2004年頃に紹介していたジオシティーのHPの最後の蒸気機関士の話しの再登場からだ。当時の原文のまま載せています。今現在も 生きていたら ちょうど100歳になっていた感じなんだが 当時は、記憶が曖昧でしたのでね

蒸気機関車80年史より1

昨日 紹介した蒸気機関車80年史の後ろの方にあった蒸気機関車の年代表から仙台機関区在籍の蒸気機関車を紹介する。このガリ版印刷の字だけでは,わからないので 「蒸気機関車メカニズム図鑑」グランプリ社のイラストを拝借して載せた。最初は,明治時代から大正にかけのタンク機関車とテンダー機関車を載せてみた。

最後の蒸気機関士9











蒸気機関車80年史2

こちらは昭和の初期の蒸気機関車である。なを年号と番号だけのやつは,参考イラストがなかったので 一応在籍の車輌だけ番号を紹介する。この中では,C55流線型やじいちゃんいわく運転手から一番カッコいいと言われてたC57あたりが 一押しだ。

最後の蒸気機関士10











蒸気機関車80年史3
最後は,戦時中から戦後にかけての蒸気機関車だ。まあここで誰でも知ってる事だけどCは,動輪3つでDは,動輪4つ そしてCは旅客専用でDは貨物専用なのだ。ここまでは,なんとなくわかっていたがスピードが違うとは,知らなかったのだ。要するに動輪が大きい方がスピードが出る高速タイプで動輪が小さい方がパワータイプなのだ。これじいちゃんに聞いて始めて知ったのだ。だから 仙台機関区は旅客専用だからC51,C62などがあり 貨物専用のD51,D62は隣の長町機関区の配属で分かれていたらしいのだ。 でも長町機関区でD51なども運転したとも言っていた。

最後の蒸気機関士11