本海縦幹線雪景色踏切A9

そう言えば 最近 本屋で 鉄道関係の書籍を眺めて来ましたが ひと頃は、ブルートレイン関係の寝台特急関連の書籍が多かったのですが なんか貨物関係の企画の書籍が多くてね 鉄道模型雑誌でも 貨物関連のヤードとか 駅構内ターミナルとか 今月号は、多かったみたいです。

ついでに 昔 作った24系寝台の日本海の編成を紹介だ。

EF81-37日本海12輌編成

と 今気が付いたが これは、昔の編成みたいで 最後の方は、10両編成みたいで 牽引機の名称も画像では、EF81-37ローズピンクになっているのだが 名称は、EF66-49というブルートレインの牽引機を そのまま流用したみたいだ。 こういう間違いが多いので 勘弁だ。

そこまで鉄道大好きという程じゃないので こういう間違いは、今でも多いのだが そもそも この寝台列車に対しても 夜中に走るから風景が見えないんじゃないのかと 思っていたくらいなのだ。

でも鉄道模型だと この寝台客車は、人気があるのかNゲージでもHOゲージでも 両方にありますが その一方で 一番中古で多く出品され手放す人も多いのが寝台客車で不思議だね そもそも この鉄道模型で 寝台列車でも編成を組んだ場合 自分の所のレイアウトで 走行させた場合 どうでしょうか最大で12両編成くらいが 限界じゃないでしょうかね それ以上だと レンタルレイアウトとかで走行させないと難しいような気がするのですが もちろん自分のような6畳の部屋を基準に考えた場合ですがね

それは、こちらの鉄道模型シミュレーターV3でも ある程度言えるのですが 確かにコンテナ貨物編成は、一応20両編成までは、走行出来るようには、このVRM3版では、なっていますが 実際この踏切動画を 眺めていると 20両編成に近いと なんか 見ていて飽きる感じがしてね もちろん コンテナの種類が少ないのもあるのですが

でも これは、Trainzでアメリカンディーゼル機関車の貨物長編成の動画を たまに見掛けますが 途中で 飽きてしまってマイルトレインなんか 実際の動画見ても 飽きちゃうからね

要は、先頭車両から 最後尾の車両までが ギリギリ見渡せる感じが個人的には、いいのかも知れません まあ踏切動画をご覧下さい




自分で作って置きながら コンテナ貨物編成が 長いような気がするだの 好き勝手書いてますが なんか こうやって眺めていると もう少し短くして こちらの棒線駅を 待機中線がある駅にした方が良かったのでは、と思ったりして でもコンテナ貨物編成も15両編成以下にしてしまうと 長距離貨物のイメージが 消えてしまうので それまた困るのです。たかが お遊びで そこまで考える事でもないのだが これでも自分なりには、考えながらレイアウトを作っているつもりなのでね

最後に 一番最初に紹介した「ありがとう日本海縦貫線24系ブルートレイン」という動画を紹介だ。



しかし この寝台列車というのは、人気があるんですね〜 これらの撮った写真は、ブログにでも載せるせるのでしょうか この場合は、EF81ローズピンクの牽引機がメインなのか それとも24系寝台客車がメインなのか どっちが主なのでしょうか おいちゃんの場合は、あくまでも機関車がメインなので これヘッドマークなしだったら やっぱり商売にならないか