リバーシブル貨物編成レイアウトを使って 電車シリーズ119からです。VRM3版追加キットモハ1形箱根登山鉄道車両から ほとんど走らせた事がない車両です。 今回は、4両編成で お披露目だ。

119 モハ1形箱根登山鉄道













今から 15年近く前に 購入したVRM3版追加キット車両なんですが これよく考えると なんで 購入したのか? 今考えると おそらく 他のバージョンと一緒に 購入して プレミアチケットが貰える枚数調整の為に 当時1300円と 一番安かったので 購入した記憶があるんだね 実際この箱根登山鉄道という限られた鉄道でしか使えそうにないので これに似合ったレイアウトを 作らなきゃ本来の意味がないんだね

そんな時に 現れたのが あのjunichi氏の VRM4版だったと思うのだが 箱根登山鉄道のスイッチバックというYouTube動画だ。



この動画も UPされてから 12年近く経過してますが これこそVRM4版動画のベスト3に入る動画でしたね これを 真似して VRM3版で 作ろうと思ったのですが やっぱり信号機の閉塞区間の信号現示が 変わらないと このスイッチバックの醍醐味が 伝わらないのでね 

ついでに VRM4版動画のNO1は、この「ありえないダイヤ」でしょうかね 今現在でも82万近くの再生回数で 鉄道模型シミュレーターの中では、バージョンを超えて断トツのNO1動画だと思いますね この駅構内の渡りが いいんですよ こういう動画を 本当は、作って お披露目したいのですが 残念だね



動画の編集作業というのが 苦手なのと 今更 動画編集ソフトを購入してまで やる気にもならないのでね 要は、怠け者で 向上心がない癖に ライバル心だけは、人一番 強いという この性格は、直りませんね

このjunichi氏の2本の動画を 見てから いつもの 電車シリーズの動画じゃお見せするのも恥ずかしいのだが 一応 この企画は、新VRM3★にある 車両編成を全部見せちゃえ! が コンセプトなのでね 見ようが見まいが 一応全部紹介するので お付き合いのほど よろしくだ。



とにかく 古い枯れたソフトの車両かもしれませんが 今の車両とか 他の車両と 見比べて 今現在の 自分が やっている車輛とか 作っている車輛と 比べてどうなのか 鉄道模型と比べて 値段的に どうなのか  そういう指標になればと 考えては、いるんですがね 実際 今度のVRM-NXにしても 本当の所 今のVRM5に比べて 中身的に 次世代だから 優れているのは、確かだと 思うのだが じゃあ いくらで販売するのか?

そこが一番イエローベストとしては、気になるのだがね おっと イエローベストは、今は、着ていないのをつい忘れる所でしたね 100−7の連続計算が 段々出来なくなって来る自分を感じて やばいと感じている今日この頃だ。