VRM版103系を見てみるという企画だ。 要は、ネタがないのだが 色々並べて比べてみようというお話だ。

103系ウグイス色VRM5-2103系ウグイス色VRM5-1







ここで紹介する103系は、VRMonLineからの車両カタログなんですが 低運転席と高運転席の 2種類が 用意されていますね おそらく3両が入ってるセットで 1540ptだと思うので 1両当たりだと 513ptになるんでしょうかね 昔々の積水金属時代の 103系1両のお値段と同じかいな と思っているのは、おいちゃんだけか

103系カナリア色VRM5-2103系カナリア色VRM5-1







正直 このVRM5版103系に関しては、現物を 動画等でも 見たことないのでね 唯一の画像が このサンプル画像しかないので この程度が VRM5版なのかと思ってね

103系エメラルド色VRM5-2103系エメラルド色VRM5-1







この常磐線103系エメラルドは、 VRM2版だと 103系1000番しかなくて しかも  1540ptと1760ptの 2種類の価格帯があると 来ているから どこが どうこの値段の差が 出るんでしょうかね

103系スカイブルー色VRM5-1103系スカイブルー色VRM5-2







それにしても こんなに種類があっていいねえ〜 低運転台も いいけど高運転台も 欲しいね でも RaillSimなら これが 扉も開いて 室内も見える もう キリがないからね

103系オレンジ色VRM5-2103系オレンジ色VRM5-1







このオレンジ色の中央線色も1540ptと1760ptの 2種類の価格帯があるみたいですね

これらの車両に対して 当 新VRM3★では、VRM2版として

103系VRM2-1103系VRM2-2






これらの 103系や 103系1000番台

103系VRM2-3103系VRM2-4103系VRM2-5






103系スーパー大窓などが あるのだが そこら辺の紹介は、 次の回だ。