VRM版103系を 考えて見ると 少し自作車両に自信のある方は、意外と 簡単に作れるんじゃないのかと 素人考えが 浮かんで来るのだがね

そこでだ メーカーさんが このVRMに対してどういうポリシーというかコンセプト 要するに ユーザーの車両に対しての反応に どう対処して どう考えているのかを 考えた場合 かなり リアル車両や精密車両に 拘っているみたいでね おいちゃんが 考えているような邪道な お遊び仮想鉄道模型車両みたいなものは、全然考えていないみたいですね

そうするとだ リアル車両を とことん 突っ込んで行くと どうしても この日進月歩で 進んで行く 3DCGの世界で 果たして どこまで 自作車両の ユーザー諸氏との 格差を どう表現していくのか 前から気になっていてね 逆に言うと 自作車両を作っている諸氏の方々のレベルは、どの程度なのかとね

で 先日は、地元の その手の専門学校の卒業展などを 覗いて来ましたが はっきり言って レベルが これまた わからない 3DCGやゲームやアニメーターそして 2Dのグラフィックなどを 見て来たのだが 確かに 綺麗で丁寧で 美しいのだが なんか 一番の面白さを 感じなかった。

それは、昔の手書きのイラストやレタリングを見て来た者からすると どうしても アナログ感覚で見てしまってね 聞けば ホームページなどを 作ったウェーブデザインの作品は、指定された学校のソフトで しか作れないらしくて 大体パターンが 決まっていて それに対しての素材や ロゴや 写真の配置を 自分で決めるとのことらしいのだ。 要は、 いかに このソフトを 使いこなせるかが 早く綺麗に上手く作れるか

なんか 東京オリンピックのエンブレムも パソコンで作ったものとかとも聞いたのだが まあ そういう時代なんだろうかね ところで もうあの東京オリンピックのエンブレムは、決まったのかね 国立競技場も せっかく予算を 減らして作り始めようとしたらなんでも 客席の椅子を木製に ぜひして貰いたいとか馬鹿言っている議員も居るらしいのだが 何の為に わざわざ 新しい競技場を決めたのか? 本当に おいちゃんよりアホが居るみたいだね まずは、 予算の中で なんでも 始めるのが 遊びでも決まりごとなんだがね

と関係ない話が 長すぎるのが 悪い癖だね  そういう点じゃ VRM3を 舐めんなよ!が 合言葉の おいちゃんが 考える VRM版車両は、そう あの白い豆腐車両ですね

103系VRM2-28103系VRM2-27







VRM2版103系車両を いつもの 塗り絵遊びで 真っ白にしてみました。 ここから 色々パターンを増やして行くというのが おいちゃんの考えでね なんでもかんでも 自作車両を 優先するくらいなら こういうユーザーが好きな色や 色のパターンが 変えられるようなアイテムを増やして貰った方が 自作車両など 作る気がないものからすると 大助かりなんだがね それじゃ メーカーは、益々売れないか

1103系VRM2-191103系VRM2-20







ちょちょいのちょい ものの10分も掛からずに 色を変えられるアイテムを入れたら そりゃ楽しいでしょうね そういうユーザーの素朴な意見を 取り入れないからね こんなもんは、ほとんどの自動車関係のゲームの当たり前のアイテムなんだがね 頑固ですからね リアル派が 実権を 握っているんでしょうかね その割には、突然こいのぼりとか 訳のわからない趣味の領域のアイテムが 出てくるから不思議なんだがね 誰も そう思わないから 相性が合わないね

103系VRM2-21103系VRM2-22







岡山マスカット色の103系も ラインは、そのままで 色を変えると こんな感じになるんだね 

103系VRM2-23103系VRM2-24







VRM5版にあった 常磐線エメラルド色 くやしから VRM2版で 作ってやりました。

103系VRM2-25103系VRM2-26







なんでも できちゃうんだけどね こんな感じで 車両の種類を増やせる仮想鉄道模型これでいいんじゃないのかね こっちは、遊びの延長だと思っているんですが それにしても もう3月ですよ 音沙汰なしですな〜

103系VRM2-29103系VRM2-30







最後に 当新VRM3★のマスコット ゴスラが 吠えています。

廃版ゲームを舐めんなよ!

まだまだ使えるからね 携帯ゲーム全盛の時代に ディスクトップ画面と にらめっこしながら このVRMで レイアウトを作っているユーザーこそが 本来のユーザー代表だと 思っているんだがね

携帯で このVRMを 見て遊ぶのもいいんですがね 自分でレイアウト作らなきゃ面白くない わかっているんでしょうかね ディスクトップ派は、 気持ちが半端じゃないからね 本当のオタク族だね