特急・急行シリーズの第21弾から 東海道本線の373系ワイドビュー東海6両編成からの紹介だ。373系には、他にワイドビュー伊那路とムーンライトながらが このVRM3版には、入っています。 その前のVRM2版にも入っていて更にVRM5版にも入っている車両なのだ。

越河レイアウト特急シリーズ21-373系ワイドビュー東海1
















この鉄道模型シミュレーターのJR各社や私鉄への承諾権なんだが 例えばJR東海の新幹線車両と この373系では、値段が違うんでしょうかね 

越河レイアウト特急シリーズ21-373系ワイドビュー東海2
















そして どういう支払いなのか 昔々TVアニメのキャラクタ−商品で 商品に承諾権を認証した小さなシールを貼る事で 認定したとみなし そのシールを含めて版権を購入するという話を聞いたのですが この手のゲームは、商品が 無いに等しいのでね

越河レイアウト特急シリーズ21-373系ワイドビュー東海3

















それと VRM2版で承諾権を貰えば その次からは、どうなるんでしょうかね

越河レイアウト特急シリーズ21-373系ワイドビュー東海5
















この鉄道模型シミュレーターを 始めた頃は、Tomixの方から車両に関しては、承諾権の おすそ分けで車両を作っているものと ずっと思っていました。

越河レイアウト特急シリーズ21-373系ワイドビュー東海4
















なぜ 373系は、VRM2版から 続けて制作されているのか? 

越河レイアウト特急シリーズ21-373系ワイドビュー東海6
















そういう事が不思議でね 大体この承諾権というのか許諾権っていうのか JR各社に それぞれ問合わせるんでしょうが 旧国鉄時代の機関車などは、どうなんでしょうかね なんでもEF58のEF5861などは、噂では、JR東日本が権利を持っていて 別なEF58は、JR東海とも聞いたのだが 本当は、どうなのか知らないのだが 国鉄時代の機関車でも そういう権利関係があるらしいとの事みたいだ。(間違っていたら訂正してね)

まあ いずれにしても 作る側の人が この373系が 大好きな事には、間違いないので この後も ワイドビュー伊那路とムーンライトながらを 紹介する予定だ。