せっかく E231系4種類が 全部揃ったので 揃った画像から紹介だ。

E231系4種類揃い踏み1












左側斜め35°に近い角度の E231系揃い踏みの画像からだ。

E231系4種類揃い踏み2











真正面からのE231系揃い踏みの画像からだ。

E231系4種類揃い踏み3










右側斜め30°に近い角度の E231系揃い踏みの画像からだ。

E231系4種類揃い踏み4















左側斜めUPのE231系揃い踏みの画像からだ。

E231系4種類揃い踏み5














右側斜めUPのE231系揃い踏みの画像からだ。

E231系4種類揃い踏み6












正面斜め上からのE231系揃い踏みの画像からだ。

E231系4種類揃い踏み7














左側斜め上からのE231系揃い踏みの画像からだ。

E231系4種類揃い踏み8













右側斜め上からのE231系揃い踏みの画像からだ。

どうですか これを VRM5版車両と 比べてどうなのか? いや他の鉄道シミュレーターの車両と比べてどうなのか? 確かに 線は、イマイチ弱いのだが Nゲージ鉄道模型の仮想鉄道模型だと思えば 十分なんだね

室内まで表示するようになるには、車内の吊革部分も表示しないと 本物とは、言えないのじゃないのかと 確かN ゲージのマイクロエースの103系には、吊革が ぶら下がっていたみたいですがね 

まあ お金を払って購入するとなると そこまで 求めてしまうのが コレクター心理なんでしょうかね