5編成並走レイアウトの見張本線の踏切からの動画を紹介だ。 その前に 今までの踏切の名称を 修正してみました。 もう あんまり踏切が多すぎて どこがどこの踏切番号だか わからなくなったので 新しく名称を替えて見ました。

5編成並走スタジアムレイアウト踏切図1

今現在のレイアウト図から 赤字が 5編成並走踏切からで 一番最初に作った踏切を踏切Aと表示して 今回作った踏切が 次に通過する踏切なので踏切Bに変更しました。その次が踏切Cで 8の字の先が 踏切Dで 最後は、踏切Eと 変更だ。

それに合わせて 見張本線の踏切名称も変更しています。 まず 今回作った踏切Iを 5編成並走線と同じ見張本線踏切Bと変更だ。 その次が 見張本線踏切C で この前に作った踏切Hを 見張本線踏切Dと変更だ。 おっと ひとつ忘れるところでした。 見張本線踏切Cの隣にあった踏切を 見張本線踏切Fと 表示だ。

そして最後に5編成並走踏切Eと合わせて見張分線踏切Eと踏切を変更だ。踏切名称は、大幅に変更になりましたが 極力 5編成並走線と見張本線が 一緒の踏切は、番号を統一して 覚えやすいようにしています。

5編成並走線には、4台しゃ断機設置の踏切が4箇所で 2台しゃ断機設置が1箇所だ。見張本線には、4台しゃ断機設置が3箇所で 2台しゃ断機設置が1箇所で 見張分線には、2台しゃ断機設置が1箇所で 全部で なんと5箇所と5箇所の10箇所の踏切を配置していました。 好きですね〜

そんな踏切の見張本線踏切Bからの EF65重連コンテナ貨物編成が 通過する画像からだ。

5編成並走踏切Iと見張本線踏切Iから7

こちらは、EF8189牽引のコンテナ貨物編成からの画像からだ。

5編成並走踏切Iと見張本線踏切Iから6

丁度 ここの見張本線踏切Bの所で 交差しているみたいだ。中々本物の貨物が通過する地元の東北本線でも中々踏切で 交差する場面は、そんなに見掛けないのでね まして昼間限定だとね

見張本線踏切Bで交差するコンテナ貨物編成からの動画からだ。