又 鉄道博物館の1/20模型からの続きからだ。

鉄博69−1800形蒸気機関車?













ここからは、少し古い蒸気機関車などの模型から紹介だ。1800型蒸気機関車?から 1/15模型?

鉄博70−ロケット号蒸気機関車













ロケット号蒸気機関車 1/10模型 ここらは、昔の交通博物館の 模型なんでしょうか

鉄博71−初代?蒸気機関車













プレッキンリップ号?蒸気機関車 これが ロケット号よりも先なのかどうかは、わかりません 1/10模型

鉄博72−弁慶号蒸気機関車













弁慶号7100型蒸気機関車から この弁慶号が 一番最初に 子供の頃に覚えた蒸気機関車で 1964年の米国のTVドラマで ペチコート作戦?とかいうコメディーに 蒸気機関車が走る19世紀の田舎町の駅前のホテル(米国では、モーテル)で 繰り広げられた 喜劇で 日本のような がっちり 駅とか線路が 街の中では、寸断されている感じじゃない所が なんか 子供ながらに いいなあ〜と 感じてね

こちらの みちのく東北に来ると ローカル線で 無人駅に降りると わかるのだが 昔は、鉄道は、自動車よりも先に発達していたのだが その割に 街や村などに 受け入れられなかった場所に停留場が作られていたかそこら辺が この米国のコメディーで出て来る風景と 比べてしまってね 

おっと 又余計な話になってしまいました。

鉄博73−5000形蒸気機関車













5000型蒸気機関車 1/15模型?

鉄博74−150形蒸気機関車













150型蒸気機関車 1/15模型? この150型蒸気機関車は、1872年(明治5年)に 初めて使われた1号機関車で 英国製らしいです。前に 紹介した 弁慶号は、米国製で 他に独製も 輸入されていたそうです。 

ここの鉄道博物館には、そういった昔の交通博物館みたいな展示や説明は、少ない感じがしましたね

鉄博75−ロコモーション号蒸気機関車













そして 最後が ロコモーション号からだ。 なんでも 鉄道の発祥地は、英国の 1829年リバプール〜マンチェスター間にリバプール・マンチェスター鉄道が建設されたのが 始まりみたいで その時に 前に紹介したロケット号が このロコモーション号の改良版として登場して スピード競争に勝って 採用されたみたいですね

当時 このジョージ・スティブンソンが 蒸気機関車の発明家として 有名ですが その前に 1804年に英国人のR・トレビックで作られた大きなハズミ車がある蒸気機関車が 初めて レールの上を 歩く程度の速度で動いていたのが 一番最初とも書いてありました。

でも このロコモーション号のイメージが強いのか これが 一番最初だと 思ってしまいますね 日本の鉄道は、結局 英国、米国、ドイツの技術を 受け入れ それぞれ ごちゃまぜになって 基本の 狭軌1067个籠始の車の左側通行で 車の右ハンドルは、英国式でと でも 日本の電気は、周波数の50hzと60hzのように 電気を作る発電機は、アメリカ製60hzで ドイツ製が50hzに 新潟県の糸魚川(いといがわ)と、静岡県の富士川(ふじがわ)を結ぶ線を境にして 別れるみたいで 本当に なんで こんな 面倒な事に なっているのかね

まあ これも全て神代の昔から 変わらない 経済関係なのでね 又 脱線だ。

鉄博76−16番ゲージ保留地分から1













模型の展示コーナーから 打って変わって ジオラマレイアウトで 走っているHoゲージ16番の車両が 飾ってある場所からの写真からだ。

鉄博77−16番ゲージ保留地分から2













16番ゲージの保留地とでも いう場所なんで しょうかね

鉄博78−16番ゲージ保留地分から3













珍しい車両もあるようで TomixやKATOのHoゲージじゃみない 車両ばっかりです。

鉄博79−16番ゲージ保留地分から4












とある雑誌には、私鉄も含めて 1400両近くの車両があるそうで これらの車両が どこで作られているのか? そこら辺は、わかりませんが なんか ちらっと 昔は、カツミで 作っていると聞きましたが この前に紹介した
貨物レイアウトでは、Tomixの関係者が なんか 配置などを 修正していたように見えた画像を見ましたが

Tomixも Hoゲージ作っていますからね

鉄博80−16番ゲージ保留地分から5












こんな 東北新幹線の 試作新幹線も Hoゲージとして 展示してありました。

鉄博81−16番ゲージ保留地分から6












こういう 鉄道博物館でも そうなんですが いわゆる学芸員みたいな人が 全て このHoゲージの車両の選定も 決めているんでしょうかね どういう基準なんでしょうかね

まあ そこら辺は、 ここの鉄道模型シミュレーターも同じですが そこら辺が 作る側、売る側、見せる側の役得というものでね これだけは、 どうしようもないのでね そんなに気になるなら アンタも 入って作れば というのが 世界共通の 合言葉なので 今日は、ここまでだ。

そう言えば 肝心の HOゲージの線路は、どこのメーカーだったのを 調べるのを 忘れて来ました。 まあ 鉄道模型を やらない おいちゃんとしては、どこも同じなんだが 隣のおっちゃんが Nゲージの線路などで よく 鉄道模型運転会に行くと どこのメーカーの線路を使っているのか? 聞いていたので 気になったのでね

追伸

なんでも ここの鉄博の鉄道模型ジオラマレイアウトは、2014年のコンペで 天賞堂が 選ばれ それ以来 製作、そして メンテナンスも 行われていると 書籍には、書いてありました。