海岸線作りの下地も出来上がりましたが まだイメージが 全然浮かばないおいちゃんだ。さて そんな中で 見付けたのが ここの VRM5レイアウト(Layout06、Layout26)公開というよそ行きハートさんのブログ画像だ。 この中の海岸線の画像が これから作りたい感じのイメージだったので 紹介だ。

5編成並走見張線海岸線参考画像1

勝手に紹介していますが ご勘弁を この岩礁にぶつかる波頭の雰囲気が欲しいのと この海面の微妙なうねりをどうやって表現するのか? ここなんだよね 難しいのは、過去に作った海岸線では、この海面のうねりが 表現出来ず失敗してしまいましたが この海面の微妙なグラディーションのような色違いは、VRM3版では、ブレンド機能と言いますか ブラシ機能がないので そこら辺が課題で その為に やることは、地形でランダムに1价碓未如(册阿気擦襦,泙⊆蟯屬粒櫃る作業をしなければ こういう感じには、作れないんだね

結局 時間を掛けて 少しずつやれと 改めて感じました。 そうです。手抜きは、駄目なのです。この画像を眺めて それを感じて これから 作るにあたって これを教訓に励むのみですね

そして もう1枚は、こちらの砂浜からの画像だ。

5編成並走見張線海岸線参考画像2

これも 頭を殴られたようなショックでね なんで この波打ち際の 海水がしみ込んだ部分と そうでない部分の色違いを 今まで なぜ思い付かなかったのか?と 勉強の足りなさを痛感しました。 気が付かないんだよな〜
そこら辺を どこかで 忘れてしまっているんでしょうかね なんせ性格が一直線な性格で これしか見えないところが 駄目な点でもあるのだが 逆に それが このねちっこい性格なのかも知れませんね

今 考えているVRM3版の地形テクスチャーは、こちらだが

新海岸線用地面2020.5

他の人のテクスチャーを改良して海などのテクスチャーは、作っていますが 砂浜部分のテクスチャーは、もう一度考えないと 難しいような気がしますが まだ 作る前に 気が付いたので良かったです。

勝手に画像を拝借してしまった よそ行きハートさんには、この場にて お礼と そして この画像を見付けられたおかげで ひとつヒントを頂きましたのでね やっぱり一番の この鉄道模型シミュレーターのレイアウト作りの参考になるのは、鉄道模型シミュレーターの画像が一番なんですが そういう画像が自由に見られる公式の掲示板みたいなものがあると いいのだが これって もう古い考えか

今は、Twitterの時代なんでしょうが VRM関連の#が多すぎて 総まとめにした鉄道模型シミュレーター関連の画像を集めたサイトがあるといいんですがね 

どうしても こういう趣味の世界も細分化されて ひと括りにして 眺める事が出来ない感じでね ここの鉄道模型シミュレーターのVRM5版とVRMNXそして 線路に関しても普通のIMAGIC線路にTomix線路それにアドバンス線路それに加えて 今度は、今までの標準軌9个紡个靴7丱押璽犬龍控阿7个函 ̄廖垢匹譴髻〜ぶのかは、ユーザーの好みですが それを使って共有しては、遊べなくなって来て まるで今の世界地図のような感じだね