お遊び5編成並走レイアウトに 新しく踏切Bを 配置した踏切動作確認動画から紹介だ。

5編成並走スタジアムレイアウト踏切b-5

















踏切警報開始からしゃ断動作の終了まで 約15秒、しゃ断動作の終了から列車の到達まで約20秒で 踏切警報開始から列車の到達まで 約30秒だが ここでは、全て省略 時短で 踏切しゃ断を行っています。 でも時間差しゃ断動作だけは、きっちり行っています。

 

まずは、踏切道を 正面から 眺めた動画からだ。



斜め前からの踏切しゃ断動作確認から



反対側からの 踏切しゃ断動作からの動画からだ。

踏切警報灯も点滅しないで 何が踏切動作確認だと自分でも思うのだが まあ いいじゃないか そもそも 鉄道模型にしろ この歳で 遅れて始めたのでハンディーがあるのです。本屋に行って鉄道模型雑誌を眺めても なんか しっくり来なくてね どう考えたって あの自作車両とか 自作レイアウトを眺めていると こりゃ絶対自分には、無理というか あの天賞堂とかIMONなどの 一桁違う値段のウン十万もする機関車などを 眺めていると 世の中 住んでる世界と言うのか 趣味の世界とは、こんなものかと 思ってしまうとだ なんとしても 自分の世界の鉄道模型趣味を 確立してみたいという気持ちが強いのだ。

ここの鉄道模型シミュレーターのVRMNXに なってからの自作車両にしても なんか 鉄道模型雑誌の自作車両と似た感じになって来たように思えて これって メーカーさんと 対等それ以上の自作車両も 出て来ているようですが それが 全部 会議室のDLコーナーにUPされるのかどうか 

そして ひとつ危惧しているのは、ここの鉄道模型シミュレーターの歴史を振り返ると 新しいバージョンに移行して来ると 前のバージョンで活躍していた上級者さんが いつの間にか 表に出て来なくなる傾向が 意外と多かったのでね 昔と 違って 誰かが先頭を 引っ張るという時代でも ないのかも知れないのだが 車両制作に関しては、メーカーさんが どういうスピードで 新しい車両を作ってい行くのか 自作車両と メーカー車両の この関りが 外野だが 気になりますね