前の記事と 逆になってしまったが 保線モーターカーTMC-200からの紹介だ。

待避線レイアウト追加ローカル線保線モーターカー1待避線レイアウト追加ローカル線保線モーターカー2







この保線モーターカーも プレミアチケットからの交換で 貰えた車両ですが これが 中々作りが丁寧でね お気に入りだ。 ここの 保線モーターカー を含む記事を 覗いてみると まあ 沢山の記事を 書いていましたね

待避線レイアウト追加ローカル線保線モーターカー3待避線レイアウト追加ローカル線保線モーターカー4







ここまでが トロッコ牽引の画像からだ。 このTMC-200の鉄道模型もあったんだね それが このHOゲージ版の ワールド工芸TMC-200だと 37800円で これが ラッセル仕様だと 45360円もするそうだ。そして Nゲージでは、 津川洋行という会社のTMC-100が 7560円だそうで ここの画像を 見る限り やっぱりという感じなんだが でも 貴重な商品になっているらしいね

待避線レイアウト追加ローカル線保線モーターカー5待避線レイアウト追加ローカル線保線モーターカー6







Nゲージの鉄道模型じゃ トロッコ編成は、なくて 追加キットとして レール運搬トロッコ2両編成というのが 1555円で 売られているみたいですね でも 売り切れみたいなので 人気があるんだね

待避線レイアウト追加ローカル線保線モーターカー8待避線レイアウト追加ローカル線保線モーターカー7







そう考えると まだまだ このVRMだって こういうマニアックな車両を 出せば そこそこ売れるような気もしないのだが ちゃんと VRM4版で その上のクラスのモーターカーTMC-400が 出て来て VRM5に至っては、森林鉄道用の 三協工業の10tスイッチャーまで登場でね

ほとんど おいちゃんが 昔 記事を書いた事が 実現した感じでね 嬉しい半面 これが VRM3版に 登場していたらと 悔しがったもんですがね スイッチャーを 森林鉄道限定にしては、面白くないんですよ

やっぱり 構内入換えに使いたいですよね 残念〜 まあ こちらには、DD13という 強い味方が居るから いいけどね