5編成並走レイアウトの海岸線の海面作りをしていました。やっぱりと いうのか 思っていた通り中々作業が進みません 本当に作るのが嫌になって来ました。 とにかく作り方が わからないので試行錯誤しながら 作っては、壊しではなく 貼り付けては、見直しの連続で レイアウターとビュアーの往復だ。

5編成並走見張線海岸線海面作り 1

こんな感じで波を表現しようと 作っています。なんで信号機が海の中に建っている? これらは、前回も書いたが 地形の高さに差がないので まったくもって どこの位置なのか さっぱり見当が付かないので その目印として配置しています。これで平地作成で 8个箸6个旅發気鮑遒辰燭蠅靴毒箸鮑遒蹐Δ箸靴討い襪里任垢 もう大変です。やった人なら わかると思うのですが

5編成並走見張線海岸線海面作り6

レイアウターのテクスチャーの貼付け状況で この中のグリーンの部分が海面で赤い部分が砂浜の部分からだ。この細かい修正と手直しをやりながら作業をしています。地味な作業でやりたくないです。

5編成並走見張線海岸線海面作り 2

波が打ち寄せるシーンの描写からだ。ある方向からだと それなりに見えるのだが別方向だと なんだこりゃに見えてしまうので そこが一番難しいところだ。 

5編成並走見張線海岸線海面作り3

均一に整頓された感じにならないように作りたいのだが これが出来ないのだ。

5編成並走見張線海岸線海面作り4

こっちの方向からだと それらしくは、見えるのだが 実際は、砂浜の方向からの眺めを考えないと駄目なのでね そこら辺の こういうジオラマでも そうだが 欲張って八方美人を求めてしまうと どこかで無理が出て来るのでね

5編成並走見張線海岸線海面作り5

だから本来は、こっちからだけの眺めというか景色を考えて作れば いい話なのだが ついつい海面の事ばかり気になって 全体が見えて来ないのだ。

ここら辺が 上級者との違いでしょうかね 細かい部分よりも 全体を眺めての海の感じを出せればいいだけなのだが ここら辺が 絵を描くのと似ているのでしょうかね

本来 一番最初に 海の青一色で 貼り付けてから 部分的に作っていけば いいのだが それで今まで失敗したので 今回は、段階的に作って行く事にしたのだが とにかく時間が掛かり過ぎてね

さすがの おいちゃんも 途中で飽きてしまって困るのだ。まあ ヒマジンなので ゆっくり又 気が向いたら作りますかね これが 他のゲームだと ブラシで 一発で平地を作れたり ビュアーを見ながら その中で作業が出来るのですが ここの鉄道模型シミュレーターV3は、とにかく レイアウターで 部品を配置して地形を作って それにテクスチャーを貼り付けるという 子供には、長続きしそうもない根気がいるゲームだから 本当は、高齢者には、最高の暇つぶしゲームなんですがね

まあ そう思っているのは、ここのおいちゃん一人だけですがね 遊びとは、楽しい時間を過ごす事なり 苦痛になっては、ゲームじゃないのでね