常磐線が今年2020年の春から全線再開で上野から仙台(岩沼)まで開通しましたが 未だに 常磐線貨物は、どうなっているのか さっぱり疎いので 今日は、2019年5月に書いていた記事と その中に2010年頃に書いていたお遊び記事を再登場だ。あくまでも素人なので 突っ込みは、なしで 眺めて下さいね

VRMポータルで 紹介されているVRМオンライン:常磐線経由で関東〜東北・北海道を結んでいた高速貨物列車EF81-81白Hゴム牽引の 記事を 眺めていて 10年近く前の地元の宮城を走行していた常磐線貨物を 思い出して 少し書いてみます。

そんなに詳しくは、ないので 間違っていたら勘弁だ。 2011年3月11日の東日本大震災が もし起きてなかったら おそらく 今頃は、常磐線を 昔のED75から EH500金太郎牽引で 運行されていたんじゃないのか?と 思ってね 間違っているかも知れませんが 

というのも 実は、あの3.11の一週間くらい前に 夜間作業で 常磐線の浜吉田駅近くの現場で 作業をしていた頃に このEH500金太郎?の牽引貨物列車を 目撃した記憶を思いだしてね 満点の星空で 丁度 今頃の真冬の寒い夜でしたが 異常に星空が 綺麗すぎて 星空ばかりを眺めていましたね

丁度 その時に いつものED75の機関車だと 思ったら なんと あの三つ目が通るのEH500金太郎だったような記憶があるんだね その前の2010年のダイヤ改正で 噂では、1日に 1本このEH500金太郎が 試験運用されていたという話を 後で聞きました。 当時は、地元の岩沼駅の手前にある阿武隈川橋梁が老巧化してEH500などの車重が重い機関車は、鉄橋を渡れないから 常磐線貨物は、デッドセクションを設ける水戸駅で機関車の交換が行われ 水戸以降は、当時は、ED75でしか行われていたみたいと書いてありました。

その頃の当時の常磐線貨物の運行ダイヤは、どうなっていたのか? 調べていて 色んなサイトやブログを 眺めていました。 そうしたら なんと 自分が その当時のJR貨物時刻表という 平成23年3月ダイヤ改正 創立60周年記念号という時刻表を 購入していたのを すっかり忘れていました。 そう あれは、2011年3.11の前の3月6日に ネットで注文していて そんな時刻表どころの騒ぎじゃなくなって すっかり諦めていた時に4月になって届いたというお話でした。

JRF貨物時刻表2011年度版


















今になれば レアな一冊なんですが なんせ この中の常磐線貨物は、 岩沼経由が バッサリ この3.11以降は、今は、消滅している訳なので 当時のダイヤから少し紹介すると

常磐線下りから
(79)〜91 隅田川(タ)21:04→      →        →仙台(タ)4:48
79〜(91) 隅田川(タ)21:04→水戸1:00→いわき2:33→仙台(タ)4:48
93越ケ谷(タ)23:08→水戸1:05→いわき7:20→岩沼10:29→仙台(タ)10:50→青森17:54→札幌(タ)1:46
95梶ヶ谷(タ)21:54→水戸1:35→いわき3:03→岩沼5:50→仙台(タ)6:16→青森17:54→札幌(タ)1:46
97北王子17:10→水戸20:27→いわき6:42→岩沼9:32→仙台(タ)9:51→小牛田10:33(日曜日運休)

常磐線上りから
90仙台(タ)23:03→岩沼23:24→いわき1:33→水戸3:55→隅田川(タ)22:28
92札幌(タ)20:54→青森6:52→仙台13:32→岩沼13:53→いわき16:50→水戸18:57→隅田川(タ)21:28
94札幌(タ)2:24→青森11:41→仙台17:50→岩沼→いわき20:46→水戸22:22→梶ヶ谷(タ)1:25
96小牛田22:21→仙台23:13→岩沼23:31→いわき1:38=5:30→水戸8:09→北王子10:08(土日曜日運休)

不定期を含めても 7〜8本の上下線が 2011年3月のダイヤ改正後は、運行される予定だったみたいでした。

当時 手帳にメモしていた記事では、常磐線のED75編成は、92レ、93レ、95レ、96レ、97レと 書いていたのだが 何を意味していたのか 今になってしまうと定かじゃないのだが このED75とEH500キンタの見分け方を 覚える手段として ライトの点灯して来る姿で 判断してたような気もするのだが その後の北斗星やカシオペアの牽引機EF510も 同じ三つ目でしたから やっぱり 正確なダイヤがないと わかりませんでしたね

どうして こんなに常磐線貨物に 拘るのか? それが
と 要は、ED75の機関車を紹介したくて書いた記事でしたが 今は、EH500金太郎が走っているんでしょうかね もう現場仕事からも離れているので 家から出ないのがほとんどなので さっぱり 常磐貨物に関しては、わからないのでね

3.11の時に 常磐線の浜吉田駅付近の南泥沼踏切で 津波に襲われたラストナンバーの ED75-1039機ですね 3.11の後 40日位してから 現場調査の手伝いで入った時の写真が出て来たので 紹介だ。

常磐線 3.11 ED75

















この時 もう牽引していたコンテナは、撤去されていましたね その少し後に行って撮った写真も紹介だ。

ED75-1039
















このED75-1039のプレートだけは、 盗難に遭う前に 持ち出したと噂では、聞いていますがね 又 30年以内に 大きな地震と津波が来るという予想が 報道されているのでね 

ED75の電気機関車のHOゲージに興味があったけど これが新品は、もちろん中古でも中々掘り出し物が無くてね 結構人気があるみたいですが 再販とかもなく 聞いた話では、他の電気機関車に比べて6軸じゃなく4軸で 車体が小さいから安く仕上がると思ったら メーカーさん側からすると 手間は、同じで 逆に値段設定が 決めにくいと どこかで聞きました。 もうHOゲージは、諦めましたが このED75だけは、考えてもいいか