またスケベな気持ちになり見張本線に踏切を作っていました。 しかも欲張って至近距離に2箇所も作ってしまいました。こんな感じの踏切は、よくあるのでね 例えば地元宮城の東北本線だと 舘越〜名取の間とか仙台駅付近でも 100mくらいしか離れていない踏切もあるのでね

しかし この至近距離の踏切というのは、とくに駅に近い踏切が 至近距離で連続して配置してあると 踏切制御子の制御長とか 信号機があるかないかで これまた設置が大変だと 噂で聞いたことがあります。そこら辺は、専門家じゃないので ここでは、スルーだ。

5編成並走スタジアム見張本線踏切AB-1
















手前の踏切は、2組しゃ断機の踏切Aで 奥が 4組しゃ断の踏切Bからだ。

5編成並走スタジアム見張本線踏切AB-2












 



4組しゃ断機の踏切Bから 奥の2組しゃ断機の踏切Aを 眺めています。この至近距離だと 踏切センサーの配置が 重複して 大変なのだ。とくに 4組しゃ断機の場合は、時間差しゃ断なので 2組しゃ断よりは、踏切センサーを 長くしなくては、ならないので 面倒なのです。

5編成並走スタジアム見張本線踏切A-2

2組しゃ断機の踏切Aからの画像だ。1車線道路を 重ねて踏切道の幅に合わせています。

5編成並走スタジアム見張本線踏切A-1

最初 要らないんじゃないかと思ったのだが 実際こんな感じの踏切は、あるので作って見ました。

5編成並走スタジアム見張本線踏切B-1

隣の4組しゃ断機の踏切Bからだ。

5編成並走スタジアム見張本線踏切B-2

まあ踏切も 5編成並走レイアウトの踏切を そのままコピーして改良して配置しているので 踏切自体の配置は、意外と 面倒では、ないんだね 同じ高さにあるので楽なのです。

一応 今日は、ここまでだ。