特急・急行シリーズの第21弾から 東海道本線の373系ムーンライトながら6両編成からの紹介だ。この373系ムーンライトは、東海道本線の東京から岐阜の大垣までを 走っていた快速列車だったようだ。

越河レイアウト特急シリーズ22-373系ムーンライトながら1
















快速列車と言っても 特急じゃなく 各駅停車に近い急行にも近い感じだが深夜に走る夜行列車なので 快速夜行列車と呼ばれていたとも 書いて有りました。

越河レイアウト特急シリーズ22-373系ムーンライトながら2

















この夜行列車というのは、「夜間、日付をまたいで運転される列車のことである」 という事で 国鉄時代の長距離路線などには、寝台列車とは、別に何本かは、あったそうで それが いわゆる夜汽車と呼ばれたとも書いて有りました。

越河レイアウト特急シリーズ22-373系ムーンライトながら3
















東海道新幹線が開通して 段々この夜行列車が 無くなって行った中で 残されていたのが 「ムーンライトながら」で 2009年3月を 最後に定期運用は、廃止され それ以降は、臨時と団体専用で運行され「青春18きっぷ」のシーズンの時だけ臨時で運行していたみたいだ。

越河レイアウト特急シリーズ22-373系ムーンライトながら4
















この「ムーンライトながら」は、長良川の名称から付けたらしく「ムーンライト」という名称は、国鉄時代の1986年(昭和61年)に夜行高速バス東京 - 新潟線へ対抗するための運行された団体快速列車の愛称が そのまま全国のJR各社で 使用されていたみたいで こちらの当方本線でもムーンライト仙台、東京、松島などもあったと書いて有りました。

越河レイアウト特急シリーズ22-373系ムーンライトながら5
















まあ 乗り鉄じゃないので 「青春18きっぷ」というものが どういうものかも知りませんが この夜行列車のキーワードから 判断して なぜ この373系を VRM2版、VRM3版、そしてVRM5版と 繰り返し同じ車両をリメークしながら作り続けるのか? その答えは、この岐阜というのがキーワードじゃないのかと 推測だ。

越河レイアウト特急シリーズ22-373系ムーンライトながら6

















昔から ここのIMAGICさんとサポートセンターや色々関係する会社とかが岐阜に多くてね なんか色々あるのかな〜とは、想像していたのだが この373系にしろ東海道本線を中心に走っていた湘南色の電車関係などこの東海道本線に関わる車両がメチャ多いような気がして

逆に こちらの東北本線関係の701系、709系、721系が ほとんど出て来ないので 作る人と関りのある地域の車両を中心に作っているんじゃないのかと 想像は、していたのだが

373系には、おそらく だいぶお世話になったからこそ 何度もリメークしてバージョンが進化しても出て来るのでしょうか まあ そういう突っ込みを 書くのは、ここだけですが 情報が少ないので なんでも想像するのみだが でも そうやってジワジワ 調べて行くのも これまた ヒマジンの お楽しみなのです。