夜汽車シリーズの第13弾から EF65-500牽引あさかぜ20系寝台12両編成からだ。

越河レイアウト夜汽車シリーズ13-EF65-500あさかぜ1
















VRM2版のEF65-500特急色あさかぜと 20系寝台客車からだ。当時の車両を よく眺めていると 忙しかったのか他からの使い回しじゃないが 部品等などを 流用した感じが 見られて 20系寝台さくらのカニに至っては、重複した車体のままで 登場していました。 忙しかったんでしょうかね

越河レイアウト夜汽車シリーズ13-EF65-500あさかぜ2
















このEF65-500特急色も 屋根の上の色が なぜか 少し違う色目で なんでだろうかと 思ってしまいます。

越河レイアウト夜汽車シリーズ13-EF65-500あさかぜ7















なんせ 同じEF65の1000番台貫通扉の貨物牽引機は、本来VRM3版なので ちゃんと両輪が見える筈なんですが このEF65-500の台車を そのまま流用していたので 片輪走行なんですね なんでも出始めの頃の車両は、こういう不具合の車両が多いのでね

越河レイアウト夜汽車シリーズ13-EF65-500あさかぜ3
















指摘すれば 修正も したかも知れませんが なんせ こっちは、素人なので そういうもんだとばかり思っていました。まあ なんでも そんなもんだ。

越河レイアウト夜汽車シリーズ13-EF65-500あさかぜ4
















屋根の色が違うなんて気が付いたのは、今回が初めてだから 20年ぶりに気が付いたという訳だ。

越河レイアウト夜汽車シリーズ13-EF65-500あさかぜ5
















そりゃ20年経過して 文句を言われてしまったら そりゃメーカーさんも困るか というか この20年前の作者さんは、どうしているんでしょうかね

越河レイアウト夜汽車シリーズ13-EF65-500あさかぜ6
















この鉄道模型シミュレーターの車両を 何万回とレイアウターを開いて ビュアーで車両を眺めていますが 本当に どういう人が 当時どうやって作っていたのか 今は、3DCGの知識がある人は、どんどん自作車両を ここのVRM5でもRailSimでもMMD鉄道でも 見掛けますが どこが どう作りに違いがあり そして どういう車輛が理想的な プロが作った車両なのかが 素人には、よくわからないのだ。

そこら辺が 作れる人と そうでない外野から見ている人の車両に対する見え方なのでしょうかね