仮想東北線越河駅レイアウトの白石駅構内角田街道柳町踏切の動作が おかしくなったので 調べていました。これが原因を探すのに4時間近くも掛ってしまいました。

なぜ 4時間近く掛かってしまったのか? それは、この踏切が 駅構内の踏切で 上り下りの本線以外に引込線や待機線からの入線があるので そこに配置する踏切センサー(音源センサー)が 普段の踏切に配置する踏切センサーの数に比べると倍以上も 配置してあるからなのだ。

越河レイアウト踏切センサー配置1













そこで この踏切センサーを 1個1個ずつ確認作業をしていたのですが あまりにもビュアーで確認しながらの作業が 効率が悪いので 前に新幹線を配置する前のレイアウトが 残っていたので 調べてみました。 

そうすると ローカル見張線が 駅構内の在来線の上で交差していますが ローカル見張線を 車両が通過しても 問題なく正常に 踏切動作が 動作しているみたいで ここで初めて この白石駅構内じゃないと 気が付きました。 じゃあ 後で 追加した新幹線が 原因なのか?

越河レイアウト踏切センサー配置2













そうしたら この新幹線と在来線が 交差する場所の踏切センサーが 不具合の原因だったみたいです。この在来線と新幹線との高さでは、在来線が+45个膿郡汗が+110个如‘Ю撻札鵐機爾旅發気蓮0个覆里如,泙気 +110个凌郡汗を通る車両で感知するとは?

まずは、その踏切動作が不具合の動画から紹介だ。
 


要は、最初から この新幹線の交差している部分を 疑って調べれば 4時間近くも掛らなかったのだが 踏切近くから調べてしまったのが間違いの元でした。

こういう不具合を 調べる時は、最初は、簡単に調べられる方から やるのが セオリーなんでしょうかね そこまで頭が回らないのが おいちゃんだ。 で結局 この新幹線の下の在来線にある踏切センサーを1箇所だけ撤去した 正常動作に 直りました。 

まあ これが おいちゃんだ。でも こんな事で4時間も粘るド根性が 自分でも呆れるね それが あるから 20年近くも この鉄道模型シミュレーターV3を 続けているのだがね 



不具合を 修正した動画からだ。こんな感じで 自分で作ったレイアウトでさえ こんなに苦労しているのに 人様のレイアウトで センサーや自動制御などが組まれたり ましてスクリプトなどが組まれたレイアウトを ズブの素人さんが 自分で原因を探して手直しが 出来るのか そして 遊びと捉えて時間を掛けて原因を探して手直しが 出来るのかそう考えると その時の為のガイド本があるといいんだが メーカーさんは、作るだけか トレトレも本家の会議室も 機能しているのでしょうかね

自分も含めて まず質問するにしても どう質問していいかが わからないから困るのだ。