今日は、お遊び5編成並走レイアウトから 離れて鉄道模型シミュレーターの車両に付いて 考えてみる お話だ。

今回のレイアウトで 走行している103系は、鉄道模型シミュレーターV2版の1998年登場の車両だが 元々は、鉄道模型のNゲージ車両を そのまま仮想鉄道としてレイアウト上を走行させるのが この鉄道模型シミュレーターの始まりだったと思うのだが そういう考えであれば この103系の車両のように 窓は、黒く表現して室内を表現しなくっても それで十分 仮想鉄道模型の車両としては、通用していたと思うのだ。

それが いつしか時代の流れで今のVRM5いやVRMNXの3DCG車両のように 室内の描写なども取り入れられ もうここまで来ると NゲージじゃなくHOゲージの精密車両のような感じになって来て 最初のコンセプトのNゲージを基本にした鉄道模型シミュレーターから離れた鉄道模型シミュレーターになって来たのかと

そう言えば あんまりNゲージ云々の話しは、最近聞きませんね 果たして作る側は、Nゲージを今でも基本に このゲームを作っているのか ただTomix版に関しては、メーカーとの関係で あくまでもNゲージのストラクチャーなどは、そのまま原寸通りに作っているみたいですが だからTomix版レールと 今回のアドバンスレールとの違いが あまりにも大きくて 昔のVRM3版の頃なら Tomix版バラストレールと IMAGIC版バラストレールなどは、多少違っても そんなに違和感を感じなく使っていましたが 4本のVRM5パッケージしか持ってないのでTomix版ファイントラックレールとIMAGIC版バラストレールじゃ一緒には、使う気になれないのでね

で 何を言いたいかというと VRM2版の室内が 見えない車両だから この103系のような種類が作れたんじゃないのか じゃあ これから メーカーさんは、 ここの103系のように これだけの種類を 作って行くだけの力(リキ)がるのかどうか そこが気になってね

自作車両の最近の広がりを眺めていると 一社独占というのか 一人かどうかは、知りませんが 今の現状の新作車輛の制作スピードと 車両の選定では、車両をコレクションしたいと思っているユーザーは、どこまで待てるのか そして VRMパッケージ版のような抱き合わせ車両や昔のような共通部品を入れない今の販売方式は、どこまで 続くのか なんてね 

103系27種類全員集合縮小版1


廃盤ゲームで遊んでいると そこまで 精密じゃなくても 車両の種類があれば いいんじゃないのと思ってしまうのだが 今は、そういう考えの人は、この新しい鉄道模型シミュレーターでは、遊ばないか なんか よく わかりません ただ車両をコレクションしたいと思うのは、今も昔も 同じような気がしてね それよりも 今の世の中の情勢の方が問題か だからこそ 手元にネタがあれば 安心な廃盤ゲームこそが 意外と 生き残ったりしてね