今度は、小さめのタンク車から紹介だ。 タム5000とか8000と呼ばれるタンク車やタキ11000などのタンク車を紹介だ。

VRM仮想タンク車小A
















まずは、小さめのタンク車のタムからだ。

VRM仮想タンク車15小VRM仮想タンク車16小






東北東ソー(株)のタム5000と味の素タム5000を通称味タムというらしい

VRM仮想タンク車22小VRM仮想タンク車23小






右側の日本バーオキサイト(株)の車輛は、 例のシルバー車体で作ってみました。

VRM仮想タンク車17小VRM仮想タンク車18小






日本陸運産業のタキ5450から 2種類

VRM仮想タンク車19小VRM仮想タンク車20小






関西化成と旭化成の 2種類からだ。

VRM仮想タンク車21小






そしてソーダニッカとか言う 会社のタキ5450だ。 

昔 こんな事を書いていましたね

「このタキ5450なのだが 鉄道模型じゃ人気が あるみたいだね TOMIX製は、廃番になってるみたいですが 他のメーカーの商品は、色々あるみたいです。 なんで 今頃 IMAGICさんも 作る気になったんでしょうかね あのVRM3版輸出バージョンには、この黄色いタンク車が あったのですがね あれ欲しくて欲しくてね 堪らなかったのよ だから 尚更 今頃 作りやがってコノヤローと 思ったので 急遽 突貫で作ってみました。」

と 書いていたら VRM5版では、出て来たのでね

VRM仮想タンク車24小VRM仮想タンク車25小






最後は、タキ11000というタンク車からだ。 このタキ1100は、宇部興産セメントサービスの 薄い若草色の車輛しか 見つけられなかったのだが それじゃ 新VRM3★じゃ つまらないのでね こんなホキ22000のようなクリーム色の車体も作ってみました。

なんでも 石灰の微粒体状のものが 炭酸カルシウムとか 言って それを 専門に運ぶのが このタキ1100らしいのです。 そして それを 火力発電所に運んで 発電所の石炭と混ぜて 使うらしいのです。 そして その時 使用した後に出る 石炭の微粒体状のものが フラッシュアイとか 言う物らしいのだ。 で 空車の車輛に このフラッシュアイを入れて また どこかに運ぶらしいのです。

昔は、白かシルバー車体だったとの記事を 見つけたので これまた シルバーの車体も 作ってみました。

VRM仮想タンク車26小






とまあ こんな感じで 塗り絵で遊んでいましたが メーカーさんも 作る気になれば いくらでも 作れそうなんですがね  そういえば USO800さんが こういう感じの貨物車を 作っていましたね



どうですか こんな貨物車が 作れるんだから 羨ましいね 踏切もオーバーハングになっているしね 来年は、ぜひ このVRM5動画を 見せて貰いたいと お願いして よいお年を さて これから 紅白でも見るか