今日も お遊び5編成並走レイアウトからのお話だ。 こちらのVRMNXなどのTwitter記事では、自作車両などの記事が ほとんどの中で こんな お遊びレイアウトのお話など なんの意味もないのだが まあ これしか やることがないので 我慢だ。

5編成並走スタジアムレイアウト踏切18
















あくまでも お遊びで作っているレイアウトなので 踏切を配置した段階で それでおしまいなのだが
もう少し いじってみようと挑戦中だ。それにしても この地味な作業が面倒臭くて途中で なんでこんな事をしているのか まずは、この2車線道路の勾配を作る為に 地形を 道路に合わせて ミリ単位で勾配を 作っていました。 一番嫌いな作業です。

5編成並走スタジアムレイアウト踏切14

















こちらの踏切付近の築堤部分を コンクリートスロープで隠しています。この高さ60个涼枋乕品が そのまま見えるのが どうも好きじゃなくてね というか このVRM3版築堤部品は、VRM5版などに比べると 全然勾配の傾斜が きつくて 使いづらいのですよ 

5編成並走スタジアムレイアウト踏切15

















これを 十何年も 訴えた結果が あのVRM5版の築堤部品に 反映されたと 勝手に思っているのだが そのVRM5版の築堤部品が 入っているVRM5パッケージ版は、持っていないのでね

5編成並走スタジアムレイアウト踏切16
















このコンクリートスロープを こんな感じで並べて配置しても なんの意味もないのだが なんか これを使うと スッキリした感じが良くて使っていますが これも 配置するのが 面倒臭くてね

5編成並走スタジアムレイアウト踏切17

















こんな感じで築堤に合わせてコンクリートスロープの高さも 変えて行くので まあ好きじゃないと出来ない お遊びです。本当に これを やったからどうなんだと自分でも 思うのだが 色々いじっていると これを やったら面白いんじゃないのかと思ったりしてね

まあ これが 本来の鉄道模型シミュレーターの 遊び方だと 個人的には、勝手に思っているのだが ガキのお遊びと 一蹴されて 終わりかも知れませんが これで 丸1日時間を 潰せれば これで 十分ゲームとしての役目は、果たしているのでね

そこら辺の「時間に対する考え方」を習得するとだ お釈迦さんと同じで この鉄道模型シミュレーターの遊びの悟りが開けるのだが まあ おいちゃんにしか わからない無我の境地だ。 これを悟ってしまうと メーカーさんは、困るのでね