日本海縦幹線の裏側の 踏切Aの動作確認の動画を作って遊んでいました。中々段々畑から先の制作が 進まないので 遊んでしまいました。どうも このコンテナ貨物編成の長さがネックになっていますね

クネクネな路線なら 面白いのですが まったくの直線区間だと まったりして面白味が無くて かと言って あんまり線路沿線には、建物などを 配置したくないのだ。そこら辺が 撮り鉄さんの気持ちと似ているのか出来れば架線柱も 無ければ もっと車両編成の全体が撮れるような気になっています。まあその話は、先に延ばして踏切Aの正面から眺めた画像からだ。

仮想日本海縦幹線雪景色踏切A1

まずは、上り線の485系3000番白鷹が 通過する場面からだ。この正面に見える新幹線が ここのレイアウトの売りで 昔から こういう場面が好きでしたね

仮想日本海縦幹線雪景色踏切A2

こちらは、下り線を通過するEF5861牽引のお召列車からだ。丁度 天皇陛下がご乗車する1号御料車からだ。せっかくなので 御料車1号編成も紹介だ。

EF5861お召列車編成カタログ1

そうなですよ これがVRM3版の凄い所で 中々このお召し列車の御料車1号編成なんて見られませんからね 踏切の前を 色んな列車編成が 通過する 只それだけでも 楽しいからね

仮想日本海縦幹線雪景色踏切A3

もちろん メインは、貨物編成ですが このEF8195の派手な機関車ですが 実際 羽越本線で見掛けたEF81の機関車は、もう古くて 色も褪せた感じで そういう点では、この鉄道模型シミュレーターに関しては、鉄道模型のような古くなると 色が褪めたり焼けたりというのが ないからね

仮想日本海縦幹線雪景色踏切A4

こちらは、EF6632のクーラー付き機関車からだ。これも 中古のHOゲージのEF66の国鉄時代の前期形とJR貨物更新色を持っているのですが よく眺めると どこかしら壊れていたり傷があったりと 飾ってみると よくわかりますが 一回でも走らせると どこかしら傷が付くみたいですね

仮想日本海縦幹線雪景色踏切A5

このVRM3版の踏切の楽しみは、この踏切動作なので これしか得意とする場面がないのでね ここだけは、自信があるので 頑張って色々作っています。

まあ 楽しみながら 動画も作っています。