仮想東北線越河駅レイアウトの越河駅構内の耕野踏切近くからの眺めからだ。 このレイアウトの中でも 新幹線と在来線とローカル見張線の3路線の車両編成が 眺められる ベストポジションからの動画だ。

越河レイアウト耕野踏切1-DD13



















上の画像のように 新幹線と在来線と そしてローカル見張線が眺められる場所からの動画からなのだが ここに映っているDD13セキ3000石炭車編成は、 動画では、時間の関係で カットしていますが

越河レイアウト耕野踏切2-キハ110



















それ以外の車両編成は、眺められます。 その中から キハ110編成から

越河レイアウト耕野踏切3-DF200



















こちらは、DF200レッドベアタキ3000編成からだ。

越河レイアウト耕野踏切4-C62



















C62蒸気機関車も 走行していました。

越河レイアウト耕野踏切5-キハ58
















キハ58編成からだ。

越河レイアウト耕野踏切6-キハ40
















キハ40編成からと言うか 本当は、キハ48編成からだ。実際の越河駅構内の耕野踏切と ここの踏切では、全然違うのですが この場所を 作る時は、苦労したのでね 

まず本当は、この部分は、山になっている筈でしたが それじゃ VRM3版レイアウトの基本である すり鉢状の レイアウトの真ん中を低く抑えて 全体が見える感じにするために 強制的に この画像の右側部分を 渓谷にして 谷を作り そして 最初は、この踏切の延長として アーチ式の橋を架けて 道路を伸ばそうと考えたのですが 渓谷の谷が 大きすぎて断念して こんなT字路の道路で 逃げてしまいました。

そもそも ここのローカル見張線も 後から作ったので 無理やり 谷を削って盛り土して 線路を配置してみました。 まあ そんな感じで 無理やり作ったのが この場所だ。



果たして 全部で 何本の車両編成が 眺められるのでしょうかね 途中まで 探したのですが 新幹線が27本で在来線が10本そしてローカル見張線が5本までは、数えたのですが どうも車両のすれ違いが多くて 正直よくわかりませんでした。 お暇なら 数えて見て下さい