前に RM MODELS 2018年6月号(274号)を よっぽど購入しようか迷ったのだが もう少し中身が欲しかったので我慢した経緯があったのだが それから もう103系が 気になって 色々調べていたら なんと 鉄道雑誌の鉄道ビクトリアという2018年1月号に103系電車の特集記事が 載っていたと 後から知りました。

この鉄道ビクトリアという鉄道雑誌は、中々新刊を売っている本屋さんでも あんまり見掛ないのと 常連で行っているBooKOffの店でも ほとんど見掛けない鉄道雑誌なんだね 他の鉄道ファンとか鉄道ジャーナルそして鉄道ダイヤ情報などは、どこの店にも並んでいるのですが 中々古本としては、出て来ないネットでも ヤフーのオークションでも100円からスタートしても570円近くの値段で 落札していたり ネット販売の取り扱いだと 新刊の特別定価1180円の商品が なんと1480円近くと 高値で取引されていてね ビックリしていました。

そんな鉄道ビクトリア2018年1月号No941号を たまたま行ったBookOffで見掛けてね それが一週間前で さて どうしようか迷ったのだが 今日11日からセールがあると チラシを貰ったので なんとか売れないで 残って居てくれと願いながら さっそく 午前中に 行って来ました。 で なんとかゲットしました。 今までで一番高い610円近い値段でしたが 他の雑誌なら絶対買わない値段でしたが 今日は、セールだったので 480円近くで購入しましたが 今日は、これで 大満足なのでね これから じっくり 中身を 読む予定だ。
Raill-MagazieH30-8-11


















今日は、他にも RM-MODELSやRailMagazineとか このセール期間中に購入する本を 一緒に購入だ。もちろん 最低価格で購入するのが鉄則なのですが それでも 他の少し高い号数も気には、なったのですが ここは、我慢比べでね 今回は、見送りだ。ひたすら 値下がりするまで待つのだ。

それにしても ここのBookOffほど 付いている値段が その店で全然違うのでね 値段を付ける担当者次第というのが 手に取ってわかりますね だから 自分で売れそうだと思ったら 定価の30%OFFから値段を付けている本もあるのでね なんで?と 思っても しょうがないんだね だから こちらも 根競べなのだ。

しかし こういう鉄道関係の雑誌を眺めていると 最新の車両の情報や鉄道情報でなければ 十分 古い本の情報で 間に合うんだね とくに 古い車両に関しては、古い本の方が 情報が多いのでね 蒸気機関車関係とか国鉄時代の車両は、 古くても 全然 問題ないからね とくに 自分のように あくまでも参考資料として 集めているのでね 

それにしても 鉄道雑誌でも 特長が色々あるみたいだね なんか 車両に関しては、この鉄道ビクトリアルが 一番中身が濃いかもね だからといって 店長が 売れそうだと思って高値の値札を付けて来て 半年、1年が経過すると それこそ 最低価格に近い値段になっているのだが そこが 店の回転率を 考えて 最初から ある程度 半値以下で 値札を付ける店と そうでない店があるのでね なんでも 商売は、駆け引きというか 博打と似ているのでね おいちゃんは、回転率で 考える方なのだが 最近の こういうリサイクルショップも ネットを見ながら 値札を付けているからね 鉄道模型などには、この手のBookOff関連の商品が 多いみたいですね

なんでも 需要と供給のバランスですか おいちゃんは、残り物専門みたいですね 鉄道模型シミュレーターも 残り物は、出ないのでしょうかね そういう専門の場所どこかないかね