「鉄道フェスタ2019 in Zホール」を開催している岩手鉄道模型仲間の会は、1996年に岩手県の水沢市(今の奥州市)で 誕生した鉄道模型サークルで 23年近く活動をしているクラブのようです。自分は、初めて この鉄道フェスタを 見たのが2006年ですから 13年も昔が最初で これ程の規模の鉄道模型運転会を 見たのも初めてでした。 その前に 何回か地元の 鉄道模型運転会(Nゲージ)を 隣のおっちゃんと一緒に見に行った事は、ありましたが 鉄道博物館などのジオラマを除いては、こちらの地元で無料で見られる運転会は、ここしか知りません

関東圏とかは、有料の鉄道模型イベントが あっちこっちであるみたいですが 未だに そういうイベントを見た事がないので 規模の大きさに関しては、どうなんでしょうかね いくらYouTube動画で 飽きるくらい見ていますが 現物を眺められるのは、そうザラには、ないからね〜 でも よく頑張っていると思いますね そういう結束が強いんでしょうか なんか鉄道模型雑誌などを 眺めていると 上部団体が 有料イベントなどは、仕切っているそうで お互いテリトリーがあるような記事を どこかで 見た覚えがありますね

さて余談は、いいとして Nゲージ特大レイアウトからの紹介からだ。

鉄道模型運転会2019Nゲージ24












昨日紹介した 松園駅の留置線から角のコーナーモジュール付近の画像からだ。 画像の下の方が消えてしまっていますが ここの部分に本線部分の3線が配置されています。

鉄道模型運転会2019Nゲージ25












この角コーナーの鮮やかな紅葉の山並み景色が 今までになかった景色なので紹介だ。 昔は、山があったり畑の雰囲気だったりと 大人しい感じでしたが トンネルで 本線を隠して 別世界を表現だ。

鉄道模型運転会2019Nゲージ26












手前のトンネル部分と 後ろのトンネル部分の空間が わざと 空けたのか 興味を惹きますね

鉄道模型運転会2019Nゲージ27












留置線とか タンクなどの配置が 参考になりそうです。

鉄道模型運転会2019Nゲージ28












Nゲージ特大レイアウトの雪景色部分からだ。 この在来線3本と新幹線の複線の組合せこそが 王道の鉄道模型運転会の線路配置かも知れませんね これは、自分も かなり 真似していますが この在来線3線という考えは、通勤電車などの複線と貨物専用の単線と考えるのか それとも 別な私鉄的な路線として考えるのか
 そういう自分なりにレイアウトの方向性を考えるのも 楽しいのだが そういう 話題が このVRM界隈じゃほとんどないからね そういう意味じゃ ジャンル関係なしに レイアウトの話で 盛り上がりたいのだがね

鉄道模型運転会2019Nゲージ29












この いかにも東北本線のローカルな感じの木造跨線橋がある長いホーム駅が大好きなんだね しかも直線ストレートというのが いいいんだね これ2006年当時は、

鉄道模型運転会2019Nゲージ33
















こんな感じで EH500金太郎が 牽引するコンテナ長編成が駅をゆっくり通過する姿が カッコよくてね それが 今 VRM3版で 作っている東北本線越河駅レイアウトの原点みたいなもんだ。

鉄道模型運転会2019Nゲージ30












2014年の時には、雪景色のレイアウトになっていましたが もっと雪が多かったようにも見えましたね しかし 13年も前と5年前のレイアウトで 今のレイアウトを 比べるなんて ここしか しないかも知れませんね その割には、誰も ここを覗いてくれないから 益々好き勝手書いてしまうんだね これが ブログの恐ろしさです。

鉄道模型運転会2019Nゲージ31












こんな感じで 新幹線と 国道みたいな道路と在来線が並んだ レイアウトシーンから初心者は、作ると 鉄道模型じゃなかった この鉄道模型シミュレーターも 簡単でしかも 列車の並走、追い抜き、そして 対向が見られるので まずは、ここからの制作を お勧めだ。 とくに VRM5版だと これに閉塞信号機を配置して 簡単な交換が出来る駅を配置して自動運転などが 出来るようにすれば 面白いような気がするね

鉄道模型運転会2019Nゲージ32












そう考えると せっかく20mx20mのレイアウトが作れると 紹介しているのだから 基本の 貨物編成20両編成が 走行出来る 途中に交換駅が 2箇所くらいあり 複線区間で閉塞信号機や場内信号機や出発信号機そして 出来れば 踏切も 1箇所くらい配置した 4mx15mくらいの 線路と駅とホームそして信号機だけを配置した 「はじめてのVRM5版自動信号機レイアウト」なる 基本ベースレイアウトを 本来 メーカーさんは、販売しても いいくらいなんだが そういう頭が回らないのか

それとも 大人の事情で VRMonLineとVRMCLOUDとVRM5版の販売が絡んで出来ないのかは、知りませんが なんでも ユーザー側に任せるのもいいのだが みんながみんなフルで揃えている人ばかりじゃないのだから せめて 最初の基本セットくらいは、開けば 走らせられるくらいの鉄道模型シミュレーターV5があっても よかんべと おいちゃんは、考えるのだが 誰も考えないか 自作車両でも 部品でも 作れないからこそ お金を出しても欲しいと思うユーザーも居ると思うのだが この販売方式だけは、納豆じゃなかった納得が行かないのでね 

鉄道フェスタ2019 in ZホールのNゲージモジュールレイアウトA部分からの動画から



同じ会場のNゲージ特大レイアウトの 隣の場所に設置してあるNゲージモジュールレイアウトのA部分からの動画でした。 次も NゲージモジュールレイアウトのC部分からの動画から



同じモジュールレイアウトでも 色々大きさが違うモジュールレイアウトが 組み合わされています。このモジュールレイアウトに関しては、一時期 ここのVRM界隈でも コンビビネットとして紹介されましたが スクリプトや部品の所有などの問題が絡むと組み合わあせ自体が 難しくなる傾向が出てしまうので そういうのが ない線路だけのコンビビネットだけじゃコンビビネットにならないか 難しいね