BVEやTrainzやRaillSimやTrain SimulatorそしてA列車で行こうしか知らなかった おいちゃんが ネット漁りを していたら こんな 江島屋本舗 MMD鉄道ダイヤ情報というサイトを 見つけました。

おお まさに鉄道模型シミュレーターと 似た感じの部品があるじゃないですか それで 過去の情報も調べて見たら 2014年1月号から 載っていましたが 自作車両の公開が ニコニコ静画という場所に これでもかと 沢山載っているでは、ありませんか 

気になって 他のニコニコ静画の中の鉄道イラストを 見ていたら こんなBLUE TRAINというイラストも発見だ。トレスじゃありませんと コメントする所が 現代社会なんでしょうかね

ところで このMMDというのが なんなのか? 調べてみたら MikuMikuDanceあるいは、MMD(エムエムディー)とも呼ばれるソフトウェアで樋口優氏作成でサイトVPVP公開されている3DCG動画作成ツールです。ということだ。 誰 この樋口優氏とは、また調べたら これまた凄い人でね なんでも2008年の記事で 「神ツール」「本当に無料でいいの?」「振り込めない詐欺(笑)」――「初音ミク」の3Dモデルを自由に踊らせることができるソフト「MikuMikuDance」がネットユーザーを驚かせている。と 当時の記事で 大絶賛されていたんですね

そんな事など まったく興味がなかったのでね 知りませんでしたが 無料で公開されれば それを使って 鉄道模型シミュレーターのような3D自作車両とか部品が 公開されて行くのは、趣味で 公開して広めようと 考える人が現れるんだね そういうもんだね 片方が 無料奉仕で 作って公開して それを使って お金を取るなんて事は、中々難しいからね

でも これって 考えようでは、この 鉄道模型シミュレーターでも 自作車両に関しては、もっと ユーザーが 個々に作って公開すれば その内 メーカーは、太刀打ち出来ない可能性もあるような気がするね

例えば あの赤いEF510レッドサンダーだって 本来メーカーとしては、EF510として カシオペアと北斗星の牽引機として 追加発売しているんだから 作って作れない事は、ないのだが 多分 作らないでしょうね

なんか 素人から見ていると プロとアマチュアとの境界線というのが 益々わからなくてね とくに このパソコンの中の世界に限っては、先程 書いた鉄道イラストの話で トレスじゃありませんと 断っていましたが 今から40年以上も前の イラストなどなら 写真をそのままトレスしてイラストを描いたら そりゃプロじゃないのだが 今時 一から下書きスケッチから 描き起こすなんて そんな時間の掛かる事を やるんでしょうかね

今流行りの 「君の名は、」の新海誠監督のアニメにしたって 写真からのトレースと 聞きましたが その写真が 自分で取材して撮って来た写真ならOKが 今の時代なんでしょうかね 

昔は、なんでもかんでも 白黒コピー機自体一般家庭には、なかったのでね 雑誌とか本などを 見ながら そこから 絵やイラストを 真似ながら描いていて 直接トレスするなんて 自分の下書き以外なかったと聞いているのだがね

そうなんだよな〜 どこからが 完全な自作なのか 完全な手作りなのか 昔 手作りハムとか 手作りという言葉がもてはやされた頃 1箇所でも 人の手で作業を行った所などがあれば 手作りだと 大手メーカーは、そういう触れ込みで 手作り商品を作っていましたね〜

大体 こんな効率の悪い事で 品質の揃った商品が多数出来る訳がないんだがね なんでも 疑って掛かるおいちゃんから見れば 嘘こくでね〜 ちゃんと レシピも 見せてけれと いいたいのだが 門外秘伝のなんとかと言われれば まあ 好きにしておくなはれ〜ですかね

8年前ですか 初音ミクのソフトが無料公開されたのは、 鉄道模型シミュレーターV3も VRM5の まきエサとして 無料公開しないかしらね そうすると 俄然 やる気が 起きるのだが そんな訳ね〜か

わかんね〜んだよな〜 ここのIMAGICさんが 本当に このVRM5で 商売として やって行く気があるのかどうか でも 売れてるみたいなので なにもしない ただ それだけなんだろうかね

樋口優氏のような 太っ腹な人が 鉄道模型シミュレーターのようなゲームを 最初に開発していたら また 違っていた。 と 今更の 昔話じゃ 猫もあくびするので 今日は、これまでだ。

追伸

でも このMMD鉄道も おいちゃんから見れば VRM5と似たり寄ったりでね 結局 話の中身が専門的で あんな専門用語を並べられても 専門学生ならともかく アホなおっさんには、無理みたいだね

結局 今やっているVRM3版しか どうも相性が合う鉄道シミュレーターは、ないのかも知れませんね