特急・急行シリーズの第14弾から 157系日光型貴賓車のお召列車5両編成からの紹介だ。

越河レイアウト特急シリーズ14-157系貴賓車7
















本当は、こんな感じの157系のお召し列車編成なんですが 今回は、クロ157系貴賓車は、9両編成の3両目に配置されるのですが 今回は、クロ157系が 先頭車両になっている掟破りのお召列車編成からの動画だ。

越河レイアウト特急シリーズ14-157系貴賓車1
















とにかく このクロ157系日光型貴賓車を 見せたかったので 実際には、あり得ない先頭車両からの動画だ。

越河レイアウト特急シリーズ14-157系貴賓車2
















でも 考えてみると お召列車の貴賓車なら なぜ このような運転台が ある車両に わざわざする必要があるのか? そこら辺が よくわかりません 今までのお召列車のように 単に貴賓車という客車を牽引する157系編成の一部の車両でも 良かったような気がするのだが なんでも 簡素化した車両にして 小旅行やプライベートの移動に使う目的とも書いてありました。

越河レイアウト特急シリーズ14-157系貴賓車3
















わざわざ 貫通扉を作ってまで お召列車仕様にしたらしいのだが そんなに使う事もなく 後年には、団体列車の一部編成にも 組み込まれたともあるとも 書いてありました。

越河レイアウト特急シリーズ14-157系貴賓車4
















今は、E655系「なごみ和」が お召列車編成になっているみたいですが 普段は、貴賓車だけを外した団体専用列車として一般の人が乗れるみたいですが やっぱり昭和天皇の時代までのお召列車が 本当の意味でのお召列車じゃないのかと 昭和の人間は、思うのだが まあ時代も 平成から令和の時代に変わってますからね