特急・急行シリーズの第11弾から 251系サロンエクスプレス踊り子号8両編成からの紹介だ。2017年8月に251系スーパービュー踊り子号を走らせるで この251系サロンエクスプレスの話しを書いてましたが やっぱり251系スーパービュー踊り子号の方が 馴染みがあるように感じますね

越河レイアウト特急シリーズ11-251系サロンエクスプレス踊り子3
















251系のリニューアルする前の初期バージョンの車両で これをVRM3版で表現するには、この曲面ガラスなど 一番苦手な表現方法を使わないと描写出来なかったので あんまり接近した画像は、イマイチだ。

越河レイアウト特急シリーズ11-251系サロンエクスプレス踊り子4
















というか 未だに このVRM3版登場の初期の車両に関しては、VRM2版車両の焼き回しという疑念があるので よくわからないのだ。 まあ 台車廻りを眺めれば 機関車関係は、すぐ わかるのだが この特急電車になると
横の窓の描写で ギザギザ窓が 気になってね

越河レイアウト特急シリーズ11-251系サロンエクスプレス踊り子5
















自分も 塗り絵などをしていると この曲線部分というのが ペジェ曲線を使えば綺麗に表現出来るのだが 面倒なので ほとんど使わないのだが まあ 要は、描く時に大きく描いて縮小すれば 少しは、よく見えるのだが そこまでの技量と根気がないので いつも いい加減に塗り絵をしていますがね

越河レイアウト特急シリーズ11-251系サロンエクスプレス踊り子6
















作れもしないのに 文句言うな!と お叱りを受けそうですが だからこそ お金を払って車両を購入しているのでね そういう意識は、作り手の方が お分かりなのか 一旦 こういった素人目で見ても イマイチな車両は、 そのままでは、リメーク版としては、作らないというのが ここの鉄道模型シミュレーターの方針みたいですね

越河レイアウト特急シリーズ11-251系サロンエクスプレス踊り子2













こんな感じで VRM5版では、リメーク版が登場して すっかり 前のVRM3版は、削除されたみたいですが そうは、行きませんよ VRMの歴史ですからね それが10月23日のVRMの日と決めた以上は、 こういう過去の車両があったからこその 今のVRMですからね お隣の国と同じで しつこい性格かも知れませんね

越河レイアウト特急シリーズ11-251系サロンエクスプレス踊り子7
















それでも VRM3版とVRM5版では、車両自体の外観は、全然違うのですが 窓を 全部スモークガラスで 逃げていますが これって 中の座席などは、明かりが点くと見えるのでしょうかね

越河レイアウト特急シリーズ11-251系サロンエクスプレス踊り子8
















そこら辺の 細かい描写が これから益々この鉄道模型シミュレーターには、求められるので いつまでも
Nゲージの仮想鉄道模型という逃げは、許されません そう天賞堂やムサシノモデルのような高価な鉄道模型の 仮想鉄道模型として位置づけして来ているのでね

越河レイアウト特急シリーズ11-251系サロンエクスプレス踊り子1
















で なければ 何十万という お金を投資して この鉄道模型シミュレーターを 愛好しているユーザーに対して自作車両以上のプロの車両を 作って貰わないと お金は、取れませんのでね そこが 前から気になっていて 
自分で ハードルを上げて どうするのか? 益々新しい車両が 出て来なくなるんじゃないのかと

今回のVRM5版の鉄道模型シミュレーターNXアンロックバージョンが その答えなのか よくわかりませんが この映画の3DCG関係の世界やゲームの世界を眺めていると より実車に近いリアルを求めるのか それともアニメションに近い3DCGの車両として進化して行くのか 過渡期なんでしょうかね

越河レイアウト特急シリーズ11-251系サロンエクスプレス踊り子1
















まあ そういう流れの中で なんでも新車じゃなきゃ駄目という人と 使えれば中古車でも十分という自動車の様に このゲームの世界にも なんでも新製品じゃなくても 我慢して古い製品でも使えれば それでいいやという階層が 現れて来ないかな〜と 少しは、期待しているのですがね

おいちゃんの なまず君も来年で16年に入るみたいでね まだまだ十分 調子が良くて 税金は、高いけど 車検を来年受けて そのまま延長して使う予定だ。なぜ この鉄道模型シミュレーターゲームだけは、そう行かないのか それが 鉄道模型の上級思考と似ている部分かも知れないと分析しています。

因みに なまず君を 購入した金額は、鉄道模型シミュレーターNXアンロックバージョンとVRM5版を 全部揃えた金額と ほぼ同じくらいでしたが 初めての3ナンバーだったのでね それまでは、軽自動車だったからね 一旦 上の物に手を出してしまうと 下は、見られないからね わかるね その気持ち でも 間違っても 新車じゃ
500万以上近くもしてしまう最上級車が 格安で手に入れば 少し気持ちが動いてしまうんだね 

死ぬまでに 一回は、自分で 3ナンバーを運転してみたいという まあ これで 岡山や青森など あっちこっち行っているのでね クルーズコントロールで 高速を楽ちん運転だ。この鉄道模型シミュレーターでも 夢を見て見たいもんだね