PLAN-M4のレイアウトを VRM3版で 試してみる企画の続きからだ。

前回VRM3版のTomix版部品の線路や建物、ホームそして架線柱を配置してみた画像を 紹介しましたが そのTomix版部品の線路や建物を すっかり取り外して 一からIMAGIC版の線路を配置して 新しいレイアウトを 作っています。 それが 右側の画像だ。

TomixPLAN-M4動画タイトル用3TomixPLAN-M4動画タイトル用7







どうしても このB1サイズ728x1030を 2組合わせた寸法の728x2060僂 自分の6帖の部屋に仮に作った場合には、丁度いいんだけど なぜか このサイズが その後のレイアウトプランからは、外れているみたいなんだね 又 隣のおっちゃんから 今度は、LAYOUT SUPPOUT BOOK7307という 2005年発売のレイアウト集を 借りて来ました。 今から12年前で 前の7302から25年近く経過しているんですね

この7307 は、その後の7309は、色々ネットに出ていますが この7307に関しては、さっぱり出て来ないんだね たぶん そんなに 中身的には、変わっていないような気もするのだが どうしても気になるのが このB1サイズ728x1030が 消えて 600x900サイズや600x1800などが 主流になって 分割式のコンビネーションボードが出て来たりと こんなレイアウトでも 流行があるみたいですね

おそらく この37年近くの間に Tomixの線路も種類が増えて B1サイズの728个法々瓦蕕覆ても 600丱汽ぅ困任癲\路が 配置出来るカーブレールC-243が 出来たりと コンパクトが主流になって来たので 無理して728个帽腓錣擦C-280を 使わなくてもよくなった。 と 推測しているのだが

でも そうすると この狭い幅の中に複線区間は、作れないのでね 鉄道模型シミュレーターのVRM3版だと 一番小さいカーブだとR-257个覆里如,海600x900サイズだと 少しはみ出してしまって このディスクトップ形は、自分は、あまり好まないのだが そういう流れの時代なので しょうがないか

それでも なんとかIMAGIC版で 無理やり複線にして 更に 欲を出して3線区間に変更だ。 但し 線路だけの配置なら なんとか 3線は、配置出来るのだが これに 築堤部品を これから配置するとなると この728x2060僂ら 少しはみ出すかも知れませんが 

まあ 元々 VRM3版のサイズの線路は、Nゲージには、ないからね 多めに見てね